Powered By 画RSS


花子「櫻子をたいほするし」 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 09:35:20.53 ID:oUPyeN+R0
櫻子「え?」キョトン

花子「櫻子を逮捕するし!」

櫻子「大事なことなので2回…じゃなくて、どうしたの花子」

花子「私の楽しみにしていたプリンを食べた罪だし。ネタはあがってるし!」

櫻子「あ~…あれ花子のだったんだ。ごめんごめーん。また撫子に買ってもらってー」グータラ

花子「ダメだし。櫻子は一日花子と過ごす刑だし。裁判できまったの。」

櫻子「サイパン?」

花子「いま北マリアナ諸島の話ししてないし…」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 09:40:22.83 ID:oUPyeN+R0

櫻子「しょーがないなぁ…で、どうすればいいのさ」

花子「櫻子とお出かしたいし」

櫻子「…どこか行きたいところでもあるの?花子は」

花子「ショッピングに行きたい。プリンも買って欲しいし」

櫻子「結局プリンは買わせるのかよ~!…まーいっか。私が食べちゃったんだし、準備しといで」

花子「…こおでぃねーとしてほしいの」

櫻子「いきなりどうした!いつも1人で着替えてるじゃん!」

花子「今日はしてほしいんだし。罪人にきょひ権はないんだし!」

櫻子「はぁ…じゃ、私に任せろーい!」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 09:49:00.90 ID:oUPyeN+R0


櫻子「こんなもんでどうだ!お嬢様」

花子「…ちょっと子どもっぽすぎるし?まあいいし」

櫻子「うーん、でも可愛いと思うんだけどな~」

花子「っ!ありがとう…だし」//

櫻子(花子がお礼を…か、可愛い!)


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 10:02:00.28 ID:oUPyeN+R0
櫻子「じゃあ、どこ行こっか花子」

花子「駅前に新しくできたデパートに行きたいし。すいーつが評判なの。…プリンもきっとおいしいし!」

櫻子「(げっ、プリンのことすっかり忘れてた)あっ?う、うん!」

花子「今ぜったいプリンのこと忘れてたし」

櫻子「でもあのデパートは私も行きたいと思ってたから丁度いいかな?(向日葵とだけど…)よーし、行こっか?」

花子「ちょっと待って」

櫻子「まだ何かあるのか…」

花子「今度は花子がお姉ちゃんをこおでぃねーとしてあげるし」

櫻子「え?私は別にいつものでいいよ」

花子「罪人にきょひする権利はないし。裁判できまったことだし!」

櫻子「はぁ…」(今日の花子は何かおかし可愛い)




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 10:11:20.42 ID:oUPyeN+R0
花子「いろんな色の下着があるし…」

櫻子「人の下着を観察するな!」

花子「櫻子はぶらじゃあはいらないよね」

櫻子「」


~~~


花子「…完璧だし。これは才能だし!」

櫻子「ちょっと露出多すぎない…?寒いんだけど!」

花子「しゅうちプレイなのです。罪人には丁度いいし」

櫻子「こんな言葉を教えたのはあのおっぱいしかいない…あとで殴っとこう」

花子「いよいよ出発だし!」ワクワク

櫻子「なんか出かける前から疲れたー」ウジウジ

花子「はやく来るし」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 10:21:12.92 ID:oUPyeN+R0
花子「ついたよ」

櫻子「…口調変わってるけど…?」

花子「どうせ誰も読んでないから気にする人なんていないのです」

櫻子「おいこら」

花子「まずはお洋服を見るし。3階だし」

櫻子「あっ!向こうにエスカレーターがある!ほらいくぞー」

花子「っ!罪人のくせに私より先にエスカレーターに乗るなんてなまいきだし」

櫻子「へいへい、わかったから転ばないように気をつけてな」

花子「人のこと言えないし………櫻子脚だけはきれいなのです。羨ましいのです」

櫻子「(ドキッ)なんだいきなり…それに脚だけははないだろ~ははは」

花子「そんなに短いズボンを履いていたら嫌でも目につくし。」

櫻子「着せたのは花子じゃん……でも花子の肌もスベスベで可愛いよ?」

花子「~っ//……ありがとうなのです」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 10:34:44.06 ID:oUPyeN+R0

花子「可愛いお洋服がいっぱいだし!」キラキラ

櫻子「花子は洋服好きだね~…私にはあんまりわからんわ~」

花子「お姉ちゃんも中学生なのだから?ちゃんとオシャレをしないとダメだし」

櫻子「胸を見るな!はてなマークをつけるんじゃなーい!」

花子「この髪飾りも可愛いし」

櫻子「本当だ。ちょっと付けてみれば?」

花子「はいです……どう?」

櫻子「可愛い可愛い。よく似合ってるよーん」

花子「…ありがとうだし。…もう行くし」

櫻子「え?もういーの?小物くらいなら買ってあげるよ?お詫びに!」

花子「っ……結構だし。中学生のお財布事情くらいはあくしているのです。それにプリンの恨みはプリンによってでしか晴れないのです」

櫻子「恐るべしプリン…」(しばらく杉浦先輩のプリンを勝手に食べるのはやめておこう…)

花子「そろそろプリンの頃合いだし。早く行くし」

櫻子「…………」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 10:43:44.07 ID:oUPyeN+R0
花子「ここのすいーつが人気なの」

櫻子「どひゃーいろいろあるな~。プリンだけでもこんなにたくさん…げ、おっぱいプリンなんてものがある…おっぱい禁止!」

花子「プリンは奥が深いのです」

櫻子「ぐはー…で、どれにするの?」

花子「このカスタード・プリンがいいし。プリンの王様なの」

櫻子「ほいほい。じゃあ、カスタード・プリン一つと…ホットココアくださーい」

~~~

櫻子「どうだ花子、プリンおいしいか!」ジュルリ

花子「至福のひとときなのです//この瞬間のために生きているのです」

櫻子「本当に幸せそうに頬張るね~。…じゃあそのひとときを楽しみなからちょっと待ってて!」(私も食べたい...)スッカラカン

花子「どこに行くし?」

櫻子「ん?ち、ちょっとトイレー」

花子「女の子はそういうときお手洗いと言うし。デートで恥をかくのです」

櫻子「デートしたことあるの花子……。…とにかくプリンと一緒に大人しく待ってて」

花子「はいです」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 10:48:22.21 ID:oUPyeN+R0

櫻子「ただいま」

花子「遅かったのですね」

櫻子「ごめんごめん!プリンは美味しかった?」

花子「この世の天国だし//」

櫻子「それは良かった。じゃー、帰ろっか?」

花子「……まだだし。もっと一緒にいたいし」

櫻子「でもそろそろ帰らないとー」

花子「~~~っ……わかったし。でもお家でも一緒にいるのです。まだ一日は終わってないし」

櫻子「はいはい」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 11:00:04.41 ID:oUPyeN+R0

花子「ただいまなのです」

櫻子「ただいまー。花子、ちゃんと手洗いうがいしろよ~」

花子「櫻子はいつもしてないし。花子は子どもじゃないのです」

櫻子「さてと…」

花子「ガラガラガラ…ペッ……ガラガラガラ…んぐっ!なんなのですか。いきなりうしろに立たないでほしいし…ばいきんを飲み込んでしま…えっ?」

櫻子「おっ、やっぱり似合ってるじゃん!我が妹ながら可愛いすぎ//」

花子「これ…髪飾り…どうして……」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 11:06:25.04 ID:oUPyeN+R0

櫻子「ん~?だって欲しそうにしてたじゃん?花子に心配されるほど私の財布は貧しくないのだ!それに花子はしっかり者だけどたまには私を頼りにしてもいいんだよ?」

花子「櫻子お姉ちゃん……ありがと…だし……」ウルウル

櫻子「おいおい泣くなって!それほどのことでもないだろー!?」アセアセ

花子「ダメです……櫻子お姉ちゃんは…やっぱり罪人だし…!……花子を泣かせるなんて…胸は大きくないけど、罪は大きいのです…ヒック…ヒック」

櫻子「ちっぱい言うな!それで、サイパンの結果は?」

花子「ずっと、ずーっと一緒にいるし…ヒック……櫻子お姉ちゃんを逮捕します」



おしまい


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 11:11:42.95 ID:oUPyeN+R0
3流にも満たない駄作でしたが
最後まで読んでくれた人はありがとうございました


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 12:22:04.54 ID:oUPyeN+R0
設定上、櫻子が少し落ち着いたキャラになってしまった
今度からはどんな設定でも櫻子らしく書きたい


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 11:11:39.75 ID:ducoh1siO


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 11:41:11.44 ID:XA/1sBQj0
さくはなもっとはやれし!


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/28(水) 13:06:48.43 ID:BHdxccqcO
>>1





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 名無しのフィール 2012/10/18(木) 22:31:50

    確かに櫻子らしくはないが
    これはこれでアリだ
    おバカキャラもたまには背伸びしてお姉ちゃんらしくするのもよきかな


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ