Powered By 画RSS


千歌「ノリで鞠莉さんにキスしたらマジ泣きされた」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:29:41.71 ID:q7TX6Nac0
鞠莉「シャァァイニィイイイイイイッ!!」ビエーン


千歌「どうしよ」

曜「どうしよじゃないよ、何でそんなことしちゃったのさ千歌ちゃん」

梨子「……というか、あれは泣き声? 鳴き声なの?」


鞠莉「ニィィイイイイイイイイイイイイイッッ!!!」ビーンッ

千歌「えー、だってさー」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:30:52.53 ID:q7TX6Nac0
千歌「鞠莉さんってば急に『千歌っちは、キッスの味を知ってるのかしら~?』なんて聞いてくるから」

千歌「私もてっきり、『あ、これ誘ってるな』って思って」

梨子「だからってしないでよ千歌ちゃん……」


千歌「誘い受けならまだしも誘い泣きとは……」

梨子「誘ってなかったのよ、だから泣いてるの」


鞠莉「ニャァァァァァァイニィイイイイイイアアアアアアアッ!!!」ビエーンエーン

曜「あーあもうこれじゃあ今日の練習できないよ、どうすんの」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:31:19.60 ID:q7TX6Nac0
ダイヤ「はぁ、まったく……とはいえ鞠莉さんもそのくらいのことで取り乱さないでほしいですわ」

鞠莉「グスッ、ひぐ……だ、だって……だってぇ!」

鞠莉「はじめては果南がよかったんだもぉぉおおおおおォォォオオオオオオ!!!!!」ビエーンエーンビエーンエーン

果南「……あー」

ダイヤ「はぁ、まったく……」


梨子「初めてだったのね……」

曜「Guilty Kissも形無しだね」

千歌「はじめてだったんだ、それは確かに悪いことしちゃったかなぁ」



4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:32:12.20 ID:q7TX6Nac0
ダイヤ「いいですこと? 鞠莉さん……よく聞いてください、昔の人はいいことを言っていましたわ」

鞠莉「ふぇ?」


ダイヤ「"女の子同士ならノーカン"である、と」


ルビィ「……えっ!そう、なの?……お姉ちゃん」

ダイヤ「る、ルビィ!?」


ルビィ「じゃあ昔、わたしがお姉ちゃんとキスしたのもノーカウントだったの?」

ダイヤ「えっ、あ、いやちょっと待ちなさいルビィ!その話はまた今度あらためて、というかみんなの前で話したらダメですわ!!」

千歌「うわー……ダイヤさんってばそうだったんだー、へぇぇ……」



5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:32:47.82 ID:q7TX6Nac0
花丸「まさかルビィちゃんが、ダイヤさんとキスしてたなんて……ずら」

花丸「ということは、まるとしたときはルビィちゃんファーストキスじゃなかったってことずら!?」

善子「えっ?! ず、ずら丸アンタ、る、るるルビィともうシてたっていうの!? このヨハネを差し置いて!!」

やいのやいのやいのやいの!!

曜「あれー?おかしいなー、なんか余計に話がこじれてきてるような……ダイヤさん?」

ダイヤ「あ、あぁ……なぜ、どういうことですの」


鞠莉「ってことは、わたし……果南とは一生ノーカウントってことじゃないのォォォオオオオオオうわぁぁアアアアアアアアアアアア!!!」ビエーン

梨子「結局そこも戻っちゃうのね……」



6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:33:34.18 ID:q7TX6Nac0
千歌「なんか、すごい騒ぎになっちゃったって感じだよね」

曜「おいコラ元凶、そんな呑気なこと言ってる場合じゃないでしょーが」

梨子「そうよ、とにかく千歌ちゃんは謝ったほうがいいわ、鞠莉さんに」


千歌「えぇ、でも……」

梨子「でももヘチマもありません! ほら早くする」

千歌「わ、分かったよ……怖いよ梨子ちゃん」



7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:34:24.77 ID:q7TX6Nac0
千歌「じゃあ果南ちゃん、ちょっとこっち来て」

果南「へ? わたし?」

千歌「そうそう、ほら早く」

果南「?」ステテ


千歌「さてと、鞠莉さん!」

鞠莉「ぶぇぇエエエ、ふぇ?」ビエ


千歌「よーく見ててよ!……果南ちゃん」

果南「へ? むぐっ……!?」
チュッ
千歌「んっ」

曜「えっ」
梨子「えっ」


鞠莉「」ピシッ


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:34:52.05 ID:q7TX6Nac0
果南「ぷはっ! ちょ、なに!?なんで急にわたしにキスしたのよ千歌!」

曜「そうだよ! ぜんっぜん意味わかんないよ、どういう流れなの今のは!」


千歌「いや、だってさ……鞠莉さんは、果南ちゃんとファーストキッスがしたかったわけでしょ?」

梨子「え? あぁまぁ……そうだったわね」

千歌「だったら、鞠莉さんの唇を奪っちゃった私の唇で果南ちゃんとキッスすれば、間接的に鞠莉さんが果南ちゃんとファーストキッスをしたことになるかなって」

梨子「………なるほど」

曜「いやなるほどじゃないから!そんなの無茶苦茶すぎるよ!鞠莉さん舌出して失神しちゃったじゃん!」


鞠莉「」

ダイヤ「鞠莉さーーんっ!!」ユサユサ



9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:35:28.83 ID:q7TX6Nac0
千歌「ひどい! 誰が鞠莉さんにアックスボンバーを!」

曜「ごめん、ネタが古すぎて分かんないわそれ」

ダイヤ「しっかりしなさいですわ!鞠莉さん! 鞠莉さーん!!」

ルビィ「ねぇお姉ちゃん、お姉ちゃんとわたしはノーカウントなの?ねえお姉ちゃん」

花丸「ノーカンでもノーカンでなくても結局はルビィちゃんにとってまるはツーカウント目だったってことずら!?ずら!」

善子「リ、リトルデーモン同士でなんてそんなの許さないわよ!っていうか私だけまだなんてそんなの嫌ぁ!」


梨子「ああ、どういう有様なのかしら……これって」




10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:36:02.80 ID:q7TX6Nac0
果南「はぁ、もうこうなったら仕方ない……か」


鞠莉「」


果南「……ねぇ鞠莉、覚えてる? むかし、小さい頃……二人で海に沈む夕陽を見に行ったときのこと」

ダイヤ「!……果南、さん?」

鞠莉「」


果南「夕焼けに染まった浜辺で、手を繋いでてさ……その時わたし達、初めてキス……したよね?」

ダイヤ「えっ!」

鞠莉「」ピクッ


千歌「そうだったの!?果南ち」

曜「しーっ、ちょっと千歌ちゃんは大人しくしてようか」

千歌「もがもが」



11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:36:29.23 ID:q7TX6Nac0
果南「……鞠莉」


鞠莉「…………そう、だったわ……わたしってば、どうしてそんな大事なことを忘れてしまっていたのかしら」

鞠莉「あの頃の思い出は、わたしにとってどれも素敵な宝物だというのに……」

果南「ほら、ハグ……しよ?鞠莉」

鞠莉「果南、果南……果南!!」ダキッ

果南「よしよし」


ダイヤ「よかったですわ、これでなんとか鞠莉さんも大丈夫ですわね……」


ルビィ「お姉ちゃん……」

ダイヤ「ルビィ、わたくしにとっても……ルビィとのことは最高の思い出ですわ、たとえノーカンでもそうでなくても」

ルビィ「!……お姉ちゃん、うん」



12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:36:57.96 ID:q7TX6Nac0
花丸「………」

ルビィ「えと、ゴメンね花丸ちゃん……ルビィ嘘ついてて……その」

花丸「……いいずら、ルビィちゃんがまるとの思い出を大切してくれるなら」

花丸「それに、まるがルビィちゃんのこと大好きなことには変わりないずら」

ルビィ「花丸ちゃん……ルビィも、花丸ちゃんのこと大好き、だよ」

花丸「えへへへ」

ルビィ「えへへ」



善子「…………」

善子「………あれ?」ポツーン



13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:37:38.46 ID:q7TX6Nac0
鞠莉「果南~~♪」

果南「よしよし、ってコラどさまぎで変なところ触らない!」ビシッ

鞠莉「アウチ!」


梨子「よかった、これで一件落着みたいね……」

曜「ほんと、一時はどうなることかと思ったけどこれでようやく」



千歌「ちょっと待ってよ」

曜「……ん?」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:38:37.32 ID:q7TX6Nac0
千歌「待って、ってことはだよ? さっきまでずーっと鞠莉さんと騒いでた間、果南ちゃんは鞠莉さんの初めての相手が自分だって知ってたってこと?」

曜「まぁ、そういうことになるの、かな?……うん」

千歌「だったらなんで、いの一番に行ってくれるなりしてくれなかったの?そしたらこんな手間かかることなかったのに……」

梨子「それは、確かにそうだけど……でも」


千歌「いっつもそうだよ三年生は」

千歌「東京で何があったのとか、言ってくれなかったしさ」

千歌「ダイヤさんはガチオタだしさ」

千歌「私が最終回で突然モブライブ言い出してもダンマリ決め込んでたしさ」

梨子「最後のは正直言って千歌ちゃんが悪いんじゃ…」


千歌「もう私わかんないよ三年生が、っていうかもう人間不信になりそうだよ!」



15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:39:19.25 ID:q7TX6Nac0

千歌「人造人間フシンダーだよ!」


曜「いや、意味わかんないよ千歌ちゃん、千歌ちゃーん?」


千歌「もうこんなところにはいられない、行こう善子ちゃん!」グイッ

善子「ふぇ? って、ヨハネはヨハネなんですけどって……ちょ、待っ」


千歌「ひどいよ、なんで、私がリーダーだったから?もういいよ!私(スクール)アイドルやめる!」ピューンッ

善子「わあっ!?」


曜「……行っちゃった」
梨子「……行っちゃった」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:40:36.31 ID:q7TX6Nac0
ダイヤ「……まぁ、千歌さんの言うことにも一理あるとは思いますけれども」

ダイヤ「果南さんも人が悪いですわ……知ってたなら最初からそう言ってくれれば」


果南「え?……ああ、まぁでも鞠莉に言ったのあれ嘘だからね、夕焼けの浜辺でキスなんてしてないし」

ダイヤ「えっ?」

果南「ほら、嘘でも大真面目に言ってれば、なんとなーく本当だったんじゃないかって錯覚することってあるじゃない?」

曜「まさか、果南ちゃん……」

果南「でも鞠莉がここまでしっかり騙されてくれるとはね……今も全然聞こえてないみたいだし」


鞠莉「かにゃんんん~~、でへへへへ~??ごろにゃぁぁん♪」

果南「はいはい、よしよし」

曜「………」



曜(やべぇ、私まで人間不信になりそうだわ)



17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:41:06.24 ID:q7TX6Nac0


一方その頃、人間不信に陥った高海千歌は
人造人間フシンダーとして蘇ったのだった


千歌「チェンジ、スイッチオン!」ガチョーン

千歌「ワンツースリー!」


フシンダー「フシンダー!」ビカーッ



18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:41:43.27 ID:q7TX6Nac0
『ゴーゴー・フシンダー!』
作詞作曲: 高海千歌
歌: 津島善子(ヨハネ)

~♪
善子「疑心~と暗鬼~が、心に巣食うぅ♪」

善子「千歌~、チェインジ~♪ フシンダァー♪」

善子「ダイまりかな~を迎え撃てー、人造人間♪フシンダー♪」

善子「チェインジ~、チェインジ~♪ゴーゴゴーゴー……ゴゴーゴー♪」


善子(……なにこれ)

フシンダー「フシンダー!!」ビカーッ

人間不信と化した高海千歌の明日はどっちだ



おわり


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 15:42:11.16 ID:q7TX6Nac0
全部嘘
依頼出す


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475216981/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!サンシャイン!!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ