Powered By 画RSS


オフィーリア「心からお慕いしておりました」

1 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:27:42.39 ID:pKt//rZNO
シェイクスピアのハムレットを元にオフィーリアを主人公として書いていきます
一部独自解釈や原作にないシーンなど追加します
戯曲形式ではありません
シェイクスピアの様に巧みな言葉遊びとか無理です

こんなクソオナニー作品で宜しければお楽しみください




2 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:31:24.95 ID:pKt//rZNO
私はハムレット様を愛しています。
きっかけはなんでもない事でした。もしかしたら貴方の気まぐれだったのかもしれません。

その日の朝は、流れる雲を見上げながら、同じ様な日々を繰り返す生活に鬱々としていました。そんな時、ドタドタと私の部屋目掛けて走ってくる音が聞こえてきました。

乳母「お嬢様、お手紙でございます!」

オフィーリア「まぁそんなに慌てて…どなたからですか?」

乳母「そ、それが…」

乳母は震える手で、その手紙の差出人の書かれている箇所を突き出しています。

オフィーリア「ハムレット…様?諸侯の中にそんな名前の方いらっしゃったかしら」

私は思い当たる節を探ってみましたが、父と交流のある貴族の方々に該当する方はいらっしゃいません。

乳母「ハムレット王子からですよ!」

乳母はそんな私を見かねた様に大声で叫ぶと、ハッと口をつぐみ周囲の物音を聞いてから再び小声で話し出しました。


3 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:32:29.36 ID:pKt//rZNO
乳母「今朝、私がいつもの様にお庭の手入れをしていた時に、王子の使いだと名乗る男からお嬢様以外にバレないように渡してくれと言われたんです」

オフィーリア「信じられません…」

先ほどの大声で危うくバレそうになってはいましたけど、そんな事はどうでも良く、王子からお手紙を頂くなんて畏れ多い事です。

オフィーリア「そ、それでお手紙には何と…?」

乳母「それはご自分でご覧になってくださいな。恋文を勝手に読むなんて野暮な事、いくら老いぼれでも出来ませんよ」

乳母は満面の笑みをたたえて部屋を出て行きました。「ごゆっくり」なんてドアの隙間から顔だけ覗かせたりして。

オフィーリア「中身読んでますね、彼女…」

恐らく、ハムレット様からのお手紙を拝見した私は、顔を真っ赤に染めていたことでしょう。


4 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:34:04.28 ID:pKt//rZNO
そうして、私はハムレット様との文通を始めました。
彼はこのデンマーク国の王子で、当然国務大臣を父に持つ私とでは身分が釣り合いません。
お父様の仕事の関係上、何度かお目にかかった事はありましたが、お互い会釈するのみで言葉を交わした事は一度もありませんでした。
それでも、何度かお手紙をやり取りしていく内に、ハムレット様の優しさや聡明さは随所から読み取れました。
気が付けば私は、ハムレット様に惹かれていました。

オフィーリア「はぁ…」

日記帳を閉じると、外に目を向けます。庭に人が潜んではないか、という淡い期待はすぐに打ち砕かれました。
ここの所、私の日記は、日記としての役割を果たしていません。気が付くとハムレット様の事ばかり書いてあります。
1日の大半を彼の事を思って過ごしているのだから、ある意味その日その日を的確に記しているとも言えるかもしれませんが。


5 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:35:36.28 ID:pKt//rZNO
そんな風に手紙を待つばかりの日々は唐突に終わりを告げました。
夜、そろそろ寝ようかしら、と燭台の火を消した時でした。窓の方から誰かが歩いてくる音が聞こえてきたのです。
私は怖くて声も出せず、ただただ侵入者と少しでも距離を取ろうと後退りする事しかできません。
一方の侵入者はずんずんとこちらに近付いてきます。
とうとう、私は壁と侵入者に挟まれ身動きが取れない状況になってしまいました。するとその人は、私の耳元に顔を寄せます。

???「お静かに。突然の無礼、お許しください。お手紙だけでは辛抱ならず、会いに来てしまいました」

とても優しい語り口でした。すぐには誰かは判りませんでしたが、恐怖は既に霧散し、安心感が広がっています。


6 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:36:55.85 ID:pKt//rZNO
オフィーリア「もしかして…ハムレット王子ですか?」

ハムレット「あぁ、その通り、貴女を世界で一番愛する男です」

ハムレット様は私の手を取ると、甲に軽く口付けをし、顔が火照りそうなことを真顔で仰います。

オフィーリア「もったいなきお言葉」

ハムレット「畏まるのはよしてくれ。ここにいる僕は貴女の恋人」

オフィーリア「ですが…」

どうして良いのか解らず戸惑っていると、ハムレット様はそれをどう捉えられたのか、急に跪きました。

ハムレット「ここに、貴女への愛を誓います。まだ信じられないと言うのなら、天にも神にも、同様に誓ってみせよう」

オフィーリア「ハムレット王子…」

ハムレット「先程も言いましたが、ここに居るのは貴女の恋人、ただのハムレットです」

オフィーリア「解りました、ハムレット様」


7 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:38:56.15 ID:pKt//rZNO
それからしばらくの間、ハムレット様とお話をしました。
彼や私の身の上話が大半でしたが、その中でも彼のお父上、デンマーク王についての話が最も多かったと思います。
「父上がこんな事をした」だとか、「こんな輩がいたから父上が黙らせた」とお父上の事をとても楽しそうに語ってくださいました。
私の方は、お父様の普段は見せない一面だとか、お兄様が近々海外へ行かれるのでその準備で忙しそうだなんて話をしました。
ハムレット様は終始笑みを浮かべながら聴いてくださっていました。

それからと言うもの、ハムレット様は時々お忍びで私に会いに来てくださいました。
私がお父様に叱られ落ち込んでいる時は慰めてくださいましたし、良い詩が書けた時には褒めてくださいました。
デンマーク王が亡くなられた時には酷く落ち込んでいらっしゃったので、私の所に来る事はないのではとも思いましたが、そんな時でも欠かさずお顔を見せてくださいました。
そのお気持ちに少しでも報いようと、努めて明るい話をしていました。
ハムレット様はいつもの様に笑って聴いてくださっていました。
ただ、彼の瞳の奥にはお父上を失った悲しみの色が強く浮かんだままでした。


8 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:40:21.92 ID:pKt//rZNO
レアティーズ「じゃあ、行ってくる。オフィーリア、怠けるなよ」

お兄様がフランスに旅立たれる日。

オフィーリア「心配なの?」

普通なら送り出す側が言う様な事を私に言ってきたので、少し笑ってしまいます。

レアティーズ「あぁ、何でも最近、ハムレット王子がお前の所に足繁く通っているらしいじゃないか」

何度も訪ねてきてくださっていたので、流石にお兄様には知られていた様です。

レアティーズ「あの方の愛を鵜呑みにするなよ?若さに任せた気まぐれだ」

オフィーリア「そうかしら」

少し、憤ってしまいました。
ハムレット様が嘘偽りのない言葉をくださっていたのは、私が一番知っているからです。
決して表には出しませんが。


9 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:41:29.30 ID:pKt//rZNO
レアティーズ「そう思っていた方が良い。何せ相手は王子だ。今はお前に真実の愛を囁いているかもしれない。けれど、いざお妃を迎えるとなれば話は別だ。王子の意志だけでは決められないんだよ」

オフィーリア「ご忠告どうも。心に留めておきます。でもお兄様もお気をつけあそばせ。ご自分ばかり忠告して、自分は向こうで女に現を抜かすなんて事にならないように」

レアティーズ「心配いらないさ」

お兄様とちょっとした諍いを起こしていると、お父様が降りていらっしゃいました。

レアティーズ「これは父上。出立の前にお目にかかれるとは幸先が良い」

ボローニアス「まだ居たのか。もう船の準備をして船員が待ってくれているはずだ。早く行ってやれ」

レアティーズ「解りました。それでは」

そう言ってお兄様は出て行かれました。


10 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:42:58.91 ID:pKt//rZNO
ボローニアス「それで、オフィーリア。随分熱心に話していたが、倅とはなんの話を?」

オフィーリア「ハムレット様の事で少々」

ボローニアス「そうか、あれは良く気が付くな」

少し誇らしそうにうんうん頷いています。お父様は、普段は余りお褒めになりませんが、実はお兄様の事を大分高く買っていらっしゃるのです。

ボローニアス「聞く所によると、最近王子はお前の所に通っていらすらしいな。それでお前の方もお相手しているとか」

家族内だけでなく、噂にもなってしまっている様です。ハムレット様は意外とうっかりしているのかしら。

オフィーリア「えぇ、近頃度々訪れてはお優しい気持ちを恵んでくださいます」

もう隠す意味もないと思ったので正直にお伝えしました。
元々、お父様に聞かれたら正直に言うつもりでしたけど。


11 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:44:18.32 ID:pKt//rZNO
ボローニアス「ハッ!お優しい気持ち!お前はそれを信じているのか?」

心底馬鹿にしたように笑っています。
どうしてそこまで言われなければいけないのか解りません。

オフィーリア「ですが、お父様。ハムレット様はご自身の言葉に嘘はないと天地神明に誓ってくださいました」

ボローニアス「男なんてそんなものだ!儂も覚えがある。若い頃なんてのは気持ちの猛るままにやたらと誓いを口にする」

本当にそうでしょうか、とは言えませんでした。
お父様が言うならそうなのでしょう。

ボローニアス「いいか、オフィーリア。今後は王子が訪ねてきても、時間を割いてお相手したりするんじゃないぞ。手紙に返事を書くくらいに留めておけ」

オフィーリア「…はい、お言葉通りに」


12 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:46:03.05 ID:pKt//rZNO
その日の夜、と言うよりも最早明け方に差し掛かった頃でしょうか。
これからハムレット様がいらっしゃったらどうお断りすべきだろう、と考えていたら眠れなくなっていました。
そんな折、窓の所に人影が見えました。
ドキリ、としました。
まだ彼に会う心構えは出来ていません。

オフィーリア「ハムレット様ですか…?」

人影は何も反応せず、窓際に何かを置いて去ってしまいました。
近付いてみると、手紙のようです。
月明かりに照らして見ると、やはりと言うか、ハムレット様からのものでした。
内容はいつもの様に私への愛を語っているものです。
正直、ホッとしました。
今ハムレット様に会ってしまえば、お父様の言い付けを守る自信がありません。
取り敢えず、お父様に言われた様、当たり障りのない返事を書いて出す事にしました。
ついでに、もう会えない事も伝えておきましょうか。
最後くらい会ってお話がしたかったと思わなくはありませんが、最後の心構えをできる気がしなかったので、安堵したのも事実です。


13 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:47:36.70 ID:pKt//rZNO
そのお返事を出してからと言うもの、ハムレット様からのお手紙は目に見えて減りました。
何度か私の所を訪れて下さった様ですが、それも家の者に言ってお引き取りいただきました。
本当はハムレット様が会いにきてくださった事、心の底から嬉しく、直ぐにでもハムレット様に抱きつきたいくらいでした。
けれど、ハムレット様を愛しく想うのと同じくらい、お父様の事も大事に思っているのです。お兄様の事を敬っているのです。だから、言い付けを破る事は出来なかったですし、忠告を無視する事も出気なかったのです。


14 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:49:14.33 ID:pKt//rZNO
デンマーク王が亡くなってから3ヶ月程経ったでしょうか。
この頃国全体が重苦しい空気にある様な気がします。
ハムレット様との邂逅を絶ったのもその頃だったので、その所為もあるかも知れません。
陰鬱な雰囲気を忘れようと、自分の部屋で縫い物をしていると、窓際に誰かが居るのに気が付きました。

オフィーリア「ハムレット様…」

今度ばかりは見間違いようがありません。まだ外も明るく、縫い物の為に手元の灯りも付けていましたから。
ただ、何時もとは違い禍々しい雰囲気を纏っていらっしゃる様に見えます。
真っ黒な衣装を身に纏い、胸元ははだけ、髪の毛も乱れています。
まるでついさっき、地獄から這い出たかの様な酷い有様です。


15 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:50:45.79 ID:pKt//rZNO
身なりだけではありません。
ハムレット様は顔面蒼白で、膝同士がぶつかる程足が震えていました。
悲しそうな表情で私を暫く見据えていました。
やがて近付いて来ると、私の手首を強く握り、絵でも描く様に私の事を見つめます。

ハムレット「貴女の知るハムレットは今宵で居なくなる。けれど悲しんでくれるな。決して消え去った訳ではないのだから」

私の手を握ったまま後退りしていくと、何度か頷くと手を離し、私の目を見つめたまま窓の外へと消えて行かれました。
ハムレット様のおっしゃった事の意味は解りませんでした。
ですが、一応お父様には報告すべきかと思い階下へと降りようとしました。
そこで、一方的ではあったとは言え、私がハムレット様と会話を交わした事をどう伝えようか、と悩みました。
私には結局、上手く誤魔化す方法は思い付かず、泣きながら降りていき、ハムレット様がいらっしゃった事だけお伝えする事に決めました。
あの口ぶりでは、余り言いふらしていい内容でもない気がした、と言うのもあります。


16 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:52:06.17 ID:pKt//rZNO
オフィーリア「お父様!あぁ!怖かった!」

迫真の演技だと思います。
良くお父様に連れられて劇は観に行くので、上手くいったと自負しています。

ボローニアス「おぉ、オフィーリアよ。どうしたのだ」

案の定、お父様は気付きません。
まさか私がそんな演技をするとも思っていないのでしょう。
私はそのまま演技を続け、簡単に先程起きた事を説明しました。
ハムレット様の発した言葉を除いて。

ボローニアス「さてはお前を想う余り狂われたか」

オフィーリア「解りません」

そんな訳ないでしょう、と反論したいのをグッと堪えました。
お父様が誤解するのも無理はありません。
私が意図的に伝えてない情報があるのですから。


17 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:53:24.07 ID:pKt//rZNO
ボローニアス「近頃、王子に連れない態度でもとったのか?」

オフィーリア「いえ、特には。お父様の言い付け通り、お手紙には返事をして、直接会うのはお断りしていました」

ボローニアス「あぁ、あぁ、それだ!これは余計な事をした!てっきり王子の遊び心で娘を台無しにされるのではと思っていたが…とんだ邪推だった!」

私は始めからそう言っていたと思うのですけれど、そんな事を言えば益々お父様が落ち込まれてしまいそうなので黙っておきます。

ボローニアス「全く、老人は碌なものではないな!取り越し苦労ばかりだ!さ、陛下の元へ参ろう」

隠し立てして後々面倒ごとになるよりも、今から直ぐに陛下に謁見し、事の次第を伝えた方が幾分かマシだと言って、お父様は外出の準備を始めました。


18 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:55:49.76 ID:pKt//rZNO
結局、王城に連れてこられたは良いのですが、お父様は一人で謁見に向かってしまわれ、私は廊下で待ちぼうけです。
幸いにも、王城の廊下は本棚が置いてあったりして退屈はしないので、待つだけといっても苦痛ではありませんけれど。
暫く本を読んでいると、ツカツカとお父様達がいる方とは逆から誰か歩いていらっしゃいます。
王城に居らっしゃるくらいですので、私よりは高貴な方だろうと、本を閉じ、向き直ると、そこに居たのはハムレット様でした。
相変わらず酷い格好をなさっていますが、私の部屋にいらした時の様な悲しげな表情はされていません。

ハムレット「やあ、貴女がこちらにいるのは珍しい!」

格好の異様さからは考えられない程、普段のハムレット様と同じ様な雰囲気で接されます。
そのちぐはぐさが、却って恐ろしく感じられました。

オフィーリア「ご機嫌麗しゅう」

ただ、王族の方に無礼を働く訳にもいきませんので、最低限の挨拶だけして去ろうと思いました。


19 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:57:13.63 ID:pKt//rZNO
ハムレット「逃げる事ないじゃないか。それとも何かい、君には何かやましい事でもあるのかい?」

少し狂気を孕んだ、そんな目で私の事を見つめています。
ただ、その狂気以上に、お父様の言い付けを守ってハムレット様を拒んだ事を後ろめたく思っている自分が、この場を離れさせようとしていました。

オフィーリア「いえ、決してその様な事は」

ハムレット「まぁ、その事は良いさ。それより、『あの事』は誰かに話したかい?」

『あの事』と言うのは、やはりハムレット様が私の部屋を訪れた事でしょうか。

オフィーリア「貴方が私の部屋を訪れた事を仰っているのなら、はい、それはお父様にお伝えしました。ただ貴方の言葉を除いては」

ハムレット「そりゃあいい!君のお父上は忠臣と名高いからね、どうせ今頃あの男に僕の有様を伝えているのだろう」

見た所、ハムレット様は外見以外変わった所が見られません。
ならば何故こんな格好をしているのか、とても気になりました。


20 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 02:58:50.77 ID:pKt//rZNO
ハムレット「…よし、オフィーリア。今後、どんな事が起ころうとも全て知らないフリをするんだ。ただ君が知っているのは、オフィーリアを愛していたハムレットと言う男は気違いになってしまったという事だけだ。良いね?」

オフィーリア「それはどう言う意味でしょう?」

全く解りませんでした。私の部屋でも似た様な事を仰っていましたけれど、要するにハムレット様は気違いのフリをすると言う事でしょうか。でも一体何の為に?

ハムレット「そのままの意味だ。さ、こんな所を見られては折角の君の名演技が無駄になる。僕はお暇するよ」

そう告げた直後、ハムレット様の表情は、衣装に見合ったモノに変貌しました。まるで本当に気が狂った人間の様です。


21 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 03:01:03.09 ID:pKt//rZNO
ハムレット様が立ち去った暫く後、お父様が戻ってらっしゃいました。
何でも、王様とお妃様にお話しした所、私とハムレット様を会わせてみて様子を伺いたいと仰ったそうです。
他の人が見ているという事は、ハムレット様は気違いのフリをなさるのでしょうか。見てみたい気もします。
取り敢えずお父様は、もう一度別の方法でハムレット様に話を聞くつもりのようで、一旦私を、客間に置いてまた出て行かれました。
何でもハムレット様の旧友がお戻りになったので、そのお二人にも協力して頂くそうです。
何だか、話だけ聞いていると、王様を中心に周囲の人間全員がハムレット様を騙そうとしているみたいで、余り気分の良いものじゃありませんでした。
ハムレット様もハムレット様で、私にあんな話をなさるという事は、周囲の人間は殆ど信じていらっしゃらないのでしょう。
どうにも寂しい話です。
今、ハムレット様は独りきりで何かを成そうとしています。
それが何かは解りませんが、何も仰ってくれないという事は私に出来る事は無いのでしょう。
嬉しい時は一緒に喜んでくださって、落ち込んだ時は励ましてくださったのに、私はお返しできないのかと思うと遣る瀬ない気持ちで一杯になります。


26 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 15:09:36.49 ID:pKt//rZNO
ポローニアス「オフィーリア、起きなさい」

体を揺すられています。どうやら、考え事に耽る内に眠ってしまっていた様です。

オフィーリア「申し訳ありません、お父様」

ポローニアス「いや、そんな事よりも、だ。明日王子が劇を観覧なさるらしい。我々も一緒に行って王子の様子を伺う事になった」

それではまるで要注意人物の様ではありませんか。そんな憤りもありましたが、もしハムレット様が気違いのフリを意図的にされているなら、それが上手くいっているということにもなるのでは、と考えたら、大勢の大人が騙されているのが可笑しくなって、笑いを堪えるのが大変でした。

ポローニアス「そこでだが、劇を見る前にお前と王子を会わせることになった」

オフィーリア「先程仰っていた事ですか?」

ポローニアス「あぁ、そうだ。儂と王とで物陰から様子を伺う事になった。王子の狂気の原因がお前にあるのかを見極めるためだ。何とか聞き出してくれ」

オフィーリア「仰せのままに」

明日も王城で過ごすのだから、と今夜はここに泊まっていく事になりました。王城は広いとは言え、ハムレット様と一つ屋根の下です。少し昂りそうになるのを理性で抑えつけました。私は今、ハムレット様とは疎遠になってしまっているはずなんですもの。
明日に備えてもう眠ろう、と言うお父様の言葉で私達は就寝しました。


27 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 15:12:23.88 ID:pKt//rZNO
王「では、どうやっても聞き出せなかったのだな?」

ローゼンクランツ「えぇ、ご自分でも頭がおかしいとは仰るのですがどうしてそうなったかについては何も」

ギルテンスターン「それに、探りを入れられるのが気に触るのか、こちらが聞き出そうとすると華麗に受け流されてしまうばかりでした」

今、陛下に報告をしているのがハムレット様の旧友のお二人です。
と言っても、本当に旧き友になってしまったようですけれど。
現在私たちは謁見の間の前の廊下に居ます。
なんでも、ハムレット様は気が狂われてから毎日ここの廊下を行ったり来たり繰り返すようになられたそうで、ここで待ち伏せるのが目的なのです。

王妃「気晴らしに何か勧めてはみましたか?」

ローゼンクランツ「はい、ここに来る途中、移動中の劇団を追い越してきたので、その件をお伝えしました所、大層乗り気でいらっしゃいました」


28 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 15:16:11.36 ID:pKt//rZNO
ギルテンスターン「恐らく今夜、御前で何かを演じるよう仰せつかっていると思います」

ボローニアス「まさにその通り。是非とも両陛下にもご覧頂きたいと仰っていました」

王「よし、喜んで観させてもらおう。ハムレットがその気になった様で儂も嬉しいよ。ローゼンクランツ、ギルテンスターンの2人にはこれからもハムレットの意識をこういう娯楽に向けてやってほしい」

ローゼンクランツ・ギルテンスターン「「御意のままに」」

仰々しく応えると、お二人は何処かへ行ってしまわれました。恐らく、劇の会場設営でもあるのでしょう。

王「すまんが、ガートルード、席を外してくれんか。実はハムレットとオフィーリアを偶然会わせて、あの乱心が恋煩いによるものなのか見極めようと思っておってな」

ガートルードと言うのは王妃様のお名前です。ですが、不思議なものですね。
つい数ヶ月前までは、王妃様の事をお名前で呼ぶのは前王だけでしたのに、今ではその弟君である現王もお名前で呼ばれるんですもの。
こんな事言っては失礼かもしれませんが、彼は数ヶ月前まで『ガートルード様』か『お妃様』と呼んでいたのですから、違和感は直ぐには拭えません。


29 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 15:18:22.55 ID:pKt//rZNO
王妃「解りました。オフィーリア、ハムレットの乱心の元凶が、貴女の美しさにある事を心から願っております」

オフィーリア「はい、私もその願い通りであればと思っております」

王妃様は心配そうな表情のまま、謁見の間へと入って行かれました。そうして、陛下とお父様は物陰に隠れます。
私は昨日の様に本を読み始めました。何もせず立っていたら不自然ですからね。
暫く待っていると、曲がり角の向こうから足音が聞こえてきました。

ハムレット「生きるか死ぬか、それが問題だ。どちらが立派な生き方か、じっと耐え忍ぶのと、勇敢に戦って果てるのと」

ハムレット様がとても沈痛な表情で現れました。独りで何か考え事をしている様で、私にはまだ気付いていらっしゃいません。

ハムレット「死んで眠る、ただそれだけならばどれだけ幸せな事だろう!だが、眠れば夢を見る。そこが厄介だ。こんな悲惨な人生に人々が長く耐えるのもこの思いあってこそだ」

そこで、漸く私の存在に気付いたのか、ハムレット様は一瞬口を噤みます。


30 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 15:23:56.93 ID:pKt//rZNO
ハムレット「おや、そこにいるのは麗しのオフィーリア」

ハムレット様は、身振り手振りも口調と同じくらいに態とらしく、大きくしてみせます。

オフィーリア「ハムレット様、その後お加減いかがですか?」

ハムレット「これはご親切なお尋ね、痛み入る。元気だ、元気元気」

全ての台詞に芝居がかった調子が含まれており、どの言葉が本心なのか、全く解りません。あるいは、本心なんて一度も口にしていないのかも知れませんが。

オフィーリア「思い出に頂いたもの、ここでお返しいたします。どうぞ受け取ってください」

そう言って宝石をハムレット様の胸に押し付ける様にして、一気に距離を詰めました。

オフィーリア「ハムレット様、今、お父様と貴方の叔父上様が聞き耳を立てていらっしゃいます」

ボソボソと、ハムレット様にだけ聞こえる様にお伝えしました。ハムレット様は、一瞬だけ眉をピクッと動かすと、何事もなかったかの様に、また気違いのフリを始められました。

ハムレット「いや、受け取れない。何も与えた覚えはない」

そう言って私を軽く突き飛ばします。少しよろける程度で、転んだりはしませんでした。


31 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 15:26:31.10 ID:pKt//rZNO
オフィーリア「いいえ、くださいました。その事は貴方が一番ご存知のはず。贈ってくださった方が連れなくなれば、どんなに貴い贈り物も貧しくなってしまいます。どうぞお受け取りください」

今思いましたが、もしお父様達に協力するつもりなら、この行動って少しおかしな事になりますよね。
ハムレット様の狂気の原因が私にあるのだとしたら、その狂気を加速させかねない行動です。ともあれ、言い出してしまったことは仕方がないので、近くのテーブルの上に宝石を置き、ハムレット様の様子を伺います。

ハムレット「はっ、それは本気か?」

オフィーリア「え?」

どうしましょう、本心からの行動ではない為、本気かと問われて応えられませんでした。

ハムレット「お前は美しいか?」

オフィーリア「と、仰いますと…」

また今度は訳の分からない質問が飛び出してきました。
これは、本当にフリなんでしょうか。段々心配になってきました。
気が狂ったフリを続けているうちに、本当におかしくなってしまったのでしょうか。


32 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 15:28:34.19 ID:pKt//rZNO
ハムレット「お前が貞女で美女なら、お互いに馴れ馴れしくしてはならないって事さ」

オフィーリア「美女には貞女に勝る交わりの友がございましょうか」

ハムレット「その通りだ。美女が貞女を売女に変えてしまうからな。俺も昔はお前を愛していた」

オフィーリア「私もそう信じておりました」

ハムレット「こんな男の事など信じてはいけなかったのだ。古い親木に美徳を接木しようとした所で、上手くつくはずがない」

一瞬間を置くと、とても冷たい目で私を見据えます。

ハムレット「俺はお前の事など愛していなかったのだ」

嘘だと解っていても、辛いです。
ハムレット様は、迫真の演技というより、真実を語っている様にしか見えません。

オフィーリア「それなら、私は大変な思い違いをしておりました」

心苦しいですが、ここは演技を続けます。昨日ハムレット様がくださったお言葉を信じています。

ハムレット「尼寺へ行け。これ以上罪人を増やす意味はない」

ハムレット「俺自身はまともなつもりでいるが、どうやらひどく高慢で、執念深く、野心家らしい。それに、衝動に任せ何をするか解らない」

ハムレット「男なんて誰も信じちゃいけない。尼寺へ行け」

またしても訳の分からない事を捲し立てます。これだけやれば、気違いだと誰も疑わないのではないでしょうか?信じさせるだけにしてはやり過ぎな気もします。


33 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 15:30:20.40 ID:pKt//rZNO
ハムレット「では、これで失敬する」

そう言って私が何も言う暇も与えず立ち去ってしまわれました。
このままお二人が出てくるのを待っても良いのですが、私は何も知らない体ですので、演技を続けます。

オフィーリア「あぁ!神よ、あの方をお救いください!」

態とらしく声を張り上げ、跪いて手を組みます。

ハムレット「どうしても結婚するというなら、どれだけ貞淑でも世間の誹りは免れないぞ!」

ハムレット「尼寺へ行け!」

ハムレット様が狂乱の体で戻っていらして、喚き散らしてまた去って行かれました。

ハムレット「それでも結婚するというのなら、阿呆と結婚しろ!利口な男ならば女房の所為で角が生える程度の事、解りきっているからな!」

ハムレット「尼寺へ行け!今すぐにだ!」

また戻ってきては叫んで去っていきます。

オフィーリア「神よ!あの方を正気にお戻しください!」

ハムレット「お前たち女は、淫らな事をさんざしておきながら、何も知らなかったなどと抜かす。畜生、もう止めよう、その所為で気が狂ったんだ!」

ハムレット「もう結婚など要らない。既にしているのは仕方がない、一組を除いて生かそう。他の者は独り身を貫くべきだ。さあ、尼寺へ行け!」

今度こそ、本当に立ち去って行かれました。


34 : ◆d/8j7bKhKM 2016/05/18(水) 15:32:17.56 ID:pKt//rZNO
オフィーリア「あぁ、あれ程気高い御心が、無に帰してしまうとは!私は女の中でも特に不幸です。以前の姿を見知ったこの瞳で、今の有様を見なければならないのですから…」

堪え切れず、涙が流れてしまいます。どうしてでしょう。嘘だと解っているのに、涙は止められません。演技で悲しんでいたはずなのに、涙は本物です。
涙で滲む視界の端で、陛下とお父様が忍び出てこられるのが見えました。

王「恋だと?あの者の心はそんな物には向いていない!何か魂胆がある様に思えて仕方がない。どうだろう、あれを今すぐイギリスにやって異国の文化に触れさせるというのは?そうすれば少しは心のわだかまりも解けよう」

ポローニアス「確かに、妙案でございます。しかし、それがしには王子のご乱心の大元は、叶わぬ恋によるものであると思えてなりません」

お二人共、私には目もくれません。ハムレット様の事がお気にかかるようです。
私も本当に泣いているのかどうか解らないので、このまま放っておいて頂いても構わないのですが。

ポローニアス「おや、オフィーリア、どうした?」

漸く私が泣いている事に気が付いたようです。ですが、もう次の瞬間には王様との会話に戻っていました。

ポローニアス「陛下、もしも御異議がなければ、芝居の後、母君陛下と二人きりで話す場を設けるというのは如何でしょう?よろしければ、私が隠れて話を聞く役目もやりましょう」

王「ふむ…そうしよう。身分あるものの狂気は放っては置けんからな」

王様もお父様もご自分の事しか考えていない様に感じます。ハムレット様はこんな人間関係に嫌気がさしてしまわれたのかしら。


38 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/02(木) 00:53:16.98 ID:oBZyXVaHO
いよいよ、演劇を観る時間になりました。
先程の会話からそのまま王妃様と合流して会場へと向かいます。

王「しかし、先程の様子を見るに、あれは気違いなどではない。だとするなら、これを観せようとする魂胆はなんだ」

王様は、私とハムレット様のやりとりから演技だと見抜かれた様です。
事情を知っている私でさえ、不安になるくらいの演技でしたのに。
疑うなんて何か後ろ暗い事でもおありなのかしら。

ポローニアス「恐れながら陛下、王子は完全に気が狂ってしまっておられるかと…」

お父様は完全に騙されている様ですが。
王妃様もお話を聞いて、ハムレット様が気違いになられたと信じている様です。


39 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/02(木) 00:54:48.61 ID:oBZyXVaHO
王「まぁどちらでも良い。この後、嫌でも判るのだからな。ガートルード、頼んだぞ」

王妃「はい、あの子も実の母になら何か話してくれるでしょう。それであの子が少しでも気が楽になれば良いけれど」

王妃様は本当にハムレット様の事を心配している様に見えます。
けれど、そんなに心配するくらいなら、どうして王様が亡くなられた時にハムレット様の側にいてさしあげなかったのでしょう。今更過ぎます。

さて、会場に辿り着きました。早速ハムレット様がお見えです。

王「加減はどうかな、ハムレット」

ハムレット「カメレオンの様な食事のお陰で至極上々ですとも。空気ばかり食べている。空約束ばかり詰め込まれ、腹がはちきれそうだ」

王「何のことだかさっぱりだ。そんな文句は私の知ったことではない」

ハムレット「そう、最早私の知ったことでもない」


40 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/02(木) 00:56:29.34 ID:oBZyXVaHO
相変わらずの気違い振りです。
ですが、王様の額にはうっすらと汗が滲んでいます。
何か思い当たることでもあるのでしょうか。
話をはぐらかそうとしている様にも見えます。
取り敢えず、各々席に着きます。
王様達の近くで観る気にはなれなかったので、反対側の席を取りました。

王妃「ハムレット、ここへ、母の隣に座りなさい」

ハムレット「いいえ、母上、こちらにもっと強い磁石が」

王妃様は少し残念そうに「そうですか」と呟いていらっしゃってます。
一方のハムレット様は私の方へと歩いていらっしゃいます。

ポローニアス「王、ご覧ください!あの二人のご様子」

何故お父様は、ハムレット様の狂気と私を結び付けたがっているのでしょうか。
大方、思い込みで大きく出て引っ込みがつかなくなっているだけでしょうけど。


41 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/02(木) 00:58:13.31 ID:oBZyXVaHO
ハムレット「お嬢さん、お膝の間に寝転んでも?」

オフィーリア「まぁ、とんでもない、そんなこと」

これも気違いのフリの一環なのでしょうか。
そうでなければ、あの高貴な方がこんな下非た事を言うとは思いません。

ハムレット「ただ頭を乗せるだけだよ」

オフィーリア「それなら、お好きな様に」

ハムレット「一体何を想像したんだい?」

オフィーリア「いえ、何も」

とても意地悪です。
ハムレット様の、執拗なまでに気違いのフリをする様子は、本物の狂気も含んでいる様に思われてなりません。

ハムレット「娘たちの膝の間に寝そべるなんて素敵な思いつきだと思わないかい?」

オフィーリア「素敵な思いつきって、なにがです?」

少し腹が立ちましたので、仕返しに質問しました。
いつまでもこんな淫らな会話を続けるんですもの。


42 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/02(木) 01:00:59.10 ID:oBZyXVaHO
ハムレット「いや、なんでもないさ」

すると、ハムレット様はニヤニヤしながら指で円を作ってみせます。
なんでしょう、とても人を腹立たせるのが上手でいらっしゃいます。

オフィーリア「随分とご陽気でいらっしゃるんですね」

嫌味の一つも言いたくなります。

ハムレット「誰が?僕が?」

オフィーリア「えぇ、ハムレット様がです」

ハムレット様は、全く気にした素振りも見せずにとぼけてみせます。

ハムレット「そりゃそうさ!人間陽気じゃなきゃ生きている甲斐がないというものだ。見てごらん、母上のうきうきしたお顔を。父上が亡くなられて2時間ほどしか経っていないというのに」

王様と王妃様の方を指差しながら、至極楽しそうに仰います。
一方の指差されたお二人は気まずそうに顔を背け、こちらに聞こえない様に何事か囁いてます。

オフィーリア「いいえ、ハムレット様、貴方のお父上が亡くなられてから二月の倍になります」

ハムレット「えっ、そんなになるか!驚いた、死んで二月も経つのに忘れられないとは!偉い人の死は半年は忘れられないと見える」


43 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/02(木) 01:02:27.77 ID:oBZyXVaHO
私は二月の倍、4ヶ月と言ったつもりだったのですが、ハムレット様は私の話を全然聞いていない様でした。
あるいは、その様に見せただけでしょうか。
訂正しようと口を開きかけた所で、幕開けを知らせるトランペットが鳴り始めました。

ハムレット「あの二人を見ているといい。焦る様子が目に浮かぶ様だ」

トランペットの音に紛れてハムレット様が呟きました。
私は、何もなかったかのように無反応を貫きました。ただ王子の手を握る以外は。

トランペットが鳴り止む頃、一瞬だけ、チラと王様達の方を見てみると、王様は王妃様と話し込んでおり、黙劇の開始に気付いていらっしゃらないようです。
黙劇は好みがわかれますからね。
私は個人的に好きですけれど、どうやらハムレット様も余りお気に召さないらしく、見るからに苛立っています。


44 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/02(木) 01:03:59.43 ID:oBZyXVaHO
黙劇の内容は、まず王と妃が仲睦まじく登場、その後王は土手に寝そべり、王が眠ったのを確認して妃は立ち去ります。
続いて別の男が現れ、王冠を取り上げるとそれに口付けをし、寝ている王の耳に毒を流し入れ立ち去ります。
妃が戻ってきて王が亡くなっているのに気付き、激しく悶えます。
また例の男が従者を引き連れ戻ってくると、妃を慰め、死体を運ばせます。
彼はそのまま贈り物をして妃を口説きますが、妃は始めこれを拒みます。
ところが、最終的には彼の愛を受け入れてしまいます。

そこで幕が一旦引かれました。


45 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/02(木) 01:05:23.64 ID:oBZyXVaHO
オフィーリア「あれはどういう意味なのでしょうか」

信じたくはありませんが、これがハムレット様の指示で演っている劇ならば、ハムレット様の思惑を反映しているということでしょうか。
先程王様が仰っていた、「劇をお二人に見せようとする魂胆」がこれだとするならば、恐ろしいことになります。

ハムレット「何、あれはただのこそ泥の話さ」

オフィーリア「どうやら劇の粗筋のようですね」

まだ確信はありません。
どうすべきか迷っていると、幕の前に1人の演者が現れました。

ハムレット「あいつが全部喋ってくれるさ」

オフィーリア「今の劇の意味も?」


46 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/02(木) 01:06:54.47 ID:oBZyXVaHO
含みのある視線を向けてみても、ハムレット様は意図を汲み取ろうとはなさいません。
恐らく、気付いてはいらっしゃるのでしょうけど。

ハムレット「あぁ、君が開いて見せてやれば何だって教えてくれるさ」

オフィーリア「酷いです。もう知りません、お芝居に集中することにしますわ」

やはり、これははぐらかされているのでしょうか。
どちらにせよ、これ以上の問答は無意味の様です。

演者「我ら一座並びにこれより演じます悲劇のため、ここに伏して寛大なる皆々様にお願い申し上げます。何卒ご辛抱、ご観覧いただきますよう」

それだけ言うと、幕の裏に引っ込んでしまいました。

ハムレット「あれでも前口上か?指輪の寸言じゃないんだから」

オフィーリア「本当に、短かったですね」

全く、何も説明のない前口上でした。ハムレット様はここで説明があると踏んだのでしょうが、彼らは劇の中で説明をするつもりの様です。

ハムレット「女の恋の様」


47 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/02(木) 01:08:23.20 ID:oBZyXVaHO
そうして演劇が始まりました。
劇の間もハムレット様は演者に向かって野次を飛ばしたり、解説を高々と叫んだりなさいましたが、それ以外には特に問題もなく劇は進んでいきました。
しばらくすると、最初の黙劇で見たシーンにさしかかりました。
黒衣を纏った男が手に瓶を持って現れます。

ハムレット「そら、あれが王の甥、ルシアーナスだ」

オフィーリア「まるでコーラス役の様にお詳しいのですね」

てっきり私は、あの男は王の弟かと思ったのですが、どうやら違う様です。
元々解っているとは言えませんでしたが、ハムレット様が何の為にこの演劇をお見せになっているのか、よく解らなくなってきました。

ハムレット「あの男は王位を奪おうと庭で王を毒[ピーーー]るんだ。そうしてほら、すぐに解る、王妃を口説き落とそうとするのが」

ふと、解説を続けるハムレット様の視線が、ある方向に固定されている事に気が付きました。
その視線の先には、王様と王妃様がいらっしゃいます。


48 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/02(木) 01:10:18.74 ID:oBZyXVaHO
オフィーリア「あら、陛下がお立ちに」

ハムレット「空砲に怯えでもされたか?」

立ち上がった王様のお顔は、蒼白で、すごい量の汗もかいてます。

王妃「いかがなさいました?」

ポローニアス「芝居を止めろ!」

王「灯りを持て!こんな所に居られん!」

王様は何人か引き連れて出て行かれました。
お父様や王妃様もそれについて出て行ってしまいます。

オフィーリア「一体どうしたと言うのでしょう」

解りきった事でしたが、口に出さずにはいられませんでした。
彼にはこの演劇で描かれた事に心当たりがあったのでしょう。


49 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/02(木) 01:11:14.69 ID:oBZyXVaHO
ハムレット「何、脛の傷に滲みたのだろう」

ハムレット様は一同が出て行った扉をジッと見つめています。
まるで、その先にいらっしゃる王様の様子を透視している様でした。

ハムレット「父君の所に行ってあげなさい。俺はホレイショーと話がある」

オフィーリア「はい、お気を付けて」

あれで王様にはハムレット様の思惑が伝わってしまったはずです。
そうなれば、彼はハムレット様を消しに来るかも知れません。
出来ればハムレット様のお側に居たいと思いましたが、私では足手纏いにしかならないのも解っていました。

ハムレット「君こそ気を付けて。もう僕に関わってはいけないよ」

私に背を向けると、お側に控えていた方と何やら話し始めました。
何か言いたいのに、何も言えなくて、私もその場所を後にしました。


53 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/24(金) 14:34:10.08 ID:EUQ7llJd0
ハムレット様と別れ、お父様に追い付くと、既に王様と王妃様はご自身のお部屋に入られていました。

ポローニアス「全く、殿下が何をお考えなのか解らない!」

何やらお父様が憤慨しています。
大方、図星を突かれた王様がお怒りになったのを勘違いしているのでしょう。

ポローニアス「ギルテンスターン、ローゼンクランツ、殿下の所へ行って例の件を伝えて来い」

ギルテンスターン「はい」

ローゼンクランツ「すぐにでもいらっしゃる様お伝えします」

そう言うと、お二人はすぐに出て行きました。
それにしても、皆さんピリピリされていて、私の事なんて全く触れないのですね。
この場で全てを知っているのは私だけだと言うのに。
何だか可笑しくなってしまいます。


54 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/24(金) 14:35:11.52 ID:EUQ7llJd0
ポローニアス「ん?どうしたオフィーリア、何故笑っている?」

一瞬、ドキリ、としました。
お父様には嘘を暴かれる訳にはいかないのです。

オフィーリア「いえ、何でもありませんわ。それより、お父様。先程のハムレット様のご様子では、あの2人は言いくるめられて帰ってくるのではないでしょうか」

ポローニアス「ふむ…確かに、あの2人では不安だな。儂も行ってくるから、先に部屋に戻っていなさい」

オフィーリア「解りました」

お父様が再び劇場の方へと戻っていきます。
見送るお父様の背中を、私は眼に焼き付けました。

オフィーリア「…お父様、お気を付けて」


55 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/24(金) 14:36:09.50 ID:EUQ7llJd0
一騒動あったので、今晩もお城に泊めていただく事になりました。
いえ、正確には、これから一騒動あるから、と言うべきでしょうか。

オフィーリア「はぁ…」

思わず、溜息を吐いてしまいます。
原因は、先程から廊下を行き来する人達の話し声が聞こえてきたからです。
何も、他人の声が聞こえてくるからと言って、それだけで気が滅入る程ナイーブではないです。
問題はその会話の内容。


56 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/24(金) 14:36:53.38 ID:EUQ7llJd0
『またハムレット様が王を怒らせたんだって?』

『あぁ、何でも殿下はもう完全に気が違ってしまってるらしい』

『噂では王は殿下をイギリスに行かせようとしてるらしいぞ』

『それじゃまるで厄介払いだな!』

『馬鹿お前、そんな事言ってるの誰かに聞かれたらマズイぞ!l』

『平気平気、王子が気違いになったなんて、もうその辺の土竜でも知ってるくらいだ』

『そう言う事じゃない、厄介払いだなんて言ってるのは流石にマズイって言ってるんだ』


57 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/24(金) 14:39:39.62 ID:EUQ7llJd0
完全にハムレット様が気違いになられたと信じています。
それ自体は、ハムレット様が望んでやっておられる事なので良いとしても、あんな風に言われてしまうのを聞いてしまうと、頭にもきます。
あの方々にハムレット様の何が解るのでしょう?
いえ、そちらに対する怒りもそうなのですが、今の会話の中でもう一つ重要な事がありました。

オフィーリア「ハムレット様を…イギリスに…?」

彼が「厄介払い」と称したのは強ち間違いではないのかも知れません。
恐らく、手に負えなくなったハムレット様をイギリスに押し付ける魂胆なのでしょう。
これは、お父様も関わっていそうですね。
と、そろそろハムレット様と王妃様がお話をしている頃でしょうか。
お父様が聞き耳を立てていると思うと申し訳なくなります。
兎に角、一度ハムレット様とお話をしなくては…。
お父様が戻ってきたらこっそり抜け出してしまいしょう。


58 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/24(金) 14:43:26.92 ID:EUQ7llJd0
ーーーー
おかしいです。
もう日付を跨いだと言うのにお父様が戻られません。幾ら何でも遅すぎます。
何かあったのでしょうか。
ハムレット様に会いに行きましょう。
もしかしたらお父様が聞き耳を立てていたのがバレて、揉めているのかも知れませんし。

という訳で部屋を抜け出したのですが、こんな時間だと言うのに少し騒がしいです。
やはり何か問題があったのでしょうか。

ハムレット様のお部屋に向かいますが、次第に衛兵の姿も見るようになり、不安が増します。
まさか、ハムレット様に何かあったのでしょうか…。
しかし、ハムレット様のお部屋の前に着くと、人の流れが思っていたものとは違う事に気が付きました。
もう一本奥に入った王妃様のお部屋の方に注目が集まっている様でした。


59 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/24(金) 14:44:54.01 ID:EUQ7llJd0
オフィーリア「ハムレット様、いらっしゃいますか?」

ハムレット「おや、麗しのオフィーリア。夜迦でもしに来たのかい?」

相変わらず下品な物言いです。
こんな誰も見ていない様な場所で気違いのフリをする必要があるのでしょうか。

オフィーリア「そうですね、ハムレット様にお会いしたくて飛び出してきてしまいました」

とても驚いた顔をなさっています。
今までからかわれたお返しと思えば、まだまだ足りないくらいなのですが。

ハムレット「…そうか、なら取り敢えず入ると良い。ちょうどこちらも君に話があったんだ」

ハムレット様は、一転して真面目な顔をすると、私を招き入れました。
私に話があるとの事でしたが、まずはどうしてもあの件を伝えなくては…。


60 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/24(金) 14:46:26.60 ID:EUQ7llJd0
オフィーリア「ハムレット様、今、国王陛下がなにやら企んでおります。ハムレット様をイギリスに遣るだとか」

ハムレット「あぁ、その事か。それなら知っている。親切な学友2人が教えてくれたさ」

どうやらギルテンスターンさんやローゼンクランツさんが勧めた事みたいです。
あのお二人は王様から色々言われていますしね。

ハムレット「まぁただ単にイギリスに遣るだけとは到底思えないが…それは今はいいだろう」

オフィーリア「ところで、ハムレット様も私にお話があったのでは?」

そう尋ねると、非常に暗い顔になられました。
どうも良いお話ではない様です。

ハムレット「あぁ、言い難い事なんだがな…。今表が騒がしいのは知っているだろう?」

オフィーリア「えぇ、存じております。貴方の母上のお部屋の方に人が集まっていらっしゃいましたが…」


61 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/24(金) 14:47:48.24 ID:EUQ7llJd0
暗い表情のまま私の肩を掴むと、ハムレット様は真剣な眼差しを向けられました。
いつもの気違いが演技であると思い知らされる様でした。

ハムレット「実は君の父上が亡くなられた。他でもない、この僕が殺した」

オフィーリア「っ…」

言葉が出ませんでした。
ハムレット様が何を仰っているのか理解できません。
いいえ、理解したくないと言うのが本当の事でしょう。

ハムレット「本当に済まない。僕とて彼を殺すつもりはなかったんだ。あそこに居るのは憎き叔父上だとばかり…いや、辞めよう。何を言っても言い訳にしかならぬ」

ハムレット様が、お父様を…?

オフィーリア「お、お父様が…ハムレット様を害する側にいらっしゃるのは知っていました。だから…お父様を疎ましく思った事が無いと言えば嘘になります…」

自然と、頬が熱くなっていくのを感じます。
視界が滲んでいくのも解ります。

ハムレット「オフィーリア…」


62 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/24(金) 14:49:30.17 ID:EUQ7llJd0
オフィーリア「そっ、それでもっ…たった1人の父親である事には変わりなくっ…」

言葉が上手く出てきません。
自分でも何が言いたいのかはっきりせず、頭の中もグチャグチャになっていきます。

ハムレット「許してくれとは言わない。寧ろ憎まれて然るべきだ。僕はあのおぞましい叔父と同じ事を君にしてしまったのだから」

ハムレット様は大層悔しそうでした。
私にはその表情の意味が理解できません。
何で悔しがっているのでしょう。

ハムレット「ただ、君の復讐を今受け入れるわけにはいかない」

決意の籠った目でそう仰ると、ハムレット様は私の手を包み込むように握りしめました。
なぜそのような事をするのか、と訝しんでいると、手の中に別の感触がありました。

オフィーリア「っ…⁉︎」

慌てて手を引きました。
それと同時に、カランと乾いた音が鳴り響きます。
私は、無意識の内に側にあったナイフを掴んでいた様です。


63 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/24(金) 14:51:01.83 ID:EUQ7llJd0
オフィーリア「わっ、私、今、何を…」

自分が恐ろしくなりました。
私は今、お父様の仇として、ハムレット様を殺そうとしたのでしょうか。
全身から力が抜けて、その場に座り込んでしまいます。

ハムレット「君の気持ちは痛い程解る。だが、だからこそ今しばらく、その刃を振り下ろすのを待ってほしい。父の仇をとるまでは」

そう言ってハムレット様は私が取り落としたナイフを、再び私に握らせようとします。
私には、それがどんな武器よりも恐ろしいモノに見えて仕方ありません。

ハムレット「これは約束の証だ。僕は復讐を果たした後、君の復讐を受け入れよう。そうでなくては気が済まない」

つまり、ハムレット様は私に、自身を殺してくれ、と仰っているのでしょうか。
そんな、そんな残酷な事をお頼みになるなんて…。


64 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/24(金) 14:52:27.57 ID:EUQ7llJd0
オフィーリア「…受け取れません。どうして私が、貴方を刺すことが出来ましょうか」

私は、ハムレット様を愛してしまっているのです。
例え彼が父を殺したとしても、代わりに彼を殺すとなれば私は愛しい人を2人も失うことになるのです。

ハムレット「そうは言っても、オフィーリア。きっと君の兄上は僕の事を許さない。あの高潔な男は父親を殺されて黙ってはいまい」

オフィーリア「そうですね、兄上はきっと復讐しようとなさいます。ですが、だからと言って私が復讐する理由にはなりません」

これは、これだけは、はっきり言えました。

オフィーリア「それに、貴方は今からイギリスに行くのでしょう?その間に私が何とか兄上を説得してみせます。どんな手を使っても」

ハムレット「オフィーリア…君は許してくれるというのか?」

オフィーリア「いいえ決して許しては差し上げません。ただ、それ以上に貴方が愛しいというだけです」

その後、ハムレット様は泣き崩れて、「オフィーリア、済まない…」とずっと謝っていらっしゃいました。


65 : ◆d/8j7bKhKM 2016/06/24(金) 14:55:28.54 ID:EUQ7llJd0
しばらくすると、ハムレット様も落ち着かれた様子で、これからの事を話し合おうと仰いました。

オフィーリア「そうですね…きっと、普通に話したのではお兄様は貴方に刃を向けるでしょう。だから、私も気違いになりましょう」

ハムレット「それでは逆に君の兄上は怒りに身を任せるのではないか?」

オフィーリア「いいえ、しばらくは悲しみに暮れ、怒りも燃え上がるでしょうが、ハムレット様がお戻りになるまでにはその怒りの刃も身を潜めましょう」

ハムレット「しかし、それでは君の身の上が…」

どうやら、上手くいくかどうかだけでなく、私の事も心配してくださっている様です。
こんな些細な優しさがハムレット様の魅力的なところですね。

オフィーリア「えぇ、少なくとも私を貰ってくださる方は現れないでしょう。だから、ハムレット様が責任を取ってくださいね?気違いを娶った王子と謗られようとも」

悪戯な笑みを浮かべると、ハムレット様は肩をすくめてため息をつきました。

ハムレット「全く、君には敵わないな。解った。全てを終えた暁には、国民に笑われようと、臣下に馬鹿にされようと、親友に心配されようと、君を迎えに行こう。天地神明に誓って」

オフィーリア「お待ちしておりますわ」

それだけ言って、ハムレット様のお部屋を後にします。
ハムレット様の前では強がってみたものの、私『達』が泊まっていた部屋に戻ると、涙が溢れてきました。


68 : ◆d/8j7bKhKM 2016/07/19(火) 02:06:31.09 ID:BDbaWsWJO
ーー
取り敢えず、お父様の死が表沙汰になるまではじっとしている事にしました。
切欠もなしに気が違っては信憑性も薄くなりますし、私の心の整理をする時間も必要でした。
流石に大臣が殺害されたという大きな出来事だけあって、じっくりと事実確認をしてから公表しようとしている様でした。
臣下の人達が代わり代わり家を訪ねてきます。
ポーズとしてお父様は帰ってこないのかを聞いてみても、お仕事が忙しいの一点張りでした。
もっと上手く嘘をつけないものでしょうか。
また、私はお父様の死を知らないのですから、人前で悲しそうにするのもおかしな話です。
ですから、涙を流すのは皆が寝静まってから、自室で、ひっそりと、でした。
一週間もそんな生活を続けていた頃、ハムレット様がイギリスに旅立たれるとの報せが届きました。
恐らく、それに伴ってお父様が亡くなった事も公表されるのでしょう。

オフィーリア「ちゃんとできるかしら…」

正直に言いますと、まだ心の整理なんてついていません。当たり前です。
それでも、やらなくては。ハムレット様の為にも、私自身の為にも。


69 : ◆d/8j7bKhKM 2016/07/19(火) 02:07:51.04 ID:BDbaWsWJO
ーー
その日の内に使いの方がいらっしゃって、私は王城へと呼び出されました。

オフィーリア「何故私は呼び出されたのですか?」

馬車が走り出すとすぐに私は切り出しました。
答え難い質問であるのは解っています。ですが、これは必要な事でした。
王城に着く頃にはもうまともな受け応えの出来ない哀れなオフィーリアで居たかったからです。

使い「それはですね…」

案の定、言い淀んでいます。額から大粒の汗を流してもいますね。
若干申し訳なく思いながらも、続けます。

オフィーリア「…お父様が帰られないことと何か関係があるのですね」


70 : ◆d/8j7bKhKM 2016/07/19(火) 02:09:26.67 ID:BDbaWsWJO
使い「…流石は聡明でいらっしゃいます。隠しても無駄でしょうから、お伝え申し上げます」

悟った様な事を言うと、堪忍したのか、お父様がハムレット様に殺されたのだと白状してくださいました。
悲しそうな演技をしなければ、と思ったのですが、上手く感情がコントロール出来ません。
散々枕を濡らしたはずの涙は、此の期に及んで溢れてきます。
最早私には、この感情の奔流をどうにかすることはできませんでした。

オフィーリア「そう…ですか…お父様が…」

車内には私の鼻をすする音とガラガラという音だけが響きます。

使い「…実はもう一つ、貴女には悲しいお知らせがあります」

しばらく無言だった彼が、言い辛そうに切り出しました。
ハムレット様のイギリス行きの件でしょうか?ですがそれなら既に周知の事のはずです。


71 : ◆d/8j7bKhKM 2016/07/19(火) 02:11:04.93 ID:BDbaWsWJO
オフィーリア「…何でしょう?今の私に、お父様の死を悲しむ以外に感情を割く事ができるかしら」

これは本心でした。もう随分と長い間悲しんできた筈ですのに、これまでの比じゃない程悲しみが胸に広がっています。

使い「ハムレット様のイギリス行きはご存知かと思いますが…」

やはりハムレット様に関してでした。しかし、先が気になります。
私が悲しむ様な事とは、一体何でしょうか。

オフィーリア「えぇ、存じております」

彼は一度表情を曇らせると、意を決した様に真っ直ぐと私を見つめました。

使い「そのイギリス行きと言うのは、勿論、表向きは王子の海外留学です」

オフィーリア「ですが、今回の件、ハムレット様がおやりになったと言うなら、実態は国外追放でしょう?政に疎い私でもそのくらい解ります」

国王陛下の思惑としては、元々ハムレット様を遠ざけて置きたかったのでしょうが、お父様の件でいよいよこのままにしておけないと思ったのでしょう。


72 : ◆d/8j7bKhKM 2016/07/19(火) 02:12:27.26 ID:BDbaWsWJO
使い「えぇ、それが国王陛下のお考えだと、王城内には知らされました。このままでは危険だという事で以前からあった留学の予定を早めたのだと」

そのくらいでは驚きません。何より、ハムレット様から諸々の事情は聞いていますし。

オフィーリア「そうですか。事情は解りませんが人を殺めてしまったのだから、その程度の償いはすべきかと存じますが。特に、いずれ国王となられるお立場ですし」

使い「はい、そのような意見が多く、特にこの処遇に反対する者はおりません。しかし、陛下の思惑は別にあるのです」

使いの方は話を進めるにつれて、非常に辛そうな表情になっていきます。
一体、彼は何を知っているのでしょう。段々恐ろしくなってきました。


73 : ◆d/8j7bKhKM 2016/07/19(火) 02:13:46.44 ID:BDbaWsWJO
使い「陛下は…イギリスでハムレット様を殺すおつもりです」

一瞬、聞き間違いかと思いました。いくらなんでも、自ら甥を殺そうだなんて、一国の王として、いや人としてあるまじき行為です。

使い「側近の間にだけ打ち明けているらしいですが、陛下は今疑心暗鬼に駆られています。『あいつは、儂の命を狙っている、近い内に必ず儂を殺そうとする』と仰られているそうです」

どうやら国王陛下はハムレット様の復讐に勘付いていらっしゃる様です。
寧ろ演劇の件は、ハムレット様が気付かせようとしている節もありましたが。
どちらにせよ、まずい状況です。一刻も早くハムレット様にこの事をお伝えしなければ。
イギリスに着いて仕舞えばもう、ハムレット様は確実に殺されてしまいます。


74 : ◆d/8j7bKhKM 2016/07/19(火) 02:14:53.71 ID:BDbaWsWJO
オフィーリア「陛下の所へ行く前に、ハムレット様に会わせて頂けないかしら?少しでもいいの!」

しかし、彼は首を力無く横に振るだけでした。

オフィーリア「お願い!このままではハムレット様が…」

ガシっと肩を掴まれました。

使い「僭越ながら、私とてハムレット様を敬愛しております。もし助けられるのなら、この命を投げ出したって惜しくない程には」

オフィーリア「なら…‼︎」

協力を求めようとしたのですが、言葉を出す前に手で遮られてしまいました。

使い「しかしながら、オフィーリア様。既にハムレット様はデンマークを経たれているのです…」

全身の力が抜けました。前のめりになって中腰だった姿勢も、そのまま後ろにストンと落ち着きます。


75 : ◆d/8j7bKhKM 2016/07/19(火) 02:15:50.92 ID:BDbaWsWJO
ハムレット様はイギリスに辿り着いて仕舞えば最後、陛下の親書か何かに反逆者だから消してくれとでも書いてあるのでしょう。
腐っても王様同士のやりとりです。
反故にされれば戦争にもなりかねませんので、不利益のない要求なら何の疑問もなく飲むのではないでしょうか。
そうなればハムレット様は…。

使い「…申し訳ありません。私が知った頃には、既にハムレット様は経たれた後だったのです…」

何とかして戻ってこられることはあり得るのでしょうか。
仮に親書の件が本当なら、一国相手に逃げ回る羽目になります。
いくらハムレット様と言えど、そんな中無事に戻られる事なんて不可能でしょう。
恐らく、『ご学友』のお二人も同行しているでしょうし、そう易々と掻い潜れないはずです。

オフィーリア「…では、もう、ハムレット様は…」

使い「…申し訳ありません…」


76 : ◆d/8j7bKhKM 2016/07/19(火) 02:17:24.64 ID:BDbaWsWJO
オフィーリア「そう…ですか…」

悲しみよりも喪失感がずっとずっと胸に染み渡ります。
悲しむのにも、ある程度の心の余裕が必要なのだと、初めて知りました。
大切な人を、短期間に2人も失って、もうどうして良いのか解らなくなりました。
あの日、ハムレット様は私を迎えに来てくださると、確かに誓ってくださったのに。

使い「……申し訳っ…ありません…」

何故だかこの方が悲しんでいらっしゃいます。
恐らく、ハムレット様とは殆ど会話らしい会話はした事ないでしょうに。

オフィーリア「ふふっ。何だか可笑しいですね。私の方がずっと親しかったのに、貴方の様に泣き叫びたいと心から思っているのに、涙が一滴も出てきません」

あぁ、本当に可笑しくて堪らない。私はこうして笑っているのに、その姿を見た彼は、顔をさらにクシャクシャにして泣き喚いているんですもの。


77 : ◆d/8j7bKhKM 2016/07/19(火) 02:18:34.32 ID:BDbaWsWJO
オフィーリア「お顔を上げて?何がそんなに悲しいの?朝を告げる雄鶏よりも大きな鳴き声だわ」

使い「あぁっ…‼︎本当にっ…本当にっ…。ハムレット様と言い、どうして心清らかで尊い人物ほどこう成られてしまうのかっ…」

オフィーリア「まぁ、おかしな事を仰るのね?この世に生まれ出でた時点で、皆親の淫売を嘆いていると言うのに、果たして高潔な方なんていらっしゃるのかしら」

その後も彼は、王城に着くまでずっと、ブツブツと何事か呟きながらずっと泣いていました。


88 : ◆d/8j7bKhKM 2016/10/17(月) 21:17:19.75 ID:6OeaRIqbO
使い「…到着いたしました」

馬車の振動が止まりました。着いたのでしょうか。

使い「オフィーリア様?」

オフィーリア「あら、そう言えばお父様はまだ戻られないのかしら?」

使い「っ…」

ドアを開けると王城のお庭でした。何か良くないことでもあったのでしょうか。心なしか空気が重い気がします。

ホレイショー「これはオフィーリア様、戸を開けるのが遅れて申し訳ありません。しかしながら貴女が自ら開けられるのは…」

オフィーリア「まぁホレイショーさん、ご機嫌よう。お父様かハムレット様にお会いしたいのですけれど、どちらにいらっしゃるかご存知?」

ホレイショーさんが私の手を取ってくださいます。勝手に開けたのはやはり失礼だったかしら。

ホレイショー「…お二人は今とても遠い所にいらっしゃいます」

オフィーリア「おかしな事を言うのね。亡くなった方は何処にも居ないのよ?ただ消えるだけ」

ホレイショーさんが、まるでお二人がご存命のようにお話しなさるので、ついつい笑ってしまいました。


89 : ◆d/8j7bKhKM 2016/10/17(月) 21:18:44.16 ID:6OeaRIqbO
ホレイショー「…えぇ、そうですね。残念ながらもうお二人にはお会いできません」

オフィーリア「あら、貴方は死後の世界は御嫌いなの?」

ホレイショー「いえ、命なき後は天か地か、どちらかに行くものと信じております」

先程からホレイショーさんのお話が退屈です。何だか前後で噛み合っていないですし。

オフィーリア「そう、それよりお父様はまだかしら?一人娘を放っておくなんて、きっと最後は碌な目に遭わないわ」

ホレイショー「っ…」

オフィーリア「あら?貴方にそんな悲しそうな顔は似合わないわ!笑って?ハムレット様の前にいる時の様に」

折角励ましているのに、ホレイショーさんは笑うどころか益々表情が曇っていきます。何か嫌なことでもあったのでしょうか。

ホレイショー「…陛下がお待ちです。参りましょう」

オフィーリア「いいえ、陛下ではないわ。先に王女様にお会いしなければ」

私が駆け出そうとすると、取ったままだった手を強く握られました。痛い程です。ですが、彼を振り返って目を見つめたら、すぐに離してくれました。


90 : ◆d/8j7bKhKM 2016/10/17(月) 21:19:59.24 ID:6OeaRIqbO
使い「ホレイショー様、もしこれで王妃様に何かあったら…⁉︎」

ホレイショー「私も着いて行く」

ホレイショー「それに、オフィーリア様は確かに言動こそ支離滅裂だが、あの眼は強い意志を宿していらっしゃる」

使い「しかし…」

オフィーリア「あら、ホレイショーさんも着いてきてくださるの?私、1人でも大丈夫ですのに」

彼は心配性なのでしょうか?よりによって王城内で私が危険に晒されるような事は無いでしょうに。

ホレイショー「いえ、少しだけ、先に王妃様とお話したい事がございまして…。貴女との邂逅中に乱入するわけにもまいりませんので、先に済ませてしまおうかと」

オフィーリア「そういう事なら先に行ってらっしゃって?私は少し星を見てから行くわ」

ホレイショー「…まだ日没前にございます」

オフィーリア「じゃあお月様ね」

それだけ聞くと彼は一礼して去って行きました。約束通り私は星を見てからお尋ねする事にしましょう。


94 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/05(土) 20:58:36.48 ID:3Uob72iqO
お庭で空を見上げます。
藍色と橙色との境目、三日月が薄っすらと浮かんでいました。
三日月と言えば亡くなった方の魂を運ぶ船だと考えるお国もあるとか。
誰を迎えに来たのでしょう?

オフィーリア「…あら?」

何やら綺麗な音色が聞こえきます。

楽師「これはこれは、オフィーリア様。ご機嫌麗しゅう」


95 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/05(土) 21:00:20.95 ID:3Uob72iqO
庭の木の下に女性が1人座っていました。東洋人でしょうか。手には楽器を持っています。

オフィーリア「…それは、リュート?」

楽師「えぇ、あの哀しき月に一曲捧げていました」

どうやら先ほどのお話の国の方のようですね。
ですが、何故彼女がリュートを弾いているのでしょう。
アレはどちらかと言えば此方の楽器なのですが。

楽師「お気をつけあそばせ。あの船は貴女から大切な物を奪っていきます」

オフィーリア「…そう。そうなのね。その楽器を貸して頂けるかしら」

楽師「えぇ、寧ろそのまま差し上げます。本業は笛の方なので」

私はリュートを受け取ると立ち去ろうとします。

楽師「…貴女の気狂いが救いになりましょう。本物の狂気は神さえ出し抜きます。本物なら」

最後に聴いた彼女の言葉はどう言う意味だったのか、解りません。
ただ、振り向くとそこには誰も居ませんでした。


99 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 16:54:00.22 ID:qnHSELB4O
オフィーリア「デンマークの美しいお妃様はどこ?」

あの後、暫く庭でリュートを弾いていると、王妃様の侍従が私を呼びに来ました。
彼女に従って王城の一室に行くと、王妃様とホレイショーさんがお話していました。

王妃「まぁ、どうしたの、オフィーリア?」

私が入って来た事に気が付くと、彼女は会話を切り上げ私に目を向けます。
私に聴かれたくないお話でもしていたのでしょうか。

オフィーリア「どうしたら見分けられるの?本物の恋人と偽りの恋人を」

私が歌い出すと、その場の全員が黙ってしまいました。
それぞれ感じる所は違ったみたいですが。

オフィーリア「巡礼の笠につけた帆立貝、それから杖とサンダルで」

構わず続けると、王妃様が立ち上がろうとします。ホレイショーさんはそれを押し留めました。


100 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 16:55:00.46 ID:qnHSELB4O
王妃「オフィーリア、その歌はどう言う意味なの」

それでも堪えられなかったのか、歌を遮って質問をしてきます。
彼女なら意味が解らないはずはないと思うのですが。

オフィーリア「どう思うの、貴女は?まぁ聞いていて」

こんな口調で王妃様に語りかけるなど無礼かしら。
でもこれも気狂いの特権です。

オフィーリア「その人なら死んじゃった、お嬢さん。可哀想に、死んじゃった」

何故かこのフレーズだけ皆さんの反応が良いです。
特に王妃様なんて苦虫を噛み潰した様なお顔です。

オフィーリア「頭の辺には青々と芝草茂り、足元には墓石ひとつ」

段々昂ぶってきました。
ホレイショーさんは何故だか顔を背けています。


101 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 16:55:58.70 ID:qnHSELB4O
王妃「ねぇ、オフィーリア、ちょっと待って__」

オフィーリア「聞いていてって言ってるのに」

少し語気が強くなってしまいました。
折角気持ちよく歌っているのに、所々で中断してくるんですもの。

オフィーリア「死装束の白さは峰の雪____」

構わず続けようとすると、今度は王様が部屋に入って来ました。

王妃「あぁ、あなた!ご覧になって、この哀れを」

あなた、だなんて呼びかける人に勝手に哀れまれても困ります。

オフィーリア「花の飾りに包まれて、まことの愛の涙雨に濡れる事もなく、墓場目指していっちゃった」

一方その『あなた』はと言うと、私の目を見つめています。
何か思う所があるのでしょう。


102 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 16:57:03.81 ID:qnHSELB4O
王「具合はどうだな、オフィーリア?」

オフィーリア「元気よ、お陰さまで!」

それはもう憎たらしいくらいに、とは流石に口には出しませんでした。
何せ私は今気狂いになっているのですから。

オフィーリア「梟は元々パン屋の娘だったそうね。明日はどうなることやら、解りはしない…お食事の時には神様もご一緒に!」

相変わらず王様は探るように私の目を見ています。

王「…父親のことを思っているようだな」

しかし一瞬だけ間を置くと、安心した様な表情で私から視線を外します。
状況を思い出したのか、すぐにしかめっ面に戻りましたが。

オフィーリア「そのことは、もうやめましょう」

冷静に観察しているつもりでしたが、気付くと涙が溢れそうになっていて、つい本音が出てしまいました。


103 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 16:58:32.55 ID:qnHSELB4O
泣いてしまってはここまでのお芝居が台無しです。

オフィーリア「でも、どういう意味って聞かれたら、こう言って…」

オフィーリア「明日は聖ヴァレンタイン様の吉日よ。夜明けを待って早々に、あなたの窓辺に立ちましょう。ヴァレンタイン様に願掛けて」

オフィーリア「男は飛び起き、着替えると、さっと戸を開け、娘を入れる」

オフィーリア「出て来た娘は、娘じゃないよ、永遠に」

何だか今日は調子良く歌が浮かんできます。

王「可愛いオフィーリア、お止め___」

王様は遮ろうとして来ますが、最早自分でも止められません。

オフィーリア「そうね、そう、さっさと終わらせましょうね」

色々な事を。

オフィーリア「ほんとにほんとに、憎らしい。えい、悔しい恥ずかしい。若い男は隙さえ見れば、やりたがる、ほんに一物さまは罪作り」

オフィーリア「娘言うには、手荒な真似をする前に、あんた、あたしと夫婦になると言うたじゃないか」

オフィーリア「すると男がこ言うの、その気だったさ、お天道様に誓ってな、お前の方から寝床に忍んでこなければ」

我ながら少しお下品だったかしら。
これでは何時かのハムレット様の事を言えませんね。


104 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 16:59:39.49 ID:qnHSELB4O
王「…いつからこうなのだ」

王様は呆れ返っている様子です。
最早この場の誰もが、私から視線をそらします。見てはいけない、見たくないと言う雰囲気がひしひしと伝わってきます。

ホレイショー「ここに来た時には既に半狂乱の体でした」

ホレイショーさんは、彼だけは、苦しそうなお顔でした。

王「…ポローニアスの死が余程堪えた様だな」

王妃「…可哀想に」

何も解っていないのですね。

オフィーリア「きっと何もかも上手く行くわ。お互いに辛抱しなければ」

ほんの一瞬、王様の表情が動きました。何か企みがあるのか、そう思ったのでしょう。
完璧に気狂いを演じ切ったハムレット様でさえあぁして消してしまわれるくらい、疑心暗鬼なんですもの。


105 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 17:00:43.73 ID:qnHSELB4O
オフィーリア「でも私、冷たい土の中に埋められた人の事を思うと、泣けて泣けて仕方がないの」

そう、そうだったの。これは亡くなった方に向けた歌だったのね。
だから綺麗に三日月が出ている今日は、歌が湧いて出るのだわ。

オフィーリア「きっとすぐにでもお兄様の耳に入るわ」

そう、いくら留学中と言え、一国の大臣が殺されたとなれば嫌でも知ってしまうに違いありません。
お兄様、今どうしているのかしら?

オフィーリア「ありがとうございました、ご親切なご忠告を頂いて」

でも、お生憎様。ハムレット様はお兄様の言う様には振舞われませんでした。
お兄様の言う通りになりましたが。

オフィーリア「さ、馬車を。お休みなさいまし、皆さま。お休みなさい。皆さま、おやすみ、おやすみ」

本当はハムレット様の事を、王妃様とお話したかったのだけれど、このままでは二人きりにはなれそうもないので、一度退室する事にしました。
こういう時も、気狂いは便利です。お暇の挨拶を長々とする必要もないのですから。


106 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 17:01:41.00 ID:qnHSELB4O
再び中庭に来ました。
私にはあの部屋に居た時間は、無限より長く感じましたが、存外に時間は進んでいなかったようで、まだ日は落ちていませんでした。
気付くと、手に握っていたはずのリュートは無く、何故か代わりに花束を抱えていました。
でもこれ、よく見るとパンジーばかりで物足りないですね。
辺りの花も適当に摘んでいきましょう。どうせお家に帰ったところで、誰も帰ってこないし、訪ねてこないんですもの。
ちょっとくらい時間を潰していきましょう。
不思議と欲しいと思う花が咲いている中、スミレだけは枯れた花しか見つからないので、仕方なく諦めました。
そうして楽しくお花と戯れていると、俄かにお城の方が騒がしくなりました。
何やら大勢の方が一度に押し寄せたみたいです。

民衆「レアティーズを国王に!レアティーズを国王に!」

大変な事になっています。この様子だとお兄様も帰国されているのかしら。


107 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 17:02:54.82 ID:qnHSELB4O
民衆「レアティーズを国王に!レアティーズを国王に!」

と、そんな事を考えている場合では無いようです。あっという間に戸を破ると、民衆が雪崩れ込んでいきます。
もしあの場にお兄様がいらっしゃるならば、陛下を殺しかねません。
もしそれは免れたとしても、その場合、陛下に言いくるめられたお兄様はハムレット様を憎む形になるでしょう。
最早陛下の策でハムレット様のお命は無い物だとしても、その名誉まで傷付けさせるわけにはいきません。

オフィーリア「あら?これは何の集まり?」

あくまでも、気狂いの体で、集団へと近付きます。

民衆「オフィーリア様!今、貴女の兄上が国王にポローニアス様の死について説明を求めている所ですよ」

やはりそれなんですね。中からお兄様の糾弾する様な大声が聞こえてきます。

オフィーリア「まぁ、お兄様がいらっしゃるの?久々に家族3人でお夕飯が食べられるわ」

皆様が、一瞬不思議な顔をなさった後、すぐに哀しげな、ともすれば哀れみを込めた目で私を見ます。


108 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 17:03:47.99 ID:qnHSELB4O
民衆「おぉい、通してやってくれ!」

相手にしたく無い、と考えたのでしょうか。
一人の掛け声とともに前へ前へと伝達されていき、出エジプト記の紅海かの如く私に道を開けてくださいました。

民衆「入れてやれ!入れてやれ!」

この人達はオウムか何かなのでしょうか。
事情も理解して無いのにここに居る時点でお頭が足りてい無いのは確かですが。
進むにつれて、謁見している人物の影が次第にハッキリしてきます。
あれは、紛れも無くお兄様だわ。

レアティーズ「怒りよ、火と燃えて俺の脳味噌を干上がらせてしまえ!苦き苦き涙よ、もの見るこの目の力を焼き尽くしてしまえ!」

私がお部屋に入るなり、お兄様が叫び出しました。
まずは再開のご挨拶をしたかったのに。
お父様が亡くなられた悲しみを分かち合いたかったのに。


109 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 17:04:35.50 ID:qnHSELB4O
レアティーズ「お前の狂気の恨み、存分に晴らさずにおくべきか。いかに冷酷無惨な仕返しになろうとも」

私は、側に居てくれるだけで良かったのに。
それなのに、お兄様も、あのお方と同じなんですね。
そして恐らく、あの方と同じ様に、復讐の果てに、私を置いていかれるのね。

レアティーズ「あぁ、五月の薔薇、愛しき乙女、心優しい妹、オフィーリア!」

幾ら綺麗な言葉を並べ立てられたって、気狂いの妹を哀れむその目で言われては、ちっとも喜べません。

レアティーズ「おお、天よ、うら若き乙女の理性が、老人の命さながら、こうも脆く崩れ去って良いものか?」

まるで老人なら簡単に死んでも仕方が無いと言っているようにも聞こえます。
お父様を失ったばかりだと言うのに。

レアティーズ「人間自然の情愛は繊細微妙だ、そうであればこそ、愛する者の逝ったあとを慕って、愛の証に自分の尊いものを捧げるのだ」

あの言葉の後に続く言葉とは思えません。


110 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 17:05:40.32 ID:qnHSELB4O
オフィーリア「死顔に被いもせずに、棺架にのせて、ヘイ、ノン、ノニ、ノニ、ヘイ、ノニー。墓に降る、降る、涙雨____さよなら、愛しい人よ!」

最早自分でも何が言いたいのか解らなくなってきました。
私は、気狂いを演じているの?被り続けたペルソナに乗っ取られてしまったの?

レアティーズ「お前が正気で、仇を討ってくれとねだったとしても、これほどまでに心を動かされはしないだろう」

お兄様は気狂いの私の方がお好みのようです。
正気の私よりもお願い聞いてあげたくなってしまうんですって!

オフィーリア「みんなも落ちた、落ちたって折り返しを歌わなくちゃ、あの人落ちた、落ちたって囃し立ててくれなくっちゃ」

オフィーリア「まぁ!この折り返しの節、糸車を回す調子にぴったりじゃないの!主人の娘を拐かしたのは悪の執事だったのよ」

レアティーズ「この妄言は正気の言葉より意味深長だ」

お兄様には私の言っていることが解るようです。
是非ご教授願いたいものです。何せ私も解っていないんですもの。


111 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 17:06:42.66 ID:qnHSELB4O
オフィーリア「はい、これがローズマリー、忘れるなっていう徴____私を忘れちゃいやよ、いいわね」

お兄様にお花を渡します。復讐に駆られ、私を忘れないでね。

オフィーリア「それからこれはパンジー、物思いの徴」

感情だけで動く前に考えて頂戴。

レアティーズ「狂気にも教訓があるということか。物思って忘れるな、俺にぴったりの教訓だ」

正しく伝わっていない様です。
でも私に出来るのはここまで。きっと泣いて縋った所で、お兄様は余計に復讐の意思を固めるだけです。
次は陛下ですね。

オフィーリア「貴方にはウイキョウ、それからオダマキ」

あら、とてもお似合い。思った通りだわ。本人も顔を思いっきりしかめて喜んでる。
王妃様にも見繕ってあげなきゃ。


112 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 17:07:54.29 ID:qnHSELB4O
オフィーリア「貴女にはヘンルーダ、私にも少しとっときましょう」

意外そうな顔をされてます。私が彼女と同じ花をとったからでしょうか。

オフィーリア「これは安息日には恵みの花って呼ばれるの____あら?同じ花でも私と貴女ではつける意味が違うわね」

あんまりいじめちゃ可哀想かしら。
でもハムレット様のことを思うとどうしても黙っていられないんですもの。

オフィーリア「ヒナギクもあるわ、本当はスミレもあげたかったのに、みんな枯れちゃった、お父様が亡くなった時に」

私のスミレは私のお父様が亡くなった時に、貴女のスミレはハムレット様のお父様が亡くなった時に。

オフィーリア「安らかな最期だったとか____ロビンは私の命____」

私、歌唄いになれるんじゃないかしら。今日はそう思うくらい歌が浮かんできます。


113 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 17:08:55.52 ID:qnHSELB4O
レアティーズ「憂いも苦しみも悩みも、地獄そのものさえ、妹は魅力的な楽しいものへ変えてしまう」

そう、お兄様は何も知らないのね。今のやり取りが楽しいものに見えるなんて。
お二人とも汗をだらだら流して喜んでいるものね。
それにしても、王妃様はまだしも国王陛下も花言葉が解るなんて意外だわ。
お兄様はさっぱりの様子ですけど。

オフィーリア「二度と戻ってこないのかしら?二度と戻ってこないのかしら?いえ、いえ、死んでしまったのだもの。いっそ私も死の床へ、死んでしまった人を待つよりは」

オフィーリア「おひげの白さは雪の様、髪の白さは亜麻の色。死んで死んで、もういない、泣いても泣いても詮無い涙。どうか神様、あの人の後生を頼みます!」

オフィーリア「ついでに皆さんの後生も頼みます、では皆さん、さようなら」

今度こそ、退室します。
今のやり取りで、お二人も余り余計な事は言えなくなりましょう。
陛下はハムレット様を策謀で消したと言う安心感もあるでしょうし、これ以上お兄様を煽ったりはしないでしょう。


114 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 17:09:51.18 ID:qnHSELB4O
余った花束を抱えて飛び出しました。
未だ鳥頭さん達がワーワー喚いてますけど、お兄様に王となる意志はもうないですよ。
色々聞かれるのも面倒でしたので、歌いながら駆け抜けました。
お家まで歩いて帰ろうか、と考えながらしばらく歩いて行くと、小川が見えてきました。
その辺で、リュートを弾く女性がいました。

オフィーリア「あら、貴女はさっきの…」

私の声を聞くと、一旦演奏を止め振り向きます。

楽師「どうでした、リュートは?」

オフィーリア「とても綺麗な音色だったわ。でも気付いたら手元に無かったの。…もしかしてそれが?」

彼女の手元にある楽器を指差します。


115 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 17:10:51.75 ID:qnHSELB4O
楽師「えぇ、ちゃんと返してもらいましたよ」

いつ?どうやって?と言う疑問は浮かびませんでした。
何故か、そういうものなんだ、と納得できてしまったのです。

オフィーリア「そう、ところで、死者に捧げる曲は弾ける?」

楽師「えぇ、まぁ。古い鎮魂歌の様なものなら」

オフィーリア「じゃあ一節お願いするわ」

そう言って彼女の隣に座ると、手に持っていた花と、すぐ側に生えていた柳の葉とで花冠を作る事にしました。
演奏のお礼として今渡せる物はこれくらいだったので。
花冠をつくる片手間、彼女の演奏に合わせて歌も歌いました。
何だか今日は歌ってばかりです。
ふと、彼女が演奏を止めました。

オフィーリア「どうしたの?」

私も歌うのを止めて聞きますが、彼女はじっと空を見つめています。


116 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 17:11:42.28 ID:qnHSELB4O
オフィーリア「何か見えるのかしら」

彼女は私の話を聞いていない様でしたので、独りごちてみます。
するとやや間があってから、彼女は口を開きました。

楽師「…三日月が綺麗ね」

意図を図りかねます。
会話が成り立っているとは到底思えません。

オフィーリア「そうね、あの月が出た日は誰かが亡くなった日らしいわね」

それでも何とか会話を繋げようと試みます。

楽師「えぇ、でも正確には、三日月はその日までに死んだ者を運ぶ舟。貴女の大切な人も連れて行くわ」

あぁ、お父様はまだ連れていかれる前だったのね。
もう一度会えるかしら。


117 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 17:13:14.43 ID:qnHSELB4O
楽師「そして私はその舟の水先案内人」

オフィーリア「どうりで不思議な事ばかり起きるわけね」

という事は、私は死ぬのでしょうか。
まぁ、ハムレット様の後を追うのなら悪い気はしません。

楽師「貴女はまだ選べる。正気で死ぬか、狂って生きるか」

ハムレット様なら、どちらをお選びになるんでしょう。
お兄様は、お父様は、陛下は?

オフィーリア「という事は、このままでは私は完全にイカれてしまうんですね」

返事はありません。気が付けば周囲には誰もいませんでした。
彼女も狂った私の妄想なのでしょうか。
ただ手元には、完成した花冠が残るのみです。
私は、渡す相手が居なくなってしまったそれを、代わりに柳の枝先にかけました。


118 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 17:14:33.70 ID:qnHSELB4O
オフィーリア「…~♪」

先ほど彼女に弾いてもらった曲をメロディだけ口ずさんでみました。
お父様やハムレット様に届くかしら。
生きるか死ぬか____それはいつだったかハムレット様が仰っていた事でした。
あの後、気狂いのフリをしていると聞かされて、あれもその一部なのかと思っていましたが、今なら解ります。
ハムレット様も、復讐すべきか迷っていたのだと。今の私の様に、正気か狂気か、悩んでおられたのだと。

オフィーリア「ハムレット様…」

何故あの方のお側に居られた時に、気付けなかったのでしょう。
もう少し早く気付けていれば、何か変えられたのかもしれません。
いえ、あの気高い方は私が何をしても復讐を止めなかったかも知れません。
今となっては解りませんが。
ただ一つ、絶対に言えることはあります。

オフィーリア「心からお慕いしておりました」

私が川に入ると同時、風に揺られた花冠が私の元へと飛んできました。


119 : ◆d/8j7bKhKM 2016/11/09(水) 17:18:53.08 ID:qnHSELB4O
以上で完結です
長い間お付き合い頂き有難うございました
因みに引用部分は岩波文庫のハムレットから
個人的に一番好きな訳し方なので興味があれば読んでみてください


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463506062/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ