Powered By 画RSS


加賀(提督が泣いている……)

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:03:10.05 ID:h6y3/OsX0
加賀(夏の夕暮れ、誰もいない建造ドックの片隅で)

加賀(いつも凛々しい提督が、子どものように泣いている)

加賀(…………)

加賀(……何があったのかしら?)

加賀(もう少し、近づいて……)




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:05:30.83 ID:h6y3/OsX0
提督「ううっ、ぐすっ、ひっく」メソメソ

提督「欲しいよう、欲しいよう……」メソメソ

加賀(……欲しい?)

加賀(何が……?)

提督「レーベとマックスに、『ダンケシェーン』って言われながら」グスグス

提督「私の顔に、ちっちゃなお尻をこすりつけて欲しいよう!」ウエーン!

加賀「」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:07:35.60 ID:h6y3/OsX0
提督「あのプリケツに、顔をもみくちゃにされたいんだよぅ……」メソメソ

加賀(…………)

加賀「何を泣いているのかと思えば……」

提督「だ、誰だっ!?」

加賀「私よ」スッ

提督「加賀っ!」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:11:24.41 ID:h6y3/OsX0
提督「い、いつからそこにいたんだ!?」

提督「もしや、聞いていたのか?」

加賀「ええ」

加賀「全部、聞かせてもらったわ」

提督「なんだと……!?」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:17:41.40 ID:h6y3/OsX0
提督「なら、鳳翔さんと新婚ごっこをしたり」

提督「雷ママと授乳ごっこをしたり」

提督「潮のマゾ気質を開花させたり」

提督「逆に、香取や鹿島に、マゾ豚として躾けてもらったりという」

提督「そんな暗い欲望を、すべて聞かれていたというのかぁー!」ウワァァァ!

加賀(九割方、初耳だったわ)


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:19:53.34 ID:h6y3/OsX0
提督「くっ、いいだろう、笑わば笑え!」

提督「そして、憲兵に突き出すなりなんなりするがいい!」

提督「私も帝国軍人だ! それぐらいの潔さは持ち合わせている!!」キリッ!

加賀「……」

提督「……」

加賀「はぁ」

提督「っ!」ビクッ!




8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:22:05.79 ID:h6y3/OsX0
加賀「心配しなくても、そんなことはしないわ」

加賀「今日のことは、見なかったし、聞かなかったことにしてあげる」

提督「ほ、本当か?」

加賀「ええ。こんなことで、前線指揮官を失うわけにはいかないでしょ」

提督「そ、そうか……」ヘナヘナ

提督「恩に着る……」ガクッ


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:25:44.41 ID:h6y3/OsX0
加賀「ただ、聞かせてもらえるかしら?」

加賀「あの願望、決して不可能ではなかったわ」

加賀「相手はどれもケッコン相手」

加賀「望めば叶うものもあったはずよ」

加賀「それなのに、なぜ、そうしないの?」

提督「それは……」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:28:03.51 ID:h6y3/OsX0
提督「いくらケッコンをしていて」

提督「深い絆を結んでいるとはいえ」

提督「戦時中は、カッコカリなんだ」

提督「私からその制限を越え、羽目を外すことは許されない」

提督「ましてや、私は責任ある立場」

提督「周囲に知れ渡るような乱行は、ご法度だろう」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:30:17.06 ID:h6y3/OsX0
加賀「なるほど」

加賀「だからこうして、王様の耳はロバの耳のように」

加賀「人知れず、内に秘めたものを吐き出していたわけね」

提督「ああ、そうだ」

提督「そうしなければ、過ちを犯してしまいそうだったからな……」フッ


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:31:49.63 ID:h6y3/OsX0
提督「すまないな、このような上官で」

提督「だが、作戦立案、指揮だけはきちんとこなそう」

提督「だから、これだけは、この場所だけは、そっとしておいてくれ……」

加賀「……」

加賀「……いいえ」

加賀「よくないわ」

提督「なにっ!?」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:33:36.03 ID:h6y3/OsX0
加賀「そのような誤魔化しで、本当に欲求は解消するの?」

加賀「私には、そうは思えないわね」

提督「しかし……!」

加賀「ええ、分かっているわ」

加賀「みんなに知られたらよくないこと……」

加賀「なら、ここですればいいのよ」

提督「っ!?」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:35:51.99 ID:h6y3/OsX0
加賀「今まで通り、こっそりとしていたことを」

加賀「ここで実際にすればいいの」

加賀「相手は私が務めるわ」

加賀「これも秘書艦の務め、上官の精神安定に」

加賀「一肌、脱がせていただきます」キリッ

提督「加賀……!」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:37:30.59 ID:h6y3/OsX0
提督「い、いいのか?」

提督「本当に、いいのか……?」

提督「聞いての通り、私の欲望は、とんでもないものばかりだぞ?」

加賀「ええ。構わないわ」

加賀「早速、指示を出してもらえるかしら?」

提督「加賀ぁ……!」キラキラ


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:39:04.27 ID:h6y3/OsX0
提督「で、では、私がこうして横になるから!」スッ

提督「加賀は、私の顔にお尻を落としてくれないか?」ハァハァ

加賀「お尻を?」

加賀「こうかしら?」ストン

提督「はぁぁあっ、ああっ!」

提督「もっと! もっと強く!!」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:41:05.39 ID:h6y3/OsX0
加賀「こう?」グリグリ

提督「ンンンンンンンンン!!!!」

提督「そう! そうだ!」

提督「すごいぞ、加賀! 素晴らしいぞ、加賀!」

提督「さすが、一航戦だぁぁぁ!!」

加賀「上々ね」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:43:46.57 ID:h6y3/OsX0
提督「でも、でも、まだ足りない!」

提督「分かるか、加賀!? 決め台詞だ!」

提督「さっき聞いていただろう!? それを言うんだ?」

加賀「決め台詞?」

提督「そう! 尻で私をこねくりまわしながらぁぁぁ!!」

加賀「確か……」

加賀「……そう」

加賀「ダンケシェーン」グリグリッ

提督「ビッテシェェェェェェンンンン(どういたしまして)!!!!」ビクンビクン


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:45:21.34 ID:h6y3/OsX0
提督「ようし、調子が出てきたぞ!」

提督「さ、さあ、次は新婚プレイだ!」

提督「ご飯の前にお風呂だからな!?」

加賀「ええ」

加賀「望むところです」

ワハハハハ……

ハハハ……

……

赤城(……)

赤城(す、すごいものを見てしまいました)コソッ


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 22:46:54.59 ID:h6y3/OsX0
この日から、しばらくの間。

提督と加賀は活き活きとするようになり、

そして赤城は、ぎぐしゃぐとおかしな様子を見せるようになるが、

それはまた、別のお話。

~完~


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466427789/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「艦これ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ