Powered By 画RSS


志希「my secret」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 23:49:28.65 ID:qX8GxCwY0
たぶん短め モバマス
デレステで限定一ノ瀬志希ちゃんSSR引けなかった記念


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 23:57:34.19 ID:qX8GxCwY0
P「志希ー。お前俺のスーツどこにやった」

志希「えー? スーツなんて知らないよー、何の話かにゃー」

P「さっき周子が教えてくれたぞ。お前がスーツ持ってどっか行ったって」

志希「……見間違いじゃな」

P「外回り行けなくて仕事がなくなってアイドル辞めることになっても」

志希「あーあーあー分かったってばー! 怖いこと言わないでよもー……」

P「どっちが悪いと思ってんだ……」



志希「(最初は、ただの興味)」




3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 00:03:07.33 ID:Zj3jUwLF0
P「――――はー、外回り帰ってきましたー」

志希「おおー、お疲れ様ー」

P「サンキュー。はーあっつ……」

志希「あ、スーツちょっと借りるね」

P「後で返せよ。コーヒー作るけどいるか」

志希「もらうー。ありがとね」

P「おう。待ってろ」



志希「(なんだか不思議な、面白い匂いがして)」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 00:09:51.91 ID:Zj3jUwLF0
P「――――ほれ。スーツにこぼすなよ」

志希「ありがとー。……んー、インスタントのいい香り♪」

P「インスタントで満足ってまた安上がりな」

志希「んー、何というかこう……ガソリンの匂いが好きな人っているでしょ、そんな感じ」

P「あー? ……ああ、なんとなく分かったかも」

志希「おお、伝わるもんだねー。 さすがはキミだ!」

P「褒められてんだかどうなんだか……」

志希「もー褒めに褒めてる!花丸あげちゃう!」

P「あぁそう」

志希「んにゃー、釣れなーい」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 00:16:29.56 ID:Zj3jUwLF0
志希「(次第に、あたしの視線は自然とキミに吸い込まれていくようになっていった)」



志希「はー、はー、はー」

P「お疲れ様でー……って、大丈夫かおい。ほら水」

志希「んあー、キミかー……いや、レッスンで疲れちゃって。あはは」

P「珍しいな、お前がへばるまでレッスンしてるなんて」

志希「んぐ、ごくっ……ぷは」

志希「んー、何だろ。こないだのライブから、なんだかあたしがあたしじゃなくなったみたいな感覚がしてさ」

P「お前がお前じゃなくなった?」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 00:26:45.74 ID:Zj3jUwLF0
志希「そー。こう、この前までのあたしならこう考えてたはずなのに、って」

志希「自分で分かってるのに、なんだかいつも通りの考えにまとまらないというか」

P「……それはつまり、ライブに影響を受けたってことで?」

志希「そうともゆー?」

P「めんどくさい言い回し方しやがって……まあでも」

志希「んー?」

P「常からぶっ飛んでるお前をスカウトして、そのお前がこうして影響を受けてるってことは」

P「ちょっとくらいは、お前にも刺激的な世界が見せられたってことだよな」

志希「……あー」

P「それが分かっただけでも安心したよ。お前が楽しそうで何よりだ」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 00:30:59.63 ID:Zj3jUwLF0
志希「……んふふ。なんか、珍しいこと言うね?」

P「そりゃ、俺の飽き性な担当アイドルの話だからな」

P「言わないだけで考えてんだ、よっと」

志希「あれ、もう面会はおしまい?」

P「お前が頑張ってんのに、それを見せ付ける仕事の場がなきゃダメだろってことだ」

志希「おー……うん、いってらっしゃい」



志希「(何がきっかけで、いつからだっただろう。忘れちゃったけど)」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 00:36:51.50 ID:Zj3jUwLF0
志希「(あたしは、どんどん変わっていく、変えられていく)」



P「はい、ええ……あー、それでしたらうちの速水なんかが……はい」

志希「……」

周子「おー? 珍しい光景だ」

志希「……あ、周子ちゃん。どったの?」

周子「こっちの台詞じゃーん。志希ちゃんがぼーっとしてるなんて珍しくない?」

志希「あー。言われてみればそーかも」

周子「あはは、当の本人は全く意に介さず。どうしたもんかなー」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 00:42:04.22 ID:Zj3jUwLF0
志希「(それなのに、肝心のキミは、いつまでもキミのままで)」



P「そうですね……あっ、周子! ちょうどいい、ちょっと来てくれ!」

周子「お? なんか呼ばれてる。行ってくるねー」

志希「はーい」

周子「はいはい、どしたのー……」

P「急で悪いんだけど、ここの予定の……」


志希「……」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 00:45:19.50 ID:Zj3jUwLF0
志希「(明くる日も、明くる日も)」



志希「おはようございま……ふぁぁ」

ちひろ「あら、志希ちゃん。おはようございます、朝早くから珍しいですね」

志希「んー……あ、そーだ。プロデューサーは?」

ちひろ「プロデューサーさんは、今日はテレビ局で会議と、その後撮影の付き添いですね。しばらく帰って来ないと思います」

志希「そっかぁ……んじゃーしばらく仮眠室使いまーす」

ちひろ「? はい、おやすみなさーい」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 00:50:07.56 ID:Zj3jUwLF0
志希「(あたしは瞼の裏に焼きついたキミを、無意識に追いかけていた)」



志希「あ、プロデューサー」

P「おー、志希。悪い、これから外回りなんだわ」

P「レッスンはフレデリカと奏と一緒に行ってくれ。悪いな、送り迎え出来なくて」

志希「あー、そっかそっか。うん、仕方ないよ」

志希「代わりに、次見かけたらハスハスさせてね~♪」

P「はは……考えとくわ。行ってくる」

志希「いってらっしゃーい」


志希「……」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 00:55:48.86 ID:Zj3jUwLF0
志希「("それ"の正体が分かってからは、本当にすぐだった)」



奏「なんだか最近、すごく大人しいじゃない」

志希「……へ? 何が?」

奏「あなたのこと」

志希「えー? そんなに大人しい?」

奏「まぁ、プロデューサーの前以外では、っていう文言が付くけど」

志希「え」

奏「……もしかして、あなた」



志希「(この、よく分からないモヤモヤ)」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 00:57:11.86 ID:Zj3jUwLF0



志希「キミが好き、ってこと」




14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 01:03:27.32 ID:Zj3jUwLF0
P「はぁ、はぁっ……志希、お前、何盛った」

志希「んー? んっとね、簡単に言うとあたし謹製の惚れ薬、ってやつかな」

P「なん、むぐっ」

志希「ちゅ……っぷは。にゃは、口移しの追い惚れ薬。あたしも飲んじゃった」

P「なんだよ、これ、なんで」

志希「なんで、かー。なんでって言われると、あたしにも説明しようがないよ」

志希「あたしはキミのことが好き。これが全て」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 01:08:23.03 ID:Zj3jUwLF0
志希「本能っていうのは厄介なものでさー、最終的に行動の良し悪しを決めるのはそいつなんだ」

志希「好きか嫌いかって、理性じゃどうしようもないもの。説明なんて、上辺だけの言葉じゃつけようがない」

志希「あたしの本能が、キミじゃなきゃダメだーって、うるさいったらないの」

志希「だから、こうした」

P「はぁっ……お、俺は……」

志希「……うん。いろんな人に迷惑かけてるなーって、分かってるんだよ。あたし」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 01:12:59.53 ID:Zj3jUwLF0
志希「でもね」

志希「キミがあたしを狂わせた。キミは、あたしには劇薬だったんだ」

志希「なのに、キミはあたしに向いてくれないって、分かっちゃった」


志希「ごめんね」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 01:15:26.26 ID:Zj3jUwLF0
P「……志希。志希」

志希「――――にゃは。うん、あたしはここだよ」

P「志希、俺は、もう」



志希「(目は虚ろ。あたしに両腕を伸ばして、背中をかき抱こうとして)」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 01:25:09.48 ID:Zj3jUwLF0
志希「(プロデューサーも、もう自分がダメになってるって、分かってる)」



志希「うん。大丈夫」

志希「ううん、むしろキミじゃなきゃダメなの」

志希「ほら、あたしを抱いて。キミの匂い、約束通り、ハスハスさせてね」

P「――――」

志希「……ふふ。狂気の沙汰って、こういうことなのかな」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 01:26:29.05 ID:Zj3jUwLF0



志希「あたし、キミのことが――――」




20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 01:28:24.97 ID:Zj3jUwLF0
おしまいです
思いつきで突貫で書いちゃうくらいには志希にゃん大好きです
言葉説明足らず分かりにくくてごめんなさい


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473518968/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ