Powered By 画RSS


日下部若葉「私にバブみを感じてオギャっていいんですよ~」モバP「……」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:14:51.69 ID:jDrJEgaGo
若葉「ほらほら~見てください。今日はオトナの装いで、スーツなんですよ~。見違えちゃったんじゃないですか~?」

P「……」

若葉「お、お姉さんの魅力、で、出ちゃって……ま、ますよね~?」

P「……」

若葉(Pさんのこの沈黙……ど、ど、ど、ど、どう思ってるんでしょうか~)

P「……」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:18:09.66 ID:jDrJEgaGo
若葉「あ、あの~……」

ダッ!

若葉「えっ!?」

バッ!

若葉「えええ、Pさん!?」

若葉(Pさんが、わ、私の膝に~?)

P「う、ううっ……うううっ……」ボロボロボロ


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:19:09.91 ID:jDrJEgaGo
若葉(な、泣いてる!? Pさんが私の膝に顔を埋めて~!?)

P「うううううう」ボロボロボロボロボロボロボロボロ

若葉「???」

P「わ、若葉さん……」ボロボロボロボロ

若葉「ハッ!」

若葉(もしかして、ついに私のオトナの魅力にPさんも気づいて、バブみを感じて……?)


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:20:38.00 ID:jDrJEgaGo
P「若葉さぁ~ん」ボロボロボロボロボロボロボロボロ

若葉(オギャってるのね~。そうなんだわ~////)

若葉「よ、よーしよーし。いいこいいこ」ナデナデ

P「若葉さん……」グスッ


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:22:15.53 ID:jDrJEgaGo
若葉(Pさん、私をついにオトナの女として……オトナのお姉さんとしてみてくれてるのね~)

若葉「どうしたの? Pさ……Pくん」ナデナデ

P「ぼ、僕だって……僕だって一生懸命やってるのに……みんなが……みんなが……」グスグス

若葉「うんうん」ナデナデ

P「僕だって毎日おそくなってもがんばって……」

若葉「そうよね。そうよね~」ナデナデ

P「徹夜だってしたりしてるのに……」

若葉「えらいわね~」ナデナデ

P「それなのに……それなのに……」

若葉「よしよし~」ナデナデ


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:22:55.73 ID:jDrJEgaGo
P「今日だって……」

若葉「どうしたの~?」ナデナデ

P「あのテレビ局のディレクターのやつ、僕の天才的な企画を……『バカじゃねえの』って……」ウウッ

若葉「あらあら、そうなの?」ナデナデ


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:23:45.25 ID:jDrJEgaGo
P「あんなコネだけで入社して、運だけで出世したようなやつに、なにがわかるってんだよ!」グスグス

若葉「うんうん。そうよね~」ナデナデ

P「ぜったい、僕の方が優秀なのに! ね!! 若葉お姉さんも、そう思うよね!!!」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:24:34.76 ID:jDrJEgaGo


P「若葉お姉さん……若葉お姉さん……若葉お姉さん……」

※日下部若葉さんによる脳内エコー




10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:25:17.90 ID:jDrJEgaGo


若葉(わ、若葉お姉さん……////)ジーン




11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:30:50.10 ID:jDrJEgaGo
no title

no title

no title


日下部若葉(20)


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:31:48.04 ID:jDrJEgaGo
若葉「もちろんよ~。P君の方が、優秀に決まってるわよ~」ナデナデナデナデナデナデ

P「だよね!? そうだよね!?」

若葉「もちろんよ~」ナデナデ

P「くそう……あの無能ディレクターのやろう……」

若葉「うんうん」ナデナデ


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:32:14.75 ID:jDrJEgaGo


P「思い知らせてやる」キラーン




14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:32:46.71 ID:jDrJEgaGo
若葉「えっ?」

P「あいつに、思い知らせてやるんだ」

若葉「えっ!?」

P「この僕をバカにしたことを、後悔させてやる……」

若葉「えっ!? えっ!?」

P「……あの世でな!」

若葉「えっ!? えっ!? えっ!?」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:33:49.92 ID:jDrJEgaGo
P「絶対に許さない」

若葉「あ、あの~。あのねPくん」

P「大丈夫だよ、若葉お姉さん」

若葉「え?」

P「証拠を残したりしないからさ」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:33:50.08 ID:YWEhKlkXO
おいおいおい


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:35:04.21 ID:jDrJEgaGo
若葉「そうじゃなくて! あ、そ、そうじゃなくてね」アセアセ

P「それから……あいつ……」

若葉「あ、あのね。あのね、Pくん聞いて~……」

P「ウチの常務……」

若葉「え?」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:36:21.21 ID:jDrJEgaGo
P「あいつも僕のことを無能呼ばわりしやがって……」

若葉「そ、そそそ、そうなの~?」オドオド

P「あいつも一緒に……ククク」キラーン

若葉「あ、あのね。Pくん聞いて」

P「ね。若葉さんだって思うよね。僕が正しい、って」

若葉「ど、どうかな~? どうなのかな~?」オドオド

P「若葉お姉さんは,僕の味方だよね!?」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:37:02.89 ID:jDrJEgaGo


P「若葉お姉さん……若葉お姉さん……若葉お姉さん……」

※日下部若葉さんによる脳内エコー




21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:37:32.63 ID:jDrJEgaGo


若葉(わ、若葉お姉さん……////)ジーン




22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:38:07.07 ID:jDrJEgaGo
若葉「いやいやいや! 感激してる場合じゃないわよ~!」

P「若葉お姉さんだけは、僕の味方だよね!? ね!?」

若葉「そ、そう……というか……そうなんだけど~だけど~……」

P「若葉お姉さんは、僕の母となるべき存在なんだよね!?」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:38:58.49 ID:jDrJEgaGo
若葉「そうよ~!!! あ、えっとその……」

P「もうちゃんと、完璧に計画もたててるんだ!」

若葉「そ、そうなの……?」

P「明日のロケで、2人まとめて……」

若葉「そ、それはやめた方が~その~……」

P「え?」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:39:27.02 ID:jDrJEgaGo
若葉「やめた方がいいと思うんだけど~」

P「それは駄目だよ。もう計画は進行してるんだし」

若葉「そ、そうなの~!?」

P「うん」

若葉「で、でも。Pくん犯罪者になっちゃうのよ~?」

P「あ」

若葉「?」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:39:59.37 ID:jDrJEgaGo
P「あはは」

若葉「Pくん?」

P「あははははは。あはははははは。あはははははははははははは!!!」

若葉「あ、あの……Pくん?」

P「いやだなあ、若葉お姉さん」

若葉「え?」

P「今、若葉お姉さん僕の話を聞いたんでしょ?」

若葉「え……ええ……」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:40:39.04 ID:jDrJEgaGo


P「若葉お姉さん、もう共犯なんだよ?」




27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:41:07.37 ID:jDrJEgaGo
若葉「えええ~~~!?!?!?」

P「もう聞いちゃったんだから、若葉お姉さんは僕と一蓮托生だよ?」

若葉「そ、そそそ、そんなあ~!!!」

P「じゃあ僕、行くね」

若葉「え? あ、あああ、あの……Pく……Pさん! ま、待ってえ~!!!」


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:41:46.04 ID:jDrJEgaGo

千川ちひろ「フンフフ~ン♪ あれ? どうしたんですか? プロデューサーさん」

P「あ、ちひろさん。いや、若葉さんがまたお姉さんアピールをしてきたので、ちょっとからかってまして」

ちひろ「またですか? あまり若葉ちゃんをいじめちゃダメですよ?」

P「わかってはいるんですが、慌ててる若葉さんが可愛くて……」

ちひろ「はいはい。ちゃんと後で謝ってあげてくださいね」


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:42:15.09 ID:jDrJEgaGo
若葉「Pさぁ~ん! 私、お姉さんじゃなくていいですから~!! 考え直して管さぁ~~~いいい~~~!!!」


お わ り


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:43:31.22 ID:jDrJEgaGo
以上で終わりです。
おつき合いいただきまして、ありがとうございました。


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/26(日) 17:46:22.53 ID:7TGYVn8sO
サイコなPかと思ったがほっとした


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466928891/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ