Powered By 画RSS


茜「文香ちゃん、膝枕してもらえませんか?」

1 : ◆6QdCQg5S.DlH 2016/10/27(木) 22:00:57.24 ID:dzzdO5I40
茜「おはようございます、文香ちゃん!」

文香「おはようござ――」

茜「――唐突ですが、お願いがあります!」

文香「……なんでしょう?」

茜「そのですね、文香ちゃん……」

茜「あの、膝枕してもらえませんか?」

文香「……膝枕?」

茜「はい、膝枕です!」

茜「……ダメですか?」

文香「いえ……あの、どうして……?」

茜「そこに理由は必要でしょうか!?」

文香「どうでしょう……?」

茜「ダメでしょうか!?」

文香「……」

茜「ダメでしょうか!!?」

文香「いえ……」




2 : ◆6QdCQg5S.DlH 2016/10/27(木) 22:02:01.50 ID:dzzdO5I40
文香「……わかりました」

文香「ですが……私、膝枕の経験はないので……」

文香「作法などはよく知らないのですが……」

茜「大丈夫です!」

茜「膝を貸していただければ、それで!」

文香「……」

文香「では……こちらへどうぞ」

茜「はい!」

文香「……」

茜「……」

文香「……あの、茜さん?」

文香「……来ないのですか?」

茜「いえ、行きたいのですが……」

茜「いざ目の前にするとなんだか恥ずかしくなってきました!」

文香(……お願いするときは恥ずかしくなかったのでしょうか)


3 : ◆6QdCQg5S.DlH 2016/10/27(木) 22:02:31.62 ID:dzzdO5I40
茜「ですが、もう大丈夫です!」

茜「行きます!」

茜「私は行きます!」

茜「いざ! 文香ちゃんの! 膝の! 上へ!」

文香(まるで死地に赴く兵のようですね……)

茜「それでは、お邪魔します!」

文香「はい……どうぞ」

茜「……」

茜「こっ……これは!」

文香「……茜さん?」

茜「とてもやわらかくて心地いいです!」

文香「そ、そうですか……」

茜「それにいい匂いもしますね!」

茜「文香ちゃんに包まれているような感じです!」

文香(……恥ずかしい)


4 : ◆6QdCQg5S.DlH 2016/10/27(木) 22:04:08.27 ID:dzzdO5I40
茜「……」

文香「それで、あの……茜さん」

茜「はい、なんでしょうか!?」

文香「先ほども尋ねましたが……どうして膝枕を……?」

茜「そこに理由は必要でしょうか!?」

文香「……私の言葉を遮るくらい、体験してみたかったようですので」

文香「そこまで膝枕されたい理由があるのならば……」

文香「聞いてみたい……。そう思うのは我が侭でしょうか」

茜「いえ、気持ちはよくわかります! 我が侭なんかじゃありません!」

茜「しかし、文香ちゃん! 実は理由はほとんどないんです!」

文香「……そうなのですか?」

茜「はい!」

茜「膝枕がとても気持ちのいいものと聞いたので、体験してみたかっただけなんです!」

文香「はぁ……」


5 : ◆6QdCQg5S.DlH 2016/10/27(木) 22:06:50.01 ID:dzzdO5I40
文香「……では、何故私を?」

文香「他に適している方がいると思うのですが……」

茜「文香ちゃんにしてもらいたかったからです!」

茜「私、文香ちゃんが大好きなので!」

文香「――」

茜「……これではダメでしょうか?」

文香「……いえ」

文香「なるほど、わかりました……」

茜「わかっていただけましたか!」

文香「ええ……くす」

茜「……あれ、私、何か変なこと言いましたか?」

文香「いえ……なんでもありません」

茜「そうですか……ん~む……」

茜「……」

茜「……あ、あああああああっ!」

文香「きゃっ……!?」

茜「ああああのっ! すっ、すき、すきって言っても友達としてって意味ですから!」

茜「その……え、えっと、大丈夫大丈夫ですから!」

文香「……」ポカーン

茜「あ、あれ、文香ちゃん……?」

文香「……ふ、ふふ」

文香「わかってます……わかってます、茜さん……ふふっ」

茜「そ、そうですか……」

茜「……あれ、じゃあなんで私笑われてるんでしょう……?」

文香「大丈夫です。茜さんを笑っているわけではありませんから……」

茜「……?」


6 : ◆6QdCQg5S.DlH 2016/10/27(木) 22:09:27.60 ID:dzzdO5I40
文香「ふふっ……」ナデナデ

茜「ひゃっ!?」

茜「ななな、なんですか、文香ちゃん!?」

文香「いえ……」

文香「なるほど……これが膝枕をする側の気持ちなのですね……」

茜「どういう気持ちなのでしょうか!?」

文香「こういう気持ちです」

茜「私にはわかりません!」

茜「ううむ……」

文香「……」ナデナデ

茜「……それにしても、文香ちゃんの手、気持ちいいですね」

文香「……そうですか?」

茜「はい……暖かくて……太陽みたいです」

文香「太陽……」

文香「……どちらかというと、日陰者だと私は思うのですが……」

茜「そんなことありません!」

文香「そう思いますか……?」

茜「そう思います!」

文香「……そうですか」


7 : ◆6QdCQg5S.DlH 2016/10/27(木) 22:10:11.59 ID:dzzdO5I40
文香「……」ナデナデ

茜「……ふわぁ」

茜「なんだか気持ちよくて眠くなってきてしまいました……」

文香「……寝てもかまいませんが」

茜「いえ……寝られません」

茜「私には文香ちゃんを足止めするという使命が――」

文香「――足止め?」

茜「……」

茜「……あ」

茜「ああああああっ!」

文香「」ビクッ

茜「なななな、なんでも、なんでもないです、なんでもないんです!」

茜「ほんとに、ほんとに、なんでもありませんから!」

茜「足止めじゃなくて……えっと……あ、あ、あ――!」


8 : ◆6QdCQg5S.DlH 2016/10/27(木) 22:10:37.73 ID:dzzdO5I40
ありす「――茜さーん!」ガチャ

茜「はっ! その声はありすちゃん!」

ありす「お待たせしました、もう大丈夫で――ってああああっ!!」

茜「もう、大丈夫なんですね、準備終わったんで――」

ありす「――文香さんの膝枕なんてずるい!」

ありす「羨ましい! ずるい! 羨ましい!」

ありす「私、一度もやってもらったことないのに……!」

茜「あ、ありすちゃん……?」

ありす「橘です!」

ありす「くっ……やっぱり私が足止め係をやっておけば……!」

ありす「じゃんけんで負けた私が恨めしい……!」

ありす「悔しい……悔しい……!」

ありす「だがそれでよくない……! ただ悔しい……!」

文香「……あの、ありすちゃん」

ありす「はい、ありすです!」

文香「よろしければ、後でしましょうか……?」

ありす「い、いいんですか……?」

文香「ええ……」

文香「……膝枕も楽しいものだと気づかされたので」

ありす「や、やった……!」

ありす「ありがとうございます、文香さん!」


9 : ◆6QdCQg5S.DlH 2016/10/27(木) 22:11:14.28 ID:dzzdO5I40
文香「……それで」

文香「足止め……とは?」

茜「あっ、それは……えっと……!」

ありす「……大丈夫です、準備はもう終わりましたから」

茜「あ……よかった、ほっ……」

文香「……?」

茜「その、準備が終わるまで、文香ちゃんが動かないように、私が文香ちゃんを足止めしていたんです!」

文香「そうでしたか……」

茜「……あっ!」

茜「でも、文香ちゃんに膝枕をやってほしかったのも本当ですし!」

茜「文香ちゃんが大好きなのも本当ですから!」

茜「いえっ、確かに膝枕をしてもらったら文香ちゃんは動けなくなるからってことも考えました!」

茜「ですが、そのために嘘をついたとかではなく、私は本当に――」

文香「――大丈夫です。そこは疑っていません」

茜「そうですか!」

茜「それを聞いて安心しました……ほっ」

文香「ふふ……」


10 : ◆6QdCQg5S.DlH 2016/10/27(木) 22:11:40.17 ID:dzzdO5I40
文香「ところで……何の準備でしょうか?」

茜「すぐにわかります!」

文香「……?」

ありす「あの、文香さん。ついてきてくれませんか?」

文香「どこへでしょう……?」

ありす「それは……その、ついてからのお楽しみです」

文香「はぁ……」

ありす「……ついてきてもらえますか?」

文香「……わかりました。ありすちゃんの頼みなら」

ありす「私の頼みというより……いえ、それはまあいいでしょう」

文香「……?」

ありす「それでは、ついてきてください」

文香「わかりました……」



11 : ◆6QdCQg5S.DlH 2016/10/27(木) 22:12:06.41 ID:dzzdO5I40
文香「……」

茜「……」

文香「……あの、茜さん。このままだと動けないので……」

茜「はっ! そうでした!」

茜「すいません、心地よくて、ずっとこうしてもらいたいくらいだったので!」

文香「……」

ありす「ぐぬぬ……」

ありす「……いいです。私だって後でやってもらえますから……」

ありす「でも……ぐぬぬ……!」

茜「今どきますね!」

文香「ありがとうございます……」

文香「……」

文香(……ぬくもりが、まだ膝に)

文香「……くすっ」


12 : ◆6QdCQg5S.DlH 2016/10/27(木) 22:12:34.82 ID:dzzdO5I40
ありす「……こほん」

ありす「それでは向かいましょう」

茜「行きましょう!」

文香「……わかりました」

ありす「……と、言っても。そんなに遠くでもありません。すぐそこです」

文香「そこ……」

文香「……会議室?」

ありす「はい」

茜「ささ、文香ちゃん。どうぞ!」

文香「……私が開けるのですか?」

茜「はい!」

ありす「お願いします」

文香「……」

文香「……」ガチャ

文香(扉を開きます……)

文香(ゆっくりと露になる会議室の姿は、いつもの厳かなものではなく……)

文香(可愛らしい飾り付けが部屋を彩り、美味しそうな食べ物が机に置かれ……)

文香(……そして、たくさんの人が私にクラッカーを向けていました)

文香(……ああ、そうでした)

文香(今日は私の――)


13 : ◆6QdCQg5S.DlH 2016/10/27(木) 22:13:02.61 ID:dzzdO5I40












「「「「ハッピーバースデー、文香さん!!!!」」」」






















おしまい


14 : ◆6QdCQg5S.DlH 2016/10/27(木) 22:14:06.58 ID:dzzdO5I40
膝枕してるふみあかみたいってノリと勢い

ふみふみ誕生日おめでとう


誤字脱字、コレジャナイ感などはすいません。読んでくださった方ありがとうございました


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477573256/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ