Powered By 画RSS


梓「唯先輩と山デート」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:01:14.31 ID:Zq6WafUD0
中野梓です、ただいま唯先輩と山デートをしています。
服装は登山ウェアにリュックを背負ったオーソドックスなスタイルです。
まだ登り始めたばかりなんですが…

唯「あずにゃ~んつかれた~おんぶして~」

梓「まだちょっとしか歩いてないじゃないですか。頑張って歩きましょう」

唯「デートしようって言ったのあずにゃんなんだからおんぶくらいしてよ~」

梓「山に行こうって言ったのは唯先輩です」

唯「あずにゃん山に行くの同意したじゃ~ん」

梓「唯先輩もデートに同意したじゃないですか」




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:06:28.64 ID:jmjasp1b0
唯「ふぃー、あずにゃんには敵わないね」

梓「ふふ、でもいいですね、山も」

唯「あずにゃんと一緒ならね」

梓「同感です」

梓「じゃあ休憩しましょうか」

唯「わーい!ねぇ、おやつ食べてもいい?」

梓「ちょっとだけですよ」

唯「やったー!ポテトチップスコンソメ味!いでよ!」バリッ

梓「なんですかそれ?」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:10:13.35 ID:m4Ccml5T0
唯「でへへ、ちょっと言ってみただけ」バリボリ

唯「ほい、あずにゃん、あーん」

梓「いいです」

唯「えー食べようよあずにゃ~ん」

梓「だってあーんなんて恥ずかしいですもん」

唯「ここには私とあずにゃんしかいないから恥ずかしがることなんかないよ」

梓「そ、そうですね、えっと、じゃあ食べます」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:13:17.32 ID:DYhjv40M0
唯「あーん」

梓「あ、あーん」パクッ

唯「どう、おいしい?」

梓「はい、おいしいです」

唯「そうかいそうかい!どんどんお食べ、あーん」

梓「もうあーんはいいです。自分で食べますから」

唯「あーん、あーん」

梓「もうあーんはいいですって!」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:17:36.29 ID:uMNLvmep0
そんなこんなで休憩おわり!

梓「じゃあ登山再開しますよ」

唯「元気百倍だー!うおおおおおおお!!」

梓「その元気がいつまで続くのやら」

唯「心の中でいつまでも続いていくさ」

梓「体力面じゃ続かないってことですか…」

唯「あずにゃん早く来ないと置いてくよー!」

梓「ペース配分を考えてください!」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:22:47.10 ID:Y88IBELa0
唯「あー!あずにゃんきてきて!」

梓「なんですか?」

唯「ヘビだよヘビ!」

ヘビ「」

梓「ヘビですね、気をつけてください」

唯「触ってみようっと」

梓「ちょっと!危ないですよ!」

ヘビ「」ガブ

唯「いたああああああい!!!」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:26:06.84 ID:FizP9mvz0
梓「大丈夫ですか!?」

唯「咬まれた~(泣)」

梓「この!」

ヘビ「シュルルルル」

梓「あっちいけ!」

ヘビ「」ウネウネ

ヘビは去っていった。


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:29:26.76 ID:f/tHTAv60
唯「痛い~」

梓「見せてください」グイ

梓「よかった、大した怪我じゃないみたい」

唯「毒が!毒が私を蝕んでゆくううううう!!」

梓「あのヘビはアオダイショウというヘビですので毒はありません」

唯「も、もちろん知ってるよ、ヘビの種類くらい。常識だよ」

梓「はいはい、絆創膏貼りますよ」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:32:03.02 ID:f/tHTAv60
唯「あずにゃん、傷口舐めてよ」

梓「イヤです、自分で舐めたらいいじゃないですか」

唯「あずにゃんが舐めないと痛いの治らないの」

梓「関係ありません」

唯「お願いあずにゃん」ウルウル

梓「うぅ…わかりましたよもう!」ペロペロ

唯「くふ、くすぐったい」

梓「これでいいですか?」ペロペロ

唯「うん、ありがとう。傷口舐めてるあずにゃんすごく可愛いよ」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:36:31.58 ID:f/tHTAv60
梓「何言ってるんですか!からかわないでください!」

唯「からかってなんかないんだけどなぁ」

梓「じゃあ絆創膏貼りますよ」ペタ

唯「あずにゃんのおかげで痛くなくなったよ」

梓「いいですか、もう何か見つけてもむやみに触ったりしちゃダメですよ」

唯「はーい!」

梓「やれやれ、本当に反省してるんだか」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:41:25.59 ID:mK6Aklop0
それからしばらく歩き……

唯「ああー疲れるー足が重いー」

梓「今の地点は大体五合目だから頂上まであと半分ですね」

唯「まだ半分!?ねぇ休憩しようよ」

梓「またですか」

唯「しんどいよ~」

梓「泣き言ばっかり…心の中の元気はどこへ行ったんですか…」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:45:56.07 ID:lL6tmLAG0
唯「あいつは私を裏切っていったよ」

梓「裏切られて残念ですね」

梓「あっ杖とかあればいいかも」

唯「持ってないよ杖なんて」

梓「その辺にちょうどいい木があるか探してみますか」

唯「あずにゃん悪いけど探してきて。私ちょっとここで休んでるから」

梓「私一人で探すのか…メンドクサイなぁ」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:48:38.45 ID:RyatCH9y0
唯「そんなこと言わないで頼むよあずにゃん」

梓「わかりましたよ、じゃあ探してくるんで休んでてください」

唯「ありがとー」

……

唯「あーオシッコオシッコ」ブルッ

唯「あずにゃんがいると恥ずかしくてできないもんね」

唯「今のうちにどっかその辺で…あっ!あの木のかげでしよう」

唯「いやーこれも山登りの醍醐味だね」ヌギヌギ

唯「ふぅ…」ジャージョボボ


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:52:18.70 ID:lL6tmLAG0
梓「唯せんぱーい!どこですかー!?」

唯(うわっ!あずにゃんもう戻ってきた!)チョロロ…

梓「いない…もしかして崖から転げ落ちたんじゃ…!」

唯(あらぬ誤解を招いてしまった!早くしないと!)フキフキ ハキハキ

梓「唯せんぱーい!!」

唯「あずにゃーん!私はここだよー!」

梓「あっいた!もう、心配しましたよ。何をしていたんですか?」

唯「いやぁ…その…ちょっとオシッコを…」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:54:58.53 ID:uMNLvmep0
梓「お、オシッコでしたか…」

唯「心配かけてごめんね、あずにゃんがいると恥ずかしくてできなくて」

梓「私に恥ずかしがることなんかないって言ったのはどこの誰でしたっけ?」

唯「あずにゃんのエッチ!」

梓「誰がエッチですか!!」

梓「はい、ちょうど良さそうな木の棒が見つかりましたよ」


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 09:59:31.20 ID:DYhjv40M0
唯「おおっいい感じ」コツコツ

梓「これで歩けますね?」

唯「うん!もう楽チンだよ!」

こうして杖を入手した唯先輩は、また途中で泣き言を言いながらも、なんとか八合目まで歩くことができました。

ただいま休憩中です。

梓「さすがに疲れました」

唯「もうヘトヘト…」

梓「唯先輩は最初からヘトヘトでしたけどね」

唯「いや、最初はクタクタ程度だったよ」

梓「一緒ですよね意味」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 10:04:57.62 ID:mK6Aklop0
唯「クターとヘトーじゃどっちの方が疲れた感じがあると思う?」

梓「どっちも変わりませんね」

唯「固いねあずにゃんは」

梓「軟らかいと違いがわかるんですか?」

唯「頭をグニャグニャにしてみなさい」

梓「グニャグニャですか……唯先輩の領域にはとても辿り着けないです」

唯「辿り着けるように頑張ってねあずにゃん!」

梓「頑張らないです」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 10:08:07.43 ID:f80xQccE0
梓「とにかく、ここまで来たらあと少しです。さっ、張り切って歩きますよ」

唯「よっこいしょ、さて、歩こうかのう…」プルプル

梓「老人ですか」

……

梓「はっ、はっ、はっ」

唯「ぜえ、ぜえ、ぜえ」

ガサガサ

梓「あっ唯先輩、今キツネがいましたよキツネ!」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 10:12:47.41 ID:4RUcI8xb0
唯「キツネか…」

梓「あれ?唯先輩キツネ好きじゃないんですか?」

唯「キツネも好きだけど、どうせならキツネよりイノシシの方が見たい」

梓「イノシシですか……キツネの方が可愛いと思うんですけど」

唯「イノシシの方が可愛いよ!」

梓「そうですか、まあその辺は感性の違いだからなんとも言えませんね」

唯「人それぞれってことだね」


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 10:15:50.62 ID:LajBfz+z0
梓「でもイノシシは危険ですからもし見つけても近寄ったりしちゃダメですよ」

唯「イノシシなら大丈夫だよ」

梓「ヘビに咬まれたこと学習しましょうよ」

唯「そうでした…」

ガサガサ

梓「ん?」

イノシシ「」

梓「イ、イノシシ!?」


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 10:19:20.20 ID:j2fxHkMi0
唯「ウソっ!?どこどこ!?」

梓「唯先輩逃げますよ!」

唯「イノシシ逃げちゃうの!?」

梓「私達が逃げるんです!!」

唯「えーイノシシ見たいー!」

梓「あそこにいるじゃないですか!」ユビサシ

イノシシ「フゴッ」

唯「ふわあ、か、かわいい」


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 10:22:37.65 ID:j2fxHkMi0
梓「かわいいなんてのん気な…走って一気に逃げますよ」

唯「疲れて走れないよ~」

梓「もう、しょうがないですね、じゃあ刺激しないようにゆっくり逃げましょう」

唯「わかった!」

唯「イノシシくんバイバーイ!」ブンブン

梓「刺激しないでください!」

イノシシは思ったよりもおとなしく、私達を傍観していただけでした。
それから少し歩き、ついに私達は山頂に到着しました。


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 10:27:27.28 ID:LajBfz+z0
唯「ついに頂上に着いたんだね…」

梓「ええ、着きましたよ」

唯「長かったーーーー!!」ドサッ

梓「あーあー、そんなところに寝そべって」

唯「だってほんとに疲れたんだもん」

梓「そんなに疲れたんですか。じゃあお弁当食べましょうか」

唯「お弁当!お弁当お弁当!!」

梓「急に元気になりましたね」


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 10:30:59.40 ID:09RH04E60
唯「お弁当ね、憂が朝早くに起きて作ってくれたんだ」ゴソゴソ

梓「それは当然ですね。唯先輩が朝早くに作れるはずないですもん」ゴソゴソ

唯「そう言うあずにゃんは自分で作ったの?」カパ

梓「はい、そうです」カパ

唯「すごいね」

梓「別にすごくないですよ……って唯先輩お弁当グチャグチャじゃないですか!?」


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 10:33:43.22 ID:mK6Aklop0
唯「ほんとだね…」

梓「山登りなんだから崩れるようなお弁当じゃダメですよ。おまけにさっき寝そべってましたし」

唯「憂、ごめんね、せっかく作ってくれたのに…」

唯「あずにゃんはおにぎりだけなんだ」

梓「これなら崩れる心配はないですからね。いただきます」パクパク

唯「私もおにぎりだけならまともだよ、いただきまーす」パクパク

唯「おいしい、崩れててもおいしい、あずにゃんも食べたい?」

梓「自分のだけでいいです」モグモグ

唯「そっかぁ…私あずにゃんのおにぎり食べたいなぁ」

梓「食べますか?」

唯「いいの!?」

梓「じゃあ食べさせてあげますからあーんしてください」


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 10:41:33.02 ID:4RUcI8xb0
唯「いいよー」

梓「はい、あーん」

唯「あーん」パクッ

唯「」モグモグ

梓「味はどうですか?」

唯「あずにゃんの味がする!すんごくおいしいよ!」

梓「私の味ってどんな味なんですか…?」

唯「うんとねー、おいしい味だよ!」

梓「わからないです。でもこれでさっきの借りは返せました」

唯「さっきの借り?もしかしてポテトチップスの時のこと」

梓「はい、そうです」

唯「ふーん、じゃあ後でまた貸し作ろっかな。そしたらまたあずにゃんにあーんしてもらえるし」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 10:44:28.26 ID:jmjasp1b0
梓「作らせません」パクパク

唯「残念」パクパク

……

梓・唯「ごちそうさまでした!」

唯「じゃあおやつ食べようかな」

梓「そんなに食べてばかりで動けますか?言っときますけど帰りも歩くんですからね」

唯「おやつ程度なら大丈夫だよ」

梓「だといいですけどね」

唯「ポッキーおいしい、あずにゃんも食べる?」ポリポリ

梓「あーんはしませんよ」


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 10:50:38.61 ID:hVpKFVbo0
唯「あーんよりもっといい方法があるよ」

梓「いい方法?」

唯「こうやって口にくわえて二人で一本のポッキーを食べあうんだよ」ハム

梓「ポッキーゲームじゃないですか!絶対やりません!!」

唯「あずにゃん、私達恋人同士だよね?」

梓「ま、まあそうですけど…それが何か?」

唯「あずにゃんはこんなこともできなくて恋人なんだね?あーあ、私の恋人がポッキーゲームもできない人だったなんてガッカリだなぁ」

梓「ぐぬぬ…こ、今回だけですからね!」

唯「そうこなくちゃ!」


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 11:27:08.55 ID:qb7pmtTJ0
唯「じゃあいくよ」ポリポリ

梓「ん…」ポリポリ

梓(唯先輩の顔がこんなに近くに…唯先輩の息が…なんか変な感じ…)ポリポリ

唯(こうして見ると…あずにゃんってやっぱりかわいいなぁ…本当に…)ポリポリ

梓(唯先輩…)ポー

唯(あずにゃん…)ポー

チュッ

梓・唯「あっ!」


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 11:30:22.60 ID:9ojxZ6Aa0
梓(い、今…くちびる触れた…)

唯「ねぇ、あずにゃん…」

梓「はい!?」

唯「キス…」

梓「あのっ!今のはわざとじゃなくて…その…///」

唯「キス…しようよ」

梓「えっ…」

唯「キス…いや?」

梓「………いやじゃないです…」

梓「したいです、唯先輩とキス、したいです!」


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 11:34:17.55 ID:9ojxZ6Aa0
唯「もう、照れるよあずにゃん///」


唯「あずにゃん、目つむって」

梓「こうですか?」ツムリ

チュッ

梓(ああ、唯先輩のキスだ…)

チュル チュパ

梓(ちょっとぎこちないけど、それでもとっても優しくて暖かい唯先輩のキス…)

唯「んっ…んっ…」チュッ チュッ

梓(大好きです…唯先輩…)

……


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 11:39:26.86 ID:b2MPZ/S50
私達はキスを終え、山頂から見える街並みを背景に記念撮影をします。

唯「あずにゃん笑って笑って」

梓「はい」ニコッ

唯「撮るよー、はいチーズ」カシャ

梓「うまく撮れましたか?」

唯「あー私目半開きだ」

梓「もう一回撮り直しますか?」

唯「ごめん、今度こそいい表情するよ!」

唯「はいチーズ」カシャ


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 11:42:14.13 ID:b2MPZ/S50
梓「どうですか?」

唯「うん!バッチリだよ!」

梓「そうですか、よかったです。じゃあそろそろ下山しましょうか」

唯「帰りも歩くんだったね…」

梓「帰りは下りだから楽ですよ」

唯「そっか、じゃあ気楽に歩こっと」

こうして私達は山を後にしました。

色々あったけど楽しい思い出になりました。

梓「唯先輩」

唯「なに?」

梓「また来ましょうね」

唯「今度は山じゃなくて海がいいな」

梓「山でも海でもどこでも着いていきますよ」


おしまい!


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 12:04:18.56 ID:rcnIoNhC0
乙~ 楽しく読ませてもらったよー


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 18:27:38.95 ID:Bpk/3NX3o

癒された


38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/03/19(月) 23:35:10.93 ID:1TsU87sTo

すごくほのぼのした。こういうの大好きだ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1332115274/


けいおん!! 108マイクロピース 唯と梓 M108-096
けいおん!! 108マイクロピース 唯と梓 M108-096


映画けいおん! 108マイクロピース 「唯、あずさロンドンスタイル」 M108-116
映画けいおん! 108マイクロピース 「唯、あずさロンドンスタイル」 M108-116





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「けいおん!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ