Powered By 画RSS


穂乃果「Printempsの事大好きですっ!」

1 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:06:00.54 ID:GQ4lq0Qw.net
穂乃果「ふぅ…休憩休憩っと」

花陽「あの…穂乃果ちゃん?」

穂乃果「どうしたの?」

花陽「さっきのサビの振り付けなんだけど…」

穂乃果「あ?気が付いてくれた?穂乃果なりにアレンジしてみたんだけどどうかな?」




2 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:06:46.93 ID:GQ4lq0Qw.net
花陽「えっと…あそこは今までの方がいいような気がするの」

穂乃果「え~!?サビなんだから激しく踊った方がいいじゃん!」

花陽「うう…それもそうなんだけど…」

穂乃果「そっちの方が絶対盛り上げるって!」

花陽「だ…だけど…」


3 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:07:26.91 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「ほ…穂乃果ちゃん?」

穂乃果「ことりちゃんは穂乃果の意見に賛成だよね?」

ことり「こ…ことりは…」

穂乃果「二人ともはっきりしてよ!!」

ことり「そ…その前にかよちゃんの意見を聞いてあげよう?」

ことり「穂乃果ちゃん、少し落ち着いて…ね?」

穂乃果「…うん」


5 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:08:39.52 ID:GQ4lq0Qw.net
花陽「あのね、この曲の振り付け、応援してくれるファンの人と一緒に踊れるようにって考えたでしょ?」

穂乃果「うん」

花陽「だから、盛り上がる様な振り付けも大切だけど、分かりやすい振り付けの方がいいかなって」

穂乃果「だけど、今のままじゃあまり盛り上がらないと思うんだ」

穂乃果「それに、これぐらいならみんなできるよ!」

花陽「そ…そうかもしれないけど…」

穂乃果「じゃあ、穂乃果の考えた方がいいじゃん!」

ことり「穂乃果ちゃん、花陽ちゃんの話をちゃんと聞かないとダメだよ…」

穂乃果「…分かった」


6 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:09:43.20 ID:GQ4lq0Qw.net
花陽「あのね、穂乃果ちゃん…」

花陽「花陽は、ずっと運動も出来なくて、ダンスも下手だったから」

花陽「振り付けを覚えられない人がいて、一緒に盛り上がれない人がいたらって考えると、やっぱり、悲しい気持ちになるの…」

花陽「みんなで盛り上がる曲にしたいって作った振り付けと曲だから、簡単な方がいいと思うんだけど…駄目…かな?」

穂乃果「だけど、あれぐらいなら…みんな…」

花陽「うん…みんな穂乃果ちゃんみたいに運動神経がいいならいいけど…」

花陽「昔の花陽なら…覚えるのに精一杯だったと思うから…」


7 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:10:27.80 ID:GQ4lq0Qw.net
穂乃果「で…でも、それはMCで分かりやすく説明すれば…」

花陽「そ…それもそうなんだけど…」

穂乃果「じゃあ、練習すればみんなできるよ!」

穂乃果「だって、派手に盛り上がった方がいいに決まってるし」

花陽「う…うん…」


8 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:11:22.04 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「ま…待ってよ!穂乃果ちゃん」

穂乃果「ことりちゃんもみんなで派手に盛り上がった方がいいと思うでしょ?」

ことり「そ…それはそうだけど…」

穂乃果「じゃあ、穂乃果の考えた方で決まりね!」

ことり「ことりは、かよちゃんの意見も分かる…な」


9 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:12:42.68 ID:GQ4lq0Qw.net
穂乃果「えっ…?」

ことり「確かに盛り上がる様な振り付けも大切だし、その方がいいとは思うよ」

穂乃果「そ…それなら…」

ことり「だから今回は、かよちゃんの意見に賛成かな?」

穂乃果「こ…ことりちゃん…?」

ことり「ことりは衣装を作る時も、舞台映えする物が良いって考えてるけど」

ことり「ただ、派手にするだけじゃダメだって、かよちゃんやにこちゃんに教えてもらったの」

ことり「曲のイメージや、ステージや照明の事とか、他にも色々な事考えて作った方がいいって」


10 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:13:43.83 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「今回はみんなで踊って楽しむ曲ってテーマだから、私はそこまで派手に踊らなくてもいいと思うな」

ことり「会場の全員で盛り上がるなら、分かりやすい振り付けの方がいいと思うの」

ことり「ことりも運動神経がいい方じゃないから、かよちゃんの気持ちも分かるし…」

穂乃果「…」

花陽「あ…あのね…穂乃果ちゃん」

穂乃果「…もういいよ」


12 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:14:32.55 ID:GQ4lq0Qw.net
穂乃果「二人がそういうなら…それでいい」

花陽「ま…待って…」

ことり「そんな…それじゃあ意味ないよ…」

穂乃果「二人はよく一緒にいて衣装も作ってるし、デュエット曲も歌ってるし、とっても仲が良いもんね…」

穂乃果「だから、アイドルの事に関しては二人の方が意思疎通は出来てると思う…」

穂乃果「今回は、二人の意見を…」


13 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:15:47.01 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「穂乃果ちゃん!」

穂乃果・花陽「…!?」

ことり「そんな言い方するなら、ことり…穂乃果ちゃんと一緒に歌えないよ…」

花陽「こ…ことりちゃん…」

穂乃果「ど…どうして…」

ことり「私達は三人のユニットなんだよ、穂乃果ちゃんとかよちゃんと私」

ことり「それなのに、穂乃果ちゃんが納得しないまま強引に進めるなんてできないよ」

ことり「だから…今のままじゃ穂乃果ちゃんと歌えない…」


14 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:16:20.08 ID:GQ4lq0Qw.net
穂乃果「穂乃果は…納得したもん!」

ことり「そんな事無いよ。私達、幼馴染だもん。穂乃果ちゃんが嘘ついてるなんてすぐ分かるよ」

穂乃果「そ…それは…」

花陽「ふ…二人とも落ち着いて…」

花陽「花陽が最初に変な事言ったから…悪いのは私…」

ことり「ううん…花陽ちゃんは悪くないよ…」


15 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:17:16.01 ID:GQ4lq0Qw.net
穂乃果「じゃあ…穂乃果はいない方がいいかもね」

花陽「えっ…?」

穂乃果「二人で歌った方がいいよ…この曲…」

ことり「でも…みんなで盛り上がれる曲にしたいって言ったのは穂乃果ちゃんじゃ…」

穂乃果「穂乃果…帰る」

ことり「待ってよ!穂乃果ちゃん!」

穂乃果「きっと、二人なら歌えるよ…お客さんと一緒に…」


16 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:17:53.62 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「…」

花陽「こ…ことりちゃん…ごめんなさい…」

花陽「花陽が余計な事言っちゃったから…こんな事になって…」

ことり「それは違うよ…」

花陽「穂乃果ちゃんがこのまま帰ってこなかったら…花陽…」グスッ

ことり「…」

ことり(ことりだって、どうしたらいいのか分からないよ…)

ことり(でも、今だけは泣いちゃダメ…)

ことり(一番傷ついてるのは、かよちゃんだもん…)

ことり(それに、一番悪いのは、きっと私だから…)


18 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:18:30.75 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「かよちゃん、今日はもう帰ろう?」

花陽「うん…」

ことり「家まで送っていくから…」

花陽「ううん…大丈夫。一人で帰れるから…」

ことり「…分かった。気を付けてね」

花陽「うん…ありがとう…」


19 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:19:09.17 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり(私はダメな先輩だなあ…)

ことり(こういう時、そばにいてあげられないなんて…)

ことり(穂乃果ちゃんともああなっちゃうし…どうしたらいいの…)

絵里「ことり?練習はどうしたの?」

ことり「え…絵里ちゃん…」


20 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:19:44.28 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「な…なんでもないよ」

絵里「何でもないって言われても…その顔見たら誰だって心配するわよ」

ことり「そ…それよりも、絵里ちゃん練習は?」

絵里「さっきまで生徒会の仕事があって、これから合流するところなんだけど…」

ことり「それなら、早く行った方が…」

絵里「やめにしたわ」

ことり「えっ…?」


21 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:20:31.33 ID:GQ4lq0Qw.net
絵里「良かったら話、聞いてあげるから」

絵里「その前に泣いてもいいの」

ことり「え…絵里ちゃん…」

ことり「ことりが…全部悪いせいで…」

絵里「何も話さなくていいわ…誰も見てないから好きなだけ…ね」

ことり「うん…ありがとう…」


22 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:21:07.30 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「ごめんなさい…絵里ちゃん…沢山泣いて…」

絵里「ふふっ、謝らなくてもいいわ。それで何があったの?」

ことり「ことりのせいで、私達バラバラになっちゃった…」

ことり「どうしたらいいかな…穂乃果ちゃんの事もかよちゃんの事も大好きだから、今のままなんて絶対イヤ…」

絵里「ことり…」

ことり「あはは…ことり泣いてばかりだ…」

絵里「今は、それでいいわ」

絵里「辛いことがあったら、まずは好きなだけ泣いていいと思うの」

絵里「解決するのは、その後でね?」

ことり「ありがとう…絵里ちゃん…」


23 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:21:47.49 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「あのね…絵里ちゃん。聞いてもらっていい?」

絵里「ええ、何でも聞くわ。穂乃果と花陽と何があったの?」

ことり「えっと…」


24 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:22:38.87 ID:GQ4lq0Qw.net
絵里「そう…そんな事が…」

ことり「ことりが、穂乃果ちゃんの意見を上手く取り入れてあげたら良かったと思うの…」

ことり「あれじゃあ、意見の押し付け合いになって…何も変わらないのに…」

ことり「それに、かよちゃんが一番傷ついていたのに、優しい言葉もかけてあげられなくて…」

ことり「だから…ことりのせいで…」

絵里「ことり…」


25 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:23:28.36 ID:GQ4lq0Qw.net
絵里「きっと、誰も悪くないわ」

絵里「ことりも、穂乃果も花陽も」

ことり「でも…」

絵里「話を聞く限り、穂乃果の意見もことりや花陽の意見も正しいと思うわ」

絵里「だから、誰が悪いとかじゃないのよ」


27 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:24:30.72 ID:GQ4lq0Qw.net
絵里「あなた達は乗り越えないといけない壁にぶつかってるだけなのよ」

ことり「壁…」

絵里「私達はね、いつもケンカしてるの…主ににこと真姫が」

絵里「歌詞のここが嫌だとか、ダンスの振り付けがどうとか小さなことで毎回ね」

絵里「でも、それって大切な事でしょ?」

絵里「私達はアイドルなんだもの、少しでもいいパフォーマンスをしたいと思うのは当然じゃない?」

ことり「うん…」

絵里「だから、自分の意見を言う事は悪いことじゃないわ」


28 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:25:13.03 ID:GQ4lq0Qw.net
絵里「私が思うに、穂乃果は常にぐいぐい二人を引っ張るタイプで」

絵里「二人は、穂乃果が無茶を言った時に、優しくたしなめる側でしょ?」

ことり「…うん」

絵里「今までは、それでバランスが取れてたんだけど」

絵里「今回は穂乃果と二人の意見が正反対になって、穂乃果は驚いちゃったのよ」

絵里「いつもは、穂乃果の言う事を聞いてくれてた二人がどうして…ってね」

ことり「…」


29 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:25:51.42 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「…絵里ちゃんは」

ことり「絵里ちゃんはにこちゃんと真姫ちゃんがケンカした時にどうするの?」

絵里「そんなの一つに決まってるじゃない」

ことり「やっぱり仲裁に…」

絵里「違うわ、ことり」

ことり「えっ…?」


30 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:26:33.83 ID:GQ4lq0Qw.net
絵里「私の意見をぶつけて、三人が心の底から納得するまで話し合うわ」

絵里「私達、全員意地っ張りだから中々纏まらないけど」

絵里「それでも、誰一人として妥協は絶対しないの」

絵里「そんな事したら二人は本当に怒るでしょうから」

絵里「もちろん、にこや真姫が妥協したら、私も怒るわよ」


31 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:27:22.48 ID:GQ4lq0Qw.net
絵里「だから、3人はきっと超えないといけない壁にぶつかっているのよ」

絵里「お互いの意見をぶつけたままで止まっているだけだから。この先どうするのかは分かるでしょ?」

絵里「だってことり言ってたじゃない」

絵里「穂乃果の意見も分かるけど、花陽の意見の方が正しいって」

絵里「それって、きっと妥協なのよ。穂乃果の意見も正しいって少しでも思ってるならね」

ことり「…うん」

絵里「きっと、この壁を乗り越えたら今以上にいいパフォーマンスが出来るから」

絵里「だから、頑張って。ことり」


32 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:28:01.88 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「でも…かよちゃんの事、心配で…」

絵里「花陽も乗り越えないといけない壁に当たっているわ」

絵里「自分が意見を出したことが原因で、揉め事起こってしまったって考えているなら」

絵里「ことりが慰めるのは逆効果だと思う」


33 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:28:34.13 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「そんな…でも…」

絵里「厳しい言い方をすると、今後もこういうことがあった時、花陽は自分の意見を言えなくなってしまうから」

絵里「これは、自分で乗り越えないといけないのよ」

絵里「当事者のことりが慰めるのは一番良くないわ。きっと罪悪感が増すだけ」

絵里「ことりの心配する気持ちも分かるけど、今はそっとしておきましょう?」

絵里「いざとなったら私が何とかするから、今は自分の事だけ考えていればいいわ」

ことり「絵里ちゃん…ありがとう…」


34 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:28:58.41 ID:GQ4lq0Qw.net
にこ「絵里…こんなところにいたのね」

真姫「遅れるなら連絡しなさいよ」

絵里「ごめんね、そろそろ行くから」

にこ「まあ、取り込み中ならいいけど…」

絵里「ことり、もう行っても大丈夫?」

ことり「うん。絵里ちゃん、ありがとう」


35 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:29:34.47 ID:GQ4lq0Qw.net
真姫「それなら早く行くわよ。まだ新曲について何も決まっていないんだから」

にこ「だから、にこの言う通りにすればいいっていってんのよ」

真姫「にこちゃんの考えるステップ、正直イマイチだし」

にこ「ぬわんですってええ!!」

絵里「…いつもこの調子なの」フフッ

ことり「あはは…」


36 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:30:19.09 ID:GQ4lq0Qw.net
絵里「そこなんだけど、私新しいステップ考えてきたから」

真姫「それを早く言いなさいよ…」

にこ「まあ、見るだけ見てあげるわ」

ことり「…ことりも頑張らないと」

ことり「下を見てたら壁は越えられないもんね」


37 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:31:08.07 ID:GQ4lq0Qw.net
花陽「はぁ…」

希「あら?花陽ちゃん?」

花陽「あ…希ちゃん…」

希「今は練習の時間じゃないん?」

花陽「うん…今日は色々あって終わりなんだ」


38 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:32:20.16 ID:GQ4lq0Qw.net
希「そっか」

花陽「希ちゃんは今から練習?」

希「今日は海未ちゃんが弓道の日で、凛ちゃんは放課後に用事があるって言ってたからお休みなんよ」

希「その代わり、朝練は三人で頑張ったからね」

花陽「そうなんだ…お疲れ様…」


39 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:32:51.09 ID:GQ4lq0Qw.net
希「ねえ、花陽ちゃん」

希「良かったらウチとお話ししていかない?」

花陽「今はその…」

希「それとも凛ちゃんの方が話しやすかったかな?」

花陽「えっ…」

希「こんな言い方、フェアじゃないとは思うけど、ちょっと心配なんよ」


40 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:33:29.78 ID:GQ4lq0Qw.net
希「話したくない事なら、ウチに話さなくてもええよ」

希「でも、今の花陽ちゃんの事放っておけないから、家まで送っていくぐらいはしてもいいかな?」

花陽「ごめんなさい…」

花陽「でも…凛ちゃんには今は会いたくないの…」

希「…?」

花陽「花陽のこんなところ見られたくないから…」

希「花陽ちゃん…」


41 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:34:13.54 ID:GQ4lq0Qw.net
希「とりあえず教室入ろう?」

花陽「うん…」

希「もしかして、穂乃果ちゃんとことりちゃんと何かあった?」

花陽「花陽が余計な事を言ったせいで…私達…」

希「余計な事…?花陽ちゃん、最初から話してもらってもいいかな?」

花陽「…うん」


42 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:34:43.83 ID:GQ4lq0Qw.net
希「今回のケンカの原因は、花陽ちゃんの発言が原因だと考えてるんやね」

花陽「だって、花陽が余計な事を言わなければ、こんな事にはならなかったし…」

希「確かに、ここまでの大事にはならなかったかもしれんね」

花陽「うん…」

希「でも、花陽ちゃんはそれで良かったんかな?」

花陽「えっ…?」


43 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:35:25.86 ID:GQ4lq0Qw.net
希「花陽ちゃんは、穂乃果ちゃんの意見に反対…とまではいかなくても自分の意見を言っただけやん」

希「ウチは、ファンの立場になって考えることが出来るって、花陽ちゃんにしかできない素敵な考え方だと思うんよ」

希「アイドル大好きな花陽ちゃんならではやね」

花陽「でも…」

希「花陽ちゃんの発言が原因でケンカになったから自分が悪いって思ってるん?」

花陽「うん…」


44 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:36:21.36 ID:GQ4lq0Qw.net
希「花陽ちゃんは、お互いの意見をぶつけ合う事って良くない事だと思うんかな?」

花陽「えっ…?」

希「花陽ちゃんも、ことりちゃんも、穂乃果ちゃんも自分がこうしたいって言っただけやん?」

希「それってウチはとてもいい事だと思うんよ」

希「三人とも理にかなった主張をしてると思うし、誰が正しいかなんて重要じゃないんよ」

希「一番大切なのは、意見を話し合って、その先どう進むのかって事やん?」


45 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:36:50.43 ID:GQ4lq0Qw.net
希「だから、花陽ちゃん」

希「自分が話したことが原因でこうなったなんて言ったらあかんよ」

希「それは、自分の意見まで否定してしまう事になるから」

希「さっきも言ったけど、花陽ちゃんの意見は本当に素敵だと思うし」

花陽「希ちゃん…」


46 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:37:18.70 ID:GQ4lq0Qw.net
希「この先は、どうしたらいいと思う?」

希「いや、花陽ちゃんはどうしたいかな?」

花陽「は…花陽は…」

花陽「花陽は二人の事大好きだから、もう一度3人で歌いたいの」

希「うん」

花陽「だからもう一度、穂乃果ちゃんとことりちゃんとお話ししたい」

花陽「そして、もう一度花陽の考えを伝えたいの」

花陽「穂乃果ちゃんの言ってた事も正しいと思うから…新しい振り付けを考えようって」

希「そっか、それなら大丈夫やね」


47 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:37:57.66 ID:GQ4lq0Qw.net
花陽「でも…穂乃果ちゃんが花陽に会ってくれるのか不安で…」

花陽「ことりちゃんと二人で歌ったらって言われたから…」

希「大丈夫。穂乃果ちゃんは必ず会ってくれるんよ」

希「どうしてもダメならウチが何とかしてあげるからね」

花陽「希ちゃん…ありがとう…」


48 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:38:58.07 ID:GQ4lq0Qw.net
希「後は、花陽ちゃんが、穂乃果ちゃんとことりちゃんを納得させられる意見を出すことが大切やね」

花陽「うん…自信ないけど…」

希「花陽ちゃん、一つ忘れてない?」

花陽「えっ…?」

希「穂乃果ちゃんは、花陽ちゃんとことりちゃんがアイドルの事で意思疎通ができてるって言ったやん?」

希「それなら穂乃果ちゃんの相手は誰になるかな?」

花陽「凛ちゃん…」

希「きっと、いい相談相手になってくれるよ」

希「頑張ってね、花陽ちゃん」

花陽「ありがとう、頑張ってみるね」


49 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:39:38.98 ID:GQ4lq0Qw.net
絵里「はぁ…はぁ…」

希「えりち?急いでどうしたん?練習は?」

絵里「気になる事があって抜けてきたわ、練習に身が入らなくて…」

絵里「そんな事よりも…花陽見てないかしら?」

希「花陽ちゃんならさっき帰ったよ」

絵里「そう…遅かったみたいね…」


50 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:40:14.49 ID:GQ4lq0Qw.net
希「もしかして、えりちも聞いたん?三人の事」

絵里「という事は希も?」

希「うん…」

絵里「あの三人がこうなるなんて思わなかったけど…」

希「でも、信じるしかないよ」

絵里「ええ…そうね」

希「大丈夫、おっかない生徒会長さんだって最終的には素直になってアイドルの仲間入りできたんやし」

絵里「…希」

希「んー?」

絵里「はぁ…まあいいわ…」

絵里「上手くいくといいけど…」

希「そうやね、でも大丈夫や…きっと」


51 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:40:56.57 ID:GQ4lq0Qw.net
海未「穂乃果、遅くなってすみません」

穂乃果「いいよ…穂乃果がいきなり誘ったんだから…」

海未「…?」

海未「穂乃果、何かありましたか?」

穂乃果「うん…」


52 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:41:31.68 ID:GQ4lq0Qw.net
穂乃果「し…新作のほむまん…良かったら食べて?」

海未「穂乃果の話を聞いてから食べますので、今は結構です」

穂乃果「えっ…?」

海未「顔を見ていれば分かりますよ。何かあったことぐらい」

穂乃果「うん…」


53 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:42:10.01 ID:GQ4lq0Qw.net
海未「そう…そんな事が…」

穂乃果「穂乃果最低だよ…二人で歌ったらいいなんて…」

穂乃果「ことりちゃんの事も花陽ちゃんの事も大好きだから、本当は三人で歌いたいのに…」

海未「そうですね。全くその通りだと思います」

海未「穂乃果は最低ですね」

穂乃果「…うん」

海未「私がこういえば満足ですか?」

穂乃果「だってその通りだし…」


54 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:42:47.85 ID:GQ4lq0Qw.net
海未「はぁ…」

海未「穂乃果はバカなんですから、難しい事を考えなくていいんです」

穂乃果「ひどいよ…海未ちゃん…」

海未「自分が悪いと思うなら、ちゃんと謝ればいいんですよ」

海未「何をするにも、まずはそれからです」

穂乃果「海未ちゃん…」


55 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:43:21.75 ID:GQ4lq0Qw.net
海未「他にも色々余計な事を考えていると思いますが、まずは謝りましょう」

海未「私達も数えきれないぐらいケンカしていますが、こうして一緒にいるわけですし」

海未「話せば二人ともわかってくれますよ」

穂乃果「うん…」

海未「それに、もう一度三人で歌いたいのなら、その思いをぶつければいいんです」


56 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:44:06.47 ID:GQ4lq0Qw.net
海未「他にも言いたい事はこれ以上ないほどに山ほど沢山ありますが、今回は新作のおまんじゅうに免じて勘弁してあげます」

海未「これ以上不満を言ってしまうと私達もケンカになりそうなので」

穂乃果「あはは…」

海未「せっかくですし、いただきましょう?」

穂乃果「うん…」

海未「甘くておいしいですね、穂乃果」

穂乃果「…」

穂乃果「ううん…とてもしょっぱいよ…」

穂乃果「おかしいよね…なんでかな…」

海未「穂乃果…」

海未「大丈夫ですよ。ことりも花陽もきっと許してくれますから」

穂乃果「ありがとう…海未ちゃん…」


57 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:44:40.50 ID:GQ4lq0Qw.net
海未「謝った後、どうしたらいいのかは言わなくても分かりますね?」

穂乃果「うん、分かってるよ」

海未「なら安心しました。もう遅いので私は帰りますね」

穂乃果「あの…海未ちゃん…」

海未「はい」

穂乃果「ありがとう…」

海未「なんとなく、ことりの気持ちが分かったかもしれません」

穂乃果「えっ?」

海未「私達がケンカしてる時、ことりはこのような気持ちなのかと思いまして」

海未「ちゃんと、仲直りしてくださいね」

穂乃果「うん!」


58 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:45:19.79 ID:GQ4lq0Qw.net
穂乃果「…」

穂乃果「本当は、今すぐにでも二人に謝りたいけど、もうこんな時間だし…」

穂乃果「明日の朝、二人とちゃんとお話ししよう…そしてもう一度三人で歌いたいって謝らなくちゃ」

穂乃果「後、やる事は一つに決まってるよね」


59 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:45:44.30 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「…穂乃果ちゃんからメール」

ことり「どうしよう…正直見るのも怖いけど…」

ことり「でも、このままじゃ先に進めないもん」

ことり「…」

ことり「明日の朝…」

ことり「分かったよ、穂乃果ちゃん」

ことり「私達三人がまた歌うために、今は頑張らないと…」


60 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:46:45.65 ID:GQ4lq0Qw.net
花陽「うん…ありがとう。凛ちゃん」

花陽「自分の考えは纏まったから、後は穂乃果ちゃんとことりちゃんとお話しするだけなんだけど…」

花陽「穂乃果ちゃん会ってくれるかな…心配だよ…」

花陽「メール?穂乃果ちゃんから…」

花陽「…」

花陽「目をそらしちゃダメだよね」

花陽「明日の朝…神社で…」

花陽「うん…分かったよ」

花陽「ちゃんと花陽の思いを伝えに行くから」


61 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:47:16.30 ID:GQ4lq0Qw.net
花陽「…まだ花陽だけかな?」

希「おはよう、花陽ちゃん」

花陽「希ちゃん、おはよう」

希「その様子だと、二人とお話しするんかな?」

花陽「うん」

希「花陽ちゃん、きっと大丈夫だからね」

花陽「ありがとう、希ちゃん」


62 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:48:03.11 ID:GQ4lq0Qw.net
希「穂乃果ちゃんとことりちゃんが来たみたいやね。ウチは外してるから」

希「万が一何かあったら、ウチがまたお話聞いてあげるからね」

花陽「うん…」

希「それじゃあ、頑張って」

希(神様も見守ってくれるから…大丈夫)


63 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:48:46.79 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「もしもし、絵里ちゃん?朝早くからごめんね」

絵里「いいのよ、こんな時間に電話って事は二人と会うのかしら?」

ことり「うん…一応報告しておこうと思って」

絵里「そう…私から一つだけ」

絵里「きっと大丈夫。だから頑張って?」

ことり「ありがとう、絵里ちゃん」

絵里「ええ、それじゃあ、学校でね」

絵里(…本当に頑張ってね)


64 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:49:32.29 ID:GQ4lq0Qw.net
海未「一人で行くのが怖いって子供ですか…」

穂乃果「だって不安なんだもん…」

海未「まあ、気持ちは分からなくもないですが…」

海未「ここまで来たら後は一人で行けるでしょう?」

穂乃果「うん…」

海未「ほら、そんな暗い顔ではいけませんよ」

海未「いつもの穂乃果らしく行けば大丈夫です」

穂乃果「ありがとう…海未ちゃん」

海未「いってらっしゃい、穂乃果」

海未(全く…見送る事しかできないというのももどかしいですね…)

海未(穂乃果、ことり、花陽…)


65 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:50:00.23 ID:GQ4lq0Qw.net
穂乃果「おはよう、二人とも」

穂乃果「こんな時間に呼び出してごめんなさい」

花陽「うん…」

穂乃果「二人に大切な話があるの、聞いてもらえる?」

ことり「分かったよ」


66 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:50:36.47 ID:GQ4lq0Qw.net
穂乃果「昨日はごめんなさい!」

穂乃果「許してもらえるのか分からないけど、穂乃果は二人の事大好きだから」

穂乃果「穂乃果にもう一度…三人で歌うチャンスをください!」

ことり・花陽「…」

穂乃果「勝手だよね…こんな事ばかり言って…」

ことり「…」

ことり「穂乃果ちゃんはいつもそうだよ…」

穂乃果「ことりちゃん…」


67 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:52:19.07 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「私だって、二人の事大好きだから三人で歌いたいよ…」

ことり「なのに…先に言っちゃうんだもん…ずるいよ…」

ことり「穂乃果ちゃんのバカ…」

穂乃果「ごめんね…ことりちゃん…」


68 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:52:52.08 ID:GQ4lq0Qw.net
花陽「私も、また二人と歌いたい…」

穂乃果「花陽ちゃん…」

花陽「やっぱり…私達は三人で一つだから…」

穂乃果「うん…ありがとう…」

花陽「穂乃果ちゃん、ことりちゃん」

花陽「また、花陽と歌ってくれる…?」

穂乃果「うん…」

ことり「もちろんだよっ♪」


69 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:53:27.01 ID:GQ4lq0Qw.net
花陽「えへへ…良かった…」

花陽「あのね…それと…」

花陽「昨日ずっと考えてた事があるんだけど…いいかな?」

ことり「どんな事?」

花陽「やっぱり、花陽はみんなで簡単に踊れる振り付けが良いと思う」

穂乃果「…!」

花陽「でも、穂乃果ちゃんのいう事も分かるの、盛り上がった方がいいって」

穂乃果「花陽ちゃん…」


70 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:54:17.19 ID:GQ4lq0Qw.net
花陽「昨日は、自分の意見を話しただけで終わったから…」

花陽「新しい振り付け…考えてきたんだけど…見て貰える…?」

穂乃果「花陽ちゃん…」

花陽「ううん…二人に見て欲しいの」

穂乃果「ま…待って、花陽ちゃん」

穂乃果「実は…穂乃果も考えてきたんだ」


71 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:55:05.29 ID:GQ4lq0Qw.net
穂乃果「昨日は、自分の主張ばかりで二人の意見も聞こうとしないで」

穂乃果「ことりちゃんが花陽ちゃんの話を聞こうって何度も言ってくれたのに、自分の話ばかりして…」

穂乃果「穂乃果も、二人の意見も正しいって思ってたのに…あんなひどい事言って…」

穂乃果「自分の事しか考えてなかったから…二人がそういうなら、もういいやって考えて…」

穂乃果「でも、そんな事嫌なの!三人が納得するまで話し合っていいステージにしたいの!」


72 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:55:32.54 ID:GQ4lq0Qw.net
ことり「実はことりもなんだ…」

ことり「私もかよちゃんの言う通りにした方が良いって思ってたけど」

ことり「穂乃果ちゃんのいう事も間違ってないって思ってたの」

ことり「本当は、二人の意見を上手くまとめたかったのに…つい熱くなって」

ことり「穂乃果ちゃんと歌えないなんていっちゃって…」

ことり「本当は大好きな二人と、沢山歌って楽しく踊りたいのに…」

穂乃果「ことりちゃん…」


73 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:56:05.52 ID:GQ4lq0Qw.net
穂乃果「そ…それじゃあ、みんなで意見を出して新しい振り付けを考えよう!」

ことり「うん♪」

花陽「はいっ!」

ことり「えへへ…穂乃果ちゃんが先頭切ってくれるとやっぱり嬉しいな」

花陽「うん!」

穂乃果「そ…そうかな…///」


74 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:56:33.01 ID:GQ4lq0Qw.net
希「あー三人とも、盛り上がってる所悪いんやけど」

花陽「希ちゃん?」

希「そろそろ学校行かないと遅刻しちゃうよ?」

ことり「もうそんな時間!?」

穂乃果「今日は学校行かないで三人で色々お話ししたいのに…」

希「ウチとしては見逃してあげてもいいんやけど…」


75 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:57:51.36 ID:GQ4lq0Qw.net
海未「穂乃果、学校をさぼるなど許しませんよ!」

穂乃果「うえっ!海未ちゃん!?」

海未「心配になって見に来て良かったです…」

絵里「そうね、生徒会長として学校をさぼるなんて見逃せないわ」

ことり「絵里ちゃんまで!?」

絵里「ことり達の事が心配でね、来ちゃったわ」


76 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:58:18.27 ID:GQ4lq0Qw.net
穂乃果「ねえ、ことりちゃん、花陽ちゃん、ちょっと来て」

ことり「どうしたの?」

花陽「?」

穂乃果「学校行かないでこのまま逃げちゃおうか」

ことり「ことりは賛成♪」

花陽「うん♪」


77 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:58:45.62 ID:GQ4lq0Qw.net
穂乃果「海未ちゃん!」

海未「はい?」

穂乃果「あっちに海未ちゃんの作詞ノートが落ちてる!」

海未「えっ!?」

穂乃果「今だよ!」

ことり「ごめんね、海未ちゃん!」

花陽「今日だけは許してー!」


78 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:59:37.35 ID:GQ4lq0Qw.net
海未「あっ!ま…待ちなさい!」

希「う~みちゃん♪」

海未「の…希…」

希「これ以上追いかけるなら、どうなるか分かるよね?」

希「もちろん、えりちもやけど」

海未「はぁ…これでは私達が悪者みたいではありませんか」

絵里「私達の方が正しい事を言ってるはずなのにね…」

希「今日だけはそんな野暮な事は言わんでおこう?」

絵里「そうやっていつも美味しい所を持っていくんだから…」

希「ウチは、えりちや海未ちゃんみたいに真面目なところも好きよ?」

海未「はあ…だから希の相手は穂乃果よりも疲れるんですよ…」

希「あはは…でも良かったやん?」

海未「はい」

絵里「ええ、本当に」


79 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 01:00:03.68 ID:GQ4lq0Qw.net
穂乃果「ねえ、やっぱりこの三人でユニット組んで良かったって思うんだ」

穂乃果「だって二人の事大好きだから!!」

穂乃果「だから、これからもよろしくね!」

ことり「ことりも二人の事大好き!」

花陽「花陽も!!」


おわり


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1484665560/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ