Powered By 画RSS


【いじめ注意】花丸「曜さんの怖いものはなにずら?」【SS】

1 : 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 19:11:18.02 ID:T1STQ8VZ.net
花丸「曜さんをイジメるずら」


国木田花丸は決意した。心奥に眠る嗜虐的感情がムラムラと燃え上がるようだった。


国木田花丸は畜生だった。
一日三悪、勧悪懲善、義理と人情を計りにかけずに打ち捨てる、血も涙もない外道である。

寺産まれの寺育ちだった彼女が何故悪魔の心を持ってしまったかは誰にも分からないが、ともかく国木田花丸は決意したのだった。


花丸「曜さんをイジメてやるずら」




2 : 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 19:11:47.61 ID:T1STQ8VZ.net
一度決めると彼女は早い。国木田花丸は曜の家へ向かった。


曜「あれ、花丸ちゃん? どうしたの家まで来て」

花丸「急で悪いずらね。少し聞きたいことがあったずら」

曜「うん?」

花丸「曜さんが怖いものってなにずら?」

曜「怖いもの?」


玄関にて迎えた曜に、花丸は早速要件をぶつけた。


3 : 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 19:12:28.61 ID:T1STQ8VZ.net
話は単純である。
犬が怖いと言えば犬を嗾けてやるし、穴子が怖いと言えば家に穴子を送りつけるのだ。ああ、なんという畜生! 花丸は我ながら自分が怖くなるのだった。


しかし。


曜「私は怖いものなんてないよ」

花丸「なんだとずら?」


疑うより先に怒りが湧いた。怖いものがない? そんなのありえないずら! マルだって缶詰の鋭いところと夜の厠は怖いのに! 花丸は食い下がる。


花丸「怖いものがないなんてダメずら。絶対なにかあるはずずら」


5 : 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 19:14:08.07 ID:T1STQ8VZ.net
曜「そんなこと言われても何もないよ」

花丸「嘘ずら。隠すなずら!」

曜「隠すなって言われても。……あっ」

花丸「なにずら?」


花丸の畜生センサーが反応した。これはなにか思い出した顔ずら。しめしめずら。


花丸「やっぱりあるずらね? 怖いもの」

曜「まあ、そうかも……」

花丸「なにずら? 早く言うずら」

曜「……ええっと、誰にも言わないでね?」

花丸「もちろんずら」


花丸は人を安心させる、聖母のような笑みを浮かべる。


6 : 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 19:14:56.14 ID:T1STQ8VZ.net
曜「えっとね、私が怖いものなんだけど」

花丸「ずら」

曜「警戒心がなくて、妙に距離が近い甘えん坊な千歌ちゃんが怖いの」

花丸「ずら」


千歌、というのは同じアイドルグループのリーダーの名前である。その名前を花丸は小さな驚きと共に聞いた。

とても仲の良い二人だと思っていたのに、衝撃の事実ずら。ずらぁぁぁあああああ、とため息の様な声が漏れる。


8 : 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 19:15:51.71 ID:T1STQ8VZ.net
花丸「千歌さんが、怖いずらか?」

曜「うん。向こうは私のことただの友達と思ってるから、どうしてもね。ドキッとしちゃうんだ」


マルも夜の厠はとても怖いずら、とてもドキドキするずら。
気持ちはわかる、花丸は思うが、手加減する気はさらさらなかった。外道の血が騒ぐ。


花丸「要件はそれだけずら。もう帰るずら」

曜「そうなの? お茶でも飲んでけばいいのに」

花丸「マルは忙しいずら」


外道はフットワークが命である。花丸はその足で千歌の家へ向かった。


9 : 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 19:16:51.52 ID:T1STQ8VZ.net
千歌「あれ? 花丸ちゃん。おはよぉー」

花丸「もう昼ずら。休日だからって夜更かしするから朝起きれないずら」

千歌「うぇへへへ……。土曜日はついねー」

花丸「清い心は清い姿勢から生まれるずら。正しい生活リズムを心がけるがいいずら」

千歌「ごめんごめん。それよりどうしたの? なにか用かな?」

花丸「……そうずら」


柄ではない、と花丸は内省する。人に説教するなど仏でもあるまいに。


花丸「今日は忠告にきたずら。千歌さん、最近曜さんに構ってないずらね?」

千歌「うぇっ?」


10 : 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 19:17:51.44 ID:T1STQ8VZ.net
花丸「曜さんは寂しがってたずら。スクールアイドルになってから忙しくなった、もっと千歌さんと遊びたい。そう言ってたずら」

千歌「そ、そうなの?」

花丸「ずら。今からでも曜さんの家に遊びに行くがいいずら。いっぱい甘えてやるずら」

千歌「た、確かに最近、曜ちゃんと遊べてなかったかも……」

花丸「今日は暇ずらね?」

千歌「うん」

花丸「なら行けずら。さっさとするずら」

千歌「うん、そうだね! ……えへへっ、ありがとうね花丸ちゃん!」

花丸「礼はいらないずら」


花丸は内心で嘲った。利用されてるとも知らずに呑気に笑ってろずら。愉快ずら。ずらぁぁぁあああああ。聖母の笑みでずらずらする。


11 : 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 19:18:37.86 ID:T1STQ8VZ.net
出かけ支度を始める千歌を尻目に花丸は家に帰っていった。

作り置きしておいた甘酒を檜の枡に注いだ。ツマミにのっぽパンを持って庭へと向かう。

日差しは強く、木造りの庇が縁側に直線の影をつくっていて、どこから入り込んだのか黒猫が陰で体を丸めている。日向は暑すぎて避けたのかもしれない。


花丸「どくずら。そこはマルの場所ずら」


一度は追い払っても猫は懲りずにやってくる。花丸は半分に割ったサツマイモを脇に置く。甘酒に口をつけ、想いを馳せる。


今頃曜さんは大慌てだろうずらな、恐れていた千歌さんが急にやってきたずらから。愉快ずら。ずらぁぁぁあああああ。


甘酒の甘みに目を細める。悪いことをした日は酒が美味いずら。猫がすり寄ってくる。柔らかく、暖かい。


12 : 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 19:19:24.16 ID:T1STQ8VZ.net
ーー翌日ーー


花丸「曜さん、おはようずら」

曜「ふぇ……? ああ、おはよう花丸ちゃん」

花丸「眠そうずらね? なにかあったずらか?」

曜「ああ、昨日は千歌ちゃんが遊びにきてね……。夜まで遊んでたから」

花丸「それは大変だったずらね」

曜「うん、えへへへ……」

花丸「そうだ。昨日は千歌さんが怖いって言ってたずらね?」

曜「うん?」

花丸「他に怖いものはないずらか?」

曜「そうだなぁ……」


曜「包容力があって、真面目なのに肝心なところで優しい、ダイヤさんの膝枕が怖いかな」


しめしめずら、と花丸は思う。マルに騙されているとも知らずに。


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1481364678/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!サンシャイン!!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ