Powered By 画RSS


凛「モバしんぼ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 17:58:09.31 ID:qOR5yXJ4O
事務所

究極のクンカーメニュー企画会議

ガヤガヤ

美嘉「じゃあ、アタシは真夏の営業後の靴下を持ってくるね!」

ありす「なら私は寝起きのパンツをお見せしますよ。」

凛「…。」Zzzzzz

卯月「り、凛ちゃん、起きてください!」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 18:01:39.49 ID:qOR5yXJ4O
凛「んん…。」ノビー

卯月「もう、こんな大事な会議で寝るなんて…。」

凛「ふうん…。」マジマジ

美波「ねえねえ、卯月ちゃんはプロデューサーさんのコートの匂いを直で嗅いでみたことはある?今度見せてあげるね。」

卯月「え、えっと…。」

凛「はっ、熟練のクンカーと呼ばれる人たちは滑稽だね!!」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 18:03:44.74 ID:qOR5yXJ4O
美嘉「な、何ですって!?」

ありす「聞き捨てなりませんね。」

卯月「り、凛ちゃん、いきなり何言ってるの?」

凛「来週もう一度会議室に来て。生のパンツより美味しい匂いを嗅がせてあげるよ。」



4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 18:06:40.55 ID:qOR5yXJ4O
帰宅時

卯月「凛ちゃん、あんな大きいこといって大丈夫ですか?生のパンツより美味しいなんて…。」テクテク

卯月「何を用意するんですか?」

凛「それなんだけど、まだ決めてないんだよね…。」

卯月「え、ええ!?」

凛「うーん、どうしよっか。」



5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 18:09:01.73 ID:qOR5yXJ4O
凛「ん…あれは?」

モバPの実家君「」

凛「よし、あれにしよう。」パチン

卯月「え、ええ!?もう決めたんですか?」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:01:20.32 ID:7slgtOO50
AM2:00

ミーンミミミーンミミミーン

モバP実家

カチャカチャピンッカチャリ

カララララ

凛「お邪魔します。」

卯月「り、凛ちゃん…。こんな時間に…。」コソコソ

凛「漁はこの時間しか取れないからね。」スタスタスタ

卯月「え、えぇ~…。」トテトテ


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:06:52.30 ID:7slgtOO50
元モバPの部屋

卯月「は、早く出ましょうよ…。」

凛「何?もう眠いの?卯月は子供だね。」ガサゴソ

卯月「そ、そうじゃなくて…。」

卯月「ほ、ほら!これなんてどうですか!?本棚にあった、え、エッチな本です!」

凛「見せて?」

凛「どれどれ…。」ペラララララ

エロ本君『春の爆乳祭り!Eカップ以下は人間じゃない!』

凛「ふーん…。」







凛「ふーん…。」

卯月「」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:09:14.97 ID:7slgtOO50
卯月「」

凛「駄目だね。こんなもの、場末のスメル屋にしか置いてないよ。」

凛「これは色々使えそうだから貰っておくけど。」ガサゴソ

卯月(あ、一応貰うんだ。)

卯月「じゃ、じゃあ早く見つけて帰りましょうよ…。」

凛「慌てないの、ここら辺にあるかな?」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:13:35.12 ID:7slgtOO50
凛「お、あったあった。これが生のパンツよりおいしい物だよ。」

卯月「え、ええ!?こんなものが生のパンツよりおいしいんですか!?」

凛「あっ、大きな声を出すと…。」

モバP母「だれ?そこにいるのは?」ガチャリ

凛「あっ。」

卯月「あっ。」






ガッシャーーーン!ガッシャーーーン!

スタッ スタッ

スタタタタタタタタタ!

ファーーンファンファンファン ファーーンファンファンファン


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:18:07.54 ID:7slgtOO50
当日

事務所 会議室

美波「さあ、約束の日よ。凛ちゃん。」

ありす「生のパンツより美味しい匂いとやらを嗅がせて貰いましょうか。」

美嘉「今更無理でしたなんて聞かないからね!」

卯月「り、凛ちゃん、本当に大丈夫なんですか?」

凛「…。まあまあ、慌てないでよ。」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:24:54.73 ID:7slgtOO50
凛「とりあえず、生のパンツの匂いから嗅がせてよ。」

凛「有るんでしょ?」

ありす「ふふん、良いでしょう。」

ありす「これが、プロデューサーさんが今朝脱いだパンツです。」

ファサツ

美嘉「こ、これが生のパンツ…。」

卯月「…。」ゴクリ


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:26:18.66 ID:7slgtOO50
ありす「さあ、まずは嗅いでみてください。」

卯月「」snsn

凛「」mfmf

美嘉「」knkknk

美波「」hshs


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:29:11.40 ID:7slgtOO50
美嘉「あ、あひぃ…。」パキパキ

美波「しゅ、しゅごい…。」トローン

卯月「おいしいれしゅぅ…。」ヘゴォ

ありす「れしょおお…?」ポワーン

凛「まあ、こんなもんかな。」パタパタ


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:32:56.34 ID:7slgtOO50
卯月「…あれぇ、これ、夏にしても汗が多くないですかぁ?」ヘゴヘゴ

凛「いい加減立ち直って、卯月。」

ありす「その通り、夜中にプロデューサーさんの部屋のエアコンを切ることでより汗が染み込むんです。」

美嘉「これこそ究極の匂いだよね。」

ありす「これ以上の物があるなら見せてもらいたいですね。」フフーン


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:33:55.98 ID:7slgtOO50
凛「じゃあ、見せてあげるよ。これが、生のパンツより美味しい匂いだよ。」

パサリ

ありす「こ、これって…何ですか。」

凛「Yシャツだよ。」

美嘉「わ、ワイシャツ!?」ブフォッ

美波「あの、おつまみで出てくるワイシャツ…?」クスクスクス

ありす「うふふふ…結果は見るまでもなく明らかですね。包装されているのを見ると、洗いたてのようですし…。」


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:36:44.94 ID:7slgtOO50
卯月「や、やっぱりワイシャツなんかじゃ当たり前すぎて駄目だったんですよぉ!」アワアワ

凛「まあ、論より証拠。まずは嗅いでみてよ。」

美嘉「まあ、分かり切ってるけど…。」hshs

美波「一応ね…。」knkknk

ありす「…全く、勝てないなら最初からそう言えば…。」mgmg


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:38:15.23 ID:7slgtOO50
ありす「…そ、そんな…!」

美嘉「あ、あれ!?」

美波「さっきのパンツより美味しい…!?」

凛「どう?」



31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:40:57.24 ID:7slgtOO50
美嘉「匂いそのものはインパクトが少ないけど」

美波「匂いに奥行きがあって、汗の通り方も均一に通ってるわ…。」

卯月「これに比べると、さっきのパンツの匂いは無理矢理つけられた人工物って感じですね…。」

ありす「ぐ…。」プルプル



32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:42:59.06 ID:7slgtOO50
美嘉「凛!これただのワイシャツじゃないでしょ!?」

ありす「ど、どんな調理をしたんですか!?」

凛「いや、ただのワイシャツだよ。」

凛「ただし、プロデューサーの高校時代のね。」

卯月「!?あ、なるほど!」


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:46:27.08 ID:7slgtOO50
凛「プロデューサーの高校は夏場はワイシャツ。」

凛「それを3年間続けてきたんだから、洗濯した上にも匂いが重ね書きされてきた。」

凛「普通は気付かない匂いと旨みが染み付くのは当たり前だよね。」

ありす「くっ、確かにこのパンツは所詮文字通りの一夜漬け…。」

美嘉「これは見事に」

美波「私たちの負け、ね。」

卯月「り、凛ちゃん!やった!」


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:50:11.68 ID:7slgtOO50
凛「分かってくれた?匂いがどんない手間暇をかけて作られるものか。」

ありす「ふう、完敗ですね。」

美波「でも不思議と悔しくないわ。」

美嘉「もっと、新しい匂いが有るって分かったからね。」

ありす「これから、いろいろと教えていただけますか?」スッ

凛「…良いよ。」スッ

卯月(一時はどうなることかと思いましたけど、雨降って地、固まるですね)ホッ



















モバP「お前らさっきから俺の下着と服嗅いで何やってんの……?」


35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:52:26.21 ID:7slgtOO50
凛「」

卯月「」

美波「」

美嘉「」

ありす「」

モバP「」












ガシャーン!ガシャーン!ガシャーン!ガシャーン!ガシャーン!

シュタ!シュタ!シュタ!シュタ!シュタ!

スタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタ!

ファーン!ファンファンファン!ファーン!ファンファンファン!


~了~


36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/27(月) 23:53:50.98 ID:7slgtOO50
テーマは確執と和解!
HTML化依頼もパパパッとやって、終わりっ!


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466240289/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ