Powered By 画RSS


【モバマス】 シンデレラの夜食

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 21:05:28.00 ID:ePEeFVoy0
ここは都内の某所にある、美城プロダクション所有の女子寮。
 日々研鑽し、高みを目指すアイドルが、心と体を休ませる憩いの場所。
 今日も可憐なシンデレラたちは、気の向くままに時をすごす・・・・・・




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 21:06:12.85 ID:ePEeFVoy0
~奏ルーム~

 
 午後11時、学生が主な住人となっているこの女子寮では、大半が眠りについているこの時間
もうそろそろ自分も床に就こうかしら? と考えていた速水奏は、友人、塩見周子の口から
アイドルらしからぬ、意識の低い言葉を聞いた。

周子「あかん、めっちゃおなかすいたん」

奏「ちょっと……もう夜中よ?明日もあるのだし、いくら太らないからって流石に
  どうかと思うわ。 シンデレラに言うのもおかしい話だけれど、生活バランスの崩れは
  美しさの時計の針を進めてしまうの。 知っているでしょう?」

周子「いややわー。 美しいだなんてそんな褒めんといて~」

奏「そうやって話をはぐらかす癖、あまり良くないと思うわ」

周子「それはお互いさま。 まー、ちょこっとつまむだけやし。 後はお水飲んでごまかすから、ね?」

奏「……ほどほどにね。 周子ちゃん」

周子「はいはーい! 奏ちゃんオヤスミ~」

ガチャ パタン

奏「…………はぁ」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 21:07:13.76 ID:ePEeFVoy0
周子「さてさて、奏ママのお許しをもらったしー」

周子(がっつりお腹にたまるものでもたーべよっと)

周子(ピザポテト……ドーナツ……)


???「……」ガサゴソ


周子「いっそコンビニにでも……って、んー?」


???「我が魔翌力の糧と成りえるものは……むぅ、トマト……トマトかぁ……」


周子「おやー? 蘭子ちゃんはなーにしてるのかな~~?」

蘭子「ぴぃぁあ! な、なにごとか!?」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 21:08:05.10 ID:ePEeFVoy0
周子「あはは! 良いリアクションどーもー。蘭子ちゃんもおなかすいたん?」

蘭子「ぅう? ……はっ! その声は我が友周子!」

周子「シューコちゃんは虎にされてしまったかー。 ガオー」ガオー

蘭子「がおー」ガオー

周子「それで、蘭子ちゃんもお夜食を探しに来たのかな?」

蘭子「おお、そうであった。 来る祝宴に向けての儀式により、我が魔翌力はすでに枯渇している」

周子「あー、そろそろライブだからねー」

蘭子「うむ。 しかし、デーメーテールの加護厚き聖櫃には既に厄災しか残されておらぬ……」

周子「生トマト食べられないかー」

蘭子「……甘いきゅうりみたいな味がするの」

周子「そっかー。 あっ、ソーセージはっけーん」

蘭子「それは明日の朝ごはんゆえ、地獄の業火に焼かれることになろうぞ」

周子「あー……それはおっかないなぁ……あっ」

蘭子「む、天啓を授かったか?」

周子「確かここらへんに……ん……あった、じゃーん冷凍ピザ~」

蘭子「おお~~~! このような至宝が隠されていようとは!妖狐の幻術侮りがたし!」

周子「いやーすっかり忘れとったわ。 確か、一昨日コストコに行ったときに買ってたんだよねー」

蘭子「褒めて遣わす! 早急に復活の儀を執り行おうではないか!」

周子「まずはオーブンに入れる鉄板と引っ掛け棒さがそっか」

蘭子「うむ!」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 21:08:43.98 ID:ePEeFVoy0
周子「さて、準備完了。あとは焼くだけなんだけどー……使い方わかる?」

蘭子「ううん」フルフル

周子「あたし普段は゛あたため゛しか使わないんだよね。よく見たらめっちゃスイッチあるやん……」

蘭子「スチーム……予熱……解凍? わ、わからぬ。特にこの突起など何の為に……」グッグッ

小梅「そ、それは……自動メニューとか、お、温度を……変えられるダイヤル、だよ……」

周子「あーこれ回すやつかー」

小梅「そ、そう……これで200℃、だったかな……えい、スタート……」ピッピッ

蘭子「ほー、後は再誕の時を待つの……み……」


「「「………………」」」


小梅「…………ばぁ」

フギャアアアアアアア!! 
ウワアアアアア!!


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 21:10:34.28 ID:ePEeFVoy0
~10分後~

小梅「えへぇ……ふ、二人とも……猫みたいな目になってて……か、かわいかった……」

周子「あー……びっくりしたよもー……」

蘭子「流石は死に魅入られしもの。 フフフ……我が心結界をこうも容易く破るとは」

周子「めっちゃ震えてるやん」

小梅「まだ、膝……がくがくしてるね……」

蘭子「もー!」

小梅「えへへ……」

周子「おーおー良い笑顔しちゃってー」

チーン!

周子「よーし、お皿とナイフの用意して、ピザとりにいこかー」

小梅「わぁ……!」

蘭子「誕生の福音!」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 21:11:12.45 ID:ePEeFVoy0
周子「意識したらかなりイイ匂いしとるなぁ」

小梅「は、はやく……!出そう……!」ソワソワ

蘭子「冷めないうちに……!」ソワソワ

周子「大丈夫やって。そいじゃーごたいめーん」

パタン

蘭子「おお、燃え盛るマグマにて鍛えられし黄金の……おいしそう……」グー

小梅「ト、トマトとチーズが……とろとろしてる……」クゥ

周子「うはぁ、これはあかん。部屋中がおいしそーな匂いでいっぱいだよ」

蘭子「スー……ハー……」ウットリ

小梅「ホ、ホラー映画と同じくらい楽しみ……し、周子さん、はやく…………あれ……?」 



周子「もう切ったからはよおいでー」



小梅「も、もう準備万端……」

蘭子「い、いつのまに……」



周子「ほらー冷めちゃうよー」



蘭子小梅「「はーい」」テテテ


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 21:12:11.24 ID:ePEeFVoy0
周子「うっかり八等分に切っちゃったけど、小梅ちゃんは本当に二切れでええの?」

小梅「う、うん……それでも多いくらい……」

蘭子「我が友小梅は、其の器を魔翌力で満たした方がよい。 痩せ過ぎてて……ちょっと心配かな……」

周子「蘭子ちゃんも人のこと言えないくらい細いけどね……っと取り分け終了ー」

小梅「あ、ありがとう……ございます……」

蘭子「感謝の極み!」

周子「どーもー。それじゃあいただきますの前に」

小梅「?」 蘭子「?」

周子「『周子おねーさん大好きー』って言ってみ?」

小梅「な、なんで……!?」 蘭子「ぇえ!?」

周子「いやー、なんかそういう気分? まーお夜食代だと思って、ね!」

蘭子「むぅ……致し方なし」

小梅「わ、わたしも……いい……よ……」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 21:12:39.33 ID:ePEeFVoy0
蘭子「しゅ、周子おねえちゃん、だ、大好き……!」ニコ
小梅「しゅーこおねーちゃん……だいすきー……」ニヘェ


周子「ん、おお……なんかええなーこれ。いっぱいおたべー」

蘭子「いただきまーす!んー!」モグモグ

小梅「い、いただきます……」ムグムグ


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 21:13:06.04 ID:ePEeFVoy0
周子「んーっ、凄くいい気分。 それじゃああたしも」

奏「あら、私も周子お姉ちゃんのこと大好きよ?」ギュッ

周子「!? あー…………か、かなでちゃん……? なんでここにいるん?
   それにお姉ちゃんて、奏ちゃんの方が年上じゃなかったっけ……」

奏「」イラッ

周子(あ、なんか踏んでもた)

奏「ふぅん……? フロア中にピザの匂いをさせておいてよく言ったものね」

周子「いやー……案外近くだと気が付かないと言いますか……ね?」

奏「それに」

周子「そ、それに……?」

奏「このピザ買ったの、私なのよね」

周子「……………………あっ」

奏「思い出したかしら? ついでに、私はまだ17歳って事も思い出してくれると嬉しいわ」ニッコリ

周子「あ、あのー……ご、ごめんね? あっほら! 明日同じの買ってくるから! コストコで! 」

奏「もぅ……仕様がないわね。 許してあげるから、お皿もう一枚持ってきて? あとそこの二人」

  蘭子「!?」ビクッ 小梅「!?」ガタンッ

奏「隠れてなくても怒って……随分と斬新な隠れ方ね……」

  蘭子←丸まって気配を消しているつもり  小梅←椅子の下で死んだふり

周子「奏ちゃーん、見て見てちょっと良いお皿あったよー。 伊万里焼やってー」

奏(まったく……退屈する暇がないわね)

奏「普通ので良いのに……さ、せっかく焼いたのだし、美味しいうちに食べちゃいましょ?」

蘭子「うむ!」

小梅「み、みんな……二枚になったね……」

周子「それじゃああらためて」



     「「「「いただきます!」」」」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/06(水) 21:13:32.83 ID:ePEeFVoy0
ここは都内の某所にある、美城プロダクション所有の女子寮
 青春を謳歌する乙女たちが心を通わせあう憩いの場所
 団欒の声と穏やかな明かり、今日も夜は過ぎていく・・・・・・

おわり


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467806727/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ