Powered By 画RSS


唯「かちゅーしゃ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 21:23:14.80 ID:+tN38eao0
唯「あずにゃんあずにゃん!」

梓「どうしましたか唯先輩?」

唯「これ見てっ!」カチャッ

梓「律先輩のカチューシャですね」

唯「机の上に置きっぱなしになってたんだよ」

梓「律先輩、カチューシャ外してどこ行っちゃったんでしょうか?」キョロキョロ




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 21:28:00.36 ID:+tN38eao0
唯「珍しいね~。りっちゃんがカチューシャ外してるなんて」

梓「確かにそうですね」

唯「えへへ。これ私が着けてたどうなるかな?」

梓「勝手にいじっていいんですか?」

唯「まぁまぁ。私とりっちゃんの仲だし~」カチャ

ガシーーン!

梓「まったくもう」

唯「……」

梓「唯先輩?」

唯『うぃーっす、梓』

梓「!!?」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 21:31:36.05 ID:+tN38eao0
梓「唯先輩!?」

唯『どうした梓?驚いたような顔して?』

梓「いや、驚きますよっ!なんで律先輩みたいなしゃべり方すてるんですかっ」

唯『そりゃあ私のカチューシャ着けたら私みたいなしゃべり方になるだろ』

梓「えっ…あの、もしかして、律先輩なんですか?」

唯『おうっ!りっちゃんだぜー!』

梓「そんなバカな…」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 21:37:55.06 ID:+tN38eao0
唯『バカとは失礼だな梓~』

梓「ああ、いえ、そういう意味では…」

唯『まぁ梓が驚くのも無理は無いか。私のカチューシャにこんな能力があるなんて今まで言ったことなかったからな』

梓「律先輩のカチューシャにそんな秘密が…」

唯『おもしろいだろー!』ふんす!

梓「まぁ…おもしろいはおもしろいですよ。あの、それってカチューシャ外したら元の唯先輩に戻るんですかね?」

唯『戻るぞ』

梓「あ、意外と簡単に戻れるんですね」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 21:41:03.04 ID:+tN38eao0
唯『じゃあちょっと梓、このカチューシャ外してみてくれよ』

梓「はぁ。わかりました…」カチッ

ガチョッ!

唯「ふぅっ!ようやく戻れたよ~」

梓「お~」

唯「りっちゃんのカチューシャすごい能力があったんだねあずにゃん」

梓「そうですねぇ」ジー

唯「……」

梓「……」

唯「あずにゃんも着けてみたら?」

梓「あ、やっぱり私もやる感じですか?」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 21:44:26.93 ID:+tN38eao0
ガシーーン!

梓「……」

唯「…あずにゃん?」

梓『よお、どうした唯?』

唯「あずにゃんがりっちゃんになってるっ!」

梓『なんだよー。唯もさっきやっただろ~?』

唯「そうなんだけど、やっぱり違和感あるねぇ」

梓『見た目は梓のまんまだからなぁ』


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 21:48:35.02 ID:+tN38eao0
唯「りっちゃん、あずにゃんの体になった感じはどう?」

梓『うーん、あんまり変わんねぇな』

唯「そういうものなの?」

梓『身長同じくらいだからなー』

ガチャ

澪「あれ?律のやつ部室に来てないのか?」

唯「あ、澪ちゃん!」

梓『私ならここにいるぜー!』

澪「??」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 21:53:43.20 ID:+tN38eao0
澪「どうしたんだ梓?律のカチューシャなんか着けて…」

唯「あずにゃんじゃないよお澪ちゃん。ここにいるのはりっちゃん!」

梓『よぉ澪。りっちゃんだよーん♪』

澪「ああ、そうか…ついに二人も律のカチューシャの秘密に気付いてしまったんだな」

唯「澪ちゃんは知ってたんだ?」

澪「一応幼なじみだからな」

梓『腐れ縁ってヤツだな』


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 22:05:59.01 ID:+tN38eao0
唯「澪ちゃんはこんな風にりっちゃんになったことあるの?」

澪「そう言えば無いな」

梓『おお、じゃあ澪も私になってみるか?』

澪「梓から外して自分の頭に着ければいいのか?」

梓『そうそう。外して着けるだけ』

澪「それじゃあ…」スッ

唯「やっぱりあずにゃんの頭に着けるなら、カチューシャじゃなくてネコミミじゃないとね!」ふんすっ

梓『なーに言ってんだよっ』

ガチョッ!

梓「何を言っているんですか唯先輩はっ!」

澪「すごい、梓に戻ったな」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 22:13:56.62 ID:+tN38eao0
梓「まったく、唯先輩は…」

唯「まぁまぁあずにゃん♪」ぎゅーっ

澪「やれやれ。それじゃあ、私もちょっとだけ…」

ガシーーン!

澪「……」

梓「澪先輩?」
唯「それともりっちゃん?」

澪『うおっ!澪の体になってるっ!』

唯「お~!」
梓「お~!」

澪『おもしろいなーこれっ!』


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 22:19:20.93 ID:+tN38eao0
唯「澪ちゃんになった感想はどう?りっちゃん?」

澪『いつも見なれてるからなー。あ、でもいつもより身長は高いかな』

梓「なるほど。視点が普段とは違うと」

澪『そんなもんかな。それほど新鮮味はねぇなあ』

紬「澪ちゃんの体のことは知りつくしている、ってことね!」キラキラ

澪『違う意味に聞こえるわっ!』
澪『って、ムギ!?』

唯「おおっ!いつの間にムギちゃんっ!」

紬「今来ました~」にこにこ


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 22:27:21.77 ID:+tN38eao0
梓「おはようございますムギ先輩」

紬「おはよう梓ちゃん。みんなおもしろそうなことしているわねっ!」ふんすっ

唯「ムギちゃんもりっちゃんのカチューシャ着けてみなよ~」

紬「はいはいっ!私もやってみたいですっ!」しゅばっ

澪『いいぜー。それじゃムギもこのカチューシャ着けてみろよ』

紬「頭に着けるだけでりっちゃんになるのね?」

澪『そういうこと』

ガチョッ!

澪「…ふぅ、なんか照れるなこれ」

梓「お疲れ様です、澪先輩」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 22:34:40.99 ID:+tN38eao0
紬「ふふふ、それじゃあいくわねっ」わくわく

唯「よっ!待ってましたー!」

紬「りっちゃんに~、変身っ♪」

ガシーーン!

紬「……」

澪「ムギ?」

紬『ムギじゃねー!りっちゃん参上っ!』

梓「ムギ先輩になった律先輩ですね」

紬『ムギ~お茶淹れて~♪』

澪「ムギは今お前だろっ」

唯「あははっ!わけわかんないねぇ」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 22:39:00.40 ID:+tN38eao0
梓「でもこのままじゃムギ先輩の紅茶が飲めませんね」

紬『そいつは困ったなっ』

唯「大変だよーりっちゃん!」

紬『ヤバイな!放課後ティータイムの危機だっ!』

梓「ケーキも食べられません」

澪「ムギが居ないとこんなにも大変だなんて」

唯「これは一刻も早く戻ってもらわねば…」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 22:44:51.36 ID:+tN38eao0
紬『ええ~でももうちょっとムギの体のっまで遊びたいぜっ』

唯「それじゃりっちゃん来るまではムギちゃんにカチューシャ着けててもらおっか?」

梓「と言うか、律先輩来たらこれどうなるんですかね?」

ガチャ

律「なー、誰か私のカチューシャ知らね?」

澪「お、言ったそばから来たな」

紬『カチューシャならこっちの私が着けてるぜー!』

律「おう!?」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 22:48:27.91 ID:+tN38eao0
律「あわわ、私の本体が~~」へなへな

梓「本体なんですか」

唯「りっちゃんが本体外してるなんて珍しいよねって言ってたんだよー」

律「ううっ、部室来たら誰もいなかったからなんか外して、そのままトイレ行っちまったんだよ…」

澪「それで鏡を見て気付いて戻って来たと」

紬『私が本体だぜー!』ふんすっ

律「あぁ~、私の本体さんが~~っ」へなへな


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 22:54:43.08 ID:+tN38eao0
律「そのカチューシャが無いと、私は…私はぁ~」ふにゃふにゃ

紬『仕方ねーなー。やっぱりこのカチューシャは私に着いてないとダメかっ』

ガチョッ!

紬「はい、りっちゃん!りっちゃんのカチューシャよ~」

律「あぁ~、ありがてぇ、ありがてぇですだ~」へこへこ

ガシーーン!

律「……りっちゃん、ふっかーつ!!」シャキーン!

唯「おー。やっぱりりっちゃんはこうじゃないとね!」

梓「しっくりきますね」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/08(土) 23:05:39.86 ID:+tN38eao0
律「元気100倍りっちゃんだぜー!」ふんすっ

澪「いつも通りだな」

律「ムギっ!お茶淹れて~♪」

紬「ふふっ、はーい」

梓「ケーキもくださいっ」

唯「やっぱりいつも通りの軽音部が一番だね~」

紬「ぷっ、ふふふっ」くすくす

澪「あはははっ」クスッ

梓「そうですねっ。全員が律先輩になったら困ります!」

律「なんだとー、中野ー!」

唯「あはははっ!おもしろかったけどね、みんなでりっちゃんになるの!」


おしまい!


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475929394/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「けいおん!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ