Powered By 画RSS


凛「渋谷凛の素顔」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:39:17 ID:/ABMqm4M
笑顔は苦手。

人からよく「クールだね」って評価を受ける。
クールか。
それは単に私が口下手で冷めてるから。

冷めてるは言い過ぎだね。でも表情を作るのは本当に苦手なんだ。

悟らせないように努力してるだけ。

友達は少ない。
それどころか、不良扱いまでされてて周囲との壁を感じる。

浅い関係の友人ならそれなりにいるよ。

私のことを知ってるクラスメートとか。

そうだね。顔見知り程度かも。

なにせ、愛犬ハナコとの散歩が趣味の私だ。




2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:40:00 ID:/ABMqm4M
何も言わなくていい。

わかってるから。

寂しい人生だなって。

毎日が退屈で、それでも変化を求めない私。

自分を変える努力なんて実はしてこなかった。

夢なんてない。目標もない。
空っぽな私。

何もない毎日を過ごし、当たり前のように花屋で働き、ありふれた普通の男と結婚する未来。

それが渋谷凛の生涯。


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:40:30 ID:/ABMqm4M
私は私の気付かないところで、心の悲鳴をあげていたのかもしれない。

私の夢。
私の居場所。

きっとずっと求めてた。

きっかけを。

ああ。こんなにも後ろ向きだったんだ、私。



貴方に逢ったのは、そんな時だった。


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:41:24 ID:/ABMqm4M
「アイドルに興味はありませんか?」

正直に言えば、興味なんてなかった。

現実味のない話。

だって、芸能界って闇が深そうだって思ってたし。

こんな笑顔も作れない女、アイドルに向いてないよ。

「興味……ないかな。他当たってくれる?」

プロデューサーと名乗った男は、残念そうに名刺だけ残して去っていった。


プロデューサー。私に夢と目標、そして居場所をくれた人。

でもこの時はまだ、赤の他人。


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:41:47 ID:/ABMqm4M
未来はわからないものだ。

私が彼に恋をするなんて、きっと想像すらしていなかった。



再会は数日後。
街中で。


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:45:05 ID:/ABMqm4M
「よかった!また会えた!」

名刺をくれたあの男だ。

私は不機嫌な顔で彼を軽く睨むと、そのまま無視して歩き出した。

所詮勧誘なんて誰でもいいのだ。

だから諦めると思っていた。

「待ってくれないか?」

今度こそ彼を睨みつける。

「なにアンタ、ストーカーなの?」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:45:47 ID:/ABMqm4M
彼は慌てて手を振ると、「違う違う!君はアイドルに向いてると思うんだ!」と子供っぽく語った。

その目は純粋そのもので、悪意なんてこれっぽっちも感じない。

それでも信用はできない。

だってさ、アイドルに向いてる?私が?冗談でしょ。

「話聞いてもいいけど。そこの喫茶店で奢りね」

図々しく攻める。
諦めるかな?

「わかった。ご馳走するよ」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:46:41 ID:/ABMqm4M
やっぱりナンパかな?警戒心が少し上がる。

こういうとき、女の子は言動を聞き逃さない。

試してるって言っていいね。

男と比べて非力だからさ。

自己防衛で騙されないためには、言葉で計るしかないんだ。

これで可能性は3つ。

見ず知らずの私に、食事を奢ってでもアイドルになってほしい。

奢りと勧誘を口実にナンパ。

私を騙して利益を得ようとしている。

あとは彼の人間性を会話で把握するだけ。

これが、男と戦えない女だから培われた武器。


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:47:36 ID:/ABMqm4M
パーソナルスペースは他者との距離をはかる便利な感覚だと思う。

近寄れば不快感を覚えたり、気にならなかったり。

人間の直感だろうか?

生理的に受け付けないという言葉があるけどさ。まさにそれ。

わざと接近してみる。

男が近づくと基本不快になる私は、きっと気難しいのかもしれない。

あれ?

近寄っても不快感はない。

どうしてなの?

彼の隣を歩き、案内された席に座る。

不思議な感覚。まるで長年連れ添った夫婦か、相棒のようにしっくりくる。


この時、はじめて私は彼を意識した。


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:48:10 ID:/ABMqm4M
「好きなもの頼んでいいよ」

メニューを一通り眺め、私は迷わず注文も決めた。

「キャラメルマキアート」

喫茶店にも場所によってはあるんだね。

友達と喫茶店に行くことは少ない。

行くのは基本的に有名チェーン店くらい。


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:53:26 ID:/ABMqm4M
「わかった。あとは?」

「私はいいよ」

様子を見ていた店員が注文票に書き込んでいく。

「じゃあ俺はコーヒーとサンドイッチ。あとこのパフェ二つね」

店員は注文を復唱しながらプロデューサーと二三言やり取りし、カウンターの方に下がっていった。

置かれた水を飲み、プロデューサーを軽く睨む。

「この大きなパフェ、誰が食べるの?」

「俺とキミで」

……はぁ。

パフェは重いよ。


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:54:30 ID:/ABMqm4M
「食べたかったんだろ?」

「どうして?」

「なんとなく」

……気安い奴。

私の心のなかにズカズカと土足で踏み込んでくる敵だ。

なんてね。

「私が食べたくないって言ったら?」

「……頑張って二つ食べるよ」

「……残さないんだ」という私の呟きに、律儀に、「もったいないだろ」と澄まし顔のプロデューサー。

そうだね。


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:55:02 ID:/ABMqm4M
「ありがとう。私も食べるから安心して」

「よかった」

なんだか嬉しそうなのは気のせいかな?

「で、お話……するんでしょ?」

「おお。聞いてくれるか?」

まるで友達感覚。

悪徳セールスのキャッチでももっと丁寧だよ。たぶん。


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:55:32 ID:/ABMqm4M
「俺はアイドルのプロデューサーをやってる。というかプロジェクトを任されたって感じかな」

「誰が所属してるの?」

「まだ誰も所属してない。記念すべき第1号がキミさ」

ダメだと思う。
論外だ。
ありえない。

「……正気?」

「何事も始まりがあるだろう?それがキミなんだ」

「意味わかんないし」

この男、ただのバカかもしれない。


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:56:17 ID:/ABMqm4M
「事務所は大きいんだぜ」

彼が口にした名前は、私でも知ってる大企業だった。

「芸能部門を新設したんだが、俺が代表として全部任されちゃってな」

「最初は貧乏くじ引いたかなって思ったけどさ。せっかく挑戦するんなら、全力で結果を出してみたいって思って」

勢いよく語る彼の会話を中断させる。

「……給料は出るの?」

不安要素の一つ。

「そこは安心してくれ。母体はデカいから問題ない。結果を出せば大金持ちも夢じゃないぞ」


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:58:15 ID:/ABMqm4M
「なんで私なのかな?」

そう、そこが一番重要なポイント。

美味しい話には裏と罠があるものだ。

「こうティンときたんだよ。直感ってやつはバカにできなくてね」

いや、バカだよ。


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:58:35 ID:/ABMqm4M
どうしてこの話を受けたのか。

今でもよくわからない。

ただ、居場所が欲しかったのかもしれない。

難しいことは何も考えず、ひたすらまっすぐ前だけを見て生きていく。

そんなありえない夢を、私はあの瞬間、一瞬だけ確かに垣間見た。

あれは幻だったのかな?


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:59:08 ID:/ABMqm4M
プロデューサーはお店の中で、2時間以上も熱く語った。

私は多少なりともうんざりしながら、一生懸命アイドルの良さを説くプロデューサーの瞳を見つめていた。

こんなに夢中になれること。私にはあったかな?

そうか。

羨ましい。
羨ましいのかもしれない。
プロデューサーの生き方が。

夢を語る子供のような人。

だからこそ不思議と愛しく思えた。


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/30(木) 23:59:31 ID:/ABMqm4M
私が根負けして了承したとき、彼はガッツポーズで喜んだ。

おかしな人。

この人の夢を叶えてあげたい。

そう思わせる何かがある。

夢。私をトップアイドルにしたいと言う彼の夢を。

私は彼の浮かべる笑顔のために、アイドルになった。

それはきっと、私だけが知る真実。

凛「ふーん、アンタが私のプロデューサー?……まあ、悪くないかな……。私は渋谷凛。今日からよろしくね」


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/01(金) 00:00:02 ID:XMrRFxcE
付き合ってあげる。

もし、この先に地獄しか待ち受けてなかったとしても。

私は振り返らず、前だけを向いて駆けていく。

この感情に名前をつけるなら……

それは





元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1467297557/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ