Powered By 画RSS


小五郎「お前に蘭を幸せにできるのか?」新一「くっ…」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 00:10:20.12 ID:Pq7D9UBq0
~阿笠邸~

ガチャ

コナン「博士いるか~?」

灰原「あら、いらっしゃい」

コナン「おう灰原、博士は?」

灰原「ちょっと買い物に行ってるわ、何か用?」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 00:11:57.89 ID:Pq7D9UBq0
コナン「いや、ちょっと眼鏡のメンテナンスを頼みたくてな…」

灰原「そう、まぁもう少ししたら帰ってくるんじゃないかしら?」

コナン「そっか、じゃあ待たせてもらうか」

灰原「どうぞごゆっくり」

コナン「おう」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 00:13:41.30 ID:Pq7D9UBq0
コナン「・・・・・」

灰原「・・・・・」

灰原「…ねぇ」

コナン「何だよ?」

灰原「丁度2人きりだし聞きたいことがあるのだけど」

コナン「何だよ改まって、組織の話か?それとももっと大事な話か?」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 00:16:41.91 ID:Pq7D9UBq0
灰原「そうね、ある意味あなたにとっては凄く重大な話よ」

コナン「どういう意味だよ?」

灰原「あくまでこれは仮の話だけど…」

灰原「いずれは組織を壊滅させ、あなたは元の姿に戻るのよね?」

コナン「当たり前だ!というかお前もだろ」

灰原「今は私の事はいいから…続きを聞きなさい」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 00:22:22.43 ID:Pq7D9UBq0
灰原「それで、当然あなたは蘭さんと感動の再会をするでしょう?」

コナン「おう、いつまでも待たしておくわけにはいかねーからな」

灰原「それで…その…」

コナン「あ?」

灰原「最終的には…蘭さんとゴールインするのよね…」

コナン「バ…バーロー!そんな事ここで言えるわけねーだろ///」

コナン「ま、アイツがそうしたいってんならするけど///」

灰原「ああそう…」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 00:45:18.72 ID:Pq7D9UBq0
コナン「でそれがどうしたよ?」

灰原「ほらドラマとかでよくあるじゃない」

灰原「彼女の父親に会って「娘さんを僕にください!」って土下座するシーンが」

コナン「まぁ定番のネタだな…あ!」

灰原「そう、やっと気づいたようね…」

灰原「あなたの場合、あの毛利探偵にその台詞をいって頭を下げなくちゃならないのよ!」

コナン「な、なんだってー!?」



7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 06:20:05.94 ID:Pq7D9UBq0
コナン「お、オレがおっちゃんに土下座…ありえねぇ…」

灰原「今まで散々見下してきたものね」

コナン「み、見下してなんかねーぞ!」

灰原「でも自分より「各上の人間」だとは思ってないでしょう?」

コナン「う…まぁおっちゃんだしな…」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 19:13:40.39 ID:Pq7D9UBq0
灰原「つまりこういう事になるのよ」

~イメージ~

新一「おじさ…お父さん!蘭をオレにください!」ドゲザ

小五郎「お前…今まで連絡もせずにどこ行ってやがったんだ!」

小五郎「そんなお前に蘭を幸せにできるのか?」

新一「くっ…」(今まで誰のお陰で事件解決できたと思ってんだ!)

~イメージ終了~


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 21:09:49.67 ID:Pq7D9UBq0
コナン「そ、それは嫌だ!屈辱的すぎる!」

灰原「でしょう?」

コナン「おっちゃんに土下座するならまだしも…」

コナン「その後一生おっちゃんがもう1人の親父にになるなんて耐えられねぇ!」

コナン「オレの憧れた父さん(優作)とおっちゃんが同ランクになるなんて!」

灰原「まぁ工藤夫妻と毛利夫妻が揃ったら明らかに毛利探偵浮くわね」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 21:15:36.82 ID:Pq7D9UBq0
コナン「夫妻…そうだ!おばさんにおっちゃん説得してもらえば…」

コナン「なんだかんだで奥さんには頭上がらねーからおっちゃん」

灰原「それはいいかもしれないけど、情けなくないかしら?」

コナン「え?」

灰原「そういうのは自分の力で手に入れる物だと思うけど」

コナン「た、確かに…」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 21:27:04.39 ID:Pq7D9UBq0
灰原「それはさておきそんなに毛利探偵が自分の上に立つのが嫌なの?」

コナン「いや別におっちゃんが嫌いとかそんなんじゃねーんだ」

コナン「そもそもおっちゃん馬鹿じゃねーしな」

灰原「一応大卒で元刑事だものね」

コナン「あのビル実はおっちゃんのだから何気に金もあるしな」

灰原「まぁ借金してた事もあったみたいだけどね」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 21:31:31.20 ID:Pq7D9UBq0
コナン「それにたまにはオレを凌駕する推理したこともあるしな」

灰原「伊達にあなたの倍は生きてるだけはあるわね」

コナン「あの状態をいつでも保てていればな」

灰原「それだとあなたがいらない子になるわね」

コナン「た、確かに…」

コナン「まるでヒーロー物に出てくる防衛軍の気分だぜ…」

灰原「活躍できないと立場ないけど番組的にはヒーローを勝たせないといけない…難儀よね」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 21:36:08.96 ID:Pq7D9UBq0
コナン「オレは一体どうすればいいんだ…」

灰原「まぁ方法は色々あるけど…例えば」

コナン「例えば?」

灰原「思い切って正体をバラす」

コナン「おい!」

灰原「少なくとも今までの恩売れるから蘭さんとの仲認めさせ安いと思うけど?」

コナン「そ、そうだけどよ…」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 21:41:23.71 ID:Pq7D9UBq0
コナン「し、しかし皆を危険な目にさらすわけには…」

灰原「今更なに言ってるのよ」

コナン「え?」

灰原「皆既に命の危機なんて何度も味わってるでしょう?」

コナン「あ…」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 21:45:37.81 ID:Pq7D9UBq0
灰原「私やあなたは言わずもがな」

灰原「蘭さんもヒロイン補正で何度もピンチに陥るし」

灰原「吉田さん達だって最早小1の体験しちゃいけない危機を何度も乗り越えてきたじゃない」

灰原「今更組織の攻撃なんて耐えられなくはないでしょう?」

コナン「そ、そうか…」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 21:49:25.09 ID:Pq7D9UBq0
灰原「いつの間にか私達の戦力凄い事になってるしね」

コナン「あ…」

灰原「警察は勿論FBIにCIAに公安、他にも格闘技経験者多数、もしかしたらあのキザな怪盗さんも手を貸してくれるかも」

灰原「もう正体隠してる意味って何?って感じよ?」

コナン「た、確かに…」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 21:55:46.44 ID:Pq7D9UBq0
コナン「こう見るとある意味オレにとって最大の悩みは組織との対決じゃなくて…」

コナン「戻った後のおっちゃんとの関係かもしれんな…」

灰原「後はそうね…今からひたすら媚を売るとか」

コナン「え?」

灰原「まぁそれは言い過ぎだけど、折角同居してるんだから本当の父親みたいに思って接してみたら?」

コナン「成程…」

灰原「そうすればいざ義父になった時に少しは抵抗感なくなるんじゃない?」

コナン「確かにそうだな」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 22:00:11.94 ID:Pq7D9UBq0
コナン「しかし意外だな」

灰原「何が?」

コナン「お前が全然接点のないおっちゃんの事そんなに興味持つなんて」

灰原「だからこそ色々可能性を考えちゃうのよ」

コナン「なら試しにしばらく居候先交換するか?」

灰原「え?」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 22:28:36.54 ID:Pq7D9UBq0
コナン「実は今蘭が空手の合宿に行っててな…しばらくおっちゃんの晩飯を…」

灰原「うーん…」

コナン「どうだ?」

灰原「…今はやめておくわ、今の私の精神で耐えられる自身ないし」

コナン「そうか…」

灰原「ま、あなたは頑張りなさいよ」

コナン「おう」

ガチャ

阿笠「今帰ったぞ~おや、2人して何を話してるんじゃ?」

コ哀「何でもない!」


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 22:42:04.32 ID:Pq7D9UBq0
~それから、毛利探偵事務所~

小五郎「ふぅ~今日も疲れたな~」

コナン「おじさーん!」

小五郎「どうした坊主?」

コナン「肩揉んであげよっか?」

小五郎「は?」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 22:54:53.93 ID:Pq7D9UBq0
小五郎「何だよ突然、気持ちわりーな」

コナン(くっ、我慢我慢…)

コナン「い、いいじゃんたまには!」

小五郎「ま、まぁいいけどよ、ほれ」

コナン「そ、それじゃ…」

モミモミ…

コナン「ど、どうかな?」

小五郎「少しは楽になったかな」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 23:00:16.75 ID:Pq7D9UBq0
小五郎「中々上手いじゃねーか」

コナン「あ、ありがとう!おじ…お父さん!」

小五郎「!?」ビクッ

コナン(つ、ついに言っちまったー!)

小五郎「お、お前今オレの事…」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 23:04:29.87 ID:Pq7D9UBq0
コナン「ご、ごめんつい…」

小五郎「そ、そうか…」

コナン「・・・・・」

小五郎「・・・・・」

小五郎「あ、あのよ…」

コナン「え?」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 23:11:34.00 ID:Pq7D9UBq0
小五郎「この家に住んでる以上、お前も家族、オレの息子みてーなもんなんだからよ」

小五郎「何か困った事があるんなら相談してくれてもいいし、もっと甘えたっていいんだぜ?」

コナン「う、うん!」

小五郎「ま、事件現場引っ掻き回したり、余計な口出しはやめて欲しいがな」

コナン「じゃあもっと探偵レベル上げてよおじさ~ん!」

ゴチン!

小五郎「一言多いわ!」

コナン「痛って~!」ズキズキ

~ドアの向こう~

蘭「フフフ、相変わらず仲良いわね~」

その後、全てが終わった時2人の仲が良好になったかどうかは定かではない…

~おわり~


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 23:13:32.43 ID:Pq7D9UBq0
これで終わりです

コナンにとって最大の障害は組織ではなくおっちゃんに蘭との結婚認めてもらう事ではないだろうか…

後灰原と小五郎のコンビも見てみたい気もします


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470755419/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「コナン」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2016/08/11(木) 13:01:52

    光彦が…死なないだと…


  2. 2016/08/24(水) 20:01:58

    マヂキチじゃない…だと!?


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ