Powered By 画RSS


男の娘「え、僕のこと、好きなの?」

1 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:23:41.83 ID:4GNviUkL0
ソフトリョナ注意です。




2 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:25:25.20 ID:4GNviUkL0
男の娘「で、でも僕男だよ?」

男の娘「それでもいいの?」

男の娘「その方がいいって……」

男の娘「ごめん」

男の娘「僕、やっぱり男とは、その……無理」

男の娘「と、友達として付き合おうよ」


3 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:27:13.72 ID:4GNviUkL0
ガシッ!

男の娘「っ!? んぐっ、く、首……!」

男の娘「ゃ、やめで……ぐるしい…よぉ……」

スッ

男の娘「ェホッ、ゲホッ、ゲホッ…はぁ、はぁ……」

男の娘「そ、その、ごめん! ほんとにごめんね!」

男の娘「で、でも付き合うのは――」

ギロッ

男の娘「ひっ! 分かったから!付き合うよ、付き合おう? ね?」


4 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:28:51.32 ID:4GNviUkL0
―――

男の娘「ね、ねえ、どこ行くの?」

男の娘「君の家?」

男の娘「き、君って一人暮らしだったっけ?」

男の娘「そっか……」

男の娘「う、ううん、君と二人きりなんて嬉しいなーと思って。あはは」

男の娘(大丈夫だよね。さっきはきっと怒っちゃっただけだよね……?)


5 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:29:49.08 ID:4GNviUkL0
―――

男の娘「おじゃましまーす」

男の娘「部屋きれいだね」

男の娘「え゛? 今日は僕が来るから片付けた?」

男の娘「そうなんだー……」

男の娘「僕、ちょっと用事が――」

ギロッ

男の娘「な、なかったよ。なに言ってんだろ、あはは」


6 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:31:18.59 ID:4GNviUkL0
男の娘「ベッドに座っていい?」

男の娘「ありがとう」

男の娘「え? お昼ごはん……作るの?」

男の娘「あ、そうなんだ、嬉しいなー、ははは」

男の娘(どうしよう……なんか怖いよ)


7 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:32:11.14 ID:4GNviUkL0
―――

男の娘「わー、おいしそう!」

男の娘「へー、料理得意なんだ」

男の娘(よかったー、なんにもなさそうだね)

男の娘「いただきまーす」パク

男の娘「………」モグモグ

男の娘「う、うん、おいしいよ?」


8 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:33:05.88 ID:4GNviUkL0
男の娘(このハンバーグ、なんか変な味がする……)

男の娘(ご飯とスープは、うん、大丈夫かな)

男の娘「え? ハンバーグ?」

男の娘「い、いや、スープが美味しいなーと思って」

男の娘「ごめんね、せっかく作ってくれたんだからね、食べるよ」モグモグ

男の娘「まずくない、うん、おいしい……よ?」


9 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:34:05.08 ID:4GNviUkL0
男の娘(この風味ってもしかして、精……)

男の娘「おぇっ! げほっげほっ!」

男の娘「ご、ごめん、むせちゃった、はは」

男の娘「ごめんね、ちょっとお腹いっぱいなんだ。朝パンいっぱい食べちゃってさ」

男の娘「うん、気使ってくれてありがと……」

男の娘「タッパーに入れてくれるんだ……うん、うちで食べるよ」


10 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:35:44.30 ID:4GNviUkL0
男の娘「ねえ、そのハンバーグってどうやって作ったの?」

男の娘「い、いや、美味しかったからうちでも作ってみたいなー、なんて」

男の娘「へぇ、色々入ってるんだね」

男の娘(何かのスパイスの臭いだよね。きっと……)

男の娘「ありがとね、僕そろそろ――」

チュッ

男の娘「んぶっ!?」


11 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:37:17.02 ID:4GNviUkL0
男の娘「ぇろ……れろ、れろ……」

男の娘「はぁ、はぁ……」

男の娘「急にどうしたの……?」

男の娘「やっ、そこは……」

男の娘「だめ、だめだよぉ」

男の娘「や、やめて、お願い」


12 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:38:55.73 ID:4GNviUkL0
男の娘「い、いやじゃないって!」

男の娘「ただ、まだお互いよく知らないっていうかさ、えっと」

ボコッ!!

男の娘「おぇっ! ぇほっ、こほっ、ごほっ はぁ、はぁ、はぁ……」

男の娘「い、痛いよ」

男の娘「いやなわけじゃないよ! 君のこと好きだって、ほんとに……」

男の娘「で、でもさ、そういう行為は、もうちょっと後でも」

ギロッ

男の娘「っ!」ゾワ

男の娘「や、やろっか」


13 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:39:54.77 ID:4GNviUkL0
男の娘(大丈夫、射精させたら終わりだよね……)

男の娘「じゃ、じゃあ、脱がすね」

男の娘(うわ……でっかい……)

男の娘「へ? 口で?」

男の娘「そ、それはちょっと」

男の娘「ひっ、分かった、や、やるよ」


14 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:41:07.53 ID:4GNviUkL0
男の娘(く、臭い……)

男の娘「ん……れろ、ぇろ、んむ、れろれろ……」

男の娘「きもひいい?? はやくらひへへ?」

男の娘「んっ、れろ、ぇろれろ、んふぅ……」

男の娘(まずい……早く出してよぉ)


15 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:43:16.13 ID:4GNviUkL0
ガシッ

男の娘「んぃっ!?」

ジュポッ、ジュプ、ヌプ、ジュルジュルッ

男の娘(頭掴まれてっ 喉の奥がっ!)

ドピュッドピュドピュ!

男の娘「んん~~!?」


16 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:44:27.30 ID:4GNviUkL0
スッ

男の娘「はぁ、はぁ……おぇぇぇぇ!!!」ゲロゲロ

男の娘「はぁはぁ……」

男の娘「ご、ごめんなさい! カーペット汚しちゃって」

男の娘「その、喉の奥に来て、苦しくて……」

男の娘「ゆ、許して! なんでもするから! ほんとに!」


17 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:45:22.85 ID:4GNviUkL0
男の娘「え? これ……舐めるの?」

ギロッ

男の娘「ひぃっ!」

男の娘「で、できますっ、できるから……痛くしないで……」

男の娘「ぺろっ、れろ、おぇっ、ぇろっ」

男の娘(臭い……まずい……)


18 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:46:29.09 ID:4GNviUkL0
男の娘「おぇぇぇ!!」ゲロゲロ

男の娘「はぁ、はぁ…… あっ………」

男の娘(また吐いちゃった、今度こそ殴られちゃうっ、やだ、やだよぉ!)

男の娘「うぇぇぇぇん! ごべんなさい! ごべんなざいぃ!!」

男の娘「カーペット代払うから! 君のことちゃんと気持ちよくするからっ!

男の娘「お願い、痛いのだけはやめてよぉ……」


19 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/10(木) 14:47:42.58 ID:4GNviUkL0
ドガッ!

男の娘「おえっ! けほっげほっ! おなかぁ、いたいよぉ……」

男の娘「蹴らないで……ください」

男の娘「あっ……ぁぁあ」ジョロロロ

男の娘(漏らしちゃった…… どうしよう、どうしよぉ……)

男の娘「ずみません、ずびませぇん……」


25 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/11(金) 16:05:52.41 ID:S1Js3cyZ0
男の娘「ぇ……? これも舐める、の……?」

男の娘「やっ、やるっ! やります!」

男の娘(もう許してよぉ……)

男の娘「ぺろ、れろれろ、うぇ、れろっ……」

男の娘(気持ち悪い……しょっぱいし、臭いよぉ……)


26 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/11(金) 16:06:38.82 ID:S1Js3cyZ0
ズガッ

男の娘「んっ~~!!??」

男の娘(頭…踏まれてっ……!)

男の娘「ずびまぜん、ちゃんど舐めまずぅぅ……」

男の娘(くるしい、いたいっ、まずいぃ……)

スッ

男の娘「ふぇ……もう、おわり……?」


27 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/11(金) 16:07:36.79 ID:S1Js3cyZ0
男の娘「え……? 『脱げ』って、なにするの……?」

ギロッ

男の娘「ごっごめんなさいっ、脱ぐ、脱ぎます!」ヌギヌギ

―――

男の娘(なにするんだろ……痛くないことだといいなぁ……)

サワサワ

男の娘「ひゃっ、おしり、触らないでぇ」

男の娘(えっちなことかな……? それならさっきのよりはマシかも……)


28 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/11(金) 16:08:22.57 ID:S1Js3cyZ0
スタスタ

男の娘「? どこ行くの?」

男の娘「え、な、なにそれ?」

男の娘「ローションと、ディルド……てなに?」

トロー

男の娘「ひゃんっ! つめたい……」

男の娘(おしりの穴……触られてる……)


29 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/11(金) 16:09:06.32 ID:S1Js3cyZ0
男の娘(も、もしかして)

ニュポッ

男の娘「ぎゃうんっ!?」

男の娘「いたいよぉ!」


男の娘「そんなっ、おっきいのっ、一気にぃ!」

男の娘「動かさないでぇっ!」

男の娘「いたいっ、裂けちゃうっ、おしりっ裂けちゃうぅ!!」


30 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/11(金) 16:09:50.35 ID:S1Js3cyZ0
男の娘「~~っ!!」ゾゾ

男の娘「し、静かに…ぃっするからぁ、殴らないでぇっ」

ジュポッ、ジュプ、ニュプッ

男の娘「……んっ! …はぁっ、ぁっ……はぁ、はぁ……」

男の娘(もうやだよぉ、早く帰りたい……)


31 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/11(金) 16:10:31.45 ID:S1Js3cyZ0
ガサガサ…
カチャッ

男の娘「え……なにそれ……?」

男の娘「ていそうたい……?」

男の娘「それ…おちんちんに、付けるの……?」

男の娘(この真ん中の細い棒ってなんだろ……も、もしかして)


32 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/11(金) 16:11:14.63 ID:S1Js3cyZ0
男の娘「やっ、やだっ!」

男の娘「おしっこの穴にそんなの入んないよ!」

男の娘(絶対さっきより痛いよ!怖いよぉ!)

ニュプ…

男の娘「んひっ!」

男の娘(痛いし、なんか、気持ち悪い……!)


33 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/11(金) 16:11:54.11 ID:S1Js3cyZ0
ニュプニュプニュプッ!

男の娘「ん~~~~っ!!!」

男の娘「いたいぃぃぃ!!!」

男の娘「やめてぇっ!!」

男の娘「動かさないでっ、抜いてっ、抜いてよぉっ!」

ニュポンッ

男の娘「んひぃっ!?」


34 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/11(金) 16:12:57.58 ID:S1Js3cyZ0
男の娘「一気にっ、抜かないで…ぇ……」

男の娘「ぜんぜん気持ちよく……ない…よぉ……」

男の娘「っ!! 殴らないでっ、お願いっ! 気持ちいい、気持ちよかったからっ!」

男の娘「え……もう一回……?」

男の娘「やだぁ……やだよぉ……もう許してよぉ!」


35 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/11(金) 16:13:50.94 ID:S1Js3cyZ0
ボコォ!

男の娘「ゲホッ! ぇほっ! えほっえほっ!」

男の娘「はぁ…はぁ……ごめん、なさい……」

男の娘(どうして……どうしてこんなことになったんだろ……)

男の娘(なんか、頭がぼーっとしてきた……)

男の娘(僕、死んじゃうのかな?)


36 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/11(金) 16:14:27.24 ID:S1Js3cyZ0
ガサガサ…

男の娘「え……? 注射器……?」

男の娘(も、もしかして、危ない薬かな……)

男の娘(どうしよ……逃げなきゃ……でも、また殴られたら……)

男の娘(薬を使ったら……気持ちよくなれるのかな?)

男の娘(今より少しでも楽になれるんだったら……いいかも……)

プスーッ


37 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/11(金) 16:15:03.54 ID:S1Js3cyZ0
―――

男の娘「えへへー、キミぃ、出しすぎだよぉー」

男の娘「もぉー、ボク妊娠しちゃいそー♡」

男の娘「男同士でもセックスってすっごい気持ちいいね♡」

男の娘「うん♡ ボクもキミのことだぁいすき♡」

男の娘「ずーっと一緒にいよーね♡」



おわり


38 : ◆audEEHXwjTw2 2016/11/11(金) 16:15:52.45 ID:S1Js3cyZ0
自分でやっといてなんですが暴力シーンを書いていたら気分が悪くなったので無理矢理終わらせましたw
ひどい展開とオチですがご容赦ください、たぶん次はほのぼの系のSSを書きます。

読んでいただきありがとうございました。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1478755421/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ