Powered By 画RSS


凛「加蓮と私とプロデューサー」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:13:12 ID:Copc4sYo
男子「好きです!付き合ってください」

凛「ごめん。興味ないから」

何度目だろう。

人間関係を築くのは苦手。
口下手だし。

学校でヤンキー扱いされても訂正しない私にも問題あるよ。

ダメだね。

なんでこんな私を好きになったんだろう?

告白されるとネガティブになる。

凛「恋愛か……」




2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:14:20 ID:Copc4sYo
鏡を見つめると憂鬱そうな顔がこちらを覗いてる。

代わり映えのしない日常。
つまらない。

何かを叫びたくて、何を叫べばいいのかわからない焦燥感。

凛「なにがしたいの……」

鏡の中の私は何も応えない。

街でナンパされたら着いていこうか。

冗談。

軽薄そうな男が近寄ってくる。

他人への関心なんて薄いくせに、一人でいることも許されないのが東京。

「待ち合わせ?時間空いてるなら遊ばない?」

こんな奴、相手にしても何かがかわるとも思えない。

「彼氏と待ち合わせだから」

嘘だ。
男は舌打ちして別の女の子に話しかけている。

結局女なら誰でもいいんだ。
男って最低だよ。


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:16:38 ID:Copc4sYo
私は常にテンションが低い。
いつからってことはないと思う。

物心ついたときから冷めた目で世界を見ていた。

可愛げがないと反省するときもある。

早く大人になりたいな。

自立して、一人で生きていけるような大人に。

それも叶わないかもね。

うちは自営業だし。

実家の花屋は盛況だ。
花屋と言っても雑誌にも載ったことがあるオシャレな店だよ。

結婚式場や葬儀場とも契約してる。
葬儀で使用するお花、あれが結構儲かるってお母さんも言っていた。

不況でも死者が減ることはない。

人の死で収入を得るなんて、因果な商売なのかもしれない。

単純に花を売るだけじゃ、不況のご時世やっていけないからね。


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:18:09 ID:Copc4sYo
「待った?」

目の前に現れたのは同年代の女の子。
派手系なネイルが目につく。

誰?
口には出さない。

「話を合わせて」

彼女は耳元で囁く。
視界には先ほどとは違う男の姿。

そういうことか。

「遅いよ」

彼女の手を引いて歩き出す。

「二人とも可愛いじゃん!今からカラオケいこ!」

腰に手を回そうとする男を睨みつけて牽制する。

「私たち彼氏と待ち合わせしてるから」

目を逸らさない。

「そうそう。行こっ、ハルカ。みんな待ってる」

誰がハルカだ。


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:25:30 ID:Copc4sYo
なし崩し的に二人で移動する。

逃げ込むように喫茶店に入った。

加蓮「ありがと。アイツしつこくてさ。ほんと助かったよ」

凛「気にしないで」

加蓮「アタシ北条加蓮。そっちは?」

凛「渋谷凛だけど」

加蓮「なんかおかしな出会い方だけどさ。せっかくだし友達になってよ」

凛「べつにいいけど……」

友達か。
交友関係は広く浅くしかない私。

たとえ偶然でも、友達が増えることに不都合はない。


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:26:37 ID:Copc4sYo
加蓮「アタシ、このカップル限定のジャンボパフェ一つ」

「はあ……ジャンボパフェお一つでよろしいですか……?」

店員の微妙そうな顔。

私たちがカップルかどうか、気まずくて訊けないってとこかな。

同性愛はマイノリティだもの。

加蓮「ああ、大丈夫。アタシたちカップルだから」

悪ノリしすぎだよ。
こっちを見ながら楽しそうに笑う加蓮。

凛「私はカプチーノ」

店員は再度注文を確認して戻っていった。

加蓮「カップル限定のパフェなんて初めて食べる」

凛「あの人、絶対私たちを同性愛者だと思ってるよね……」

加蓮「あはは。そうかも」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:27:55 ID:Copc4sYo
他愛もない会話で盛り上がり、予想以上に大きなパフェに驚き、二人で笑いながら「美味しい」なんて感想も最初だけで。

後半は無言。二人で懸命に胃に詰め込んだ。

もうしばらく甘いものは食べたくないかな。

店を出て、私は笑った。

こんなこと一人じゃ絶対しないし。

加蓮も笑っていた。

不思議だね。

こんなしょうもないこと一つで、生きてるって実感した。


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:28:51 ID:Copc4sYo
会話は自然と連絡先の交換に移る。

加蓮はスマホを忘れたと言って、「後で連絡する」と私のIDと番号を手帳にメモしていた。

そして、また遊ぶ約束をして別れた。

それから一週間は何事もなく過ぎていった。

その間、電話で会話した程度。

なぜか番号は公衆電話。

それでも、私にとって加蓮は特別な存在だった。


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:30:11 ID:Copc4sYo
「え?」

再会は以外な場所で。

病院には縁のない私が、家族や親戚以外の見舞いに訪れるなんて。

加蓮「……来たんだ」

バツの悪そうな顔で、こちらを一瞥してすぐに窓の外に視線を移す加蓮。

加蓮「こんな姿、見られたくなかった」

連絡は彼女の母親から。

彼女の家で、私は加蓮の境遇を知った。

加蓮は虚弱体質で、すぐに体調を崩してしまうのだと言われた。

「娘は長くは生きられないの」

加蓮のお母さんは、涙を流しながらそう語った。

「娘と仲良くしてくれて、ありがとうございます。加蓮があんなに嬉しそうに笑ったのは久しぶりなんです」

病気についてはわからなかった。


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:33:14 ID:Copc4sYo
加蓮は臓器の働きが普通の人より弱いんだって。

肝臓の機能が弱ると、疲れが取れないとか。

長々と聞かされても、私には専門的なことはわからない。

重い病気とは無縁だったから。

友達が普通の人生を送れないと聞かされて、私は涙した。
同情からじゃない。

毎日がつまらないと嘆いていた私と、毎日を死の恐怖がつきまとう加蓮。

私は自分の境遇がいかに恵まれているかを知った。


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:33:58 ID:Copc4sYo
病室で加蓮と二人きり。

加蓮はこちらを見ようとしない。

凛「りんご……食べる?」

加蓮「……いらない」

凛「何か欲しいものある?」

加蓮「……ハンバーガー」

不貞腐れた様子の加蓮。

加蓮と同じ学校の生徒なら、彼女の境遇を知っていて当然だったのだろう。
入院するほどだ。

彼女にとって偶然出会った私は、対等に向き合える数少ない友達だったのかもしれない。


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:35:08 ID:Copc4sYo
加蓮「私さ。アイドルになりたいって、ずっと思ってたんだ」

凛「うん」

加蓮「小さい頃から入院続きでね。こんな何もないとこじゃん」

加蓮「あの頃はテレビくらいしかなかったから……」

加蓮「毎日ムカついてた。なんで私だけって。世界が憎く見えて仕方なかった」

凛「……そう」

言葉が見つからない。

こんなとき、気の利いたことが言えない自分が嫌い。

加蓮「テレビを見ててね。アイドルが踊ってたんだけど。それが私には凄く輝いて見えたんだぁ」

加蓮「仕事だから嫌々踊ってるだけかも、ってナーバスに思うこともあるけど。小さい頃は憧れたなぁ。今でも憧れてるのかもね……」


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:36:09 ID:Copc4sYo
何気ない会話。
なぜ加蓮がそんな話をしたのかはわからない。

無意識にしただけかも。

加蓮「手術すれば普通に生きられるかもしれないって、医者が言ってたの」

凛「うん」

私は相槌を打つことしかできない。
彼女は必死に伝えようとしてる。

加蓮「でも、もし失敗したら……私は死ぬって……」

私は加蓮を抱きしめていた。

加蓮「知ってるんだ。手術しなくても……あと数年しか……私は生きられないって……」

偶然一度会っただけの女の子なのに……。

どうしてこんなに辛いのかな?

私は泣いた。


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:37:37 ID:Copc4sYo
加蓮「こんなに親身になってくれた人……家族以外いなかったよ……」

加蓮「一度……遊んだだけなのにね」

加蓮「ありがとう……私なんかのために泣いてくれて」

凛「……私には手術しろなんて言えない。加蓮には生きてほしいけど……」

加蓮「……それでいいんだよ」

凛「よくない」

加蓮「運命……だね。たった一日だけ許された外出でさ……初めて親友ができたんだ……」

加蓮「凛にだけは知られたくなかったけど……それでも、会えて嬉しいよ」

凛「私も」

加蓮「ごめんね。スマホ、持ってないんだ……。ずっと病院生活だから」

気づいてたよ。

凛「いいよ。親友でしょ?」


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:40:42 ID:Copc4sYo
アイドルに憧れる……か。

それが北条加蓮についての唯一の情報。

私に出来ることなんてあるのかな?

それから数日後、私にとっての転機が訪れた。

「アイドルに興味ありませんか?」

第一印象は真面目そうな人。

詐欺じゃないよね?


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:41:39 ID:Copc4sYo
凛「興味な……いこともないかな」

二人で以前の喫茶店に足を運ぶ。

許しをもらって席を外す。

化粧室で貰った名刺から事務所をググる。
詐欺ではないようだ。

凛「大手だね」

大企業と言っていい。

新設された芸能プロダクションはまだ有名とは言えないが。

何食わぬ顔で席に戻り、男の説明を聞く。

私と他二人、事務所の第一号ユニットとして売り出すという話。

ニュージェネ計画だってさ。


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:42:21 ID:Copc4sYo
そのとき、私は別のことを考えてた。

事務所に迷惑をかけるかもしれない計画を。

それでもやるの?
私の中の罪悪感が告げる。

やるよ。

親友を救えるかもしれないんだ。

男のスカウトを快諾する。

この人がプロデュースもしてくれるらしい。


「ふーん、アンタが私のプロデューサー?まあ、悪くないかな……」


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:47:18 ID:Copc4sYo
私は必死だった。

ダンスレッスンにボーカルレッスン。

次々とレッスンを受け続ける。

素人の私が、いきなりアイドルになんてなれるわけがない。

レッスン地獄だ。

それでも弱音は吐けない。

やるべきことは全力でこなした。

前だけを見ていた。

プロデューサーは、そんな私を評価してくれてるようで、よく差し入れをくれた。

彼は私の計画に必要なパートナー。

未央「しぶりんは真面目だなぁ」

卯月「凛ちゃんは努力家ですから」

そして彼女たちは私の相棒。


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:48:23 ID:Copc4sYo
私の姿に感化されたのか、通常よりハードなレッスンにも付き合ってくれている。

血の滲むような努力の結果、私たちのデビューは予想より早く決まったそうだ。

CDデビューは、私が一番だった。

ソロ曲、Never say never

その後も順調に卯月と未央のCDデビューが決まり、私たちは公の場でユニットを結成した。

人気カリスマモデルの城ヶ崎美嘉が、ニュージェネのファンだと雑誌のインタビューで口にしたのを皮切りに、私たちの想像以上のスピードで人気は急上昇。

ニュージェネは一躍話題のアイドルとしてテレビで売り出された。


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:49:15 ID:Copc4sYo
加蓮のお母さんに連絡を取る。

加蓮と一緒に見てほしい番組があります。

凛「加蓮、間に合ったよ」

今、ニュージェネは注目のアイドル。

卯月、未央、巻き込んでごめん。

でも、これが私のアイドルになった理由だから。


国民的音楽番組の生放送がはじまる。

司会がニュージェネの紹介をして、私たちはステージに向かう。

カメラが私たちを映している。


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:50:37 ID:Copc4sYo
凛「歌う前に、聞いてほしいことがあります」

スタジオがざわつく。
予定にはない言葉。

あとで非常識だって言われるよね。

これは渋谷凛のテロだから。

凛「加蓮、見てくれてるかな?」

凛「私には親友がいます。そして彼女は今、病に苦しんでいます」

凛「手術をしなければ助からない。でも、手術をして失敗しても彼女は助からない。その死の恐怖を理解してあげることは、私にはできません」

凛「今、身勝手にもこの場を借りて喋ってます。皆さんに御迷惑をかけていることを承知で、です」

凛「なぜ、今じゃなきゃいけないか」


22 : 上条さん 2016/07/14(木) 01:52:42 ID:Copc4sYo
息を吐く。
私はカメラに向かって叫ぶ。

凛「加蓮!!私やったよ!?努力だけで、ここまでこれた!加蓮が憧れた、アイドルに!」

憧れのアイドルなら。

届くかもしれない。

凛「諦めなければ叶うんだ!諦めたら、もうチャンスはないんだよ!?」

凛「選ぶのは確かに加蓮だよ。でも、私は加蓮に生きてほしい!」

凛「手術してほしいなんて、私のワガママだ。あの時は言えなかった。言えるわけない」

凛「私の身勝手な願いのために。病じゃない……私のために死んでくれなんて!」

凛「もし手術が失敗したら、私を恨んでくれていい。呪ったっていい!それでも……ずっと墓参りに行くから……一人にしないから……」

お願いだから

凛「最後まで、生きることを諦めないで」


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:57:12 ID:Copc4sYo
誰も言葉を発しない。
場は静寂に包まれていた。

最初に口を開いたのは卯月だ。

卯月「私には何のことだかわかりません。凛ちゃんが何を考えていたのかも」

未央「でも、しぶりんは常に全力だった」

卯月「はい。何か別の思惑があったんだとしても、凛ちゃんの努力は私が保証します。凛ちゃんの……仲間として」

未央「これはあとで説教かなー」

司会「確かに褒められた行動じゃないね。非常識だ。どんな理由があっても、我々はプロなんだからさ」

司会「……それでも、誰かのために本気で行動できる彼女を、私は怒れないな」

司会「友達を助けたい、か。友達の名前は?」

凛「北条……加蓮です」


24 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:58:18 ID:Copc4sYo
司会「北条さん。私もね、長い間司会をしてきましたが、誰かのために生放送でこんなバカやった子、他に知りませんよ」

司会「あーた、愛されてますねぇ」

凛「田森さん……ごめんなさい」

司会「若さって偉大だなぁ。なーに、貴重な経験ですよ」

司会「北条さん。夢を見ることは逃げじゃない。それは生きる力になるんですよ?いつか……」

司会「いつか、北条さんがここに立つ日がくるかもしれない。それが私は楽しみだ」

司会「もちろん、彼女と一緒に」

視線は私に。

司会「では歌っていただきましょう。ニュージェネで…………」


25 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 01:59:30 ID:Copc4sYo


生放送が終わる。
田モさんの計らいかはわからない。
私が局から責められることはなかった。

プロデューサーには怒られたけどね。
当然だよ。

卯月と未央には土下座した。
最初からそのつもりだったし。

二人は加蓮を勇気づけるために利用していただけだもの。

卯月と未央は笑って許してくれた。

利用する存在から、本当の意味で仲間として認めることになるなんてね。

私はクビを覚悟していた。

プロ意識もなにも、不器用な私が加蓮を勇気づけるには、この方法しか思いつかなかったわけで。


26 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 02:01:42 ID:Copc4sYo
私の人生は偶然の連続だ。

加蓮との出会い。
プロデューサーとの出会い。
美嘉のインタビュー。

アイドルになるつもりのなかった私が、今この瞬間本物のアイドルになっていた。

幸い、テレビ局への苦情はなかったらしい。

逆に「視聴率良かったよ!」と言われて複雑な心境だ。

そして、どうしてかはわからないが、ニュージェネの人気が爆発的に上がっているそうだ。

それも、私と、なぜか一般人の加蓮の人気が。

「怪我の功名だな」とプロデューサーは苦笑い。


27 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 02:04:20 ID:Copc4sYo
卯月「私も会ってみたいです」

未央「お見舞いに行こうよ、しぶりん」

凛「今度ね」

今はただ、祈るしかない。

あとは加蓮が決めることだから。


28 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 02:07:28 ID:Copc4sYo
後日、加蓮のお母さんから連絡があった。

「娘が手術を決断してくれました。本当に感謝の言葉もありません」

「渋谷さんと出会えて良かった。貴女は、私たちと娘の誇りです」

届いたんだ。

愛犬ハナコの頭を撫でながら、私は一筋の涙を流した。


29 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 02:09:04 ID:Copc4sYo
あれから3ヶ月。

私はシンデレラガールにも選ばれ、トップアイドルとして忙しい毎日を過ごしている。

卯月と未央とはすっかり打ち解け、互いになくてはならない存在になっていた。

凛「行くよ、卯月」

卯月「はい!凛ちゃん!」

未央「おーっと、未央ちゃんもいるからねー!」

ステージを駆け回る。

客席に見覚えのある少女。

……仕返しかな。
サプライズにもほどがあるよ。

と、次の瞬間

最前列で元気にサイリウムを振る加蓮の姿が!


30 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 02:12:02 ID:Copc4sYo
加蓮に向かってウインク。
気づいた加蓮も投げキッスを飛ばしてくる。

未央「おやっ?あれは……」

卯月「加蓮ちゃん!」

卯月の一言で客席は騒然。
ニュージェネのファンで加蓮の名を知らぬ者はいない。

あのときの放送は、ファンの誰かが無断で動画サイトにあげてしまい、ネットの海で永遠となった。
当然、凛による手術報告も。

一斉に会場の視線が加蓮に集中する。

加蓮「あちゃー……」

加蓮は頭を抱えていた。
注目され、恥ずかしそうに周囲に頭を下げる。

加蓮「ど、どうも……」

「北条加蓮だ!」
「本物だ!」

卯月「ある意味既にアイドルですよね」

呑気に微笑む卯月。

いや、卯月のせいだからね。


31 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 02:13:57 ID:Copc4sYo
未央「バレちゃあ、しょうがない!特別ゲストの北条加蓮さんだぁ!」

拍手が鳴り止まない。

加蓮「えと、私生きてます。手術は成功しました!凛と、皆さんのおかげです!」

歓声が響く。

私と加蓮は親友だ。
でもファンの間では、二人が百合カップルとして伝説となっていることを知っている。

訂正しても無駄だったし。

「凛ちゃんに彼氏はいない!だって加蓮ちゃんがいるから!」と、ドヤ顔で語るファンの姿を私は忘れないだろう。

どうしてこうなった。

反対に百合営業と貶す人たちもいる。その人たちのコメントを読むと、なぜか安心する。

加蓮「凛!愛してるよ!」

凛「バカやろー!」

卯月が失笑しているのを、私は見逃したりしない。

未央は全力で煽ってる。

「しぶりんの正妻がきたところで」とかドヤ顔で語ってた。
あとで復讐しよう。ふふっ。


32 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 02:19:32 ID:Copc4sYo
出会いが偶然で、私の歩む道も偶然で成り立っているのだとしたら

凛「運命、かな」

何か一つ欠けていたら、未来は変わっていたかもしれない。

若気の至りの、あの生放送ジャックも。


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 02:20:51 ID:Copc4sYo
夢へ続く扉を
勇気と希望で
ぐっとぐっと
開いてみせるよ
あの星に誓おう

LOVE LAIKAの歌声

美波とアーニャがこちらに手を振る。

私はありったけの笑顔を返す。

かけがえのない仲間たち。

ありがとう。
悩んでいるたくさんの人たちに勇気を与えたい。

アイドルってきっとそういう存在なんだ。



加蓮乱入というアクシデントはあったものの、ライブは大盛況のうちに幕を閉じた。


34 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 02:22:23 ID:Copc4sYo
モバP「新しく仲間になった北条加蓮だ」

聞いてないし。

なぜか事務所に親友がやってきた。

モバP「新人だが知名度は凛並みに高いからな」

大人の世界は汚いんだよ?

加蓮「よろしくね、凛センパイ」

封印したい黒歴史は数知れず、それでもまずは、加蓮の生還を喜ぶとしよう。

凛「手加減しないよ、覚悟して」


35 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 02:23:28 ID:Copc4sYo
少しだけ時は流れ

奈緒「あたしの存在ってなんだろう」

加蓮「突然どうしたの?」

奈緒「凛と加蓮は伝説コンビだよな?」

凛「恥ずかしいからやめて」

加蓮「照れてる凛かわいー」

凛「照れてないんだけど……」

奈緒「聞いて?まずは聞いて?」

加蓮「うん?」

奈緒「あたしってトライアドプリムスのメンバーだけどさ、二人みたいなエピソードないからさ」

加蓮「羨ましいんだー。奈緒は可愛いなー」

凛「奈緒は可愛いよ」

奈緒「からかうの禁止!」


36 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 02:24:30 ID:Copc4sYo
加蓮「いやほら、私と凛はクール属性でしょ?奈緒みたいなキュート属性がいてくれなきゃバランス悪いし」

奈緒「あたしはクール属性だ!」

凛「ということにしたい奈緒であった」

奈緒「え?なにその目……あたしがおかしいのか?」

凛「うん」

加蓮「うん」

奈緒「あたしクール属性だろ?」

加蓮「え?」

凛「は?」

奈緒「いやいやいや!」

凛「ふふっ」

加蓮「奈緒はさ」

「「癒し属性!」」


37 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 02:28:06 ID:Copc4sYo
私たちの夢は終わらない。

応援してくれる人がいる限り、私たちアイドルは永遠だ。

夢はカタチを変え、生き続ける。

いつか老いに敗れ、私たちが命落としたとしても、神にだって夢は殺せない。

人がある限り
人から人へ
夢は語り継がれる。


だから私は今日も回し続ける。
ガチャという希望の未来を。


38 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 02:28:42 ID:Copc4sYo
お し ま い


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1468426392/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ