Powered By 画RSS


椎名法子「ドーナツ・ソング」

2 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 22:52:59.59 ID:gwM6TdD+0
午後三時半、少しお日様も傾いてきたかな?っていうような時間。

私は、事務所のソファで一人座って待っていた。

ソファの前のテーブルには、紙袋が一つ。

まだかなー、まーだかなー…

今か今かと、つい気持ちがはやってしまう。

え?誰を待ってるのか、って?それは…

部屋の向こうのドアががちゃりと音を立てて開く。

その待ち人が、帰ってきた。

私はすくりと立って、その人のもとへ駆け寄った。

「お帰りなさい、プロデューサー♪」





3 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 22:55:01.11 ID:gwM6TdD+0
「法子も戻ってきてたのか。うん、ただいま」

「うんっ!今日もレッスン、バッチリこなしてきたよ!」

「おおっ、それは良いことだな」

どことなく、プロデューサーも嬉しそう。

私も褒められて、ちょっと照れてしまいそうだけど。

「プロデューサーも、外回りお疲れさまっ」

「あはは…ありがとな、法子」

今度はプロデューサーもちょっと照れくさそうにしてた。



4 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 22:56:43.89 ID:gwM6TdD+0
「ちょっと一息つこうかな。色々と歩き回ったから、少し暑くて…」

そう言ってプロデューサーは、襟を持ってパタパタとさせる。

「のども乾いたし、ちょっと冷たいものでも…法子も飲む?」

「うんっ!」

OK、と言ってプロデューサーは給湯室に行き冷蔵庫の中を覗いた。

「んー…何がいいかな…」

私は、はっと思い出す。

「あっ!プロデューサー、私ドーナツ買ってきてるよ!一緒に食べよ!」

「おっ、そうなのか。丁度何か食べたかったんだよ」

「ほんとっ?」

いけない、いけない。すっかり忘れるところだったよ。

今日は、おっきなチェーンのお店のドーナツ。

「それなら法子、コーヒーでいい?」

「うんっ!私もドーナツ用意しておくね!」



5 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 22:58:58.05 ID:gwM6TdD+0
「よっと…、はい、法子」

「ありがと、プロデューサー」

私の前に置かれたのはアイスカフェオレ。プロデューサーはブラックのアイスコーヒー。

グラスは少しだけ汗をかいている。

「はいっ、ドーナツもどうぞ!」

沢山のドーナツが乗ったお皿は、ごとりとテーブルに音を立てた。

「おお、色んなのを買ってきたな…」

「えへへ、悩んでたらつい沢山買っちゃって…」

お皿の上には、フレンチクルーラー、チョコファッション、ハニーディップに…



6 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:02:29.25 ID:gwM6TdD+0
「法子が食べたいのはある?」

「んー…どれも食べたいから、プロデューサーが先に選んで?」

「あはは、法子らしいや。んー、どれにしようかなー…」

プロデューサーに笑われちゃったけど、私、変なこと言ったかなあ?

「おっ、このグレーズのかかったのにしようかな」

プロデューサーが選んだのは、オールドファッションにハニーグレーズがかかったもの。

「それ美味しいよね!私も大好きだもん!」

私もそれを食べようかなと思ってたのは、秘密。

代わりに、ハニーディップを私は手にした。



8 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:05:35.40 ID:gwM6TdD+0
「それじゃあ、いただきまーす!」

プロデューサーはドーナツを一口頬張った。

「…んっ、これ本当においしいな!」

「でしょ?ただでさえ美味しいオールドファッションに、ハニーグレーズだなんて最高の組み合わせだよね!」

どうやら、プロデューサーのお気に召したみたい

「これは病みつきになりそうな味だな…うん、コーヒーにもピッタリだし」

甘みたっぷりのドーナツには、ブラックのコーヒーがピッタリみたい。

「~♪」

プロデューサーは、もう一口、もう一口と食べ進む。

「プロデューサーって、本当においしそうに食べるよね?」

その食べっぷりが本当に美味しそうに食べるから、つい聞いてみた。

ドーナツの欠片やグレーズの欠片やらが、口の周りにいっぱいついてるし。

「そうか?…まあ、美味しいものを食べるのは幸せなことだからかな」

「えっへへ、ドーナツ美味しいもんね!私もドーナツ食べると幸せな気分になるもん!」

「法子も、いつも美味しそうに食べてるもんな?」

ドーナツ食べて幸せな顔をしない人なんていないもんね!

それに、一緒に食べる人がいるとなおさら!



9 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:07:04.92 ID:gwM6TdD+0
「私も、いただきまーす!」

辺りに満ちた甘い香りに我慢ができず、私はドーナツを一口。

「んっ…!」

ハニーディップにかじりつくと、ふわっとした食感とグレーズの甘みがいっぱいに広がる。

美味しい!…けど…

「……あれ?」

・・・・・・・・・・・



10 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:08:00.32 ID:gwM6TdD+0
・・・・・・・・・・

最近、変なことが起きている。

プロデューサーと、二人で一緒にドーナツを食べるとちょっぴり変な味がする。

別に美味しくない、ってわけではないけど…

いつものおいしいドーナツに、ちょっぴり不思議な味が混ざってくる。

決まって同じ、不思議な味。

…何なんだろう?

ちょっと前から、その不思議な味がするようになって…

昨日も確かめてみようと思って、一番身近なお店のドーナツをプロデューサーと食べたけど、やっぱりその不思議な味がした。



11 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:09:31.06 ID:gwM6TdD+0
「…法子ちゃんがそんな難しい顔をするなんて、珍しいですね?」

背後から声を掛けられ振り返ると、そこにはゆかりちゃんが。

「あっ、ゆかりちゃん!」

「こんにちは法子ちゃん」

「もうっ、急に後ろから話しかけられたからビックリしたよー!」

「ふふっ、ごめんなさい。かな子さんがドーナツ作ってきたので、一緒に食べようって話になってますけど、法子ちゃんもどうですか?」

「ホントっ!?」

ドーナツ!?やったね!

「はい。向こうのテーブルで食べますから、一緒に行きましょう♪」

「うんっ!」

思いがけないドーナツのお誘いに心がクルクルと躍る。

あっ、そうだ。不思議な味のことも少しは分かるかも?



12 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:11:33.36 ID:gwM6TdD+0
「…いっただきまーす!」

休憩室のテーブルには、かな子ちゃんと有香ちゃんも座って待っていた。

かな子ちゃん手作りのドーナツは、見た目も本当のドーナツ屋さんが作ったような出来栄え。

つい我慢ができず、早速チョコのかかったドーナツを一口かじる。

「んっ…!美味しい!」

味もとっても良くて、お店のものと全く引けを取らないレベル。

「美味しい?良かったあ、法子ちゃんにドーナツ食べてもらう時って何だか緊張しちゃうんだよね」

「法子ちゃん、ドーナツのプロですからね!」

でも…

「そうですね。有香ちゃんの言う通り、ドーナツのお話になるといつも真剣ですから」

んー…やっぱり、あの味は出てこない。



13 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:12:49.28 ID:gwM6TdD+0
「あの、法子ちゃん?」

「…ふぇ?ど、どうしたの?」

顔を上げると、3人が私の方を見ていた。

「も、もしかして、私の作ったドーナツに何か変なところがあった?」

「ううん、すっごく美味しいよ!そのままお店で売ってもいいくらい!」

「じゃあ、さっきから難しい顔してますけど、どうしたのですか?」

さっきゆかりちゃんから受けた質問を、有香ちゃんからも受けてしまった。

「私が法子ちゃんを誘ったときも、そんな顔をしてましたね?」

「法子ちゃん、何かあったの?」

3人に聞いてみたら、分かるかなあ…?

「実は…」



14 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:14:47.87 ID:gwM6TdD+0
「「「不思議な味???」」」

見事なまでに3人の声がハモった。

「うん、変な話かもしれないけど…」

「不思議な味かあ…私はそういう経験ないなあ」

かな子ちゃんはなさそうみたい。

「ゆかりちゃんも有香ちゃんもない?フルート吹いてるときとか、空手してるときとか」

自分の好きなことをしてたら、そういうこともあり得るのかなと思って、聞いてみる。

「私だったら、不思議な音色、ということになるのでしょうか?…あまり、そういう経験はないですね」

「空手でも…うーん、あまりそういう経験はないですね」

どうやら、ゆかりちゃんと有香ちゃんもなさそうだ。



15 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:16:28.69 ID:gwM6TdD+0
「法子ちゃん、プロデューサーさんと食べたときにその味がするんだよね?」

「うん、そうだよ」

ここからは、不思議な味の正体探し。

「今、私たちと食べたときには、その味はしなかったのですか?」

「うん。その味がするのかなと思って、かなりドーナツの味を確かめたけど、しなかったんだ」

確かに、深く味わっても出てくることはない味。

「その不思議な味は、美味しくないというわけではないのですね?」

「そうだね、なんかちょっと…違和感があるなあって感じかな?何というか、ふと自然に出てくるんだよね」

そうそう、プロデューサーと一緒に食べて、お喋りしてたら突然現れる感じ。



16 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:18:27.16 ID:gwM6TdD+0
「う~ん、何なんだろう?」

考えたら考えるほど、深みにはまっていく感じがするなあ。

途端、携帯の着信が鳴った。みちるちゃんからメールだ。

『そろそろレッスンの時間だから、一緒に行きましょう!』とのこと。

「いっけない、すっかり忘れてた!」

「法子ちゃん、どうしたの?」

「今日レッスンがあるんだった!ごめんね、今から行ってくる!」

急いで荷物をまとめレッスン場へ向かう準備をする。

「ああ、そうでしたか…法子ちゃん、行ってらっしゃい」

「法子ちゃん、しっかり気合を入れて頑張ってくださいね!」

「うん、行ってくる!」

私は勢い良く、休憩室のドアを開けて飛び出した。



17 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:24:06.27 ID:gwM6TdD+0
「しかし、法子ちゃんの言う不思議な味とは、何のことなのでしょうか…」

「うう、私もずっと考えてるのですが、よく分からなくて…!」

「不思議な味…プロデューサーさんと…」

「……」

「かな子さん?」

「かな子ちゃん、何か分かりましたか?」

「もしかしてだけど…その…」ゴニョゴニョ

「ふむふむ…ええっ?」

「ええっ、法子ちゃんが!?」

「分かんないよ?分かんないけど、それが一番しっくりくるっていうか、よく考えたら私も一時期…」

「…へっ?」

「かな子さん、ちょっと詳しいお話を…」

「えっ?ち、ちょっと二人ともどうしてそんなにじり寄ってきて...!」

「ひゃああぁぁぁ……!!」

・・・・・・・・・・


18 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:25:21.71 ID:gwM6TdD+0
・・・・・・・・・・・

あれから何日かしばらく考えてたけど、結局分からないまま。

ドーナツの穴のごとく、ぽっかりと穴が開いたような感じが頭を漂う。

…うん、考えすぎても答えは出ないし、ちょっと考えるのはやめよう。

左手には、今日私が作ったドーナツ入りの袋。事務所にいる人と一緒に食べて楽しんでもらうため。

最近、時子さんと会ってないから、一緒に食べたいけど…

今日は事務所に誰がいるのかなあ?ドアを開けてみてからのお楽しみ。

「こんにちはー!」

と言ってドアを開けると、楓さんと真奈美さんの姿が見えた。



19 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:27:16.03 ID:gwM6TdD+0
「おおっ、法子お帰り」

「こんにちは、法子ちゃん」

「真奈美さん、楓さん、こんにちはー!あれ?事務所は2人だけ?」

見た目はクールだけど、2人ともとても気さくで、とっても大好きな人たち

「ああ、みんなどうやら出払ってるみたいだね」

「時子ちゃんなら、さっきまでいたんですけど…急に用事思い出したとか言って出て行っちゃいましたね」

「あらら、そうだったんだ」

時子さん、会いたかったけどなあ…ちょっと残念。



20 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:28:33.25 ID:gwM6TdD+0
「そういえば法子ちゃん、その紙袋は…?」

「あっ、そうそう!ドーナツ作ってきたんだ!良かったら楓さん、真奈美さん食べる?」

「是非もらうよ。ちょうど、時間的にも何か食べたかったからね」

「私もいいですか?お仕事の時間の都合でお昼を食べてないから、お腹に穴が開きそうなくらいお腹が空いて…」

「ドーナツだけにってことかな?あははっ!たくさん作ってきたから、いっぱい食べてね!」

ドーナツは美味しいしお腹いっぱいになるから、一石二鳥だよね!

小脇に抱えていた大きめの紙袋を、テーブルにどしりと置いた。



21 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:29:56.73 ID:gwM6TdD+0
「…法子の作ったドーナツは本当に美味しいな」

「そうですね。ほんと、どーなったらこんなにおいしく作れるのかな?なんて…ふふっ」

良かったあ、2人とも気に入ってくれたみたい。

楓さんも、冗談がどんどん出てくるくらい元気になったようだ。

「私も食ーべよっと」

2人が食べてる姿を見ると、つい私も食べたくなってきた。

フレンチクルーラーに手を伸ばし、早速一口。

さっくりとした食感と、クリームの優しい甘みが口に広がる。

我ながら、今回もよくできた自信作。味はバッチリ。

味もバッチリ、だけど…あの不思議な味は、出てこない。

「う~ん…何が違うのかな…?」



22 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:31:34.86 ID:gwM6TdD+0
ついポツリと言った私の独り言に、楓さんと真奈美さんはすぐに反応した。

「違う?」

「法子ちゃん、どうしたの?ドーナツの味に不満でもあった?」

「ううん、違うよ?ドーナツは、自分でもよく出来たかなってくらい上手く作れてるよ!」

「それなら、何が違ったんだ?」

「それは…」

大人の二人なら何かわかるかなあ?

「実は、最近…」



23 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:32:54.09 ID:gwM6TdD+0
「…っていうことなの」

私は、例の不思議な味の話をする。

「なるほど、不思議な味か…」

「プロデューサーさんと一緒に食べると、その味がするのね?」

「うん、そうなんだ」

「……」

私がそう答えると、二人とも黙ってしまった。

「…ふふっ」

「うふふっ…不思議な味、ね?」

…あれれ?



24 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:34:30.46 ID:gwM6TdD+0
「な、何かおかしかった?」

「いや、悪かった。ただ、法子はその味が不思議な味だと思ってるんだな?」

「うん、そうだけど…。もしかして二人とも、何か分かったの?」

「うふふっ、私たちはその味が何か知ってますよ」

「えっ!?そ、それじゃあ一体…」

つい、身を乗り出すように尋ねる。

「でも、その味が一体何なのか…それは教えてもらうよりも、自分で見つけ出した方が良いかなあ、って」

「自分で…?」

「ああ、同感だ。私たちが教えるよりも、法子自身が答えを見つけ出した方が、納得も出来るだろうしな」

「んー…私、ずっと考えてるけど、それでも出てこないんだよね…」

「もう少しじっくり考えたら、答えが出てくるかも」

んー、まだ考えてないことも、あるのかなあ?



25 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:37:24.37 ID:gwM6TdD+0
…よしっ!

「うんっ!もうちょっと考えてみるね!楓さん、真奈美さんありがとう!」

「法子、もう帰るのか?」

「来たばかりだよね?」

「うんっ!今日はオフだけど、誰かとドーナツ食べたいなーと思って来ただけだから!」

「それじゃあ、またね!また明日!」

「ああ、また」

「法子ちゃん、またね」




27 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:38:38.43 ID:gwM6TdD+0
「…しかし、何というか意外でしたね?」

「何がだ?」

「法子ちゃんも、そういうことを考える年頃なんだなあ、って…」

「確かに…でも法子も13歳だし、そういうことがあってもおかしくはないと思うけどな?」

「ただ何というか、青春ですね…」


・・・・・・・・・・


28 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:40:05.84 ID:gwM6TdD+0
・・・・・・・・・・・


「…ありがとうございましたー!」

テレビの収録もようやく終わり、ふぅと一息。

カメラの向こう側に目を向けると、プロデューサーがいるのが見えた。

私は、プロデューサーのもとへ駆け寄っていく。

えへへっ…今日もお仕事バッチリだったよね、プロデューサー!



29 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:44:32.49 ID:gwM6TdD+0
「法子、お疲れ様。今日も良かったぞ」

プロデューサーは満足げにしていた。

「ほんとっ?」

「ああ、二重丸だったぞ」

二重丸!それは完璧だね!ドーナツにそっくりで、私にとっての最高の褒め言葉!

「えへへ…そうだっ!ねえねえプロデューサー!今から事務所戻るんだよね?」

「ああ、そうだけど?」

「じゃあ、ドーナツ屋さん寄って帰ろうよ!」

「おっ、法子が今日頑張ったご褒美だな」

「うんっ!」

お仕事終わりのドーナツも格別だもん!



30 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:45:13.14 ID:gwM6TdD+0
着替え終わったらすぐにドーナツ屋さんに行こうか、と言われ急いで楽屋に戻る。

「あっ…」

楓さんと真奈美さんとのお話をふと思い出す。

あのお話しをしてから数日。色々と考えてみた。

色々と考えてみた、けど…

「やっぱり、分かんないなあ…」

ドーナツの輪っかのように、頭の中でグルグルと堂々巡り。

もっと考えることが大切って言われたけど、まだ足りないのかな?

・・・



31 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:48:39.37 ID:gwM6TdD+0
・・・


「よっと…法子、どうぞ」

「ありがとう、プロデューサー」

プロデューサーが飲み物を運んできてくれた。

暖かいミルクティーが置かれ、私の周りに良い香りが広がる。

プロデューサーはブラックのコーヒー。

ドーナツ屋さんの店内では、多くの人がドーナツを食べ、幸せそうにしている。

「早速食べようか」

「うんっ、そうだね」

プロデューサーは、キャラメルのかかったフレンチクルーラーを手にした。

私が、これ絶対美味しいよ!ってオススメしたドーナツ。

私が選んだのは、オーソドックスなドーナツにシナモンのかかったもの。


…今日もまた、不思議な味がするのかな?



32 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:51:04.01 ID:gwM6TdD+0
「それじゃあ…」

「「いただきまーす」」

ぱくりと、大きく口を開けて一口。

サクッとした食感のあと、シナモンの香りがふわりと広がる。

「んっ!美味しいっ!」

ミルクティーとの相性もぴったり。


…あれれ?

今日はあの味、しないなあ。



33 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:52:59.97 ID:gwM6TdD+0
「おー、これ美味しいな」

ふと、プロデューサーの声がした。

「だよね!絶対に合う組み合わせだと思ったもん!」

「法子のオススメだし、間違いはないよな」

「えへへ…」

褒められて、つい照れてしまう。

「本当、法子がチョイスするドーナツはいつも楽しみだよ」

そう言って、プロデューサーは微笑んだ。



34 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:53:55.09 ID:gwM6TdD+0
「あっ…」

「ん?どうした?」

「ううん、何でもないよ」

プロデューサーに悟られまいと、平静を装って首を横に振る。

あの不思議な味がまたやってきた。

どうしてだろう?さっきまで不思議な味はしなかったのに。



35 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:55:15.58 ID:gwM6TdD+0
不思議な味がするのは、プロデューサーと一緒に食べたくないから?

プロデューサーのことが、嫌いだから?

ううん、そんなことはない。絶対。

プロデューサーと一緒におしゃべりして、一緒にドーナツ食べるのはとっても楽しい。

プロデューサーが美味しそうにドーナツを食べてるのを見たら、私も嬉しくなっちゃって…



36 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:55:58.24 ID:gwM6TdD+0
それにプロデューサーは、いつもドーナツの美味しさを受け取ってただけの私を変えてくれた。

色んな出会いや、色んな世界を見せてくれて…

プロデューサーのおかげで、みんなに笑顔を届けることができた。

だから嫌いとか、イヤとかは絶対にありえない。

私の、とっても好きな人。



37 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:57:07.93 ID:gwM6TdD+0
……あれ?

確かに、私はプロデューサーのことが好き。

でも、ゆかりちゃんや有香ちゃん、みちるちゃんのことも、私は好き。

かな子ちゃんや、楓さんに真奈美さん、それに時子さんのことも。

でも、何だろう?

プロデューサーが好きだということと、みんなのことが好きだということ、

同じ「好き」なのに、何かが違う。

何かちょっと違う気がする。



38 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:58:37.30 ID:gwM6TdD+0
「好き」の意味が違うから?

じゃあ、どう違うのかな?

「好き」の意味が違うとしたら…






あっ……

そっか、もしかしたら、私…

いや…もしかしたら、じゃないよね。

私、プロデューサーに……



39 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/13(火) 23:59:57.00 ID:gwM6TdD+0


その瞬間、不思議な味はどこかへ消え、


ドーナツの味は、今まで食べた中で一番美味しいものとなった。





おわり




40 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/14(水) 00:02:36.86 ID:trpngxv80
タイトルは山下達郎のナンバー「ドーナツ・ソング」から。
結構前から、このタイトル使って法子で書きたいなと思ってました。



41 : ◆kBqQfBrAQE 2016/09/14(水) 00:06:03.64 ID:trpngxv80
ちなみにですが、結構前に響メインで同じタイトルで書いてたり。
拙文ですが、良ければ是非ご一読を。

響「ドーナツ・ソング」

めっちゃだぞだぞ言ってる...


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473774610/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ