Powered By 画RSS


【ガルパン】みほ「おいらミホだぜ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/23(金) 21:47:33.53 ID:eeGo2p+/0
※キャラ崩壊注意
時系列は転校してきてすぐ


みほ「~~~~♪」ドンッ

沙織「わっ!?」ドン

みほ「おうおう!痛えじゃねえか!どこ見て歩いてやがんだ?」

沙織「え……ご、ごめんなさい」

華「沙織さんは半歩譲っていました。あなたがまるで避けないのが悪いのでは?」

みほ「なんだと?」

沙織「ちょ!華!」

華「沙織さんは悪くないのに、なぜ謝る必要があるんです?私、こういうの嫌いなんです!」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/23(金) 21:50:55.02 ID:eeGo2p+/o
みほ「いい度胸じゃねえか。覚悟は出来てるんだろうなあ?」

沙織「ちょっとちょっと!」アワアワ

みほ「おら~」ツルッ

みほ「わあ!?」コケッ

華「…………」

沙織「何もない所で転んでるし……」

華「大丈夫ですか?」スッ

みほ「ありがとうございます」ガシッ

みほ「…………やるじゃねえか」

みほ「へっ!覚えてやがれ!」スタコラサッサー

沙織「何あれ?」

華「さあ?でも意外と面白い方でしたね」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/23(金) 21:54:33.55 ID:eeGo2p+/o
杏「西住ちゃん。戦車道…やってくれるよね?」

みほ「なに~!?そんな勝手言われても困っちまうぜ!」

杏「おお~、流石は西住流。勝気で良いねえ」

みほ「馬鹿にしてんのかあ?そんなにボコボコになりたいってんなら、相手になるぜ」

杏「え?いやそんなつもりは無いけど」

みほ「ふん!もう遅え」ガタガタ

みほ「わあわあ!?」ガターン

杏「…………」

みほ「痛たた……」

杏「大丈夫?」スッ

みほ「ありがとうございます」ガシッ

みほ「…………やるじゃねえか」

みほ「今度会ったら倍返ししてやるからな!」

杏「うんうん。それじゃあ戦車道の件よろしくね」

みほ「あっ、はい」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/23(金) 21:57:42.00 ID:eeGo2p+/o
みほ「戦車道か……」

~~~~1年前~~~~

みほ「いーやなあいつをボコボコに~♪」

エリカ「何その歌?変な
みほ「逸見さんも興味あるの!?これはボコのテーマソングで本当にカッコいいんだよ!」

エリカ「そ、そう」

みほ「私はボコになりたいの」

エリカ「いきなり何言ってんのあんた?頭に砲弾でもあたった?」

みほ「ううん。結構、真剣な話なんだ」

エリカ「へえ。あなたがそこまで言うのは珍しいわね。真剣に聞くから話してみなさいよ」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/23(金) 22:02:40.25 ID:eeGo2p+/o
みほ「うん。じゃあ、先にちょっと質問をさせて欲しいんだけど、逸見さんは黒森峰の戦い方ってどう思う?」

エリカ「西住流を体現したような、力強くてカッコいい戦い方だと思っているけど?」

みほ「私はそう思わないな」

エリカ「むっ、どういうことよ」

みほ「カッコいいっていうのはね!ボコみたいに頑張っても最後には負ける戦いだと思うの!」

エリカ「……は?」

みほ「黒森峰は勝つための戦い方だけど、時には負けたっていいんだよ。やられても立ち上がるその姿に感動するんだよ!」

みほ「むしろ勝っちゃダメなの!」

エリカ「……あなた、疲れてるのよ。少し寝て起きた方が良いわよ。隊長には私から言っとくから」

みほ「えー?」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/23(金) 22:05:45.60 ID:eeGo2p+/o
みほ「(その日の晩、私はプラウダに黒森峰の全情報をリークした)」

みほ「(それから数日経ち、決勝のプラウダ戦が始まった)」

みほ「(しかし、こちらの作戦からフラッグ車の情報まで筒抜けだった黒森峰は、プラウダにボコボコにされてしまった)」

みほ「(それでも闘志は消えず来年こそはと胸に誓うボロボロのみんなを見て、私は感動し涙を流した)」

みほ「(この日、黒森峰はボコになったのだ)」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/23(金) 22:08:02.94 ID:eeGo2p+/o
みほ「(決勝から数日後、全てを知ったお母さんに呼び出された)」

しほ「流石にあなたには責任を取ってもらうわ」

みほ「え?」

しほ「戦車道の無い学校に転校なさい」

みほ「…………」

しほ「私だってホントはこんなことしたくないけれど、今回はあなたが悪いわ」

みほ「…………」

しほ「大洗は良いところだと聞くわ。ゆっくり過ごしなさい」

みほ「……はい」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/23(金) 22:12:18.66 ID:eeGo2p+/o
みほ「(せっかく黒森峰がボコみたいになった所で、戦車道の無い学校への転校は絶望だった。しかし、この状況こそがボコボコのボコのように思えた)」

みほ「(そう、ボコならここで立ち上がらなくてはいけない。たとえ更にボコボコになるのが分かっていたとしても!)」

みほ「(そもそも学校を…黒森峰をボコにすることにムリがあったのだ。私がボコになればそれで良かったのだ)」

みほ「そう!私は……おいらは……!」

みほ「おいらミホだぜ!大洗のみんな、よろしくな!」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 10:29:49.96 ID:pnVg0gJfo
みほ「(その後は色々あって、おいらはⅣ号戦車に乗ることになった)」

みほ「(ボロボロの状態で見つかったⅣ号戦車はなんだか味があってカッコ良かったのでそのまま使っている)」

みほ「(そしてグロリアーナとの練習試合が決まったのだった……)」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 10:30:35.54 ID:pnVg0gJfo
みほ「グロリアーナねえ……」

ダージリン「今日はよろしくね」

みほ「へっ、せいぜい紅茶を服にかけない様に気を付けな!」

ダージリン「我が校の生徒は紅茶を一滴たりとも溢したりしないわ。それが意味する所は…分かるわね?」

みほ「ふっふっふ。確かにそうだな!紅茶を淹れる時間もなく決着するだろうからな!」

ダージリン「ふふ、言うわね。それでは実力拝見といきましょうか」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 10:32:05.21 ID:pnVg0gJfo
………………
………


みほ「やーらーれーたー!」

ダージリン「……え?」

杏「悪いね、まだまだ始めたばっかで弱くてさ」

ダージリン「そ、そう」

みほ「まだだ!まだ終わっちゃいないぜ!もう一回だ!」

ダージリン「もう戦車がボロボロじゃない。ムリよ」

みほ「これぐらいちょいと修理すれば大丈夫さ。少しだけ待っててくれ」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 10:33:33.83 ID:pnVg0gJfo
1時間後

みほ「よーし準備完了だぜ!」

ダージリン「なんだかミシミシ言って煙が出ているけれど?」

みほ「問題ない!だから勝負だ!」

ダージリン「まあ、そこまで言うのなら……」

審判「し、試合開始!」

Ⅳ号『…………』シュポ

オレンジペコ「……動くことなく白旗出ましたね」

ダージリン「ええ……」

審判「……大洗の全車輌走行不能につき、聖グロリアーナの勝利」

ダージリン「…………」

みほ「くう!強い……!」

ダージリン「あなた、本当に大会に出るの?」

みほ「もっちろんだぜ!」

ダージリン「……そう、頑張ってね」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 10:43:22.12 ID:pnVg0gJfo
みほ「(後日、大会組み合わせの抽選に行ったら逸見さんと出会った)」

逸見「ひえっ……」

みほ「逸見さん!久しぶりだな!」

逸見「あ、あなた、まだ戦車道を続けてたのね」

みほ「もちろんだぜ!」

逸見「さよなら」ソソクサ

みほ「へっ、おいらにビビって逃げちまいやがった」

沙織「前の学校で何やったの……」

優花里「実は私も知らないんですよね」

麻子「そう詮索することでもないだろ」

華「それもそうですね」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 10:50:33.90 ID:pnVg0gJfo
みほ「(そして戦車道大会一回戦、サンダース戦が始まった)」

みほ「(せっかくなのでⅣ号以外の戦車は壊しておいた。ボコは1人で戦うからカッコいいのだ)」

みほ「(ボロボロのⅣ号が1強力な10輌の戦車と戦う……、なんとも心躍る展開である)」

みほ「(生徒会のみんなは激怒したが、おいらは屈しないぜ!)」


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 10:51:45.71 ID:pnVg0gJfo
審判「それでは試合開始!」

………………
………


小中学生「なにあのボロボロ戦車!」

小中学生「ださーい」

???「私はそう思わない。たとえボロボロだとしても、敵に立ち向かう勇気。カッコいいと思う」

小中学生「うっ……」

???「さあ、みんなであのボロボロ戦車……ボロを応援しましょ」

小中学生「ボロー!頑張れー!ボロー!」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 10:52:36.47 ID:pnVg0gJfo
ダージリン「半官びいきというやつね」

オレンジペコ「確かにあのⅣ号戦車は応援したくもなりますけど……」

ダージリン「まあ、どう頑張っても勝てないでしょうね」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 10:53:43.42 ID:pnVg0gJfo
………………
………


みほ「うわあー」ヤーラーレーター

桃「ひええええ~!廃校だああああ」バタリ

ケイ「フェアプレー……したかったんだけどね」

アリサ「流石にやりようがありませんって……」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 10:55:54.32 ID:pnVg0gJfo
杏「(後日、ボロを廃校にしないでくれという嘆願書が沢山届いた)」

杏「(その多くが小中学生が書いたものということで、大洗の将来性が考慮され廃校は延期となった)」

杏「(そもそも大洗の入学希望者が少ないことが統廃合の話の大元だったわけだから、これは順当な結果と言えなくはない)」

杏「(それに噂では島田流の力添えもあったとかないとか……)」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 10:57:03.86 ID:pnVg0gJfo
杏「(なんにしても、ある意味西住ちゃんは大洗の救世主となった)」

杏「(一応お礼を言って祭り上げたら、西住ちゃんは『ボコはそういうのじゃない』と言い残し、どこかへ去ってしまった)」

杏「(彼女は私たちが作り上げた幻だったのではないかと、今でも時々思ってしまう……)」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 10:58:07.85 ID:pnVg0gJfo
………………
………


ミカ「勝敗なんて、その日の風が決めることさ。私たちは自分の戦いをすればいい」

みほ「おっ!お前、いいこと言うな!」

ミカ「ふっ」ポロローン

アキ「ねえミカ、この人は誰なの?」

ミカ「さあ?」

アキ「ええ……?知り合いじゃないんだ……」

みほ「ん?おいらかい?」

みほ「おいらはミホだぜ!」

その後、継続が活躍した所を見たものはいないという……。



29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/24(土) 11:02:44.32 ID:pnVg0gJfo
なんかこんなssですみませんでした。それ以外の感情はないです。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474634853/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ガルパン」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ