Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバP「ホテルにてちょっとした不幸」

1 : 短い 2016/07/03(日) 00:04:08.19 ID:tuWtmMLl0
カタカタカタ

P「だぁー……首痛ぇ……」カタカタ

P「寝たい……明日早いし……」カタカタ


コンコン


P「んあ?」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:07:37.60 ID:tuWtmMLl0

コンコンコン

P「……」チラッ


ほたる「……」ガタガタブルブル


P「こんな時間にどした?」ガチャッ

ほたる「あ、あああああああのっ」ガタガタブルブル

P「オーケーオーケー、落ち着いて。部屋にお入り?」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:15:19.59 ID:tuWtmMLl0
――――

P「ほら、紅茶飲め」

ほたる「は、はい……ありがとうございます……」

P「で、どした。明日もステージだぞ?」

ほたる「あの、それで早くに寝たんですが、なんだか苦しくて目を覚ましたんです……」

ほたる「そしたら、枕元に……」ブルッ

P「出たか……」

ほたる「……」コクン


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:24:02.74 ID:tuWtmMLl0
P「……はい、はい……。ではまた後日ということで……はい」

ピッ

P「やっぱり曰く付きの部屋か、ったく」

P「色々な偶然が重なった結果の手違いだってことらしいが、まあその辺については後々だな」

ほたる「すいません……本当に、私の招いてしまった事故なんだと思います……」

P「んー、まあ少なくとも今晩はどうしようもない。おかげさまでホテル満室なんだとさ」

P「部屋も変えられそうにないし、とりあえず俺の部屋で寝な」

ほたる「す、すいません……私、えっと、ありがとうございます……」

P「いいよいいよ」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:28:51.80 ID:tuWtmMLl0
P「じゃあ、鍵」

ほたる「え?」

P「鍵くれ。部屋交代するしか無さそうだからな」

ほたる「そ、そんな……Pさんがあちらになんて……」

P「俺はそういうの慣れてるからなあ。おかしな話だけどさ」ナハハ・・・

ほたる「そ、そうは言っても……」

P「大丈夫だって。ゆっくりお休み」

ほたる「で、でもっ……えっと……」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:32:00.97 ID:tuWtmMLl0
P「どういうやつ? グロかったりする?」

ほたる「あの、そうじゃなくて……えっと」

P「って、思い出させるワケにはいかないよな」

ほたる「あ、あのっ」

P「ん?」

ほたる「その、一人で……寝なきゃ、ですか……?」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:35:26.97 ID:tuWtmMLl0
P「あー……」

ほたる「そ、その……いえ、なんでもないです……」

P(……そりゃあそうか、まだ13の女の子か……)

P(ちと発育が良いから忘れがちだが、そうだったな……)

P「……」チラッ


ほたる「……っ」ブルブル


P(ちと発育が良いんだもの……)


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:37:20.72 ID:tuWtmMLl0
P「……無理そうか?」

ほたる「い、いえっ……あの……」

ほたる「…………」ガタガタ

P「……」

ほたる「…………っ」ガタガタ


コクン・・・


P「……そうか」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:41:03.08 ID:tuWtmMLl0
P「……あー、分かった。こうしよう」

P「眠るまでの間、そばにいる。そんで、しばらくしたら電気消してあっちの部屋に行く」

P「これでいい?」

ほたる「……! はいっ、ありがとうございます……!」パアッ

P「了解、じゃあそうするか。荷物は……」

ほたる「……とりあえず、着替えだけ」

P「ん。他はカバンに詰めてあるか? 朝になったら持って行くよ」

ほたる「すみません、ありがとうございます……」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:45:23.07 ID:tuWtmMLl0
P「そんじゃあ、明日も早いんだからベッド入りな」

ほたる「は、はい……」モゾモゾ

P「よし。それで、どうすっか。子守歌でも歌うか?」

P「スゥ……ちっちゃな頃から悪ガキでぇ~~~♪」バリトンボイス

ほたる「あの、遠慮しておきます……」

P「そうか」

ほたる「はい……」

ほたる「あの、その代わりに……」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:47:33.36 ID:tuWtmMLl0

ギューッ


P「手、握っときゃいいのね」

ほたる「すいません……触れてないと不安で……」

P「お安いご用で」

P(手ちっちゃい)

ほたる「……」プルプル

P(震えてる手ちっちゃい)


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:50:52.12 ID:tuWtmMLl0
――――


ほたる「……くぅ……くぅ…………」

P(案外早く寝ちゃったな。安心したか)

P(そんじゃ、そっと手を離して……)ソーッ

ほたる「…………」


ほたる「………………うぅ」


ほたる「うぅ……ぅあぁ……ぃ、や…………」プルプル


ほたる「……ぅ……ぅぁ…………」カタカタカタ


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:53:43.90 ID:tuWtmMLl0


ウーンウーン


P(どうしよう)

ほたる「ぅ……ぁ……ゃぁ……」ウーンウーン

P(手離した途端にめっちゃうなされてる)

ギュッ

ほたる「ぅあ…………」

ほたる「…………」

ほたる「……くぅ……くぅ…………」

P(手繋ぐと治まる)

ほたる「……くぅ……くぅ……」ニヘ・・・

P(どうしよう)


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 00:56:08.62 ID:tuWtmMLl0
P(参ったぞ。離れらんねえぞ)

ほたる「……くぅ……くぅ……」

P(スケジュール的に寝ておかないとブッ倒れるぞ俺)

ほたる「……くぅ……くぅ…………」ニヘー

P(幸せそうな顔して寝てんぞ)

P(どうしよう)


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:00:13.84 ID:tuWtmMLl0

――――――

――――



P「…………んが?」パチリ

ムクリ

P「……」

P(いつの間にか寝てたか……)

P(やべ、今何時……)

P(…………)


ほたる「……すぅ……すぅ…………」


P(やっべ……)


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:03:47.46 ID:tuWtmMLl0
P(待った、ちょっと待った俺)

P(一気に目が覚めた。そうだ、昨日部屋に来たほたるを寝かしつけて、それで……)

P(それで……)

P(……)

P(いや、その後いつの間に寝たのかが分からん)

P(ただですら疲れてたんだ、ベッドに無意識に入っちまったってのか)

P「と、とりあえず早いとこ部屋を抜けて――」

P「……」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:05:57.57 ID:tuWtmMLl0


ほたる(ウソみたいに高い位置までずりあがったパジャマ)「……すぅ……すぅ…………」

P(半脱ぎ半ケツ)「」


P「」



25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:09:53.94 ID:tuWtmMLl0
P(オーケー、冷静になれ)

P(手は出してない。出すワケない)

P(相手は13歳、記憶が途切れる程の眠気、何事もなく寝たはず)

P(そう、不幸。これはほたるの招いたアンラッキー)

P(アンラッキー、言うなればアンラッキースケベ。間違い無い……はず)

P「だから、何事も無かったように部屋を抜ける」

P「ほたるが起きる前に――」



ほたる「……?」パチリ

P(アンラッキーめ)


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:13:17.33 ID:tuWtmMLl0
ほたる「……?」キョロキョロ

P「ああ、おはようほたる。まず落ち着いてくれ、この格好はだな」

ほたる「……!」バッ

P「ああそうだ、一旦顔を覆うといい。こんなもん見ちゃダメだ」

ほたる「……!」ハッ

P「そうだな、お前の服も乱れてる。でもな、それは俺がやったんじゃあない。信じてくれるな? 俺とほたるの仲だからな」

ほたる「……Pさんと私の……」

ほたる「……」

ほたる「…………」ポッ

P「何故そうなるかな」


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:16:59.43 ID:tuWtmMLl0
ほたる「あ、あの昨晩、私……」

P「ああそうだ、ゆっくり寝たよな?」

P「それでなんだが、自分の体質については十分理解していることだろうと思う」

P「で、あるからしてこれも不運な事故なのであってだな」

ほたる「あの……」

P「俺は決して、神様芳乃様に誓って手は出して――」

ほたる「私、起きている間でも全然大丈夫ですから……」

P「何故そうなるかなちくしょう」




29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:19:34.49 ID:tuWtmMLl0
おしまい
このあとめちゃくちゃチェックアウトした

添い寝音声欲しいなとか考えてたらいつの間にかこんなもんが出来てた


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 01:20:56.77 ID:y5G+Fxer0
ほたるは可愛いなあ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467471847/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。