Powered By 画RSS


恒一「僕をいない者にして……許さないぞっ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:00:11.27 ID:ZHK/QTKp0
恒一「無視したことを体で償ってもらうよ……望月くんっ!」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:03:21.80 ID:ZHK/QTKp0
恒一「おらああぁぁぁぁ!!!」パンパンパンパン

望月「ひっ、イグ!うっ、あ、ぁ、ああぁぁ!!」

恒一「"いないもの"の特権だぁぁぁぁ!!存分に楽しませてもらうぜぇぇぇ!!!ウッ!」ドピュドピュ

望月「あ、あぁぁ……」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:08:08.72 ID:ZHK/QTKp0
恒一「次はやっぱり……対策係の赤沢さんだよね」ニコッ

赤沢「先生!お手洗いへ行ってきます!」ダッ

恒一「クッ、一発やった後だから後を追えないっ……」

恒一「じゃあ、隣の席の金木さんでいいか」

金木「先生!わたしもお手洗いに!」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:13:08.54 ID:ZHK/QTKp0
恒一「させないよ」ガシッ

金木「ヒッ!」

恒一「おらああぁぁぁぁ!!!」パンパンパンパン

金木「うっ、あぁぅぅ!!」

恒一「"いないもの"に反応しちゃダメだよ、金木さん」

金木「あっ、あっ、いゃぁ……」

恒一「いい締まりだぜ。望月くんのアナルを犯したあとの汚いチ○ポだけど、まっ、大丈夫っしょ。」

金木「いやああぁぁぁぁ!!!」ドピュドピュ


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:18:08.76 ID:ZHK/QTKp0
恒一「思いっきりビビらしちゃったけど、コンドームつけてるに決まってるじゃん」

恒一「避妊と性病予防は紳士の嗜みさ」キリッ

恒一「まだ、授業が始まって3分しかって経ってないな」

恒一「どんどんイッちまうか……」

恒一「松井さん。ちょっと失礼するよ」ガタッガタッ

松井「(な、なんで私なの!?)」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:23:09.80 ID:ZHK/QTKp0
恒一「くぅぅぅぅ!!イイねイイね!ロリマン最高や!」パンパンパンパン

松井「(は、初めてなのにっ!うっ、うぅ。)」

恒一「つっても、おとなしい子は反応が薄くてつまんないな。乳首つねってやろ」ギュッ

松井「はぐぅっ!いたっ!」

恒一「おお、いい声。もっともっと楽しませろよおらああぁぁぁぁ!!!」パンパンパンパン

松井「いやぁぁぁぁ!!」ドピュドピュ


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:28:49.20 ID:ZHK/QTKp0
恒一「ハァハァ……さすがにキツイな……でも、僕はやらなくちゃいけなんだ、この復讐を!」

恒一「次は、小椋さんだな。至高のロリボディだからな、全部剥ぎ取ってやるぜ!」

小椋「(いやぁぁぁぁ!!)」ダッ

恒一「だから無駄だって」ヒュッ カチャン

小椋「あぐっ!?」

恒一「首輪をかけてのワンワンプレイとイこうか、小椋さん」

小椋「(ヒィ!)」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:34:35.05 ID:ZHK/QTKp0
恒一「ふんふんふんふんっ!!」パンパンパンパン

小椋「うっ、ぐっ、かはっ!」

恒一「クラスのみんなの前で首輪つけて全裸だよ。恥ずかしいよね?小椋さん」

小椋「はっ、あっ、あぁぁーっ!」ドピュドピュ

恒一「っハァハァ……、さすがにしんどい……もう僕の命も尽きかけているのかも……」

恒一「これが"現象"なのか?」

恒一「でも、この運命に打ち勝ってみせる!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:40:00.97 ID:ZHK/QTKp0
恒一「ロリ3連続でイくか……有田さん、君に決めたよ」

有田「(うぅぅ、もう覚悟決めるしか……)」

恒一「おらああぁぁぁぁ!!!」パンパンパンパン

有田「(い、痛いよぉ。いやだぁ……)」

有田「アナルにスティックのりも挿れてあげるよ」ズニュ

有田「うぐうぅぅっ!」

恒一「くっ、いきなり締め付k……」ドピュドピュ


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:46:43.91 ID:ZHK/QTKp0
恒一「ごほごほっ!!くっ、体がもたない。"現象"なんかに負けていられないのに……」

見崎「恒一くん、もうやめなさい」

恒一「見崎……。なんでそんなことを言うんだ……」

見崎「どうしてみんなを困らせるの?」

恒一「……"いないもの"にされたのに、見崎は随分心が広いな」

見崎「仕方が無いことだって分かっていたから……」

恒一「ふーん……。まぁ、そういう事なら、見崎が僕の相手になってよ」

見崎「他の子に手を出さないなら、構わないわ。」

恒一「交渉成立だな……」ニヤッ


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:50:28.66 ID:ZHK/QTKp0
恒一「おらああぁぁぁぁ!!!」パンパンパンパン

見崎「ふっ、うっ、ぐぅっ!!」

恒一「次はアナルいっとくかァァァ!!!」ズチュゥ

見崎「っひ!、いぐぅぅ!、や、やめてぇ!」

恒一「自分からみんなの代わりになるって言ったんだ!務めは果たせよぉお!!」ドピュドピュ

見崎「あっ、ああぁぁ……」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 02:55:17.64 ID:ZHK/QTKp0
~30分後~

恒一「頭がクラクラする……見崎には7回も射精したから当然か……」

見崎「」シーン

恒一「見崎は気絶しちゃうし、みんなの代わりは所詮無理だったか……」

恒一「とはいえ、見崎を全裸放置するのは、同じ"いないもの"として心が痛むな。」

恒一「保健室に連れてってやるか……」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:01:13.81 ID:ZHK/QTKp0
恒一「ふぅ、気を取り直して、今度はスタイルいい子を狙おう。貧乳は飽きたし……」

ガタッ

久保寺先生「もう、我慢できません……榊原くん、止めなさい」

恒一「あれ、久保寺先生。なんですか?6人もレイプされているのを見過ごしてたくせに」

久保寺先生「わたしが間違っていました。私の命をかえてでも君を止め……うっ!」ドサッ

恒一「あ~あ、いないものに声なんてかけるから。」

恒一「さて、じゃあ次は、多々良さんだね。」

多々良「っ……!」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:05:08.11 ID:ZHK/QTKp0
恒一「おほおぉぉぉぉぉ!こりゃ、また良いものをお持ちで羨ましいですなぁ。」タユンタユン

多々良「んっ、くぅ、あんっ!」

恒一「モミモミしながら……、挿入!!」ズブリ

多々良「んんぅぅぅ!痛ぃ……いっ!」

恒一「フンフンフン!」パンパンパンパン

多々良「いっ!ぎぃっ、ひうっ!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:10:50.72 ID:ZHK/QTKp0
恒一「ほーら、多々良さん。リズミカルに腰を振ってごらん。」

恒一「競馬の騎手が、馬のリズムに合わせて騎乗するように……ね。」

多々良「っ!」

多々良「(いやなのに……でも……)あっ、ふぁっ……ああぁん!」パチュッパチュッパチュッ

恒一「ぬおぉぉぉぉ!!いいよぉ、気持ちいいぃぃぃ!」ドピュドピュ

多々良「あぁぁぁぁぁんっ!」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:15:53.81 ID:ZHK/QTKp0
恒一「…………」

恒一「……おっと、つい意識が飛んじゃったよ。」

恒一「魅力的なクラスメイトに囲まれて、僕はもう最高の気分だよ。」

恒一「だけど、もうだいぶ僕の精力も尽きかけている……。」

恒一「ならば、ここは一気に犯し尽くすしかない!」

恒一「ということで、次は綾野さんだね。」

綾野「っ……!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:20:15.22 ID:ZHK/QTKp0
恒一「イクよー」ビリビリ ズチュ

綾野「んぅぅぅ!」

恒一「声を押し殺しちゃって可愛いなぁ、僕も頑張っちゃうぞぉ~」パンパンパンパン

綾野「ぐぅっ、くっ!ぁ、あぁ!」

恒一「へぇ、レイプでも乳首って勃つんだ。それっ」クリクリ

綾野「はぅう!んっ、あぁ!」

恒一「さ~て、そろs……」ドピュドピュ

綾野「んぐぅぅぅ!!」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:25:28.26 ID:ZHK/QTKp0
恒一「……くぅ、射精のコントロールまでままならいとは。僕はもう本格的にダメかも知れないな……」

恒一「でも、一番復讐したい彼女にまだナニもしてないんだよな……早く帰ってきてくれないかな……」

ガラッ

赤沢「……っ!!」

恒一「グッドタイミングだよ、赤沢さん」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:30:21.87 ID:ZHK/QTKp0
赤沢「っ!」ダッ

恒一「逃がすか!」ガシッ

赤沢「いやっ!やめっ……!」ハッ

恒一「そうそう、"いないもの"に反応しちゃったら、"現象"に巻き込まれちゃうからね。おとなしくしていようね。」

赤沢「……っ」プルプル

恒一「おー、震えちゃって可愛いなぁ。顔舐めちゃおっと」ペロッ

赤沢「ぅ……」シクシク

恒一「あれぇ?泣いちゃってるの?無視されてる僕のほうが何兆倍も泣きたいってのに……、甘えんじゃねえよ!!」ボクッ

赤沢「うグッ!!」ドサッ


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:38:39.99 ID:ZHK/QTKp0
恒一「おおっと、女性に手を挙げるのは紳士的じゃないね。ごめんごめん」

赤沢「うぅぅ……」

恒一「さーて、ちゃっちゃと済ませるか」

中尾「おいっ!」ガシッ

恒一「えっ……」バキィィ

恒一「ぐはぁぁっ!!!」ガシャーン


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:47:37.17 ID:ZHK/QTKp0
中尾「赤沢、大丈夫か?」

赤沢「中尾……。あんたなんてことを……、わたしのことは放っといて……」

中尾「できるわけないだろ。惚れた女の涙なんか見たくないからな」

赤沢「中尾……」

恒一「は、ははは。バカめ!中尾、お前は"現象"に巻き込まれて死ぬぞ!カッコつけた報いだ!はははは!」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:55:16.07 ID:ZHK/QTKp0
中尾「"現象"がなんだ!!そんなもので俺を脅したって怖くねえんだよ!!」

中尾「てめぇの暴走は俺が止める。覚悟しろ!」

恒一「うわあぁぁぁ!!来るなァァ!!」ダッ パリーン グシャ

中尾「アイツ、窓から飛び降りやがった……って、あれ?」

 その日から"現象"は止まった。死者は恒一くんだったのだ。
その後、みんなの記憶は改竄され、日常は戻った。
みんなもかっこ良くてリア充な転校生には気をつけてほしい。
その人は、死者かもしれないから……。


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 03:58:01.71 ID:IulEEklC0
レイプされた記憶は無くなっても、破られた処女膜はもう戻らない・・・!


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 04:09:16.57 ID:ZHK/QTKp0
>>29
……うん(´;ω;`)


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 04:15:59.13 ID:ZHK/QTKp0
恒一「ちっ、俺もあの世行きか……。まだまだ、ヤリたかっt……いや、違う。復讐したかったなぁ。」

恒一「そういえば、水野さんもここにいるはずだよな。会えないかなぁ。会ってお詫びをしないと……。」

水野早苗「あれ?恒一くんもここに来ちゃったの。残念ね……、あなたにはもっと生きていて欲しk」

恒一「おらぁぁぁ!!」ビリビリー ズチュウ

早苗「あぐぅう!!恒一くんっ、なんで!」

恒一「うおぉぉ!この締め付けは、いいぞ。搾り取られるようだ!」パンパンパンパン


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 04:30:19.12 ID:ZHK/QTKp0
早苗「あふっ、ぅ……、あぁ!!だ、だめぇ。」

恒一「おっぱいの揉み応え十分、あとでパイズリもよろしくお願いします!」

早苗「やっ、ちょっと、そんなこと……。」

恒一「うっ!出るビッシュ!!」ドピュドピュ

早苗「アァァーッ!」

恒一「ふぅ、まだまだこれからですよ。水野さん。」

早苗「あ、あぁっ、もう、やめ……。」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 04:40:20.73 ID:ZHK/QTKp0
早苗「」ピクピク

恒一「……途中で倒れられても困るんだけどなぁ。まっ、穴という穴を犯し尽くしたし一応これで満足しとくか。」

恒一「ん?なんか見崎によく似た女の子がいるぞ。」

藤岡未咲「ぅっ、ぅ……。グス」

恒一「見崎?なんでここに(ちょうどいいやヤッていこう)」

未咲「えっ、お兄さん誰?」

恒一「おいおい、同じクラスの榊原恒一って、義眼じゃない!?」

未咲「あっ、ああ。分かった、鳴のお友達?」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 04:51:03.48 ID:ZHK/QTKp0
恒一「うん。そうか、君が未咲ちゃんか……。見崎……鳴は君のことすごく心を痛めていたよ。」

未咲「鳴が……、そっか。私のことまだ思っていてくれるんだ……。」

未咲「私、死ぬのがいきなり過ぎて成仏できないみたいなんです。なんだか理不尽に殺されたみたいで……。」

恒一「分かるよ。僕もそうだったから。」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:01:08.67 ID:ZHK/QTKp0
未咲「でも、やっぱり早く成仏して生まれ変わらないといけないですよね?」

恒一「うん、それがいいと思うよ。」

未咲「んふふ、そっか。よーし、鳴ー、生まれ変わったらまた仲良くしてねー!よろしくねー!」

未咲「ふぅ、大声出したら気分も晴れました♪お兄さんもお話してくれてありがとっ!じゃあね。」

恒一「あっ、ちょっと待って!」

未咲「?」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:10:19.06 ID:ZHK/QTKp0
恒一「おらああぁぁぁぁ!!」パンパンパンパン

未咲「あひぃっ!!や、やめてくださいぃ!!」

恒一「おお、処女のまま召されたのは、さぞかし心残りであろう。浄化してしんぜよう。ゲヒヒ」

未咲「そ、そこは!どこに指を!んんぅ!」

恒一「外界では味わえなかった快楽にとくと溺れるがいい」ズッチュズッチュ

未咲「いやぁぁぁぁ!!」ドピュドピュ


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:20:45.27 ID:ZHK/QTKp0
恒一「くそぉ!ヤッてる最中に成仏しやがってっ!まだ8回しかしてないのに!!」

恒一「もうこんなとこにようはねぇ!」

恒一「……学校の様子でも見に行くか。」

恒一「僕がしてきた蛮行は、全て勅使川原が犯人ということで片が付いているのか……。恐るべき記憶改竄効果だな。」

恒一「まったく"現象"って、残酷だな。勅使川原はナニもしてないのに……。」

恒一「あれ?赤沢と中尾がイチャついてるぞ。しかも、……手ェ繋いでる。何だよそれ!」

恒一「僕はあの世へ行って苦しんでるのに、アイツらときたら……!」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:30:23.73 ID:ZHK/QTKp0
恒一「もう、……レイプだ。レイプしかない。赤沢とヤルしかない!」

恒一「うおぉぉぉぉぉぉ!!」ズチュウ

赤沢「っ!!なっ、何これ……、あぁ、あぁああ!!」

恒一「俺の霊力最大限で犯すぜ!!」パンパンパンパン

赤沢「いっ!んっ、いやああぁ!!やめっ!」

中尾「……どうなってんだ。赤沢の体が宙を浮いて、見えない何かに犯されている!?」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 05:40:09.05 ID:ZHK/QTKp0
恒一「フンフンフンッ!」

赤沢「やだ、やめてっ!助けてぇぇー!!」

恒一「この、いやらしいおっぱいも蹂躙だぁ!」モミモミ

赤沢「はぅうっ、どうして、なんで私がっ!」

恒一「ぐぅっ、い、イクぞ。くあぁぁーっ!」ドピュドピュ

赤沢「いやあぁぁぁ!なにか入ってくるぅぅぅ!!」


恒一「っふう。ってあれ?全霊力使ったから、体が消えてきちゃった。」

恒一「これが、成仏か……。悪くないな。」フッ


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 06:16:53.11 ID:ZHK/QTKp0
恒一「思えばいろんな人とやってきたなぁ……。」

恒一「望月くん、金木さん、小椋さん、松井さん……。」

恒一「有田さんに、見崎、多々良さん、綾野さん……。」

恒一「水野さんと未咲ちゃん、それ赤沢さんも……。」

恒一「あれ?あの人を忘れているじゃないか!!」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 06:25:11.64 ID:ZHK/QTKp0
恒一「身体に力がみなぎってきた!イクぞ!」

杉浦「……」

恒一「お澄まし顔で読書中か……。場所は図書室、絶景のロケーションじゃないか。」

恒一「じゃ、お胸を揉ませてもらいますよっと。」モミモミ

杉浦「!!ゃだ、誰!」 ザワ ザワ ザワ

杉浦「あれ、誰も……んうぅ!」

恒一「見えざる手による蹂躙。特とご覧あれ。」モミモミモミモミ

杉浦「あぁん、ダッ、ダメェ!!」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 06:40:38.64 ID:ZHK/QTKp0
恒一「周りの奴らも訝しんでこっちを見てきている。」

恒一「たっぷり魅せつけてやろうぜ!杉浦さん!」

杉浦「(こ、こんなことって……んあぁぁ!)」プシャー

恒一「おっと、軽くイッちゃったようだね。」

恒一「胸揉みでこの反応か……。挿入したらどれだけ面白いことになるのかな。」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 06:50:27.17 ID:ZHK/QTKp0
恒一「んじゃ、もう一発霊力を集中させて……挿入!」ズブン」

杉浦「んんん!!」

恒一「くぅぅ、ヌルヌルとあったかくて最高だあぁ!」

恒一「ホッホッホッホッホッホ!」パンッパンッパンッパンッパンッパンッ

杉浦「ん、ぐぅ、はうぅ!」

図書室の人たち「…………」ナニアレ オナニー? トンデモネェ センセーヨボウ

恒一「ギャラリーも僕達の神秘的な行為に釘付けのようだよ、杉浦さん。」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 06:58:28.24 ID:ZHK/QTKp0
杉浦「(いやぁぁ、見ないでっ!)」

恒一「僕も本気でイこうかな……、それ。」パンッパンッパンッパンパンパンパンパパパパパパパパパパ

杉浦「っ!あっぁあああ、いぐぅぅぅ!!」

恒一「僕もだよ」ドピュドピュ

杉浦「はぅぁぁぁ……膣内にぃ、入ってくるぅ……。」

恒一「あっ、眼鏡にぶっかけとけばよかった……。」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 07:25:51.63 ID:ZHK/QTKp0
恒一「杉浦さんはあのまま放置しちゃったけど、まぁいいだろう。」

恒一「彼女は表情が硬いからなぁ。この一件で柔和になってくれれば僕もヤッたかいがあるよ。」

恒一「それにしても、だいぶ身体が成仏しかけてるなぁ。」

恒一「こればかりは気合だけでは、なんともならないか。」

恒一「そろそろ、最期になりそうだな……。」

恒一「となれば、SSでは全く出番のない江藤さんに日の目を見る機会を与えてから、逝ってやるか。」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 07:57:07.82 ID:ZHK/QTKp0
江藤「……。」

恒一「江藤さんがトイレに入って行くぞ。よし追跡だ。」

江藤「ふぅ、ん……。」チョロチョロ

恒一「おお、なんて甘美な響き……。」

江藤「……。」ジャー ガチャ

恒一「おおっと、そのままでいてもらおうか。」ガシッ

江藤「っ!!」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 08:04:02.19 ID:ZHK/QTKp0
江藤「(うそっ!何これ、体が動かない!)」

恒一「くっくっく、驚いているな。」

恒一「だが、本当の恐怖はこれかだぜ!」グッ

江藤「(腰を引っ張られてる!?)」

恒一「よっこらせ……と。」ズブゥゥ

江藤「あぐぅぅっ!?」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 08:06:40.57 ID:ZHK/QTKp0
恒一「江藤さんちっちゃくて、可愛いなぁ。」パンッパンッパンッ

江藤「あぁっ、ちょっ、だ、誰か助け……!」

恒一「胸も控えめで慎ましいし……。」サワサワ

江藤「んぅ!な、やめっ……」

恒一「えいっ」ニギュッ

江藤「!!ひぐぅぅ、い……いたぃ……」

恒一「おおっ、一気に締りが……。」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 08:07:27.41 ID:ZHK/QTKp0
恒一「乳首を弄りながら突くと……。」ズニュズニュ

江藤「あん、あっああぁ!」

恒一「めっちゃ感じまくってる!?」

恒一「よーし、次はお尻の穴に指を……」ヌプゥゥゥ

江藤「いぃっ、あぅ!?(おかしくなるぅ!!)」

恒一「これは……、最高じゃねーの!」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 08:17:23.72 ID:ZHK/QTKp0
恒一「ここからは一気に突かせてもらうよ」パンッパンッパンッ

江藤「ひいぃっ、なんで!こんなぁ」

恒一「おふぅう!」ドピュドピュ

江藤「ぁぁ、っ膣内にぃ……。」

恒一「ふぅ」

恒一「これでヤリ残したことは終わった……。」

恒一「また、生まれ変わったら楽しませてくれよ。夜見北中の皆っ!」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 08:18:13.97 ID:e/J9uZUc0
乙です


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 08:21:21.45 ID:ZHK/QTKp0
見てくれている人がいたんだ……。
(´;ω;`)<ありがとう


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 08:35:51.98 ID:LvAsk3hV0


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/16(金) 08:47:17.18 ID:QwlDTHKV0
最高だった


Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]


Another(上) (角川スニーカー文庫)
Another(上) (角川スニーカー文庫)





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Another」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ