Powered By 画RSS


P「スパンキングマスター2」

前作:P「スパンキングマスター?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/10(金) 23:10:24.26 ID:i/uCybnJ0
美希「ねえハニー!お願いだからして欲しいの!」

P「何言ってんだダメだ」

美希「一回ぐらいいいの!今日はねオムツも履いてるから」

P「ダメったらダメだ」

美希「してくれるまで……下は履かないよ?」ヌギヌギ

P「こ、こら!!!やめるんだ!!」

小鳥「ハァ……美希ちゃん……」

P「鼻血出てますよ……」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/10(金) 23:13:47.85 ID:i/uCybnJ0
響「美希も飽きないねー……」

響「自分もうとっくに飽きちゃったぞ……」

P「ははは……結局響にはスパンキングの才能は皆無だったからな」

響「うぅ……それは言わないで欲しいぞ」

美希「響は自分がされないからって羨ましいだけなの」

響「うっ……自分確かにされるのはあんまり得意じゃないし
  したいとも思わないし、そんなに才能ないし……」

P「ははは、でも響がいないとツッコミができないからな」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/10(金) 23:16:24.58 ID:i/uCybnJ0
タッタッッタ……

千早「ぷ、プロデューサー!!」バタンッ

P「ど、どうした!?」

真「ま、待って千早!もう一回だけ!もう一回!」

P「うおっ!どうした真!股間ビチャビチャだぞ!?」

千早「私、とうとう真に勝ちました!!」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/10(金) 23:20:21.28 ID:i/uCybnJ0
P「おお、そうなのか!!ははは、真、油断したのか?」

真「くそ~!!まさかあそこで
  スパンキングワープを使ってくるとは」

………………数分前……

千早「どうしたの?」

真「ちょっとね……。
  僕としては千早の方が遅く始めたのにも関わらず
  この前の試合結果には納得イッてなくってね」

千早「何そのわざとらしい誤字……」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/10(金) 23:23:34.02 ID:i/uCybnJ0
真「あんな僅差だったのがちょっと悔しくてさ……
  だからもう一回勝負してよ!お願い!」

千早「あまり自分の力に傲るのは関心しないけれど」

真「いいじゃん……ちょっとだけだよ!ほら、行くよ!!」ダッ

千早「ちょ、ちょっと!私はまだやるとは」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/10(金) 23:27:23.57 ID:i/uCybnJ0
真「言い訳無用!!」フォンッ

千早「う、後ろに……でも……これなら」サッ

真「むっ……うまく避けたね。でもね、まだまだだよ!」ダッ

千早「くっ……!!守護方陣……!!」パンッ

ブゥゥン……

真「おっと……危ない危ない……この魔方陣でできた結界に
  飛び込んで行ったらそれこそ自殺ものだったよ……」

真「だったら……内側から破らせてもらうよ!!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/10(金) 23:31:51.68 ID:i/uCybnJ0
真「はあああああ!!」

千早「気が高まっている……。何か仕掛けてくるわね……だったら!!」

千早「……」スッ

真「土遁の術!」

ボゴォッ

千早「うっ……ぁんっ」サッ

ドサァッ

真「かすっただけ!?ギリギリの所で避けられた……」

千早「スパンキングワープ!!」ブゥゥンッ

スパァーーンッ


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/10(金) 23:34:26.22 ID:i/uCybnJ0
真「ひぎぃっ!! んんっ!!あっ……だ、だめ出る……んんっ」ゾクゾク

真「で、んッ出ちゃうぅぅぅううううう」ジョボロロロロ……

真「ぷ、プロデューサーの……も、ん゛んっ!!思い、出して、ンッ!」

真「あ、や!んっ!!」ジョロロロ……

千早「ハァ……やったわ!!プロデューサー!!」ダッ

真「あっ、ハァちょっと待って!!なしなし!!今のなし!!」

…………


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/10(金) 23:37:32.11 ID:i/uCybnJ0
貴音「スパンキングワープ!?
   千早、あなたいつの間にそんな技を」

千早「ふふ、私も影で頑張ってるんです」

P「すごいじゃないか……!」

P「俺や冬馬ができるスパンキング・レボリューションの
 劣化版ではあるがそれができるだけでも充分にすごいことだぞ」

響「スパンキング・レボリューションって
  確か、時空転移攻撃の……?」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/10(金) 23:41:05.58 ID:i/uCybnJ0
千早「そうよ、あの技は本来連続で出す攻撃なのだけど」

千早「私はまだそこまでの体力や技量がないから一回しか出せないの」

P「なるほど……それを決め技に持ってきたのか」

千早「あの、プロデューサー……
   また稽古、お願いしてもいいですか?」

P「あぁ、もちろんいいぞ」

千早「はい!では仕事が終わり次第事務所で!」

真「うぅ……着替え取りに帰らなきゃ……」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/10(金) 23:45:18.86 ID:i/uCybnJ0
P「ははは、それも修行の1つさ真」

P「瞬間移動を使って移動を繰り返せばすぐに家につくさ」

真「もう、プロデューサーじゃないんですから、そんなに回数できないですよ!!」

P「ビチョビチョになった股間を瞬間移動で誤魔化せば
  恥ずかしくもなんともないよ」

P「だけど逆に瞬間移動できなくなった時に、
  その醜態を晒すことになる。
  どうだ?これを考えたら……できそうだろ?」

真「うぅ……や、やってみます!」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/10(金) 23:50:17.50 ID:i/uCybnJ0
響「瞬間移動って……瞬時に相手の後ろに回りこむ、移動系の技だったね」

貴音「ふふ、響もひと通り勉強しているのでわかるのですね」

響「そりゃ……一時期は本当にハマっていたからね」

真「じゃ、僕行ってきます!頑張りますよー!」ダッ

美希「むー……みんなしてずるいの……」

美希「美希だって、幻術くらい簡単に打ち破れるようになってるんだから!」

千早「でもさすがにプロデューサーのは無理でしょ?」

美希「そ、それは無理なの……ハニーのは思い出すだけで
   んっ……濡れてきちゃうの」ジヮァ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/10(金) 23:52:37.37 ID:i/uCybnJ0
千早「ふふ、私も初めて技を受けた時は本当に怖かったわ」

千早「でも、幻術の時と現実のものの区別くらいはできるようになっているわ」

千早「でも、やっぱりプロデューサーさんのは
   どこから幻術に入ってるのかもわからない時があるわ」

P「ははは、そりゃそうだ俺を誰だと思ってるんだ」

………………


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/10(金) 23:56:59.34 ID:i/uCybnJ0
P「そう……俺はあの冬馬との激戦の後にスパンキングマスターとして
  君臨することになり……今では数多くのスパンキングマスターや
  道場破りが事務所に来て対決を申し込まれることがある」

P「その度に俺は一段と強くなり、また、レベルを上げている」

P「さらに俺は今、スパンキング連合評議会の連合最高議長の座にも
  推薦を受けていてスパンキング界を大きく駆け登っているのだった」

響「え、なんか語りだしたんですけど……」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:01:10.30 ID:88gE5hwF0
P「また、うちの高木社長を含めたこの世の中に5人しかいない
  とされた光るお尻の所有者、通称、五光尻の連中の間では
  俺のことはもっぱらの話題のタネになっているそうだ」

P「俺も社長のツテで1人には会うことができ、僅差で勝利している」

P「恐ろしく……強敵だった。確か……SHINNOSUKE NOHARAと言ったな」

響「登場させる気さらさらない癖にやめなよ……」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:05:01.51 ID:88gE5hwF0
P「ちなみに俺の最大のライバルである天ヶ瀬冬馬」

P「奴もスパンキング界を駆け登っていてその若さ故に
 大きく期待されている」

P「確か奴も俺と同じランクのマスターランクまで昇格したとか」

P「マスターランクは簡単に言えば公式の道場を開き
  人に教えることが許されるランクである」

P「さらに……評議員としてスパンキング界に君臨し
  その地位や権力を獲得できる」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:09:12.77 ID:88gE5hwF0
P「まぁ、そんなとこで俺は今アイドル達は教わりたい奴は自由に
  俺からスパンキングを教わっている」

P「真は始めは雪歩に無理矢理やらされていたが、今では立派な戦士である」

P「とうの雪歩は受け専門のままだったが……」

P「伊織に関しては受けるのが嫌だからというので防御だけ学んでいた」

P「しかし、いつも美希に破られている……あの光景は見てる方が辛い」

P「プライドが高く、いつも泣かされてる伊織……」

………………


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:11:39.10 ID:88gE5hwF0
伊織「イヤよ!こっち来ないで!!」

美希「デコちゃんまた美希にガード破られるのが怖いんでしょ?」

伊織「そ、そんなことないわよ!私はあんたの攻撃なんて
   全然負けないくらいいつも鍛えてるんだから!」

美希「ふぅ~ん。えいなの!」パンッ

伊織「きゃっ……な、何よこれ……はっ……幻術ね!?甘いわよ美希!」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:14:14.11 ID:88gE5hwF0
伊織「あんたの幻術なんて穴だらけで現実世界には程遠いわ」パンッ

パッ

美希「あーあ、簡単に解かれちゃったの……じゃあこれは!?」ダッ

伊織「き、近接攻撃ッ……えっと……しゅ、守護方陣!」パンッ

ブォンッ

美希「わわっ……確かこの魔法陣は入っちゃだめだってハニーが」

伊織「プロテクター!ガードプラス!リフレクト!!」パンパンパンッ

美希「す、すごい!デコちゃんそんなに出しても平気なの?」

伊織「あ、当たり前じゃない!この伊織ちゃんにかかれば
   4重防壁なんて御茶の子さいさいよ!」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:18:01.68 ID:88gE5hwF0
美希「美希の拍手で耐えられる?」

伊織「や、やってみなさいよ!!」

美希「…………」パァンッ

伊織「ひっ……んっ……」ジワァ

ブブ……ブ……ブブブ……

美希「ほら、もう揺らいでるよ?」

伊織「うるさいうるさいうるさい!」

伊織「スパンキング・エクスプロージョン!!」

ッドォーーンッ

美希「デコちゃんの攻撃、それしかないから美希にはあふぅって感じなの」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:21:15.67 ID:88gE5hwF0
美希「でも、ちょっと崩しがいが出てきたよね」

美希「もっと遊んでたかったけど……美希、時間だから本気出して終わりにするね」

美希「奥義!スパンキング・イリュージョン!」パァンッ

伊織「あっ……だ、だめ……うさちゃんの……」

伊織「うさちゃんのお尻叩かないでえええええ!!」

美希「もらったのー!」

スパァーーーンッ


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:23:46.49 ID:88gE5hwF0
伊織「し、しまっ……んん゛っ!!ひゃぁぅぅぅううう!!」ビクンッ

伊織「んっ……んぁあああ!」ジョボロロロロォォ……

伊織「っんん、い、いやッ、こ、んん゛なのッん」

伊織「っう、ふぇぇぇえええええ……」

美希「ごめんねデコちゃん……」

伊織「うっ……ひぐ……ゃんっ、こっち来ないで!んぁぅッ」ゾクゾク

美希「またデコちゃん泣かせちゃった……
   着替えのジャージ貸してあげるから、ね?」

伊織「ぅぅ……ばか……あっち行ってよ、ン……」

………………


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:30:37.70 ID:88gE5hwF0
響「今の回想入ったこと伊織に言ったら絶対怒られるよ?」

P「美希と千早はその腕前はよく、少し遅れて始めた千早もぐんぐんと成長している」

P「貴音、あずささんはもっぱら解説役の方が性に合うらしく
  今も勉強中。公式試合の時にセコンドについて解説してくれることも」

P「響はすぐに飽きた」

響「ほ、ほっといてよ!」

P「春香は修行のために留学中である」

P「社長のツテで五光尻の一人がいるアメリカにいる」

P「その人の元で修行中だ」

P「アメリカと言えば……そう、ヒップホップの本場だよな」

響「いや、ホントそういうの挟まなくていいから……」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:35:30.32 ID:88gE5hwF0
P「事務所での総合戦闘ランクは

P
美希
千早、春香

社長
伊織
貴音
あずさ、雪歩
やよい、真美、小鳥
亜美、響
律子

である」


響「ねえ、さっきからずっとボソボソ何言ってるの?」

P「おお、おっとすまんすまん……」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:38:15.39 ID:88gE5hwF0
美希「ねえ!休み時間でいいからちょっとお稽古つけて欲しいの!」

P「千早が先だったろ?」

美希「ぶーっ……もういいもん……事務所の外で素振りしてくる」

P「基本はいいことだ。頑張れ」

美希「はいなのー……」

P「……?今日は機嫌が悪いなぁ……」

P「しかし、今頃春香はどうしてるかなぁ……」

千早「そうですね……
   最初の1,2週間は毎日泣いて電話してきてましたもんね」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:41:00.72 ID:88gE5hwF0
P「きっと今頃千早よりも強いかもしれないぞ?」

千早「そしたら春香にお尻叩いて貰います、ふふ」

響「もはやそのセリフになんの疑問を感じない自分が怖いぞ」

P「まぁ、正々堂々勝負してみればいいさ。そしたらすぐわかる」

千早「最近じゃちっとも電話ないですもんね」

P「それがいいのさ……向こうに慣れて元気にやってるんだよ」

千早「きっと今も頑張ってますよね」

千早「私も少し千人斬りしてきます」

P「あ、あんまり事務所の前ばかりでやると変な噂たつから……」

響「それに関してはもう手遅れだぞ……」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:44:44.23 ID:88gE5hwF0
響「この事務所の前を通ると気持ちいいって最近、すごい噂になってるんだぞ」

響「みんなが千人斬りとか言って道行く人のお尻をこっそり叩くから……」

千早「そ、そうなの!?」

P「それはマズいなぁ……」

千早「まあ、でもきっとそれを知って通ってる人もいるのでしょうし……」

P「じゃあ、大丈夫か!ははは」

響「え、えぇ~……」

千早「ええ、そうですよね。じゃあ行ってきます」

ガチャ

P「行ってしまったな……」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:46:35.91 ID:88gE5hwF0
P「さて、仕事仕事……」

P「ん?ああ、シリウスからメールが着てるじゃないか」

響「誰だよ!」

P「ん?尻友だよ尻友。評議会で尻あったのさ」

響「何その悪意のある誤字!!」

……


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:48:35.19 ID:88gE5hwF0
千早「さて、千人斬りとは言ったものの今日は屋上から
   長距離射撃訓練にしようかしら……」

千早「うーん……距離はざっと200メートルって所かしら」

千早「ギリギリ人が確認できる距離だわ……」

千早「行けるかしら……」パンッ

貴音「ふふ、どうですか?」


  キャァァアアンッ ァァァンッ  

千早「ええ、バッチリです」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:50:52.28 ID:88gE5hwF0
貴音「その技は手で丸を作り筒のようにした所から
    空気圧縮したものをもう片方の手で押し出し」

貴音「それを遠くにいるターゲットに当てるという
   スナイプスパンキングですね」

千早「ふふ、解説ご苦労様です」

貴音「解説役が二人もいるのにここにいないとさっぱりわかりませんからね」

千早「さて、次は……あれ?美希?」

貴音「どうしたのです?」

……


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:53:15.71 ID:88gE5hwF0
美希「もうっ……」ブンッ

美希「美希だってハニーに気持ちよくしてもらいたいのに」ブンッ

美希「なんで……してくれないの……」ブンッ

美希「ちょっとぐらいならしてくれてもいいのに」ブンッ

美希「オムツ……無駄になっちゃうよ……」ブンッ

「……星井美希さんだね?」

美希「誰なの……?」ブンッ

美希「美希は今、忙しいの……」ブンッ

「明らかに不審な動きしてるけど忙しそうには見えないんだけど……」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:55:29.04 ID:88gE5hwF0
……

千早「誰か話しかけたわ……何あの黒い服を来た男」

貴音「何者でしょうか……」

千早「わからないわ……スカウト?」

貴音「そういうわけでもなさそうですね」

千早「ええ、そうね……」

貴音「もう少し様子を見ましょうか」

……


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 00:57:54.09 ID:88gE5hwF0
「僕はあなたの不満を解消することができますよ」

美希「言ってることがわからないの」

「あなたはあのプロデューサーさんに叩かれたいのですね」

美希「ハニーのこと……どうして」

「何言ってるんですか。彼は連合最高議長に推薦されてる方ですよ」

美希「……そっかハニーは有名だもんね、そっちの人には」

美希「じゃあ美希がその人の一番弟子ってのも見たらわかるよね」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:00:13.18 ID:88gE5hwF0
美希「美希ね、今ちょっと虫の居所が悪いの……だから」

「だから……?」

美希「とっとと帰るの!!」ビュンッ

「うほぉっ!!これは!!」バッ

ズバァァァアアンッ

……


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:02:06.77 ID:88gE5hwF0
千早「あれはスパンキングカッター!?」

貴音「あのような所で……いけません」

千早「すぐに止めないと……」

貴音「あの黒い服の男……何者なんですか」

……


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:04:32.57 ID:88gE5hwF0
美希「速い……だけど美希、スピードには自信あるんだ」フォンッ

「おや、こちらですか」ブンッ

美希「後ろ取っごふぅ!!」バキッ

「コレは失礼……」

美希「美希、アイドルなんだよ!!か、顔に!!どうしてくれるの!!」ボタボタ

美希「鼻血……が……」

ブチ……

「手のある所に突っ込んできたのはそちらじゃないですか」

美希「完全に怒ったの!!」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:07:15.89 ID:88gE5hwF0
美希「ドライブスパンキング!!」ビュッ

「落ち着いてくださいよ……嫌だな」パンッ

ピカッ

……

千早「あの光は……!!」

貴音「フラッシュクラップ!?」

千早「いよいよマズいですね……あの男の人のこと止めないと」

千早「距離……よし。標準、よし」

千早「スナイプスパンキング!!」パンッ


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:09:56.43 ID:88gE5hwF0
「……ふふ、これでようやく僕の話を聞いてくれるようになりましたか?」

美希「うぅ……目が……油断したの」

「さぁ、一旦僕の事務所に来て……殺気!?」バッ

千早「……外した!?」

「ふう、危ない……」

「そこですか……スパンキングカッター!!」ビュッ

千早「マズい!!四条さん伏せて!!」

ズバァアアンッ


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:11:54.99 ID:88gE5hwF0
「…………」ボソボソ

美希「えっ……だって美希はそんなことできないよ」

「……」ボソボソ

美希「いや、だって……だって」

「だからあとでまた……に来てください」

美希「……だって、美希は」

「ですから……うっ……」ピタ

「動くな」

美希「……!!!」パァアア

……


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:14:50.00 ID:88gE5hwF0
千早「四条さん大丈夫!?」

貴音「え、ええ……それよりも美希は!」

千早「あれは……!!プロデューサー!?」

……

P「動くな」

「うっ……ぐ」

美希「……!!!」パァアア

P「うちの美希に何をした……」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:16:41.44 ID:88gE5hwF0
P「お前はどうやら俺をちょっとばかし怒らせたようだな」

P「そのケツが3つになる前に……何をしたか吐け」

美希「は、ハニー……あ、あのね!」

響「うわっ……外に出てみたら事務所の屋上削られてるし
  美希は鼻血だして倒れてるし
  プロデューサーは知らない男の人のお尻に手そえてるし!」

P「早く答えろ……どこの組織だ」

P「評議会に連行する」

「悪いね……さすがに捕まる訳には行かないんだ」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:20:12.81 ID:88gE5hwF0
P「逃すと思うのか?ゆっくりとそのフードとマスクを取るんだ」

「どうかな……?よく聞きな」

P「あぁ?」

「……天海春香は死んだ」ボソッ

P「なっ……!!」

「隙あり……!!」バッ

「それじゃプロデューサーさん……チャオ☆」

P「なっ……お、おい……う、嘘だろ……」

美希「は、ハニー!?今、あの人、なんて!?」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:22:01.25 ID:88gE5hwF0
千早「プロデューサー!!今何が!!」

貴音「あなた様……どうされたのですか!!」

P「いやいや、そんなはずは……だって……」

P「じゃあ、なんで連絡が来ない!!」

律子「あれ?みんな外で何してるのってきゃああああ!!
   事務所が半壊してるぅぅぅううううう!!」

律子「貸してもらってるんですよあの場所!!
    なのにどうするんですかこれ!!」

P「どうなってるんだ!!くそ、春香!」ダッ

律子「ちょ、ちょっと!!?プロデューサー!!」

……


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:23:49.47 ID:88gE5hwF0
P「死んだとしても俺のスパンキング・リバースがあれば……生き返る……はずだ」

P「ん?着信?……誰だ?」

P「し、シリウス……?まさか春香の関連か?」

P「……」ポパピプペ

prrrr……

スタッフ「こちらはスパンキング連合評議会……」

P「俺だ。スパンキングマスターのKENJI AKABANEだ」

スタッフ「畏まりました……少々お待ちを」

P「早くしてくれ!!」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:25:07.59 ID:GorTTm/M0
赤羽根Pwww


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:25:29.65 ID:I6XNZOe30
まさかのシリウスさん来るのかww


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:25:47.63 ID:88gE5hwF0
シリウス「おい、プロデューサー聞いたか!」

P「予想以上の早さだったな!」

シリウス「お前の弟子が……殺られた」

P「くそ……本当だったのか……」

シリウス「何があった!!?」

P「実はさっき黒服の男が来て俺の弟子を襲撃し、さらに
  そう言ったんだ。春香が死んだと」

P「なんで五光尻のマダムと呼ばれたあの人は黙っていたんだ」

シリウス「それが大問題なんだ……」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:27:57.76 ID:88gE5hwF0
シリウス「マダムのあの道場屋敷……あそこが全壊された」

シリウス「謎の襲撃にあったんだ」

P「……まさか……じゃあマダムも?」

シリウス「……あぁ」

P「くっ……マダム……会ったこと無いけど……」

響「ないのかよ……っていうかまさかシリウス登場させるとは……何考えてんだ本当に」

律子「それじゃ、事務所半壊してるけどプロデューサーが自腹で戻すみたいなんで
   1ヶ月後の定例ライブの打ち合わせ始めるわよー」

シリウス「だが、聞いて欲しい。遺体は発見されていない」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:31:15.44 ID:88gE5hwF0
シリウス「マダムのや、他の門下生のはいくつか発見されている」

P「本当か!?」

シリウス「だが、あの雰囲気じゃ生きてるかなんてのも……」

P「くそ……お前、意味不明に出てきやがった癖に
  とんでもない情報タレコミやがって」

P「だが、俺も一度そっちの様子を見に行く必要があるみたいだな」

P「じゃあ、またな」ガチャ

律子「で、北海道の会場なんだけど……奥尻市って所になったわ」

千早「ぷ、プロデューサー?」


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:33:19.92 ID:88gE5hwF0
P「みんな……聞いて欲しい……」

律子「お、やっと本職に戻って来ましたか」

P「春香が謎の襲撃に会い……留学先で死亡した」

千早「はい?そういう冗談は私好きじゃありません」

美希「……本当なの……?」

響「えっ……嘘でしょ?」

貴音「そ、それは……何故?」

律子「…………はぁ……また始まったか……」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:35:09.13 ID:88gE5hwF0
P「まぁ、確かに遺体は確認されてないから、それもどうなのか怪しいんだけどな」

律子「はいはい、嘘乙。証拠不十分です。話戻していいですか?」

P「先ほど俺の評議会での親友シリウスからの情報なんだ」

律子「だから何者なんですかそいつ……全然信憑性ないですから」

千早「シリウスさん?」

美希「シリウスおじさん……が?」

響「なんで知ってるんだよ……」

律子「弟子のアンタ達はいつの間に会ったのよ」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:37:51.36 ID:88gE5hwF0
千早「でもじゃあ春香の留学先の道場は……」

美希「マダムは何をしてたの……?」

響「律子止めてよ!どんどん話しが進んでいくぞ……」

P「あの人も死んでいる……あそこの道場にいた人間は皆殺しにされた」

P「うっ……グス……さぞ辛く、気持よかっただろうに……」

千早「うっ……春香ぁ……」グス

響「プロデューサーの一言のせいで悲しさが伝わらない!」

律子「もう、ホント、こいつら病気だわ……」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:39:36.05 ID:88gE5hwF0
美希「……う……あの人が言ってたようにすれば」ボソッ

美希「……美希、ちょっと行く所ある」ガタン

千早「美希……ダメよ相手が誰かわからないのに一人で行くなんて」

千早「春香の仇討ちなら私だって行くわ」

P「そんなことさせない……仇討ちは俺一人がやる。お前らの手は汚せない……」

美希「仇討ちじゃないんだけど……」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:41:34.08 ID:88gE5hwF0
千早「そんな!!そんなことしたらせっかくもらってる
   連合最高議長の推薦が!!」

P「そんなことどうでもいいんだ……春香の方が大事だったのに」

P「俺は……俺は……くそっ!!くそぉ!」ガンガンッ

千早「やめてください……その手は人を快楽にやるものです……。
   そんな風に傷つけないでください……」ガシィッ

P「千早……」

響「いや、人の話を聞きなよ……仇討ちじゃないってよ?」


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:44:56.55 ID:88gE5hwF0
美希「美希……今日はもう帰るね……ちょっと考えたいことがあるの……」

P「お、おい!美希!」

律子「あの娘……この後、普通に仕事入ってるんですけど」

千早「私が代わります」

響「さりげなく仕事を奪ったな……」

P「俺も仕事だ……連合があるシリアに行ってくる」

P「連合最高議長に掛けあってくる」

律子「コラ待て……営業が先だ。それに千早は別の仕事入ってるでしょうが」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:46:20.11 ID:KQ1qcbxN0
シリアwwいちいち


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:47:00.46 ID:88gE5hwF0
響「じゃ、じゃあ美希の代わりは自分がやるよ」

律子「うん、そうしましょうか」

響「えへへ!やったー!」

千早「プロデューサーさん……美希……
   あの男に何か言われていたみたいなんです」

P「なんだって!?」

千早「あ、あの社長はどこにいるんですか……?」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:49:42.47 ID:88gE5hwF0
P「社長は五光尻の集会だ」

千早「じゃあ海外にいるんですか?」

P「いや、今年は池尻大橋駅に集合って言ってたな」

響「世田谷区じゃん……」

律子「これ見よがしに尻とか入れんでいいですから。さっきのシリウスと言いシリアと言い……」

P「いや、それに関しては律子も言えないからな……」

律子「あぁ?」

P「なんでもないっす」


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:53:13.12 ID:88gE5hwF0
千早「でも、シリウスさんは馬鹿にしないほうがいいわ」

千早「彼は拍手だけであらゆるものを創造することができるのよ」

律子「完全にハガレンですね。本当にありがとうございます」

P「まぁ、そう言うな千早。
 そんな千早の今日の営業は……世田谷区だ」

千早「えっ……まさか」

P「あぁ、五光尻の世話と奴らに千早の尻を叩かせる」

響「ただのセクハラ発言なんですけど」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:54:52.56 ID:88gE5hwF0
千早「本気の勝負になりますよ?」

響「なんで受けて立とうとしてるの!?」

P「あぁ、社長はあの中でも最弱だからいいが、野原には気をつけろマジで」

千早「そんなシーンカットして出す気ない癖にいい加減にしてくださいね」

P「ごめんなさい」

P「まぁ、それはそうと普通に乱取りしてもらえばいいさ」

P「お遊び程度にな。あぁ、だけど一応オムツと着替えだけは忘れるなよ?」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:57:04.80 ID:88gE5hwF0
響「美希のお仕事は……?」

P「あぁ、美希のはモデルの仕事だったぞ」

響「やったー!」

律子「スパンキングをしない響、亜美真美、やよい
   ばかりがアイドルの道を進んでいく……」

律子「これでいいのか私……!!」

P「さて、で……春香の遺体は一刻も早くこちらに
  持ってきてもらわないといけないな……。
  スパンキング・リバースも死体が腐ったらダメだからな」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 01:59:41.17 ID:88gE5hwF0
千早「そうね……それで生き返られてもただのアンデッドですからね」

P「ははは、一度作ってみるか!なんつって!」

千早「じゃあ、行きましょうかプロデューサーさん」

響「こいつら春香死んでるのになんでこんな元気なんだよ……」

P「だって、証拠ないんだぜ?律子の言うようにな!」

律子「」イラッ

律子「さ、馬鹿は放っておいて行きましょう、響?」

響「うん、わかった!」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:02:04.80 ID:88gE5hwF0
……

真「ただいま~!!へへ~!あれ?みんな~?」

貴音「皆、もう仕事に向かいましたよ」

真「ええ!!そんな~……」

真「折角土遁の術を見てもらいたかったのに」

貴音「私でよければお付き合いいたしますね」

……


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:04:00.76 ID:88gE5hwF0
P「しかしあいつら……一体……」

千早「気になりますね……」

P「うん。シリウスに聞いてもきっとこう答えるんだぜ?」

  「知りません」

P「ってな!ははは」

千早「もう、やだプロデューサーってば!ふふふ」


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:07:41.90 ID:88gE5hwF0
P「はは……まぁ、春香のことに関しては笑い事じゃないんだがな……」

千早「ですね……」

P「…………」

千早「…………」

P「遺体が見つかっていな(た)い……なんつって」

千早「プフゥ!む、無理がありすぎです……ぷぷ」

P「だけど遺体が本当に見つかってないんだもんなぁ……」

千早「生きてるかどうかも怪しいんですよね……」


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:10:24.80 ID:88gE5hwF0
千早「はぁ……春香……。
   私、もっと春香に話したいことがたくさんあったのに」

P「俺もお前ら二人が仲睦まじく尻を叩き合う姿が見たかった」

千早「そんなシーン絶対に存在しませんからね」

P「痛い痛い!!とか言ってな!はははは!」

千早「ちょっ!ぷぷ……遺体の話のあとに……ずるいですよ!」

P「はははは……はぁ……なんか罰当たりな気がしてきた……」

千早「……そうですね」

……


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:12:22.63 ID:88gE5hwF0
美希「……」

北斗「やあ、来たんだチャオ☆」

美希「ジュピターの……名前わかんないけど……」

北斗「伊集院北斗だよ……美希ちゃん覚えてよね」

美希「興味ないから無理」

北斗「そう……。ま、いいか」

美希「早く教えて欲しいの」


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:14:25.06 ID:88gE5hwF0
北斗「最近になってようやく知ったんだよ。
   井の中の蛙だったってことがね」

北斗「だけど……それも今日までだよ」

北斗「僕の力は強い……君たちのプロデューサーよりもね」

美希「ふん……それは有り得ないの」

北斗「僕は冬馬よりも強いよ」

美希「それも嘘なの……美希だってあの人にも勝てないのに」

美希「それより強いなんて絶対嘘」

美希「悪いけど美希……765プロの中じゃナンバー2だよ?」

北斗「ナンバー1以外に魅力を感じてるのかい?」


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:16:22.16 ID:88gE5hwF0
美希「ハニーが一番ならそれでいいの」

北斗「そのハニーももう一番じゃなくなるよ」

美希「誰が一番になるの?ハニー以外いるわけない」

北斗「……ほら、いるじゃないか」

美希「……誰?……春香?」

北斗「違うよ、あの娘は死んだじゃないか」

北斗「……君だよ。美希ちゃん?」


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:18:25.50 ID:88gE5hwF0
美希「気味悪いの……。何が目的なの……」

北斗「目的を聞いたからには僕達と一緒に
   行動してもらうけど、それでいいのかい?

北斗「そして……そのことが原因で
   大好きなハニーには嫌われちゃうかもしれないけれど?」

北斗「それでも聞くのかい?」

美希「嫌われるのはイヤ……だけど……」

美希「ハニーに何かしようってのなら……美希、許さないから……」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:20:29.88 ID:88gE5hwF0
北斗「おいおい……構えないでくれよ」

北斗「第一、さっきの戦いで君は負けてるじゃないですか僕に」

美希「やってみないとまだわからないよ……」ジリ

北斗「まぁ、聞いてくださいよ」

北斗「あなたが……美希ちゃん自信がプロデューサーさんを
   気持よくしたくはありませんか?」

美希「……え?それどういうこと?」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:23:24.97 ID:88gE5hwF0
美希「そんなの当たり前なの」

美希「気持よくして欲しいし、気持よくしたいの」

北斗「だけど相手が強すぎて気持よくしたいというのは無理」

美希「……確かに、力の差の関係で無理なの」

北斗「じゃあ強くなりましょうよ。僕と共に」

北斗「僕のやり方で世界を変えれば……そのお供をしていけば
   きっと強くなれますよ?」

北斗「僕の強さはあの時、戦った時、わかったでしょう?
   誰よりもあなたが……」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:26:43.13 ID:88gE5hwF0
北斗「君がその気になればすぐにプロデューサーさんだって
   追い越せますよ」

北斗「どうですか?強くなる気は?」

北斗「一時的に手を組む……だけでも構いませんよ?」

美希「本当に……美希も……ハニーを?」

北斗「もちろん……強化プログラムが用意されてますよ」


北斗「ほら、手を取って……」




北斗「さあ……ようこそ961プロへ」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:29:52.86 ID:3fp/62ol0
とんでもねえことになってきたぜ


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:32:05.80 ID:88gE5hwF0
………………

数日後

千早「アイタタタ……」

P「まだ痛むのか……すまないな本当に」

千早「い、いえ……4日も経ってるのに」

千早「その、えっと……///
   ゴニョゴニョ……と腰が痛くて……」

P「そうか……」

千早「お、思い出すだ、けで……ひゃんっ」ビク


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:36:26.26 ID:88gE5hwF0
P「あの五光尻の野郎ども。
 手加減なしで4人がかりで千早狙いに行きやがって」

P「悪いな……俺がドアノブに仕掛けられた高圧電流で
  ぶっ倒れてなかったらちゃんと守ったのに……」

P「つか、あんな入り口に仕掛けるかよ普通……」

千早「い、いや……だ、大丈夫です///」ジヮァ

千早「っていうかあの人達のサミットの理由が最低なんですけど」

P「あ、あぁ……マダムが亡くなったからっていう祝いの会だったな」

千早「社長まで一緒になって……

『彼女は規則には厳しい女性でねぇ……ちょっと清々した所が……』

   なんて言って!!」

P「は、ははは……」


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:38:47.07 ID:88gE5hwF0
律子「ちょっとプロデューサーさん!美希はどこへ疾走したのよ!」

律子「あの娘、仕事だって普通に入ってるんだから!!」

律子「全部響に換わってもらってるからいいけれど
   さすがに美希目当てで呼んだのに向こうに悪いですよ」

響「うぅ……美希みたいになれなくてごめんなさい……」シュン

P「ま、まぁまぁ落ち着いて……そのうち帰ってきますって」

律子「あの時……確かに様子が変だったわ……」

P「確かにな……だが……一体何がどうなったんだ」

P「ますますあの男の正体が気になる……」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:41:07.64 ID:88gE5hwF0
P「たく、心配かけさせやがって……」

P「やっぱりあいつを捕まえて……」

「あぁぁ!!んんっ!だ、だめぇえええ」

ガシャーン

律子「何の騒ぎ!!?」


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:43:01.49 ID:88gE5hwF0
P「喘ぎ声……?またスパンキング関係か?」

律子「それはアンタが原因でしょうが!」

P「俺に教えたのは社長だぞ!」

千早「ちょっと二人共!様子を見に行かなくちゃ……」

ガチャ

「ほら、失神しちゃったから連れてきたの」

ドサァ


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:44:50.35 ID:88gE5hwF0
響「た、貴音ぇ!?」

律子「美希!!」

P「美希!!お前どこ行ってたんだよ!連絡しても出ないし」

P「何やってたんだよ」

美希「美希は美希のために……そしてハニーのために行動してたんだよ」

P「俺のためってなんだよ……」


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:47:00.79 ID:88gE5hwF0
律子「あなた……本当に心配したんだから……」グス

律子「よかった……帰ってきてくれて……」

響「なんで……なんで貴音にこんなことしたんだよ!!」

美希「なんでって邪魔したからだよ。美希の」

P「お、お前何言ってるんだ……」

美希「お尻、叩いてあげたの」

………………


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:49:07.68 ID:88gE5hwF0
美希「事務所……久しぶりだな」

美希「って4日ぶりなの……」

美希「みんなどうしてるのかな……」

美希「でも……ハニーのため」

美希「これもハニーのため」

美希「あれもハニーのため」

美希「そして……美希のため」

貴音「……そこにいるのはもし、美希ですか?」

美希「え?」


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:50:54.02 ID:88gE5hwF0
貴音「美希!!」ガバッ

美希「わわっ……貴音……」

貴音「戻って来られたのですね。よかったです」

美希「ううん……美希ね。みんなにお別れを言いにきたの」

貴音「はい……?」

美希「美希ね……765プロはやめるの」

貴音「美希!何故ですか!」


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:52:35.30 ID:88gE5hwF0
美希「なんでって……ハニーのため。美希のためだよ」

貴音「それで何故765プロをやめることになるのですか」

美希「もーっ……美希が決めたんだからいいじゃん」

貴音「よくありません……」

貴音「プロデューサーは大層心配されていましたよ」

美希「だからそれもごめんなさいしにいくの」

貴音「あなたがやめてもあの方は喜びませんよ」

美希「ううん、そこではまだいいの」


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:54:43.74 ID:88gE5hwF0
美希「その後のもっと先で喜んで……。気持ちよくなってもらうの」

貴音「この前の男との会話ですね……」バッ

美希「貴音は勘がいいね。でもね、知識ばかりの貴音に止められるほど……」

美希「もう、美希は甘くないんだよ!!」

貴音「くっ……な、なんというオーラ……!!」

貴音「美希……意味合いが違いますよ」

貴音「止められるか、ではありません」

貴音「止めるのです!!」


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:56:30.80 ID:88gE5hwF0
美希「そんな構えじゃ無理なの……」

フォンッ

貴音「見えた……こちらですね……」

貴音「パワーシールド!!」バッ

美希「そんな守りの壁……意味ないの」パァンッ

パリィーン!

貴音「なっ……!!」

美希「…………ごめんね」ボソッ

スパァーーーーンッ!!!


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:58:11.12 ID:88gE5hwF0
貴音「っぅうう!!ぁあっ!ひんッ!!んんッ!」ビクッ

貴音「ん、で、出ちゃう……だ、だめで、んふゥ」

貴音「で、出ちゃ、ゥん!んん……だめだめだめだめぇええ」ジョボロロロロォ……

貴音「ひっ、ん、んっハァ、んぅ!」ビクゥ

貴音「み、美希、ぁッ! あなたはンゥ……ハァ……」ガクッ

……………………


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:59:55.44 ID:88gE5hwF0
P「美希!!これはやりすぎだ!これじゃただの暴力と一緒だぞ!!」

P「これじゃ、何も気持ちよくない!!」

響「え、違いがわからないのは自分だけ……?」

美希「どうして……邪魔するの……」

美希「どうして美希がしたいこともいいよって言ってくれないの……」

P「言える訳ないだろうが!」

律子「ちょ、ちょっと美希……プロデューサーさんも落ち着いてください!」

美希「美希は今日さよならしに来たんだよ!?」

美希「もう、決めたことなの……美希……もうここには来ないんだよ」


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:01:38.19 ID:88gE5hwF0
千早「ちょっと待って!どういうことなの!?」

P「美希……いい加減にしなさい」

P「勝手なことばかり言うんじゃない」

P「何があったのかわからんが……訳を話してくれ!」

響「貴音、しっかりして!」

貴音「…………」ニヤニヤ

響「……うっ……なんで気絶したままニヤニヤしてるの……」


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:03:19.42 ID:88gE5hwF0
美希「全部……ハニーのためなのに……」

美希「どうしてハニーは怒ってばかりなの!!」

P「み、美希……なんで泣いて……」

美希「泣いてないよ!!」

美希「知らないから……どうなっても」

律子「待って!あなた今日16時から取材あるんだけど今日こそは……」

響「空気読まずに仕事の話ぶち込んだ!?律子ぱねえ!!」

響「意味不明なシリアスシーンだったから自分も黙ってたのに
  ここツッコミ入れていいんだ……」

美希「本当にどうなっても尻ませんから!」

響「思いついて言い直すなよ……美希の口調じゃないし」


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:05:01.10 ID:88gE5hwF0
P「ここをやめて……どうすんだよ」

美希「移籍するの……961プロに」

P「なっ……黒井ぃぃぃぃいいいいいい」ギリギリギリ

律子「どんだけ黒井社長嫌いなんですか……」

美希「言っとくけど今回の黒幕は黒井社長じゃないの」

P「あぁ?じゃあ誰が……」

美希「言えない……」

P「おい、おふざけはここまでだ美希。本当に理由を話してくれ」


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:07:11.96 ID:88gE5hwF0
美希「ハニー……1ヶ月以内に美希達はスパンキング連合評議会を潰すの」

美希「美希はもう新しい力を手に入れたの」

美希「ハニーの基礎基本ばかりの弟子には負けない」

美希「ハニーだって……美希の邪魔をするなら許さないから」

P「待てよ美希……あんまり聞き分けの悪い子は」スゥ

美希「無駄だよハニー……。もうハニーじゃ満足できないんだから」

P「……なんだと?」カチン


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:09:20.14 ID:88gE5hwF0
千早「プロデューサー……!」

P「わかってる……大丈夫だって」

P「大丈夫だ。怒りに身を任せるなんてことはしない」

P「俺はマスターランクなんだぜ?」

P「だけどな……美希」

P「……美希、お前はもう、破門、いや、肛門だ」

響「無理矢理すぎて全く意味わかんねえから!
  なんでそのタイミングでふざけたんだよ!」


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:11:26.19 ID:88gE5hwF0
美希「ハニーの馬鹿……」

美希「じゃあね……ハニー」

美希「でもね、きっとハニーは次に美希に会ったら惚れてるの」

美希「そういう運命なんだよ」ガチャ

P「美希……」

バタンッ

響「プロデューサー!!貴音が……!」

千早「……」

律子「あわわわわわ……うちの一番の売れっ子アイドルが
   くく、くく961プロに移籍……!?」ガクガク

P「くそ……どうすりゃいいんだ」


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:13:21.94 ID:88gE5hwF0
千早「そんなの決まってるじゃないですか!何言ってるんですか!」

千早「美希を止めるんですよ!」

P「そ、そうだよな……」

P「くそ……まずはこのことを連合に報告しなくては」

響「貴音をなんとかしてよ!!」

P「おお、そうだった!うっかりしてた!」

P「う~ん、貴音は絶頂のあまり気絶……しかし、昏睡状態にあるな」

P「今すぐ起こすか……あずささんはあず散歩収録でいないし」

P「どうにも話を進める上での解説役が必要だからな」


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:15:18.57 ID:88gE5hwF0
P「行くぞ……はぁぁぁああああああ!!」

響「う、うわぁ!!プロデューサーの手、光った!」

P「スパンキング・リバース!!」

スパァーーーーーンッ!!

貴音「ふぁぅッ!!」ガバッ

貴音「ふぇッ!!ひっ、ん゛んぅ!」ビクゥ


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:17:52.81 ID:88gE5hwF0
貴音「ぁ、ゃッ!んッ、はぁゥっ!で、出ちゃ、ぅ゛!」

貴音「だめ、み、見ないでくださいぃぃいいいいい!!」プシャァァアアア

貴音「はぁぅぅぅ……」ジョロロロロ……

貴音「ハァ……あ、あなた様、ゃんッ、ハァ、み、美希が」

P「あぁ、心配するな……必ず俺が止める」

貴音「ハァ……はい」

響「た、貴音ぇ!!」ガバッ

貴音「ひゃんっ」ビクゥン


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:19:48.88 ID:88gE5hwF0
響「うっ、自分、グス、心配したんだぞぉ」

貴音「ぁん、響ハァ、まだ、私、敏感なので、ンッ」

貴音「あまり、ハァ激しくしないでくださいハァ」

響「あ、ぅん、ごめん」

P「しかし、止めるっていってもなぁ……」

千早「恐らく……五光尻をまず狙ってくると思います」

P「いきなり上の方から崩してくつもりかよ……」

P「だったら社長も危ない……」


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:21:43.14 ID:88gE5hwF0
千早「いえ、社長を囮に使って奴らをおびき寄せ一網打尽にしましょう」

響「社長……ドンマイ」

P「社長にはこのことはこの前のサミットで会ってるし
  その時に、美希が謎の男と接触していたことまで知らせている」

P「だから、まぁ、話はわかってくれるさ」

千早「あ、そうですか……じゃあ私ボイトレ行ってきます」ガチャ

P「おう、行ってらっしゃい」

響「え!?作戦の言いだしっぺがいきなり離脱したんですけど!あんたら自由だね!!」


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:23:27.08 ID:88gE5hwF0
律子「あわわわわわ……」

P「しっかりしろって……必ず俺が連れ戻してきてやるから」

律子「うぅ……プロデューサー」

律子「私……少し厳しくしすぎましたか……?」

P「泣くな律子……前を見ろ」

P「まだ道は途切れていない……進めるだけ進むんだ」

P「きっとその先で別れたはずの道と合流するかもしれないだろ?」


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:25:46.11 ID:88gE5hwF0
P「きっとあいつは大きくなって帰ってくるさ」

P「喰ったもんがうんこになるみたいにな」

響「例えが下手とかそういうレベルじゃねえし!
  しかもそれ明らかに退化してるでしょ!
  なんか良い事言ってたっぽかったのに台無しだよ!」

響「うぎゃー!もうここにいるとツッコミが長くなるぞ……」

響「はぁ……自分もちょっと早めだけどレッスン行くね」ガチャ

P「唯一のツッコミ役が行ってしまった……」

P「さて……じゃあ俺は連合本部に連絡しないとなぁ……」ガシィ

律子「仕事……しろよ」

P「………………はい」


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:27:34.74 ID:88gE5hwF0
……

1週間後

P「よし、みんな集まったな」

P「それじゃあ……作戦概要を説明する」

P「みんな大丈夫か?」

千早「はい」

真「はい」

伊織「はい」

貴音「はい」

あずさ「はい」

雪歩「はい」

響「なんで自分も……」


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:29:36.42 ID:88gE5hwF0
伊織「あの馬鹿のためよ、文句言わない!」

社長「ああ、いいぞ。続けたまえ」

P「今回の作戦は必ず美希を取り戻すためにある」

P「まず社長には申し訳ないんですが……」

P「囮になってもらいます」

社長「ああ、いいとも……え、なんだって?」

P「そして、囮になってもらった社長、つまり
  五光尻の一人である高木順二朗を餌に
  美希達961プロを引っ張り出す」

社長「え、ちょっ、ま」

真「大丈夫ですよ、この一週間、僕、修行してましたから!」


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:31:22.31 ID:88gE5hwF0
千早「はい、私もです!春香の仇……必ず!!」

律子「二人のおかげで765プロには
   もう仕事入らないかもしれませんけどね!!」

P「そう怒らないでくれよ……これは連合で決定したものなんだ」

律子「はぁ?」

P「俺はあの美希の襲撃のあと……
  一人連合の総本山であるシリアと、とある場所に行った」

律子「仕事しろやコラ」

P「そう、ヒップホップの本場、アメリカに行ったんだ」

響「そのちょくちょくお尻混ぜてくるのなんとかならないの?」


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:33:07.23 ID:88gE5hwF0
P「まあ、アメリカへ行ったのは春香の留学先に行くためだったんだけどな」

P「やっぱり……跡形もなくなっていたよ……」

千早「……春香……」

雪歩「春香ちゃん……」

P「おっと、泣くのはまだだぞ。追悼の義は全部終わったらだ」

P「そのあとで総本山に行き、俺は現・連合最高議長に会ってきた」

P「彼に全てを話すとじゃあ止めて欲しいとのことだった」

律子「あっさりしてるというか適当というか……」


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:34:48.09 ID:88gE5hwF0
P「という訳でこのブリーフィングになるわけだ」

社長「しかし……そんなおびき出すと言ったら
   それなりの場所が必要だろう?」

P「そこら辺は大丈夫です」

P「我々は奴らをおびき出すためにまず挑発として
  961プロの事務所を乗っ取ります」

P「あそこはデカいし、各階がそれなりに広いですからね」

響「え、えぇ~……」


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:36:46.52 ID:88gE5hwF0
千早「なるほど……あえて彼らの本拠地を我々が占拠することで挑発を」

伊織「帰ってきたらあの馬鹿……たっぷり私のお説教なんだから」

千早「ふふ、そうね」ナデナデ

伊織「ちょっと!やめてよ!もう!」

貴音「私と伊織、あずさは3人とも解説役ということでよろしいですね」

あずさ「はい、大丈夫です」

伊織「私は戦闘向きじゃないからしょうがないのよ」


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:38:43.42 ID:88gE5hwF0
律子「私は行きませんよ!!」

響「自分達二人じゃツッコミきれないぞ!!」

雪歩「お願いしますぅ……」

律子「だって、私本当に残った娘達のプロデュースしますから」

律子「やよいに亜美、真美」

律子「この3人は幼い分今のうちに育てておかないと……」

P「よし、それで961プロを襲撃する話だが……」

P「これは奴らが社長以外の五光尻を狙った時だ」


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:40:35.12 ID:88gE5hwF0
P「だからみんなここから先一週間以内はいつでも出動できる体制を整えてくれ」

律子「えっ……何言ってんですか?みんな普通に仕事やレッスンが」

千早「はい!」

律子「おい」

真「つまりどこにいてもいつでもその961プロの連中が五光尻を
   狙った時と同時にこっちも961の事務所を襲撃するんですね!」

P「ああ、そうだ!」

律子「そうだじゃないですよ!!何言ってんですか!?」」


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:44:29.31 ID:88gE5hwF0
P「ちなみに遅れた奴はあとでばっちりお尻ペンペンだからな」

あずさ「それは……遅れたくなっちゃいます……」ジヮァ

P「あ、あずささんは俺が迎えに行きますんで」

あずさ「あ、じゃあすぐに連絡しますね」

P「それから……占拠する階を決定する」

P「まず……俺とあずささんと響で1階を占拠する」

響「わ、わかった!」

あずさ「はい」


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:46:23.97 ID:88gE5hwF0
P「次に3階までは真を中心に雪歩で」

真「はい」

雪歩「はい、真ちゃん、頑張ろうね!」

P「ここに社長を配備させておくから守るんだぞ!」

社長「よ、よろしく頼むよ」

P「まぁ、いざとなれば社長も戦ってくれるさ」

社長「えっ!?」


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:48:26.23 ID:88gE5hwF0
P「最後に屋上までを千早を中心に伊織と貴音で頼む」

千早「はい!」

貴音「はい」

伊織「わ、わかったわ!ちゃんと守りなさいよ!?」

千早「ふふ、はいはい」

伊織「ちなみにその五光尻ってのは……まだ日本にいるの?」

伊織「この前のサミットが世田谷でやったって聞いたけど」

P「ああ、池尻大橋駅だ」

響「いちいち言わなくていいぞ……」


162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:50:13.15 ID:88gE5hwF0
P「あぁ……あの人達は基本的に呑んだくれだからな」

P「勤勉なのは本当に社長くらいだよ」

P「という訳でたぶん今頃まだ日本にいるんじゃないかな?」

律子「なんでちょっと曖昧なのよ……」

P「ま、それまでみんな修行するなり、仕事するなりいつも通りにしてくれ」

あずさ「は~い」

律子「いや、仕事してくださいよ、なんですか修行って」


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:52:03.15 ID:88gE5hwF0
真「決戦に備えて修行しなくちゃ……」

律子「聞けよ」

P「よし、それじゃ、解散だ!みんなきを引き締めておくように!」

「はい!!」

律子「あ、ちょっと待って!私から連絡。
   ここ一週間で仕事サボった奴はあとで全員会議室来なさい」

律子「逃げたらお尻とかスパンキング関係なしにぶち殺すから」

P「はははは、怖い怖い」

律子「あんたが一番会議室行きなんだよ……」ゴゴゴゴ

P「は、はは……怖い怖い……」


164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:53:53.44 ID:88gE5hwF0
…………

数日後

prrrrrr……

シリウス「おい、プロデューサー!」

P「ん?どうした?まさかお前に二度目の台詞が来るとはな」

シリウス「そんなこたぁどうでもいいんだ!」

シリウス「それより聞きな!」

P「どうした」


165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:56:47.58 ID:88gE5hwF0
シリウス「たった今入った情報だ。五光尻の一人が今襲撃を受けている」

P「ああ、そうか……わかった。じゃあこっちも動き出さなくちゃな」

シリウス「全部終わらすのか……?」

P「ああ、終わらせる」

シリウス「そうか……じゃあ、お前に任せるさ、後はな」

P「ああ、情報ありがとう。助かったぜ」

シリウス「はは、これで貸しは5だぜ?」

P「おいおい、シリコン事件のアレは勘定にいれるなよ?」

P「まぁ、終わったら連絡する」


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:58:40.29 ID:88gE5hwF0
シリウス「次に会うのは……そうだな。お前の就任式だな」

P「だといいな」

シリウス「じゃあな、親友」ガチャ ツーツー

P「……さて、と」

P「音無さん?」

小鳥「はい、ハァ……なんでしょうか、んッ、プロデューサーさん」ブーーーーー

P「例の作戦を開始させます。全員に伝えてください」

小鳥「ハァ、わかりました!……ん」ブーーーーー


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:00:59.21 ID:88gE5hwF0
P「俺はあずささんを迎えに行かないといけないです」

P「どこにいるかわかりますか?」

小鳥「はい……ハァ……あずささんは今、あず散歩の、ぁ、収録中です」ブーーーー

P「わかりました……」

小鳥「じゃ、じゃあン、私はみんなに、ハァ連絡しますね」ブーーーーー

P「あの、さっきから気になる音が……」


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:03:38.10 ID:88gE5hwF0
小鳥「えっ!?べ、別に……あンッ……あの、これ」ブーーーーー

P「なんですかこのボタン……?」

小鳥「あ、あの……んッ、『強』にしてもらえます?」ブーーーー

P「えい」

小鳥「じゃ、んんッ、プロデューサーさんは、頑張ってくださいねンッ」ブーーー!

P「はい、長い一日が始まりそうです……」

P「よし……移動するか」フォンッ


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 08:39:55.22 ID:BsJDi3u20
……

あずさ「あらあら~……ここはコロッケ屋さんですか?」

あずさ「まぁ、1つ頂いてもいいですか?」

あずさ「あらあら美味しい~ふふふ」

P「あずささん……行きますよ」ガシッ  フォンッ

スタッフ「あ、あれ?三浦さん!?なんだ今の拉致の仕方は!」

スタッフ「ダイナミック☆人さらい!?」

スタッフ「一瞬で三浦さんが消えたぞ!」

スタッフ「きっとその辺で迷子になってるんだ!」

スタッフ「迷子スキルが上がったのか!?」

スタッフ「事務所に連絡しろー!」

スタッフ「あ、コロッケ1つ」

スタッフ「まだその辺にいるはずだ!探せーーー!」


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 08:45:53.48 ID:BsJDi3u20
……

あずさ「あ、あの~もう一ついただいても……あら?」

P「あずささん……もう例の作戦が開始されました」

P「なので強行ではありますが……行きますよ961プロへ」

あずさ「あら……じゃあこっちの食べかけですが
    どうぞ?はい、あ~ん」

P「あーん、ん、もぐもぐ、美味しいな」


190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 08:48:30.38 ID:BsJDi3u20
P「って高速移動中に食べさせんでくださいな」

あずさ「ふふ、美味しい~モグモグ」

あずさ「まさかプロデューサーさんのお姫様抱っこがこんなに
    しっくり来るなんて……」

あずさ「あ、あと……その……手がちょっとお尻に当たってゴニョゴニョ」ジワァ……

P「ど、どうかしましたか?」


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 08:53:35.66 ID:BsJDi3u20
あずさ「い、いえ……こんなのがもう少しだけ続いたら、
    と思ったんですけど、事務所見えて着ちゃいましたね」

P「はい。あずささん、もう着きますよ」

P「窓ガラス突き破りますから頭気をつけてくださいね」ギュウ

あずさ「はい、ありがとうございます」

ガシャーーーーーン!!

P「てめえら!全員手か尻を上げろ!!」


194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 08:57:50.65 ID:BsJDi3u20
「きゃああああ!!」

「な、なんだああああ!!」

P「よし、お前らに猶予を与える……
  全員今すぐにこのビルから出ていきな!!」

「わあああああああ!!」

ドドドドド……

P「よし、僕らも一度1階に降りましょう」

あずさ「そうですね」

P「僕らの持ち場は一階ですからね」

……


197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:04:55.06 ID:BsJDi3u20
P「さて、来てる奴はさすがにいないか?」

千早「プロデューサー!!」

P「おお、千早か。早かったな!」

千早「ええ、ちょうどこの近くで修行中だったんで」

千早「無事に逃げていきますね……」

P「ああ、そうだな……」

千早「では私は予定通り屋上まで行ってきます!」


199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:09:48.79 ID:BsJDi3u20
伊織「ちょっと待ちなさいよ!はぁっ……はあっ」

P「おう、来たか伊織!早かったな!よし行ってこい!」

P「任せたからな」

伊織「はい!!」ダッ

響「ぷ、プロデューサー!!」

あずさ「あら、よかった~」

響「ま、間に合ったぞ……961の人たちはまだ来てない!?」

あずさ「ええ、まだ大丈夫よ。コロッケ食べる?」

響「うん!ちょうだい!あ~ん、モグモグ。えへへ」


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:14:40.16 ID:BsJDi3u20
真「よっっと!!」フォンッ

社長「おお、すまないな菊池くん!」

真「へへ、移動中に社長見つけたんで拾って来ました!」

P「よし、よくやったぞ!」

あずさ「ごめんなさい。もうコロッケはないけど……がんばってね?」

真「……?え?コロッケ?」

社長「それじゃ私達も自分の持ち場に移動しよか」

真「は、はい!」


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:18:18.18 ID:BsJDi3u20
P「あとは雪歩と貴音か……」

貴音「あなた様……」

響「貴音ぇ!」ダキッ

貴音「ああ、響!今日は頑張りましょう」ナデナデ

響「うん!貴音も気をつけてね?」

貴音「ふふ、はい。ありがとうございます

貴音「あなた様、皆は?」


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:22:52.55 ID:BsJDi3u20
P「ああ屋上組はもう二人共先に行っている」

貴音「では急がねばなりませんね」ダッ

雪歩「プロデューサーさん!遅れましたぁ……」

P「大丈夫だ……961の連中が来るまでに来れたからな」

P「作戦の範囲内だから心配することはない!」

あずさ「さ、真ちゃんが待ってるわ。行ってあげて」

雪歩「は、はい!」ダッ


205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:25:41.11 ID:BsJDi3u20
P「まだ事務所からは人が出てくるな……逃げ遅れてるのか?」

P「早くしないとここは戦場になるんだぞ……」

響「そんな大層なものなの……」

prrrr……

律子「ちょっとプロデューサー!!」

P「うわっ、律子か!」

律子「律子か!じゃないわよ!!何してんですか!!」


207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:33:07.80 ID:BsJDi3u20
律子「本当にみんな抜けてるじゃないですか!!」

律子「おかげで苦情の電話が殺到してるんですよ!!?」

P「す、すまん……美希を取り戻すんだ……そのために」

P「きっとみんな話せばわかってくれるさ」

律子「何言ってんですか!!どう責任取るつもりなんですか!?」

律子「765プロが潰れたらプロデューサーのせいですからね!?」

律子「私の再就職先とかどうするつもりなんですか!?」


208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:38:25.02 ID:BsJDi3u20
P「そう、きゃっきゃ言うなって。評議会マスターランクである
  俺の秘書に置いてやるって」

律子「ふざけないでください!」

響「ぷ、プロデューサー!!ねえってば!」

律子「だいたいですね……やるやると私も思ってましたけど
   まさか本当に」

ズバァァアアッ  バキンッ

P「うっ……」

P「俺の携帯が……また律子に怒られるじゃないか」

P「というか……ずいぶんとこっちに来るのが早かったみたいだな……」


211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:45:26.13 ID:BsJDi3u20
翔太「お兄さん……ずいぶん余裕だね……」

あずさ「あれはジュピターの御手洗翔太くん……」

翔太「そっか……なるほどね……ふーん、社長がいるんだ?ここに」

P「それが狙いなんだろ?」

翔太「まあね」

翔太「五光尻のオーラを探知してここに来てみれば」

翔太「まさか自分の本拠地につくとは……通りで少し変だと思ったんだよ」

P「悪いがお前は先には行かせないぜ?」


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:50:37.47 ID:BsJDi3u20
翔太「さて、それはどうかな?」

あずさ「始まるわ……」

翔太「ねえ、冬馬くん?」

P「なっ……冬馬!!お前!」

冬馬「…………」

あずさ「天ヶ瀬冬馬!?何故……」


214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:55:41.92 ID:BsJDi3u20
冬馬「……」

P「と、冬馬!?」

冬馬「……」ダッ

P「チッ……!」

ガキィー……ン……

P「ぐぐぐ……こいつ……操られてやがる……!!」

あずさ「すごい火花……」

響「うぅ……ただの取っ組み合いにしか見えないぞ」


216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:05:04.46 ID:BsJDi3u20
翔太「じゃあね……先に行って社長の尻は割らせてもらうよ」

P「ま、待て!!」ダッ

冬馬「……!」フォンッ

P「く、くそ……!邪魔をするな!!」

スパパパパパパ……

響「また……猛烈な叩き合いが始まったぞ……」

…………


217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:11:14.76 ID:BsJDi3u20
翔太「さて……どこにいるのかな?社長は……」

翔太「……ん?あれか…あはは!わっかりやすーい!」ダッ

翔太「死んでもらうよ!!スパンキングカッター!!」ビュゥゥンッ

社長「なっ……しまった!」

翔太「チョロい!!」

「スパンキングカッター!!」ビュンッ

ズバァァアアンッ!!


219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:17:51.59 ID:BsJDi3u20
翔太「相殺だと……!?誰だ!!」

真「ふんっ!!」ブンッ

翔太「うおっっと!」

雪歩「お、惜しいよ真ちゃんあと少しだったのに!」

真「社長は殺させないよ……まんまと罠にハマるとはね」

翔太「罠だと……?こんな意味のない罠……」

真「お前なんか僕の敵じゃない……」

翔太「……何?」

真「さあ美希を返してもらうよ!」


220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:22:53.59 ID:BsJDi3u20
翔太「ははは……はははは!!」

社長「な、何がおかしいんだい」

翔太「馬鹿だなぁ……」

翔太「美希ちゃんはここに来るよ……」

翔太「いや……もう来てる頃なんじゃないかな?」

真「何……どこに……」

翔太「きたきた……ほら……窓の外を見てごらんよ」


221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:25:27.27 ID:BsJDi3u20
ババババババババ……


雪歩「あれは……何あのヘリコプター!」

社長「いかん……あれはハリアーだ!みんな伏せろ!!」

真「うわあああああああああ!!」

ダダダダダダダダ!!!

パリリィーーーン!!ガシャーーーンッ!

雪歩「ひ、ひぃぃぃいいいい!!!
   す、スパンキング関係なしに
   ヘリコプターの銃で撃って来ましたぁ~~!!」


224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:31:12.25 ID:BsJDi3u20
翔太「ひゅう~!北斗くん容赦ないねぇ~」

真「う、上に行ったぞ……マズい千早達が危ない……!!」ダッ

雪歩「待って真ちゃん!」

社長「持ち場を離れてはいかん!」

翔太「そうだね……まずはそこを通りたいなら……僕を倒さなきゃじゃん」

真「余裕だよ!!」

翔太「それはどうかな……!」


225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:37:23.98 ID:BsJDi3u20
翔太「ほら、こっちだよ」フォン

雪歩「は、速い!!真ちゃんが後ろを取られてる!」

真「……残像だよ」フォンッ

翔太「へえ……」

スパァーンッ

真「決まったぁ!」

翔太「気持よくないよ……全然……」

翔太「全然ダメだよ!もっとしっかり叩けよ!!」ギロッ

雪歩「うぅ……言ってること最低なんですけど……」


226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:43:55.79 ID:BsJDi3u20
真「っう!……」ビク

社長「マズい!気迫で押されているぞ!」

雪歩「真ちゃん!負けちゃだめ!」

真「はっ……くそ……ちょっとびっくりしただけだよ……」

翔太「そろそろかな……?そっちは危ないよ?」

真「え?」

ズズズ……ビュンッ

真「うわあああああ!!」ズバァアッ


228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:46:48.77 ID:BsJDi3u20
雪歩「あんな所からスパンキングカッター!?どうして!」

社長「恐らく一番最初に瞬間移動した時にあの場所に
   スパンキングカッターを残しておいたんだ……」

雪歩「それを時間差で!?」

翔太「トラップカッター」

雪歩「トラップカッター…?」

翔太「僕はスパンキングカッターが得意でね……」

翔太「それを極めた結果さ……」


230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:56:15.59 ID:BsJDi3u20
翔太「まぁ、これはスパンキングタイムラグとの重ね技だけどね」

社長「スパンキングタイムラグ……あの時間差で発動できる技か」

雪歩「で、でも……真ちゃん……左肩が!」

真「んぅッ……だ、大丈夫ハァだよ!」ビク

雪歩「社長……きっと真ちゃん……濡れてますぅ!」

社長「そうだな……これ以上……
   私の可愛いアイドルを傷つけることは許さない」

翔太「……あぁ?」


231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:05:23.43 ID:BsJDi3u20
社長「ここで止まってもらうよ……翔太くん」バサッ

ドスンッ……

雪歩「しゃ、社長のジャケット……あんなに重かったんですか!?」

真「社長……」パァァアアア

社長「老いぼれの足手まといかもしれんが……
   その左肩分以上の働きはできるさ」

社長「私だってね……最弱とは言われているが五光尻の一人なのだよ」

社長「光るお尻の保持者が何故、試合に出られないのか……」

社長「その理由が今にわかるさ」


233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:09:06.04 ID:BsJDi3u20
翔太「最弱でおいぼれで……その癖に出張らないでよね!!」

翔太「はぁあぁあああああ!!」ダッ

雪歩「き、きた!」

社長「はぁぁぁああああ!!」ミチミチ ムキムキ

雪歩「す、すごい!社長にあんな筋肉があったなんて!」

真「オラオラオラオラオラー!!」スパパパパパ

翔太「うおおおおおおおおお!!」スパパパパパ

社長「はぁあああああああ!!」スパパパパ

雪歩「す、すごい!さっきまで押されてたのに!」

雪歩「これなら行けますよ!」


234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:11:25.61 ID:BsJDi3u20
翔太「スパンキングカッター!!」ビュンッ

真「うわぁっっおっと!!」サッ

翔太「隙ありぃぃ!もらったぁ!!」スパァーーン

社長「ふんっ!!……させんよ」ピカァーンッ

雪歩「良かったぁ!社長のお尻の光が真ちゃんをうまくガードした!」

翔太「ぐっ……た、たかが光る尻の分際で!」


237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:16:07.42 ID:BsJDi3u20
社長「その尻を舐めるとこうなるんだよ!!」

雪歩「すごいけど絶対舐めたくないですぅ……」

社長「ほら、どうした?叩いてみたまえ」プリプリ

翔太「ぐっ……ぐぐぐ……舐めるなぁああああ!!」

スパァーンッ


238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:18:14.35 ID:BsJDi3u20
社長「まだだぁ!!効かん!!効かんぞぉ!」

翔太「うおおおおおお!!!」

スパァーンッ  スパァーーンッ スパァンッ

真「今だ!土遁の術!!」

ボゴォッ

翔太「鬱陶しいわ!!」ビュンッ

ズバァアア

雪歩「真ちゃんの土遁の術で出した床が粉砕された!?」

真「なっ……!」


239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:19:53.80 ID:BsJDi3u20
翔太「でやーー!」

スパァンッ!!

社長「桃尻カウンター!」プリリン

翔太「ぐああっ……!!」ズザザザザ……

雪歩「す、すごい社長……強い!」

翔太「まだだ!」


241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:22:25.55 ID:BsJDi3u20
翔太「スナイプスパンキング!!」シュボッ

真「うわっと……」サッ

真「あ、危なかった……」

翔太「くそ!……百烈スナイプスパンキング!!」シュボボボボ

社長「モード!ケツだけ星人!」プリリ~ン

社長「桃尻カウンター!!」プリリリンッ

キィンッ キキキキィィン!

雪歩「す、すごい!全部弾き返してます!!」


242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:24:39.70 ID:BsJDi3u20
社長「ケツだけ星人になることによって威力を高めているんだ!」

真「加勢します……!プロテクター!」ブォン

翔太「……チッ、こうなったら」ダッ

真「き、近接!?まずい、一旦回避を、う゛ッ……」ズキ

翔太「!! 隙ありぃぃぃいい!!」

社長「し、しまった!」

雪歩「真ちゃん!!後ろ!!」

真「……!?」

スパァーーーーーンッ!!!


243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:28:04.95 ID:BsJDi3u20
真「ぅぁあぅ!!ひっ……ん゛!!んっ、んッ!!」ビクゥ

真「ぁ……んん~、」ガクン

真「ゃ、ァん!ぅ、だ、だめ、ぁんん~!!んんんん!!」ジョボロロロロ……

真「んァ!!ぅぅうう……」ジョロロロォォ……

真「ぅんんッ、……ハァん、ぁ……」ビクビク

翔太「まだだ!植えつけてやったぞ!ドレイン・スパンキング!!」

真「ひぃッ!!んん゛!!お、お尻が……あ、んん熱いぃぃ」

真「ん、んぁ、だ、だめ!んん!!ぁ!、ゃ、お、お股、が、ァ、あっつい……」


244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:30:41.75 ID:BsJDi3u20
雪歩「真ちゃーーーーん!!」ジワァ…

真「た、助け……ん、あ、あっついよォ……ァンっ!」ビク

翔太「ははは、これで奴は……しばらくは動けまい……!」

社長「うぐ……さ、さすがに私一人では……」

翔太「さあ、覚悟はできてるかい、二人とも……」

翔太「いいね、その表情……最高だよ!!」

雪歩「ひっ……ひぃぃぃぃ」ガタガタガタガタ

……


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:34:40.27 ID:BsJDi3u20
数分前

千早「まだね……」

貴音「もう少しで来ると思います」

伊織「でもなんであいつは屋上の警備を?」

伊織「社長がいるのは中でしょ?」

千早「それは確かに……わからないわ……」

貴音「……二人共、何か来ます……」


247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:36:56.92 ID:BsJDi3u20
千早「あれは……ヘリコプター?」

伊織「あれはハリアーよ!!伏せて!」

千早「待って……ビルの下に降りてくわ」

伊織「ちょ、ちょっとそんな風に下覗いてたら危ないわよ……」

貴音「少し様子を見ましょう……」

千早「あれは……何を?」


248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:38:40.68 ID:BsJDi3u20
バババババババ!!

パリリィーーンッ  ガシャーーーンッ

貴音「ビルにマシンガンを!?なんということを!!」

伊織「あの階は……社長達のいる階よ!?」

千早「待って、こちらに上がってくるわ……」

伊織「きゃあああああ!!」

ババババババババ……


249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:40:22.32 ID:BsJDi3u20


「行くかい?」

「うん」

「じゃあ僕はヘリコプター置いてこなきゃ入れないよ……」

「そもそもなんでそれで移動したのかさっぱりなの」

「デコちゃんがいるなら美希が行かないと」

「もう少し寄せる?」

「この高さでも平気……じゃあね」バッ




251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:42:02.66 ID:BsJDi3u20
伊織「誰か降りてくるわ……」

貴音「あれは……美希!!」

千早「……美希!」バッ

ガシィーーンッ

貴音「千早!!」

千早「……美希……さあ、帰るわよ。765プロへ」グググ

美希「千早さん……着地くらい格好よく決めさせて欲しかったな」


253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:46:45.64 ID:BsJDi3u20
千早「あなたは何もわかっていないわ!!」

千早「あの人がどれだけあなたのことを心配しているか!!」

美希「お説教はもうたくさんなの……」

千早「……そう」

美希「話を聞いてほしかったら……力で示して」

千早「元よりそのつもりよ!」


254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:48:43.13 ID:BsJDi3u20
美希「美希は邪魔するものはみんな排除する」

美希「そっちの二人は解説とツッコミだけしてればいいの」ビュッ

ズバァァァアア!!

伊織「きゃぁあああ!」

貴音「な、何を……」

美希「今スパンキングカッターでつけたその線から出たら……」

美希「……殺しちゃうの。
   一応、美希の電磁波を張ってるからそこから先に出ようとした
   だけでイって動けなくなるんだけどね」


255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:50:51.47 ID:BsJDi3u20
千早「……四条さん!水瀬さん!」

伊織「こ、こっちは大丈夫よ!」

貴音「はい!千早は美希を!」

千早「任せて!!美希……あなたはもうここで止まっておくべきなの」

美希「邪魔しないでほしいな」

美希「美希はハニーのために!美希のために!!」


257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:52:33.80 ID:BsJDi3u20
千早「ちゃんと理由を話してよ」

美希「話しても無駄なの……」

千早「じゃあ、やっぱり……」

美希「美希を止めればいいよ。でもね……」

美希「千早さんじゃ……無理だよ」

千早「いつまでも……遅れを取る私じゃないわ!!」バッ

美希「甘い!!」ブンッ スカ……

千早「こっちよ!」スパァンッ


259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:54:14.64 ID:BsJDi3u20
美希「そんなただのスパンキングじゃ美希は満足できないの」

千早「だったらこれはどうかしら……!」

千早「奥義……スパンキングオフシュート!!」

ズズズ……

美希「それは……初めて美希がハニーに叩いてもらった時の技……」

千早「そうよ」

千早「あなたはこの技で」

千早「また負けるのよ!」


260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:55:55.05 ID:BsJDi3u20
美希「たった二人増えただけで何を言ってるの!」

千早「あなたこそ、いつまでもそんな余裕でいられないわよ!」

千早「コントロールは完璧なんだから」

スパパパパパ……

貴音「美希が押さています……」

伊織「この場合すごいのは逆に美希じゃない!」

貴音「確かにそうですね……」

貴音「あの3人の千早……コントロールが完璧ならばどれも同じ強さ」


261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 11:59:12.32 ID:BsJDi3u20
貴音「相当苦戦していいはずです」

伊織「でも……やっぱり押してるわね」

スパパパパ……

千早「……!マグネティック・スパンキング!」サッ

美希「な、何!?体が!!」グググ

貴音「美希のお尻を千早の手が特殊磁界を作りだし
   引き寄せているのですね」

貴音「思い切り引き寄せた所をお尻叩く技です」

千早「はぁあああ!」スパァーーンッ


265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:03:31.01 ID:BsJDi3u20
美希「くっ……う、鬱陶しいの……!」

千早「少し顔に焦りが見えるわよ」

千早「ほら……どうしたの美希!」

千早「私はあなたを止めるために全力よ!」

美希「……くっ……」

千早「力の出し惜しみなんてやめなさい!」

美希「いいよ……だったら見せてあげる」バッ

伊織「美希が距離を取ったわ……」

美希「はぁあああああ!!」

スゥゥゥウウウ……


266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:05:15.94 ID:BsJDi3u20
貴音「か、髪の色が……茶色に!?」

美希「ふう……もう邪魔なの……」ビュンッ

ズバッ

バサ……バササ……

千早「あなた……何を!?」

伊織「茶色のショートに……」

美希「美希ね……沢山修行したんだよ?」

美希「千早さんには悪いけど負けてもらわなきゃ困るの」

美希「本気で行くからね……」ゴゴゴゴゴ

千早「美希……」

………………


268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:06:59.94 ID:BsJDi3u20
P「冬馬!!目を覚ませ!!」

スパァーーンッ

冬馬「うっ……ぐっ……!!」

冬馬「……はっ!!ここは!!?」

P「冬馬!大丈夫か!?」

冬馬「な、何だクソ……体が勝手に!」

冬馬「だ、ダメだ……意識は元に戻ったが」


270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:09:15.37 ID:BsJDi3u20
P「くそ、体が言うことを聞かないのか……」

響「プロデューサー!!負けないで!」

あずさ「すごい技の応酬が……でも全然早くて見えないわ」

P「安心しろ冬馬……お前に手こずるほど……」

P「俺は落ちぶれちゃいねえよ!!」ダッ

冬馬「うっ……また意識が……!!」

冬馬「守護方陣!!」

P「そんな安い魔法陣でガードできると思ったか!?」パァンッ

あずさ「プロデューサーさんの拍手一発で魔方陣が消えた!?」


271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:13:17.42 ID:BsJDi3u20
P「スパンキングシュートォォオオオオオ!!!」

ズバァアアアアンッ!!

響「ええええ!!一瞬で後ろに回りこんで
  普通にお尻蹴ったんですけど!!」

冬馬「ぐっ……ぐぐぐ……」

あずさ「耐えた!?」

P「チッ……相変わらずの防御力だぜ……」

P「だったら……!スパンキングスパーク!」

ビビビビ……


272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:15:12.77 ID:BsJDi3u20
冬馬「んぬほおお!!……くっ……ぬぐぐぐ」

響「手から電撃出した!!」

あずさ「あれは属性付加攻撃!!目視できない速度で手を振動させ
    その振動で空気との摩擦を引き出し電気を発生させているのよ」

響「お前ら絶対理科できないだろ!」

あずさ「スパンキングバトルは理屈じゃないのよ、響ちゃん」


274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:17:00.34 ID:BsJDi3u20
あずさ「あれはでも敵を麻痺させて動きを鈍くさせるだけの技。
    もっともプロデューサーさんのは強すぎて
    ほら、見て。身動き1つ取れてないわ」

冬馬「ぬぐぐ……うぅ……」

響「うわ……ホントだ……」

あずさ「でも……油断は禁物よ……」

P「そう、油断はできない……だから……全力でやるんだ」

響「……え?だってもう動けないよ?」


275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:18:39.64 ID:BsJDi3u20
P「爆・殺!!スパンキングボム!!」

ッドゴォオーーー……ン……

響「うぎゃーーー!よ、容赦ねーーーー!!」

冬馬「……ッ!……がふッ……ッ……ん」ビクンビクン

P「あースッキリした」

響「憂さ晴らしかよ!」

P「さあこれで片付いた……」

P「さっき上空を通ったヘリが気になるな……」

P「よし、みんな……一旦上に移動するぞ!」

響「う、うん……」


276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:21:21.58 ID:BsJDi3u20
冬馬「お、おい……」

P「ん?どうした……?」

P「心配すんな……お前は操られただけだ」

P「最もそのことでたぶんお前のマスターランクは剥奪されるだろうが」

P「心配すんなもし俺がトップになったら特別推薦枠でいっきに
  もとに戻してやるからよ」

冬馬「そう、じゃ、ねえよ……早く行ってやれ」

冬馬「ここは俺に任せろ。他の奴が来ても俺が止めてみせる」


278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:26:10.69 ID:BsJDi3u20
響「まる焦げになって何言ってんだよ……」

P「ああ、お前を信じていいんだな?」

冬馬「ああ、また借りを作ったな……」

P「気にすんな」

あずさ「プロデューサーさん、行きましょう?」

P「そうですね……」

…………


279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:29:17.84 ID:BsJDi3u20
美希「本気で行くからね……」ゴゴゴゴゴ

千早「美希……」

千早「もちろんよ……」

美希「焦ってるの……?」

貴音「明らかなパワーアップです
   ……今ので千早をも超えてしまいました」

千早「……くっ」ダッ


280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:36:07.02 ID:BsJDi3u20
美希「遅いの」フォン

スパァンッ

千早「うぅっ!!」ズザザザザ……

美希「まだだよ!!スタンスパンキング!」バリバリバリ

千早「うっ……!!」


281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:38:10.10 ID:BsJDi3u20
美希「遅い遅い!!」フォンッ

貴音「なんと!?さっきまでの千早の分身をいっきに二人処理しました」

貴音「圧倒的なパワーアップ……」

貴音「しかもまた先回りされてます……マズいですね」

貴音「今はパワーもスピードも美希の方が上です……」

伊織「ち、千早ーーー!!頑張りなさいーーー!!」


282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:41:15.94 ID:BsJDi3u20
美希「美希だって……この属性付加攻撃を習得するのに
   すごく時間かかったんだよ!」

千早「プロテクター!」ブォン

美希「スパンキングスパーク!!」バリバリバリ!

千早「パワーシールド!!」ブォンッ


283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:44:30.54 ID:BsJDi3u20
美希「さすがに千早さんは鉄壁なの……」グググ

千早「あなただけが……属性付加を身につけた訳じゃないのよ!」

美希「……!?」バッ

貴音「なんと……さすが千早!」


284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 12:46:32.39 ID:BsJDi3u20
千早「……ありがとう」バッ

伊織「距離を取った……?」

貴音「大きな技を出すつもりですね……」

貴音「この一、二週間……修行した成果を……」

伊織「何よそれ……」

千早「はぁあああああ!!」

美希「何をする気かは無駄なの……」

「その通りだ!!やめろ!!」バンッ

千早「……!!?」


296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:10:33.68 ID:BsJDi3u20
美希「ハニー!?」

千早「ぷ、プロデューサー!?」

千早「ど、どうしてここに……?」

P「もういいんだ……全て終わった」

美希「ハニー……よく美希の前に来られたね……」


298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:16:17.66 ID:BsJDi3u20
P「美希……お前ももうやめろ……
 お前らのボスはもう俺が仕留めた……」

千早「だ、だけどまだ美希は……」

美希「う、嘘でしょハニー……?じゃあ、美希は!?」

美希「美希のがんばりは!!?」

P「だから、もういいんだ……全部聞いた……俺が悪かった」

P「美希……もう戻ってきてくれよ」

美希「そ、そんな……だって美希……ハニーのために……」

美希「悪いこといっぱいしちゃったんだよ?」

美希「ハニーのためだからできたのに……」


299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:20:03.50 ID:BsJDi3u20
P「もういいんだって……な?ほら、立ってくれよ」

千早「終わり……なんですか?」

P「あぁ……手間をかけさせた」

P「その技……あとで一番に俺に見せてくれよ?」

千早「は、はい……」

P「さあ、帰ろうぜ千早……」

千早「はい、プロデューサー……」

千早「プロデューサー……」



301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:22:10.55 ID:I6XNZOe30
おい


303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:23:56.12 ID:BsJDi3u20
…………

伊織「何勝手に終わらせてるのよ!!美希!」

千早「プロデューサー……」

伊織「千早ーーーーーー!!それは幻術よ!!」

美希「いくら声をかけても無理なの。
   美希の大規模幻術にみーんな騙されてたんだもの」

伊織「早く起きなさーーーーーーい!!」

貴音「千早!!!起きてください!!目を覚まして!!」


304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:25:51.83 ID:0UyF+ldz0
見事に幻術にやられてしまった


305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:26:16.73 ID:BsJDi3u20
千早「プロデューサー……」

美希「もちろんここで終わりなんかじゃないの」

美希「だけど全然ダメだったね?デコちゃん?
   千早さんはもう、お終いなんだよ?」

美希「美希のレベルはマスターランクに匹敵してるの」

美希「千早さんが見ている幻術だって……美希が作りだしてあげたの」

美希「ほら、見て。喜んでるよ?嬉しそうな顔してるもん」


307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:31:17.43 ID:BsJDi3u20
伊織「千早ーーーー!!起きなさいってばーーー!!」

貴音「ダメです……聞こえていません……」

美希「幻術の基本は如何にその場に適したものを作り出すか」

美希「現実のものに摺り寄せて馴染ませる……」

貴音「悔しいですが……確かに美希の幻術は相当のもの……」

伊織「っていうか幻術の内容がスパンキングと全然関係ないんですけど!」

伊織「マジのやつじゃない!!」

美希「だって、マジのバトルなんだから当たり前なの」


308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:34:14.30 ID:BsJDi3u20
……

千早「プロデューサー、私……
   修行頑張って属性付加攻撃、使えるようになったんですよ」

P「そうなのか?でもさ……俺も新しい技があるんだ」

P「ほら、ズボン下ろしてさ」

千早「え?な、何を……?」

P「早く!」

千早「えっ……はい」カチャカチャ

P「パンツも……そうお尻だしてごらん」

千早「あの、ここじゃ恥ずかしいです……」


310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:41:01.08 ID:BsJDi3u20
千早「それに私……今日オムツしてないから……替えの下着が」

P「大丈夫……ほら、もう少しお尻出して、そう、行くよ?」

千早「あ、あの、待ってください……」

伊織「ちょっとヤダ!!あんたなんて幻術見せてるのよ!」

美希「羨ましいなぁ~。
   今ね、千早さんはハニーにお尻叩かれる寸前なんだよ?」


312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:49:29.78 ID:BsJDi3u20
貴音「なんと……面妖な……」ジワァ

千早「あ、あの早くしてください……恥ずかしい///」

美希「さて、千早さんの白くて綺麗なお尻……
   叩きまくって真っ赤にしてあげるね……」スゥ

伊織「千早!!早く起きてーーー!!」


314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:52:20.20 ID:BsJDi3u20
美希「じゃあね……」

美希「ちょっとの間の本気のバトル楽しかったな」

美希「ありがとうね、千早さん」

「ーーーーーーー!!ーーーー!!」

ドゴォォオオオオオンッ……!!

美希「うっ、……だ、誰!?」

貴音「……あれは!!」

伊織「……あ、あんた……なんで!!」


318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:54:42.57 ID:BsJDi3u20
千早「あ、あのプロデューサー……?」

千早「プロデューサー?どこ?」

「………………きて……」

「……ほら、おきて……」

千早「この声は……誰……?」

「こんな所で諦めちゃうの?……負けちゃっていいの?」


319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:56:48.24 ID:BsJDi3u20
千早「な、何を言って……プロデューサーは!?」

千早「プロデューサーはどこ!?」

「大丈夫……私がついてるから」

「あなたは……私が守るから」

千早「この声……あなたは……」

………………


320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:58:27.73 ID:BsJDi3u20
真「…………」

翔太「さあ、ようやく出番が帰ってきから殺そうかな……」

雪歩「真ちゃん!起きて!!」

翔太「ムダだよ!!」

ガッ

社長「うっ……ぐっ……」

翔太「スパンキングホールド……」グググ

雪歩「やめてくださいぃ!社長の首から手を離してください!」


322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:00:18.13 ID:BsJDi3u20
社長「うっ……た、助けてくれ……」

雪歩「離してください!えい!えい!」ペチンペチン

翔太「あー、全然鍛えてない人のスパンキングは弱くて
   勃ちもしないよ……もっと強くやれよ!」ギロッ

雪歩「ひゃぅぅッ」ビクッ

雪歩「ひっ……ぅぅううう」ジワァ……

翔太「安心して……これは首を絞めてるけれど全然苦しくない」

翔太「痛みや苦しさは全部お尻に伝わり快楽となってるから」

翔太「でも、ちゃんと死ぬ技だけどね……」


325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:02:52.96 ID:BsJDi3u20
社長「うっ……ぐぐ……」

雪歩「社長……真ちゃん……うぐ……ひっく」グスン

雪歩「誰か……プロデューサーさんプロデューサーさん……」ガタガタ

翔太「死ね……光るケツの持ち主よ」グググゥ


「……スパンキング・トルネード!!」ビュオオオオオ


翔太「ぐあああ……ああんっ!!」ズシャァアアアア……

雪歩「なっ……!?」

翔太「……なっ……何故!!」ガバッ

社長「お、ごほ、がは……お、遅いじゃないか……」


328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:13:29.40 ID:BsJDi3u20
翔太「な……なんで……!!」

黒井「待たせたな……」

黒井「高木、無事か?」

社長「あ、ああ、なんとかな」

雪歩「く、黒井社長……?」

黒井「いつまで泣いている……私が来たんだぞ」


329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:17:02.63 ID:BsJDi3u20
ドゴォォォーーーーンッ

黒井「今の爆発……下のフロアでは決着がついたようだな……」

黒井「立てるか……?こっちも終わらせるぞ」

社長「ああ、戦えるのか?」

黒井「心配するな……私はお前のとこのプロデューサーと
   冬馬の戦いを見てな。また燃えたんだスパンキングに」

黒井「リハビリ、それからの修行……」

黒井「筋肉痛が最低だったな……」


331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:19:21.20 ID:BsJDi3u20
翔太「な、なんで……!!」

翔太「なんで黒ちゃんがそっちにいるのさ!!」

黒井「私はスパンキング評議会の元議員の一人だぞ……」

黒井「あの評議会は腐っても評議会だ」

黒井「あれがなかったら俺達はこの世の中で好きにスパンキングもできん」

黒井「それを潰そうなど……そんな流れは止めるに決まっているだろ」

翔太「ぐぐぐ……」


332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:22:10.95 ID:D7wD3Ubd0
黒ちゃんかっけぇ


333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:22:55.66 ID:BsJDi3u20
社長「久々に共闘ができるというのは嬉しいな……」

黒井「学生時代の公式戦以来か……」

社長「あの時はすまなかったな……私が光る尻だとバレなければ」

黒井「ふん、そのことで特例失格になったのをまだ気にしてるのか」

黒井「あんなものいずれバレていたことだ。気にするな」

翔太「く、くそ……」

社長「さあ、終わらせよう……
   スパンキングバトル大会タッグマッチ
   決勝まで勝ち抜いたこのコンビネーション」

黒井「極東のブラック&ホワイトと呼ばれた我々の力、とくと見せてやろう!」

…………


335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:26:48.75 ID:BsJDi3u20
「こんな所で諦めちゃうの?負けちゃうの?」

千早「な、何を言って……プロデューサーは?」

千早「プロデューサーはどこ!?

「大丈夫、私がついてるから」

「あなたは……私が守るから」

千早「この声……あなたは……」

「スパンキングヘルファイア!!」ゴォォォオオ!!

「さあ、起きて!!」パァンッ


337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:29:39.36 ID:BsJDi3u20
貴音「今の拍手で恐らく幻術が解除されたはずです!」

伊織「千早ーーーーーーー!起きなさいーー!」

美希「チッ……!」バッ

千早「はっ……ここは!私、幻術に……」ガバッ

千早「誰が、私を……。……はっ」


341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:37:29.02 ID:BsJDi3u20
千早「あ……ぅぅ、良かった……」ポロ

千早「本当に、うっ、グス、良かった……生きてたのね、春香」

春香「泣くのはまだ早いよ千早ちゃん!!」


342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:42:02.67 ID:I6XNZOe30
はるるんキタ!!!


343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:42:25.89 ID:BsJDi3u20
千早「は、春香……グスン、でも、どうして……」

春香「ほら、立って」ギュ

千早「げ、幻術……じゃない……」

春香「ふふ、久しぶり」ニコ

千早「は、春香……!あ、あの私…私…」

春香「大丈夫。全部、黒井社長から聞いてるよ」


345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:45:03.51 ID:BsJDi3u20
春香「マダムの館が襲撃されて、マダムは私を逃してくれたの……」

春香「館のみんなが足止めしてくれたおかげで私は助かった」

春香「だけど……その代わりみんなは……」

春香「逃げた先で道に迷って絶望してた……。
   でも私を探して、黒井社長が来てくれたんだ」

春香「それで日本に帰ってこれたの。みんながピンチだからって」

春香「だから、とにかく今は美希を止めなきゃ!!」


346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:46:54.09 ID:BsJDi3u20
千早「グス……ええ、春香……
   私、たくさん春香に聞いて欲しいことがあるの」

春香「うん、私も……でも、その前に」

美希「ゴチャゴチャうるさいの!!
   春香が増えても変わらないんだからね!!」

春香「それはどうかな……。
   属性持ち二人相手ってのはマスターランクでもキツいんだよ?」

春香「あの館で鍛えあげられた私を甘く見ない方がいいよ!」

………………


348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:52:35.28 ID:BsJDi3u20
真「うっ……」

雪歩「真ちゃん……大丈夫……?」

真「う……なんとか……うぅ……パンツまでぐしょぐしょ……」

真「え?あれって、黒井社長……?」

雪歩「そう……真ちゃんと社長のピンチを助けてくれたの!」

雪歩「それでね!聞いて!春香ちゃんが生きてるんだって!」


350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:54:16.66 ID:BsJDi3u20
真「春香が!?」

雪歩「黒井社長が社長に頼まれてアメリカまで探しに行って」

雪歩「そこで見つけて連れてきてくれたんだよ!」

真「黒井社長、イケメンすぎんでしょ……」


351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:57:39.32 ID:BsJDi3u20
翔太「はぁああああ!!」スパパパパ

黒井「うおおおおおお!!」スパパパパパ

社長「……黒井!」

黒井「おう……!」

社長「フラッシュクラップ!!」パァンッ

ピカァッ!!

翔太「うっ……猫騙し……!?」


352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:59:22.90 ID:BsJDi3u20
黒井「スパンキングスモッグ……」スリスリスリ

真「手を高速で擦り合わせて煙を出してる!」

雪歩「どんな速度ですかぁ……」

翔太「ゲホゲホッ……目潰しの上に呼吸も奪うのかよ!」

社長「尻影縫いの術!!」

翔太「しまった……!!」ギチ


354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:01:47.92 ID:BsJDi3u20
黒井「おいたが過ぎたな……」

翔太「く、くそ……」ギチギチ

黒井「無駄だ……そいつの尻拭いは絶対に解けん」

黒井「そういう奴なのさ……」

黒井「お仕置きの時間だ……スパンキングストライク!!」

スパァーーーーーーーーーーン!!!!

真「あ、あれはシンプルかつ最大限に力を引き出すスパンキングストライク!」

真「ピンポイントで相手の気持ちいい所を貫く技!」

真「逆に言えば相手を知らなければ使えない技……」


358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:03:29.02 ID:BsJDi3u20
翔太「ふぁぁあああ!!んんん゛あ゛あ゛あああああああ!」ゾクゾク

翔太「んぬほおおおおお!!!」ドピュッ

翔太「(以下略)」ガクン ドサァ……

黒井「終わったか……」

社長「ああ……うっ……」ガクン

真「社長!!」

雪歩「社長!!」

社長「ああ、心配ないよ……少し張り切りすぎただけだよ」


359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:05:29.94 ID:BsJDi3u20
黒井「全く……ほら、さっさと掴まれ」

社長「こうして……肩を借りるのも学生時代以来だったな」

黒井「ふん、そうだな。さっさと星井美希の所へ行くぞ」

タッタッッタ……

P「社長!!って、黒井社長!?」

真「ぷ、プロデューサー!!」

P「真!!また股間ビチャビチャじゃないか!……大丈夫か!?」

真「えへへ……ちょっと気持ち悪いです……」

雪歩「プロデューサーさん!」

P「ああ、雪歩もお疲れ!」


360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:07:20.84 ID:BsJDi3u20
響「みんな無事かー!?げっ!黒井社長!?なんで!?」

あずさ「あらあら……真ちゃん……大丈夫……?」

社長「君たちには黙っていて悪かった……だが」

社長「彼は春香くんを探しにアメリカまで行ってくれたんだ」

社長「そして……連れて戻ってきてくれた」

P「は、春香が!?」

響「春香が!?」

あずさ「春香ちゃんが!?」


363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:09:03.14 ID:BsJDi3u20
雪歩「はい!だから、急ぎましょう上へ!」

P「おう、そうだな……!!」

P「黒井社長……今度ばかりはお礼を言わないといけませんね。
  ありがとうございます!!」

黒井「ふん……貴様には俺をまたこの道に戻した、
   というデカい借りがあるからな」

響「あはは、照れてるぞ!」

黒井「……ふん」

…………


364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:11:27.88 ID:BsJDi3u20
春香「私だって属性付加の持ち主……」

美希「火属性……!!」

春香「行くよ美希……」

千早「止めるわ!」

貴音「春香……あのようにレベルを上げていたのですね」

伊織「春香の手……炎を纏っているんだけど大丈夫なの?」

貴音「鍛えれば大丈夫です」

伊織「そういうもんなの……?」


370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:15:41.17 ID:BsJDi3u20
春香「ファイアスパンキング!!」ボォォオオオ

美希「サンダーショックスパンキング!!」バリバリバリ

スパパパパ……

貴音「技がぶつかり合って……!」

伊織「どうなってるのよ!!炎と電撃で全然二人が見えないじゃない!」

千早「私だって……発動時間は春香や美希よりもかかるけれど」

千早「ブリザードスパンキング!!」ビュォォオオオオオ

貴音「なんと面妖な!!」


372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:17:41.05 ID:BsJDi3u20
春香「甘いよ美希……!」フォンッ

貴音「速い……後ろに回り込んでいる」

千早「掌底零度!!」シュバッ

美希「うっ!」バッ   ガキィーンッ

伊織「美希の左肘が凍りついた!?」

貴音「どうやら千早は氷属性のようですね……」

伊織「自分のお尻を肘でカバーしたらあんな凍らされるの……」

伊織「恐ろしい戦いね……」


374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:20:56.52 ID:BsJDi3u20
美希「くっ……!!動きづらい……!」

美希「はああああ!!」バンッ

千早「建物にヒビが……!?」

ビキビキビキ……!!

春香「落ち着いて……!」パァンッ

ブワッ……

美希「……チッ、破られたの……」

貴音「今のは春香は落ち着いて幻術解除をしましたね」

伊織「ただ自分のお尻を叩いてたようにしか見えなかったわ」


376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:23:23.22 ID:BsJDi3u20
千早「幻術……」

春香「千早ちゃんは私が守る」

美希「だったらちゃんと守って見せるの!!」ダッ

千早「……行くよ春香……!!」

春香「うん!」

千早「氷属性奥義!!スパンキングスノーストーム!」

ビュゥゥゥオオオオオオオオオオ!!

伊織「ふ、吹雪!?絶対スパンキング関係ない技でしょそれ!!」

貴音「広域属性攻撃……!あれは相当訓練しないといけない技です!」


377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:25:51.12 ID:BsJDi3u20
美希「うぅ……!!」パキパキパキ……

美希「体が……!!だけど……」ヒュンッ ヒュンッ

貴音「電光石火で移動して凍りつくのを会費している……」

美希「雷属性奥義!!スパーキングスパンキング……」バリバリバリ

美希「……ダブル!!」バリバリバリバリ

伊織「両手に雷が!!」

貴音「本来ならば片手で制御しなくてはいけない技でしょう」

貴音「しかし……それを両手でやるという決死の技」


379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:27:42.02 ID:BsJDi3u20
千早「……春香!」

春香「うん、千早ちゃん!」

千早「フリージングスパンキング!」パキパキパキ

春香「バーニングスパンキング!」ボォォォオオオ

貴音「千早は手を凍らせ……春香は手に炎を宿し」

スパパパパパ!!

伊織「これはどちらが……勝つの……」

貴音「見ないとわかりません……」

伊織「速すぎて何にも見えないわよ!」


380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:29:41.95 ID:BsJDi3u20

春香「うぅッ……」

千早「くっ……ハァ、ハァ……」

美希「ううッ!!……ぐっ、うぅ……」ズシャァァアアア

美希「くっ……ハァハァ、なんとか耐えてみせたの!もうこれで終わりだね!」

美希「もうどうせ、万策尽きたでしょ!?」

春香「……まだ行けるよね!?」

千早「……ええ、春香!!」

美希「う、嘘なの……!」


382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:31:31.58 ID:BsJDi3u20
千早「はぁぁぁあああ!」

春香「やぁああああああ!」

美希「な、何……その動き……!!」

春香・千早「はるちは合成奥義!」

春香・千早「スパンキング・ブラッディクロス!!」

ズバァァァアアアンッ!!

貴音「な、なんということでしょうか!先ほどの技がまだ出せるとは!
    そのような余裕はもうないはずなのに……!」

貴音「これが…………力、ですか……」

伊織「あんた何言ってんの!?大丈夫!?」


384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:33:28.38 ID:BsJDi3u20
美希「うっ、ゃ、んっ……んぁ!!だ、だめ」ビクゥ

美希「み、美希、ここで、負けたら、ンンッ!」

春香「はぁっ……やった!」

千早「え、えぇ……はぁ……」

美希「あ、だめだめ……出ちゃう、んッ!!
   んん゛~~~~ッ!!!」プシャァァァアアアア……

美希「はぁぅ……!!美希、ん、変にハァ、ぁんぅ!」

美希「ま、またなの!ん゛ッ!!ぁ、ゃッ、ん!」

美希「んんッ~~!!」ジョボロロロロォォ……

美希「んっ……ハァ……あーあ、美希のため……」バタッ

ゴロン……

美希「ハニーのハァ、んぅ……ためだったのに……なぁ」

美希「空……ハァ綺麗なの……」


385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:35:27.43 ID:BsJDi3u20
…………

黒井「ああ、それと日本にまで連れてきてくれたのは
   ……お前の尻合いのシリウスだ」

響「またシリウス!?まさかの3度目なんですけど!」

雪歩「悪意のある誤字にはもう突っ込まないんだ……」

P「シリウスが……あの野郎……!無茶しやがって……」

P「何が……次に合う時は就任式だよ……」

響「っていうか本当にそのシリウスはいい加減にした方が……」


386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:37:11.93 ID:BsJDi3u20
P「よし、みんな急ごう!!!」

雪歩「はい!」

あずさ「はい!」

響「無視かよ……」

P「美希ッ!!」バンッ

美希「ハニー……」

P「何してるんだよ……お前……クソぉ……」

P「バカ野郎……」ギュ

美希「ゃんッ!ま、まだ……あちこち、敏感ん゛、だから……」


387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:39:04.11 ID:BsJDi3u20
P「す、すまない」

美希「あのね……ハニー……」

美希「あいつらが……ハニーのことをトップに置くのを
   よく思ってないの」

P「……は?」

美希「ハニーはね、推薦されてるでしょう?」

美希「連合最高議長に」

P「あ、あぁ……そうだな……」


389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:40:51.44 ID:BsJDi3u20
美希「でも……奴らは本当はハニーにトップを譲る気なんてないの」

美希「特に、現・連合最高議長は」

美希「五光尻の二人、日本人だったから推薦されていたけれど」

美希「実際の所、五光尻はあとの3人とも良しとしてなかった」

美希「特にマダムは……口には出さないけどね」

美希「春香が毎日泣いてたのはそのことなの……」

美希「きっと大好きなハニーの悪口たくさん言われたんだよね」

美希「あんな奴の所から来たってきっと色々他の門下生にも言われたと思う」

美希「だから春香は泣くことをやめて頑張って力をつけて認めさせたの」


390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:43:21.37 ID:BsJDi3u20
美希「そして一番のマダムのお気に入りになることができた」   

春香「もう、いいよ……美希」

春香「私は最初は、その……ちょっと苦手かもって思ったけれど
   でも……マダムは根は良い人なの……」

美希「だから美希、ハニーのことも春香のことも悪く言う
   マダムがやられちゃったって聞いた時
   ちょっぴりスッキリしたの……悪いことなのに」

響「登場させる気ないのにマダム引張りすぎでしょ……」


392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:45:36.24 ID:BsJDi3u20
P「美希……」

美希「美希はね、ハニーにトップにいて欲しかったの」

美希「なって欲しかったの……。ハニーはそれを望んでいたし」

美希「美希もハニーが望むことを望むの」

美希「だから許せなかった……ハニーのことを影で笑ってたかもしれない
   あいつらのことが……」

美希「伊集院北斗……あいつもまた自分を認めなかった
   連合評議会が許せなかった……」


393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:48:27.35 ID:BsJDi3u20
美希「だから……うぅぅぅッ!!」スパァーーーンッ

美希「ぁ……ぅ……」ガクガク

美希「は、ハニー……ご、ごめんな、さ…………」ガクンッ

北斗「おいおい……シラケちゃったなぁ」

P「北斗……」

P「あの時の黒服も、やはりお前だったか……」

北斗「そこの女……喋りすぎだ……ったく」


394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:53:16.98 ID:BsJDi3u20
黒井「貴様……何のマネだ……」

北斗「決まってますよ……潰すんです」

北斗「確かに僕は彼らに認められなかった……」

北斗「だけどあなたのことは認めているんですよプロデューサーさん
   ……どこかで馬鹿にしてほくそ笑んでいてもね」

北斗「そのプロデューサーさんが……倒されれば」

北斗「僕は……認められるんだ!!」


397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:55:06.76 ID:BsJDi3u20
千早「ふざけないで!!」ダッ

北斗「おっと……」ビュッ

ズバァァァ!!

北斗「外野は黙っていてくださいよ」

北斗「その線から出ないでくださいね?」

黒井「貴様ぁ……!」

響「っていうかあの人何してたの……?」

春香「響ちゃん……そっと読み返すとわかるけど
   あの人ヘリコプター操縦してたからそれを止めるとこなくて
   どこかに置いてきたから時間かかったんだよ」


398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:00:38.00 ID:BsJDi3u20
P「俺はな……今、最高にキレてるんだぜ?」

北斗「へえ……そう来なくっちゃ……」

北斗「……」ビュッ

P「ふんっ……」キッ

貴音「スパンキングカッターを威圧だけで消した……!?」

北斗「やるね……行くよ!!」ダッ

P「遅い……!!」フォン

あずさ「なんて速さ!!」


399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:04:59.19 ID:BsJDi3u20
北斗「尻爆発……!!」

P「チッ……」フォンッ

ドカァーーー……ン!!

伊織「お、お尻爆発したわよ……?」

春香「今のは相手の手を粉砕させるためにある
   カウンターの技の1つなの」

千早「地雷のような印象よ」

P「……手が持って行かれる所だった」


401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:06:38.04 ID:BsJDi3u20
P「スパンキング・レボリューション!!」

北斗「桃尻カウンター!!!」プリリンッ!!

P「うおおおおおおお!!」スパパパパパ

北斗「ムダムダーーー!!」

P「爆殺……!!スパンキングボム!!」

ドゴォーーーンッ

北斗「今のはさすがに避けないとキツかったかな……」フォンッ

響「技の往来が激しすぎてさっぱりわからん!」


403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:08:29.00 ID:BsJDi3u20
P「残念だったな……お前の移動先は地雷だ……」

P「スパンキングタイムラグ……解除!!」

P「スパンキングバースト!!」

ボォォォオオオオオ!!

北斗「何ッ!?ぐああッ」

春香「スパンキングバーストをタイムラグで先回りする
   場所を予測して置いておいたというの?!」

千早「すごいわ……やっぱり……プロデューサーは天才よ」

北斗「くっ……体制を直さなくては……」ダッ

P「あんまりうろちょろ動くもんじゃねえぜ?」


404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:11:27.00 ID:BsJDi3u20
ツルンッ

北斗「うわっ……っとっと」

社長「また敵の動きを予測し罠を張ったのか!」

黒井「しかも、氷属性の技をあそこまで巧みに扱い
   ほんの数センチだけ凍らして全くわからないように
   していたとは……」

P「隙だらけだ……!!」

P「スパンキングスパーク!!」バリバリバリ

北斗「ぐぁぁあああ!!」


405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:13:10.55 ID:BsJDi3u20
北斗「なんてね……残像ですよ」フォンッ

スパァーンッ

P「ぐっ……」ズザザザ……

北斗「とっさにシールド張られましたか……」

P「スパンキングヘルファイア!!」ゴォォオオオ

北斗「サークル・ヒップ!!」

スルンッ

貴音「円の動きを利用し相手の技の力を殺さずに受け流す……」

社長「あれも一種のカウンター技だな」


406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:15:02.04 ID:BsJDi3u20
P「属性付加攻撃まで強引に受け回すとはな……!」

P「だが、その技には弱点があるんだぜ!!尻が丸出しだぜ!」

P「スパンキングシュートォォォォオオオオオオ!!」

ズバァァァアアアンッ!!

千早「強引にカウンターを打ち破りにいったわ!」

北斗「ぐっ……んぅ!ぐぐぐぐ……!!!」

春香「なっ……耐えた!?」


407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:16:41.36 ID:BsJDi3u20
北斗「面白い!やはりこうでなくては!」ダッ

北斗「うおおおおおおおおお!!」スパパパパパ

P「はぁぁぁああああああああ!!」スパパパパパ

あずさ「なんという猛烈な叩き合い!」

響「もうやだ帰りたい……」

P「ふんっ」ガシィ

貴音「手首を掴んだ!?そのままひっくり返しましたよ……」

P「うらぁっ!」ブンッ

北斗「うっ……!」

響「なんでそんな拳法みたいな技使ってるのさ……お尻どこ行ったさー」

社長「あれはスパンキングトランスミッションを使っているんだよ」

黒井「そうだ、だから実際のダメージはケツに行くんだ」


409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:18:26.63 ID:BsJDi3u20
P「北斗……お前は弱い……俺には勝てない」

北斗「っぐぐぐ……黙れ……黙れ……!!」

北斗「……我流奥義!!スパンキング・ブラックホール!」

ブゥゥゥウウウウウウン……

北斗「この場をまずは吹き飛ばしてやる!!」

貴音「広域空間攻撃……!!あなた様!!」

P「だったら俺だってあるぜ!!」


410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:20:12.31 ID:BsJDi3u20
P「奥義!エクスタシー・スパンキング・ワールド!!」

ブゥゥゥウウウウンッ!!

バチバチバチバチバチ……

あずさ「お互いの……空間攻撃が衝突している……」

社長「いかん……衝撃波に巻き込まれるぞ!
   できるものは全員でシールドを貼るんだ!!」

あずさ「みなさん、頑張ってください~」



411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:22:39.47 ID:BsJDi3u20
春香「守護方陣!結界陣!パワーシールド全開!!」

千早「守護方陣!プロテクタープラス!パワーシールド全開!」

黒井「パワーシールド!プロテクタープラス!リフレクター!」

真「守護方陣!パワーシールド全開!」

伊織「守護方陣!プロテクター!リフレクター!ガードプラス!」

社長「フラッシュ・シールド!」ペロン 

貴音「パワーシールド!」

雪歩「が、頑張ってくださいぃ……」

響「み、美希が巻き込まれちゃうからこっち連れてきたよ!!」ズルズル

春香「響ちゃん、超グッジョブ!」

黒井「ふん、ミスターサタン並みの活躍だぞ!」

ドドドドドドドドドドド……


413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:25:24.78 ID:BsJDi3u20
………………

貴音「み、みなは無事ですか……?」

P「う、う~ん……」

北斗「ぼ、僕の、さ、最終奥義までも……打ち破られるとは……
   よもや、最後の手段!!」バッ

P「て、てめぇ!!きたねえぞ!!」

北斗「はーっはっはっは!貴様から尻を八つ裂きにしてくれる!!」

響「……え?」

P「……くそ!!間に合え!」フォンッ

北斗「スパンキング・カッター!」ビュゥッ

春香「ひ、響ちゃん!!」


414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:27:06.05 ID:BsJDi3u20
響「うぎゃーーー!!」

ズバァァンッ!!

P「ごふぅ!ん、んあ、ああああああ……んッ」ドビュッ

千早「ぷ、プロデューサー!!」

P「んん゛!!ぁぁあああああ!」ジョボロロロロォォ……

P「んっ(以下略)」

響「ひ、卑怯だぞ!あわわわ……自分のせいで……プロデューサーが!」

社長「これはまずいことになったぞ……」


416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:28:45.05 ID:BsJDi3u20
春香「今のあの人の勝てるのはプロデューサーしかいない……」

春香「私だって足止めは……もって3分」

北斗「さぁ……どいつからいたぶってやろうかな……」

千早「いえ、春香……それだけあれば十分よ……」

春香「え?私が行くの!?」

千早「え?いかないの!?」

春香「え~……だって……」


418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:30:30.06 ID:BsJDi3u20
貴音「春香……あなたの足止めの間に……
   私達がプロデューサーにパワーを分け与えます」

真「僕もだいぶ回復してきたから……分け与えられるよ」

社長「私も……彼に少しながら……」

響「スパンキング・リバースはだめなの!?」

黒井「だめだ。あれはこいつが創りだしたもんだからな」

黒井「こいつしか使えない……」

黒井「今は……こいつに力を与えて復活させることしかできない」

貴音「はい……古代式の復活の儀式を行うのですね?」


419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:33:42.30 ID:BsJDi3u20
あずさ「だけどあれは相当時間がかかったもの……」

社長「しかし……やるしかない……」

社長「さあ、みんなプロデューサーをお尻を向けて囲むんだ」

伊織「は、はい……こうかしら?」

千早「これは私もやったことがないから……これでいいの?」

貴音「私も微力ながら……皆さんこうですね」

貴音「このようにプロデューサーが倒れているのを囲んで
   ギュウギュウと押し合います」

響「どう見ても押しくら饅頭だよね?」


421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:35:29.03 ID:BsJDi3u20
黒井「よし、いいぞ……」

あずさ「それから全員で囲んだら思い切り力んでください……」

真「んぎぎぎぎ……こ、これでいいの?」

響「なんだ……この絵柄……」

雪歩「が、頑張ってください~」

貴音「何してるのですか!力のあるなしではありませんよ!やるかやらないかです」

響「自分もやるの……?」

あずさ「でも、楽しそうね~入れてもらおうかしら」

雪歩「は、恥ずかしぃです……」

黒井「恥ずかしいで生き返らなかったらどうするつもりなんだ?」

雪歩「うぅ……や、やりますぅ……」


424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:40:13.51 ID:BsJDi3u20
貴音「さあ、いいですか皆!詠唱はわかってますね!?」

響「……え?詠唱?」

貴音「さん、はい!」

真「押しくら饅頭、押されて泣くな♪」

貴音「押しくら饅頭、押されて泣くな♪」

千早「押しくら饅頭、押されて泣くな///」

伊織「お、おしく…お、押されてゴニョゴニョ///」

社長「押しくら饅頭、押されて泣くな♪」

黒井「押しくら饅頭、押されて泣くな♪」

響「やっぱりそうなんじゃん!」


426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:42:59.52 ID:BsJDi3u20
響「何この図!股間濡らして気絶してる人囲んで
   押しくら饅頭してる集団!?今すぐ帰りたい!」

雪歩「ゴニョゴニョ……///」

黒井「聞こえないぞ!!」

雪歩「お、押しくら饅頭!押されて泣くなぁ!」

響「雪歩がすでに半泣きなんですけど……」

あずさ「押しくら饅頭、押されて泣くな♪」

春香「なんかこっちで時間稼ぎしてるほうがいい気がしてきた!」



428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:45:08.85 ID:BsJDi3u20
真「あ、でもなんか、だんだん力が抜けてきたような……」

貴音「それは力をプロデューサーに与えてる、移している証拠です」

社長「ああ、もう少し頑張ろう!」

伊織「詠唱の意味はあるの!?」

千早「わからないわ……だけど……恥ずかしい……」

雪歩「ぅぅ……押しくら饅頭ぅ、押されて泣くなぁ!」

あずさ「押しくら饅頭、押されて泣くな♪」


430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:46:51.23 ID:BsJDi3u20
北斗「何をする気かしらないけれど……そうはさせないよ」

春香「あなたこそ!!」

北斗「邪魔だ!!!虫けらが!!」

春香「わわわっ!」サッ

北斗「チィッ、ちょこまかと……!」

北斗「あの人は復活なんてさせませんよ!!」

春香「はあああああああ!!」

スパパパパパ……

あずさ「少し押され気味ですね……春香ちゃんの表情にも焦りが」

響「押しくら饅頭中でも解説はするんだ!」


432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:49:37.30 ID:BsJDi3u20
北斗「どうしたんだい!?僕を止めるんじゃなかったんですか?」

春香「くっ……さすがに千早ちゃんと一緒だったとは言え
   美希を相手にしたあとにこれは……キツい……」

北斗「終わらせちゃいましょうか!?」

春香「スパンキング・ヘルファイア!!」

北斗「ヌルい!!」パァンッ

春香「うぅっ……!」ズザザザザー……

響「……は、春香!!」

春香「大丈夫……かすっただけだから」


433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:52:27.02 ID:BsJDi3u20
春香「スナイプスパンキング!」シュボッ

北斗「ふっ」サッ

春香「……零式・スナイプスパンキング!!」ビュゥゥッ

北斗「チィッ……!」バッ

あずさ「ゼロ距離射撃用の特攻技……!」

ズバァァンッ!!

春香「今のはさすがに危なかったんじゃないですか?」

北斗「……舐めた口を!!」


435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:54:09.34 ID:BsJDi3u20
北斗「ウィップ・スパンキング!!」

あずさ「しなる腕からなされるスパンキング!」

あずさ「心なしか腕が何倍もの長さで見えるという……」

あずさ「腕に縞々の模様がないのに……敵ながらさすがですね……」

響「完全に般若のこと言ってるよね……」

春香「不規則な流れ……避けづらい……!!」


436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:55:50.68 ID:BsJDi3u20
春香「……千手スパンキング!!」

響「春香の手が増えた!?」

あずさ「そういう風に見えるだけよ……」

あずさ「あれは……攻撃にも防御にも使える技」

北斗「チィッ、ならば同じく……千手スパンキング!」

響「あっちも!?」

あずさ「こちらはまだですか!?」


437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:57:43.22 ID:BsJDi3u20
黒井「まだだ……まだかかるぞ」

社長「うむ……もうしばらくの辛抱だ」

千早「はい……!」

伊織「はい!」

真「はい!」

貴音「はい!」

春香「はぁあああああ!」

北斗「うおおおおおお!!」

北斗「デストロイ・スパンキング!」

春香「バーニング・スパンキング!!」

ズパァァァアアン!!

あずさ「春香ちゃん!!」


439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:59:23.73 ID:BsJDi3u20
春香「い、いやああああああ!!」プシャァァァアアア

北斗「ハァ……手こずらせやがって……」

春香「んんッ!!んぁっ……ん゛、ゃ!」ビクゥ

春香「ハァ、ぁんぅ……!ハァ、はぅン……」

響「春香!!」

春香「ま、ハァ、んぅ……待って……」ガシィ

北斗「く、離して下さい!」スパァンッ

春香「ひぎぃっ!!はぅ……んふぅ……んんんん~~」ジョボロロロロォォ……


441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:01:15.83 ID:BsJDi3u20
北斗「離せって!!離せ!」ズパァンスパァンッ!!

春香「~~~ッッ!!ハァ…ハァ、んん゛……」ビクゥッ

響「……は、春香!もういいよ!!やめてよ!!」

北斗「しぶとい野郎だぜ……!!離せって!!」

春香「ハァ……ま、守りたい、ものがんん゛ッ、あるから!」

北斗「こ、これが強さの秘訣だとでも言うのかよ……!」

北斗「スパンキング……」ガシィ

P「ハァ……ハァ……て、てめぇ……卑怯な野郎だぜ」


443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:04:34.50 ID:BsJDi3u20
春香「ぷ、プロデューサー……良かった……」

P「よく頑張ったな春香!」

北斗「くっ……ば、馬鹿な……!」

P「お前は……人の……いや、尻の風上にも置けない野郎だ!!」

響「もう……ツッコミきれない……」

社長「なんとか……ハァ……間に合ったようだな……」

黒井「早く……ハァ終わらせてこい……馬鹿者め」

貴音「あなた様……ハァ……ハァ……んっ」ジワァ

伊織「も、もうダメ……立ってることもできない……」

P「す、すまなかったな、みんな!無事か……!?」

千早「はい………なんとか」

社長「ああ、その他のみんなも無事だ……」


445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:08:40.57 ID:BsJDi3u20
P「北斗……」

北斗「くそ……終わらせてやる……全部!」

P「ああ、そうしようぜ……」

北斗「うおおおおおおおおお!!土遁尻影縫いの術!!」

ボゴォ!

貴音「じ、地面の穴を土遁の術で堀り、そこを通した!?」

P「なっ……しまっ」

千早「あれに捕まったらお終いよ!!」

シュバッ……

「うぅぅ……!!」ギチィ

北斗「なっ……き、貴様ぁ!!最後の最後に俺の邪魔するのか!!」


446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:11:52.28 ID:BsJDi3u20
美希「えへへ……死に損ないだけど……ハニーの盾にくらいなら
   いつだってなれるの……」

P「お前……無茶しやがって……」

美希「尻影縫い返し!!」

北斗「ぐあぁッ!!何ぃ……!!」ギチィ

P「美希……お前は本当に馬鹿だ。だから帰ったら
  百発お尻ぺんぺんの刑だからな!」

美希「うん、ハニー……それは美希には最っ高の幸せなの。えへへ……」

P「さあ、覚悟しろよ、外道……」

グググ……


447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:14:34.12 ID:BsJDi3u20
貴音「あれは、溜めれば溜めるほど威力が増す……
   本来ならば相手が縛られてる状態……もしくは戦闘不能状態の時に
   叩きこむシンプルなスパンキング……」

あずさ「しかし、まともに決まればマスターランクでも一撃のものよ!」

北斗「くそ!くそ!!」ギチ

P「……はぁぁぁあぁああああああ」グググググ

北斗「身動きが!!」

P「スマッシュ・スパンキング!!!」

スパァーーーーー……ンッ!!


450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:16:13.94 ID:BsJDi3u20
北斗「んほおおおおお!!(以下略」

北斗「ハァ……くそ……まだ……だ!」

P「もうやめるんだ……この魔方陣を見ろ」

北斗「こ、これは……!!」

P「魔封尻結界の術……!!」

貴音「あの印は!」

あずさ「封印……するつもりなのね……」

P「お前は危険だ……だが、強かったのは確かだ」


452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:18:24.67 ID:BsJDi3u20
P「だから俺が認めてやる……」

P「だから……もう眠るんだ……」

北斗「くそぉぉぉ!!」

ギュィィィイイイインッ!!

北斗「があはっ!げほっ……ごほっ!あがああああ!」

ギュィィィイインッ!!

北斗「うぅぅ!!うわああああ!!ああああんっ」

北斗「チクショウチクショウ……」

北斗「い、いずれ……絶対に……お前だけは……」バタッ

響「今さらながら言わせてもらうけれどキャラ崩壊酷いな!!」


455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:20:08.43 ID:BsJDi3u20
雪歩「あの人、自信を封印するんじゃないんですか!?」

黒井「スパンキング戦士に取ってはもっとも辛いことだ」

社長「ああ、受けたものも体験したものにも辛いものだ」

千早「あれは彼をスパンキング界から永久追放する技なの」

貴音「スパンキングレベルを白紙に戻し……その能力才能を奪い
   二度と快楽に落とすスパンキングをすることも
   スパンキングされて快楽を得ることもできなくするのです」

貴音「そして、その時の記億も一切奪ってしまいます」

P「どの道、連合評議会の手でこの刑は受けることになっただろうけどな……」


456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:22:43.15 ID:BsJDi3u20
美希「……」ドサッ

千早「美希!!」

P「心配すんな……気絶しただけさ……」

P「黒井社長……こいつは」

黒井「そんな奴いらん……私が引き抜いたわけでもない」

黒井「今、クビにした……」

伊織「じゃ、じゃあ!!」

雪歩「これでまた戻れますね!!」

真「やーりぃ!!」

P「ああ、これでようやく帰れるぞみんな!!」

P「こうして俺達の長い一日が終わった」

響「綺麗まとめたつもりだろうけど股間ビチャビチャで
   ぶっ倒れてるの二人ほどいるからね?」

…………


459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:25:15.84 ID:BsJDi3u20
律子「ちょっと……プロデューサーさん!」

P「ん?どうした?」

律子「あの娘なんですけど……」

P「ん?見ない娘だな……?って、なんだあのシャツ……。
  働いたら負け?なんだそりゃ……」

律子「どうやらまた入門者らしいんですよ!!」

P「また入門者か……」

P「ん?」

ドタバタドタバタ……

やよい「あ、待ってください!!」


462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:28:08.71 ID:BsJDi3u20
伊織「い、いやよ!こっち来ちゃだめ!」

やよい「もしかしたら私も……力があるかもしれないかなぁ~って」

伊織「ないわよ!ない!絶対ないんだから!」

やよい「スパンキングシュート!えい!」ゲシ

伊織「ひゃぅぅぅうう!!」ビクゥッ

やよい「どうですか?」

伊織「や、やよいにスパンキングされても何にも気持よくなんかないわよ!///」

やよい「あ、プロデューサーさん!」

P「おう、いいスパンキングシュートだったな、やよい!ははは」


464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:30:44.63 ID:BsJDi3u20
やよい「えへへ~ですよねー!」

P「ねー!」

やよい「はい、ターッチ!」

P「いえい!(今だ、スパンキング・トランスミッション!!)」パンッ

やよい「ひゃぅっ!?」ビクウッ

やよい「あ、あの……プロデューサー?最近、プロデューサーとこれやると
     いつもなんか変な気分になっちゃうんですよぉ」ジワァ

P「うんうん、そうなのか?どこがだ?ん?」

伊織「やめなさいよ!!」ゴンッ

P「いたっ!」

伊織「あんた今技かけたでしょ!!」


466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:34:55.67 ID:BsJDi3u20
やよい「あ、あの……プロデューサー?もう一回でいいからしてもらえますか?」

やよい「そしたら今のが何かわかると思うんです……」モジモジ

P「おう、いいぞ?はい、ターッチ!」

やよい「いえいっ、んッ、ひゃんっ……」ビクゥッ

P「わかったか?」

やよい「うーん、もう中学生になるのに……恥ずかしいです……」

伊織「だーかーらー!やめなさいよ!」

P「やよいと俺のコミュの楽しみを邪魔しないでくれよ!!」

P「尻影縫いの術!」

伊織「ちょっ!?ええっ!?なにすんのよ!」ギチ


468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:38:22.28 ID:BsJDi3u20
P「やよい……伊織を動けなくしたから好きなように練習しなさい」

P「お前には才能があるんだ」

やよい「本当ですか!えへへ!伊織ちゃん!優しくするから大丈夫だよ!」

伊織「ちょっと待って!本当にだ、だめだってば~」

やよい「こうかなぁ?」スパァンッ

伊織「ひゃんっ、ぁぅぅ……待ってお願い!ゃんッ!」

やよい「あれ?こう……手首のスナップを……えーと、えい!」スパァンッ

伊織「はぅぅッ!!だ、だめだめコレ以上やったら!!」

やよい「うっうー!ここですね!」スパァァンッ!!

伊織「出ちゃう、か、らぁぁああああ……」ジョボロロ……


469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:40:37.78 ID:BsJDi3u20
やよい「やっぱり伊織ちゃん、まだおねしょ直ってないです!はい、オムツ!」

伊織「いやよ!ちょっと待って!ここで脱がさないで!!」

伊織「いやああああああああ!!」


P「と、まぁ……伊織とやよいはこんな調子だ……」

P「ちなみにやよいとのハイタッチの時にこっそり技をかけてやよいを
  困らせるのに最近ハマっているのは誰にも内緒なんだぜ」

P「伊織は相変わらず防御だけは鍛錬を積んでいるそうだが……」

P「なぜかやよいには効かないらしい……」

P「もしかしてやよいって本当に……」


471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:44:20.29 ID:BsJDi3u20
雪歩「お願い真ちゃん!私にも少しでいいから教えて欲しいの!」

真「ええ~……だってマスターランクの人に教えてもらってよ……」

雪歩「私、真ちゃんじゃなきゃ嫌!」

真「そんなこと言われても僕だって千早にもすっかり抜かれちゃって……」

真「自分で修行したいのに……」

雪歩「じゃあ、私のお尻!叩いていいから!」

P「相変わらずこっちは真に対しては積極的な雪歩……」

P「なんでも最近じゃ一日一回真に叩いてもらわないと力がでないとか」

P「真に関しては実は努力で補っているのだが
 一番才能がないのではないかと噂されるが本人は否定するためにいつも頑張ってる」


473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:49:28.23 ID:BsJDi3u20
小鳥「あ、あの……だ、だめ!そのスイッチはァンッ!勝手にんんっ
    いじっちゃ!だめなんですぅ!」ブーーー

亜美「これ、なんのスイッチなの?」

真美「きっとピヨちゃんの中のモーターが動くんだよ!機械の音してるよ!?」

小鳥「は、半分、あんっ、合ってるから、余計にだめですぅ!んふぅ……ハァ!」ブーーーー

真美「あ、そうそう!この前ね、はるるんがこんな感じの技を出しててね!」

亜美「どんなのどんなの→」

真美「千手スパンキング!あたたた→」ペチチチチチーン

小鳥「あぁん!!だ、だめ!!んぅ!」ブーーーー

P「音無さんは相変わらず謎の音を出している……」


474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:52:57.68 ID:BsJDi3u20
P「見よう見まねであずささんや音無さんにいたずらするのはよく見かけるが
  それだけでも成長しているのがわかってしまう……」

P「ちなみに……最近、亜美のお尻が光りだした、なんて良からぬ噂を聞いたが」

P「まさかマダムの後継者が亜美な訳……まさかね」

P「あずささん、貴音は今も熱心に勉強中」

P「彼女らの知識はとどまる所を知らないみたいだ」

P「最近じゃ古代詠唱にハマっているらしく二人して
  原文の読解なんかに挑戦してる様子が見られることもある」


476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:57:53.45 ID:BsJDi3u20
P「響は美希の換わりをしたあの1,2週間ですっかりトップアイドル
  の道が切り開け、毎日大忙しだ」

P「また、最近はアイドル、モデルと活躍する中でも
  メディアに取り上げられだしたスパンキングの評論家としても引っ張りだこである」

P「社長に関してはどっかに行っちゃ門下生を引っ張ってくるばかりになった」

P「アイドルではなく……」

P「冬馬は操られたことがきっかけでマスターランクを剥奪されるも
  俺や社長、黒井社長、シリウスの活躍で割りと早い段階で復帰できた」

P「黒井社長も評議会に復帰してマスターは拒否してなっていないが
  十分な権力を発揮している」

P「まぁ、毎回議論が彼がなんでも批判するせいで進まなくなるのは痛いんだが……」


479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 18:00:34.70 ID:BsJDi3u20
千早「ねえ、春香……この前の議会……やりすぎじゃないかしら?」

春香「そうかなぁ?だって美希のためだよ?それくらいしなきゃ!」

美希「えへへ、ありがと、春香!」

千早「久しぶりに事務所にも来たんだし、門下生の様子を見ていかない?」

春香「ふふ、そうだね!みんな元気かなぁ?」

千早「そのあとに、みんな集めてお祝いをしましょ!美希の!」

美希「ホント!?ありがと~」ギュ

千早「ひゃんっ……ふふふ、いいのよ」


480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 18:02:58.02 ID:BsJDi3u20
春香「私も~!!」ギュウゥ

千早「ちょ、ちょっと春香!苦しいわよ、もう!」

春香「あはは!あ、でも今日ってあの日じゃなかった!?」

美希「あ、本当だ!……じゃあ、帰ってきたらにしたいの!」

千早「そうね!主役がそういうならそうしましょうか?」



P「千早と春香はあのあと、すぐにマスターランクに昇格した」

P「今は765プロの事務所は道場を経営している」

P「彼女ら二人はそこで門下生を持っている」


481 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 18:05:26.30 ID:BsJDi3u20
P「というか明らかにそっちの方の収入源のが多い……」

P「だから最近は律子もあんまり文句を言わないようになってしまった」

P「でも、自分のプロデュースがあっさり負けてるのはやっぱりショックみたいだ」

P「美希は……評議会の決定により観察処分という形になった」

P「当分は春香と千早が傍から離れないから……という条件の下である」

P「そして、それも今日で終了……。
  と、同時に昇格試験をし、一発合格」

P「これで晴れて今日から美希もマスターランクというわけだ」


482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 18:07:33.42 ID:BsJDi3u20
響「プロデューサー!ほら、行くよ!!」

貴音「私、シリウスさんと会うのはこれが初めてなのですが」

響「自分達本当について行っていいんだよね!?」

P「ああ、もちろん。総本山、場所はシリアだな」

貴音「はい……式の出席は初めてで……あの、私達は」

P「俺が尻を受けてる間は普通に客席で見てて構わないそうだ」

貴音「左肩、右肩と頭を超えてやる……普通はあれは剣ですよね?」

P「うん、あれは普通はね。でも今回の継承はスパンキングだし
  お尻を左肩右肩ってやって……それでお終い」


484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 18:09:29.67 ID:BsJDi3u20
P「確かVIPの席が用意してあるとか」

春香「あ、プロデューサーさん行くんですか?」

P「ああ、すぐ帰ってくるけどな」

美希「シリアが総本山てちょっと遠いよね」

P「そうだな……池尻大橋に変えたいよな~」

響「もう突っ込まないんだからね!?」


485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 18:12:20.74 ID:BsJDi3u20


P「俺はなんとか色んなコネを駆使した。それは美希があんなに願ってくれた夢だったから」



P「美希、お祝い一緒にできなくて悪いな!」

美希「違うよ!帰ってきたら全部まとめてお祝いなの!」

P「じゃあ、行ってくるよ!連合最高議長の就任式に!!」




P「こうして俺はスパンキングマスターとして
  その地位を高め、スパンキング連合評議会、連合最高議長となったのだった」


END


486 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 18:13:42.85 ID:u0KTPyRv0
素晴らしい
おつ


491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 18:20:56.34 ID:BsJDi3u20
疲れた……こんな長いの初めて書いた


492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 18:21:13.40 ID:0UyF+ldz0
実にくだらなかった(褒め言葉)
おつ


499 : 忍法帖【Lv=21,xxxPT】 2012/02/11(土) 18:38:19.12 ID:rxac3jlt0
乙でした!


501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 18:39:39.85 ID:mb3599in0

結構楽しめた、新たな世界が開けたみたいだ!・・・どうしてくれるwww


509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 18:47:40.42 ID:BsJDi3u20
もうストーリーと決め技が思いつかないから書けないよ


510 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 18:48:53.56 ID:I6XNZOe30
次はやよい覚醒編だろ


511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 18:52:50.86 ID:JLki55ytO
>>509 スパンキングハウリングで
みんなを骨抜きにする展開おなしゃす


513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 18:57:28.58 ID:BsJDi3u20
やよい「えへへ~プロデューサーさん!新しい技を考えたんですよ!」

P「へぇ~、どんなんだ?」

やよい「こうやって~、ぐわーってなってみんながお尻叩かれたみたいになるんです!」

貴音「それは広域空間攻撃の一種なのでしょうか?」

春香「どうしたの?」

千早「何してるの?」

やよい「見ててくださいよ~!」

やよい「スパンキング・ハウリング!!」ブワァァァアアア

春香「ひっ、なっ、何これ!?ひゃんっ!」

やよい「はわっ!冗談のつもりが本当に発動しちゃいました……」

千早「んぁぅ!!な、なに、このい、ままでに無い、ア優しい感じ!」

P「ぬほぉぉおお!」

こんな感じか?w


516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 19:01:49.89 ID:JLki55ytO
>>513
やよいかwww
わざわざありがと乙


517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 19:18:55.49 ID:0UyF+ldz0
高槻さん…恐ろしい子……


518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 19:27:37.12 ID:KQ1qcbxN0
やよい強すぎww


アイドルマスター2 初回限定生産版 『アニメもゲームもグラビアも! アイマス@スペシャルBOX』
アイドルマスター2 初回限定生産版 『アニメもゲームもグラビアも! アイマス@スペシャルBOX』


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2013/12/10(火) 01:11:50

    スパンキングと思わなければ普通のバトル物なんだけどなぁ…


  2. 2016/04/25(月) 16:44:32

    ハリアーをヘリコプターって言うのは無理があるって誰か突っ込めよ


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ