Powered By 画RSS


ミミ「おかえり」ココナ「…………お母さん?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:31:00.42 ID:AxrenE+N0

チュンチュン

ピヨピヨピヨ



ココナ「ぅ、う~ん……ぉかあ、さん……」


ウィーン

???「どうしたココナ」

ココナ「あ、おばあちゃ」



ソルト「悪い夢でも見たのか?」

ココナ「」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:31:42.88 ID:AxrenE+N0

ココナ「そそソルトさんっ!? こ、こここっなんっここ」

ソルト「起こしに来た」

ココナ「ここ!! 私の部屋!!!!」

ソルト「知っている」

ココナ「勝手に入ってこないで下さい!!」

ソルト「フッ……」

ココナ「フッ……じゃなくて!」

ソルト「お前に伝えねばならんことがあってな」

ココナ「……私に? まだ、私になにか……」

ソルト「そうだ。お前にやってもらいたいことがある」

ココナ「……なんですか。カケラ集めはもう」



ソルト「パパと呼ん」

ココナ「出てって!!!!!」ベフンッ


ユクスキュル「シャクシャクシャクシャク……キュ?」





3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:32:36.82 ID:AxrenE+N0

……


サユリ「はい、じゃーみんなー手を合わせてー」


ニュニュ「いっただっきまーす!! はぐっ」モグモグモグモグ

ユユ「ニュニュ、フライング」

ニュニュ「おいしいよ! おねーさまも食べよ!」

ユユ「やめてって」

ニュニュ「えー? だめー?」

ユユ「だめ」

トト「ニュニュ、ユユ嫌がって」

ニュニュ「……いいよね? おにーさま?」



トト「……いいかも」

ユユ「おい」


ココナ「…………いただきます」




4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:35:21.94 ID:AxrenE+N0

ニュニュ「いーよねー♪ ココナおねーたまー」

ココナ「……やめて」

ユユ「ココナおねーちゃん、ニンジンよけてる」

トト「好き嫌い、だめ」

ココナ「うるさい。……っていうか、なんでユユちゃんはおねーさまで、私はおねーたまなの!? おかしい!」

ニュニュ「ニュ、なんでも食べる!」

ソルト「そうか。えらいな」

サユリ「おかわりもあるからね」

ココナ「おかしい!!!!」




5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:36:09.55 ID:AxrenE+N0

サユリ「まぁまぁ、ココナちゃん落ち着いて」

ココナ「私は、騒いでなんて……」ゴクッ


パピカ「ココナぁーーーーっ!!!」ドカァン!

ココナ「」ブフォッ

パピカ「やった! いちばんのりー!」

ヤヤカ「ぜぇ……はぁ……お前っ、エアーボードは、はんそく、だろっ」

パピカ「ヤヤカだってヒモでビュンッて跳んでた!」

ヤヤカ「はぁ!? ヒモじゃねぇし!」

パピカ「パンツ丸見えだった!!」

ヤヤカ「なっ……それはお前もだろーが!!!」///




6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:36:46.81 ID:AxrenE+N0

サユリ「パピカちゃん、ヤヤカちゃん」

パピカ「たのもー!」

サユリ「はいたのもー。できれば玄関から入ってきてね」

ヤヤカ「いや、これはこいつがっ」

パピカ「ヤヤカー、壁こわしちゃだめだよー?」

ヤヤカ「てん……めぇ……」ピキピキ


ココナ「……」モグモグモグ


ココナ「ごちそうさま」





7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:38:14.79 ID:AxrenE+N0

パピカ「迎えに来たよ!!!」

ココナ「パピカ」

パピカ「? なぁに、ココナ」

クイ キュッ

ココナ「これでよし」

パピカ「えへへ~」///

ヤヤカ「……ったく。ほら行くぞ」

パピカ「あっ、まてー!」

ココナ「もうっ! 二人とも走らないで! ……いってきまーす!」


タッタッタッタッタッ……




8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:38:58.41 ID:AxrenE+N0

サユリ「いってらっしゃーい」

ニュニュ「ニュも行くー!」

ユユ「お皿、片付けてから」

ニュニュ「ニュも行くニュも行くー!!」

トト「わがまま、だめ」

ソルト「……俺がやっておく」

ニュニュ「ほんと!? ソルトおとーさま大好き!!」

ソルト「……お前の父親ではない」

サユリ「まぁまぁ」




9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:39:45.21 ID:AxrenE+N0

サユリ「いーじゃないですか」

ソルト「……」

ニュニュ「いってきまーっす!」

ユユ「いってきます」

トト「いってきます」

サユリ「はい、いってらっしゃい。車に気をつけてねー」

ソルト「よくはない。あれらはミミの子供ではあっても、俺の子ではない。あれはむしろパピカナの遺伝子をミミの」

サユリ「そーいうの、いいですから」

ソルト「む……」

サユリ「今の、にぎやかな家族、……嫌いですか?」

ソルト「…………いや、」

サユリ「ならそれでいいんです。なんならもう一人ぐらい、ふ、増やしてもひぃっ!?」


ミミ「……」ユラァ


ソルト「どうした」

サユリ「あ、あれ……? いない? 幻覚かしら………な、なんでもないです……」

ソルト「……そうか」




11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:40:31.54 ID:AxrenE+N0

サユリ「わ、私、ヒダカさんの研究室の様子、見てきますね。放っておくと、またとんでもない改造してそうですし」

ソルト「構わん。好きにさせておけ」

サユリ「でも……」

ソルト「ピュアイリュージョンは繋がっている」

サユリ「……?」

ソルト「やつは、人の心を踏みにじるようなことはしない」

サユリ「それは……そうですね。確かに」

ソルト「……今日は俺も出る」

サユリ「そうなんですか? 気をつけてくださいね」

ソルト「あぁ」

サユリ「不審者に間違われないように」

ソルト「……」

サユリ「あれ? でも不審なのは確かなんだから、不審者には違いないのかな。明らかに怪しいグラサンだし髪ぼさぼさの黒ずくめで幼い少女達を研究してて……」

ソルト「…………」



ソルト「泣くぞ」

サユリ「冗談ですってば。よしよし」ナデナデ

ソルト「撫でる必要はない」

サユリ「えーそうですか?」

ソルト「そうだ」

サユリ「そうですね。ふふっ」

ソルト「フッ」


ミミ「……」ユラァ

ソルト「待て違うこれは」



グアッーーーーー




12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:41:37.28 ID:AxrenE+N0

……

‐保健室


ココナ「……う~ん」

ヤヤカ「なんだ、まだ決まんないのかよ」

ココナ「少しは絞り込んだんだけど……」

ヤヤカ「ふぅん……な、なんなら、さ」



ヤヤカ「私と一緒のとこに」

ココナ「男子校はいや」

ヤヤカ「へっ?」


パピカ「ココナー!!」ドアバァーン




13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:42:42.08 ID:AxrenE+N0

パピカ「進路決まってないならさ!」

ヤヤカ「なんだお前いきなり!」

パピカ「わっヤヤカくさい!!」

ヤヤカ「私がくさいわけじゃない!!! 消毒液とかの匂いだろ!?」

パピカ「一緒にアイドルやろーよ!!!!」


ココナ「え……?」

ヤヤカ「はぁ?」





14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:43:37.20 ID:AxrenE+N0

ヤヤカ「なに言ってんだお前」

パピカ「二人ならできるよ! きっと楽しい!」

ココナ「そんな、アイドルなんて、私……」

パピカ「キラキラなんだよ! すっごく冒険だよ!」

ヤヤカ「ほらだから、こーいうやつにははっきり言ってやらないと」

ココナ「確かに私、学校では目立たないけど実はお母さん似の美人だし髪伸ばしてもらったときも『えっこれが私?ドキッ』なんて思ったし人気は出ると思うけど」

ヤヤカ「は?」

パピカ「やろーよ一緒に~」

ココナ「……うん。お母さん、私、勇気出してみる!!」

ヤヤカ「こらこら待て待て! いらん方向に勇気出すな! おい! ちょ……待てって!!! おい!! …………あーーーっもう! ったく!!」





15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:44:13.94 ID:AxrenE+N0

……

‐芸能事務所


パピカ「たのもー!!」ドアバァーン

ココナ「パピカ! こんな急に押しかけたって」



ソルト「……来たか」

ココナ「帰ります」クルッ

パピカ「わー! 待ってよココナぁ!」




16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:46:49.68 ID:AxrenE+N0

ココナ「……また仕組まれてた」

パピカ「まぁまぁ」

ココナ「これも何かの研究なんでしょう!?」

ソルト「そうだ。……と言えば、お前は満足か」

ココナ「……」

ソルト「……」

ココナ「……ソルトさんがプロデュースするんですか」

ソルト「俺ではない」

ココナ「? なら……」


TT-392(P)「ぴゅぴゅ~」

パピカ「あっ、ブーちゃん!」

TT-392(×)「ブッブー」

パピカ「…………ピーちゃん?」

TT-392(P)「ぴゅ~♪」

ココナ「えぇ……」




17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:47:34.20 ID:AxrenE+N0

TT-392(P)「ぴゅぴゅ」

ココナ「なにこれ」

パピカ「わー! かわいい服!! 着てみよーっ」ヌギヌギ

ココナ「……もしかして、衣装?」

TT-392(P)「ぴゅー」

ココナ「いきなり衣装だなんて」

ヒダカ「カタチから入ることは何事も大切ぅー!」

ココナ「わっ!? ヒダカさん!」

ヒダカ「ピュアイリュージョンとはあらゆるモノの意識無意識の作り出す高次元領域と仮定するならばより多くのモノが集合意識を作り出す空間ならばより大きなピュアイリュージョンを観測することができ、つまりそれは新たなっ」

パピカ「んしょ、んしょ……あれ? ここどーやって」

ココナ「ほら、ここのリボンはこうして……」

パピカ「えへへ~。ココナも着よ!」

ココナ「わわっ! ぬ、脱がさないで! 自分で着られるからーっ! あぁーっ!」

TT-392(●REC)「ぴゅ~♪」

ヒダカ「であるからして! 意識! 気分がまず大事! 衣装を着てアイドル気分を高めることが」


……




18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:48:18.07 ID:AxrenE+N0

ココナ「こ、こんな……フリフリで……ふわふわで」

パピカ「わぁーー……♪」

ココナ「……な、なに」

パピカ「ココナっかわいい!!!」ガバッ

ココナ「わっ、あ、ありがと……けど露出が激しくって……おへそも、わきも出てる……背中も……」

パピカ「大丈夫!!」


パピカ「変身してるときも大概だから」

ココナ「言わないで」




19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:49:30.77 ID:AxrenE+N0

ソルト「……着替えたか」

ココナ「み、見ないで……」

パピカ「へへー! どうだ!」

ソルト「ふむ……いいだろう。ではまず、アイドルに必要なものが何か、分かるか」

ココナ「歌……?」

パピカ「おどり!!」

ソルト「違うな」

ココナ「ならいったい……」





ソルト「笑顔だ」

ココナ「」




20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:50:56.49 ID:AxrenE+N0

ソルト「笑顔だ」

ココナ(二回言った……)

パピカ「えがお?」

ソルト「そうだ。歌やダンスの技術も大事ではある。……だがアイドルの本質は、ファンを楽しませ、笑顔にすること。ならばアイドル自身が最高の笑顔を届けることは絶対条件」

ココナ「……けど、パピカはともかく、私……笑顔なんて」


???「甘いな」

ココナ「!? だれっ!?」



ヤヤカ「笑顔なんて誰でもできるんだよ!!!!!」バァンッ!!

ココナ「」




21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:51:45.15 ID:AxrenE+N0

ソルト「ほう……ならばお前の考えを聞こう」

ヤヤカ「アイドルに必要なもの……それは」



ヤヤカ「努力と、根性だ!!!!」

ココナ「えぇ……」




22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:52:19.60 ID:AxrenE+N0

ヤヤカ「おらお前ら! まずは崖登りからだ! それから無人島サバイバル訓練を行う!」

パピカ「えぇっ!? なにそれ!」

ヤヤカ「アイドルと言えば崖登りに無人島だろ!」

パピカ「そんなの変だよ!」

ココナ「っていうか、無人島はもう行ったし……」

ヤヤカ「じゃあ崖登りだな」

パピカ「絶対間違ってる!」

ヤヤカ「なに言ってんだ。巨大ロボに乗って隕石を迎撃しようと思ったらな」

パピカ「そんなのアイドルじゃないもん!!」

ヤヤカ「じゃあお前はアイドルに何が必要だと思うんだよ」

パピカ「う~ん……」



パピカ「読書?」

ヤヤカ「なんでだよ」




23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:53:13.90 ID:AxrenE+N0

ヤヤカ「絶対関係ないだろそれ!」

パピカ「関係あるもん! 読書系アイドルは人気なんだよ! ココナのキャラともあってるし!」

ヤヤカ「それはまぁ……けどあえてセクシー路線もありだろ!」

パピカ「えぇー……セクシー?」

ヤヤカ「子供体型なのに本人はセクシー路線で行きたがってる感じの」

パピカ「あぁー、けどそれはさ」

ココナ「二人で私の進路を勝手に決めないで」




24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:53:59.04 ID:AxrenE+N0

???「まてぇーーい!」

ヤヤカ「誰だっ!」

???「ふっふっふー」



ニュニュ「ニュはニュニュ!!」

ヤヤカ「お前、なにしに来た」

ニュニュ「ニュもアイドル、する! かしこまっ!」

ヤヤカ「はぁ? お前が?」

ニュニュ「みーんなトモダチ! みーんなアイドル! だからニュもアイドル!」

ヤヤカ「なに言ってんだ……」

ニュニュ「ペロピター!」ペチョッ

ヤヤカ「うわこいつよだれつけやがった!! やめろこの!」

ココナ「なんなの……」

パピカ「ニュニュは、アイドルに何が必要だと思う?」

ニュニュ「ニュ? ……うんとね、」



ニュニュ「マスコット!!!」


ヤヤカ「あぁー」

パピカ「あぁー」

ココナ「えっ」




25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:54:30.15 ID:AxrenE+N0

ソルト「確かに、マネージャー業を行うマスコットはアイドルに必須ではある」

ココナ「えぇ……?」

ヤヤカ「……しょーがねぇな」

ココナ「ヤヤカ?」

ヤヤカ「私がなってやるよ」

ココナ「えと、なんに」



緑色の何か「ココナのマスコットにさ」

ココナ「」




26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:55:07.12 ID:AxrenE+N0

緑色の何か「ぴにゃ~ぴにゃ~」

ココナ「ヤヤカ!? ヤヤカしっかりして!!」

アルパカ「あーずるーい! 私もココナのマスコットやるパカ!」

ココナ「パピカ!?!?」

ソルトーマン「マスコットと言えば青き眼の白き龍に決まっているだろう!」

ココナ「どちらさま!!?」

ソルトーマン「強靭(パッション)! 素敵(クール)! 愛嬌(キュート)! ワハハハハハハハハハ!! すごいぞー! かわいいぞー!!」

ココナ「………………もしかして」





ココナ「フリップフラッピング!!」ピカァーーーーーーッ




27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:55:46.70 ID:AxrenE+N0

ココナ「えぇえい!!」ブオオンッ



ドッガァーーーン!!!


ココナ「開いた!」



ヒュワワワーーーッ



パピカ「いた! ココナ!」

ココナ「パピカ!」

ヤヤカ「ったく、心配かけやがって」

ココナ「ヤヤカ……!」

パピカ「戻ろう! みんな待ってる!」

ココナ「…………うんっ!!」




…………





28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/21(土) 21:56:18.66 ID:AxrenE+N0


ヤヤカ「また迷子になるなんてな」

ココナ「だって……」

パピカ「びっくりしたー。三人でねっちょりしてたら急に開くんだもん」

ヤヤカ「そりゃこっちのセリフだ。保健室に入ってきたと思ったら、突然押し倒してきやがって……」

ココナ「あ、パピカ、匂い平気になったの?」

パピカ「まぁね~」

ココナ「……そっか。…………そうだよね、私も」

パピカ「ココナ……?」

ヤヤカ「で、結局どうすんだよ、進路」

ココナ「うん。……実は、私ね」





ココナ「なりたいもの、見つけたんだ」












おわり。




元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485001860/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ