Powered By 画RSS


櫻子「向日葵とひたすらイチャイチャしてやる」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 21:32:30.90 ID:oGzpTGGb0
櫻子「ひまちゃーん」

向日葵「どうしましたのさーちゃん?」

櫻子「えへへ、一緒にかーえろっ!」

向日葵「本当に!? ふふ、嬉しいですわ!」

櫻子「私も! ひまちゃんと一緒で嬉しいよ!」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 21:37:35.02 ID:oGzpTGGb0
櫻子「ひまちゃん、手繋ごうよ」

向日葵「あっ、私も思ってましたのよ」

櫻子「えへへ」ギュ

向日葵「さーちゃんと手を繋げて、私幸せですわ」

櫻子「私も幸せ、二人あわせていっぱい幸せだねひまちゃん!」

向日葵「ふふ……そうですわね」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 21:42:34.35 ID:oGzpTGGb0
櫻子「ただいまー」

向日葵「さーちゃんったらここは私の家ですわよ」

櫻子「ひまちゃんの家……私の家にしちゃ……だめかな?」

向日葵「え……それって………」

櫻子「えへへ、なんてねっ」

向日葵「も、もうっさーちゃんったら///」

櫻子「いつか、冗談じゃなくなる日が来るといいね///」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 21:47:49.89 ID:oGzpTGGb0
櫻子「さーちゃん、今日は何作ってくれるの?」

向日葵「そうですわね……ハンバーグとちくわの磯辺揚げどっちがいい?」

櫻子「うーん……どっちも!」

向日葵「しょうがないですわね、両方作っちゃいますわ!」

櫻子「わーい、これだからひまちゃん大好き!」

向日葵「さーちゃんに喜んでもらいたいですもの、当然ですわ」

櫻子「えへへ」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 21:52:45.50 ID:oGzpTGGb0
櫻子「ひまちゃんは今私のために料理してくれてるんだよね……」

櫻子「嬉しいな……」

櫻子「料理してるひまちゃんってとっても綺麗……」

櫻子「後ろから……ぎゅっ!」

向日葵「ひゃっ……こらっ危ないでしょさーちゃん」

櫻子「えへへごめんね、でも私のために頑張ってくれてるひまちゃんを見てたら」

櫻子「抑えきれなかったんだ……」

向日葵「そうでしたの……いいですわよ、料理してる間ぎゅってしていても」

櫻子「ほんとっ!? うれしー!」ギュ


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 21:57:37.00 ID:oGzpTGGb0
向日葵「形を整えて……焼き込みますわ」

櫻子「ねーひまちゃん……邪魔じゃない?」

向日葵「突然何言い出しますの?」

櫻子「だって……私がいると邪魔でしょ?」

向日葵「さーちゃん……自分をそんな風に言ってはいけませんわよ」

向日葵「さーちゃんが一緒にいてくれるだけで体中に力が溢れてきますもの」

櫻子「ほんとに?」

向日葵「もちろんですわ」

櫻子「えへへ」

向日葵「だから、ずっと離れないで欲しいですわ」

櫻子「うん!」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 22:04:38.42 ID:oGzpTGGb0
向日葵「さーちゃん、あーん……」

櫻子「もぐし!……えへへ、美味い!」

向日葵「よかった、今日もさーちゃんの口に合って」

櫻子「当たり前だよ、だってひまちゃんが作ってくれた御飯だもん」

櫻子「美味しくないはずないでしょ……はい、あーん」

向日葵「ぱくっ……さーちゃんが食べさせてくれて、もっともっと美味しく感じますわ」

櫻子「えへへ」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 22:08:06.52 ID:oGzpTGGb0
櫻子「美味しかったー」

向日葵「お粗末さまでした」

櫻子「ひまちゃん、一緒にお風呂はいろ!」

向日葵「ええ、そうしましょう」

櫻子「それから……今日は泊まっていっても、いい?」

向日葵「お泊り、ですの?」

櫻子「だめ、かな?」

向日葵「一つ条件がありますわ」

櫻子「なに?」

向日葵「い、一緒に寝ましょう?」

櫻子「なんだそんなことか、もちろんいいよ!」

向日葵「やりましたわー!」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 22:12:33.03 ID:oGzpTGGb0
櫻子「おっふろおふろ」

向日葵「洗いっこしますわよ」

櫻子「ごしごし?」

向日葵「ごしごし!」

櫻子「ひゃんっ、くすぐったいよひまちゃん」

向日葵「よく洗って綺麗にしないといけませんわよ」

櫻子「えへへ、綺麗にしてね、ひまちゃん」

向日葵「任せなさい!」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 22:17:26.83 ID:oGzpTGGb0
櫻子「あわあわぽよぽよお背中流してぷにぷにして」

向日葵「きゃっ……も、もうどこ触ってますの」

櫻子「綺麗にするんだよ、ひまちゃんのおっぱい」

櫻子「私が、もっと、ずっと」

向日葵「さーちゃんったら……」

櫻子「えへへ、おっぱい禁止なんてしないもんね!」

向日葵「んっ!」

櫻子「ひまちゃんのおっぱい大好き!」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 22:23:01.86 ID:oGzpTGGb0
櫻子「ふー、さっぱりした」

向日葵「ただでさえお風呂は汗かきますのにさーちゃんたらもう」

櫻子「えへへ、ひまちゃんも楽しんだくせに」

向日葵「///」

櫻子「はい、お水」

向日葵「ありがとう」

櫻子「ごくっ美味い!」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 22:27:37.42 ID:oGzpTGGb0
櫻子「もうそろそろ寝よっか」

向日葵「そうですわね」

櫻子「ひまちゃんと同じベッドだ」

向日葵「ちょっと狭いですけど……」

櫻子「私は……狭いほうが嬉しいかなー?」

向日葵「さーちゃん……?」

櫻子「ひまちゃんとくっつけるもん!」

向日葵「可愛いですわさーちゃん!」ギュ


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 22:33:09.14 ID:oGzpTGGb0
向日葵「あったかいですわね」

櫻子「布団が? それとも私が?」

向日葵「もちろんさーちゃんがですわ」ギュ

櫻子「えへへ、ひまちゃんもあったかいよ!」ギュ

向日葵「さーちゃんの髪、ふわふわしてて気持ちいいですわ」

櫻子「もっと触りたい? だったら代わりにひまちゃんのおっぱいもふもふしていい?」

向日葵「触って……さーちゃん……」

櫻子「えへへ……ふわふわだぁ」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 22:37:22.07 ID:oGzpTGGb0
櫻子「好き……好き好きっ、大好きっ、愛してる!」

向日葵「さーちゃん……嬉しい……私もさーちゃんの事大好きですわ」

向日葵「お慕い申しております……」

櫻子「ひまちゃん……」

櫻子「それ……すっごく……いい……」

向日葵「え?」

櫻子「お慕い申しております……って」

櫻子「すっごくひまちゃんの気持ちが伝わってくる!」

櫻子「大好き! 私も、ひまちゃんのこと、お慕い申しております!」

向日葵「さーちゃん……ありがとう、嬉しいですわ」チュ


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 22:42:20.06 ID:oGzpTGGb0
櫻子「ん……ふぁ……寝ちゃってた……」

向日葵「おはようさーちゃん」

櫻子「おはようひまちゃん!」

向日葵「さーちゃんの寝顔、とっても可愛かったですわよ」

櫻子「は、恥ずかしいじゃん」

向日葵「私は思ったことをありのままに言っただけですわ」

櫻子「も、もうひまちゃんはなんでも正直に言っちゃうんだから……」

向日葵「ふふ……大好きですわよ、さーちゃん」

櫻子「///」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 22:47:27.96 ID:oGzpTGGb0
向日葵「朝ごはん用意してますわよ」

櫻子「流石ひまちゃん、ありがと」

向日葵「はい、どうぞ」

櫻子「ひまちゃん……」

向日葵「なんですの?」

櫻子「あーん、してほしいな……なんて」

向日葵「もう、しょうがないですわね……さーちゃんは甘えん坊なんですから」

櫻子「甘えん坊なのはひまちゃんだって同じじゃん///」

向日葵「ぐうの音も出ませんわね」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 22:53:07.40 ID:oGzpTGGb0
櫻子「美味しいね、ひまちゃん」

向日葵「そう言ってもらえると嬉しいですわ」

櫻子「ひまちゃんのごはん、これからもずっと食べていきたいな」

向日葵「!?」

櫻子「えへへ、プロポーズだと思ってくれても……いいよ///」

向日葵「し……幸せですわー……」

櫻子「大好きー」チュ

向日葵「ん……」チュ


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 22:57:18.52 ID:oGzpTGGb0
櫻子「あかりちゃんおはよー」

あかり「おはよぉ櫻子ちゃん向日葵ちゃん、今日も仲がいいね」

向日葵「は、恥ずかしいですわよ」

櫻子「恥ずかしがることないじゃん、私達付き合ってるんだから、ね」

向日葵「/// そう、ですわね……恋人同士ですもの何もおかしくないですわね」

あかり「あかり羨ましいなぁ」

櫻子「いくらあかりちゃんでも、ひまちゃんはあげないよ!」

向日葵「も、もう……さーちゃんったら///」

ちなつ「ぐあああああああああああ!!!」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 23:02:40.58 ID:oGzpTGGb0
千歳「生徒会活動中やけど、イチャイチャ推奨やで」

綾乃「ちょ、突然何言い出すのよ!」

千歳「うちはな、綾乃ちゃんがいつまでも煮え切らへんから欲求不満なんやで」

綾乃「ななな、何言ってるのよ! 別に私は歳納京子のことなんて……」

千歳「うちは別に歳納さんの話なんかしてへんで?」

綾乃「~~~///」

千歳「さ、大室さん古谷さんうちを満足させるくらいイチャイチャしてき!」

向日葵「い、いいんですの? 仕事中ですのに」

千歳「眼鏡は外しておいたで!」

櫻子「あの、キスとかしてもいいんですか?」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 23:08:06.81 ID:oGzpTGGb0
千歳「願ったり叶ったりや! ぶちゅーっと行き!」

櫻子「じゃあ、お言葉に甘えて……」

向日葵「ちょっとさーちゃん……流石に恥ずかしいですわよ///」

櫻子「なんで? 結婚式でもキス、するよ?」

向日葵「け、結婚……これは予行演習、ですわね……わかりましたわ」

綾乃「ま、まさか本当にするの!?」

向日葵「杉浦先輩、池田先輩、私達結婚します」チュ

櫻子「ひまちゃん……幸せにしてね……」

綾乃「なななぁ!?」

千歳「ふ、フルスロットルやぁ」ブフゥ

綾乃「ち、千歳ぇ!」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 23:12:36.13 ID:oGzpTGGb0
櫻子「学校おしまい!」

向日葵「学校でキスしてしまいましたわ///」

櫻子「いいじゃん、私はもっと見せつけたいな」

向日葵「そうですの///」

櫻子「うん、だってキスしてる時のひまちゃんとっても可愛いんだもん」

櫻子「みんなにも見てほしいな、私のひまちゃんはこんなに可愛いんだって」

向日葵「さーちゃん……さーちゃんもキス、可愛いですわよ」

向日葵「し終わった後、もう一回したくなるくらい」

櫻子「ひまちゃん……」

向日葵「さーちゃん……」チュ

櫻子「うれしい……大好き……」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 23:17:26.56 ID:oGzpTGGb0
櫻子「かえろ!」

向日葵「ええ」

櫻子「えへへ」ギュ

向日葵「さーちゃん」ギュ

櫻子「大好きだもん大好きだもん大好きだもーん♪」

櫻子「大好きだもん大好きだもん大好きだYO♪」

向日葵「さーちゃん……」

向日葵「でーばーでーわーたーくしーから愛をこーめてー」

向日葵「ぎゅーですの!」ギュ

櫻子「んー……ひまちゃぁーん♪」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 23:23:58.50 ID:oGzpTGGb0
向日葵「今日もさーちゃんは可愛かったですわぁ」

櫻子「そんなしみじみ言われたら……て、照れるじゃん!」

向日葵「本当のことを言っただけですわよ、それに照れてるあなたを見るのが好き」

櫻子「ひまちゃんっ///」

向日葵「知りませんでした?」

櫻子「は、恥ずかしいからこれ以上やめて///」

向日葵「さーちゃん可愛いですわー」

櫻子「うー///」

向日葵「うーですの」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 23:27:39.86 ID:oGzpTGGb0
櫻子「ひまちゃん、お菓子何かある?」

向日葵「プッキーがありますわ」

櫻子「あ、ちょうだい」

向日葵「いいですけど、もうこれ一箱しかありませんわ」

櫻子「あ……そうなんだ」

櫻子「……だったらさ、プッキーゲームして食べよ!」

向日葵「ぷ、プッキーゲーム!?」

櫻子「かぷっ……ほらほら」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 23:32:53.93 ID:oGzpTGGb0
向日葵「じゃ、じゃあ……いただきます」

櫻子「召し上がれ///」

向日葵「ふ……ん……かりっ」

櫻子「んふ……かりかりっ」

向日葵「かりっ……かりっ……」

櫻子「んーー、かりかりかりっ」

向日葵「ふぁ……ん、んん……かりっ」チュ

櫻子「ちゅっ……ちゅー……」

向日葵「ちゅ……ん、あ……ふぅ……」

櫻子「あま~い」

向日葵「ん///」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 23:37:35.70 ID:oGzpTGGb0
櫻子「最後はひまちゃんからキス、してくれたね」

櫻子「嬉しかったよ、えへへ」

向日葵「だ、だってあんなにさーちゃんの唇が近かったんですもの……///」

櫻子「ひまちゃんはキスが好きだなーまったく」

向日葵「し、仕方ないじゃない! 好きなんだからキスだってしたくなりますわ!」

櫻子「……」チュ

向日葵「!?」

櫻子「私も、ひまちゃんが大好きだから、もっとキスしたくなっちゃった///」

向日葵「さーちゃん……///」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 23:43:19.30 ID:oGzpTGGb0
櫻子「えへへ……ひまちゃん」

向日葵「なんですのー?」

櫻子「はむはむ……」

向日葵「ひゃぅ……耳噛んじゃっ……!?」

櫻子「はむっ……ひまちゃん……アマガミは愛情表現なんだよ」

向日葵「愛情だなんて……ズルイですわ! 私だってさーちゃんをアマガミしたい!」

櫻子「いいよ……好きなだけはむはむして……」

向日葵「はむっ……!」

櫻子「んぅ! 首筋……くすぐったい……///」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 23:47:40.96 ID:oGzpTGGb0
櫻子「首筋ふやけちゃった……」

向日葵「私も耳がもう……///」

櫻子「でもこれが愛情の証なんだよね……///」

向日葵「さーちゃん……」

櫻子「えへへ」

向日葵「大好き!」ギュ

櫻子「きゃーひまちゃーん///」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 23:53:59.66 ID:oGzpTGGb0
櫻子「こたつっていいよね」

向日葵「冬には炬燵と蜜柑ですわ」

櫻子「んーあったかあったかー」

向日葵「ふふ……さーちゃん♪」ツン

櫻子「どったのひまちゃん?」

向日葵「さーちゃん」ツンツン

櫻子「ひまちゃんくすぐったいよ」ツン

向日葵「さーちゃんさーちゃん」ツンツンツン

櫻子「ひまちゃん」ツンツン

向日葵「ふふ……楽しいですわねさーちゃん」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/09(金) 23:57:53.11 ID:oGzpTGGb0
櫻子「ひまちゃん、向かいじゃなくてこっち側で一緒に入ろ」

櫻子「ちょっと狭いけど」

向日葵「じゃあ、失礼して……」

櫻子「ひまちゃんいらっしゃい」

向日葵「お邪魔しますわさーちゃん」

櫻子「えへへ、近いね」

向日葵「ふふ……もっと近くなりましょう?」

櫻子「うん……ちゅ……好き、ちゅちゅっ……大好き」

向日葵「ちゅぷ……ん、さーちゃん……かわいい……ちゅ……」

櫻子「えへへ、幸せ」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 00:02:52.39 ID:KzxZkYZ20
櫻子「ん……寝てた……すっごい汗いちゃった……」

向日葵「すー……すー……さーちゃん……大……好き」

櫻子「ひまちゃん……夢の中でも私と一緒なんだ///」

櫻子「えへへ、可愛い寝顔……ちゅっ」

向日葵「んんー……さーちゃん……もっと……」

櫻子「ちゅっ……ちゅ……ひまちゃーん、起きてー」

向日葵「……ん、さー……ちゃん?」

櫻子「あ、起きた?」

向日葵「あのまま寝ちゃってしまったんですのね」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 00:07:22.01 ID:KzxZkYZ20
向日葵「さーちゃん……寝起きの……キスですわ」

櫻子「ふあ……ひまちゃん、どこにキスしてっ!?」

向日葵「さーちゃーん……」

櫻子「ま、待って……今汗かいてるからダメっ……!」

向日葵「……さーちゃんだって私にキスしたでしょう?」

櫻子「な、なんで知って……ひまちゃん寝てたんじゃないの!?」

向日葵「眠ってても、さーちゃんがしてくれたキスは、わかりますもの」

櫻子「ひまちゃん/// わかった、いいよ……いっぱい、して」

向日葵「ん……ちゅ」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 00:14:13.19 ID:KzxZkYZ20
櫻子「ね、ひまちゃん……」

向日葵「なんですの?」

櫻子「これからもさ……ずっと、ずーっと一緒にいてくれる?」

向日葵「急にどうしたんですの?」

櫻子「うん……幸せすぎてさ、なんか怖くなっちゃって」

向日葵「さーちゃん……大丈夫ですわ、私はずっとずっとさーちゃんと一緒ですわ」

櫻子「ほんと?」

向日葵「信じられませんの?」

櫻子「そういうわけじゃないけど……」

向日葵「だったら、指切りしましょう」

さくひま「ゆびきりげんまんうそついたらはりせんぼんのーます、ゆびきった!」

おしまい


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 00:16:00.76 ID:9cXIKnwt0
乙乙!


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 00:18:34.22 ID:2KlJK2ic0
しあわせやった
乙ありがとう


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 00:18:38.61 ID:lEsSqmvC0
乙!
甘くていいね


ゆるゆり マシュモストラップ D 古谷向日葵&大室櫻子
ゆるゆり マシュモストラップ D 古谷向日葵&大室櫻子


ゆるゆりのうたシリーズ♪♪ さく&ひまソングA(仮)
ゆるゆりのうたシリーズ♪♪ さく&ひまソングA(仮)





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. ゆりゆりな名無しさん 2012/09/11(火) 00:34:35

    あ、あの、お二人さん・・・(蚊帳の外)


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ