Powered By 画RSS


スネーク「こちらスネーク、未来ガジェット研究所に潜入した」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 11:20:08.35 ID:AIWXu5xc0
大佐『ご苦労スネーク』

スネーク「俺はどうすればいい?」

大佐『その研究所でタイムマシンが開発されたという情報が入った・・』

スネーク「タイムマシン?そんなもの本当に開発されていたとしたら・・」

大佐『あぁ・・世界はタイムマシンを巡って戦争になるだろう。それもとても大きな戦争にな』

スネーク「つまり俺の任務はそのタイムマシンを破壊しろという事だな?」

大佐『そういう事だ。それでスネーク、研究所の中はどのような感じになっている』

スネーク「普通の部屋だな・・特に何もない。」

大佐『タイムマシンらしきものも見当たらないのか?』

スネーク「あぁ・・日用品らしき物しか置いてない。本当にタイムマシンなんて開発されたのか?」

大佐『ある組織からの確かな情報だ。何としてでも見つけ出して破壊してくれ。』

スネーク「分かった。」

大佐『健闘をいのる・・。』プツン


みたいなのを誰かが書いてくれるはず・・ナイカ




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 11:22:28.41 ID:JyyfUB7E0
支援


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 11:26:14.41 ID:AWfXxh6j0
はよしろ


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 11:39:33.88 ID:yPtN8tBP0
スネーク「日本か……出来れば観光で来たかったものだな」

スネーク「遮光カーテンで、部屋を二つに分けているようだ……」

スネーク「タイムマシンがあるとすれば、この奥か」サァー

紅莉栖「んっ……岡部? 帰ってきたの……?」ゴシゴシ

スネーク「……」スッ

紅莉栖「!」トゥルンッ!

スネーク「……」バッ グイッ

紅莉栖「むー! むー!」バタバタ

スネーク「……悪く思うな」キュ

紅莉栖「」クタッ

スネーク「くそっ……大佐! どういうことだ、情報と違う! 女が居た!」

大佐『牧瀬紅莉栖、そのラボに在籍する研究員の一人のようだ』

スネーク「もう少しゲノム兵を呼ばれるところだったぞ、頭の上に!が出ていた」

大佐『現場は生き物だ、多少のトラブルには目を瞑ってもらわんと困る。そもそも日本にゲノム兵は居ないぞスネーク』

スネーク「それはそうだが……」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 11:46:00.59 ID:yPtN8tBP0
大佐『臨機応変にやってくれ』プツン

スネーク「……くそっ、切れた」

トゥルル トゥルル

スネーク「何だ?」ピッ

オタコン『僕だよスネーク』

スネーク「ああ、どうした」

オタコン『まずいことになった。今メイクイーンにゃん×2から岡部と橋田が出たところだ。予想より早い』

スネーク「……時間は?」

オタコン『そうだな、早ければ後四十分ってところだ』

スネーク「肝心のタイムマシンがまだだが、見た目の情報は無いのか?」

オタコン『そこまでは……、ただ、それほどコンパクトなものではないはずだよ』

スネーク「だが、部屋を見渡す限りそれらしいものはない」

オタコン『家電を調べてみたらどうだい? 偽装されている可能性もあるよ』

スネーク「ああ」

オタコン『ところで……そこの女の子なんだけど……』


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 11:46:26.64 ID:AIWXu5xc0
書いてくれたーありがとー
期待


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 11:51:51.55 ID:yPtN8tBP0
スネーク「こいつか? 大丈夫、少し眠ってもらっただけだ」

オタコン『君がフェミニストで良かった』

スネーク「まさか。だが、俺は殺し屋でもない」

オタコン『どうにか起こして情報を引き出せないかな?』

スネーク「まだ大丈夫だとは思うが、次は顔を覚えられるぞ」

オタコン『オプションのカモフラージュから、フェイスを変更するんだ』

スネーク「……こうか?」キュ

オタコン『スネーク……それ、僕じゃないか……』

スネーク「一番日本に似合っている」

オタコン『そ、そうかい? まあ構わないけど。アキバなんて、もう暫く行っていないな……』フゥ

スネーク「お前もくれば良かっただろう」

オタコン『どうかな。こうして上空に居られるだけでも行幸だよ、離陸許可が下りるとは思えない』

スネーク「パラがある」

オタコン『よしてくれ……それじゃ、頑張って』

スネーク「ああ」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 11:57:38.94 ID:yPtN8tBP0
スネーク「……」ポンポン

紅莉栖「」☆☆☆

スネーク「……」ポンポン

紅莉栖「」☆☆ ピンッ ^☆

スネーク「……」ポンポン

紅莉栖「」☆ ピンッ ^☆

スネーク「」ポン

紅莉栖「うっ……あれ? 私、何で床に……」フラ ^☆

スネーク「動くな」チャ

紅莉栖「な!? えっ……?」

スネーク「口を閉じろ。YESなら一回、NOなら二回首を振れ」

紅莉栖「」コク

スネーク「よし、良い子だ。……ここにタイムマシンがあるな?」

紅莉栖「……」

スネーク「手荒な真似はしたくない、正直に答えてくれ」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 12:05:02.64 ID:yPtN8tBP0
紅莉栖「……」フルフル

スネーク「ここにあるんだろう?」

紅莉栖「だ……誰から聞いたの……?」

スネーク「……質問しているのはこっちだ。どこにある?」

紅莉栖「喋ったら……いけないんでしょう?」キッ

スネーク「ん? ああ……だが、君はもう話しているし、叫ぶタイミングも失ったようだ。話してくれ」

紅莉栖「タイムマシンを、どうする気なの……?」

スネーク「そんなものは、この世界にあってはいけない」

紅莉栖「……」

スネーク「今度は俺よりも怖い連中が押し寄せてくるぞ。情報は売られている、その証拠が俺だ」

カンコン カンコン

スネーク(予定より早い……)

紅莉栖「おかっ……」フムー!

スネーク「こっちへ来い」グッ


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 12:11:59.00 ID:yPtN8tBP0
紅莉栖「……」

スネーク「……」

岡部「帰ったぞ……ん? 助手?」

ダル「ふぃー……暑くて死にそうだお」

岡部「助手が見当たらないが」

ダル「トイレじゃないん?」

岡部「何だ、この人が二人は入れそうなピンク色のダンボールは……」

ダル「さぁ……なんぞこれ、『ラブダンボール』?」

紅莉栖・ダンボール内(……あなた、結構バカでしょ)

スネーク・ダンボール内(黙っていてくれ……)グイ

紅莉栖(……)ムー!

岡部「ん? どこからか、助手の声がしなかったか?」?

ダル「え? 聞こえなかったけど。それよりこれ、牧瀬氏の荷物?」

岡部「気のせいか……」

ダル「オカリンオカリン、コーラの在庫が切れている件について」ガチャ


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 12:17:18.63 ID:yPtN8tBP0
スネーク・ダンボール(どうやらやり過ごせたようだ……ドラム缶と悩んだが、やはりダンボールだったな)

紅莉栖(何で気づかないの!?)ムームー!

岡部「ドクペはやらんぞ」

ダル「飲まないって……」

岡部「ふむ……助手は買い物か?」キョロキョロ

ダル「仕方ない、暑いけどコンビニいくお……」

岡部「む、ならば俺も同行しよう」

ダル「過保護だなぁオカリンは、そんなに牧瀬氏が心配?」

岡部「ばっ! 誰もそんなことは言っていないだろう!?」

ダル「はいはい」ガチャ

岡部「おい! 待てダル!」タッ

カンカンカン

牧瀬(oh...)

スネーク「ふぅ……どうやら行ったようだな。オタコン」

オタコン『ああ、二人にはMk-2をつけておくよ』


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 12:28:52.65 ID:yPtN8tBP0
スネーク「で……タイムマシンはどこだ?」

紅莉栖「……貴方、何者なの?」

スネーク「見ての通り、科学者だ」

紅莉栖「顔と、体格があってない……それ、特殊メイク?」

スネーク「フェイスカムだ」

紅莉栖「貴方が何にしろ、タイムマシンは……壊させない……」

スネーク「なら家ごと吹き飛ばすことになる」

紅莉栖「そんなこと、あたなに出来るのかしら……ダンボールに隠れるような人が……」

スネーク「むぅ……」

紅莉栖「スーパーまで行ったとしても、往復20分は掛からないわよ? 後何分あるかしら?」

スネーク「……そんなものが本当にあれば、戦争になるぞ」

紅莉栖「…………」

大佐『スネーク、もう良い。今回は撤収だ』

スネーク「……なぜだ? タイムマシンがあることは確かだ、この部屋にあるもの全てを吹き飛ばせば…」

大佐『……予定が変わったのだ。タイムマシンは回収しなければならない』


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 12:37:20.86 ID:yPtN8tBP0
スネーク「回収!? 回収だと!?」

大佐『大声を出すなスネーク』

スネーク「回収して、そしてどうする?」

大佐『スネーク、らしくないぞ。冷静になれ。それを考えるのは君でも私でもない』

スネーク「……」

紅莉栖(独り言……? 無線……?)

大佐『彼女は機内に収容する、合流地点で待っているぞ』プツンッ

スネーク「……悪いが、また眠っていてくれ」キュ

紅莉栖「」クテッ

スネーク「オタコン!」

オタコン『ああ、ラボの前にタクシーを呼んでおいたよ』

スネーク「よし、意識不明の急病人を運ぶとしよう」グイッ

カンカンカン

岡部&ダル「!」トゥルン!

スネーク「」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 12:45:06.56 ID:yPtN8tBP0
岡部「助手っ!? き、貴様っ……助手に何を……!」

スネーク「……」ポイッ

ダル「ちょっ! 牧瀬氏が飛んできた件! って……お、重いおっ!」ググッ

スネーク「……」パシッ

岡部「あいたっ」

スネーク「ラボの責任者、岡部倫太郎だな?」グッ

岡部「いたたたたた! そ、そうだ……我こそが、狂気のマッドサイエンティ……腕が痛い! ヘルプ!」

スネーク「よし、お前が来い……運転手、車を出せ」チャ

ドライバー「ど、どちらまで…………?」

スネーク「とりあえず出せ! 早く!」バンッ

ブルルルル

ダル「ちょ……オカリンが誘拐された件について……」

紅莉栖「」グッタリ

ダル「牧瀬氏……死んでるわけじゃないよね? あ、息してるか……」

ダル「……なんぞこれwwwww」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 13:39:26.77 ID:yPtN8tBP0
― ラボ内 ―

ダル「牧瀬氏、牧瀬氏!」ポンポン

紅莉栖「んっ……あれ? 私……」

ダル「ふぅ……もう少しで理性が崩壊するところだったんだぜ……」

紅莉栖「このHENTAI! って……ん? メガネでオタクっぽいムキムキの外人は……?」

ダル「何か、オカリンを浚っていったけど……」

紅莉栖「ちょっ!? な、何で可愛い私じゃなくて、あんなボロボロのおっさん連れていったのよ!」

ダル「ちょwwwおちけつwwww 突っ込むとこはそこじゃないだろJK」

紅莉栖「け、警察には連絡したの!?」

ダル「ごめん、まだ。ダルにゃん的に、牧瀬氏がグッタリしててそれどころじゃなかったし」

紅莉栖「そ、そう……ごめんね、心配かけて」

ダル「惚れんなよ?」キリッ

紅莉栖「誰が惚れるかっ!」

プルルルル

紅莉栖「ん? 岡部から電話……?」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 13:46:14.49 ID:yPtN8tBP0
― 東京上空 某輸送機内 ―

岡部「すみません……全てお話しますので、命だけは勘弁してください……」ブルブル

スネーク「……まだ何も言っていないが」

オタコン「君がタイムマシンの開発者? 写真では老けて見えたけど、話してみると随分若いね」

岡部「ええ、まあ……」

オタコン「コーヒー飲むかい?」コトッ

スネーク「おい、オタコン……」

オタコン「スネーク……彼は一般人なんだよ。これくらい良いじゃないか」

スネーク「hmm...」

岡部「あ、ありがとうございます」ジー

オタコン「大丈夫、何も入っていないよ。僕のと交換するかい?」スッ

岡部「い、いえ……」チビッ

スネーク「で、あのラボにタイムマシンがあるんだな?」

岡部「……一つ、一つだけお願いが。命だけは…」

スネーク「ああ、別にあんたを殺しはしない」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 13:53:52.95 ID:yPtN8tBP0
岡部「ち、違うんだ。俺は……俺は、どうなったって……」ブルブル

スネーク「?」

岡部「他の、他のラボメンには、手を……手を、出すな」ガクガク

スネーク「震えながら凄まれてもな……」

岡部「……出さないでください」

スネーク「ああ……まあ、彼女は気を失っていただけだ、今頃起きているだろう」

岡部「」ホッ

スネーク「見た目よりタフらしい」

岡部「紅莉栖が……ですか」

スネーク「いや、あんたがだ」ポンポン

岡部「…………タイムマシンはまだ、完成していないですよ」

スネーク「何だと?」

岡部「ククク……我が助手が作業を続けていれば、今頃は完成していただろうがな……」

オタコン「メールを過去に飛ばせるんだろう? まだ改良中だったのかい?」

岡部「……あ、はい」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 14:01:45.99 ID:JyyfUB7E0
たまに鳳凰院さんになるオカリンマジパねーっす


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 14:02:14.72 ID:yPtN8tBP0
スネーク「で、そいつが完成するとどうなる?」

岡部「ちなみに、タイムマシンではなく、電話レンジ(仮)という正式名称が」

オタコン「かっこかりなのに、正式名称なのかい?」

岡部「ほう……貴様は中々見所があるようだな!」

スネーク「オタコン話が逸れる……。それに、こいつは二重人格か何かか?」

オタコン「厨二秒って奴じゃないかな。日本のコメディアンが作った言葉だけど」

スネーク「……その話はまた後で聞こう。で、岡部」

岡部「はぁ……ええとですね……」

カクカク シカジカ

オタコン「……凄いね。SERNって、あのSERNかい?」

岡部「いかにも」

スネーク(また態度がでかくなったな……)ハァ

オタコン「ダルという人に是非会ってみたいところだ」

岡部「ところで……本当にあんたたちは、戦争の回避を目的にしてるだけなんだな?」

スネーク「少なくとも俺はそうだ。上はどうだかな……」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 14:09:24.33 ID:yPtN8tBP0
大佐『スネーク』

スネーク「話は聞いていただろう? タイムマシンは完成していない」

大佐『……すぐに、岡部倫太郎から指示を出させるんだ。タイムマシンを完成させるように』

スネーク「…………」

大佐『私も……好きで君にこんなことを言っているわけではないのだ……』

スネーク「……また『姪っ子が人質に』なんて言うんじゃないだろうな?」

大佐『……妻だ』

スネーク「……」ハァ

スネーク「完成させ、それを回収すればいいんだな?」

大佐『ありがとう、スネーク。やってくれるか』

スネーク「……再婚してたのか?」

大佐『む……まあ、色々あってな』

スネーク「全く……」

岡部「……牧瀬に電話をすればいいのか?」

スネーク「ああ」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 14:14:52.46 ID:yPtN8tBP0
― ラボ ―

紅莉栖「もしもし……? 岡部っ!? ぶ、無事なの!?」

岡部『岡部ではない! 俺は狂気のマッドサイエンティスト、鳳凰院――――』

紅莉栖「あっそ、じゃあ切るわね」プツッ

プルルルル

紅莉栖「はろー」

岡部『もしもし? 岡部です。ちょっとお話を聞いて頂けませんでしょうか……』

紅莉栖「……ホントに無事なの?」

岡部『ああ、どうやらタイムマシンを奪う気らしいが……悪い人間ではなさそうだ』

紅莉栖「まあ……ダンボールに隠れるような人だしね……ちょっと分かるけど……」

紅莉栖「私は二度も気絶させられたわけだが」

岡部『そ、そうか……災難だったな』

紅莉栖「で、何なの? タイムマシンを持って来いって? ていうか全部喋ったの?」

岡部『いや……まあ……』

紅莉栖「はぁ……」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 14:18:42.90 ID:yPtN8tBP0
岡部『助手よ』

紅莉栖「だから、助手じゃないっていっとろーが」

岡部『紅莉栖よ』

紅莉栖「だから……な、なんて?」ドキドキ

岡部『二度は言わん。紅莉栖よ、電話レンジ(仮)を完成させるのだ。今すぐナウ』

紅莉栖「あんた……脅されてるんじゃないの? それ……」

岡部『……なきにしもあらずというか、仕方あるまい』

紅莉栖「それで良いの? あんたは、それで良い訳?」

岡部『ラボメンを守るのが、俺の役目だ……最も、相手が約束を守るとは限らんが……』

紅莉栖「岡部…………良いわ、完成させたげる」キュン

岡部『頼む』

ツーツー


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 14:23:32.95 ID:yPtN8tBP0
― 某機内 ―

岡部「これで良いか……?」

スネーク「ああ、ラボまで送ろう。オタコン……」

オタコン「ちょっと待ってくれスネーク。これ、こいつを見てくれ」

スネーク「どうした?」

オタコン「首都圏の交通機能が麻痺してる」

スネーク「線路だらけだな、東京は」

オタコン「おかしいよ……、こんなこと、普通はありえない。特に、アキバは陸の孤島みたいになってる」

スネーク「……俺たち以外にも、動いたか?」

オタコン「そうかもね……もし、彼の話が本当だとするなら……」

スネーク「俺も行こう、もう少し高度を下げられるか?」

オタコン「ああ」

スネーク「岡部、飛ぶぞ」

岡部「は?」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 14:35:31.35 ID:yPtN8tBP0
― 東京上空 ―

岡部「ぬぉおおおおおおおお!!」

スネーク「口を閉じろ! 舌を噛むぞっ!」

― ラボ周辺 ―

スネーク「見ろ、人気が全く無い」

岡部「た、確かに不気味だ……」

スネーク「先に行っていろ、俺は他に用事をすませる」

岡部「ど……どういうことだ……?」

スネーク「良いからラボまで走れ」

岡部「くそっ! 走るのは、苦手なんだっ!」ダッ

カンカンカン ガチャ

岡部「紅莉栖! ダル! 無事か!?」

紅莉栖「ちょ、何よ帰ってきて早々……あんたこそ、大丈夫だったの?」

ダル「オカリン大丈夫? 顔色ヤバイお」

岡部「あいつら以外にも、タイムマシンを狙っている奴らが居て…………あ、れ……? まゆりは……?」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 14:45:08.32 ID:yPtN8tBP0
紅莉栖「まゆりちゃん? 何だか、コミケの衣装のことで友達と会うとか……」

ダル「なんなん? ちゃんと説明しろし、オカリン」

岡部「我々は現在、機関に狙われているのだ……割とマジで」

ダル「妄想乙……とは言えないか、さっきの人がらみなん?」

岡部「ああ……とにかく、ここから出てどこか遠くへ……」

岡部(アキバは陸の孤島……)

紅莉栖「岡部?」

岡部「と、とにかく、俺はまゆりを探しに……!」

ガチャ

スネーク「待たせたな」

まゆり「トゥットゥルー♪ 何だか変な人に誘拐されてきたのです」

スネーク「……」

岡部「スネーク! 信じていたぞ!」ガシッ

スネーク「あ、ああ……」

紅莉栖&ダル(誰……?)


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 14:53:10.17 ID:yPtN8tBP0
スネーク「タイムマシンは?」

紅莉栖「え? 出来てるけど……」

スネーク「よし、それを持ってここを出るぞ。全員ついて……」

ブロロロロ

岡部「何だ? こんな時間に……」

スネーク「全員、窓から離れろ」グイッ

岡部「おおっ、急に引っ張らないでくれ……」

スネーク「オタコン……」

オタコン『バンから出てきた、1…2…6人。全員SMGを持ってる』

スネーク「お前たちは伏せていろ」

岡部「じゅ、銃撃戦になるのか?」

スネーク「ああ」チャ

岡部「おい、スネーク……どう見ても、ただのハンドガンなんだが……それだけか?」

スネーク「大丈夫、無限バンダナだ」

紅莉栖&ダル(だから誰だよこのおっさん……)


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 14:59:24.23 ID:yPtN8tBP0
バンッ

ラウンダーサブリーダー「全員その場をうご……あ?」

スネーク「」コキッ

ラウンダー「なっ……こいつ!? どこから……」

スネーク「」キュ

ラウンダー「くそっ!」パパパ

スネーク「」パンパン

ラウンダーさん達「」シーン

岡部「……助かった、のか?」

オタコン『まだまだ来るよスネーク! バンが三台止まった!』

スネーク「まだ来るぞ! 全員伏せていろ!」

紅莉栖「まゆりっ!」

スネーク「!?」

岡部「ま……ゆ……り……?」

ダル「あばばば」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 15:05:16.62 ID:yPtN8tBP0
岡部「まゆり……ど、どうしてこんな……」

スネーク「…………」

紅莉栖「まゆりっ! まゆりっ!」

ダル「……」

岡部「あぁああああああっ!!」

スネーク「……岡部!」ガンッ

岡部「がっ……! な、何を……!?」

スネーク「動くんだろう……?」クイッ

岡部「電話……レンジ……」

スネーク「……行け!」

紅莉栖「お、岡部っ!? だ、ダメよっ! まだテストもしてないのに……!」

岡部「飛べよぉおおおおおおおおお!」

鈴羽(あれ? 出番は……?)

――――――
――――

――


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 15:06:21.57 ID:H4pTtb350
バイト戦士の扱いwww


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 15:08:46.87 ID:guWOorx/O
鈴羽ェ…


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 15:13:44.13 ID:yPtN8tBP0
― 某日 秋葉原 ―

スネーク「日本は平和だな……」

オタコン「そうだね、これだけ治安の良い国も少ない」

スネーク「たまには、観光というのも良いもんだ」

オタコン「まさかスネークとこうして、アキバを歩くことになるとは思いもしなかったよ」

スネーク「俺もだ。しかし、タバコをどこで吸えばいいんだ?」

オタコン「いい加減、もうやめたらどうだい?」

スネーク「そう言うな……おい、あんた。この辺りに喫煙所は無いか?」

岡部「」

スネーク「ん? どうした、日本語が変か? 喫煙所の場所を教えてくれ」

岡部「スネーク……」

スネーク「!」

岡部「……ありがとう」

スネーク「………………?」

オタコン「メイクイーンにゃん×2の場所も聞いてくれないかな? スネーク」    完


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 15:14:47.07 ID:YMzeLz/s0
えっ?


75 : 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 2012/02/29(水) 15:30:26.71 ID:uGcXCnmzQ
何がなんだか・・・・


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 15:34:23.25 ID:yPtN8tBP0
スネークはリーディングシュタイナー持ってないじゃない
世界戦がシュタインズゲードに以降して、未来が変わったんだよ。というオチ

投げてないよ、予定通りだよ


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 15:35:49.66 ID:1zIkHA9r0
α世界線から抜け出せてなくね?


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 15:51:50.80 ID:0ksBlSl60
α世界線から抜け出さないと結局まゆりしぬよね


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 15:57:01.82 ID:yPtN8tBP0
お前ら何がそんなに不満なんだよ!


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 16:09:59.96 ID:yPtN8tBP0
― メイクーン ―

岡部「ここだ」

スネーク「これがメイドカフェか」

オタコン「思い出した、ここだよここ。ありがとうそこの彼」

スネーク「こいつが君に感謝しているぞ」

岡部「あ、ああ……その、俺も同席して構わないか?」

スネーク「ああ、現地のガイドが丁度ほしいと思っていたところだ。剥きだしですまないが」スッ

岡部「いや、金は良い。少し、頼みを聞いて欲しい……」

スネーク「……いいだろう、中で話せるか?」

岡部「ああ」

オタコン「スネーク! 早く行こうよ!」

スネーク「オフなんだ、デイヴにしてくれオタコン」

オタコン「分かったよデイヴ」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 16:13:07.77 ID:4PivoVGx0


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 16:13:57.39 ID:yPtN8tBP0
― 店内 ―

スネーク「それで、話って?」

岡部「彼は良いのか?」

スネーク「ああ、何でもここは五回目らしい。久しぶりで場所を覚えてなかったようだが」

オタコン「フェイリスたん!」

フェイリス「きゃー! お久しぶりだにゃん、オタコンお兄ちゃん!」

スネーク「彼女、英語が話せるんだな」

岡部「俺も初耳だが……」

スネーク「で、話っていうのは?」

岡部「俺のことを、覚えていないか……?」

スネーク「? そういえば、あんたは俺のことを知っているようだったな」 

岡部「ああ、俺は……岡部倫太郎だ」

スネーク「……すまないが、覚えていないな。どこで会った?」

岡部「ここだ、日本でだ」

スネーク「おいおい……俺は日本には初めてきたんだぞ?」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 16:20:17.10 ID:yPtN8tBP0
岡部「そ、そうか…………」シュン

まゆり「トゥットゥルー♪ オカリン、オカリン、その人は?」

岡部「ああ、ちょっとした知り合いでな」

スネーク「……」

岡部「スネーク、コーヒーで良いか?」

スネーク「ああ」

フェイリス「凶真ー! 来てるなら声を掛けてくれなきゃダメにゃん!」

岡部「フゥーハハハハ! 俺が来たことに気づけないとは、お前もたるんでいるようだな! フェイリス!」

スネーク「!」ガタッ

岡部「……ど、どうしたスネーク?」

スネーク「いや、デジャヴを感じてな……」

岡部「……! この、狂気のマッドサイエンティストに、見覚えがあるようだな?」

スネーク「…………鳳凰院……凶真?」

岡部「そうだ! 我こそが世界の支配構造を破壊するもの! 鳳凰院凶真だ!」

スネーク「……これは、どういうことだ?」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 16:25:41.42 ID:yPtN8tBP0
岡部「思い出してくれたか……?」

フェイリス「この私が、ついていけないにゃんて……!」ギリッ

スネーク「コーヒーを頼む」

フェイリス「はいにゃん♪」クルッ

岡部「スネーク……どこまで思い出した?」

スネーク「曖昧な記憶だが、確かに俺はお前と会っているようだな」

岡部「そうだ。思い出してくれ、頼む!」

スネーク「……襲撃があり、まゆりが倒れ、お前は過去に飛んだ」

岡部「そうだ!」

スネーク「そして、パラドックスが起きて未来が変わった?」

岡部「まあ、そのようなものだ。正確には、世界線が移動したのだ」

スネーク「頭が痛いな……。それで、俺に頼みたいこととは? タイムマシンはまだあるのか?」

岡部「ああ、順を追って説明しよう……」

カクカク シカジカ

スネーク「なるほどな……」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 16:29:57.49 ID:yPtN8tBP0
スネーク「まゆりを助け、タイムマシンの存在しない世界へと移動したいと」

岡部「そうだ」

スネーク「そのためには、俺の協力が必要だと……未来のお前からメールが届いた?」

岡部「その通りだ。頼むスネーク、あんたに頼むしかないんだ」

スネーク「……一度は乗りかかった船だ。良いだろう」

オタコン「マユリ! 僕だよ! 覚えてないないかい!?」

まゆり「え、えっと……?」ニコッ

オタコン「KAWAII!」

岡部「……出ないか?」

スネーク「その方が良さそうだ。行くぞオタコン」

オタコン「えっ!? ど、どうしたんだよスネーク! まだオムライスに名前を書いて魔法を掛けてもらってない!」

スネーク「また後で来よう、用事が出来た」グイッ

オタコン「フェイリスたん! まゆしぃ!」ズルズル

ダル「……なんぞこれ?」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 16:37:42.51 ID:yPtN8tBP0
― ラジ館屋上 ―

スネーク「こちらスネーク、ラジオ会館の屋上へ侵入した。大佐、指示をくれ」

岡部「……何を一人でブツブツ言っているんだ?」

スネーク「いや、無線が恋しくてな……」

岡部「オペレーション・スクルドの概要は理解したか?」

スネーク「ああ、岡部をだませば良いのだろう? 大丈夫だ、俺に考えがある」

岡部「そうだ。俺はメタルうーぱーを回収する」

スネーク「俺はナカバチとやらを撃退し、紅莉栖を血祭りにあげれば良いというわけだ」

岡部「あ……ああ、まあ……そういうことだな」

オタコン「スネーク、タイムマシンの調整終わったよ」

鈴羽「驚いた……父さん以外に、これをメンテナンスできる人が居るなんて……」

オタコン「でも残念だな。結局世界線が移動してしまえば、今の記憶は無くなってしまうんだろう?」

岡部「いや……少なくとも、俺は皆のことを忘れはしない」

スネーク「…………彼女は?」

鈴羽「やあ、貴方がおじさんの言ってた英雄さん?」


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 16:43:15.72 ID:yPtN8tBP0
スネーク「俺は英雄じゃないし、そうだったときも無い」

鈴羽「ふーん」

スネーク「……良い身体をしているな」

岡部「ちょ、スネーク何を言っているんだ!?」

オタコン「スネーク……」

スネーク「そういう意味じゃない……。鍛えられた良い身体をしている」

鈴羽「ありがとう。私も貴方みたいな戦士に会えて光栄だよ」スッ

スネーク「そうか」グッ

岡部「行くぞ……スネーク」

スネーク「ああ」

鈴羽「二人とも乗って」

オタコン「スネーク、これを」スッ

スネーク「持ってきていたのか……」

オタコン「備えあれば憂いなしだよ、スネーク」

スネーク「行って来る」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 16:53:30.30 ID:yPtN8tBP0
― タイムマスィーン内 ―

鈴羽「二人とも、大丈夫?」

岡部「吐きそうだ……」

スネーク「ああ……」

鈴羽「ごめんね、狭くて」

スネーク(性欲を持て余す)

鈴羽「どしたの? スネーク?」

スネーク「デイビットだ。デイヴで良い。どうせ忘れてしまうのだろうが……」

鈴羽「うん……でも、きっと覚えてるよ」

岡部「よく平気だな、スネーク……」

スネーク「弾丸のように飛ばされる潜水艦の中よりはマシだ」

岡部「……」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 16:54:27.69 ID:yPtN8tBP0
― 某日ラジ館 ―

スネーク「こちらスネーク。過去への潜入に成功した」

紅莉栖「」ブラブラ

スネーク「予定時刻通りだな……ここで、彼女は父親に刺されるのか」

スネーク「むごい話だ……」

紅莉栖「……何だか、妙に聞き覚えのある声がするのは気のせいかしら」

スネーク「……」

中鉢「――――」

紅莉栖「――――」

スネーク「始まったな……」スッ

中鉢「な、何だっ!? ナイフが……浮いて……?」

スネーク「」ヒュンヒュンヒュン

中鉢「ひぃいいいい! く、くるなっ! 何なんだ一体!」タタタタッ

スネーク「初代は殴っても首を絞めても、気づかれなかったんだがな……」カチッ

紅莉栖「なっ! ひ、人……? 何で急に人が……!」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 17:01:39.17 ID:yPtN8tBP0
スネーク「大丈夫だ、俺は怪しいものじゃない」カチャ

紅莉栖「あれ……あなた、どこかで……」

スネーク「悪いな、少し眠っていてくれ」パシッ

紅莉栖「ちょ……!?」

スネーク「」キュ

紅莉栖「この締め心地、思い出し――――!」クテッ

スネーク「……リーディングシュタイナーは未来の記憶も引き出せるのか?」ドサッ

紅莉栖「」チーン

スネーク「あとはこのツチノコを使って、血糊を撒けば完成だ」ザクッ

ブシャアアアアアアア

スネーク「……少し多すぎたか?」

プルル プルル

スネーク「!」ピッ

パラメディック『スネーク! まさかツチノコを食べたの――!?』プチッ

スネーク「……? 混戦してるらしい……メイリンに声がよく似ていたが……」


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 17:07:32.84 ID:yPtN8tBP0
岡部「……スネーク!」

スネーク「岡部、こっちは終わったぞ。現場を見てみろ、なかなかエグいことになっている」

岡部「もう前に見たから良い! それより俺が来る!」

スネーク「俺が来る? 随分哲学的なことを言うんだな、自分はどこへも行きやしない。いつも共にある」

岡部「そういうことじゃない! 過去の俺が来る! 見つかったら大変なことになるぞ!」

スネーク「これを使え」スッ

岡部「何だ、このちょっとステキな機械は」

スネーク「ステルス迷彩だ、こう使う」カチッ

岡部「おお! こ、こんなものが!」カチッ

スネーク(来たぞ、喋らなければ大丈夫だ)ヒソヒソ

岡部(ああ……)ヒソヒソ

過去岡部「な……な…………なんじゃこりゃあああああああああ!! メディーック! メディーック!」

――――――

――――

――


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 17:10:57.79 ID:yPtN8tBP0
― 某日 秋葉原 ―

スネーク「日本は平和だな……」

オタコン「そうだね、これだけ治安の良い国も少ない」

スネーク「たまには、観光というのも良いもんだ」

オタコン「まさかスネークとこうして、アキバを歩くことになるとは思いもしなかったよ」

スネーク「俺もだ。しかし、タバコをどこで吸えばいいんだ?」

オタコン「いい加減、もうやめたらどうだい?」

スネーク「そう言うな……おい、あんた。この辺りに喫煙所は無いか?」

岡部「」

スネーク「ん? どうした、日本語が変か? 喫煙所の場所を教えてくれ」

岡部「スネーク……」

スネーク「!」

岡部「……ありがとう」

スネーク「なに、俺も中々楽しかった。紅莉栖によろしく言っておいてくれ、首を何度も絞めてすまなかったと」

岡部「!」トゥルン!       完


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 17:13:39.53 ID:ODJXVimw0


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 17:19:08.57 ID:yPtN8tBP0
― おまけ ―

「はい、岡部倫太郎は最後まで気づきませんでしたね」

「ええ」

「はい……。勿論です」

「薄々は気づいているようですが……」

「問題ありません、本当に重視すべきは牧瀬紅莉栖です」

「どうでしょう……彼は、岡部よりだと思いますが……」

「はい。リーディングシュタイナーを持っているのは、自分だけだと……」

「ええ」

「ありがとうございます」




「大統領」


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 17:43:30.83 ID:uy7GLIgZ0
なかなか面白かったよ


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 17:48:20.48 ID:1zIkHA9r0
すっきりした


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 17:48:40.65 ID:YMzeLz/s0
乙!
最後よくわからない…


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/29(水) 17:54:31.42 ID:JyyfUB7E0

紅莉栖かわいそす


METAL GEAR SOLID PLAY ARTS改 ソリッド・スネーク
METAL GEAR SOLID PLAY ARTS改 ソリッド・スネーク


Steins;Gate
Steins;Gate





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「クロスオーバー」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ