Powered By 画RSS


【モバマス】幸子「最近美玲さんが冷たいんです……」

1 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:33:50.40 ID:mjPedMN/0
キャラ崩壊注意
百合レズ注意



幸子「前はあんなに暖かかったのに……」スリスリ

美玲「」ダラン...







小梅「キャッ」

輝子「ヒェッ」




2 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:35:25.87 ID:mjPedMN/0
幸子「どうして何も喋ってくれないんですか?」

幸子「もしかしてボクのこと嫌いになったんですか?」

幸子「美玲さんのためならボク、何でもしますよ?」

幸子「美玲さんにジュースおごったり、美玲さんにお小遣いあげたり、美玲さんのピンチに駆けつけたり……」

幸子「美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん美玲さん」







小梅「幸子ちゃん……!」

輝子「見ていられない……!」


3 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:35:57.66 ID:mjPedMN/0
幸子「こうやって膝枕をしていると、初めて2人でデートした日を思い出しますね」

幸子「少し遠出して出掛けた遊園地……お互いはしゃぎすぎて、最後は芝生で動けなくなっちゃって……」

幸子「なのにあなたは、私の膝枕で寝るものですから、ボク動けなくて困りましたよ?」

幸子「カワイイボクの膝枕で寝ることができて、あなたは幸福者ですね」フフーン



美玲「」







小梅「ピクリとも動かない……」

輝子「安らかな眠り……」


4 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:36:31.03 ID:mjPedMN/0
幸子「そういえば、最後に行ったデートは覚えてますか?」

幸子「ホラ、アウトレットへお買い物に出掛けた日の事ですよ」

幸子「『こんなにおしゃれなケーキなんて作れないだろ?』って、ボクをバカにしましたね?」

幸子「……コレ、分かりますか? 実はボク、作ってきたんです」

幸子「すごく美味しくできたんですよ……食べてくださいよ……」グイグイ



美玲「」グニグニ







小梅「無理やり口にねじこんでる……」

輝子「クリームでグチャグチャだ……」


5 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:37:36.38 ID:mjPedMN/0
幸子「美味しいですか? 美味しいですよね。そうでしょうとも」フフーン

幸子「美玲さんのためなら、握ったことのない包丁も持てるんですよ?」

幸子「どうですか美玲さん? ボクのこと、好きに使っていいんですよ?」

幸子「ボクならあなたを幸せにできるのに……ボクなら誰よりも幸せにできるのに……」

幸子「ボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクがボクが」







小梅「こ、壊れてる……!」

輝子「イカれてしまった……うぅ……」


6 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:38:08.26 ID:mjPedMN/0
幸子「みれいさぁん……ボクとずぅっといっしょにいましょうねぇ……」ナデナデ



美玲「」



幸子「フフフ……ボクがなでたところはがぽっかぽかしますねぇ……」ナデナデ



美玲「」



幸子「ああ……ボクのみれいさぁん……カワイイですよぉ……」ナデナデ



美玲「」ボトリッ



幸子「あっ……」

幸子「……」ヒョイッ

幸子「……」グイグイ



美玲「」プラーン



幸子「……エヘヘェ……」ナデナデ







小梅「む、無理やりつなげた……!」

輝子「なんてことを……!」


7 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:39:22.40 ID:mjPedMN/0
幸子「エヘヘ……エヘヘェ……」ナデナデ



美玲「」ブラーン







小梅「これで終わりだね……」

輝子「も、もう行こう……?」


8 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:40:04.76 ID:mjPedMN/0
美玲「おはよー」ガチャリ

小梅「あ……美玲ちゃん」

輝子「おはよう……フヒ」

幸子「あ、おはようございます」

美玲「……あぁ!? オマエ、何してるんだよッ!?」

幸子「え、何って……」









幸子「『カワイイヤンデレボクが冷たくなった美玲さんを愛してやまないごっこ』ですよ?」

美玲「それ前に禁止しただろォッ?!」ウガー!!


9 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:41:11.78 ID:mjPedMN/0
美玲「そのごっこは傍から見ると危険すぎるから、しちゃダメって話になったじゃんかッ!」

美玲「ウチには12歳以下の子たちも大勢いるんだぞッ?!」

幸子「でも、その子たちにも好評ですし……」

美玲「世の中いつだって、教育に悪いものは楽しいんだよッ!!」

美玲「まだ小さい子たちのお手本になることをするのが、ウチら年上の役目じゃないのか!?」

幸子「ぐう……それを言われると、ぐうの音も出ませんね……!」

美玲「出てるじゃんッ!」


10 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:43:08.54 ID:mjPedMN/0
美玲「しかも、またそのドールを使ったな?!」

幸子「良いじゃないですか。一応、誰でも借りられることになってるんですから」

美玲「ウチは困るんだよ! オマエは禁止だ、禁止!」

幸子「なんでボクだけ禁止されなきゃいけないんですか!?」

美玲「だってそれ、ウチそっくりのドールじゃんか!」

幸子「ですね、だから使ったんですよ」

美玲「使うとか言うな!!」


11 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:45:19.77 ID:mjPedMN/0
幸子「この子は確か、美玲さんのファンが贈って来たんですよね?」

美玲「アヤが言うには、数十万はするらしいぞ」

美玲「おかしいだろ! そういうドールは普通、自分が持つものだろ!?」

美玲「大体ウチはぬいぐるみが専門なんだッ! ドールは違うだろドールはッ!」

美玲「ウチに贈りつけて、どうしたいんだよッ?!?使うなら自分で使えよッ!!」

美玲「……いややめろッ!! 使うなッ!! 何に使う気だッ?! 想像したら怖いッ!!」

幸子「多分、そのリアクションを期待したんでしょうねぇ(ボクにも心当たりがあります)」

美玲「答えろ! どうしたいんだよ! 答えてみろ幸子ォ!!」

幸子「そんなのボクが知るワケないじゃないですか! そのファンに聞いてくださいよ!」

美玲「……それで、さすがに気持ち悪くなったから、ちひろさんに任せたんだけど……」

幸子「まさかレンタルされることになるとは思わなかったですね」ナデナデ

美玲「だからソイツを撫でるなッ!!」


12 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:46:07.52 ID:mjPedMN/0
乃々「あの……」ヌゥ

輝子「あ、乃々……」

小梅「もしかして、机の下にいたの?」

乃々「はい」

乃々「あの、さっきのごっこについて、知りたいことがありまして……」

小梅「なあに?」

乃々「お2人はあれが、ドールを使ったごっこだと知っていたんですか?」

小梅「うん」

輝子「そう」

乃々「でも幸子さんは、お2人が来る前からずっと遊んでいたんですよ?」

乃々「幸子さんが本当に壊れたとは思わなかったんですか?」

小梅「それはすぐに気付いたよ?」

輝子「美玲のドールだったからな」

小梅「うんうん」


13 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:46:58.86 ID:mjPedMN/0
乃々「……あの無駄にリアルな美玲さんドールを、見破ったんですか?」

輝子「そう」

乃々「ど……どうやって?」

乃々「私は見間違えたから、こうして机の下に避難していたのに……」

小梅「だって……」







小梅「死の気配がなかったから」

乃々「えっ」

輝子「死体好きのキノコの臭いも無かったしな」

小梅「ねー」

乃々「なにそれこわい」


14 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:47:36.11 ID:mjPedMN/0
乃々「すみませんが、時系列に沿って質問させてください」

小梅「どうぞ」

輝子「どうぞどうぞ」

乃々「最初から気付いていたなら、どうして驚いたんですか?」

小梅「だ、だって……」







輝子「さ、幸子の演技は勉強になるから……」

小梅「すぐに演技を学ぼう……と思って……」

輝子「日常とお仕事のスイッチをすぐに入れ替えなきゃ……と、思ったら……」

小梅「ちょっと声に出ちゃったね」

輝子「うん……今思うと、恥ずかしい……///」

乃々「あの悲鳴はそんな軽い意味だったんですか?!」


15 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:48:30.49 ID:mjPedMN/0
乃々「で、でもそのあと、幸子さんのことを『見ていられない』って言ってましたよね?」

乃々「勉強するはずなのに、見たくないというのは、おかしくないですか?」

小梅「それは……」







小梅「ヤンデレの演技が見事過ぎて……」

輝子「私たちまで病んでしまいそうだったんだ……」

小梅「恨みつらみを抱えている人ならともかく……」

小梅「人生を謳歌している生者が、あれだけ濃い霊瘴を出せるのは、すごく珍しいこと……」

輝子「この、お祓いキノコがなければ、死んでいた……フヒ」

乃々「何気にヤバいことになっていた?!」


16 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:49:14.50 ID:mjPedMN/0
小梅「それだけ、幸子ちゃんのヤンデレは完ぺきだったんだよ」

輝子「ヤンデレというか、病んでるというか……」

乃々「そんな調子でカワイイは大丈夫なんですか?」

小梅「幸子ちゃんは何してもカワイイから」

輝子「特に気にしてない……」

乃々「ソッスネ」


17 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:50:17.65 ID:mjPedMN/0
乃々「だからって、紛らわしい言い方をしないでください」

乃々「あのドールに『眠る』って表現されたから私、完全に美玲さんが死んだと思ったんですよ?」

輝子「う、ゴメンな……?」







小梅「その遊園地の様子とまったく同じ光景だったから……」

輝子「つい、その時を思い出してしまって……」

乃々「あーなるほど、あの遊園地の話を思い出して、なるほどですねー……」

乃々「……」

乃々「え?! 幸子さんと美玲さんって、本当に遊園地デートしたんですか?!」

乃々「どこからそんな情報を……?!」

輝子「あれは……ぐ、偶然だったんだ」

輝子「小梅とデートしていたら、偶然目の前に2人が――」

乃々「あなたたちもデートしてたんですか?!?!?!?!」


18 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:51:02.83 ID:mjPedMN/0
小梅「あの遊園地は、CGプロのデート場として有名だよ?」

乃々「えぇ~……!?」

輝子「唯と千夏の定期デートとか、フリルドスクエアの合同デートとか、12歳組のくじ引きデートゲームとか……」

小梅「あとラブライカとか……」

乃々「ひえぇ~性の乱れや~(関西弁)」

小梅「大丈夫……女の子同士だから」

輝子「女の子同士ならノーカン……フヒヒ」

乃々「これはこれで性の乱れが……!!」


19 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:51:34.39 ID:mjPedMN/0
乃々「えぇ~……この5人組で、私だけハブられてるんですけど……?!」ガーン

輝子「それなら、まゆを誘えばいいぞ」

小梅「成功率すごく高いから」

乃々「そ、そうなんですか……?」

輝子「しかもまゆは、私たちにリードされる側……なんだ」

小梅「ちょっと強気に出ると、1日中リードする立場になれるよ?」

乃々「えっマジですかソレちょっとまゆさんとデートしてきますっ」


20 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:52:01.33 ID:mjPedMN/0
乃々「ところで、あのドールの口にねじ込まれたケーキですけど……」

乃々「正直、あれが美味しそうに見えなかったんですが……」

輝子「あぁ……アレか」







輝子「多分、幸子が作って来たものだろうな」

小梅「すごくまずかったから、美玲ちゃんドールにねじ込んで、ストレス発散していたんじゃないかな?」

乃々「ドール美玲さんかわいそう!?」


21 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:52:29.56 ID:mjPedMN/0
美玲「だいたい、失敗作をドールに食べさせるなよ!」

美玲「せめて美味しいやつを食べさてやれよなッ?!」

幸子「いえ、そんなに美味しければ、みなさんに食べさせますから」

美玲「ドールがかわいそう過ぎるだろ?!」

美玲「しかもそいつ、ウチとそっくりなんだぞ?!」

美玲「まわりまわってウチが可哀想だろ?!」


22 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:53:07.26 ID:mjPedMN/0
乃々「たとえごっこ遊びとはいえ、親友を壊れた呼ばわりはちょっと……」

乃々「いや確かにアレは壊れたとしか思えませんでしたが……」

小梅「あ、それはちょっと違ってて……」







小梅「いわゆる外国人の『アイツはクレイジーだぜHAHAHA』的なアレなの」

輝子「『サッチーはKAWAII CRAZY GARLだぜHYAHHAAAAAAAAAAAAAAA!!!!』」

乃々「まさかの褒め言葉!!」

輝子「クレイジーは、ちょっと言われたい……」

小梅「輝子ちゃんはメタルやってるもんね」


23 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:54:16.89 ID:mjPedMN/0
乃々「あの美玲さんがドールだって知っていたなら……」

乃々「パーツをつなぎなおすのは、別に普通ですよね?」

乃々「どうしてあんなにショックを受けていたんですか?」

輝子「そ、それはもちろん……」







輝子「つなげかたが、荒っぽかったから」

小梅「あのつなげかたじゃ、関節が傷んで、はまらなくなっちゃう……」

輝子「可哀想だな」

小梅「うん、可哀想……」

乃々「ドールを労わる優しい心!!」


24 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:55:09.32 ID:mjPedMN/0
乃々「それじゃ、最後に終わりだと言ったのは?」

乃々「それに『もう行こう』っていうのは一体……」

小梅「うん」







小梅「幸子ちゃんのごっこがそこで終わったから」

輝子「別室で、その演技を話し合おうと思って……」

乃々「勉強熱心!! さすがボイス付きアイドル!!」

小梅「乃々ちゃんも、そろそろボイスつくんじゃない?」

輝子「だな」

乃々「ヒェー」(CV.高橋花林)

輝子「ボイスがついたぞ!」

小梅「やったね乃々ちゃん!」


25 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:56:13.69 ID:mjPedMN/0
美玲「もうその子で遊ぶの、やめろよなッ!」

幸子「だから! どうしてボクだけ、こんなに口酸っぱく言われなきゃいけないんですか?!」

幸子「ボクがこの子で遊ぶのは自由ですよね?!」

美玲「そ……それは、さ……///」


26 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:57:07.09 ID:mjPedMN/0
美玲「……遊ぶなら……ほ、本物のウチとに……しろよな///」モジモジ



幸子「え……あ、はい……///」ドキッ







美玲「……ほ、ホラ……言うなら今のうちだぞ……?」

幸子「あ、それじゃ……」

幸子「今度の日曜……デート、しませんか……?」

美玲「ん……楽しみにしてる……」


27 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:57:42.19 ID:mjPedMN/0





幸子「……///」

美玲「……///」






29 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:58:19.46 ID:mjPedMN/0
美玲「おまたせー」

乃々「……あ、もういいんですか?」

美玲「この子の口もきれいにしたから、大丈夫だ」

ドール「」ピカピカ

小梅「本当に美玲ちゃんとそっくりだね」

輝子「病欠の時は、代わりに出演させればいいな」

美玲「えーやだよ、そんな杏みたいなマネするの」

美玲「……」

美玲「いや……アレだけ売れっ子になれるなら、杏になっても良いかもな」ムゥ...

乃々「ファンから精巧なドールを贈ってもらえば、楽できるんですね……」ムゥ...

美玲「オマエは検討するなッ!!」


30 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 20:58:54.33 ID:mjPedMN/0
小梅「あ……」

小梅「そろそろお仕事の時間だよ」

輝子「それじゃ、行こうか……」

乃々「うぅぅ……また私が見世物にされるんですね……」シクシク

美玲「4位になったオマエの宣伝だぞ! 変な言い方するなッ!」

幸子「え、ちょっと待ってくださいよ! この子返却しなきゃいけないんですから!」

美玲「そんな手間のかかる遊びをするオマエが悪いッ!」

幸子「はいはい、ゴメンなさい! だからボクはちょっと遅れますからね!」

美玲「まったく……ウチも手伝うよ。オマエらは先に行ってて」

輝子「分かった」トコトコ

小梅「じゃあ、行こ?」テクテク

乃々「それでは、また後で」トコトコ







乃々「あの……まゆさんの堕とし方について……」

輝子「ま……任せろ」

小梅「まゆさんの堕としポイントは、分かってるだけで108個あって――」







幸子「……」

美玲「……」


31 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 21:01:31.01 ID:mjPedMN/0
美玲「またこんな遊びしたら、ちゅーしてやらないからな?」

幸子「……それは絶対にイヤですね……」

美玲「そ、そうか……///」

幸子「これからはあなたで遊びますから、許してください」

美玲「ちょっ……そういう言い方するなよッ……!」

幸子「ゴメンなさい……お詫びに、美玲さんの好きな深いちゅーしますから」

美玲「……」キョロキョロ

幸子「誰もいませんよ?」

美玲「……」

美玲「……」ンー

幸子「……」フフッ


32 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 21:02:13.46 ID:mjPedMN/0







幸子「ん……」

美玲「……♪」








33 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 21:03:00.29 ID:mjPedMN/0
幸子「……ぷはっ」

美玲「……///」ドキドキ

幸子「許してくれますか?」

美玲「……ん///」ドキドキ

幸子「やっぱり美玲さんはカワイイですね」ギュ

美玲「……ん///」ギュ

幸子「……」

美玲「……」

幸子「みなさんが待ってます……行きましょう」ス...

美玲「……ん///」ギュ...

幸子「……」テクテク

美玲「……」トコトコ









まゆ(はわわわわわ……///)ガクガクブルブル


34 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 21:04:00.49 ID:mjPedMN/0
まゆ(とうとう幸子ちゃんが壊れたと思って、机の下に隠れていたら……)

まゆ(美玲ちゃんの死体はドールで、幸子ちゃんは演技で……)

まゆ(その幸子ちゃんと美玲ちゃんが恋人だったなんて……!)

まゆ(お、女の子同士なのに、そんなことって……///)カァ

まゆ(……わ、私はどうしたら……?)

まゆ(誰かに相談したい……でも、言いふらすわけにも……)オロオロ


35 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 21:04:41.86 ID:mjPedMN/0
スまゆホ「メールですよぉ?」

まゆ「あ、メール……」

まゆ「乃々ちゃんからなんて、珍しいですねぇ」





題名:今度の日曜日

本文:一緒にでかけたいんですけど、どうですか?
話したいこともたくさんあるので……





まゆ「お出掛けですか……良いですね」

まゆ「乃々ちゃんなら同じユニットですし、それに幸子ちゃんと美玲ちゃんとも仲良しですから……」

まゆ「相談相手にはピッタリ……それに秘密を守ってくれる子ですし」

まゆ「渡りに船とは、このことですねぇ」


36 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 21:05:09.79 ID:mjPedMN/0
まゆ「……あれ?」

まゆ「このメール、まだ続きが……?」





P.S.
私にエスコートさせてほしいんですけど……?





まゆ「……」


37 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 21:05:59.91 ID:mjPedMN/0
まゆ「……」

まゆ「……///」





題名:Re:今度の日曜日

本題:不束者ですがよろしくお願いいたします





まゆ「はわわわわ///」プシュー...



終わり


38 : ◆Lobp3.0Tos 2016/08/02(火) 21:07:04.33 ID:mjPedMN/0
真の愛とは何か――



その答えをつかむキッカケになれたら幸いです



以上です、ありがとうございました


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470137630/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ