Powered By 画RSS


幼馴染「男君って私のこと好きだよね!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 00:45:19.20 ID:WIRDhszM0
男「何を言っている?」

幼馴染「隠さなくていいよ~私のこと好きでしょ?」

男「どこからその自信が?」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 00:51:09.59 ID:WIRDhszM0
幼馴染「だっていっつも朝一緒に登校してるし~」

男「お前がついて来てんのな」

幼馴染「お弁当のメニューも一緒~」

男「お前のもうちのかーちゃんが作ってるからな」

幼馴染「性癖も似てるよね~」

男「適当な事いうな」

幼馴染「幼馴染が好きってね~」

男「・・・(ウザい!)」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 00:53:42.93 ID:WIRDhszM0
幼馴染「照れなくっても良いのに~」

男「もし俺がお前を好きなら良かったのにな!」

幼馴染「またまた~」

友「男!幼馴染ちゃん!おはよー」

幼馴染「おはよー」

男「今午後3時だぜ?」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 00:55:33.03 ID:WIRDhszM0
友「お前の時計壊れてんじゃね?」

男「お前の脳の方が壊れてんだろ」

友「男って冷たいよな~」

幼馴染「ほんとほんと」

男「二人そろってウザい」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 00:58:04.32 ID:WIRDhszM0
友「幼馴染ちゃんも男なんかにくっついてないで俺と付き合ってよ~」

幼馴染「却下」

男「幼馴染も相当冷たいよ?」

幼馴染「私は男くんと結婚するもん」

友「あははは」

男「あははは」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:00:10.90 ID:WIRDhszM0
~男宅~

男「幼馴染・・・マジでしつこいな」

男(でも本当に俺の事が好きなんだろうか?)

男「!!馬鹿か!いつものジョークを真に受けるほどかっこ悪いことはないぜ!」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:02:52.85 ID:WIRDhszM0
~幼馴染宅~

幼馴染「今日は・・・男と・・・ドーナツを食べた・・・っと」カキカキ

幼馴染「我ながら10年間も日記をつけ続けたことは自慢だな~」

幼馴染「読み返しても男のことばかり・・・」

幼馴染「いつになったら振り向いてくれるのやら・・・」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:06:36.55 ID:WIRDhszM0
ー翌朝ー

男「あれ?・・・幼馴染が出て来ない?」

男(遅刻か?それとももう行ってしまったか?)

男「まぁいいや」スタスタ

友「おはよー」

男「おはよー」

友「幼馴染ちゃんは?」

男「休みかな?」

友「えー、マジで~」

男「なに?残念そうだね」

友「幼馴染ちゃんがいないから言うけど俺はガチで幼馴染ちゃんのこと好きだから」

男「!!」

男「そうか・・・」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:09:06.70 ID:WIRDhszM0
ー放課後ー
男「幼馴染は結局風邪か~」

男「友もいねぇし、どこ行った?」




突然だけど男の部活はなにが良いか安価
ありそうなので
>>16


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:10:01.00 ID:50vrySnB0
あー安価やっちゃったよ…


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:11:39.35 ID:xE1J/0UqO
あーあ


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:12:01.94 ID:Og4/RDJN0
安価やめてくれ


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:12:44.87 ID:WIRDhszM0
なんかごめんね
この辺だけアイデアなくって

男「部活行ってこよ~」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:17:39.64 ID:WIRDhszM0
ー部活終了ー
男「ああああああ疲れた~」

男「水中剣道の大会も近いしな・・・練習はさぼれん」スタスタ

男「お、友!」

友「え!?」ビクッ

男「こんな時間にどうしたんだよ?」

友「あー、さ、さんぽ?」

男「なんで俺に聞くんだよ?」

友「さんぽです!さんぽ!」

男「さんぽって活字なんかたくさんだと変なもの連想するな・・・」

友「じゃぁな!」ダッ

男「おい!まてよ!」

男「行っちゃった・・・」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:21:14.74 ID:WIRDhszM0
男「んー、一応心配だから幼馴染見てくか・・・」

ピンポーン

幼馴染「は・・・はい・・・」ガチャ

男「お!悪い、お前しかいなかったのな。」

幼馴染「男くんが来てくれて・・・嬉しいよ・・・」

男「相当弱ってんな・・・取り敢えず上がって良いか?」

幼馴染「うん!」ニコッ

男(うわ・・・なんか可愛い)


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:24:02.82 ID:WIRDhszM0
男「おじさんは帰ってないのか?」

幼馴染「うん・・・また出張・・・」

男「最近多いね・・・」

幼馴染「しょうがないよ・・・」

男「・・・なんか食ったか?」

幼馴染「・・・まだ・・・」

男「じゃ俺がなんか作ってやる!」

幼馴染「いいの?」

男「まかせとけ!日頃からまいんちゃん見て学習している!」

幼馴染「ええ~・・・」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:27:42.83 ID:WIRDhszM0
ー数分後ー
男「風邪ならばお粥!さぁ!食え!」

幼馴染「なに?これ?」

男「イタリア風お粥」

幼馴染「へぇ・・・」パク

幼馴染「美味しい・・・」

男「だろ?まいんちゃんの成果だ!」

幼馴染「男はその時間部活じゃない?」

男「・・・ばれたか。ネットで前に見たレシピだ」

幼馴染「本当に・・・美味しい」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:33:33.84 ID:WIRDhszM0
男「そいやさっき友にあったんだけどよ」

幼馴染「部活に出てなかったの?」

男「うん、なんか用事があったのかな?」

幼馴染「・・・そういえば、男くんがくる前に誰か来てたけどその時出れなかったんだ・・・」

男「友かな?」

幼馴染「多分・・・」

男(友は真剣に幼馴染が好きなんだ・・・。好きかどうかまだ割り切れない俺が邪魔しちゃ悪いかな?)

男「なぁ、幼馴染・・・」

幼馴染「・・・」

男「幼馴染?」

幼馴染「・・・」

男「もう寝てる・・・」

男「俺も帰るか・・・」ドンッ

バササッ

男「やべっ落としちまった」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:34:56.49 ID:WIRDhszM0
男「日記?」

男「今時手書きの日記なんてアナログな・・・」ペラ

男「・・・」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:37:53.08 ID:WIRDhszM0
ー翌朝ー
幼馴染「おはよー!」

男「お、復活しおった」

幼馴染「嬉しいでしょー」

男「いや、そこまでは・・・」

幼馴染「嬉しいくせに~」

男「嬉しくねぇよ!」

幼馴染「え・・・」

男「あ、いや・・・」

幼馴染「そっか~やっぱり弱っている私も魅力的だったもんね~」

男(マジうぜえ!)


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:42:55.94 ID:WIRDhszM0
男「おはよー」

幼馴染「おはよー」

女「おはよー、ねぇ幼馴染!」

幼馴染「なに?」

女「昨日すごかったね!」

幼馴染「なにが?私、昨日は一日中ねてたよ?」

男「説明しよう。女は幼馴染のドッペルゲンガーをみてなおかつそいつが・・・」

女「違う違う。すごいのは友のこと!」

男「なんかあったのか?」

女「えー、男に言っちゃっていいの~」

幼馴染「なんの事?別に男くんも聞いて良いけど」

女「ほら、昨日幼馴染のうちの玄関で・・・」

男「ほうほう」

幼馴染「ほうほう」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:45:50.07 ID:WIRDhszM0
女「覚えてないの!?私見ちゃったんだけど、友が告ったんだよ!」

男「・・・ぽピッ!?」

幼馴染「ええええええ!?」

女「本当に覚えてないの!?」

幼馴染「そもそも私聞いてない」

男「まさか一人でしゃべってたのか」

女「嘘~」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:47:05.44 ID:sUhmFdHV0
どんな状況だよwww


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:50:43.21 ID:WIRDhszM0
男(やっぱりあいつは幼馴染のこと本気なんだな)

幼馴染「なにそれ!聞いてないよ!」

女「えええ~、でも返事貰ってないって感じだったよ」

男「そりゃ、そこで返事貰ったらそれこそドッペルゲンガーじゃねぇか!」

幼馴染「どうしよう・・・」

女「で・・・返事はどうなのよ?」

幼馴染「私が好きなのは・・・」

男「・・・俺だって言うんだろ?そんなんもう言うなよ!友は本当にお前の事が好きなんだ。」

幼馴染「男くんは・・・私のこと好きじゃないの?」

男「・・・・すき・・・じゃない・・・」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 01:56:31.04 ID:WIRDhszM0
男(友のために自分の感情を押し殺す俺かっけ~・・・多分・・・)

幼馴染「・・・」ダッ

女「ちょ、幼馴染!どこいくのよ!」

男「・・・」

女「男・・・本当はどうなの?」

男「え?」

女「幼馴染は本当に男の事好きだよ?」

男「・・・いや・・・あいつは昔っからずっと俺にくっついてばかりで・・・兄妹同然で・・・」

男「あいつのいう好きってのは兄妹として・・・ていうか」

ドズンッ(男の腹に女の蹴り)

男「がはっ!!」

女「アホぉ!!ばか!!鈍感!!」

男「なに・・・が?」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 02:05:01.12 ID:WIRDhszM0
女「幼馴染は・・・男と一緒にいる時しかあんなにしつこくならない!見なさい!」パカっ

男「メール?」

男(いつもの幼馴染ならこんな風に悲観的なメールなんて書かないよな・・・)

女「幼馴染があんたにしつこくするのは本当に男のことが好きなんだよ!」

女「だから・・・男も・・・素直になって」グズッ

男「泣くなよ・・・」

女「どうなのよ・・・?」

男(あの日記を読んだ時、俺は自分でも気がついたんだ・・・俺は・・・」

男「好きだ・・・畜生!認めたくねぇけど好きだ!」

女「なら早く行けぇ!!」

男「学校は!?」

女「休め!ばか!!」

男「ありがとう!女!」ダッ

女「・・・良かったね、幼馴染・・・」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 02:11:48.77 ID:WIRDhszM0
男「あー、今日テストだったかも」

ダダダダダダ

男「てか、幼馴染どこよ?」

ダダダダダダ

男「家にも・・・いない・・・」ゼェゼェ

ダダダダダダ

男「ちきしょう!どこだ!?」



男「まて・・・冷静に考えろ・・・」

男(幼馴染がいきそうな場所・・・・)

男「わかんね~」

男(そういやぁあの日記に書いてあった事ってどんな事だっけ?)


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 02:17:37.94 ID:WIRDhszM0
男(俺の事ばっかだったな・・・)

男「・・・思い出に残ってる幼馴染と行った場所か・・・」

男「博物館?ショッピングモール?ゲーセン?」

男(どこだよ・・・)

幼児「ねぇママ~この花なんて名前?」

幼児母「なんだろうね~」

男(花・・・、ああ、植物園にも行ったな)

男「あそこが唯一幼馴染が連れて行ってくれた場所か・・・」

男「もう行くっきゃねぇな!」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 02:19:46.08 ID:WIRDhszM0
ー教室ー

先生「おい!女どうゆうことだ!?」

女「だから・・・男は芝刈りに・・・幼馴染は川へ洗濯に・・・」

先生「馬鹿にしてんのか!?」

友(幼馴染と男が同時に休んだ?)


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 02:22:48.80 ID:WIRDhszM0
幼馴染「男くん・・・」

幼馴染(本当に男くんのことが好きなのに・・・男くんは私を好きじゃ無かった・・・)

幼馴染(もう、しつこくしたりするのはやめよう・・・。)

幼馴染「男くん・・・ごめんね・・・」

男「あやまんだったら・・・ちゃんとしろ・・・」ゼェゼェ

幼馴染「男くん!?」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 02:29:11.26 ID:WIRDhszM0
幼馴染「あの・・・その・・・今まで私のこと好きかとか、しつこくきいてごめんね・・・」

男「・・・」

幼馴染「もう・・・そんなことしないから・・・」

男「なら俺が聞こう。俺のこと、好きでいてくれるか?」

幼馴染「え・・・?」

男「俺は今までお前の気持ちに気がつきながら無視してた・・・」

男「そのせいか・・・自分の気持ちすら・・・見失ってた。」

幼馴染「どういう・・・」

男「俺はお前が好きなんだ・・・」

幼馴染「!?」

男「お前の『私のこと好きだろう?』ってやつの答え」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 02:32:46.45 ID:WIRDhszM0
幼馴染「それじゃぁ・・・」

男「俺の質問に答えてくれないか?幼馴染は俺のこと好きか?」

幼馴染「・・・」ジワッ

幼馴染「うん!!」ガバッ

男「まてまて!走って来て足がガタガタなのに抱きつくな!うわっ!!」


ドサッ

幼馴染「好きだよ!ずっと、ずっと好きだよ!!」

男(今の俺は・・・かっこいかな?)


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 02:36:59.85 ID:WIRDhszM0
ー翌朝ー
幼馴染「結局昨日は一日中サボちゃったね~」

男「お前は風邪の延長っってことでなんとかなるだろうよ・・・」

女「その事なら大丈夫、私が怒られといたから」

幼馴染「どういうこと~?」

女「二人が休んだ言い訳したらばれて怒られた。

男「ばっかだな~」

女「ちょっと!感謝しなさいよ!」

男「俺は女に休めって言われて休んだんだし~」

女「ウザっ!!」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 02:40:03.09 ID:WIRDhszM0
男「お、友!おはよう!」

友「・・・」

男「無視された・・・」

女「そりゃね・・・勇気を出して告った子が奪われて・・・奪った男に挨拶なんかするとおもう?」

幼馴染「悪いことしたかな・・・?」

男「・・・そうだな・・・」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 02:43:34.09 ID:WIRDhszM0
ー放課後ー
幼馴染「今日は部活?」

男「ああ、だから一人で帰って」

幼馴染「水中剣道だっけ?」

男「いや・・・今日は水中柔道だな」

女「なんだそりゃ」

男「水中バレーボール部のお前が言うな」

幼馴染「あははは、じゃぁ帰るね」

男「幼馴染も部活やればいいのに」

幼馴染「帰って家事しなくちゃいけないからね、バイバイ~」

男「んじゃな」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 02:46:45.46 ID:WIRDhszM0
ー部活中ー

男「友は今日もサボりか・・・」

顧問「おい!男!集中しろ」

男「あ、すいません!」

顧問「罰として今すぐスーパーロングランニング!!」

男「ええええ~」

顧問「行けぇ!!」

男「はい・・・(濡れた柔道着は重い)」

男(ランニングで幼馴染の家の前通るしな・・・今から追いつけるかな?)


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 02:52:14.09 ID:WIRDhszM0
ドチャッドチャッドチャッ

男「柔道着重い~」


幼馴染父「おお、男君!どうした?部活中?」

男「ええ、まぁ。どこに行くんですか?」

幼馴染父「いや、幼馴染が帰ってなくてね・・・いつも寄り道なんてしないのに」

男「そういやぁそうっすね」

幼馴染父「どこかいきそうな場所知らない?」

男「いえ、今日は家事しなくちゃいけないからって言ってましたし。まぁ探してみます(ランニングがてらね)」

幼馴染父「ああ、頼むよ」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 02:55:38.64 ID:WIRDhszM0
ドチャッドチャッ

男「重い~」

女「男~!!」ダダダダダダ

男「?女?」

男「どうした慌てて?」

女「幼馴染からすぐ来てってメールが!」

男「!?どこに!?」

女「駅前の公園!私の友達が友が幼馴染を連れて行くの見たって!」

男「なんかやばそう!」

女「早く行こう!!」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 02:58:10.84 ID:WIRDhszM0
ー駅前の公園ー
幼馴染「友くん・・・用事ってなに?」

友「・・・」

幼馴染「友くん・・・?」

友「ここじゃ人目につく、こっちに・・・」グイグイ

幼馴染「ちょっと、まって!」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:00:28.33 ID:JaJU6LpT0
アカーン


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:02:42.37 ID:WIRDhszM0
友「俺は・・・本当にお前の事が好きだったのに!・・・どうしていつもお前を粗末にしか扱わなかった男が良いんだよ!?」

幼馴染「ひっ!ご、ごめんね・・・」

友「ごめんじゃないよ!!ずっと好きだったんだ!小学校の頃から!ずっと!」

友「なのに君は俺に見向きもせずに男、男って!!」

幼馴染「友くん・・・」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:06:19.61 ID:WIRDhszM0
友「一度で良いから・・・一度で良いから君に振り向いてほしかった・・・なのに!!」

友「でももう良いんだ・・・もっと手っ取り早い方法を思いついた・・・」

幼馴染「友くん・・・?」

友「無理やりでも俺のものに・・幼馴染は俺のことを見てくれれば良い!!」

幼馴染「やめてよ友くん!それだけは・・・やめて・・・」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:11:08.56 ID:WIRDhszM0
友「やめないっ!!」ガバッ

幼馴染「きゃぁ!!」

ビリビリッ

友「き、君が悪いんだ!少しでも・・・少しでも俺のことを見てくれてれば!!」

幼馴染「助けてっ!!」

友「抵抗するなぁ!!」

バシンッ

幼馴染「痛いっ!!(男くん助けて!!)」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:14:52.76 ID:WIRDhszM0
ー駅前の公園ー

男「幼馴染は・・・どこだ!?」ゼェゼェ

女「い、いない!?」

男「いや、探してみよう!!」

男(なんとなくわかる・・・幼馴染はこの近くにいる・・・)

女「手分けして・・・」

男「どこだぁ!!」ダッ

女「聞いてねぇし」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:18:58.79 ID:WIRDhszM0
男(昔っから幼馴染だけは絶対にかくれんぼで最初に見つけてた・・・)

男「昔はなんとも思わなかったけど、今思えば偶然なんかじゃない!」

男(どこだ?どこだ?どこだ?)

男「こっちだ!!」ダッ

女「あいつ何者よ?」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:22:45.87 ID:WIRDhszM0
男「この辺のはず!」

女「あれは幼馴染のカバンじゃない?!」

男「そこかっ!!」

ガサッ

男「!?幼馴染!!」










幼馴染「男・・・くん」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:28:28.27 ID:WIRDhszM0
幼馴染「男くん!助けて!!」

友「男!?どうしてここが!?」

女「幼馴染から駅前の公園にこいってメールが来てたのよ!」

友「でもこの公園はこんなに広いのに!それに人目につかないようこうして・・・」

男「俺は幼馴染をかくれんぼで見つけられなかったことはねぇ!さっさと俺の彼女からはなれやがれ!!」

ガッ

友「がはっ!!」

女「柔道部なのに蹴った!」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:33:13.32 ID:WIRDhszM0
女「大丈夫?幼馴染」

幼馴染「うん・・・私はなんともない」

男(なんともあるだろ!破れたセーラー服もエロいな・・・)

男「なんともなくないだろ!これでもきr・・・」

男(俺、濡れた柔道着しか着てない・・・)

女「はい・・・コート持って来てたから」

幼馴染「ありがとう」

男(俺、かっこ悪)


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:34:24.88 ID:RSuxWF8r0
水中スポーツのデメリットだな


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:36:48.10 ID:WIRDhszM0
友「俺が悪いんじゃない!!」

男「でも俺はお前をボコボコにしないといけない(みんなが許してくれなさそう・・・)」

友「ボコボコに?お前が俺に喧嘩で勝ったことあったっけ?」

男「負けたことあったっけ?」

友「畜生!お前はマジで許さん!!」

ガッ!


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:40:34.67 ID:WIRDhszM0
男「ち、畜生・・・」

友「ほら・・・お前なんかが俺に敵うか!?」

男「全力疾走の疲労が・・・」

友「お前は死ねよ・・・」チャキ

女「ナイフ!?あんたどこまで卑怯なの!?」

友「うっせぇ!女!お前も許さないからな!?」

男(濡れた柔道着一枚じゃ刃物なんて防御できないよな・・・ん!?)


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:43:51.60 ID:gZSkNg2C0
友クズすぎワロタ


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:44:53.81 ID:WIRDhszM0
男「ふふ、フフフフ・・・」

友「なんだよ?怖くておかしくなったか?」

男「よく考えたらお前が俺に勝てるはずねぇ」

友「は?馬鹿かおまえ?いや、馬鹿だなおまえ」

男「俺は水中柔道部主将にして水中剣道部大将だぞ?」

友「実際俺がかってんじゃねーか!」

男「俺には奥の手がある」


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:47:24.98 ID:WIRDhszM0
幼馴染「ちょっと、男くん!?」カァッ

女「え!?ちょっとなんで・・・」

友「パンツ一丁になってんだよ!?」

男「水に濡れた柔道着がどれだけ重いか知ってるか?」

友「!?」

男「これなら負けねぇ!」


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:48:05.27 ID:YCjMv9tm0
ワロタwwww


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:48:21.40 ID:+JB4z7niO
もっとあぶねえよww


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:50:49.11 ID:WIRDhszM0
友「うっせぇ!変態死ね!!」

ビュンッ

男「今の俺にそんなナイフなどかすりもしない・・・」ビッ

女「かすってるし・・・」

幼馴染「男くん!!!」

男「お前には色んな礼をしなくてはな!」

友「うっせぇ!!」

ビュンッ


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 03:56:21.58 ID:WIRDhszM0
ー3日後ー

幼馴染「おはよー!」

男「おはよー」

女「おはよー、男やっと復活か!」

男「まいったよ、まさかわいせつ罪で捕まるなんて・・・」

女「暴力の件は?」

男「ああ、全治2ヶ月の怪我を負わせたのはやりすぎだと言われたけど、相手は刃物を持ってたってことで許して貰った。」

幼馴染「そうか・・・良かった。」

女「幼馴染ね、男が居ないあいだずっと男男うるさかったんだよ~」


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 04:02:03.38 ID:WIRDhszM0
幼馴染「そんなに言ってないよ!?」

男「それは嬉しいね~」

幼馴染「お!男くんが素直だ!」

男「これからは俺も自分に素直になろうと思ってな・・・」

女「ふぅーん・・・(私は・・・まだかな・・・?)」

男「友は捕まりはしなかったが退学だってな・・・」

幼馴染「家も引っ越すみたいだしね。」

女「そんなんもう良いから!早く行こう!」

男「ああ」

ギュッ

男「ん?」

幼馴染「男くん・・・」

男「どうした?」

幼馴染「男くんって私のこと好きだよね!」


END


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 04:04:12.64 ID:j9mmNdzh0


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 04:06:59.69 ID:EEz+HpmT0
おつ


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 04:08:26.95 ID:YCjMv9tm0
乙!





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「幼馴染」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ