Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根暗女「あっ……」(また机の中に鳩の死骸が入ってる……)

1 : ◆qQAUGZca0Q 2016/06/15(水) 02:34:14.521 ID:1MWzp3vVM.net
先生「はい朝礼始めるぞー。席につけー」ガラガラ

根暗女「……」

先生「ん? どうした根暗」

根暗女「これ……」

先生「うわっ!? なんだそれは、気持ち悪い。さっさと捨てて来い」

根暗女「分かり……ました……」ガタッ

『うわっ……。あいつ鳩の死骸素手で掴んでるぞ……』
クスクス キモーイ

先生「急げよ。お前のことは遅刻扱いにしておくからな」

根暗女「>>5




5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/15(水) 02:36:16.963 ID:0FQXJSDF0.net
ポッポ-


13 : ◆qQAUGZca0Q 2016/06/15(水) 02:39:40.290 ID:1MWzp3vVM.net
先生「なんだ? ふざけてるのか?」

根暗女「ポッポー」

ザワザワ……
『どうしたんだあいつ……』

根暗女「鳩語です」

先生「鳩語……?」

根暗女「ええ。今のは鳩の言葉で『復讐』。
  私は今まで無残にも殺されてきた鳩たちの恨みを背負った、いわば復讐者なのです」

先生「そ、そうか」(何言ってんだこいつ)


19 : ◆qQAUGZca0Q 2016/06/15(水) 02:42:43.580 ID:1MWzp3vVM.net
根暗女「では、覚悟はよろしいですか。皆様方」

『いじめられすぎて頭でもイカレたのか……?』
ザワザワ……

先生「悪ふざけはいいからさっさと捨てて来い」

根暗女「それはできません。私は彼らの復讐を遂げなくてはいけないのです」

先生「さっきから復讐って……。お前は何をするつもりなんだ?」

根暗女「>>23


23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/15(水) 02:43:56.282 ID:IzHxJCln0.net
浜田あうとー


26 : ◆qQAUGZca0Q 2016/06/15(水) 02:47:53.656 ID:1MWzp3vVM.net
先生「は? 浜田? お前は何を言って」

ガラガラガラ!
ザッザッザッ……

『なんだこいつら……!」
『きゃああーー!』

根暗女「浜田ー。タイキックー」

先生「ちょ……お前ら何す……バシーン! ぎゃああああああああああああっ!!!!!!!!!」

根暗女「復讐はまだ序章にすぎない」

先生「おおおっ……。痛くて吐きそうだ……」


30 : ◆qQAUGZca0Q 2016/06/15(水) 02:51:03.698 ID:1MWzp3vVM.net
根暗女「これは鳩の怒り」

先生「ま、待て。話し合おう」

根暗女「我々は常に歩み寄ろうとしてきた。それを拒否したのはお前らの方だ」

先生「なんでお前は鳩側に立って意見を言ってんだ……」

『なんかやべぇよあいつ……』
『逃げた方がよくない……?』

根暗女「逃がさない。怒りの鉄槌は全ての人間の頭上に降る」

先生「まだ何か……」

根暗女「次は>>34


34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/15(水) 02:52:20.091 ID:Ep1JztRY0.net
見よ豹馬


41 : ◆qQAUGZca0Q 2016/06/15(水) 02:58:22.981 ID:1MWzp3vVM.net
♪下弦の月よ~ 朧に揺れる夜を

先生「な、なんだこの曲は……」

根暗女「見よ! 豹馬!」

ビキーン! バリバリバリ……

先生「!?」

根暗女「磔られた~番う雛絡める非常の罠♪」

先生「お前が歌ってたのか……」

根暗女「ええ」

先生「なんでお澄まし顔なのかは分からんが……」


45 : ◆qQAUGZca0Q 2016/06/15(水) 03:02:27.071 ID:1MWzp3vVM.net
根暗女「聞こえますか、鳩さん。これが私からあなたへ向ける鎮魂歌(レクイエム)です」

先生「全然魂が休まりそうにないな」

根暗女「その通りです。復讐者に休んでいる暇などは無いのですから」

先生「お前の話はしていないぞ」

根暗女「次の復讐は……ドルルルルルルルルルル……」

先生「ノリノリなのは構わんが人の話を聞けよ」

根暗女「>>49!」


49 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:03:19.355 ID:oSfw9BC00.net
田中は2発エンジェル


53 : ◆qQAUGZca0Q 2016/06/15(水) 03:06:27.023 ID:QZe7+PNiM.net
田中「えっ」

ガラガラガラ!
ザッザッザッ……

『田中!?』
『帰宅部のくせに坊主の田中だ!」

田中「ちょまっ……。マジ無理……バシーン! ぎゃああああああああああああっ!!!!!!!!!!!」

根暗女「2発!」

バシーン!

田中「ぎゃああああああああああああっ!!!!!!!!!!!」

『すげぇ……』
『流れるような連続攻撃だぜ……!』


55 : ◆qQAUGZca0Q 2016/06/15(水) 03:10:33.506 ID:GnB8DqxJM.net
田中「おっ……おおっ……」ビクッ……ビクッ……

先生「あれを2発くらって生きているとは……。
  さすがスポーツ推薦で入学したのにすぐに部活をやめた男は違うな……」

根暗女「さて。これで我々の怒りは十分理解していただけたでしょうが」

先生「だからなんでお前は鳩側なんだよ」

根暗女「まだまだ罪を償うには不十分です。あなた方は100遍殺しても殺したりません」

先生「サラッと恐ろしいことを言うな」

根暗女「次は>>59


59 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:13:19.299 ID:LZMVqva70.net
私謹製の塩大福を食わせてやる


64 : ◆qQAUGZca0Q 2016/06/15(水) 03:17:55.552 ID:OCKME4ONM.net
先生「塩大福……?」

根暗女「至急、例の物を」ピッ

先生「どこに連絡とったんだよ」

ガラガラガラ!
ザッザッザッ……

田中「ヒエッ……!」

先生「こいつら来ると怖いよな。うんうん分かる分かる」

根暗女「これが私謹製塩大福を。たぁんとおあがんなさい」グイグイ

先生「もがっ……」


67 : ◆qQAUGZca0Q 2016/06/15(水) 03:23:09.493 ID:R4pkSC39M.net
根暗女「どうです?」

先生「どう、って。普通の塩大福だが……」

根暗女「なるほど、分かりました。では、製造過程の方から見て行きましょう」

ピッ
ウイーン

『なっ……、天井からスクリーンが!』

ナレーション「この塩大福は、漫画家蛭子能収の汗を主原料とし……」

『ゲェーーー!? 蛭子能収の汗から抽出した塩を使っているだってーー!?」
『ヤダーー! キモーい!』

その映像が終わったとき、先生の呼吸は止まっていたという。


72 : ◆qQAUGZca0Q 2016/06/15(水) 03:25:58.416 ID:R4pkSC39M.net
『し、死んでる!』 『人殺し!』

根暗女「黙りなさい!」

『!?』

根暗女「あなた方は死にゆく鳩の言葉に耳を傾けたことがありますか!?」

『……』

根暗女「鳩も生きているのです。彼らは死の直前、きっとこう思っていたことでしょう。『ポッポー、ポッポー』と」

『鳩語で言われても分かんねぇよ……』


75 : ◆qQAUGZca0Q 2016/06/15(水) 03:29:26.225 ID:R4pkSC39M.net
根暗女「私の行動は彼らの言葉を代弁するものです。あなた方に訪れる死は、彼らの悲願であり」

『ッ……!」

根暗女「そして絶対的なものです。どうあがいても免れるものではない」

『そ、そんな理由で死んでたまるかよ!』
『そうだそうだ!』

根暗女「まだ分かっていないようですね、あなた方は」

『……』

根暗女「皆殺しにして差し上げましょう。お次は>>79


79 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/15(水) 03:35:16.352 ID:cIN4ipJMd.net
「突然だすが、見てもらいたいと思うモノがあるだす」っ桑マンの免許

「笑った山崎、田中はムチしばきだす」


81 : ◆qQAUGZca0Q 2016/06/15(水) 03:39:23.834 ID:XkpLh7MwM.net
根暗女「……」パチンッ

ガラガラガラ!
ザッザッザッ……

田中「ヒィィ……また俺……」
山崎「俺も!? なんで!」

根暗女「鳩の霊前で笑うなど言語道断。その無礼、自らの死でもって償え」

田中「く、来るな……」
山崎「ヒェッ……」

バチーン!!! ベチーン!!!

田中&山崎「アヒィィィィーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!」


84 : ◆qQAUGZca0Q 2016/06/15(水) 03:47:07.098 ID:Zkas+c+WM.net
根暗女「さて。鳩の恨みは未だ晴れないが、そこに転がる3人の命で、
   貴様らにも怒りの大きさのほどは理解できたことだろう」

『死んだのか……?』
『田中……。いいやつだったのに……』

根暗女「では、貴様らが自らの罪を忘れたころに、また来るとしよう……」バサッ……バサッ……

『飛んでる……!?」

根暗女「次に会うときは、貴様らの死ぬ時だ。それのことを努々お忘れなきよう……」バサッ……バサッ……

『どこへ行く気だあいつ……』

こうして、彼らを襲った受難は去った。
しかし、我々が鳩をないがしろにしたとき、彼女は再びその姿を現すだろう。
もしかすると、次に彼女が現れるのは、あなたの前かも知れない……。

終わり


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1465925654/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ