Powered By 画RSS


グリーン「君、ヨウだろ?」 ヨウ「……………………」

1 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 21:07:44 ID:FLYNtW9s
グリーン「……ん? もしかして違うのか?」


ヨウ「………………………………」


グリーン「おいおい、黙ってちゃ分からないだろ……」


ヨウ「……………………………………」


グリーン「あー……ひょっとして見知らぬ奴とは話したくないって奴か?」


グリーン「じゃあ自己紹介をさせてもらうぜ、オレはグリーン!」


グリーン「で、こいつがレッド!」


レッド「………………………………」


グリーン「オレ達カントーでチャンピオンやってたんだぜ!」




2 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 21:10:43 ID:FLYNtW9s
グリーン「それで……君はヨウだろ? アローラで新しくチャンピオンになったっていう」


ヨウ「………………………………」


グリーン「………………………………」


ヨウ「…………………………………」


グリーン「はぁ……参ったなこりゃ、まさかアローラのチャンピオンが重度のコミュ障だったとは……」


グリーン「どう思う、レッド……こいつオレ達の事ガン無視だぜ?」


レッド「……………………………………」


グリーン「……レッド?」


レッド「……………………………………」


グリーン「相変わらず無口だな……お前は……」


3 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 21:17:03 ID:FLYNtW9s
グリーン「えーっとだな……とりあえずオレ達は怪しいものじゃない」


グリーン「だから……とりあえず必要最低限の会話をしてもらいたいんだが……」


グリーン「君はヨウなんだよな? アローラの新しいチャンピオン、ヨウだよな?」


ヨウ「……………………………………」


グリーン「おいおい、ひょっとして耳が悪いとかそういう奴か?」


グリーン「オレの声が聞こえるよな? なあ? おーーい! おーーーーい!!」


ヨウ「……………………………………」


グリーン「この様子……どうやらそうらしいな……恐らく耳が聞こえないからオレが何を言ってるのかが分からず……困惑してるんだろう」


グリーン「ちょっと待ってろ、今紙に書いてやるからな」


4 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 21:23:12 ID:FLYNtW9s
グリーン「よし、できたぞ」


グリーン「ほらっ、これで伝わるか?」ヒョイッ


君、新しいアローラのチャンピオン、ヨウだろ?
もしそうなら首を縦に、違うなら横に振ってくれ


ヨウ「………………………………」


グリーン「………………………………」


グリーン「…………………………………………」


グリーン「どちらにも振らないってのはどういうことなんだ……まさか、目も悪いってのか?」


グリーン「いやいや、目はしっかり開いてるよな……だいたい目と耳が悪いんじゃポケモンバトルなんてできる訳がないだろ……」


グリーン「となると……残る線は一つ……」


5 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 21:32:16 ID:FLYNtW9s
グリーン「お前意図的にオレの事を無視してやがるな? いったいどういうつもりだ?」


ヨウ「……………………………………」


グリーン「今チャンピオンじゃないオレとは話もしたくないってか? お高く止まりやがって……」


グリーン「ならレッド、カントーの現チャンピオンのお前から言ってやってくれ」


グリーン「チャンピオンでもないオレは黙ってるからよ、お前が要件をそのチャンピオン様に伝えてくれ」


レッド「……………………………………」


ヨウ「………………………………………」


6 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 21:36:51 ID:FLYNtW9s
レッド「……………………………………」


ヨウ「……………………………………」


レッド「……………………………………」


ヨウ「……………………………………」


レッド「……………………………………」


ヨウ「……………………………………」


レッド「……………………………………」


ヨウ「……………………………………」


グリーン「いや、早く話せよ……」


7 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 21:38:13 ID:FLYNtW9s
レッド「……………………………………」


ヨウ「……………………………………」


レッド「……………………………………」


ヨウ「……………………………………」


レッド「……………………………………」


ヨウ「……………………………………」


レッド「……………………………………」


ヨウ「……………………………………」


グリーン「いや、だから会話をしろよ……会話を……」


8 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 21:43:06 ID:FLYNtW9s
レッド「……………………………………」


ヨウ「……………………………………」


レッド「……………………………………」


ヨウ「……………………………………」


グリーン「だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!! ほんっっっっと何なんだお前らぁぁぁぁぁぁぁ!!」


グリーン「やいレッド! 大人になっても変わらないお前のウルトラ無口っぷりには相変わらず頭が上がらねえよ!」


レッド「……………………………………」


グリーン「そしてお前もお前だ! いつまでも仏像みたいに真顔で黙りこくりやがって……!」


ヨウ「………………………………」


9 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 21:48:20 ID:FLYNtW9s
グリーン「レッド! お前が何も話さないのならもうオレが勝手に話を進めさせてもらうぜ!」


レッド「………………………………」


グリーン「そしてお前! お前が何も話さないのならもうオレはお前をヨウだと決めつけ、勝手に話をさせてもらうぜ!」


ヨウ「…………………………………」


グリーン「いいか? オレはトレーナーだ! だから強い奴がいたら戦いたくなっちまう!」


グリーン「だから勝負しようぜ! アローラのチャンピオン! オレ達のどちらかと今すぐ勝負しろ!」


グリーン「ポケモンセンターに行くこともレポートすることもポケモンを回復することも許さん! 今すぐ勝負だ!」


グリーン「さあ! どちらを選ぶ!! オレか! レッドか!」


ヨウ「…………………………………」


10 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 21:54:44 ID:FLYNtW9s
ヨウ「………………………………」ジーッ


レッド「………………………………!」


ヨウ「………………………………」コクリ


レッド「………………………………………」コクリ


ヨウ「………………………………」スッ


レッド「…………………………………………」スッ


レッド「…………………………………」ゴゴゴゴゴゴ


ヨウ「………………………………」ゴゴゴゴゴゴ


グリーン「は?」


11 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 22:00:28 ID:FLYNtW9s
レッド「………………………………」ヒュン


ピカチュウ「ピカー!」ポンッ


ヨウ「……………………………………」ヒュン


ガオガエン「ぐぉぉぉ!」ポンッ



グリーン「いや、お前ら突然ポケモン出して何を……」


ピカチュウ「ピーカーチュゥゥゥ!」バリバリ


ガオガエン「ぐぉぉぉぁぁぁ!」ゴゴゴゴゴ


グリーン「ポケモン…………勝負…………」


12 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 22:06:32 ID:FLYNtW9s
グリーン「何だよ……オレじゃねえのか……」


グリーン「というか……お前ら会話してなかったろ……」


グリーン「何で意思疏通ができてるんだよ……」


グリーン「はぁ………………」



ヨウ「…………………………………!」


グリーン「何だ……あいつあんな顔ができるんじゃねえか……」


グリーン「なら最初からしろってんだ……ったく」


グリーン「……………………へへっ」


グリーン「やっちまえー! レッド! ヨウも負けんじゃねえぞー!」


13 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 22:15:58 ID:FLYNtW9s
───
──


グリーン「まさかお前がやられるとはな、レッド」


レッド「……………………………………」


ヨウ「……………………………………」


グリーン「はぁ……まあいいや……オレ達はバトルツリーの新しいボスとして招かれたんだ」


グリーン「次に戦うのはお前がバトルツリーを勝ち抜いた時」


グリーン「その時はオレもレッドも本気の本気で相手をさせてもらうからな」


グリーン「あばよ、アローラのチャンピオン」スタスタ


レッド「……………………………………」スタスタ


ヨウ「……………………………………」


14 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 22:21:53 ID:FLYNtW9s
─バトルツリー待機室─


グリーン「はぁぁぁぁ……結局あいつとは会話できずじまいか」


グリーン「なあレッド、お前どうやってあいつと意思疏通したんだ?」


レッド「……………………………………」


グリーン「もはや無口ってレベルじゃねえよ……お前らは……」


グリーン「こうなったらオレ流でやるしかねえか……」


グリーン「とりあえずレッドと完璧な意思疏通をできるようにならねえと……」


グリーン「あいつが来る前に習得しとかねえとな……」


15 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 22:25:35 ID:FLYNtW9s
───
──


審判「20戦目、バトルレジェンドとの対戦を始めます! 両者前へ!」


ヨウ「……………………」スッ


グリーン「………………………………」スッ


ヨウ「………………………」


グリーン「……………………………」


ヨウ「…………………………」


グリーン「……………………………」


審判「あ、あのー、バトルレジェンド……何か挑戦者に一言……」


16 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 22:28:16 ID:FLYNtW9s
グリーン「………………………………」スッ


ヨウ「…………………………………!」


グリーン「………………………………」ニヤッ


ヨウ「………………………………」スッ


審判「え?」


グリーン「………………………………」ヒュン


ピジョット「ピジョォォォ!」ポンッ


ヨウ「……………………………………」ヒュン


ガオガエン「ぐぉぉぉぉぉ!!」ポンッ


審判「え? え? え? え?」


17 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 22:31:07 ID:FLYNtW9s
グリーン「………………………………」


ピジョット「ピジョォォォ! ピジョォォォ!」ゴオオオオオ


ヨウ「……………………………………」


ガオガエン「ぐぉぉぉぁぁぁ!」ドドドドド


審判「し、試合が勝手に……始まった……」


審判「あの二人……何か会話をしていたの……? でも喋ってなかったし……」


審判「何がなんだかサッパリ分からないわ……」


18 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 22:35:12 ID:FLYNtW9s
───
──



─マサラタウン─


オーキド「おー! レッド! グリーン! 戻ってきたか! どうじゃった? アローラ地方は?」


レッド「……………………………………」


グリーン「……………………………………」


オーキド「…………二人共?」


レッド「……………………………………」


グリーン「……………………………………」


オーキド「ど、どうしたんじゃ?」


19 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 22:39:58 ID:FLYNtW9s
レッド「………………………………」


グリーン「………………………………」


オーキド「レッド! グリーン! 何故黙っておるんじゃ? 何か訳があるのか?」


レッド「………………………………」


グリーン「………………………………」


オーキド「ふ、二人共…………」


レッド「………………………………」


グリーン「………………………………」



オーキド「何なんじゃいったい……ワシはどうすれば……」


20 : ◆ErZIs1VBmo 2016/12/10(土) 22:40:34 ID:FLYNtW9s
おわりです
この二人の不意打ちには驚きましたね
ありがとうございました


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1481371664/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ポケモン」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ