Powered By 画RSS


モバP「子供が産まれたら奈緒が構ってくれなくなった」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:22:37.63 ID:qSDY5tMp0
モバP(以下P)「寂しい……」

加蓮「あ、凛。そこのポテチとって」

凛「ん」

P「聞いてよ!」

凛「嫌だよ」

P「なんでですか!」

加蓮「だってその話何回目だと思ってるの?」

P「え? そんなに話してたっけ」

凛「今週だけでももううんざりするくらい」

P「えー……そんなに話してないだろ」

加蓮「Pさんさ」

P「ん?」

加蓮「今週、何回くらいp(娘)ちゃんが可愛いって話した?」

P「数えきれんくらいだな!」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:23:16.13 ID:qSDY5tMp0
凛「うん。そうだね。毎日、朝からずっとしてるもんね」

P「いやーだって、もうマジで可愛いんだよ。写真見る? 見る?」

加蓮「今朝も見たからもういいよ」

P「えー? 勿体ないなぁ。こんなに可愛いのに」

加蓮「で、話戻すけどさ」

P「あ、はい」

凛「プロデューサーがpちゃん可愛いって話をする時の導入が、さっきの」

P「さっきの?」

加蓮「奈緒が構ってくれなくなったってやつ」

P「えー? そっからどうしたらpの話になるんだ?」

凛「奈緒が構ってくれない。でも、pが可愛いからその気持ちもわかる。そういやpは今朝も可愛くて」

凛「こんな感じ」

P「……繋がりが滅茶苦茶じゃありませんか?」

加蓮「事実を忠実に再現するとこうなるの」



3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:23:44.58 ID:qSDY5tMp0
P「まじか」

凛「まじだよ」

加蓮「それに付き合わされるアタシ達の身にもなってよね」

P「ごめんなさい」

P「いや、でもさ。実際ね?」

凛「まだ続けるの?」

加蓮「正直うんざりしてきたんだけど……」

P「いや! 今回は真剣だから!」

凛「……わかった。じゃあ聞いてあげる」

加蓮「ただし。脱線したらすぐに切り上げるからね」

P「ありがとな!」

P「……でだ。さっきも言った通り、pが産まれてから奈緒が構ってくれないんだ」

凛「具体的には?」

P「結婚した頃は俺が出勤する時には玄関まで見送りに来てくれたんだよ」

加蓮「今は?」

P「pと一緒に見送りしてくれる!」

凛「じゃあいいじゃん……なんなの……」

加蓮「はい、かいさーん」



4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:24:17.11 ID:qSDY5tMp0
P「待って! 違うの! 細部が違うの!」

凛「はぁ……どこが?」

P「いや、結婚した頃はね? いってらっしゃいのちゅーをしてくれたんだよ」

加蓮「Pさんがちゅーとか言うとちょっと気持ち悪いね」

凛「だね」

P「地味に傷つくんでやめてください」

加蓮「で? 今はしてくれないんだ」

P「そう! そうなんだよ!」

P「奈緒が言うには『pの前でそんな恥ずかしい事出来るか!』ってさ……」

凛「pちゃんの前ではって事は見てなければしてくれるんでしょ?」

P「ああ! もちろんだ!」

加蓮「じゃあそれでいいでしょ……」

凛「解散していい?」

P「いやいや! 待って!」

凛「……何」

P「だってさ! 前は毎日三回はキスしてたのに、今は一回だけなんだよ!?」

加蓮「一回してくれれば充分でしょ……」

凛「奈緒は偉いね……」



5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:25:09.35 ID:qSDY5tMp0
凛「で? プロデューサーはもっとキスがしたいの?」

P「いやぁ、そういうわけじゃないんだけどさ」

P「昔と比べると、今の奈緒は全然俺に構ってくれないなって……」

加蓮「奈緒もママなんだし、普通だよ」

凛「だね。夫の相手だけしてられないもんね」

P「なんでお前ら独身のくせに母親の気持ちになってるのさ」

凛「母親の気持ちというか」

加蓮「うざい男に付きまとわれる女の気持ち」

P「……俺ってうざい?」

凛「かなり」

加蓮「嫌になるくらい」

P「マジか……マジか……」

凛「自覚なかったんだ」

加蓮「重症だね。これは」

P「そうかぁ……」

P「どうすればいいと思う……?」

加蓮「んー?」

凛「何が?」



6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:25:56.61 ID:qSDY5tMp0
P「なんか、このままだと愛想つかされそうだなって……」

凛(奈緒が愛想つかす……?)

加蓮(まずありえないよね)

P「奈緒に嫌われたら死ぬかも」

加蓮「うわ、めんどくさい……」

凛「加蓮、声に出てる」

P「めんどくさい……」

加蓮「あー、ごめんごめん大丈夫だから」

凛「奈緒がプロデューサー嫌いになるわけないって」

P「そうかなぁ……」

加蓮「凛の言う通りだよ。だって奈緒だよ?」

凛「うん。奈緒だもんね」

P「お前らが言うなら大丈夫なのかなぁ」

凛「まぁ、不安ならちょっとスキンシップを減らせばいいんじゃないかな」

P「ただでさえ減っているのに、これ以上だと……」

加蓮「奈緒に嫌われるよ」

P「頑張ります!」



7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:26:26.19 ID:qSDY5tMp0
凛「とりあえず、奈緒はpちゃんの前では嫌って言ってるんでしょ?」

P「うん」

加蓮「じゃあ、奈緒の言う通りにしないとね」

P「そうだよなぁ……」

P「奈緒に嫌われたら元も子もないもんな」

P「これからは我慢する……」

加蓮(ふぅ……これでしばらくは平和かな)

凛(かな? ここまで言えばプロデューサーさもさすがにわかるだろうし)






8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:27:25.14 ID:qSDY5tMp0
奈緒「子供が産まれたらPさんが構ってくれなくなった……」

凛、加蓮((こいつら……!))





9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:27:57.01 ID:qSDY5tMp0
加蓮「……で?」

奈緒「……寂しいんだよ」

凛「……奈緒にしてはずいぶん素直だね」

奈緒「……だって……もう二週間くらいPさんが構ってくれないもん……」

加蓮(二週間って言うと)

凛(プロデューサーの相談にのったあたりだね)

加蓮(実践してたんだ。というか出来たんだ)

凛(意外だよね)

奈緒「お前らもあたしの事、構ってくれないのかよぉ……」

加蓮「いや、ちょっと作戦会議をね?」

凛「そうそう」

奈緒「作戦会議?」



10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:28:37.93 ID:qSDY5tMp0
凛「だって、これからどうすればいいって相談されるんでしょ?」

奈緒「よくわかったな」

加蓮「二度目だしね……」

奈緒「二度目?」

凛「こっちの話」

加蓮「で?」

奈緒「ん?」

凛「状況がわからなきゃアドバイスのしようもないよ」

奈緒「それもそうだよな。悪い」

奈緒「えっと……二週間くらい前まではさ、毎日Pさんがあたしに構ってくれたんだよ」

加蓮「ふーん? キスしてとか?」

奈緒「うん……」

凛「ブラックコーヒー要る?」

加蓮「お願い」



11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:31:03.60 ID:qSDY5tMp0
奈緒「他にもさ、家族一緒にお風呂入ったりもしてたんだけど、最近はpと二人で入るからって……」

凛「結婚して結構経つよね」

加蓮「普段どれだけいちゃついてたの」

奈緒「え? 夫婦なんだし普通だろ?」

凛「うん。まぁ、おかしくはないよ」

加蓮「バカップルのままってのが問題なだけで」

奈緒「そうかなぁ……」

凛「で、他には?」

奈緒「えっと……。あたしがpにごはん食べさてるとあたしの手が塞がるだろ?」

凛「そうだね」

奈緒「だから、Pさんがあたしにあーんってしてくれてたんだけど……」

加蓮「ハリケーンポテトって知ってる? 串に刺さってるから片手で食べられるよ」

奈緒「な!? また加蓮はポテトばっかり食ってるのか!?」

加蓮「今はアタシの事はどうでもいいの!」

凛「続き」

奈緒「あ、はい」



12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:32:35.98 ID:qSDY5tMp0
奈緒「えーっと……。でも、最近は『俺がpにごはん食べさせるから奈緒は食べてていいよ』って」

凛「奈緒がプロデューサーにあーんってしてあげれば?」

奈緒「そそそそんなことできるか! 恥ずかしいだろ!?」

加蓮「今更どの口がそんな事を言うのか」

凛「仕方ないよ。奈緒だし」

加蓮「奈緒だもんねぇ……」

奈緒「うぅ……納得すんなよぅ……」

加蓮「じゃあ、奈緒に聞くけどさ」

奈緒「んー?」

加蓮「奈緒はPさんとイチャイチャしたいの?」

奈緒「……そりゃ、まぁ……」

凛「pちゃんの前でも?」

奈緒「……うん」

加蓮「見られてるのに?」

奈緒「pなら良いかなって」



13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:33:23.77 ID:qSDY5tMp0
凛「うん。わかった」

加蓮「良い解決方法があるよ」

奈緒「ほ、ほんとか!?」

凛「プロデューサーにそうやって言えばいいんだよ」

奈緒「い、言えるわけないだろ!?」

加蓮「はいはい、ツンデレツンデレ」

奈緒「つ、ツンデレじゃねーし!」

加蓮「じゃあ何で言えないの?」

奈緒「……だって、Pさんがあたしとその……イチャイチャしたいって思ってなかったら……やだし……」

凛「めんどくさい」

加蓮「凛、声に出てる」

奈緒「うぅ……やっぱあたしめんどくさいんだよな……」

奈緒「Pさんに嫌われたら……生きていけない……」

加蓮「大丈夫だって。Pさんが奈緒を嫌いになるわけないでしょ?」

凛「うん。あのプロデューサーだよ?」

奈緒「そうかなぁ……」



14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:34:01.08 ID:qSDY5tMp0
凛「奈緒が思ってることはプロデューサーにメールしといたから」

加蓮「家に戻れば心置きなくイチャイチャできるようにしといたよ」

奈緒「……ホント?」

凛、加蓮「「うんうん。ホントホント」」

奈緒「でも……」

凛、加蓮「「大丈夫だから帰って」」

奈緒「うん……」

奈緒「ごめんな。せっかくの休みなのにこんな相談して……」

凛「いいから。早く帰らないとプロデューサーが寂しがってるよ」

奈緒「うん……」


凛「はぁ……あの夫婦は本当にめんどくさいね」

加蓮「ホントにね……。疲れたしポテト食べに行こっか」

凛「うん。たまには昔みたいに買い食いも悪くないよね」






15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:34:29.92 ID:qSDY5tMp0
数年後

p「両親がラブラブすぎてうざいんですが……」

凛、加蓮「「あいつら!!」」

End


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/03(月) 22:35:56.92 ID:qSDY5tMp0
なんだこいつら、すげぇうざいな……。
久々に書いたらこんな有様だよ……。

以上です。お読み頂ければ幸いです。では、依頼出してきます。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475500957/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ