Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココナ「ピュアねっちょり」パピカ「ねっちょり……?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/27(木) 23:14:03.49 ID:exXr2DFM0

パピカ「ねっちょりってなに?」

ココナ「ねぇパピカ」

パピカ「なにココナ?」

ココナ「ピュアイリュージョンって」

パピカ「うん」

ココナ「わたしたちの気持ちが一つになると」

パピカ「行けるよ! また一緒に行こうね! ココナ!」

ココナ「でもそうすると」

パピカ「うん」



ココナ「わたしがえっちな気持ちになってパピカを襲うとするじゃない」

パピカ「うん。…………うん?」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/27(木) 23:15:39.95 ID:exXr2DFM0

ココナ「それで、パピカがえっちな気持ちになると」

パピカ「ねぇ、ねぇココナ」

ココナ「ピュアイリュージョンに入ってしまって、結局えっちできな……なに? パピカ」

パピカ「しないよ」

ココナ「えっ」

パピカ「えっ?」




3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/27(木) 23:16:30.45 ID:exXr2DFM0

ココナ「えっちしないの?」

パピカ「うん……しない」

ココナ「わたしのこと、大好きなんでしょ?」

パピカ「ココナのことはだいだいだいだいだいすきだけど」

ココナ「はいはい」


パピカ「えっちはしない」

ココナ「えっ」

パピカ「えっ?」




4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/27(木) 23:17:09.10 ID:exXr2DFM0

パピカ「だめだよ」

ココナ「どうして」

パピカ「えっちなのはだめだよココナ」

ココナ「どうして!?」

パピカ「どうしてって」

ココナ「パピカ! あなたっていっつも自分勝手で!」

パピカ「えぇー……」

ココナ「わたしの都合を考えないで! そんなふうに!」

パピカ「うーん……ココナの都合を考えてみたけど」

ココナ「それで?」

パピカ「やっぱりだめ」

ココナ「」




5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/27(木) 23:18:19.95 ID:exXr2DFM0

ココナ「ひどい……」

パピカ「ひどくない」

ココナ「ひどい……ひどいよ。わたし、強引に巻き込まれて、突然で、わけなかんなくって、パピカが死にかけて、わたしも死にかけて、それでもパピカに付き合ってるのに……」

パピカ「……」


パピカ「ココナはさ」

ココナ「……」

パピカ「パピカとえっちしたいの?」

ココナ「えぇ」

パピカ「………………」


ココナ「今更引かないでよ」

パピカ「引くよ」

ココナ「パピカだって聞いてたでしょ」

パピカ「? なにを?」


ココナ「あの仮面は欲求を肥大化させただけだって」

パピカ「え?」



ココナ「『パピカにイッパツ挿入れたいと思ってたんでしょう』て」

パピカ「」




6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/27(木) 23:19:50.22 ID:exXr2DFM0

パピカ「あれ……そーいう意味だったの……?」

ココナ「そう。だから動けないようにボコボコにしてからマウントとったでしょ?」

パピカ「あれ…………あれ、そーいうあれだったの……てーそうの危機だったの」

ココナ「それを知った上で大好きって言ってくれたから、てっきり」

パピカ「訂正します」

ココナ「えっ?」



パピカ「ココナさんのことはお友達として大変大切に思っております。今後とも友人かつパートナーとして決して一線を越えることなくピュアイリュージョンを冒険していければと考えちゃったりなんかしちゃってる所存であります」


ココナ「パピカ」

パピカ「はい」

ココナ「だめ」

パピカ「」




7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/27(木) 23:20:22.27 ID:exXr2DFM0

パピカ「なんでそんなにしたいの……」

ココナ「逆になんでパピカはしたくないの?」

パピカ「ぅえっ? し……したくないっていうか…………だ、」

ココナ「だ?」

パピカ「だめ……だと思う……」

ココナ「どうして?」

パピカ「だめだもん……」

ココナ「なんで」

パピカ「ぅ、ぅう~っわかんないけど! だめっ! えっちなのは、だめっ!」

ココナ「パピカ」

パピカ「……うん」


ココナ「かわいい」

パピカ「? ありがと……?」




8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/27(木) 23:20:56.36 ID:exXr2DFM0

ココナ「じゃあそろそろ」ガシッグイッ

パピカ「わぁあーーー! だめーーーー!!」

ココナ「パピカ……パピカ……」スンスン

パピカ「いいって言ってなっ……あ! か、嗅いじゃ、だめっ」

ココナ「パピカはわたしのこと嗅ぐのに」

パピカ「それはえっちなのじゃないからーっ!」

ココナ「じゃあ」

パピカ「……うん」

ココナ「これからはえっちに嗅いでいいよ」

パピカ「よくないよ!?」




9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/27(木) 23:21:48.72 ID:exXr2DFM0

ココナ「もう! ほんとにわがまま! パピカったら!」

パピカ「ぇええー……」

ココナ「パピカがえっちなのがいけないんだから!」

パピカ「えっ」

ココナ「こんなえっちな格好して!!」スポーン! スポーン!

パピカ「わぁあ!? ふくっ服が」

ココナ「なによこのインナー! こんなピチピチでっこんな」グィイー

パピカ「わぁあーー! ひっぱんないで! 見えちゃう見えちゃう!!」

パチン!

パピカ「ひぁっ!」

ココナ「こんなに! こんなに肌を出して!」サスサスサス

パピカ「あっあは! あはは! やだ! くすぐったぃっ!」

ココナ「こんな……こんなに……わき……えっちなわき」クニクニクニ

パピカ「あぁああっ! あっは! あ! やぁあ! くすぐっ、たひ、て」

ココナ「腰も……こしも、こんな」スリスリスリ

パピカ「あっ、それやっ……やだっぁ」




10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/27(木) 23:22:21.54 ID:exXr2DFM0

ココナ「おかしい」

パピカ「はぁ……はぁ…………ふぇ? なにが……?」

ココナ「こんなにえっちな気持ちになってるのに」

パピカ「うん。……うん?」

ココナ「ピュアイリュージョンに行かない」

パピカ「だ、だって!」


パピカ「えっちな気持ちになんて、なってないもん!」

ココナ「……うそ」

パピカ「ほんと!」

ココナ「うそ。だってパピカ」

パピカ「?」


ココナ「ねっちょりしてるもん」

パピカ「」




11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/27(木) 23:23:19.87 ID:exXr2DFM0

パピカ「どこが!!??」

ココナ「おしえてあげようか」

パピカ「やっぱりいい!!」

ココナ「おしえてあげる」グイグイ

パピカ「いいってばーー!!!」





TT-392「……ぴゅ」



TT-392「ねっちょりはピュアじゃない」

ユクスキュル「……」カリカリカリカリ








おわり。






12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/27(木) 23:27:23.40 ID:exXr2DFM0

ココナ「ほら…………ここ」

パピカ「ぁっ……ふ、ぅ……ぅう」

ココナ「わかる……? ね……?」

パピカ「ぅん…………だから、もうっ」

ココナ「もう……我慢できない? わたしもだよ、パピカ……」

パピカ「ち、ちがっぅあぁあっ!!?」



ヒュウウーーーーー



ドポンッ





ココナ「ぅ…………うーん……」


ココナ「はっ!? ここは……ピュアイリュージョン? でもパピカは……? いったいわたし、どこに吸い込まれてここに…………」

ネチョネチョ

ココナ「ねっちょりしてる…………」


ネチョネチョ


ネチョネチョネチョ……











おしり。




元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477577640/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。