Powered By 画RSS


姉「これ…小さい頃の私と弟くんの写真…?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 23:54:51.16 ID:V9fkStkXO

姉「懐かしいなあ、これ私が八歳くらいかな」

姉「じゃあ弟くんは四歳くらいかあ」

姉「弟くん…かわいい…」

姉「でもなんでこんなのが弟くんの枕の下にあるんだろ?」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 23:56:06.75 ID:KjzNcsro0
ふむ


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 23:57:21.66 ID:dcf9JG3B0
おや


6 :1 2012/03/26(月) 00:01:29.33 ID:p5nzyoz4O

弟「…」 ガチャッ

姉「あ、弟くんおかえりー」

弟「なっなんで俺の部屋にいるんだよ!」

姉「ん?お布団干そうと思って」

弟「んなこと勝手にすんじゃねーよ!」

姉「ご、ごめんね弟くん…」

弟「…チッ いいから早くでてけ」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 00:05:09.84 ID:p5nzyoz4O
姉「わ、わかった…本当にごめんね」

弟「…」フィッ

姉「…」

弟「…今日大学は?」

姉「えっ? あ、えと、お休みなの」

弟「…ふーん」

姉「えと、じゃ、じゃあね」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 00:08:28.95 ID:p5nzyoz4O
姉(弟くん…最近怖いな…)

姉(中学生の頃は素直で優しかったのに…)

姉(私なにか悪いことしちゃったのかな)

姉(お母さんの代わりになれるように頑張ってるのにな…)


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 00:12:59.11 ID:p5nzyoz4O
プルルルッ プルルルッ

姉「あ、電話…」ガチャッ

姉「もしもし? あ、お父さん?」

父『久しぶりだなー姉! 元気にしてるか?』

姉「うん元気だよー お父さんこそ、仕事は順調?」

父『そうだなー 二週間後くらいに一回そっちへ帰れるかもしれん』

姉「ほんとに?」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 00:15:48.56 ID:p5nzyoz4O
父『多分な そういえば弟は元気にしてるか?』

姉「弟くん? 毎日元気に高校行ってるよ」

父『そうかそうか じゃあそろそろ切るぞ』

姉「うん、お仕事頑張ってね」

父『ああ、またな』 プツッ



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 00:18:33.64 ID:p5nzyoz4O
姉(お父さん帰ってきてくれるといいな…)

姉(あ、弟くんにも言っておこっと)


姉「弟くーん」コンコン

シーン

姉「…弟くん?」コンコンコンコン

シーン

姉「…弟くんいないのー?」ガチャッ


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 00:23:29.15 ID:p5nzyoz4O
弟「おおおおいっ!!!なに勝手に入ってきてんだよっ!!!」

姉「だって弟くんが返事しないんだもん」

姉「て、あれ? なにしてるの弟くん、枕に顔を埋めたりして」

弟「なっ、なんもやってねーよ!!」

姉「あ、もしかして寝てたの?」

弟「そそそそうだよ!!」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 00:26:19.93 ID:p5nzyoz4O
姉「そっか、じゃあ邪魔しちゃったね ごめんね弟くん」

弟「べ、べつにどーでもいーよ」

姉「まだ夜ご飯できてないから寝てていいよ」

弟「…あっそ」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 00:30:41.39 ID:p5nzyoz4O
姉「ご飯できたらまたくるね」ガチャッ

姉(…あ、お父さんのこと言うの忘れちゃった)

姉「弟くん、そういえばお父さんが…」ガチャッ

弟「わあああッ!」ビクッ

姉「お、弟くんそんなに驚かなくても…」

弟「ったくなんだよっ!!」

姉「お父さんが… あれ?写真…」

弟「」ギクッ


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 00:34:42.95 ID:p5nzyoz4O
弟「こ、これは別に…っ」アセアセ

姉「小さい頃の写真だよね?」

弟「え… み、見たのかよ…?」

姉「うん、さっきお布団干そうとしたときに」

弟「…最悪……」 ボソッ

姉「ん?なあに?」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 00:38:52.90 ID:p5nzyoz4O
弟「…なんでもねぇ…」

姉「…? 弟くん?」

弟「それで? 父さんがどうしたって?」

姉「あ、うん、二週間くらいしたら家に帰ってこれるかもって」

弟「え、帰ってくんの…?」

姉「多分一時的にだと思うけど」

弟「そ、そっか」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 00:43:00.87 ID:p5nzyoz4O
姉「嬉しいね お父さんに会うの久々だし」

弟「別に…」

姉「もう、すぐそういうこと言うんだから」

弟「…姉ちゃんはさ、嬉しいのかよ」

姉「だってお父さんに会うの一年ぶりくらいだよ? もちろん嬉しいよ」

弟「…そっか」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 00:45:55.27 ID:p5nzyoz4O
姉「あ、もうこんな時間 早くご飯作るね」 ガチャッ

タッタッタッ


弟「……姉ちゃんの馬鹿…」ハァ



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 00:50:34.30 ID:p5nzyoz4O
姉「るんるんるー」テキパキ

デンワダゼコノヤロウ! デンワダゼコノヤロウ!

姉「っとと、携帯携帯」ピッ

姉「もしもし姉です」

男「よっ 姉!」

姉「あ、男くん どうしたの?」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 00:54:48.44 ID:p5nzyoz4O
男「大学休みで姉に会えないのが寂しくてさー」

姉「もー男くんたらいろんな子にそう言ってるんでしょ」

男「んなわけねーって!」

姉「じゃあそういうことにしといてあげる」

男「ったく信じてねーな」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 00:56:50.27 ID:p5nzyoz4O
姉「そんなことないよー」

男「まあいーや 今から姉んち行ってもいい?」

姉「え? 今?」

男「今日一緒に飯食う奴いなくてさー」

姉「でもうち弟いるし…」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 01:01:37.34 ID:p5nzyoz4O
男「え? 姉って弟いるんだ!」

姉「うん、高2のね」

男「まじでー! じゃあ紹介してよ!」

姉「いいけど…」

男「じゃあ今から行くから! 飯よろしくな~」プツッ

姉「まったくもう…」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 01:05:03.77 ID:p5nzyoz4O
姉「弟くーん ご飯できたよー」コンコン

弟「今日なに?」ガチャッ

姉「今日はハンバーグだよ」

弟「そっか」

姉「あ、それでね、実はこれから…」

ピンポーン


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 01:08:11.42 ID:p5nzyoz4O
男「ちーっす」

姉「いらっしゃい あがっていいよー」

男「おっじゃましまーす」ドカドカ

男「おー君が弟くんね!」

弟「…誰これ」

姉「大学の友達の男くんだよ」

男「よろしくなー弟くん」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 01:11:47.71 ID:p5nzyoz4O
弟「友達…ね」

男「おっハンバーグうまそー!」

姉「どうぞ召し上がれ」

男「いっただきまーす」

姉「弟くん?食べないの?」

弟「あ、いや…いただきます…」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 01:14:23.43 ID:p5nzyoz4O
男「うめー! 姉料理上手いな」

姉「そ、そうかな」

男「うん! 絶対いいお嫁さんになるなー!」

弟「」ピクッ

姉「お嫁さんなんてそんな…」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 01:18:15.62 ID:p5nzyoz4O
弟「…ごちそうさま」ガタッ

姉「え、弟くんもういいの? 全然食べてないよ?」

弟「いらね…」パタン

姉「…弟くん……」

男「……」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 01:22:33.97 ID:p5nzyoz4O
男「ふー ごちそーさま! すげぇうまかった」

姉「それはよかった」

男「…もうちょっと居てもいい?」

姉「? いいけど…」

男「じゃあ姉も一緒にテレビみよーぜ!」

姉「でも片付けが…」

男「いーじゃんいーじゃん! ほらここ座って!」ポンポン


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 01:26:36.70 ID:p5nzyoz4O
男「ははっこのドラマ超ありきたりな展開だわ!」

姉「ほんとだね」

男「兄妹でなんてムリに決まってんじゃんよー」

姉「…そう、だね…」

男「でもさ、俺たちみたいな関係だったらなんの問題もなくね?」

姉「な、なに男くん…顔近……っ」


弟「なにやってんだよ!!」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 01:30:43.21 ID:p5nzyoz4O
姉「お、弟くん…っ」ギュッ

男「…邪魔すんなよ…」ボソッ

弟「姉ちゃん大丈夫!?なにもされてない!?」

姉「だ、大丈夫…」

男「…ごめん姉… ついうっかり…」

弟「うっかりで俺の姉ちゃんに手ぇ出してんじゃねーよ!」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 01:35:22.63 ID:p5nzyoz4O
姉「だ、大丈夫だから…弟くん怒らないで…」

男「ごめんな姉… 今日はもう帰るわ」

弟「…」

男「じゃあまた大学で…な?」

姉「う、うん…また、ね……」

男「弟くんも、君の大事な“家族”に手出したりしてごめんな」

弟「…早く帰れよ」

男「…じゃーな」ガチャッ


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 01:40:25.80 ID:p5nzyoz4O
姉「ご、ごめんね急に抱きついたりしちゃって」パッ

弟「あ、いや…別に…」

姉「男くんたらどうしちゃったんだろ、いつもはあんなことしないんだけど…」

弟「姉ちゃんさ、もう少し気をつけた方がいーんじゃーの」

姉「え、気をつけるって…」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 01:47:50.62 ID:p5nzyoz4O
弟「あーいう男とかさ、姉ちゃん危機管理なさすぎんだろ」

姉「でも男くんあんなことするような人じゃないし…」

弟「だから! そーいうのが甘いってんだよ!」

弟「男なんてな! みんな結局あんなことしか考えてねーんだよ!」

姉「…でも……」

弟「チッ…もーいいよ…」

姉「…弟くんは、あんなことしないでしょ…?」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 01:55:04.13 ID:p5nzyoz4O
弟「なっ…」

姉「でも、ごめんね お姉ちゃん、もうちょっと気をつけるね」

弟「…俺だって」

姉「ん?」

弟「…なんでもねぇ 俺、風呂入る…」

姉「あ、うん…」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 02:03:03.63 ID:p5nzyoz4O
姉「…片付けしなきゃ」ハァ

オイメールダゾ! オイメールダゾ!

姉「メール…男くんからだ…」ピッ

男[今日は本当にごめんな 反省してる 飯、めっちゃうまかった もし嫌じゃなかったらまた家行っていい?]

姉「やっぱり男くん、悪い人じゃないよね」

姉「[大丈夫だからもう謝らないで ぜひまた来てね]っと…」ピッ



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 02:09:04.02 ID:p5nzyoz4O
姉「なんか疲れちゃったな…」

姉「ちょっと寝よっと…」



弟「風呂出たぞ…って」

弟(…寝てる……)

弟「おい、風邪ひくぞ… って起きないか…」

弟「ったく…しょうがねぇな」

フワッ


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 02:13:57.97 ID:p5nzyoz4O
姉「んん…」ウトウト

姉「ん、もう9時になっちゃった…あれ?」

姉(カーディガン…弟くんのだ…)

姉「…」ギュッ


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 02:18:16.16 ID:p5nzyoz4O
姉「弟くん?」コンコン

弟「…入れば?」

姉「うん…カーディガンありがとね」

弟「ああ、別にいーよ」

姉「弟くん、あの写真みせて」

弟「え!?」

姉「あの枕の下にあったやつ」

弟「あ、あぁいいけど…はい」



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 02:22:27.39 ID:p5nzyoz4O
姉「ありがとー」

姉「弟くんかわいいなぁ」

弟「ブフッ!?」

姉「ん?」

弟「あ、いや別に…」

姉「懐かしいねーこの写真のとき覚えてる?」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 02:29:08.99 ID:p5nzyoz4O
弟「お…覚えてねぇけど…」

姉「そっか、そうだよね」

姉「これね、叔父さんの結婚式のときなんだけど」

姉「すごく嬉しいことを弟くんが言ってくれたんだよ~」

弟「す、すごく嬉しいことってなんだよ?」

姉「…そこまでは覚えてないんだけど…」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 02:33:41.63 ID:p5nzyoz4O
弟「覚えてねーのかよ!」

姉「うーん、なんだったかなあ…」

弟「いや、思い出さなくていい!いいから!」

姉「そ、そう?じゃあまあいっか」

弟「……」

姉「けどなんでこんな写真持ってたの?」

弟「」ギクッ


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 02:39:20.66 ID:p5nzyoz4O
弟「い、いやっ別に深い意味はねぇよ!!!」

姉「どこにあったの? もっと他の写真も見たいな」

弟「…クローゼットの棚にアルバムあるけど」

姉「ほんとに!? 出して出して!」

弟「ったくしょうがねぇなー」ガサゴソ

弟「ほら」

姉「わーありがとう!」


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 02:43:26.71 ID:p5nzyoz4O
姉「わー超懐かしい~」パラッ

弟「…」ジッ

姉「…お母さん、映ってる」

弟「…ああ」

姉「やっぱりお母さん綺麗だね」

弟「そうだな…」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 02:47:22.71 ID:p5nzyoz4O
弟「姉ちゃんに似てるな、若い頃の母さん」

姉「そう、かな」

弟「うん これなんか、ほら」

姉「うーん、自分じゃわかんないなあ」

弟「似てるよ、姉ちゃん綺麗だし」

姉「えっ」

弟「! あっ、いや、その…っ」ワタワタ


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 02:52:27.64 ID:p5nzyoz4O
姉「…ふふっ」

弟「わ、笑うなよっ!」

姉「あはは、ごめんね …弟くんも若いお父さんに似てるよ、ほら」

姉「…お父さんとお母さん、お似合いだね」

弟「ああ、そうだな」

姉「じゃあ、私と弟くんもお似合い、かな?」

弟「なななななっ!?」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 02:57:25.06 ID:p5nzyoz4O
姉「なーんてね」

弟「…っ」

姉「けど弟くんほんとカッコいいし、彼女とかはいないの?」

弟「…そんなのいらねーし」

姉「きっと弟くんのこと好きな子とかたくさんいるよ」

弟「…そんなのどーでもいい」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 03:02:53.64 ID:p5nzyoz4O
姉「もーじゃあ好きな子とかは?」

弟「……」チラッ

姉「ほら、お姉ちゃんに言ってみて!」

弟「…いねーよ」

姉「嘘だー 今のは絶対いるって!」

弟「いいって どうせ言ってもわかんねぇだろ」

姉「…そ、そっか そうだよね」シュン

弟「あ、いや、そうじゃなくて…」


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 03:07:37.48 ID:p5nzyoz4O
弟「好きな奴はいる、けど…絶対かなわねぇんだ…」

姉「な、なんで?」

弟「…いろいろあんだよ……」

姉「そっか…」

弟「姉ちゃんはどーなんだよ…?」

姉「わ、私?」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 03:12:27.54 ID:p5nzyoz4O
弟「姉ちゃんは…どうなんだよ…」

姉「私は…」

オイメールダゾ!オイメールダゾ!

姉「あ、メール…」ピッ

弟「…さっきの男?」イラッ

姉「ううん、違う友達」

弟「…おとこ?」イラッ


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 03:16:24.75 ID:p5nzyoz4O
姉「違うよー女の子、ほら」

弟「女…あぁ、こいつか」

姉「あ、そっか弟くん知ってるんだっけ」

弟「うん、そいつがうちに来てたときにな」

姉「弟くんすっごくいじられてたもんね」クスクス

弟「で?メールなんだったの?」


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 03:20:41.33 ID:p5nzyoz4O
姉「えっとね、『これからうち来ない? ちょっと話したいことあるんだけど』だって」

弟「これから?9時過ぎてるぞ」

姉「うーん、なんか急ぎの用事みたいだし…」

弟「明日じゃだめなのかよ?」

姉「…気になるから、ちょっと行ってくるね」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 03:24:07.28 ID:p5nzyoz4O
弟「しょうがねぇな、気をつけろよ」

姉「うん、じゃあ行ってきます」ガチャッ

弟「……はぁ」

弟「……寒いな…」

弟「早く帰ってこいよ…」ボソッ


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 03:29:00.21 ID:p5nzyoz4O
女「ごめんねーこんな時間に」

姉「いいよいいよ、それで話ってなあに?」

女「いやぁ、それがさあ…」

女「男くん…いるじゃん?」

姉「男くんがどうかしたの?」

女「それがさ、あいつ姉のこと好きみたいでさ」

姉「え…ほんとに?」


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 03:33:27.81 ID:p5nzyoz4O
女「本気っぽいよ…今日、あいつ姉んち行ったでしょ?」

姉「うん…て、なんで知ってるの?」

女「男からメールきた」

女「それでさ、弟のこと、しつこく聞いてきてさぁ」

姉「弟くん?なんで?」

女「なんでってそりゃ…、いや、まぁいいや」


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 03:39:22.97 ID:p5nzyoz4O
女「とにかく気をつけなよ…弟くんにも伝えておきな」

姉「うん…わかった」

女「しっかし大変ねぇあんた」

姉「え、なんで?」

女「弟に男に…」

姉「弟くん?」

女「あ、いやなんでもないなんでもないハハハ」

姉「?」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 03:45:59.35 ID:p5nzyoz4O
女「あ、今日泊まってくっしょ?」

姉「いいよ、弟くん待ってるし」

女「ったくこのブラコンめ」

女「…いや、それは違うか」

姉「なに?どういう意味?」

女「まぁいーからいーから」

女「もう11時過ぎてるし、危ないじゃん 泊まっていきなって」


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 03:49:00.09 ID:p5nzyoz4O
姉「うーん…じゃあ、泊まっていこうかな」

女「それがいいって」

姉「ごめんね、一泊お願いします」

女「はいはい」

姉「あ、弟くんに電話しとかないと」

女「かけといてやんな 私布団準備してくるわ」


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 03:51:43.16 ID:p5nzyoz4O
プルルル プルルル

弟『はい』

姉「あ、弟くん?」

弟『姉ちゃん …もう帰ってこない、よな?』

姉「うん、ごめんね…」

弟『いや、その方が安全だし』

姉「あ、あのね弟くん…」

弟『ん?なに?』


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 03:58:40.00 ID:p5nzyoz4O
姉「実は男くんがね」

弟『男っ!?まさかそこにいるんじゃないよな!?』

姉「い、いないから大丈夫だよ…けど」

弟『けどなんだ!?』

姉「それが…」

ピンポーン

弟『…なんか誰か来た わり、ちょっと切る』

姉「ちょ、ちょっと待って弟くん!」

弟『大丈夫だって じゃあな、おやすみ』プツッ

姉「弟くん!弟くん!」


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 04:08:08.03 ID:p5nzyoz4O
女「どうしたー?」

姉「電話してたら…家に誰か来たみたいで」

姉「弟くん、電話きっちゃって…」

女「まじで?」

姉「心配…やっぱり私帰っ…」

女「やめときなって!もし男だったなら今あんたが行ったら余計危ないでしょ!」

姉「でもっ!」


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 04:12:14.19 ID:p5nzyoz4O
女「どうしてもって言うなら、とりあえず男に電話してみなって」

姉「あ、そ、そっか…」

プルルル プルルル

男『おー姉!今日はほんとごめんな?』

姉「あれ、出た…」

男『え?なに?』

姉「あ、ううんっ ごめん、なんでもないの ごめんね」

男『えーもう切っちゃうの?』


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 04:17:59.91 ID:p5nzyoz4O
男『もう少し話ししようぜ せっかくかけてきたのに』

姉「あ、う、うん」

男『やりい! で、昨日さー…』

姉(…弟くん、大丈夫だよね…)

姉(でも誰だったんだろ…)

男『でさ、そのとき…って聞いてる?』

姉「あっ、うん聞いてるよ」

姉(朝になったら電話してみよ…)


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 04:22:07.80 ID:p5nzyoz4O
~朝~

姉「…」プルルル プルルル

姉「……」プルルル プルルル

姉「…出ない」プルルル プルルル

女「え、まじ?」

姉「うん、ど、どうしよう…弟くん…っ!」

女「とにかく家に行こう!!ほら、しゃきっとしなって!!」

姉「う、うん…っ」

姉(弟くん…弟くん…!)


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 04:26:09.35 ID:p5nzyoz4O
ガチャッ

姉「弟く…っ !!」

姉「弟くん!?弟くん!!!!」

女「随分殴られてるな…誰がこんなこと…!」

姉「弟くんしっかりしてっ!」

弟「う、…うぅん…ぃってぇ」

姉「弟くんっ!!よかった、大丈夫っ!?」


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 04:31:50.46 ID:p5nzyoz4O
弟「姉ちゃん…?」

姉「よかった…よかった弟くん…!」

女「弟、なにがあったんだよ?」

弟「わか、んねぇ… なんか知らねぇ奴が来て、いきなり殴りかかってきて…」

姉「知らないひと?」

女「…なるほどね ごめん、ちょっと帰るわ」

姉「えっ、でも」

女「いいから 弟の手当てしてやりな」

姉「わ、わかった… ありがと女ちゃん」


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 04:34:56.70 ID:p5nzyoz4O
姉「とにかく部屋いこっか…立てる?」

弟「あ、あぁ…」ヨロヨロ

姉「大丈夫?」

弟「大丈夫…先、部屋行ってるな…」

姉「う、うん…」

姉「救急箱どこだっけ…」



139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 04:38:48.71 ID:p5nzyoz4O
姉「ほら、ベッドに座って」

弟「うん…」ドサッ

姉「ごめん、しみるかもしれないけど…我慢してね?」チョンチョン

弟「っつ…!」ピクッ

姉「あ、ごめんね 大丈夫…?」

弟「大丈、夫…」


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 04:43:29.01 ID:p5nzyoz4O
姉「…このくらいでいいかな…」

弟「姉ちゃん、ありがとう…」

姉「ううん、ごめんね弟くん…」

弟「なんで謝るんだよ…」

姉「だって私が家にいれば…」

弟「そしたら姉ちゃんがケガしてたかもしんねーじゃん」

弟「俺、そんなの耐えらんねぇ」

弟「だから…いいんだ」


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 04:47:44.39 ID:p5nzyoz4O
姉「弟くん…」

弟「あのさ…あの写真、とってくんね?」

姉「ん…はい」

弟「この時さ、俺が姉ちゃんに嬉しいこと言ったっていってたじゃん」

姉「うん」

弟「姉ちゃんは覚えてなかったみたいだけど…」

弟「俺、覚えてんだ」


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 04:49:18.97 ID:p5nzyoz4O
姉「え…ほんとに?」

弟「まぁな…」

姉「弟くん…なんて言ってくれたの…?」

弟「……」

姉「…教えて?」


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 04:52:20.99 ID:p5nzyoz4O
弟「…“姉ちゃんと結婚する”って……」

弟「“俺がずっと姉ちゃんを守る“って…」

弟「そう、言った…」

姉「弟くん……」

弟「…今も、そう思ってる」

姉「え…」


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 04:57:54.84 ID:p5nzyoz4O
弟「結婚ができないことはわかってる」

弟「でも、守ることくらい出来るだろ…」

姉「弟くん…」

弟「俺、姉ちゃんのことが好き、なんだ…」

弟「駄目なことだってわかってる 何度も諦めようとした けど…っ」

姉「ん」 チュッ

弟「」


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 05:03:36.30 ID:p5nzyoz4O
姉「わかったから…ね?」

弟「…っ!」 カァァァ

弟「っなにしてんだよ!!!!///」

姉「なにって…キス…」

弟「うわああああ言うなああ!!」

弟「んだよ…俺だって…」ブツブツ

姉「…弟くん?」

弟「あんだよ…?」


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 05:08:15.31 ID:p5nzyoz4O
姉「私も好きだよ、弟くん」

弟「っ!」 カァァァ

姉「弟くん、大好き」

弟「わかったから何回も言うなっ!」

弟「ちくしょー…俺だっせぇ…」

姉「弟くんはカッコいいよ?」

弟「やめてくれぇ…!」 カァァァ


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 05:13:55.85 ID:p5nzyoz4O
姉「ねぇ弟くん」

弟「…なに?」

姉「守るだけじゃなくてね、」

姉「幸せにして…ほしいな…」

弟「…!!」


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 05:17:17.87 ID:p5nzyoz4O
弟「…」ハァ

姉「…弟くん…?」

弟「ったりまえだろ」

弟「俺が姉ちゃんのこと、ずっと守って幸せにする」

姉「よろしくね、弟くん」ギュッ

弟「…おう」 ギュ


163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 05:22:20.48 ID:p5nzyoz4O
~後日談~

女「それで結局ハッピーエンドかあ」

姉「えへへ…」

女「これじゃ、わざわざ他人雇ってまで弟のこと殴りにいった男が可哀想だわ…」

姉「男くん…あれからどうしたの?」

女「ん? あー、私が殴っておいたww」

姉「え」

女「三倍…うーん、五倍返しくらいしといたから安心して」

姉「そ、そっか…」


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 05:26:00.89 ID:p5nzyoz4O
女「そのうち、あんたんちに謝りにいくと思う」

姉「うん…」

女「弟は?元気?」

姉「うん、怪我も治ってきてるし」

女「それはよかった」

姉「女ちゃん、色々ありがとう」

女「いいっていいって」


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 05:29:23.07 ID:p5nzyoz4O
女「私、あんたら姉弟のこと好きなんだ」

女「いつかこうなったらいいなーって思ってたし」

女「役に立ててよかったよ」

姉「うん」

女「あ、そろそろ弟帰ってくる時間じゃないの?」

姉「ほんとだ じゃあ帰るね」

女「おー じゃあね~」


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 05:33:13.31 ID:p5nzyoz4O
姉「ただいまっ」ハァッハァッ

弟「おかえり …走ってきたのかよ?」

姉「だ、だって、弟くん帰ってくる時間だったし」

弟「いいって別に…子供じゃねーんだし」

姉「やだ…私が帰ってきたかったんだもん」

弟「ったく…//」

姉「おかえり弟くん」

弟「ただいま姉ちゃん」


おわり


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 05:35:13.75 ID:0yytE5lK0

いい話だったな


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 05:37:40.00 ID:p5nzyoz4O
見ててくれた人
支援してくれた人ありがとう

楽しかったわ


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 06:08:05.55 ID:R854ETirO
展開や台詞の間の取り方がよかっただけに
パタパタっと短かく畳んじゃったのが残念
また書いてくれよなー


180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 06:16:26.93 ID:hW57q14z0
おつ
おもしろかったぞー





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「兄姉弟妹」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ