Powered By 画RSS


犯人「お宅の娘を預かった」母『ええ?何ゆえ?』

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 22:10:18.62 ID:VuYlEKtx0
犯人「いいか。今から言うことをよくきけ」

母『え?え?あの、娘は……』

犯人「心配するな」

母『いえいえ。まだ、10歳ですよ?』

犯人「そうだな」

母『そんな……まだ、早いと思いますけど』

犯人「何の話だ?」

母『あと五年は待っていただけないでしょうか?』

犯人「バカか。今すぐ必要なんだ」

母『まぁ、そういう性癖なんですか?』

犯人「あ?」

母『え?』




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 22:13:06.39 ID:VuYlEKtx0
犯人「とにかく、今から言うことをだな……」

母『あの、娘をどこで?』

犯人「小学校の前だ」

母『あら、ランドセルが好みなんです?』

犯人「好み?いや。別にランドセルに興味はない」

母『じゃあ……どこに惹かれて?』

犯人「金だ」

母『うちのこ、財布にはいつも500円しか入ってないはずですけど』

犯人「ちょっとまて」

母『はい』

犯人「おい」

少女「ん?」

犯人「お前の母親、バカなのか?」

少女「しらん」

犯人「……」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 22:17:00.78 ID:VuYlEKtx0
犯人「よし。わかった」

犯人「もう何もいうな。俺の言うことだけを黙ってきけ」

犯人「ん?おい!!聞こえているのか?おい!!」

母『―――すいません。うちのジョンが餌がほしいって、おほほほ』

犯人「お前、状況が呑めてないようだな」

母『と、いいますと?』

犯人「いいか?俺はお前の娘を預かったんだ。それはわかるな?」

母『ええ』

犯人「よし。事の重大さも分かるな?」

母『ごめんなさい。数学は苦手で……』

犯人「もういい。三時間後にもう一度連絡する。5000万用意しろ」

母『えっと……ジンバブエドルで?』

犯人「円だ」

母『わかりました』

犯人「頼むぞ」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 22:21:32.10 ID:VuYlEKtx0
犯人「ふぅ……」

少女「……おい」

犯人「あ?」

少女「この私の両腕の自由を奪っている楔をとってくれ」

犯人「お前、変な本でも読んでるだろ?」

少女「はやくしろ」

犯人「解くわけないだろ」

少女「そうか。ならばおしっこを盛大に放射するがよろしいか?」

犯人「やめろ。……ほら、たて」グッ

少女「むぅ……この楔さえ解ければ、すぐに厠へいけるというに」

犯人「……」

少女「くぅぅ。これが我が暗黒パワーを封じ込めている鎖かぁ!!」

犯人(頭いてぇ……)


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 22:22:27.73 ID:RvjL3v/F0
10歳で厨二病発症か


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 22:22:57.78 ID:DPLrHVCs0
なるほど、親がダメだと子もこうなるのか


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 22:24:41.46 ID:VuYlEKtx0
少女「おわった。流せ」

犯人「おい。立場が分かってないのか」

少女「分かっている。お前は私を殺すことはできない」

犯人「……」

少女「ふふーん」

犯人「てめ……」ペシーン

少女「いたっ!?」

犯人「調子にのるなよ……糞ガキ……」

少女「な……」

犯人「てめえの小便ぐらいてめえで流せ」

少女「……」

犯人「ふんっ」

少女「脚払い!!」ザンッ

犯人「おわっ?!―――っとと!!おまえ?!」

少女「私は誘拐された身だぞ!!手厚くもてなして!!」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 22:28:34.63 ID:VuYlEKtx0
犯人「……」

少女「それに私の触手は封印されている。これでは水を流すことも叶わない」

犯人「……」ゴソゴソ

少女「まぁ、1割の力でも地球を割ることなんて簡単に―――」

犯人「……黙ってろ」ペタッ

少女「むー!!!むー!!!!」ジタバタ

犯人「……誘拐する家庭をもう少し調査するべきだったな」

少女「むー!!!むー!!!」

犯人「だまれ!!」

少女「……」

犯人「それでいい」

少女「……」グゥ~

犯人「……腹がへったのか?」

少女「むぅ」コクコク

犯人「……」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 22:32:14.73 ID:VuYlEKtx0
犯人「―――ほら。これでもくえ」

少女「むー!!」ジタバタ

犯人「ちっ……」ベリベリ

少女「ぷはぁ!!」

犯人「黙って食え」

少女「いただきまぁーす!!!!」

犯人「黙って食えっていっただろ!!」

少女「いただきますって大事でしょ!!」

犯人「もういいから、静かにしてろ!!」

少女「はぁい」

犯人「はぁ……はぁ……」

少女「……」モグモグ

犯人「……」

少女「……」モグモグ

犯人(聞き分けはいいようだな……)


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 22:36:22.78 ID:VuYlEKtx0
三時間後

犯人「む……。そろそろ電話するか」

少女「ぐぅ……ぐぅ……」

犯人「のんきな奴だな……」トゥルルル

母『もしもし?』

犯人「5000万は用意できたか?」

母『それが、高収入のアルバイト広告を見ていたんですけど、どこも年齢制限があって……』

犯人「なに稼ごうとしてるんだ!!」

母『え?まだ、若い子には負けませんよ』ムフー

犯人「やめろ。体は大事にするんだ」

母『あら。お優しいのね。ところで娘は?』

犯人「まだ手を出してない。安心しろ」

母『意外と硬派なんですね。私も安心しました』

犯人「お前、バカだろ?」

母『ば、バカ?!し、しつれいですっ!!流石のわたしも名誉きそんでうったえますよっ!!』プンスカ


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 22:40:30.14 ID:VuYlEKtx0
犯人「いいから5000万だ!!早く用意しろ!!」

母『急に言われてもご用意できません……』

犯人「お前の夫は大企業の重役だろうが。それぐらい調べはついているぞ」

母『あら、旦那をご存知なんですか?いつもお世話になっております』

犯人「なってない!!」

母『じゃあ、誰なんですか?』

犯人「なんでお前が少し怒ってるんだ」

母『だって……お名前も聞いてませんし』

犯人「俺はお前の娘を誘拐したんだぞ?名乗れるわけないだろ?」

母『誘拐?』

犯人「そうだ。俺は誘拐犯だ。身代金の5000万を早く用意しろ』

母『逆探知は成功だ。無駄な抵抗はやめろ』

犯人「なんだと?」

母『うふふ。うそでーす』

犯人「……」イラッ


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 22:46:06.58 ID:VuYlEKtx0
母『一度は言ってみたい台詞だったんですよ。まぁ、順位は5位くらいでしたけど』

犯人「よかったな」

母『ちなみに1位は『おまえはもうしんでいる。あべしー!!』です』

犯人「それはセットか」

母『はい』

犯人「あ、いやいや。とにかく5000万だ。早く用意しろ!!」

母『そんなぁ。意外と重いんですよ、5000万ペセタ』

犯人「円だっていってるだろ?!」

母『今、円高で……』

犯人「関係ないだろ!?」

母『えー?』

犯人「えーじゃない!!早く用意しろよ!!」

母『わかりましたよぉ……タンス預金に100万ほどありますね……たしか』トテトテ

犯人「足りないだろ」

母『前金じゃだめなんですか?』


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 22:50:25.86 ID:VuYlEKtx0
犯人「どこの世界に前金で取引する誘拐犯がいるんだ?!」

母『私、小説読まないので……』

犯人「小説の世界にもいない」

母『最近読んだのは容疑者ワイ!でした』

犯人「聞いてないし、エックスだろ」

母『あら?そうでした?確かあの本……』

犯人「探すな。おい、またかけ直す。いいな。早急に5000万円を用意しろ」

母『体で?』

犯人「現金だ!!」

母『げんきんなやつねー。なんちゃって―――』

ガチャン!!!

犯人「ふー!!ふー!!!」

少女「……ん?どした?」

犯人「お前の母親、なんだあれ?バカとかのレベルじゃないぞ」

少女「しらんがな」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 22:51:46.60 ID:11QN4wtz0
一番まともなのが犯人ってどういう状況だよ④


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 22:56:11.26 ID:VuYlEKtx0
犯人「頭がいたい……。薬を飲むか」

少女「半分は?」

犯人「……優しさでできてるよ」

少女「バッファロー」

犯人「もういい……疲れた。少し休む……」

少女「逃げるぞ?」

犯人「ふん。逃げられるなら逃げてみろ」

少女「両手が封印されていても……私には……大地を踏みしめられる足があるんだぁー!!!」テテッ

ドガッ

少女「うわぁーこけたぁー」キャッキャッ

犯人「ふぅ……」

少女「おこせー!!」

犯人「ねてろ」

少女「了解でありますっ!!」

犯人(負けるな……諦めるな……金のためだ……金のため……)ウルウル


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 23:00:44.12 ID:VuYlEKtx0
少女「おーい!!犯人さーん!!」

犯人「ん……?」

少女「もう1時間経過したぞー」

犯人「あぁ……そうか……」

犯人「ありがとよ」

少女「いえいえ」

犯人「……」トゥルルル

母『はぁーい。天下の王将でーす』

犯人「……餃子一日」

母『ひゃく……まんこっ』

犯人「変なところで言葉を切るな。5000万は?」

母『あのぅ。マコトに申し訳ないのですがぁ』

犯人「なんだ?もうなんでもいえ」

母『口座番号を教えてくれませんかぁ?』

犯人「……手元に用意しろよ」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 23:05:15.30 ID:VuYlEKtx0
母『今時、キャッシュですが?なんて古風なおかたですか」

犯人「もういい。口座番号を教えれば……いや!!だめだ!!」

母『なんでですか?』

犯人「足がつく」

母『誰にもいいませんって』

犯人「信用できない」

母『あら。心外ですわっ』

犯人「……ありえないと思うが……警察とかいないだろうな?」

母『え?』

犯人「警察だ。いないだろ?」

警官『いるよー』

犯人「?!」

警官『かわいいお母さんだとおもった?残念でしたー、おまわりさん―――』

ガチャン!!!

犯人「……バカな……くそ!!あいつ……バカのふりをしてたのか……!!?」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 23:10:12.42 ID:VuYlEKtx0
少女「ふふふ。してやられたという顔をしていますぞ?」

犯人「だ、だまれ!!……いや、まだ俺には人質がいる……大丈夫だ」

ピリリリリリ!!!

犯人「な、なんだ!?」

少女「着信アリだぁ」

犯人「……も、もしもし?」

警官『いきなり切るなよ。渾身の一発ギャグを疲労したのに電話切られてるとか、ないわー』

犯人「なんでこの電話番号がわかった?」

警官『ふふ。おわかりいただけただろうか?」

犯人「……」

警官『そうだ。逆探知だ!!ふはーははー!!』

犯人「母親に代われ」

警官『おかあさん、かわってって』

母『はいはい。―――もしもし?なんでしょう?』

犯人「娘の命はないと思え」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 23:14:02.89 ID:VuYlEKtx0
母『え?あ、もう一度言ってください』

犯人「いいか?娘の命はないと思え!!」

ツーツー

犯人「切れてる……」

ピリリリ

犯人「もしもし?」

警官『どうだ?ちょっと寂しかっただろ?』

犯人「わかったから母親に代われ」

警官『ロリコンでマザコンか。すくえんな』

犯人「いいから!!」

警官『おかーさーん』

母『はいはい。―――もしもし?今、刑事さんたちにお夕飯を準備していて忙しいの。またにしてくれる?』

犯人「ふざけんな!!娘がどうなってもいいのか?!」

母『まだ男性との経験はないと思いますので、できるだけ優しくしてあげてください』

犯人「警官にかわれ!!話にならない!!」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 23:19:58.05 ID:VuYlEKtx0
警官『なんだ?』

犯人「いいか?バカ女の旦那を連れて来い。直接話がしたい」

警官『ファザコンも患ってるのか。お前、キャラ濃いなー』

犯人「違うっ!」

警官『おとーさん。よんでるよー。―――はぁーい。パパだよぉ?』

犯人「あそぶんじゃねえ!!」

警官『なんだよ。場を和ませようとしてるんじゃないか』

犯人「こっちには人質がいるんだぞ!!」

警官『む……無事なんだろうな?』

犯人「さぁな。五体満足で帰られるかはお前らの態度次第だ」

警官『性奴隷にだけはするなよ。捕まるぞ』

犯人「しねーよ!!」

警官『で、娘さんの声を聞かせろ。本当に無事なのか確認したい』

犯人「ふん……おい」

少女「なんだぁ?」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 23:25:26.52 ID:VuYlEKtx0
犯人「なにか喋れ」

少女「なにかって?」

犯人「なんでもいい」

少女「天光満つる所に我はあり。黄泉の門ひらく所に汝あ―――」

犯人「この通り元気だ」

少女「さいごまでいわせてよー!!」

警官『出でよ!!神の―――』

犯人「5000万だ!!いいな!!」

警官『5000万元?』

犯人「円だよ?!わかれよ!?」

警官『通貨単位を言わないとわからないし』

犯人「なんで拗ねてんだ……」

警官『わかった。5000円な』

犯人「……」

警官『冗談!冗談だって!!もう!!冗談が通じないやつだなぁー』


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 23:30:03.14 ID:VuYlEKtx0
犯人「1時間後に連絡する……」

警官『アイアイサー』

ガチャン

犯人「……」

少女「こがはざん」

犯人「はいはい」

少女「疲れてるな。肩でももんでやろうか?」

犯人「……」

少女「私はにげないっ!!」ドーン

犯人「縛られた状態で偉そうに……」

少女「私の肩もみ・肩たたきはうまいって定評があるんだよ」

犯人「大人は子どもに対して皆そういうんだ」

少女「乙女ショック!!」

犯人「……」

少女「よよよ……私はまた大人の汚さをしり……そして私も穢れた大人になるのね……」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 23:34:45.94 ID:VuYlEKtx0
犯人「……」ブチッ

少女「あれ?縄ほどくの?」

犯人「もう疲れた……好きにしろ」

少女「えー?」

犯人「俺には無理だったんだ……誘拐なんて……」

少女「……」トコトコ

犯人「リストラされて……就職先もなくて……もうこうするしか……おもいつかなくて……」

少女「……」

犯人「何ヶ月もシミュレートして……誘拐する子どもも……その家庭環境も念入りに調べたのに……くそぅ……」

少女「……」トントン

犯人「……何の真似だ?」

少女「気持ちいい?」

犯人「好きにしろっていっただろ」

少女「だから肩をたたいてるんでしょ!!バカぁか!!?」トントン

犯人「そ、そうか……」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 23:40:38.55 ID:VuYlEKtx0
少女「ふんふふーん」モミモミ

犯人「……」

少女「かゆいところはありませんかぁー?」モミモミ

犯人「全然違うな、それ」

少女「私は背中がかゆいです。かけ、おらぁ」

犯人「……ここか?」ポリポリ

少女「違うよ。もっと下」

犯人「ここか?」ポリポリ

少女「違う違う。もっと下」

犯人「あー?ここか?」ポリポリ

少女「ふっ。少女の尻をかくとはいい度胸だ。豚箱いきだよぉ!!」

犯人「……」

少女「ふふふ。誘拐犯と前科にかかれるか、それとも女児に悪戯とかかれるか……その運命は私がにぎったぁ!!」

少女「故にお前はもう、私に逆らえない!!―――さぁ、チョコレートを買ってこい。いちごのやつだぞ」

犯人「でてけ」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 23:45:24.53 ID:VuYlEKtx0
犯人「立て」グイッ

少女「きゃう!?」

犯人「もういい。面倒みきれん」ガチャ

少女「今、冬ですよ?!さむっ?!」ブルブル

犯人「知らん」

少女「まって!!ぎゃくたーい!!」

犯人「家にかえれ」

少女「どこよここ!?早速迷子だぞ!!」

犯人「そこの道路をまっすぐ南にいけば駅がある!!」

少女「500円でかえれんのぁ?!」

犯人「……」

少女「それは無理な顔だー!!うわーん!!」

犯人「お、おい……大声でなくな……」

「なんだ?なんだ?」

「女の子がないてるぞー?」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 23:49:53.08 ID:VuYlEKtx0
少女「うわーん!!おじさんがおちんぽみるくとかいってくるー!!!」

犯人「いってねーよ!!」ふざけんな!!」

少女「うわーん!!ソーセージがふっといよぉ!!」

犯人「お前本当に小学生か!?」

ざわざわ……

「ロリコンだ……」

「うわぁ……」

犯人「くっ……!!はいれ!!」

少女「やったぜ」グッ

「……」ジーッ

犯人「えっと。うちの妹で……」

少女「ごめんね。おにーちゃん!」

「なんだ。微笑ましいうらやま兄妹か」

犯人「……」

少女「はやくこたつでみかんたべよっ!」


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 23:53:49.39 ID:VuYlEKtx0
少女「あったけぇ……」

犯人「はぁ……」

犯人(追い出すこともできないのかよ……)

ピリリリ

犯人「……」

少女「電話だ。もしもーし、人質でーす」

母『もう八時だけど、まだ帰れそうにないの?』

少女「もうちょっとかかり―――」

犯人「勝手にでるな!!!」

少女「あぁん」

犯人「もしもし?」

母『あ、いたいた』

犯人「旦那は?」

母『残業だそうで』

犯人「つれもどせ……たのむ……」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 23:59:17.74 ID:VuYlEKtx0
母『あ、あげませんよ?』

犯人「いるかっ!?」

母『でも、半分っこなら……うふ』

犯人「変な想像するな」

母『あぁ……そんなところに……あぁ……』モジモジ

犯人「5000万円は?」

母『あ、そうそう。ご用意できたんです。それを伝えようと思って』

犯人「真っ先に伝えろ!!」

母『ご、ごめんなさい。娘が出るとは思わなくて、思わず忘却のかなた」

犯人「よし……いいか?今から指示するところにその金を置いて来い」

母『え?』

犯人「なんだ?」

母『でも……こんな大金をどこかに放置したら……餓鬼どもが群がりますよ?』

犯人「お前、娘にどんな本を読んでるんだ?」

母『死神代行するあれです。うふっ』


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:05:38.89 ID:5QRDbwiZ0
犯人「そうか……。警察はいるか?」

警官『んー?なんだぁ?今、奥さんの作ってくれた焼きそばに舌鼓をうってたんだけど?」ズルズル

犯人「こっちはなにも食べてないぞ」

警官『またまたー。10歳の女の子を食べたんだろー?んー?』

犯人「だまれ」

警官『んで、なんだ?』ズルズル

犯人「金があるな?」

警官『おう。すごいな。俺が欲しいぐらいだ』

犯人「△町○丁目×番地にある公園、わかるな?」

警官『うん』ズルズル

犯人「0時丁度に金を何かに詰めて公園の中央に置け」

警官『なんで?』

犯人「金を受け取りたいからだよ!!」

警官『そこの住所教えてくれた郵送するけど?』

犯人「できねーよ!!!それぐらいしってるだろ?!小分けして送る気かぁ!?」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:07:35.63 ID:Jw0YdMau0
警官行儀悪いw


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:09:56.73 ID:5QRDbwiZ0
警官『なにかに詰めれば金ってわからないし、大丈夫だって』ズルズル

犯人「……ズルズルやめろ」

警官『おう』

犯人「とにかく言うとおりにしろ。詰める物は……そうだな、アタッシュケースにしろ」

警官『わかった』チュルルン

犯人「……よし」

警官『おーい!!アタッシュケース用意してくれー!!』

警官『うーっす!!』

警官『あ!!こら!!一万円抜き取ろうとするなよ!!』

警官『一枚ぐらいばれないですって―――』

ツーツー

犯人「……」

少女「んで、どうなった?」

犯人「……最後の仕上げだ。付き合ってもらう」

少女「ま、まじで……ま、まぁ……その……あの……いいけど……」ポッ


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:12:58.36 ID:+yJGAzkk0
警察腐ってんな
支援


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:13:26.60 ID:rn36qRG+0
少女…


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:16:18.77 ID:5QRDbwiZ0
犯人「乗れ」

少女「初デートでドライブとか洒落てるね」バタン

犯人「……」ガチャ

少女「音楽なにがあるの?」

犯人「ん?そこにCDがあるだろ?」

少女「えっと……えあろすみす?なんじゃこれ、二酸化炭素でも感知してボラボラボラ?」

犯人「……全然違うな。というか、お前、やっぱり小学生じゃないな?」

少女「ボラーレヴィーア」

犯人「いくぞ」ブゥゥン

少女「海がいいなぁー」

犯人「公園だ」

少女「え?海の見える?」

犯人「海好きだな」

少女「なんか、いいじゃん?」

犯人「よくしらんが」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:20:38.30 ID:5QRDbwiZ0
キキッ

犯人「……」

少女「ここー?なにもないね」

犯人「まだ出るな」

少女「なんで……はっ?!まさか……カーセック……」

犯人「違う」

少女「つまんね」

犯人「……おれはそう言う犯罪者になりたくない」

少女「リクライニング、ドーン!!!」バターン

犯人「……」

少女「もういっかい!もういっかい!!」キャッキャッ

犯人「……あと5分か」

ピリリリ

犯人「はい?」

警官『ごっめん!!道に迷った!!3分遅れる!!』


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:25:56.66 ID:5QRDbwiZ0
犯人「ゆっくりでいい」

警官『んだよ。のりわるいなぁ。さっきまでのノリはどこいったんだべ?』

犯人「もう深夜だ」

警官『深夜のほうが変にテンションあがんじゃん。なにいってんだよ』

犯人「いいから急いで来い!!!」

警官『おっけーおっけー』

警官『おーい!!こっちに交番あるぜー!!』

警官『ナイス!!でかした!!』

警官『うっわ!!巡回中だってよ!!警察おわってんなぁ!!』

ツーツー

犯人「……ふん」

少女「ふわぁ……」

犯人「ねるか?」

少女「……いいよ?しよ?」

犯人「マジで殺すぞ?」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:30:37.85 ID:5QRDbwiZ0
犯人「もう10分も過ぎてるぞ……」イライラ

少女「すぅ……すぅ……」

犯人「ん?」

母「……」トテトテ

犯人「あれは……?」

母「……」キョロキョロ

犯人「……」ガチャ

母「あれー?いない……刑事さんたちも……犯人さんも……どゆことー?」オロオロ

犯人「おい」

母「はい?」

犯人「……金は?」

母「……あ!!貴方が?!」

犯人「ああ……誘拐犯だ」

母「まぁまぁ。まだいらしたんですね。お金は受け取ってくれました?」キャッキャッ

犯人「まだだ。どこいった?」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:34:09.63 ID:pDsxM+DP0
おいこら警察wwwwww


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:36:01.81 ID:5QRDbwiZ0
母「刑事さんたちが置いてきますっていって……それで私はおおとりものがみれるかなーって思ってきたんですけど」

犯人「誰一人きてない」

母「あららー。そうですかぁ」

犯人「……娘は車の中だ」

母「そうなんですか?」

犯人「つれて帰ってくれ」

母「えぇ?何ゆえ?」

犯人「何ゆえもくそもない。もう負けだ……諦めた」

母「はぁ?誰にお負けになったのです?」

犯人「お前と!!お前の娘だ!!」

母「あらぁー……もう再起不能?」

犯人「どこみてんだよ!!」

母「あら、やだ。わたしったらド淫乱……」ポッ

犯人「いいから、娘を―――」

母「あ、そーだ。犯人さんが何も食べてないって刑事さんが言ってましたので、焼きそばタッパーに入れてもってきました。冷めてますけど、どーぞ」


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:37:27.86 ID:sU75U+KR0
ついに折れたか


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:41:26.08 ID:5QRDbwiZ0
母「おきておきて」ユサユサ

少女「ん……あ、母上ー」

母「久しぶりー。12時間ぶりかなぁー?」スリスリ

少女「16時間ぶりだよぉー!!」スリスリ

母「ちょっと見ない間に……女になったのね」

少女「うん……」ポッ

犯人「いい加減にしろ」

母「まぁまぁ。照れなくてもいいですのに」

犯人「照れてない!!」

少女「あれがツンデレか……」

犯人「マジで呆れてんだよ!!!」

母「で、焼きそばおいしいで……あれ?食べてないんですか?」

犯人「……箸」

母「きゃー!!ママったらうっかりしちゃってましたぁ!!そーですよね。インド人じゃあるまいし、お箸いりますよねー」

少女「あっは♪お母さんのドジっこがぁー」


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:46:32.82 ID:5QRDbwiZ0
犯人「もういい。帰る。警察も来そうにないしな」

少女「おくってけー」

犯人「ここから家まで徒歩2分ぐらいだろ!!知ってんだぞ!!それぐらい!!」

母「まぁまぁ。ガソリン代はお支払いしますから……体で」

犯人「やめろ!!旦那がいるんだろ!!!」

母「あらやだ、娘がですよー」

少女「うっふん。かもーん」スルスル

犯人「ぬぐな!!」

母「人妻の魅力が分かる人に悪い人はいませんけどね……うふっ」

犯人「……」

少女「はやく車だしてー」

母「だしてぇ」

犯人「……あぁぁ!!!!はやくのれ!!」

少女「やったぜ」グッ

母「やったぞ」グッ


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:50:51.26 ID:5QRDbwiZ0
キキッ

犯人「ここでいいな?」

母「はい」

少女「たのしかったぞ。また誘拐してくれ!」

犯人「二度としない!!!」

母「はっ!!次はわ、私ですね……」ブルブル

犯人「顔がにやけてるぞ」

母「あれ?そうですか?」

少女「またなー」

犯人「二度と会うことはねーよ」

少女「ふっふっふ。こっちは電話番号をつかんでるんだぜ?」

犯人「すぐに破棄するに決まってるだろ」

母「あの……どうして誘拐なんてしたんですか?もっと派手な銀行強盗とかあるのに……」

犯人「うるさい。説教するポイントが違うんだよ」

少女「この人、リストラされてニートなんだって」


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:55:21.67 ID:5QRDbwiZ0
母「まぁ……そうなんですか?」

犯人「ああ……必死に10年働いて……それでも駄目だった……」

母「あの……ちょっと待っててください!!」テテテッ

犯人「あ、おい!!」

少女「ねえねえ。今度はどんな羞恥プレイする?」

犯人「プレイじゃねーよ!!!」

母「はやく!!」

父「な、なんだよ」

母「はい!お待たせしました!!」

犯人「え?」

父「この人か」

母「うん。面接してあげて」

犯人「え?え?」

父「むむ……ママが選んだ男だ。おーし!!採用!!来週からうちの会社にこい!!」バンバン

犯人「……は?」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:56:19.47 ID:rQK/QO5d0
え?


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 00:57:44.14 ID:B8yfswo70
父ちゃんいい人過ぎる


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 01:01:43.60 ID:5QRDbwiZ0
母「きゃー!!パパのふとっぱらー!!」ギュゥゥ

父「やめないかぁー。そう言うことはベッドの上だぞー?」

母「もう!絶倫なんだからっ!」ポッ

父「あははは!!」

犯人「……」

少女「よかったなぁ!!父上の会社は世界中に社員がいて10万人規模の大企業だぞ」

犯人「おい!!ふざけんな!!」

父「なんだと?」

犯人「簡単に決めるな。ちゃんと面接してからにしろ。俺の何がわかるっていうんだ……!!」

父「むぅ……折角誘ってやったのに」

犯人「いいか?!俺はお前の娘を攫ったクズだぞ?!」

父「うむ」

犯人「そんな奴を雇ってどんなメリットがあるんだよ!!」

父「履歴書を相手に見せてから会話するのと、こうして出会って会話するのも同じだと思わないか?結局、第一印象が大事なんだよ」

犯人「誘拐犯の第一印象って破滅的じゃないのか?」


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 01:05:43.36 ID:5QRDbwiZ0
父「まぁ……そうかな?」

母「私はそんなこと思わないけど……」

少女「頑固だなぁー」

犯人「もういい……。でも、誘ってくれて嬉しかったです」

父「そうか」

犯人「それじゃあ、失礼します」バタン

少女「またつれさってねー!!」

母「焼きそば、たべてくださいねー」

犯人「……」ブゥゥゥン

犯人「……」

犯人(はぁ……)

犯人(疲れただけだったなぁ……)

犯人(さてと……行くか……)

ブゥゥゥン


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 01:08:48.93 ID:5QRDbwiZ0
キキッ

犯人「……」バタン

犯人「……」スタスタ

ガチャ

警官「ん?どちらさま?」

犯人「女の子を誘拐しました」

警官「え?その女の子どこよ?」

犯人「……もう返しました」

警官「えー?証拠は?」

犯人「調べればすぐにわかります」

警官「……逮捕されたいの?マゾ?」

犯人「違います……。営利誘拐したんです」

警官「証明するものがないと、こっちも誤認逮捕になっちゃうし」

犯人「……もういいです……かえります……」

警官「んー。お大事にー」


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 01:13:07.28 ID:5QRDbwiZ0
犯人「……」ガチャ

犯人「疲れた……」

犯人「寝よう……」モゾモゾ

犯人「はぁ……」

少女「疲れてんな」

犯人「うお?!」

少女「肩もんでやろうか?」

犯人「な、なんで……」

少女「パパの情報網を甘くみたなぁー?電話番号から住所ぐらい割り出せるんだぜ」

犯人「いや……さっきとのところとは違う場所なんだが……」

少女「母上と父上から許可を貰ってきたから、これからは一緒な」

犯人「なんだと?!」

少女「よろしくいっといって」

犯人「うわぁぁ!!!」

少女「ひゃっはー」


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 01:18:48.90 ID:B8yfswo70
なん…だと


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 01:20:10.83 ID:5QRDbwiZ0
翌朝

犯人「……」

少女「よぉー、朝飯できるぜー」

犯人「……」ゴシゴシ

母「うふふ。顔を洗ってきてくださいな」

犯人「……おい」

少女「朝ごはんを作りにきてくれたんだー」

母「娘はまだ料理が駄目なんで」

少女「包丁が血を欲するが故に手を切っちゃうんだ」

犯人「―――もう自首させてくれぇ!!」


テレビ『今日未明、大金をもった警官10人が飲食店で酒に酔い、店員に暴行を加える事件がありました』

テレビ『その警官10名はもれなく御用になりました。次のニュースです。ペンギンが逃げ出して人間が大慌てするという凄惨な事件が―――』


おしまい


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 01:21:21.78 ID:3ewTRFQo0
ニュースキャスターもおかしいだろ


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 01:24:32.50 ID:QtE528jr0

面白かったぞ


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 01:25:11.75 ID:SozqHk6D0
乙楽しめた


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 01:25:47.92 ID:DcRlM3HB0

ペンギンとはタイムリーな


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 01:32:02.56 ID:EjOj838O0
警官wwwww


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 01:32:26.55 ID:iBM1arJL0
ほのぼのとしてて良いね。面白かった。


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/06(火) 02:10:19.29 ID:U5TMqUisI
5000万取られてもけろっとしてる家族が羨ましい





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2013/09/25(水) 14:25:27

    無駄に面白かった


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ