Powered By 画RSS


兄「いきなりステーキ行こうぜ!」妹「お兄ちゃんステキ!」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 21:25:16.427 ID:fp7tSXm90.net
妹「お兄ちゃん、お腹減ったね」グギュルルルル

兄「もう昼だしなぁ」グゥゥ…

妹「あーあ、血のしたたるようなステーキが食べたいなぁ」グギュルルルル

兄「よーしだったら……」

兄「近所に新しくできた、いきなりステーキって店に行ってみようぜ!」

妹「お兄ちゃんステキ! お兄ちゃん愛してる!」チュッ

兄「おいおい、いきなりステーキに行く前にいきなりキスしてどうするんだよ」

妹「えへへ……」




12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 21:29:08.607 ID:fp7tSXm90.net
兄「ここだ」

妹「なかなか繁盛してるみたいだね」

兄「――ん、店の前になんか書いてあるぞ」


『ステーキは 厚切りレアーで 召しあがれ』


兄「こりゃまた……五七五チックなキャッチコピーだな」

妹「友蔵心の俳句って感じだね!」

兄「友蔵というと、キートン山田のナレーションが欲しくなるな」

兄「後半へ続く」

キートン山田「まだ始まったばかりである」


13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 21:33:12.222 ID:fp7tSXm90.net
兄「へえ~、立ち食いなんだ」

妹「なんだか新鮮だね!」

兄「!」コテリン!

兄「……なるほど、そういうことか!」

妹「どういうこと?」

兄「立って食うのは、座って食うよりカロリー消費が激しい……」

兄「つまり、この店のステーキはいくら食っても太らないってことだ!」

妹「これならあたしみたいな女の子でも安心して食べられるね!」


15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 21:36:18.000 ID:fp7tSXm90.net
店員「ご注文は?」

兄「ステーキ定食を弱火でじっくり……じゃなくて、このランチのワイルドステーキってやつで」

妹「あたしもー!」

店員「かしこまりましたー!」

妹「ワイルドステーキって、どんなステーキなんだろうね?」

兄「そりゃもちろん……ワイルドなんだよ!」

キートン山田「説明になっていない」


16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 21:39:55.550 ID:fp7tSXm90.net
店員「お冷やと紙エプロンです」バババッ

兄「どうも」

妹「へえ~、紙エプロンなんてもらえるんだ!」

兄「サービスいいな」

妹「……」スッスッ

兄「……」モタモタ…

妹「お兄ちゃん、なにやってんの?」

兄(結べないとはいえない……俺って不器用なんだよな……)モタモタ…


17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 21:43:18.170 ID:fp7tSXm90.net
店員「……」シャシャッ

兄「?」

兄「――あれ!?」

兄(いつの間にか、エプロンが結ばれてる!?)

妹「うわっ、お兄ちゃん、エプロンの結び方上手だね!」

兄「アハハ……まぁね」

兄(店員さん……ありがとう……!)


19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 21:47:00.513 ID:fp7tSXm90.net
店員「ワイルドステーキです」ジュワァァァ…

妹「おほっ!」

兄「うまそうだな~!」

店員「召し上がり方はご存知ですか?」

兄「え!? そりゃもちろんだよ!」

兄「口に入れて歯で噛んで舌で味わって……」

妹「お兄ちゃん、無理しないでちゃんと聞こうよ」

キートン山田「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥である」


21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 21:53:08.285 ID:fp7tSXm90.net
店員「お肉は生ですので、ご自分でお好きな焼き加減まで焼いてからお召し上がり下さい」

兄「へえ~、自分で焼かせてもらえるのか!」

妹「ステキ!」

兄「じゃ、さっそく焼こうぜ」

妹「うんっ!」

兄「こうやって自分で焼くのも面白いな」ジュワァァァ…

妹「ねるねるねるね、を思い出すね!」ジュワァァァ…


25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 21:56:53.846 ID:fp7tSXm90.net
兄「そろそろタレをかけるか……」

兄「それっ! やべっ、かけすぎた!」ドバッ

妹「お兄ちゃん、あたしの顔にお兄ちゃんの汁がかかったよ!」

兄「ハハッ、ごめんごめん」

キートン山田「なんとも唐突な下ネタである」


27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 21:59:21.550 ID:fp7tSXm90.net
兄「おお、色が茶色く変わってきた!」ジュワァァァ…

妹「お肉をナイフで切って、と」サクッ

兄「いただきます!」モグッ

妹「いただきます」モグッ


30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 22:04:22.445 ID:fp7tSXm90.net
兄「うめえ!」

妹「おっいしい!」

兄「この肉の弾力! 噛めば噛むほど味がしみ出してきてたまらないな!」モキュモキュ

妹「それにくどくないよ! すごくあっさりしてる! これならいくらでも食べれちゃうよ!」モグモグ

兄「店の名前からしてイロモノっぽいし、正直あんま期待してなかったけど……」

兄「いきなりステーキ……! これほどのものだったのかぁっ!!!」


32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 22:08:17.095 ID:fp7tSXm90.net
小僧「へっ、こんなステーキぐらい俺でも作れらぁっ!」

店員「こりゃあ面白い小僧だぜ」

店員「こりゃあどうしてもうちと同じ値段でうまいステーキを作ってもらおう」

小僧「え!? 同じ値段でステーキを!?」


ザワザワ… ドヨドヨ…


兄「……なんだなんだ?」

妹「ケンカしてるみたいだね。今にも料理対決が始まりそうだよ」


35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 22:12:59.257 ID:fp7tSXm90.net
小僧「できねえっ!」

店員「こりゃあ素直な小僧だぜ」

小僧「じゃ、お会計お願いします」

店員「あ、はい」



兄「あっさり負けを認めた……あの小僧、只者じゃないな」

妹「うん……引き際ってやつを知り尽くしてるね。ありゃあ百戦錬磨だよ」


38 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 22:16:47.252 ID:fp7tSXm90.net
幼 女「ステーキおいしい!」モグモグ

幼 女「あっ!」

ボトッ…

幼 女「ステーキ床に落としちゃった……」

幼 女「300gのステーキが……」シクシク



兄「あちゃ~、かわいそうだな」モグモグ

妹「お兄ちゃんのステーキ、分けてあげれば?」

兄「やだ」

キートン山田「なんとケチな男だろうか」


39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 22:20:54.681 ID:fp7tSXm90.net
店員「悪ィな、うちの床がステーキ食っちまった」

店員「次ァ400gを買うといい」チャリーン

幼 女「ありがとう!」



妹「粋だねえ」

兄「いきなりステーキのいきなりってのは、“粋なり”って意味もあるらしいぞ」

妹「そうなんだ!」


40 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 22:24:01.600 ID:fp7tSXm90.net
客「あつっ!」

店員「冷ましてあげましょう」フーフー


妹「フーフーもしてくれるんだ!」

兄「“息なりステーキ”ってやつだな!」





『いきなり!ステーキ』で食事を楽しむ兄妹。

ところが、この『いきなり!ステーキ』に、危機が迫っていた……。


41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 22:28:53.390 ID:fp7tSXm90.net
外――

リーダー「みんな、銃は持ったか!」

手下A「へい!」ジャキッ

リーダー「よし……これより、あのいきなりステーキを占拠する」

手下B「しかし、ステーキ店を占拠してどうするんです?」

手下B「どうせ狙うなら、もっとこう……公共の施設なんかのがいい気がしますが」


42 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 22:33:16.866 ID:fp7tSXm90.net
リーダー「いいか? いきなりステーキほどの一流飲食店が武装集団に占拠されたとなりゃ」

リーダー「日本中が不安に包まれる」

手下B「そのとおりですね」

リーダー「不安はやがて不満へと姿を変え、暴動へと発展する」

手下C「たしかに!」

リーダー「そうすりゃ、日本は崩壊し、俺らがやすやす天下をとれるって寸法よ!」

手下A「なるほど!」

リーダー「カゼオケ理論ってやつよ」

リーダー「行くぜ!」ダッ


43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 22:38:08.585 ID:fp7tSXm90.net
リーダー「やい、静かにしろ!」

リーダー「たった今から、この店は俺たちが占拠した!」

リーダー「お前らは人質だ! 抵抗すれば容赦なくこの銃で射殺する!」ジャキッ



兄「なんだあいつら!?」

妹「どうしよう……お兄ちゃん!」ガタガタ…

兄「心配するな! お前だけは俺の命に代えても守る!」ガシッ

キートン山田「とんでもない展開になってきた」


44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 22:40:59.935 ID:fp7tSXm90.net
リーダー「おい、店員! 俺たちはこれからここを拠点に活動を行う!」

リーダー「これも腐った日本を変えるためだ! 悪く思うなよ!」


店員「……大罪だ」



リーダー「あん?」


45 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 22:47:08.944 ID:fp7tSXm90.net
リーダー「大罪ィ? 当たり前だろうが! 俺たちゃテロリスト――」

店員「そうじゃあない」

リーダー「は?」

店員「当店は安さも自慢ではあるが、なんだかんだ会計は1000円を超える」

店員「ワンコインでたらふく食える店が溢れる中、わざわざ当店にいらして下さったということは」

店員「今ここにいるお客様はステーキを愛して下さってる方々ということだ」

店員「中には常連の方もいるだろう」

店員「中にはたまの贅沢にステーキ、という方もいるだろう」

店員「店の名前を見て、物珍しさで来て下さった方もいるかもしれない」

店員「そんな人たちの思いを、お前たちは踏みにじったのだ!」

店員「万死に値する……!」


怒りに震える店員。

そう、テロリストたちは虎の尾を踏んでしまったのだ……!



店員「これよりいきなりステーキ戦闘モード『敵なりステーキ』を発動するッ!」


46 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 22:50:44.954 ID:fp7tSXm90.net
店員「ほら、ステーキだ」サッ

手下A「!」モグッ

手下A「ホントにいきなりステーキが出てきやがった」モグモグ

手下A「うめえ、ほっぺたが落ちそうだ!」



兄「おいおい、テロリストにメシ食わせてどうすんだ!?」

妹「なにやってんの!?」


47 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 22:53:25.793 ID:fp7tSXm90.net
手下A「こ、これは……!?」

手下A「ホントに肉が落ちてくッ!」

手下A「俺の……『頬の肉』が削げ落ちていくよォォォ~~~~~ッ!」ドロドロ…

リーダー「な、なにイィィィィ!?」

店員「お前たちのような無法者にはちょうどいいご馳走だろう?」

リーダー「この野郎……!」


48 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 22:56:40.307 ID:fp7tSXm90.net
リーダー「よくもやりやがったな!」ガガガガガッ

店員「ガードステーキ」キキキキキンッ

リーダー「バカな! 弾丸を肉で防ぎやがった!」



兄「こっちにも流れ弾が!」

兄「だけど、この紙エプロンが全部防いでくれる!」キキキキキンッ

妹「すっごーい!」キキキキキンッ


49 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 23:00:31.831 ID:fp7tSXm90.net
店員「次はお前だ……」

手下B「へっ、さっきのステーキを食わそうってんだろ!」

手下B「こうやって口を閉じちまえば……」スッ

店員「いや……すでにお前の胃袋にはステーキを入れておいた」

店員「熱々のやつをな……」

手下B「……え?」ジュゥゥゥゥゥ…

手下B「いつの間にィィィィィ!?」

手下B「ぎゃああああああ! 胃が焼けるぅぅぅぅぅぅぅ!」ジュゥゥゥゥゥ…

店員「お前たちはいきなりステーキのスピードをナメすぎだ……」


50 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 23:04:33.136 ID:fp7tSXm90.net
店員「リベンジステーキ」

店員「やれ」パチンッ

牛「ブモォ~~~~~~~!」ドドドドドッ

手下C「あぢぃぃぃぃ! 許してぇぇぇぇ!」ジュアァァァ…



兄「普段はステーキになる肉牛が、逆に人間を鉄板に押しつけてる!」

妹「すごいすごい! 牛さんかっこいい!」

キートン山田「もはやこの兄妹、ただの野次馬である」


51 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 23:09:01.356 ID:fp7tSXm90.net
店員「手下どもは全員降参した。残るは……お前一人だ」

リーダー(無理だ! こんな化け物勝てるわけねえ!)

店員「……」ジリ…

リーダー「逃げるが勝ちだ!」ダッ


兄「あっ、逃げた!」

妹「ずるいずるい!」



リーダー(あんなところにトンネルがある! あそこから脱出だ!)タタタッ


52 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 23:11:20.494 ID:fp7tSXm90.net
リーダー「このトンネルを抜ければ……!」タタタタタッ

リーダー「抜ければ……!」タタタタタッ

リーダー「外に出られる……!」タタタタタッ



長いトンネルを抜けると――


55 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 23:14:56.958 ID:fp7tSXm90.net
いきなりステーキであった。


リーダー「なにイィィィィィ!? なんで!?」

店員「あれだけのことをしておいて、今さら逃げられると思ってるのか?」



兄「これはまさに……!」

妹「事実は小説より奇なりステーキ……!」


56 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 23:19:19.716 ID:fp7tSXm90.net
店員「トドメだ」ゴゴゴゴゴ…

リーダー「や、やめ……!」


兄「あの店員さんの体にどんどん『肉マイレージ』が貯まっていく!」

妹「ものすごいエネルギー! 核爆弾よりすごいかも!」


店員「“兵器なりステーキ”」


ズオッ!!!


巨大なステーキ波に飲み込まれたテロ集団のリーダーは、木星の衛星ガニメデまで吹き飛ばされた。



店員「死にはすまい……水が存在するらしいからな」


58 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 23:22:20.069 ID:fp7tSXm90.net
店員「大変お騒がせいたしました!」

店員「引き続き、お食事をお楽しみ下さいませ!」


兄「いいもん見せてもらったよ!」パチパチパチ

妹「かっこよかった!」パチパチパチ



ワァァァ……!

パチパチパチパチパチパチパチパチ…


59 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 23:25:12.935 ID:fp7tSXm90.net
店員「ありがとうございました! またお越し下さいませ!」

兄「あ~、おいしかった! うまいもん食えたし、いいもん見れたし、最高だ!」

妹「また来ようね、お兄ちゃん!」

兄「そうだな!」


キートン山田「この兄妹がいきなりステーキの常連客になったことはいうまでもない」





―おわり―


60 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 23:28:32.319 ID:tusSCvaOr.net

ステキなSSだった


61 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/12(水) 23:31:30.489 ID:KnWusl5j0.net
ステーキくいたい


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1476275116/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ