Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千歌「梨子ちゃんにドン引きされた話」

1 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/30(金) 23:53:34.51 ID:DK4I1RuZ.net
千歌「……あの」

梨子「……」

千歌「梨子ちゃ……梨子さん…?」

千歌「聞こえていますか~……?」

梨子「……」

千歌「り……桜内さん……」

梨子「……」

千歌「梨子様…」

梨子「……なに?」

千歌(えっ、これで反応するんだ)




3 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/30(金) 23:57:41.31 ID:DK4I1RuZ.net
千歌「いや、そのっ、そろそろ機嫌なおして貰えないかなと…?」

梨子「……」

梨子「あのね、千歌ちゃん」

千歌「はい」

梨子「親しい仲にも礼儀ありって言うじゃない」

梨子「初めてあったときから、浜辺でいきなり後からスカート捲ったりした事もあったわ」

梨子「でも今はないよね?」

千歌「はい…」

梨子「まあ、自分で言うのもなんだけど、千歌ちゃんとは仲良くはなったと思うわ」

梨子「だから、まあ多少の悪ふざけも笑って見過ごすわ」


4 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:00:01.79 ID:fmX2om5/.net
梨子「でも、だからってね」

梨子「『1セットぉ!!』って叫びながらパンツずり下ろすのはどうかと思うの」

千歌「はい…」

梨子「私びっくりしたからね。部屋に入った瞬間パンツ下ろされるなんて」

梨子「一瞬何されたか分からなかったからね」

梨子「あと1セットってなに」


5 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:02:23.40 ID:fmX2om5/.net
千歌「それは……その…掛け声というか」

梨子「いい声で言ってたよね。『1セットぉ!!』って」

梨子「2セット目があるのかって話だよ」

千歌「はい…」

梨子「……と、まあ」

梨子「ここ、までが先週の話しね」

千歌「はい……」


9 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:06:32.52 ID:fmX2om5/.net
梨子「私、先週のあの時、すごく怒ったよね」

梨子「千歌ちゃんの家だったから、まだ良かったけど、外でこんなことしたら絶対に許さないって」

千歌「はい…」

梨子「でも千歌ちゃん」

千歌「はい……」

梨子「帰り道で思いっっきりやったよね、ずり下ろしたよね」

梨子「『2セットぉ!!』って叫んだよね」

梨子「悪意しかないよね!?」


10 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:08:56.31 ID:fmX2om5/.net
梨子「やめてって言ったよね!?」

千歌「フリかなって…」

梨子「どうして私をネタキャラにしようとするの……違うから…」

千歌「で、でもでも、周りに人いなかったんだし…」

梨子「……はい?」

千歌「はい…」

梨子「全く反省してないみたいね…」

千歌「はい…」

梨子「ちょっと」

千歌「あっやべっ」


13 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:12:35.13 ID:fmX2om5/.net
梨子「ふ~ん、そっかぁ、反省してないんだ」

千歌「ちっ、違うよ!今のはっ、あれだよ!ついやっちゃっただけで、本当は悪いって思ってるよ!」

梨子「その割には誠意が伝わらないね…」

千歌「う~……じゃあなんでも言う事聞くから…」

梨子「……」

梨子「なんでも……?」

千歌「! そうそう、なんでもなんでも」

梨子「……」


18 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:14:34.31 ID:fmX2om5/.net
梨子(……あっ、そうだ……いや、これは……でも……ばっちいし……でもたまにキツめに……いやでも……)

千歌「梨子ちゃん?」

梨子「……本当になんでもいいのね?」

千歌「うん」

梨子「……」

千歌「……」

梨子「……本当に?」

千歌「本当に」


20 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:16:57.49 ID:fmX2om5/.net
梨子「引かない?」

千歌「えっ、引くようなことするの?まあいいけど…」

梨子「えっ、いいの?」

千歌「うん」

梨子「……わかった」

梨子「……ちょっと、待ってて」

千歌「あ、うん…」

カララッ、ピシャッ

千歌(何しに行ったんだろ…?)


22 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:19:37.40 ID:fmX2om5/.net
10分後

カララッ、ピシャッ

千歌「おかえり」

梨子「…ただいま」

千歌「それで、なんだったの?」

梨子「…とひあえず、そこに正座」

千歌「あっ、うん…」

梨子「……千歌ちゃん」ギシッ

梨子「今から、私の奴隷ね」

千歌「ん?なんて?」


27 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:23:16.63 ID:fmX2om5/.net
梨子「今から私の気が済むまで千歌ちゃん、は私の奴隷、下僕」

梨子「右を向けと言えば、右を向く」

梨子「……OK?」

千歌「う、うん」

梨子「うんじゃない、返事は、はい」

千歌「は、はい」

梨子「ん、いい子」

千歌「それで、梨子ちゃん…」

梨子「梨子様」

千歌「…梨子、様」

梨子(…あっこれ……すごいかもしれない……)ゾクッ


28 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:26:33.40 ID:fmX2om5/.net
梨子「そうね……千歌」

梨子「とりあえず、足をなめてもらおうかな…」ズイッ

千歌「は、はい……」

千歌(……ん?)

梨子「どうしたの千歌、早く舐めなさい」

千歌(めっちゃ石鹸の匂いする)

千歌(……ああ、さっきのは…)

千歌「……わかりました」

梨子「!」


30 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:31:00.65 ID:fmX2om5/.net
千歌「……ん、む…」レロッ

梨子「っ…!」ビクッ

梨子「そ、そう、隅々まで綺麗にすることね…」

千歌「んちゅ…」

梨子(……な、なんて……)

梨子(すごい光景……)ゾクッ


33 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:35:37.24 ID:fmX2om5/.net
梨子「ほら、こっちも……」

千歌「はい……れろっ…」

梨子(千歌ちゃんが私の足舐めてる……!)

梨子(屈服して、もう、なんか、もう……!)

梨子「……千歌、後ろを向いて四つん這いになりなさい」

千歌「? はい……」クルッ

梨子「……」ファサッ

千歌「きゃっ!? り、梨子ちゃっ、スカートが……!」

梨子「梨子様よ」バシンッ!

千歌「ぁいたいぃ!?」

千歌(えっ!?おしり打たれた?)


34 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:39:50.42 ID:fmX2om5/.net
梨子「ふふ、無様な姿ね、千歌……?」バシンッ!

千歌「いたぁつ……!?」

梨子「水玉…千歌らしい下着ね」バシンッ!

梨子「これは、下ろしてしまってもいいのかしら?」

千歌「っ、それは……!」

梨子「嫌ならずっとこうよ!」バシンッ!

千歌「いたっ!」


40 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:44:36.54 ID:fmX2om5/.net
梨子「ふっ、ふふふ……」ゾクゾクッ

ーーー

バシンッ!バシンッ!バシンッ!

梨子「ふふ、だんだん赤くなってきたわね、千歌……?」

千歌「はぁ、はぁ……!」

千歌(…確かに、さっきから痛い、なのに……)

千歌(痛いのに、変に、ドキドキ、する…)ドキドキ

梨子「ふぅ……」

千歌「ぁ……」

梨子「もう気が済んだわ」

梨子「ありがと、千歌ちゃん。もういいよ」

千歌「……」

梨子「……ん?」


43 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:48:13.23 ID:fmX2om5/.net
千歌「……っと」

梨子「…なに?」

千歌「もっ…と、して、ください……梨子様…」フリフリ

梨子「っ……っ!!」ゾクゾクッゾクゾクッ

梨子「…そ、そう…仕方ないわねぇ…!」バシンッ!

千歌「いたぁいっ……!」ゾクッ

梨子「千歌、もしかしてお尻打たれて、本当の本物のMに目覚めちゃったんじゃあない……!」バシンッ!


44 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:52:03.68 ID:fmX2om5/.net
千歌(わかんない、わかんないっ、でも、でも……)トロォ

千歌「気分が高揚してぇ、もっと、されたい……!」

梨子「ふふふふっ……!」バシンッ!

トロォッ、ニチャッ…

梨子「っ!」

梨子(……こ、これって…!)

梨子「…千歌、あなた……」

千歌「梨子様ぁ……」

梨子「~~~っ!」

梨子「……」ズルッ

千歌「あぁっ……!」ニチャアッ

梨子「ふっ、ふふ、お尻打たれて、こんなに濡れてる何て……」

梨子「やっぱり、千歌は変態のマゾヒストね……!」

千歌「ちっ、ちが……」


45 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:55:56.53 ID:fmX2om5/.net
梨子「ならっ、これはどうしちゃったのかしらね…!」グチュッ!

千歌「ぅぁあっあっ!?」

梨子「水たまりが出来ちゃってるじゃない、ふふ……!」

千歌「梨子様ぁ……!」



梨子(な、なに……やってるの私ー!?)

梨子(おっ、おふざけですぐ辞めるつもりだったのに、こんな……止められなくなっちゃって…!)

梨子(さ、さすがに、これ不味いよね……指突っ込んじゃってるけど、今ならまだ間に合っ……)


千歌「梨子、様ぁ……とめない、で、ください……お願いします、お願いします……!」フリフリ


梨子「」プッツン


47 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 00:59:45.75 ID:fmX2om5/.net
ガシッ、グチュッグチュッ!!

千歌「ひぁぁあっ!?」

梨子「しっかたないわねぇ! 変態マゾヒストの下僕を持っていては、大変ね…!」ゾクゾクッ

千歌「しゅみませんっ、すみっ、ませぇん……!」ゾクゾクッ

梨子「でもいいわ、今とても気分がいいの……好きに感じなさい」グチュッグチュッ

千歌「ぁぁぁぁっ!!ぁ、ありがとうございます、ありがとうございます梨子様ぁぁぅつ……!」

ポタポタポタッ


49 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 01:02:38.92 ID:fmX2om5/.net
千歌「ぉっぉっ、うっ、梨子様ぁ、私、私……!」

梨子「もう限界? いいわ、好きなタイミングで……!」

千歌「あっあ、いっ、ぃっぃぃっ、ぁあっ……!!」ビグゥゥ!!

千歌「はぁっー、はぁっーっ……!」ピクピク…

梨子「……」ハアハア

千歌「……あ、りがとうございます、梨子さ…」

グチュッグチュッグチュッグチュッ!!

千歌「ぁうまぁっ!?」


52 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 01:05:43.38 ID:fmX2om5/.net
梨子「なに終わった気でいるの、まだよ、あなたは私の気が済むまで…」

梨子「感じ続けている事ね……」ゾクゾクッ

千歌「あっ、だ、めぇ、っ今っ、まだ、だめだめだめだめぇぅっ……!!」プシャァァッ!!

梨子「あはっ!」

千歌「ひぁあっぅっ!?腰、抜ける、ぅぅ……!」ガクガクッ

グチュッグチュッ!!

千歌「ああああああああっ!!??」ビグゥゥ!!


53 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 01:08:40.77 ID:fmX2om5/.net
梨子「アハハははっ!!」グチュッグチュッ!!

千歌「しぬぅ!もう、し、しんじゃうぅう……!!」ガクガクッガクガクッ

梨子「あら、そう」パッ

千歌「え゛っ……」

梨子「千歌が死んじゃうなら、やめておくわ。かなしいし」

千歌「そ、それは、ちがっ……!」

梨子「なに? 死んじゃうんじゃないの?」

梨子「……本当は、どうして欲しいの?ん?」ゾクゾクッ


54 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 01:15:19.56 ID:fmX2om5/.net
梨子「千歌は「イかせてくださィイっ!!」

梨子「!」

千歌「お願いします、梨子様、梨子様……!」

梨子「……!!」グチュッ!!

千歌「ぁはぁっぅっ……!!」

梨子「……変態♡」グチュッグチュッ!!

千歌「えうっ……!」ゾクゾクッ

梨子「……ドMな変態女子高生ね…!」グチュッグチュッ!!

千歌「い、いいですッ、構いませんからァ……!」

梨子「ほらっ、思いっきり、イっちゃいなさい……!!」グリッ!!

千歌「ぐっっ、ぅおおぁぁあぁっ……っぁあああああああっ!??!!」ビクビクゥ!!

千歌「はっー!はっぁー!ぁっ、ぁっあ……!」ガクガクッ

梨子「はっ、ははは……」ゾクゾクッ

梨子「あなたの愛液で手が汚れたわ、舐めなさい、千歌」

千歌「はい、梨子様……♡」


55 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 01:16:46.64 ID:fmX2om5/.net
ーーー

千歌「……」

梨子「……」土下座

千歌「……梨子ちゃん」

梨子「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…」

千歌「い、いいよ、もう気にしてないから……」

梨子「で、でも私、千歌ちゃんに酷いこと……!」


58 : 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 01:22:44.72 ID:fmX2om5/.net
千歌「もう、本当、大丈夫だよ、頭あげて……?」

梨子「それじゃ私の気が済まないの!……千歌ちゃん、今度は、私がなんでも言う事聞く!」

千歌「……」

梨子「なんでも言って!」

千歌「……そっか、なんでもいいんだね?」

梨子「うん!」

千歌「……じゃあ、また、ああいうこと、して」

梨子「……え?」

千歌「……梨子様が、躾」

梨子「……!」


千歌「……責任とってよね、千歌を、こんな風にした……ね♡」


おわり


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1483109614/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!サンシャイン!!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。