Powered By 画RSS


伊織「プロデューサー、ねぇ・・・」

1 : 通りすがり 2016/07/18(月) 23:53:21.19 ID:NrZVEK7N0
伊織「ねえ、ちょっとあんた」


P「ん?おお!伊織!いたのか。気づかなかったよ」


伊織「い・た・わ・よ!失礼しちゃうわ。まあ、そんなことはいいんだけど、少し話せる?」


P「ああ、問題ないぞ。最近は律子のおかげで俺の負担も大分減ってきたからな」


伊織「その律子のことなんだけど・・・。ううん。いいわ。ねえプロデューサー」


伊織「プロデューサーって、楽しい?」




2 : 通りすがり 2016/07/19(火) 00:07:19.00 ID:j5uMa4qe0
P「なんだよいきなり。でもそうだな。楽しいぞ」


伊織「じゃあ、アイドルとどっちが楽しい?」


P「そんなのお前、俺はアイドルじゃないんだからわかるわけないだろ」


伊織「そうよね・・・はぁ。あんたに聞いた私が馬鹿だったわ・・・」


P「一体なんなんだよ・・・」


伊織「あのね、今私達竜宮小町のプロデューサーは律子じゃない?」


P「ああ、そうだな」


伊織「でも律子だって前は私達と同じアイドルだったじゃない?それで聞いた見たの」


P「聞いたって、さっき言ってたプロデューサーとアイドルどっちが楽しいか、ってやつか?」


伊織「うん。そしたらね。なんていったと思う?」



4 : 通りすがり 2016/07/19(火) 00:34:13.14 ID:j5uMa4qe0
伊織「『アイドルも楽しかったけど、今の方が楽しいわよ』だって・・・」


P「そうなのか。まあ、お前達をプロデュースしてから律子キラキラしてるからな」


伊織「・・・プロデューサー的には、そこはどうなのよ」


P「え?俺的には、ってどういう意味だ?」


伊織「だから、あんたは今の律子を見てプロデュースしたいって思わないのかってことよ!」


P「うわ!なんだよ、いきなり大きな声出して・・・でもそうだな。確かに惜しいとは思うよ」


伊織「でしょ!そうなのよ。律子は現役時代Dランクで止まってたのよ」


伊織「まだアイドルの楽しさなんて、1つも知らないのよ!」


P「・・・それで、俺にそんなこと言ってどうするんだよ」


P「まさか律子をプロデューサーから引き下ろしてアイドルとしてプロデュースしろなんて言うんじゃ」


伊織「はあ?なんで私がそんなことあんたに頼むのよ!」


P「ははは、だよな」





伊織「私ね、決めたの。トップアイドルになったら私が律子をプロデュースするの!」


5 : 通りすがり 2016/07/19(火) 00:48:25.09 ID:j5uMa4qe0
伊織「どう?ナイスアイデアでしょ!」


P「伊織が、プロデューサーに・・?」


伊織「そうよ。な、なによ!私にはなれないって言うの?」


P「いや、ただ少し驚いただけだよ。それじゃあアイドルはどうするんだ?すぐに引退か?」


伊織「え?嫌よ。なんでトップアイドルになったのに引退しなきゃいけないわけ?」


P「え?でも律子のプロデューサーになるんだよな?」


伊織「ええ。私は律子のプロデュースをするからあんたが私達のプロデュースをするの!」


P「・・・えぇ!?俺!?」


伊織「他にだれがいるのよ!」


P「でも俺もお前達以外のみんなを見てるしなぁ・・」


伊織「そう簡単にトップアイドルになれるだなんて思ってないわ」


伊織「それに、私がトップアイドルになる頃には他のみんなもそれなりのランクにはなってるわよ」


P「へえ。随分みんなの評価が高いんだな。伊織プロデューサーは」


伊織「にひひ!当然じゃない!この未来のスーパートップアイドル伊織ちゃんのライバルだもの!」




伊織「・・・でも、私が絶対1番にトップアイドルになってみせるわ」




6 : 通りすがり 2016/07/19(火) 00:57:34.30 ID:j5uMa4qe0
伊織「だ、だからね。その・・あんたにお願いがあって」


P「なんだよ。今更改まって、言っておくがさっきのプロデュースの件はまだ保留だぞ?」


伊織「わかってるわよ!そうじゃなくて、その。・・・を教えてほしいの」


P「え?何だ?良く聞こえないぞ・・?」


伊織「あ、あんたにプロデュースの勉強を教えてほしいのよ!」


P「なんだ、そんなことか。ああ、いいぞ」


伊織「ほ、本当!?」


P「ああ、ただし、今からじゃなく、伊織がトップアイドルになったらだ。それが条件」


伊織「うん!ありがと!プロデューサー!あ、でもあんたも油断しないことね」


P「え?」


伊織「私がプロデューサーになったらもうあんたなんて必要なくなっちゃうかも!にひひ!」


P「大きく出たな!まだまだ担当アイドルには負けないぞ!」


伊織「え?」


P「あ、いや。ちょっと気が早すぎたかな!あはは」


伊織「・・ううん、いいの。今はそれで。それじゃあ私はもう行くわ。仕事、頑張りなさい」


8 : 通りすがり 2016/07/19(火) 01:21:28.32 ID:j5uMa4qe0
P「・・・行ったか。おーい。もうでてきていいぞー」


P「・・・なんだよ。泣いてるのか」


律子「な、泣いてなんか!これはその・・そう!ちょっとコンタクトがずれちゃって」


P「眼鏡をかけたままコンタクトまで付けてるとは、相当目が悪いんだな。律子は」


律子「あっ・・」


P「・・・伊織の言葉を真似るわけじゃないが律子。どうなんだ?伊織に聞かれたんだろ?」


律子「・・・あの子のいう通り、私は今の伊織たちの世界を知らない」


律子「正直、羨ましいかどうかで聞かれたら、羨ましいと思う日もあります」


P「・・・」


律子「でもね」


律子「私は伊織や亜美、あずささん達を通していつも見せてもらってるんですよ!最高に輝いてる世界を!」


律子「それが今の私の自慢で、誇りです!だから、今のままで幸せです!」


P「そうか」


律子「あーもう。伊織のせいで顔がぐちゃぐちゃ・・・私お化粧直してきますね」


P「(!この足音は・・) ああ、ゆっくりでいいからな」



P「・・っと、今度はメールか」

バタン!!



亜美「にいちゃーーーん!!!!秘密の相談聞いてー!」


P「やっぱり亜美だったか。ドアは静かに閉めなさいっていつもいってるだろ」


亜美「ごめんなさい・・・でもね!にいちゃん!!」


P「あー・・はいはい。お前たちのお願いはもう十分承知してるよ」


亜美「え?何々?にいちゃん!もしかしてエスパー!?でも「達」って?」


P「まったく・・律子。お前が現状に満足しててもお前の根強いファン達がどうやら復帰を待ち望んでるらしいぞ」



9 : 通りすがり 2016/07/19(火) 01:22:49.72 ID:j5uMa4qe0
『名前 三浦あずさ    
  
             件名 突然で申し訳ありません

 

 あの、突然で申し訳ないんですが、プロデューサーさん。
 
 営業のお仕事は方向音痴でも勤まりますか?      』







おしまい。



11 : 通りすがり 2016/07/19(火) 01:30:56.14 ID:j5uMa4qe0
こういう展開があったら面白いなーと思って即興で書かせていただきました。

短い上に読み辛い文で申し訳ない・・・


律子が竜宮の魅力に気づいてるように竜宮も律子の魅力を誰よりも知っていて、
プロデューサーとしての律子に歯がゆい思いを抱いていたらこういう物語もあるのかなーと。


新作プラチナスターズでは竜宮小町名義ではないですが
伊織、亜美、あずさのユニット新曲が出るそうで、彼女達の新しい可能性が楽しみです。


願わくば、律子もそこに加えていただけると幸いです。


お付き合いありがとうございました!


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468853600/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ