Powered By 画RSS


モバP「花と茸は同い年の続編」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 21:55:17.88 ID:E1Omq8660
モバP「花と茸は同い年」 というSSの続編です




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 21:56:31.15 ID:E1Omq866o
346プロダクション事務所


輝子「お、おはよう… ございます…」

凛「あっ、おはよう、輝子」

輝子「フヒッ…… お、おはよう」

輝子「……って、あれ?」

輝子「親友とかちひろさんは……?」

凛「ああ、プロデューサー達は社長に用が有るって」

輝子「そ、そうか……」

輝子「……で、どうしたんだ?」

輝子「ポーチ… 探ってるみたいだけど」

凛「あ、うん、髪が乱れちゃってるからブラシを探してるんだけど……」

凛「ほら、外、風が強かったでしょ?」

凛「駅から歩いて来る時にやられたみたい」

凛「……ただ、ブラシが見付からなくて」

というか、朝、部屋で使ったまま置き忘れたっぽい

……うーん、朝忙しかったからなぁ


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 21:57:23.55 ID:E1Omq866o
輝子「あっ、じゃあ、その……」

そう呟くと、輝子は持っていたバッグに手を入れ

輝子「私の… 使う……?」

と、ブラシを差し出してくれた

凛「いいの?」

輝子「もちろん…… フヒッ」

凛「……ふふっ」

凛「ありがと」

凛「……でも、私より、輝子が先かな?」

輝子「……えっ?」

そう、ブラシを差し出してくれた輝子もまた、私と同じ目に遭ったらしく

凛「はい」

つ手鏡

輝子「……え? え?」

凛「輝子の髪も…ね」

輝子「……」

輝子「……」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 21:58:03.76 ID:E1Omq866o
輝子「……あっ///」

輝子「そのっ、これはっ、そ、外風強かったからで」

輝子「決して寝癖とか不精とかじゃなくてっ」

凛「うん、分かってる。私も同じだから」

凛「それじゃあ」

まだあたふたと恥ずかしがっている輝子の後ろに周り

凛「失礼してっと」

スッスッスッと髪にブラシを通し始め

輝子「……」

輝子「その……」

輝子「手慣れてるな…やっぱり」

凛「ん、まあ、私も長い方だしね。髪は」

凛「その分苦労も有るけどさ」

輝子「お、お風呂とかな」

凛「うん。あと、夏とかも熱いし」

凛「それに、汗で髪が肌にまとわり付いたり」

輝子「うん、あれって地味に気になるしな」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 21:59:37.79 ID:E1Omq866o
輝子「……短くしようとかは?」

凛「え?」

凛「いや…… う~ん……」

凛「私はこのままが良いかな……?」

凛「それに、苦労って言っても、蘭子や里美の苦労に比べたら……ね」

輝子「確かに…… あの髪型を毎日セットするのは、マジで凄いと思う」

凛「何時起きかを考えるだけで怖いレベルだもんね」

凛「……さて、こんなところかな?」

輝子「あっ…… ありがとう」

輝子「あと… その、お、お恥ずかしいところを……」モジモジ

凛「いえいえ」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:00:49.87 ID:E1Omq866o
凛「それより」

凛「はい」

つブラシ

輝子「フヒ……?」

凛「髪、お願いできるんでしょ?」



凛「お姉ちゃん」



輝子「!」ズキューン!



輝子「フヒッ…… フヒヒ……!」

輝子「ヒャッハー!!」

輝子「お姉ちゃんにッ任せとけェェェッ!!」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:02:17.86 ID:E1Omq866o
モバP「……凛て何気に年下転がしが巧いですよね」

モバP「そういえば、乃々と仕事させた時もそうでしたし」

ちひろ「いや、年下転がしって…… もうちょっと言い様が……」

モバP「じゃあ… 年下たらし…… とかですかね」

ちひろ「たらしもちょっと……」

ちひろ「というか、同い年ですし、輝子ちゃんも凛ちゃんも」

モバP「……いえ、輝子の方がお姉ちゃんらしいです。2ヶ月くらい」

ちひろ「……ファ!?」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:03:42.50 ID:E1Omq866o
凛「え?」
輝子「フヒ?」

凛「あっ、戻ってたんだ」

モバP「ああ、ちょっと前にな」

モバP「……で、輝子は凛の髪を整えてたと」

輝子「まあな…」

凛「うん、ブラシを忘れちゃったから、輝子に助けてもらったんだ」

モバP「へー」

モバP「そうかー。ちゃんとお姉ちゃんやってるんだな」

輝子「い、いや、あの、そんな大した事はしてないけどな…… フヒッ… フヒヒ…」テレテレ

モバP(……可愛い)
ちひろ(……可愛い)
凛(……可愛い!)

輝子「……フヒ?」

輝子「どうかしたのか?」

凛「……いや、ただ、幸せだなぁ、って」

モバP「だな」

ちひろ「ですねぇ」


輝子「フヒ……?」


第一話

―――世はなべて事もなし――― 完!


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:04:41.23 ID:E1Omq866o
346プロ事務所・ランチタイム


モバP「へぇ、凛が宅配弁当を頼むなんて珍しいなぁ、って思ったけど」

モバP「そうか…… お袋さんが結婚式に」

凛「いや」

凛「親戚の」

凛「結婚式に出席するだけだからね?」

凛「念のためもう一度言っとくけど」

モバP「分かってますって」

凛「ホントかなぁ……?」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:06:16.03 ID:E1Omq866o
輝子「あ、あのー」クイクイ

凛「……んー? どうかした? 輝子」

輝子「もし… よかったら…… シイタケ君の煮しめを……」

凛「あっ、いいよ」

輝子「ま、マジ!?」

凛「うん」

凛「はい、あーん」

輝子「あ… あーん」

モグモグゴックン

輝子「……フヒッ」

輝子「これはまた… 良い仕事…… してますなぁ……!」

輝子「……あっ」

輝子「じゃ、じゃあ、私からは……」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:06:48.04 ID:E1Omq866o
輝子「えーと、この春巻きでいい……?」

凛「私は構わないけど……」

凛「輝子の方は良いの? 結構不平等なトレードだと思うんだけど」

輝子「そ、そんなことはない。椎茸君の煮しめのトレード相手は、コレくらいじゃないと…な」

凛「……そっか。じゃあ、ありがたく貰おうかな」

輝子「どうぞ」

凛「ではでは」

モグモグゴックン

凛「ん、美味しい」

凛「このお弁当屋さん、結構美味しいよね。おかず一つ一つがちゃんとしてる感じ」

輝子「キノコも…入ってるしな…フヒッ」

凛「ふふっ、そうだね」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:07:54.61 ID:E1Omq866o
凛「……あっ」

凛「ほら、口元にソースが付いちゃってるから」フキフキ

輝子「こ… これはお恥ずかしい…… フヒフヒ……///」モジモジ

凛「いえいえ」


『シュワ-……』


凛「……ん?」
輝子「……フヒ?」

輝子「なんか… 変な音が……」

凛「したよね」

モバP「……ああ、それは、俺の荒んだ心が浄化された音だな」

凛「……へ?」
輝子「……フヒ?」

モバP「いや、なんでもない… なんでもないんだ」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:08:54.43 ID:E1Omq866o
モバP「それより」

モバP「明日の昼御飯はどうする?」

モバP「明日も出前とかなら頼んどくけど」

凛「そっか… じゃあ、お願いしようかな」

凛「お母さん、明日まで帰って来ないみたいだから」

輝子「あ、あのー……」クイクイ

凛「……?」

凛「どうかした?」

輝子「お弁当、私が作ろう……か?」

凛「……え?」

輝子「こ、これでも、一応、料理… 作れる方だから……」

凛「……へ?」

輝子「あっ、でも、も、もし、嫌なら別にいいんだ…… うん、ホント……」

凛「あっ、うん、嫌っていうわけじゃないんだ。勿論ね」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:09:43.59 ID:E1Omq866o
凛「ただ……」

凛「凄く失礼な事を訊くけど…… 輝子って料理作れたの……?」

輝子「い… 一応作れますよー」

輝子「今日は宅配弁当だけど… 時間が有るときは作ってくるし…な」

モバP「ああ、腕は確かだぞ」

モバP「俺も結構お裾分けを貰ってるし」

凛「へー」

凛「でも、本当にいいの? お弁当作るのも結構手間だと思うけど」

輝子「大丈夫……ストックも貯まってるしな」

凛(……ストック?)

凛「輝子がそう言うなら」

凛「じゃあ、遠慮なくお願いしようかな」

輝子「フヒヒッ、お任せあれ」

凛「うん、楽しみにしてるから」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:12:57.30 ID:E1Omq866o
―――明くる日の昼―――


凛「……で」

凛(目の前の重箱に満載された茸料理の数々……)

凛(輝子が言うには、茸の炊き込み御飯に干椎茸入りの肉じゃが、茸と蓮根の肉団子、茸と明太子のオムレツに……)

凛(それにエリンギとナスの味噌炒め、キノコとジャコのサラダに…… あと…… なんだっけ、多すぎて覚えきれなかった……)

凛「まぁ、正直、予想はしてたけど…… 予想以上かな、これは流石に……」

輝子「フヒ?」

凛「ううん」

凛「輝子、本当に料理上手かったんだなーって」

輝子「フヒッ、それほどじゃないけどな」

凛「ううん、見た目だけでも美味しいって伝わってくるし」

凛「……食材に偏りがあるとは思うけどね」

輝子「ま、まあ… キノコ料理以外…… モチベが…な?」

凛「それに……」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:13:35.03 ID:E1Omq866o
凛「3段重ねのお重とはまた凄いね」

輝子「気合いが入って…その、つい……」

モバP「大丈夫、残ったら俺が食べるから」

凛「……だからカップ麺一杯だけしか用意してなかったんだ」

モバP「まあ、輝子が気合い入れまくるのは予想できたからな」

凛「理解が在る…… って言っていいものか……」

輝子「あのー」

凛「あ、ごめん」

凛「じゃあ、食べよっか」

輝子「う、うん」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:14:12.16 ID:E1Omq866o
凛「では…… いただきます」

輝子「どうぞー」

パク

凛(……あっ)

モグモグ

凛「美味しい……!」

凛(こっちの肉団子も…… オムレツも……)パクパクモグモグ

凛(それに、このサラダも……!)パクパクモグモグ

凛(本当に……!)

輝子「た、沢山有るから…… いっぱい食べて…」

凛「うん♪」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:15:45.16 ID:E1Omq866o
凛「ふ~……」

凛「ご馳走さまでした」

輝子「お粗末様でした」

モバP「よう食ったなぁ…… 俺の出番が……」

凛「いや、料理自体も美味しかったしさ」

凛「それに、私の為に作ってくれたと思うと……」

モバP「食欲も湧くと」

凛「うん」

輝子「そ、それはどうもどうもです」

凛「いえいえ」

輝子「あのー、それで、お茶…… 要る?」

凛「……お茶?」

輝子「紅茶… 煎れてきた…から……」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:16:18.38 ID:E1Omq866o
凛「そうなんだ。じゃあ貰おうかな」

輝子「かしこまりー」

コポコポコポ

輝子「はい」

つカップ

凛「ん、ありがとう」

凛(……へぇ)

凛「良い香り……」

凛「ん……」

凛「味も… 美味しいね」

輝子「まゆさんに教えてもらったからな」

輝子「その… 紅茶の煎れ方、とか」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:17:14.55 ID:E1Omq866o
凛「……そっか」

凛「……」

凛「……」

輝子「……フヒ?」

凛「いや…… うん」

凛(今までお姉ちゃんお姉ちゃんて言ってきたけど……)

凛(本当に……)

凛「お姉ちゃん… なんだなぁって、思って」

輝子「……フヒッ///」

輝子「い、いや、それほどでも、ないけどな……!」テレテレ

凛「ふふっ」

モバP「いや、なんか心の声が有っただろ絶対」

凛「さあねー?」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:17:48.75 ID:E1Omq866o
輝子「あっ、そういえば、凛ちゃんはどうなんだ?」

凛「どうって?」

輝子「料理の腕前」

凛「……え?」

輝子「や、やっぱり、その… 得意、だったり?」

凛「……」

凛「……」

凛「……」

凛「うん、まぁ、上手な方だとは思うな(棒)」


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:18:47.95 ID:E1Omq866o

モバP「いや、作れないとは言わないレベルって3rdアニバで言ってt」ヒソヒソ

凛「ぁ?」ギロッ

モバP「……ナンデモナイッス」ヒソヒソ


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:20:49.54 ID:E1Omq866o
輝子「そうか… さ、流石だな」

凛「……まあね(棒)」

モバP「……それじゃあ、今度は渋谷サンが弁当を作る番かねー」

モバP「流れを考えると」

凛「……へ?」

モバP「だってさー、今回は輝子が渋谷サンの為に作ってきたわけで」

モバP「じゃあ、今度は渋谷サンが作ってあげる番じゃないですかねぇ?」

モバP「料理上手な渋谷サンなら問題ないでしょうしねえ?」

凛「あ、その」

モバP「輝子も、凛の手料理食べたいよなぁ?」

輝子「それは… も、勿論」

凛「そ… そう、なの……?」

輝子「ま、まあ、ボッチにとって、その… 手料理って、やっぱ、特別なもの… だしな……」

凛「……」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:21:53.84 ID:E1Omq866o
輝子「あっ、でも、駄目ならいいんだ……」

輝子「その… 今回だって、私が好きでやった事だし」

凛「……輝子ってさ、キノコの中でも特に好きな種類とか有るの?」

輝子「フヒ?」

凛「輝子の為に作る以上、やっぱり、輝子が大好きな物を作ってあげたいし」

輝子「じゃ、じゃあ……」

凛「うん、輝子に負けないくらい美味しいのを作ってくるから、期待しててね」

輝子「フヒヒ、するする。すご~く楽しみにしてるから」


輝子「……フヒッ」

輝子「手作り弁当……!」

輝子「な… なんて、リア充な響き……!」ジーン……!


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:22:20.66 ID:E1Omq866o

モバP「……誘導した俺が言うのもなんだけど、大丈夫なのか?」

凛「……」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:23:36.85 ID:E1Omq866o
―――その日の夕方


ツカツカツカ

ピンポーンピンポーン


―――蒼の女の子が朱の女の子の部屋へと訪れて


まゆ「あら、凛ちゃんどうかし――」

凛「――ごめんまゆ! 美味しいお弁当の作り方教えて!」


まゆ「……え?」

乃々「……え?」
輝子「……フヒッ?」


凛「……えっ?」


まゆ「……?」
乃々「……?」
輝子「……?」

凛「……ナ、ナンデ、ショウコト、ノノガ、ココニ、イルノ?」

輝子「……え? いや、今日はアンデスの皆で、その、夕食会をしようって」

乃々「キノコさんの言う通りなんですけど……?」

凛「……ツイサッキ、ボッチテ、イッテタジャン」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:24:49.45 ID:E1Omq866o
輝子「……フヒ?」

凛「あ、いや、なんでもないよ?」

まゆ「……それで、凛ちゃんの言っていた事なんですけど」

凛「……」

凛「……」

凛「……どっ、どうもお邪魔しましたぁー!」

まゆ「逃がしませんよぉ」キラーン

ガシッ

凛「ひいっ!?」

まゆ「輝子ちゃんからお弁当の話は聞いているので……」

まゆ「お料理、一緒に頑張りましょうね♪」


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:25:29.67 ID:E1Omq866o
まゆ「はい。根菜は水から、葉物はお湯から茹でるとより美味しくなるんですよぉ」

輝子「フヒッ、そう、鶏モモ肉は、す、筋と軟骨を丁寧に取ると… 食感が良くなるから」

まゆ「フライパンは頻繁に煽らない方が良いですよ。家庭用コンロだと、火力が弱いので」

輝子「か、片栗粉は火を止めてから入れた方が良いんだ… 着けたままだと、ダマになりやすいからな」


―――二人の姉に料理の手解きを受けたという


第二話

―――お姉ちゃん、増える――― 完!


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:27:02.42 ID:E1Omq866o
凛「ほら、乃々、この唐翌揚げ結構上手くできたんだ」
まゆ「乃々ちゃん、こっちの麻婆豆腐も美味しいですよぉ♪」
輝子「ボノノちゃんもキノコのホイル焼き… どうだ? 凄く、美味しいから… な」

乃々「え? ちょ…」

「「「はい、あーん」」」

乃々「え、あの……」

乃々「じゃあ…… 凛さんの……」

まゆ「……」ショボーン
輝子「……」ショボーン

乃々「えっ? あっ、やっぱりまゆさんの……」

凛「……」ショボーン
輝子「……」ショボーン

乃々「じゃ、じゃあ、やっぱりキノコさんの……」

凛「……」ショボーン
まゆ「……」ショボーン

乃々「え、ちょ、あの―――」

乃々「あぅぅ……」オロオロ

凛(可愛い……!)
まゆ(可愛い……!)
輝子(可愛い……!)

第二・五話

―――妹を困らせるのはお姉ちゃん'sの特権です――― 完


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:27:50.55 ID:E1Omq866o
346プロ事務所

ちひろ「あっ、凛ちゃん、おはようございます」

凛「おはようございます、ちひろさん」

凛「……今日は、まだ誰も来てないのかな?」

ちひろ「……えっ?」

ちひろ「もう輝子ちゃんが居るはずですよ」

ちひろ「机の下のキノコのお世話をするって言ってましたし」

凛「……大変だなぁ。輝子も」

凛「じゃあ、プロデューサーの机に行ってみるので」

ちひろ「あ、はーい」


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:28:37.44 ID:E1Omq866o
コンコン

凛「輝子ー、居る?」

「Zzz……」

凛「輝子?」

凛「あっ」

輝子「Zzz……」

ちひろ「どうかしたんですか?」

凛「あー、うん、その……」

凛「輝子、寝ちゃってるみたい」

ちひろ「……はい?」

輝子「Zzz……」

輝子「Zzz……」

凛「……ふふっ」
ちひろ「……ふふっ」


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:30:56.61 ID:E1Omq866o
凛「やっぱり、昨日の合同ライブの疲れが残ってる… のかな?」

ちひろ「そうですね」

ちひろ「輝子ちゃんて、ライブの時はエネルギーの塊みたいになりますからね」

凛「……うん」

身体はこんなに小さいのに…… ね

凛「……あの、ちひろさん、輝子のスケジュール分かります? 今日のなんですけど」

ちひろ「あっ、今日は確か11時までは空いてるので……」

ちひろ「あと2時間は寝てても大丈夫な筈ですよ」

凛「そっか……」

凛「……じゃあ」

まぁ…… 大丈夫だよね

凛「軽いだろうし」

と、呟きながら、輝子の膝下と背中に腕を差し入れ

凛「……ん!」

どうにかこうにか抱き上げる

やはり、同年代の平均よりかは大分軽いのだろう


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:32:17.14 ID:E1Omq866o
それでも

凛「くっ!」

人一人を抱き上げるのはかなりキツイらしい

ちひろ「手伝いましょうか?」

凛「だ、大丈夫… と、思う」

凛「それより、仮眠室から毛布を持ってきてもらえると」

ちひろ「あっ、はーい」

凛「ふう……」

凛「それじゃあ、ソファまで頑張りますか」

……でも

凛「くっ……!」

やっぱり……

凛「ふっ……!」

キツイ……!

輝子「フヒヒ…」

凛「……?」

輝子「私… お姉ちゃん…… だから… な……」

凛「……」

輝子「……Zzz」

凛「……ふふっ」

凛「まぁ、お姉ちゃんはお姉ちゃんでも」

凛「ちょっと、手が掛かる」

凛「お姉ちゃん、だけどね」


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:34:12.59 ID:E1Omq866o


『シュワ-……』


凛「……?」

凛「この音って……」

モバP「……」

凛「あっ、プロデューサー来てたんだ」

モバP「……」

凛「……?」

モバP「我が生涯に一片の悔い無し……!」

凛「……へっ?」

『サラサラサラ……』

凛「あっ」


―――その日、一人の漢が清らかな粒子と成り

―――そして、天に還った……

―――とか、還らなかったとか

最終話

―――モバP、朝霧に消ゆ――― 完!


35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/06(火) 22:47:57.56 ID:E1Omq866o
以上です
また何かネタを思いついたら書くかもしれないので、その際はよろしくお願いします


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481028917/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ