Powered By 画RSS


ルルーシュ「女にしか出来ない温め方があるだろう?」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 09:16:03.85 ID:3nCqfFjz0
カレン「」

ルルーシュ「冗談だ」

ルルーシュ「移すと行けないからお前は部屋から出ていけ」

カレン「…CCは?」

CC「私は不死だからな風邪など引かん」

CC「ルルーシュ体を拭いてやろうか?くく」

ルルーシュ「ああ…お願いするかな」

カレン「」

CC「…どうやら本当に調子が悪いらしいな」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 09:23:49.03 ID:3nCqfFjz0
CC「というわけでカレン」

CC「これからルルーシュの服を脱がすからお前は出ていけ」

カレン「はあっ?本当に拭く気なの?」

CC「我らがルルーシュのお願いだぞ?聞いてあげないとな、ふふ」

ルルーシュ「CC早くしてくれ」

ルルーシュ「体が汗で気持ち悪い」

CC「はいはい、まったくガキだな」

カレン「…」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 09:30:26.78 ID:3nCqfFjz0
CC「どうした?そんなにルルーシュの肌をみたいのか?」

カレン「っ!そ、そういうわけじゃ!」

CC「なら早く出ていけ」

CC「野暮だなお前は」

カレン「…ちょっと、どういう意味よ」

CC「何だ聞きたいのか?そういうところが野暮だというんだ」

カレン「…私もここに残る」

CC「ほお、なぜだ?」

カレン「…わ、私はゼロの親衛隊隊長よ!ゼロの危機には常にそばに居るわっ」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 09:41:39.32 ID:3nCqfFjz0
カレン「いいでしょ、ルルーシュ?」

ルルーシュ「俺は別にいいが」

カレン「そこのうるさい魔女に看病なんて出来ないわ」

カレン「私が代わりに…ね?」

CC「言ってくれるな…がさつな猿のくせに」

カレン「…よしっじゃあ体拭くからね」

カレン「そ、その服をぬ、脱がすわよ」

CC「おやおや親衛隊隊長はとんだ変態のようだ」

CC「病人の看病にかこつけて逆れ

カレン「CCっ!」

カレン「言わせておけば…っ!」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 09:47:06.90 ID:3nCqfFjz0
CC「本当のことだろう?」

CC「病人を脱がすだけなのに、なぜ動揺していた?」

カレン「ど、動揺なんでしてないっ!」

CC「してるじゃないかっ!」

カレン「~~~~っ」

ルルーシュ「…こんなときぐらい静かにしてくれ…」

カレン「ご、ごめんなさいルルーシュ」

CC「これだからカレンは…」

カレン「っ!」

ルルーシュ「…CCその辺にしておけよ」

CC「はいはい、わかったよ」

CC「お前、今日まだ何も食べてないだろ?」

CC「何か食べ物を貰ってきてやる」

CC「その間に拭いてやれよ、カレン」

カレン「…」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 09:56:35.73 ID:3nCqfFjz0
カレン「じゃ、じゃあ、服を、ぬ、脱がすわね」

カレン「背中向けて…」

ルルーシュ「ああ、頼む」

カレン「…ふふ」

ルルーシュ「どうした?」

カレン「いや、ルルーシュとは言っても背中…やっぱり広いのね」

カレン「ってね」

ルルーシュ「…絶対お前のほうが広いだろう」

カレン「!」

バチン

ルルーシュ「っ、何を!」

カレン「デリカシーが無いんだからっ」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 10:01:34.14 ID:3nCqfFjz0
カレン「背中終わったわよ」

ルルーシュ「あ、ああ」

カレン「まあ、そろそろCCも戻ってく

ルルーシュ「じゃあ次は前も頼む」

カレン「」

ルルーシュ「どうした?早くしてくれ」

カレン「い、いや、さすがにま、前は、その…」

ルルーシュ「なぜだ?汗で気持ち悪いんだ拭いてくれ」

カレン「き、気持ち悪いのは分かるけど…」

カレン「っていうか、そんだけ元気なら自分で拭きなさいよ!もうっ」

ルルーシュ「なぜ怒る」

カレン「怒ってないわよ!バカっ」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 10:08:49.44 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「まったく、こっちは病人だぞ」

カレン「…」

カレン「…」

カレン「…ねえ、ルルーシュ」

ルルーシュ「なんだ?」

カレン「ル、ルルーシュは…やっぱりき、筋肉のついた女の子って嫌い?」

ルルーシュ「質問の意味が…」

カレン「そうよね…こんなゴリラみたいな女の子嫌いよね」

ルルーシュ「…カレン?」

カレン「ルルーシュの周りには可愛らしい女の子いっぱい居るものね」

カレン「会長にシャーリー…」

ルルーシュ「お、おい、どうしたカレン」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 10:13:30.22 ID:3nCqfFjz0
カレン「シャーリーか…」

カレン「可愛いわよね、あの子」

カレン「ルル、ルル」

ルルーシュ「っ」

カレン「って、いつもあなたに話しかけて

ルルーシュ「カレン!」

カレン「えっ」

ルルーシュ「…シャーリーの話しはやめてくれ…」

カレン「な、なんで…」

ルルーシュ「…」

カレン「…わかったわよ」

ルルーシュ「…」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 10:23:46.15 ID:3nCqfFjz0
カレン「…ごめんなさい」

ルルーシュ「…なぜ謝る」

カレン「いえ…とにかくごめんなさい」

ルルーシュ「…もういい」

ルルーシュ「俺のほうこそ大きな声を出して悪かった」

カレン「いいの」

カレン「…」

ルルーシュ「…」

ルルーシュ「カレン…」

カレン「は、はいっ」

ルルーシュ「さっきの質問の答えだが」

カレン「…質問?あ、ああ」

ルルーシュ「筋肉がついてるからって嫌いになるわけないじゃないか」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 10:32:07.61 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「むしろ羨ましいとさえ思う」

カレン「ふふ」

ルルーシュ「それに、カレンは十分細くて綺麗だ」

カレン「は、はあっ!?」

ルルーシュ「さっきのはお前がからかってきたから仕返しをしただけだ」

ルルーシュ「カレンの背中は細くて女の子らしいよ」

カレン「ちょ、ちょっと!何で見たことあるかのような話し方なのっ」

ルルーシュ「あるだろ、学園のシャワールームで」

カレン「そんな昔のことっ」

ルルーシュ「あのとき俺はこう思ったんだ」

ルルーシュ「こんな綺麗な女の子がテロリストなんておかしな話だ」

カレン「~~~~~っ」

ルルーシュ「ってな」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 10:32:53.49 ID:3nCqfFjz0
カレン「わかった!わかったから!」

カレン「私が悪かったわ!もうやめてっ」

ルルーシュ「何がだ」

ルルーシュ「顔が真っ赤だぞ」

ルルーシュ「やっぱり移してしまったか」

カレン「違うの!違うっほっといて」

カレン「おでこ触ろうとしないでっ」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 10:36:42.45 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「おかしなカレンだ」

カレン「…あんたのせいよ」

ルルーシュ「…まあいい、少し疲れた」

ルルーシュ「少しだけ寝る」

カレン「わかったわ」

カレン「お休み、ルルーシュ」






カレン「ふふ、もう寝てる」

カレン「とてもゼロの正体とは思えないわね」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 10:41:03.37 ID:3nCqfFjz0
カレン「それにしても、あんたも風邪なんて引くのね」

カレン「あんたとCCってどこか人間っぽくないように見えるけど」

カレン「ルルーシュはまだ人間なのね」

カレン「って当たり前か」

カレン「…何言ってるんだろ私」

ルルーシュ「…い」

カレン「え?」

ルルーシュ「…寒い」

カレン「えーっ!」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 10:47:09.76 ID:3nCqfFjz0
カレン「ど、どうしよう」

カレン「悪化したらさすがにまずいわよね」

カレン「何か掛けるものは…」

ルルーシュ「…寒い」

カレン「ルルーシュ…」

カレン「…そうよ、こいつが自分で言ってたじゃない」

カレン「…」

カレン「非常時には現場の判断も必要よね」

カレン「これ以上悪くなったら、今後の戦いにも支障をきたすかもしれないし」

カレン「他に掛けるものも見当たらないし」

カレン「決して他意なんてないからっ!」

カレン「…失礼します」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 10:54:07.26 ID:3nCqfFjz0
カレン(こ、これは!)

カレン(思ったよりも、ル、ル、ルルーシュが近いっ)

カレン(ていうか、ルルーシュの、に、匂いがする)

カレン(抱きしめてしまいそう…)

カレン(っ!)

カレン(落ち着け!カレン!)

カレン(他意は無い!そうでしょ!)

ルルーシュ「…」モゾ

カレン(っちょっと!動かないでよ!)

カレン(いやいやいやこっち向かないでーっ)

カレン(背中向けてて!)


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 11:04:25.65 ID:3nCqfFjz0
カレン(…ど、どうしよう)

カレン(ル、ルルーシュにだ、だ、抱きしめられてる)

カレン(せ、背中に手がま、ま、回って…)

カレン(ルルーシュのあごが私の頭に)

カレン(足は私の足にからみつくように)

カレン(私の目の前にはルルーシュの胸が)

カレン「…ルルーシュ!起きてないでしょうねっ」コゴエ

ルルーシュ「……」

カレン「…」

カレン(私も手回していいかしら)


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 11:09:22.30 ID:3nCqfFjz0
カレン(いやいやっ)

カレン(落ち着きなさいカレン)

カレン(手なんて回したら言い訳できないわ)

カレン(言い訳?誰に?)

カレン(ルルーシュに?それとも私に?)

カレン(…)

カレン(それだったら…別にいいんじゃないかしら…)

カレン(…ルルーシュ…)ソーット

カレン(…ま、ま、ま、回してしまったっ)

カレン(ど、ど、ど、どうしよう)

カレン(…とりあえずしばらくこのままで…)


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 11:16:37.81 ID:3nCqfFjz0
カレン(…ルルーシュ)

カレン(…少しくらいなら、ぎゅっと)

カレン(っ!そ、それはダメでしょ!)

カレン(そ、そそんな…ねぇ…?)

カレン(私は日本人、奥ゆかしいと言われる日本人の女性なの)

カレン(寝ている男の子を、そんな、自分から、ぎゅっと、なんて…)

ルルーシュ「…」ギュッ

カレン(!!)

カレン(…ま、まあ自分からじゃないし)

カレン(向こうからなら、うん、仕方ないっていうか)

カレン(それに応えてあげるのも、日本の女性というか)

カレン(…ルルーシュ)ギュッ


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 11:21:03.75 ID:3nCqfFjz0
カレン(ああ、ルルーシュとベッドで抱きしめ合っている)

カレン(…ごめんなさいシャーリー)

カレン(でも、いいよね?これぐらい)

カレン(そうよ、普段のルルーシュは私に対する労いが足りないわ)

カレン(命がけであなたを守っているんだから)

カレン(これぐらいなら…)




カレン(…ルルーシュ)

カレン(…キスしてしまいそう)


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 11:25:39.51 ID:3nCqfFjz0
カレン(まあ、さすがにねそれはね)

カレン(ダメよ、それぐらいわかるわ)

カレン(まったく…何を考えているのかしら)

カレン(それは卑怯なことよ)

カレン(最低よ)

カレン(いくら寝ていてバレないからって)

カレン(人としてやってはいけないことだわ)

カレン(そう…バレないからって…)

カレン(バレ…ないからって)

カレン(バレ…ない)

カレン(…)


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 11:30:34.25 ID:3nCqfFjz0
カレン(…ルルーシュ)

カレン(あなたは私のことをどう想っているの?)

カレン(ただの駒?それとも…)

カレン「ルルーシュ、私はね…」ソーット

カレン「…」ドキドキドキドキ



CC「…」


カレン「…」アトスコシ


CC「…」


カレン「っ!」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 11:39:57.22 ID:3nCqfFjz0
カレン「ししし、CC!?どどどどどうしてここに!?」

CC「どうしてもなにも」

CC「食べ物を持ってくると言ったじゃないか」

カレン「いいいいつからこここに!」

CC「ルルーシュが寒いと言って、お前がオロオロしだしたあたりだ」

カレン「そ、そんな最初からっ」

CC「おいおいカレン、声が大きい」

CC「ルルーシュが起きてしまうぞ」

カレン「…もう終わりだわ破滅よ」コゴエ

CC「なに終わりなんかじゃないさ」

カレン「…お願いこの事は」

CC「ああ、もちろんだカレン」

CC「私は、誰にも言わない」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 11:45:04.11 ID:3nCqfFjz0
CC「それよりも…」

CC「ルルーシュはまだ起きてないみたいだ」

CC「くく、今なら、まだ、バレないぞ」

カレン「な、なにがよ」

CC「さあ?私にはわからんが、さっきお前がしようとしてたことだよ」

カレン「くっ」

CC「なあカレン、お前はさっきルルーシュになにをしようとしてたんだ?」

カレン「~~~~~っ」

CC「教えてくれよカレン、じゃないと口が少しだけ軽くなってしまうかもな、くく」

カレン「っ」

カレン「汚いわよCCっ」

CC「汚いだと?それはお前のことだろ?カレン」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 11:50:17.46 ID:3nCqfFjz0
CC「ルルーシュが珍しく風邪を引いて苦しんでいるときに」

CC「お前は何をしていたんだ?」

CC「この部屋にノックなしで入っていいのは私とお前だけだ」

CC「ゼロの正体を知っているのは私とお前だけだからな」

CC「つまりお前はルルーシュの信頼を裏切った」

カレン「!」

CC「親衛隊隊長さまが聞いて飽きれる」

カレン「……」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 11:54:21.78 ID:3nCqfFjz0
CC「幸いルルーシュは寝ていて気づいていない」

CC「知ってるのは私とお前だけだ」

CC「お前の名誉は私しだいというわけだ」

CC「このことを知ったらルルーシュはお前のこたをどう思うのだろうな」

CC「くくっ」

CC「私の口が軽くなるまえに…な?」

CC「それで、寝ているルルーシュに何をしようとしていたんだ?カレン」

カレン「…」

カレン「…」

CC「…」

カレン「…キスをしようと、しました」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 12:05:45.00 ID:3nCqfFjz0
CC「くくっくっ」

CC「ほう!キス!キスと言ったかっ!」

CC「戦場では敵なしの天下のカレンさまが!」

CC「指揮官の寝込みを!」

CC「キスとはな!」

CC「まったく!愉快な話だ!くくくっ」

カレン「…CC覚えときなさいよ」

CC「いいんだカレン」

CC「紅蓮を操り、ラウンズにまで畏れられているとはいっても」

CC「しょせんは1人の年頃の女の子」

CC「異性とベッドで抱きしめ合えばすることはただひとつだ」

CC「恥じることじゃない」

CC「そうやって大人になっていくのさ」

CC「ぷっ、くくっ、くっくっ」

カレン「…お願い許して、私が悪かったわ」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 12:15:13.53 ID:3nCqfFjz0
CC「何をだ?私に許しを請うことなんてひとつもないじゃないか」

CC「相手が違うだろ?」

カレン「何が望みなの?」

CC「望み?望みだと?おだやかじゃないな」

CC「それではまるで私が悪いみたいじゃないか」

カレン「あんたが…っ」

CC「おや?私が悪いのか?」

CC「どうなんだ、カレン、悪かったのは誰なんだ?」

カレン「くっ」

CC「言ってみろ!カレン!さあ!ルルーシュの前で!」

カレン「…悪いのは、私…です」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 12:20:36.40 ID:3nCqfFjz0
CC「ぷぷ、くっぷっ、くす」

カレン「~~~~っ」

カレン「どうしたらいいのよ!」

CC「はー満足だ」

CC「久しぶりに面白かったぞ」

CC「ぷぷっく、くす、くくっ」

カレン「本当にお願いルルーシュには…」

CC「ああ、ああ、お前の面白さに免じて本当に言わんよ、私は」

カレン「何か含みのある言い方ね…」

CC「ここにはルルーシュとお前と私しかいない」

CC「私が言わないなら他に誰が言うんだ?」

カレン「…」

CC「まあ、お前がそんな態度なら…」

カレン「わかったっごめんなさいわかったわ!」

CC「それでいいんだ」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 12:26:16.07 ID:3nCqfFjz0
CC「それで?しないのか?」

カレン「え?」

CC「これだけ騒いでるのにルルーシュはまだ起きてないない」

CC「チャンスだぞカレン」

カレン「…もうそんな気分じゃないわよ」

CC「ついさっきまでは」

CC「気分も盛り上がってたのになあ?」

カレン「…っ」

CC「わかったわかった睨むな」

CC「まあ、ルルーシュにキスしたくなる気持ちもわかるよ」

CC「私もふとしてしまったことがあるからな」

カレン「!?」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 12:35:28.10 ID:3nCqfFjz0
CC「何であんなことをしてしまったんだか」

CC「懐かしいものだ」

カレン「…つ?」

CC「ん?」

カレン「いつしたの?」

CC「ああ、あのカミネ島のときだ」

CC「ガウェインの中でな」

CC「あの機体はよかったなあ、複座式でルルーシュと共に戦えたから」

カレン「…」

CC「そういえばお前はガウェインに乗り込む私に嫉妬していたな」

CC「どうして私じゃないのよ」

CC「って顔をしてた」

CC「くく、可愛いやつめ」



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 12:39:51.17 ID:3nCqfFjz0
カレン「してないわ」

カレン「嫉妬なんかしていない」

カレン「私には紅蓮があるから」

カレン「ルルーシュに貰った紅蓮があるから」

CC「ふふ、そうかい」

CC「そういえば、再開したときもキスをしたな」

カレン「なっ二回もっ!?」

CC「私のキスで記憶を取り戻すなんてな」

CC「こいつの中で私とのキスはそれほど重大な出来事だったのだろう」

CC「いや、私との出会いか」

カレン「…」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 12:43:48.94 ID:3nCqfFjz0
CC「どうしたカレン?黙ってしまって」

CC「お前にもあるだろ?キスの1つや2つくらい」

カレン「…」

CC「まさかないのか?その年になって?」

カレン「…」

CC「ファーストキスを、密かに想う相手が寝ているときにか」

CC「初めてはあなたがいい」

CC「ということか」

CC「なかなかいじらしいじゃないか」

カレン「…」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 12:47:44.26 ID:3nCqfFjz0
CC「お前がそこまで純真だったとはな」

CC「さっきはからかって悪かった」

CC「私は出ていくから、お前は存分に愉しめ」

CC「邪魔などしないさ」

CC「私に負けたままでいいのか?」

CC「それじゃあ、な?」



カレン「ルルーシュ」

カレン「…」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 12:51:36.91 ID:3nCqfFjz0
カレン「CCとキスしたってのは本当なの?」

カレン「私だって…」

カレン「私だって…」

カレン「…」ドキドキドキドキ

カレン「…」チュ

カレン「…」

カレン「やっぱりダメよ」

カレン「今回はおでこだけど…」

カレン「次はかならず唇にするからね」

カレン「ルルーシュっ」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 12:56:08.89 ID:3nCqfFjz0
次の日くらい

ゼロ「みんなすまなかった」

玉城「気にすんなよ!」

扇「ああ、人間病気には勝てない」

ゼロ「ありがとう」

ゼロ「それでは作戦はこのまま続行」

ゼロ「カレンはあとで私の部屋に来い」

ゼロ「以上だ」

カレン「…」

CC「なんだ?私じゃないぞ」

CC「私じゃ」



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 13:01:39.13 ID:3nCqfFjz0
カレン「紅月カレン参りました!」

ルルーシュ「入れ」

カレン「何の用ですか?ゼロ」

ルルーシュ「ああ、違う違う」

ルルーシュ「昨日のお礼をと思ってな」

カレン「…昨日のこと覚えて?」

ルルーシュ「ああ、当たり前だろ?別にそんな高熱だったわけでもない」

カレン「…ごめんね、ルルーシュ」

カレン「でも、私はあなたを…」

ルルーシュ「何の話だ?」

カレン「えっ?」

ルルーシュ「昨日体を拭いてくれたお礼をと思ったんだが」

カレン「」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 13:07:17.36 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「あのあと眠ってしまったが」

ルルーシュ「何かあったのか?」

カレン「えっ、いや、その…」

カレン「とくに問題はないというか、うん」

カレン「何もなかったわ」

カレン「ルルーシュが眠って終わり」

カレン「それだけ」

CC「ほう、何もなかったか」

カレン「!」

ルルーシュ「CC何か知ってるのか?」

カレン「CC…」

CC「さあ、私は知らないな」

ルルーシュ「そうか」

カレン「…」ホッ



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 13:11:21.18 ID:3nCqfFjz0
CC「ああ、私は何も知らない」

CC「何も見ていない何も聞いていない」

CC「そこのカレンとも何も約束していない」

カレン「ちょっ、CC!?」

CC「どうしたカレン?私は何も話してないぞ?」

ルルーシュ「絶対何かあっただろ…」

CC「だから何もないと言ってるだろ」

CC「なあ、カレン?」

カレン「そ、そうよ!何もなかったわ!まったく、これっぽっちも!」

ルルーシュ「しかし、怪しすぎるぞ」

CC「お前はカレンを信じないのか?」

カレン「!」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 13:18:18.04 ID:3nCqfFjz0
CC「私はともかく、だ」

CC「黒の騎士団のエースでもあり、お前が絶対の信頼をおいているカレンが」

CC「ルルーシュ、お前に嘘をつくとでも?」

カレン「えっえっ?ええっ?」

ルルーシュ「そうだな」

ルルーシュ「間違っていたよ、カレン」

ルルーシュ「カレンが嘘なんてつかないよな」

カレン「え、ああー、いや、その」

ルルーシュ「疑ってわるかった」

ルルーシュ「カレンが言うんだから、あのあとは何もなかった」

ルルーシュ「そうなんだな?」

カレン「そ、そうよ、何も、何もなかったわっ…たぶん」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 13:22:21.45 ID:3nCqfFjz0
CC「羨ましいかぎりだ」

CC「隊長さまはずいぶん信頼されてるんだな」

CC「それに、神経も図太いようだ」

CC「私でさえ、お前の立場だったら良心の呵責が

カレン「CC!!」

カレン「あんた!いったい!何を!」

CC「カレン、私は何も言ってないだろ?」

CC「ルルーシュのお前に対する信頼の確認じゃないか」

CC「よかったな」

カレン「この女はっ!」


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 13:27:45.86 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「カレン、お前まさか」

カレン「っ」

ルルーシュ「俺のことを…」

カレン「いや、違うのこの女が勝手に言ってるだけで」

CC「ひどいじゃないか、勇気がでないようだから聞いてあげたといのに」

カレン「黙れっ」

CC「おお、怖い怖い」

CC「怖い女は嫌だな、ルルーシュ」

カレン「この…っ!」

ルルーシュ「カレン…お前…」

カレン「ルルーシュ…」ドキドキドキドキ

ルルーシュ「俺の信頼を疑っていたのか?」

カレン「」

カレン「は?」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 13:32:23.26 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「心外だな…」

ルルーシュ「まさかお前にそう思われていたとは」

カレン「いや、ちがっ」

ルルーシュ「少し悲しいよ、カレン」

カレン「違う!そんなこと思ってない!」

カレン「私たちはお互いに信頼しあってる!」

カレン「そうでしょ?」

ルルーシュ「あ、ああ、その通りだ」

カレン「バカね…私がそんなこと考えるわけないじゃない」

ルルーシュ「カレンありがとう」

カレン「…ルルーシュ」

CC「…」ジーッ


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 13:38:11.32 ID:3nCqfFjz0
カレン「っ!」

CC「痴話ゲンカは終わりか?」

カレン「そんなんじゃないわよっ」

CC「まったく、今のがチャンスというものだカレン」

CC「とんだ茶番を見せられたものだ」

ルルーシュ「チャンス?」

カレン「な、何でもないわっ」

カレン「とにかく、昨日は何もなかったわ!」

カレン「ええ、何もなかった!」

カレン「お礼なんていいの」

カレン「病人を看病する」

カレン「当たり前のことじゃない」

カレン「それじゃ私は失礼するわ!ゼロ、いいえルルーシュ」ダッ


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 13:43:06.54 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「…」

CC「いいのか?追いかけなくて」

ルルーシュ「…ああ」

CC「冷たいなお前は」

ルルーシュ「…」

CC「昨日のこと知ってるんだろう?」

CC「この部屋、監視カメラあるものな」

CC「ゼロの部屋だかな当然だ」

ルルーシュ「…」

CC「大した役者だよ、知っててあの振る舞い」

CC「見事だったぞ、くくっ」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 13:50:21.94 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「黙れ」

CC「お前だってカレンのことは嫌いじゃないだろう?」

CC「優しい言葉の1つや2つかけてあげてもいいんじゃないか?」

ルルーシュ「黙れ!」

ルルーシュ「俺は…ゼロだ!」

ルルーシュ「もうあと戻りなんて出来ない!」

ルルーシュ「戻るつもりもない!」

ルルーシュ「全てが終わるまで!俺は!」

ルルーシュ「……」

ルルーシュ「…俺に人を愛する資格などない…」

CC「…」

CC「…私は人じゃない」

CC「そうだろ?なあ」

CC「ルルーシュ」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 13:51:20.01 ID:Ccga7v8o0
おわり
もう話広がらん
誰か頼んだ


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 13:53:17.23 ID:3nCqfFjz0
あれ?ID変わった
何故だ


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 14:00:28.46 ID:fgpdci710
おい


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 14:01:45.10 ID:Xz3552sy0
ごたくはいらん
続きを書け


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 14:10:20.06 ID:qCH09vv5O
お願いしますよぉ


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 14:11:53.83 ID:3nCqfFjz0
じゃ何かプロット?くれよ


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 14:22:19.46 ID:Ue2CzXWw0
腰を痛めて動けなくなったルルーシュをマッサージ


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 14:30:33.48 ID:3nCqfFjz0
シャーリー「腰を痛めたぁ!?」

ルルーシュ「ああ」

シャーリー「どこで何をしたの?」

ルルーシュ「昨日の夜、ベッドの上て

シャーリー「べべベッド!?しかも夜!?」

ルルーシュ「あ、ああ…?」

シャーリー「そ、そんな…ベッドの上で…腰を…!」

ルルーシュ「どうした…?シャーリー…?」

ミレイ「あらあら、ウチのシャーリーは可愛いんだから」

ルルーシュ「?」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 14:40:35.80 ID:3nCqfFjz0
シャーリー「…相手は誰かしら…やっぱりカレンさんかな?」

カレン「はあっ!?ちょっとやめてよ!変なこと考えるの!」

シャーリー「だ、だってカレンさんしか心当たりが…!」

カレン「違う違う!っていうか心当たりって何!?」

シャーリー「だってこの前だってルルとキスを…」

カレン「誤解だって!してないわよ!」

シャーリー「じゃああんなに顔を近づけて何をしてたのっ」

カレン「そ、それは…」

シャーリー「ほら!言えない!」

シャーリー「隠さなくていいのに!付き合ってるんでしょ!?」

カレン「つつ付き合ってなんかないわよ」



116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 14:43:38.07 ID:3nCqfFjz0
カレン「あれは本当に何もしてないわ!」

カレン「私にもわからないのよ!ルルーシュが!」

ミレイ「カレン、それじゃただのノロケよ?」

シャーリー「カレンさん…!」

カレン「違います!会長までやめてください」

ルルーシュ「…よくわからないが」

ルルーシュ「俺が腰を痛めたのは君のせいだぞ、カレン」

カレン「!?」

ミレイ「!?」

スザク「!!」

ニーナ「キャーっ」

リヴァル「やるじゃん!カレン!」

シャーリー「」


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 14:48:55.92 ID:3nCqfFjz0
シャーリー「そんな…本当に…」

シャーリー「…いや、こんなのダメね」

シャーリー「おめでとうカレンさん、あなたならきっとルルと仲良くやれるわ」

カレン「シャーリー…」

カレン「じゃなくて!」

カレン「ルルーシュ!どういうつもりよ!」

シャーリー「カレンさん!ごめんなさい今まで気づかなくて!」

カレン「シャーリーは落ち着いて!」

ルルーシュ「本当のことだろう?」

カレン「このっ…!」

ルルーシュ「昨日ナナリーをベッドまで運ぶときに君と揉めたじゃないか」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 14:53:57.97 ID:3nCqfFjz0
シャーリー「え?」

ルルーシュ「昨日ナナリーをどっちがベッドに移すかで揉めてね」

ルルーシュ「そしたらこの女、力任せに俺からナナリーを奪って…」

シャーリー「じゃ、じゃあカレンさんとは何も…?」

ルルーシュ「何もって…だからカレンのせいで…」

シャーリー「そっか…ごめんなさいカレンさん、私勘違いしてたみたい」

カレン「いいのよ、悪いのはルルーシュの言いかたよ」

スザク「でも何でそんな時間にカレンはルルーシュの家に居たんだい?」

シャーリー「!」


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 14:58:57.13 ID:3nCqfFjz0
カレン「遊びに行っただけよ」

スザク「そんな遅くまで?」

カレン「え、ええ…変かしら…?」

シャーリー「変!絶対、変!」

シャーリー「年頃の男女がそんな時間に1つ屋根の下に!」

スザク「シャーリーの言う通りだ」

スザク「ナナリーを寝かせたあと、君たちはどうしたんだい?」

カレン「どうって、決まってるじゃな

シャーリー「やめて!聞きたくない!」


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 15:04:24.70 ID:3nCqfFjz0
スザク「シャーリー、これは大切なことだ」

スザク「君だってホントはわかってるはずだろ?」

スザク「このままじゃ仲良く生徒会なんて出来ないって」

シャーリー「それは!でもでも!」

スザク「それで君たちはそのあと…?」

シャーリー「~~~~~っ」

カレン「帰ったわよ」

シャーリー「へ?」

カレン「だから、帰ったって…」

カレン「ナナリーと遊びに行ったんだけど、ルルーシュがナナリーはもう寝る時間だ!って騒ぎだして…」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 15:08:06.29 ID:3nCqfFjz0
カレン「だからルルーシュとちょっと揉めたんだけど…って」

カレン「どうしたのシャーリー!」

シャーリー「力が抜けて…」

ミレイ「こらこらスザクくん、あんまりシャーリーをからかっちゃダメでしょ?」

スザク「いやあ、あまりにシャーリーが可愛いくて」

ルルーシュ「さっきからシャーリーはどうしたんだ?」

シャーリー「勘違いしちゃって…」ハハ

ルルーシュ「勘違い?何をどう勘違い

シャーリー「な何でもない!何でもない!」


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 15:16:12.08 ID:3nCqfFjz0
ミレイ「それで今日はずっと寝たきりだったの?」

ルルーシュ「ええ、スザクが早く来てくれれば良かったんですが」

ミレイ「どうしてスザクくんが?」

スザク「昔からルルーシュが腰を痛めたときは僕がマッサージをするとすぐ治るんですよ」

ニーナ「!」

ミレイ「へー」

ルルーシュ「ああ、スザク頼むよ」

スザク「任せてよルルーシュ」

ニーナ「…」ソワソワ

ミレイ「ニーナそんなにソワソワしめどうしたの?」


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 15:18:22.13 ID:dddE2iAX0
ニーナ百合でホモ好きかよwwww


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 15:19:53.80 ID:qOWya6xp0
ニーナ腐り過ぎだろwww


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 15:24:04.34 ID:3nCqfFjz0
スザク「よしっじゃあ早速

ミレイ「待って!」

ニーナ「!」

ミレイ「せっかくだから…」チラッ

スザク「なるほど…そうですね」チラッ

ミレイ「ええ、シャー

スザク「カレン、君がやるんだ」

シャーリー「!」

カレン「!?」

ミレイ「」


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 15:35:48.03 ID:3nCqfFjz0
カレン「どうして…?この流れはシャーリーじゃ…」

シャーリー「…」

ミレイ(そうよスザクくん!ここはシャーリーでしょ?)

スザク「シャーリー、ルルーシュにまたがって腰をマッサージ」

スザク「そんなこと出来るのかい?」

シャーリー「そ、それは!」

スザク「出来ないだろ?」

スザク「そこで君の出番だよ、カレン」


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 15:43:58.55 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「カレンでも誰でもいいから早くしてくれ」

スザク「ああ、今カレンがマッサージしてくれる」

スザク「いいね?カレン」

カレン「…」チラッ

シャーリー「」

カレン「え、ええ、わかったわ」

シャーリー「え」

スザク「さすがカレンだ」

スザク「そう、ルルーシュのお尻のとこに乗って…そんな感じだ」

スザク「で、腰を親指で強く押す」

カレン「こ、こう…?」ドキドキドキドキ

ルルーシュ「ぐぁっ!」

カレン「え、ちょっ、何っ」


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 15:47:57.65 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「強く押しすぎだっ」

カレン「ごめんなさい!」

カレン「…これぐらい?」

ルルーシュ「今度はちょっと弱い」

カレン「これで、どう?」

ルルーシュ「ちょっと強い」

カレン「」イラッ

カレン「これでっ!どうかしらっ」

ルルーシュ「ぐっあぁ痛いっ痛い!カレン!」

カレン「うるさいっ!」



シャーリー「イチャイチャしてる…」


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 15:52:45.70 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「やるなら真面目にやってくれ…」

カレン「…こんな感じ?」

ルルーシュ「…そんな感じだ」

カレン「…」

ルルーシュ「…」

カレン「…」ドキドキドキドキ

ルルーシュ「….」

カレン「ちょっと…何か言いなさいよ…」ドキドキドキドキ

ルルーシュ「すごくいいよ、カレン」

カレン「そ、そう?じゃあもう少し…」

ルルーシュ「ああ、頼む」



シャーリー「…」


165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 15:57:14.31 ID:3nCqfFjz0
カレン「…」ドキドキドキドキ

ルルーシュ「あぁーいいっ」

カレン「へ、へ変な声出さないでよっ」

ルルーシュ「わ、悪い」

カレン「もうっ」

ルルーシュ「ははっ」

カレン「ふふっ」



シャーリー「…」

シャーリー「ね、ねえ次はわたしが

ナナリー「お兄様?さっきから大きな声を出して何をしているのですか?」


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 16:06:02.07 ID:3nCqfFjz0
シャーリー「ナナちゃん?」

ナナリー「これは…みなさんお揃いのようで」

ルルーシュ「ナナリー!?」ガバッ

カレン「きゃっ!」

カレン「えっ?動けないんじゃなかったの?」

ルルーシュ「ち違うんだナナリー」イタタタ

ナナリー「一体なにをしていたのです?」

ナナリー「お兄様?」

ルルーシュ「…う」

ナナリー「う、じゃありませんわお兄様」

ルルーシュ「別に何も…そう、マッサージ!マッサージをしてもらってたんだ!」

ルルーシュ「スザ

スザク「ナナリー…ルルーシュは今カレンが上になってね」

スザク「ずっと指で責められていたんだよ」

ルルーシュ「スザクッ!」


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 16:10:21.69 ID:xF0dLKwf0
ウザクめ


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 16:12:37.75 ID:3nCqfFjz0
カレン「おかしな言い方しないで!」

ナナリー「せ、責め…っ?」

スザク「そう、さっきからずっとね」

ルルーシュ「違うんだナナリー」

ナナリー「お兄様は黙っててください」

ルルーシュ「っ!」

ナナリー「それでスザクさん?詳しくお願いしますわ」

スザク「ああ、僕が試しにカレンにやってみろって言ったらさ」

スザク「カレンも最初は嫌がってたんだけど、だんだんノってきてね」

スザク「うるさいっ!って痛がるルルーシュを無理矢理」

カレン「スザクッ!」


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 16:17:38.60 ID:3nCqfFjz0
ナナリー「カレンさん…」

カレン「ナナリー!違うの!スザクの言ってることは…!」

ナナリー「カレンさんも少しお静かにお願いしますわ」

カレン「っ!」

スザク「ああ、違うんだナナリー」

スザク「カレンは悪くない」

スザク「悪いのはカレンをからかったルルーシュさ」

スザク「強いだの弱いだの…ね」

スザク「でもそこからはカレンもちょうどいい強さを見つけたのか」

スザク「あとは、2人の時間さ」

スザク「僕たちに出来ることなんて、ただ、見守ることだったよ」

ルルーシュ「スザクッ!」
カレン「スザクッ!」


180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 16:24:25.02 ID:3nCqfFjz0
スザク「最初のころは見てられなかったよ」

スザク「照れてるカレンを半ば無理矢理…」

ナナリー「お兄様は悪魔です…っ!」

ルルーシュ「スザァックッ!」

ルルーシュ「ナナリー聞いてくれ!」

ルルーシュ「スザクじゃダメだ!誰か他の人にっ…!」

ルルーシュ「カ

ナナリー「カレンさんはダメですわよ?」

ルルーシュ「そんなっ…!」

カレン「シャーリー!あなたしかいないわ!誤解を晴らせるのわ」

シャーリー「…」


188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 16:31:43.51 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「シャーリー見てただろ?俺たちは何もやましいことなんてしてなかったよな?」

シャーリー「…」

カレン「シャーリー…お願い…!」

シャーリー「….」

ナナリー「シャーリーさん…あなたから見てどうでしたか?」

シャーリー「…ナナちゃん」

シャーリー「この2人は…」チラッ

ルルーシュ「…」
カレン「…」ドキドキドキドキ

シャーリー「ルルーシュったら変な声を出してカレンに怒られてたわ」

シャーリー「ちょっと!声を出さないでよ!」

シャーリー「ってね」

ルルーシュ「」

カレン「」

ナナリー「…」


194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 16:39:31.64 ID:3nCqfFjz0
ナナリー「そうですか」

シャーリー「ええ」

シャーリー「みんな見ているって言うのに、終始イチャイチャしてたわ」

ルルーシュ「シャーリー…」

シャーリー「会長!そろそろ帰りましょう!ナナちゃんも2人にお話があるみたいだし!」

ミレイ「え、ええそうね、帰りましょうか」

シャーリー「ナナちゃんまた遊びにくるからね」

ナナリー「ええ、お待ちしておりますわ」

シャーリー「じゃあねっ!ルルーシュ!カレンさん!」

カレン「えっ!私も帰るわ!待って!」

ナナリー「そんなカレンさん…急がなくてもいいじゃありませんか」


195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 16:41:08.34 ID:of0nQdax0
ナナリーさん怖いです


197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 16:44:46.15 ID:3nCqfFjz0
カレン「そ、その…きょ今日は家でちょっとしたパーティがあるから…そ、その早く帰らなくては…!」

ナナリー「そうなのですか?」

ルルーシュ「!」

ルルーシュ「カレン!汚いぞ!」

カレン「何を言ってるのかしらルルーシュくん」

カレン「それじゃ、ナナリー私も…」

ナナリー「けど昨日は、明日も暇だーって言ってたではありませんか」

カレン「そ、それは…!」

ルルーシュ「あ、ああ!昼ごろにも今日も暇だわーって言ってたぞ!」

カレン「ルルーシュッ!」


201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 16:49:54.57 ID:3nCqfFjz0
ナナリー「カレンさんどうして嘘をつくのですか?」

ナナリー「そんなに私と居るのが嫌なのですか?」

カレン「ち、ちがうのそうじゃなくてっ」

ナナリー「なら少し私とお話ししましょうか、ええ、2人で」

カレン「………はい」

ルルーシュ「あとは任せたぞカレン」

ナナリー「何を言ってるんですか?」

ナナリー「カレンさんとのお話しが終わりましたら、次はお兄様とですわ」

ルルーシュ「………はい」


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 16:52:46.81 ID:3nCqfFjz0
ナナリー「それではカレンさん、私の部屋に行きましょうか」

カレン「」

ナナリー「お兄様はここで待っていてくださいね?」

ルルーシュ「ああ、わかってるよナナリー」

ナナリー「逃げたりしたら嫌ですよ?」

ルルーシュ「そんなことはしない」

ルルーシュ「俺は、お前にだけは嘘をつかないよ」

ナナリー「ふふ、よかったっ」


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 16:55:27.58 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「」prrrrrr

ルルーシュ「藤堂ッ!マズイことになった!すぐ助けに来い!」

ルルーシュ「CCを送る?バカかッ!そんなことしたら逆効果だ!」

ルルーシュ「1分1秒を争う!早く来るんだ!」

おわり


205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 16:57:25.04 ID:V9AGQIpc0
え?


215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:00:53.94 ID:3nCqfFjz0
カレンいじめるくらいしか書けないことが判明した
それとエロは書けない


216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:02:03.86 ID:lSh9LTG/0
私は数多の状況でカレンが虐められるのを望んでいる


217 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/02/19(日) 17:03:30.31 ID:PXiLrTl20
早くしてください


218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:04:59.24 ID:y4qTaHP+0
藤堂呼んでどうすんだよ・・・
千葉にしろよ。


219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:06:16.30 ID:l6pBtfiI0
はよ


220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:12:29.93 ID:3nCqfFjz0
藤堂のくだりは無いとしても、こっからどうしたらいいんだよ…


223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:16:15.30 ID:of0nQdax0
じゃあ別の時間軸書こうか


224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:21:19.26 ID:3nCqfFjz0
お題くれ


225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:23:52.89 ID:Ue2CzXWw0
なんかの作戦で活躍したカレンにピザを奢るルルーシュに嫉妬するCCが見たいです


230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:30:10.61 ID:3nCqfFjz0
ゼロ「今回の何だかんだの成功も全て紅蓮とカレンのおかげだな」

ゼロ「本当にお前には感謝している」

カレン「光栄です!ゼロ!」

ゼロ「お前には何か褒美をやらないとな…」

ゼロ「何か欲しいものはないか?善処するぞ」

カレン「そんなっ…私はゼロの為、私達の為にに戦えることだけで…」

ゼロ「欲がないな、お前は」

CC「3人しかいないのに、その"ごっこ"みたいのはやめろ」

ルルーシュ「そうだな…」

ルルーシュ「本当に何もないのか?カレン」

カレン「だって急にそんなこと言われても…」


231 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/02/19(日) 17:32:14.47 ID:PXiLrTl20
きましたわ


232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:32:44.74 ID:UHt9iGZs0
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:34:35.52 ID:3nCqfFjz0
CC「カレンが何もいらないって言ってるんだからいじゃないか」

ルルーシュ「…」

カレン「…」

CC「ほら、もういいだろ?出てけ、私はピザを頼むぞ」

ルルーシュ「!」

ルルーシュ「カレン、ピザでも食べるか?」

カレン「は…?」

CC「うん、それがいい」

CC「全て丸くおさ

ルルーシュ「2人で小さな祝勝会でもしようじゃないか」

CC「」


237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:39:04.94 ID:3nCqfFjz0
カレン「ふ、2人で?」

ルルーシュ「ああ、嫌か?だったら」

カレン「嫌じゃない!嫌じゃないわ…けど…」チラッ

CC「…」

ルルーシュ「そこのピザ女が今回の戦いで何をした?」

ルルーシュ「いつも通りこの部屋でピザを食べてただけじゃないか」

ルルーシュ「これはお前への感謝の気持ちだ」

ルルーシュ「CCは関係ないだろ」

CC「」

ルルーシュ「ほらCCナイトメアの練習でもしていろ」

CC「」


239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:40:10.50 ID:xF0dLKwf0
正論すぎて…


240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:44:35.12 ID:UdqoLq2t0
CCw


241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:45:37.13 ID:W/3V+oTE0
ですよねー


242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:45:37.65 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「カレンこれなんか美味しそうじゃないか?」

カレン「え、ええ、でも」

ルルーシュ「今日の主役はお前なんだ」

ルルーシュ「好きなのを頼め」

カレン「…じゃ、これで」

ルルーシュ「おいおい、そっちはピ○ーラだぞ」

ルルーシュ「選ぶならこっちから選べ」

カレン「…ごめんなさい、そうね…そしたら…これで」

ルルーシュ「おお!いいな!」

カレン「…ふふっそうでしょ?」

ルルーシュ「そしたらサイドは…」

カレン「ドリンクは…」

ワイワイガヤガヤキャッキャッ



CC「私とはあんな風にピザを選らんだことないぞ…」


247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:54:08.11 ID:3nCqfFjz0
カレン「L2枚も2人で食べ切れる?」

ルルーシュ「お祝いだからな」

ルルーシュ「L2枚にしよう」

ルルーシュ「余れば玉城でもピザ女でも食べるだろう」

カレン「ぷっ、そうね、きっと食べるわ」

CC「おい」

ルルーシュ「この4つの味が楽しめる…」

カレン「そうね、もう1枚はそれにして…」

CC「おい!」

ルルーシュ「なんだまた居たのか?どうした?」

CC「どうした、じゃない!もう少し静かにしろ!」

カレン「…あんたも混ざりたいんでしょ?」

CC「そんなわけあるか」

CC「ここは私の部屋だ」

CC「騒ぐならよそへ行け!」


250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 17:59:39.07 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「いつからお前の部屋になったんだ」

ルルーシュ「ここはゼロの部屋だ」

ルルーシュ「出ていくのはお前だ」

CC「お前のものは私のもの、そうだろ?」

ルルーシュ「違う」

CC「くっ」

ルルーシュ「カレンあんなのはほっといて、ドリンクは決まったのか?」

カレン「けどこのチラシに載ってるドリンクは…」

ルルーシュ「何だこれだけしかないのか」

ルルーシュ「しかたない玉城に買いに行かせるか」

カレン「ふふっ玉城さんがかわいそうよ」

キャッキャッウフフ

CC「」


255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 18:06:30.72 ID:3nCqfFjz0
玉城「ゼロ!ピザと飲み物買ってきたぜ!」

ゼロ「ご苦労玉城」

玉城「またCCのわがままか?ったくあの女は!」

ゼロ「違う、今回はカレンに私からな」

玉城「へーそうなのか!」

玉城「良かったなカレン!」

玉城「いつもCCのこと羨ましそうに見てたもんな!」

カレン「ちょっと!余計なこと言わないで!」

ルルーシュ「…そうなのか?」

玉城「ああ!それじゃ俺はこの辺で帰るよ」

玉城「これ以上居たらカレンに殺されちまう」

カレン「うるさいっ」


256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 18:08:45.79 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「カレン…お前…」

カレン「違うの…そんなんじゃなくて…」

ルルーシュ「ピザなんていくらでも買ってやるのに…」

カレン「…」

カレン「…そうじゃないわよ」

ルルーシュ「なら…?」

カレン「あなたと一緒に居るCCが羨ましかったのよ!」

ルルーシュ「…カレン…!」

カレン「…ルルーシュ」


CC「ピザが冷めるぞ」


258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 18:12:55.95 ID:3nCqfFjz0
カレン「CCっ!」

CC「どれ?何を頼んだ?ピザマスターである私が開けてやろう」

カレン「勝手に開けないでよ!」

CC「なんだこれにしたのか…センスがない」

CC「このピザを注文する人間がいるとはな」

カレン「このっ…!」

ルルーシュ「言わせておけ」

カレン「でも!」

ルルーシュ「あいつに今時の流行りはわからないさ」

カレン「!…そうねっその通りだわ」

カレン「今時の…ね、ぷっ」

CC「っ!」


260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 18:19:20.77 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「まあ、あいつが言うことももっともだ」

ルルーシュ「冷めないうちに食べるか」

カレン「…ええっ」

ルルーシュ「…お前には本当に感謝してるよ」

ルルーシュ「一騎当千の君が居なかったらここまでくることは出来なかった」

ルルーシュ「ありがとう、カレン」

カレン「そ、そんなっいきなり真顔でっ」

ルルーシュ「本当のことだ」

カレン「~~~」

カレン「…私もあなたには感謝してるわ」

カレン「あなたに出会わなかったら、私たちは新宿で死んでいたもの」

カレン「ありがとう、ルルーシュ」


262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 18:25:23.17 ID:3nCqfFjz0
CC「お、お前が感謝してるのはカレンだけかっ?」

ルルーシュ「何だうるさいな」

ルルーシュ「だが、その通りだな」

CC「!」

ルルーシュ「扇、藤堂、四聖剣、ディートハルト、ラクシャータ、ああ玉城も」

CC「」

ルルーシュ「俺1人だったら戦争なんて無理だったかもな」

カレン「…私たちにとってはルルーシュしかいないけど」

カレン「ルルーシュにとっては私たちじゃなくても…」

ルルーシュ「…」

ルルーシュ「カレン…君は…君だけは…」


266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 18:30:56.58 ID:3nCqfFjz0
CC「そ、そうじゃなくてっ!」

CC「お前の行動のきっかけともなった劇的な出会いがあっただろ!」

ルルーシュ「…ナナリーか?」

ルルーシュ「もちろんナナリーには

CC「ちがう!誰がお前にギアスを与えたと思ってる!」

CC「まさか忘れたわけじゃあるまいな!」

ルルーシュ「…そのことは感謝してるよ」

CC「そうだろ、そうだろ」

CC「感謝を言うのはカレンじゃなく、まず私じゃないのか?」

ルルーシュ「…お前は」

カレン「い、いいのよっルルーシュ」

カレン「私は何番だって」

カレン「その気持ちがうれしいというか」

ルルーシュ「カレン…」


268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 18:34:50.99 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「やはり日本の女性はいいな」

カレン「えっ」

ルルーシュ「俺はブリタニア人だが」

ルルーシュ「ブリタニア人らしい考えがかたあまり好きじゃない」

ルルーシュ「ちょうどそこの女のような、な」

CC「わ私はブリタニア人じゃないぞ!」

ルルーシュ「知ってる、だからお前のような考えかたと言ったんだ」

カレン「…残念だったわねCC」ボソッ

CC「なっ!」


273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 18:40:47.95 ID:3nCqfFjz0
CC「聞いたか!今の!ルルーシュ!」

CC「本性が出たぞ!女などみんなこんなものだ!」

ルルーシュ「…」

CC「そうだろ軽蔑しただろ」

カレン「…ルルーシュ」

CC「信じてた仲間に裏切られたようなものだ!」

CC「カレン!残念だったな!」

CC「やはりお前にふさわしいのはこの私!」

ルルーシュ「ふさわしい?」

CC「ああ、いや、何でもない」

ルルーシュ「…カレン」

ルルーシュ「軽蔑なんかするか」

ルルーシュ「むしろもっと言ってやれ」

CC「」


278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 18:51:01.22 ID:3nCqfFjz0
カレン「…CCも混ぜてあげましょう…?」ボソボソ

ルルーシュ「しかし…」ボソボソ

カレン「さっきから…かわいそうよ…かまってほしいのよ」ボソボソ

ルルーシュ「まあ、お前が言うなら」ボソボソ

ルルーシュ「CC…お前も一緒に食べるか?」

ルルーシュ「今の俺があるのもやっぱりお前のおかげ

CC「そうか!そうかそうか!」

CC「やっとわかったか!」

CC「お前がそこまで言うなら食べてやらんこともないぞ、そのピザ」

カレン「…」イラ

ルルーシュ「…」イラ



281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 18:56:10.88 ID:3nCqfFjz0
ルルーシュ「…いや、やっぱりなんでもない」

ルルーシュ「お前は食べなくていい」

ルルーシュ「なあ、カレン」

CC「えっ」

カレン「ええ」

CC「えっ」

カレン「やっぱり2人で…ね、ルルーシュ」

ルルーシュ「そうだな…カレン」



本当におわり

CC嫉妬させるの難しい
オチ見えてこないし


284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 18:57:45.50 ID:Rmz/IBHO0
もう終い?

楽しかったわ


285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 19:00:02.89 ID:of0nQdax0

C.Cもカレンもいじめるのが映えるな


287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 19:00:58.79 ID:V9AGQIpc0
どっちも可愛かった
よくやったぞ

乙だ


289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 19:02:31.28 ID:RnsXBqmHO
乙乙
面白かったわ


コードギアス 反逆のルルーシュR2 SQフィギア C.C. 紅月カレン 全2種セット バンプレスト スペシャルクオリティフィギュア
コードギアス 反逆のルルーシュR2 SQフィギア C.C. 紅月カレン 全2種セット バンプレスト スペシャルクオリティフィギュア

コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS PSP the Best
コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS PSP the Best




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「コードギアス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ