Powered By 画RSS


泰葉「昔の私に誇れる私に」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/16(土) 05:10:50.11 ID:7895uVLQ0
・初投稿です

・めっちゃ短いです

・泰葉お誕生日おめでとう


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/16(土) 05:11:50.46 ID:7895uVLQ0
「お疲れ様でした」

いつものお仕事を終わらせて、スタジオから事務所に戻る。

アイドルの仕事を始めてしばらく経ったけれど、おかげさまで、楽しく仕事ができている。

少し前までは、お仕事が楽しいなんて、甘えだと思っていたのに。

大人の言いなりの人形だった私を救ってくれた、アイドルという新しい道。

最初は戸惑いもあったけど。仲間もいて、Pさんもいて。

こんなにあったかい環境で、お仕事ができるなんて思ってもみなかった。


…事務所に戻ろう。




3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/16(土) 05:12:25.57 ID:7895uVLQ0



「おはようございます」

小さい頃は何時でもおはようなんて、おかしいなって思っていたけれど、今では当たり前の挨拶。

「おう、泰葉、おはよう」

Pさんが返してくれる。いつもの光景。

このいつもの光景が、今の私にはすごく嬉しい。

「今週もファンレターたくさん来てるぞ。さすが岡崎先輩」

「だから、先輩はやめてくださいって!」

もう、この人は…。

ファンレターを受け取り、一息つく。


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/16(土) 05:13:14.21 ID:7895uVLQ0
アイドルになってから、ファンレターを読むのが好きになった。

色とりどりの便箋に仕舞われた、私への思い。感謝だったり、激励だったり、いろいろな思い。

それを一つ一つ開けていくのが、アイドル岡崎先輩の一つの楽しみ。

『泰葉ちゃんの歌声大好きです!これからも頑張ってください!』

『岡崎泰葉ちゃんのおかげで元気が出ました。ありがとう。』

いっぱいの気持ち、ありがとう。ちゃんと届いてるよ。

「ん、これ…」

『子役時代からのファンです。子役時代の演技に感動してファンになりました。アイドルになってから、子役時代には見せなかったような、楽しそうな顔をするようになって、新しい泰葉ちゃんの魅力に気付けたと思います。』

昔からのファンの人も、ちゃんと見てくれてるんだ。嬉しい。

少し前までは、芸歴のフィルタを通して、『元子役の岡崎泰葉』として見られることが嫌だった。『アイドルの岡崎泰葉』として見て欲しかった。

でも今は、そんな『元子役の岡崎泰葉』も、『アイドルの岡崎泰葉』も私なんだ、と胸を張って言える。

子役時代からのファンには成長した私を、アイドルになってからのファンには新しい私を、これからも見せていけたらいいな。


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/16(土) 05:13:44.15 ID:7895uVLQ0



「あ、そうだ泰葉」

「なんですか?新米プロデューサーさん」

「さっきのまだ根に持ってるのか…」

「ふふ、冗談ですよ。で、なんですか?」

「ん…、泰葉の誕生日なんだけどな」

あ、そっか。もうそんな時期。お仕事が楽しくて忘れることなんて今までなかったのに。

「行きたい場所とか、欲しいものとかあるか?」

「欲しいもの… シンデレラのガラスの靴、かな?」

「それは…いつか必ず。」

冗談だったのに。ふふっ、Pさんは、真面目ですね。

でも、いつかは履きたいな。ガラスの靴。


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/16(土) 05:14:34.89 ID:7895uVLQ0
「他に無いのか?」

欲しいものなんて、もう沢山貰いましたよ。プロデューサー。

でも、誕生日くらい、欲張りになってもいいよね。

「じゃあ、またプラネタリウムへ連れて行ってください」

「そんなのでいいのか?」

「そんなのって…… Pさんは私との初デートの思い出の場所をそんなところ呼ばわりするんですね…」

「仕事のためだっただろ」

「Pさん、ノリが悪いですね」

「昔の泰葉じゃ絶対出てこないセリフだな」

「私も成長しているんですよ、ふふん」

こんな風に自然に笑えるのも、プロデューサーのおかげです。ありがとう。

「誕生日パーティも盛大にやるから、楽しみにしててな」

「メロンパンありますか?」

「そこかよ。……用意しとくよ」

「ふふ、ありがとうございます。楽しみにしてますね」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/16(土) 05:15:05.44 ID:7895uVLQ0
そしてー

7月16日、私の誕生日。Pさんと待ち合わせ。

事務所から揃って行ってもいいけれど、こういうのは雰囲気が大切なんですよ。と、Pさんを言いくるめた。

「お待たせ、泰葉。行こうか」

「はい、Pさん」

芸能界に入って10年、言われた通りに歩いてきた道。

アイドルを始めて、Pさんに導いて貰って、一緒に歩いた道。

そして、これからーー

未来のことは分からないけれど、今みたいに、昔の私に誇れる自分になってるといいな。

…Pさんと一緒なら、大丈夫だよね。


「あ、そうだ…。誕生日おめでとう。泰葉」

「…ふふ、ありがとうございます。Pさん」



おわり


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/16(土) 05:15:45.54 ID:7895uVLQ0
ありがとうございました。

次の誕生日まで、泰葉にとっていい1年でありますように。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468613449/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ