Powered By 画RSS


モバP「夕美はマジメでいい子だなあ」

1 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:37:21.11 ID:D7tPlLk2o
夕美「むーっ」

P「どうかしたか?」

夕美「その『マジメでいい子』って言うの、やめてほしいな」

P「やめてほしいって言われてもなあ」

夕美「言われても?」

P「今もこうして俺のためにアロマを焚いてお茶を淹れて肩を揉んでくれてる訳で」

夕美「それは事務所に来たら入り口でプロデューサーさんが倒れてるからっ」




2 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:37:44.44 ID:D7tPlLk2o
P「ちょっと仕事が忙しくてな」

夕美「もう、ちゃんと休まないとダメだよ?」

P「だからこうして休ませてもらってるじゃないか」

夕美「私は倒れる前に休んでほしいんだけど……」

P「そんなことより、このアロマいい香りだな」

夕美「でしょっ?これはラベンダーのアロマでね、頭痛とか筋肉痛に効果があるんだよっ」

P「ふむふむ」


3 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:38:13.43 ID:D7tPlLk2o
夕美「香りもさわやかでリラックスや安眠したい時に良いから今のプロデューサーさんにピッタリかなって♪」

P「確かに凄くリラックスしてきたよ。でも、こんなのよく持ってたな」

夕美「だって最近のプロデューサーさん、とっても大変そうだったから」

P「夕美」

夕美「なに?」

P「やっぱりお前はマジメでいい子だな。しかもかわいい」

夕美「もうっ!」


4 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:38:42.49 ID:D7tPlLk2o
P「事実だから仕方ないだろ」

夕美「しかもなんか増えてたよねっ」

P「かわいい」

夕美「それ!」

P「だめか?」

夕美「だめっ」

P「その『だめっ』がもうかわいい」

夕美「もーっ、プロデューサーさんのばかぁーっ!」ユサッユサッ


5 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:39:08.62 ID:D7tPlLk2o
P「ちょっ、そんっ、な、強っ、く、揺さっ、ぶらっ、ない、でっ、脳がっ、揺れっ、るっ」グラッグラッ

夕美「あっ、ゴメン!大丈夫?」

P「あ、ああ……大丈夫だ」

夕美「本当?今のはやりすぎたよね……ごめんなさい」

P「いやあ、何ともないからそんなに謝らなくても」

夕美「で、でもぉ」

P「そういうところが『マジメでいい子』なんだよ」

夕美「むぅ……なら、わかった」

P「わかった?」


6 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:39:49.04 ID:D7tPlLk2o
夕美「私、相葉夕美は今日を持って不真面目な悪い子になりますっ」

P「夕美が?不真面目に?」

夕美「そうだよっ」

P「いやー、無理じゃないかなあ」

夕美「ふんっ、プロデューサーさんはそう思ってればいいよ」

P「なら、例えばどんなことをするんだ?」

夕美「えっ?……えーっと」

P「考えてなかったのか」


7 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:40:20.50 ID:D7tPlLk2o
夕美「えぇと、うーん……そうだっ、まずはそのプロデューサーさんのお茶を勝手に飲んじゃう!」ゴクッ

P「勢いで飲み干したけどそれ元々は夕美が淹れてくれたのだし俺の飲みかけ……」

夕美「……っ」カァ

P「夕美さーん、顔真っ赤ですよー」

夕美「う、うるさいなあ!」

P「そんな照れながら言われてもかわいいだけだぞ」

夕美「ううぅ」

P「ほら、やっぱり無理だって」


8 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:40:49.17 ID:D7tPlLk2o
夕美「プロデューサーさんなんてもう知らないっ」

P「あれ?夕美?」

夕美「もうプロデューサーさんとは喋ってあげないんだから」

P「夕美ー?」

夕美「つーん」

P「ほんとに無視するつもりなの?」

夕美「……」プイッ


9 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:41:16.95 ID:D7tPlLk2o
P「……そうか」ショボン

夕美「……」

P「夕美がその気なら仕方ないな、俺も仕事に戻るよ」

夕美「……」

P「夕美のおかげで疲れも取れたよ、ありがとうな」

夕美「……」


10 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:41:48.60 ID:D7tPlLk2o
P「……」カタカタ

夕美「……」チラッ

P「……」カタカタカタカタ

夕美「……」チラッチラッ

P「……」カタカタカタカタカタカタ


11 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:42:15.54 ID:D7tPlLk2o
夕美「……ね、ねえプロデューサーさん」

P「夕美?」

夕美「ぷ、プロデューサーさんが寂しそうだから、無視はやめにするねっ」

P「……」

夕美「……え、えぇと」

P「やっぱり夕美はマジメでいい子だなあ」

夕美「ううぅ……」


12 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:42:41.78 ID:D7tPlLk2o
P「なあ、なんでそんなに『マジメでいい子』が嫌なんだ?」

夕美「なんでって、だってみんな私のことをそうやってからかうんだもん」

P「うーん、別にみんなからかってる訳じゃないと思うぞ」

夕美「え?」

P「まあ多少茶化してる部分もあるかもしれないけどさ、みんなそれが夕美のいいところだって思ってるからそう言うんじゃないかな」

夕美「そ、そうなのかな?」

P「だって夕美みたいにマジメな子が居なきゃグループなんかは回っていかないだろ?」


13 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:43:10.07 ID:D7tPlLk2o
夕美「ま、まあ……」

P「だからマジメなところも間違いなく夕美の良いところだよ」

夕美「でも、マジメな女の子はつまらないって大学で聞いて」

P「そんなの言わせとけば良いさ。俺は夕美のマジメでいい子でかわいいところに魅せられて、プロデュースしたいって思ったんだからさ」

夕美「プロデューサーさん……」

P「そういう訳だから、夕美はそのままの夕美で良いんだよ」

夕美「……うんっ!」


14 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:43:36.63 ID:D7tPlLk2o
P「それに、夕美もただマジメってだけじゃないしな、暴走気味なとこあるってか……」ボソッ

夕美「へ?」

P「いや、こっちの話だ」

夕美「そっか」

P「ああ」

夕美「はー、なんだか気が楽になったよ。ありがとうねっプロデューサーさん」

P「それは良かった」


15 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:44:06.75 ID:D7tPlLk2o
――翌日


P「おはようございま……すごいアロマの匂いだな」

ちひろ「あっ、プロデューサーさん」

P「おはようございますちひろさん」

ちひろ「夕美ちゃんに何か言いました?」

P「どうかしたんですか?」

ちひろ「なんだか夕美ちゃん、今日は一段とやる気満々で」


16 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:44:33.97 ID:D7tPlLk2o


夕美「ほらっ、二人とも自主レッスン行こっ」

唯「ええー、遊びに行きたいー」

夕美「ダメだよ、ちゃんとレッスンしないと!」

友紀「ふ、二日酔いが……」

夕美「友紀ちゃんもシャキっとして」

友紀「うへぇ、だ、誰か……」

唯「助けてえー!」




17 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:45:02.43 ID:D7tPlLk2o
ちひろ「あんな感じなんです」

P「あぁ……」

P「夕美、やっぱお前はただマジメなだけじゃないよ」

P「ま、そこも含めて魅力的なんだけどな!」

ちひろ「今日はターゲットになってないと思ってそんなこと言って」

P「何言ってるんですか、俺は夕美に振り回されるのも嫌いじゃありませんよ」

ちひろ「へぇ」


18 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:46:07.90 ID:D7tPlLk2o
P「なんですかその不穏な表情は」

ちひろ「いえ、別に?」

夕美「プロデューサーさんっ!」

P「っ」ビクッ

夕美「お願いがあるんだけど、いいかなっ?」ニコッ

P「ヨ、ヨロコンデー」



おしまい


19 : ◆YG/uSnoipgKc 2016/07/24(日) 23:48:02.16 ID:D7tPlLk2o
夕美ちゃんが可愛いだけのお話
読んで頂きありがとうございました
書けば出るを信じて引いてきます


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469371040/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ