Powered By 画RSS


口裂け女「私……綺麗?」 ぼく「正直に言うと綺麗ではない」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/18(月) 20:42:48.261 ID:WONzCwt70.net
口裂け女「……」

ぼく「今どき流行りのアイドルや女優なんかとは、路線はだいぶ違うよね」

口裂け女「……うん」

ぼく「でもなんていうか、安心する顔なんだよね」

口裂け女「……えっ」

ぼく「素朴っていうと言い方は悪いかもしれないけどさ、俺は好きだよ」

口裂け女「……っ」

ぼく「ていうかぼく自身、ひとさまの顔にケチつけられるルックスじゃないしね……タハッ☆」

口裂け女「……」ニコッ


かわいい




11 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/18(月) 20:47:20.436 ID:EC6cIqed0.net
口裂け「はぁ…」

俺「どした?」

口裂け「口、縫わなきゃなって」

俺「そういうの気にしないって前に言っただろ?」

口裂け「でも、俺くんの友達に私を紹介する時、マスクつけてって言ったじゃん」

俺「…そりゃ、まぁ」

口裂け「それって、本当は嫌がってるよね?」

俺「いや、そうじゃなくて、ね」

口裂け「あー口縫わなきゃなー」

俺(もう縫えよ…)


15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/18(月) 21:00:40.474 ID:EC6cIqed0.net
リカちゃん「いまどこにいるか分かる?」

俺「俺の後ろにーってかwww」

リカちゃん「ハチ公前なんだけど」

俺「…あっ、デート…」

リカちゃん「なに?忘れてたの?」

俺「あーごめん、今い

リカちゃん「前から言おうと思ってたんだけどさ、俺くんって基本自分勝手だよね」

俺「いや、さ、今回は本当に忘れててさ」

リカちゃん「前もあったじゃん!そうやっていっつも」

俺「悪かったって、今から急いで

リカちゃん「もういい」ガチャッ

5分後

リカちゃん「なんでかけ直してこないの?おかしくない?」

俺「」


18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/18(月) 21:06:55.998 ID:EC6cIqed0.net
俺「でさー、あいつが

テケテケ「…はぁ」

俺「ため息ついてどした?デートつまんないとか?」

テケテケ「普通、女の子に荷物持たせる?」

俺「あっ、ごめん、持つわ」

テケテケ「もういい。あーあ、荷物引きずっちゃってボロボロぉーせっかく買ったのにー」

俺「買ったって俺が金出して

テケテケ「なにそれ?どういうこと?」

俺「いや、深い意味は」

テケテケ「じゃあ何も考えずにそんな事言ったわけ?ひどくない、それ?」

俺「」


20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/18(月) 21:12:43.534 ID:EC6cIqed0.net
八尺「ぽぽぽぽーぽぽぽぽぽぽ」

俺「うんうん、それで?」

八尺「ぽぽっぽぽぽ」

俺「まじかよーはははは」

八尺「ぽぽぽ…って聞いてる?」

俺「聞いてるよ」

八尺「聞いてないよね?じゃああたし何言ったかわかる?」

俺「えっ…なんか、友達の貞子がどうのこうの」

八尺「…私さ、さっきからぽぽぽぽ言ってただけなんだけど」

俺「えっ、なんだよそれ」

八尺「普通人の話聞くでしょ?どうせあんたも白いでか女くらいにしか思ってないんだ」

俺「(めんどくせぇ)…思ってないよ」

八尺「もういい、少年さらってくる!」

5分後

八尺「普通止めるよね?お札貼られて氏ねとか思ってたの?」

俺「」


23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/18(月) 21:20:41.286 ID:EC6cIqed0.net
俺「貞子~こんどの旅行どこいく?」

貞子「えーやっぱり井戸のあるところがいいかなー」

俺「じゃあ鳥取とか?水木しげるロードがあってさ」

貞子「なにそれ?」

俺「えっ?」

貞子「私妖怪なわけ?」

俺「いや、その、妖怪しゃないけど」

貞子「あーどうせわたしは化物ですよ化物でごめんなさいこれでいい?」

俺「いや、そんな事言ってなくない?」

貞子「普通井戸行きたいって言ったらインドの階段井戸でしょ?世界遺産の。それなのにあんたのその態度何?国内しか似合わない女って思ってんの?」

俺「」


25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/18(月) 21:27:58.528 ID:EC6cIqed0.net
俺「今日は大事な話があって」

かやこ「あああああああっあ?」

俺「やっぱり、こういう関係って良くないと思ってさ」

かやこ「…」

俺「人妻に手を出した自分が悪いのは分かってる。でも」

かやこ「あああああああああ?あああああ、あああああ!あ?」

俺「そんな怒んなよ…息子さんのこと考えたらさ」

息子「にゃーーーーーぅお」

俺「えっ、息子にも話してたのかよ!」

口裂け「あんた、やっちったね」

リカちゃん「ええ、もう手遅れだね」

俺「口裂け?リカちゃん?どうしてここに?」

テケテケ「前に女子会開いた時にあんたの話になってさ。知らなかった。みんなに手を出してたんだね」

八尺「私達と付き合ったってことは、かやこさんにいくだろうなーって」

貞子「だから止めに来たの。かやこさんは私たちと次元が違う。ガチだからやめとけって」


28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/18(月) 21:35:41.194 ID:EC6cIqed0.net
俺「それ、どういう意味…?」

口裂け「気づかなかった?私たち、あんたを殺そうと思えばいつでもできたんだよ?」

リカちゃん「でもしなかったのは、あなたを好きだったから」

俺「…口裂け、リカちゃん…」

テケテケ「そして、ガチじゃないから。本当は人恋しいだけの寂しがり屋なんだよ」

八尺「だから、かやこさんに手を出す前にみんなで止めに来たの。もう遅かったけど」

貞子「夫のいない、婚期を逃した子持ちがどうなるか、分かるよね?」

俺「そんな、みんな…」


29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/07/18(月) 21:43:00.624 ID:EC6cIqed0.net
かやこ「ああああああああああああああああ」

息子「にゃぁーーーーーぉう」

俺(これは…ヤバイ!本能的に分かる逃げなきゃ)

口裂け「逃げなきゃって思ったでしょ?」

俺「…!」

リカちゃん「私たち、あんたが好きだけど、かやこさんの事はもっと好きだから」

八尺「大丈夫。一瞬のことだから」

かやこ「ああああああああああああ!」

俺「うわぁぁ!ああああああ!」

テケテケ「…逃がさないよぉ?」

俺「いやだ!まだ遊びたい!まだ若いんだ!だから!」

息子「にゃーーーおう」

貞子「…いい加減にしなっ!」

俺「ひっ…」

貞子「いつまでも優柔不断なことしてんだい?私らは泣かしても、かやこさん泣かしたら…分かるよねぇ?」

俺「うぅ…結婚…します…」

かやこ「ああああああああ!…ほんと?やっぱり無理とか言わない?」

俺「…はい」

息子「母さん裏切ったら、お父さんみたいになるよ…?」

俺「…はい」

口裂けリカちゃんテケテケ八尺貞子「はい、おめでとー」

こうして都市伝説女子たちによる、かやこさんの婚活は成功したのであった。

終わりました


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1468842168/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ