Powered By 画RSS


千歌「朝だよ! サン社員」

1 : 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/01/22(日) 20:19:07.76 ID:vcHIurDd.net
いるいる ♪ いるよねサン社員 ♪ (いるいる)

ほのぼのするよねサン社員 ♪(ほのぼの)

チカチカ 千歌ちゃんは ♪


ーーーAqours商事


課長「高海くーん、ちょっといいかなー」

スタスタ

千歌「はーい、なんでしょーか、課長ー?」モグモグ

課長「ちょっと高海くん! 君、何食べてんの!」

千歌「え、あぁこれ、ミカンですよ、ミカン!」フフフ

課長「休憩中じゃないんだから、ミカン食べてちゃダメでしょ!」

千歌「えー、これすっごく甘いミカンなんですよー!」モグモグ

課長「……甘くてもダメ!」

千歌「……ちぇっ、わかりましたー。で、私に何の用ですか?」

課長「この間提出してもらった書類、もうちょっと綺麗にまとめてもらえないかな……」ペラッ

千歌「はーい、頑張りまーす」スッ

課長「ちょっと待って! 手がミカン汚い! これ大事な書類なんだから、汚しちゃいけないの!」

千歌「でも、書類にミカンの匂いがついて、いいんじゃないでしょーか? 天然のみかんフレーバーですよ?」フフッ

課長「よくなーい!」


あー アホ毛をピョンピョン触りてぇー サン社員 ♪


終わり




2 : 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/01/22(日) 20:29:42.36 ID:vcHIurDd.net
いるいる ♪ いるよねサン社員 ♪(いるいる)

ほのぼのするよねサン社員 ♪(ほのぼの)

ヨウ ヨウ 曜ちゃんは ♪


ーーー

テクテク

係長「はぁ……契約、取れなかったな……」ガッカリ

曜「係長、ドンマイですよ!」

係長「このままじゃ、課長にドヤされちゃうよ……」シュン

曜「……私が今から、飛び込み営業してきましょうか?」

係長「気持ちは嬉しいけどさ、今時飛び込み営業で契約なんて取れないよ、渡辺……」

曜「何言ってるんですか! やる前から弱気になってどうするんですか!」

係長「いや、弱気というか普通に考えてね……」

曜「『男は度胸! 女も度胸!!』っていうじゃないですか!」

係長「いや言わないよ!? なんでそんな肝試しみたいになってんの!」

曜「……あそこに見えてる、あの会社に私、行ってきます!」

係長「あんな大きな会社に相手してもらえるわけないって!」

曜「全速前進! ヨーソロー!」ケイレイッ

シュタタッ

係長「あー……もう! どうなっても知らないからね、僕!」


ーーーそして30分後


曜「契約取ってきました! 係長!」ケイレイッ

係長「えー、うそーっ!?」


あー いろんなコスプレさせてみてぇー サン社員 ♪


終わり


4 : 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/01/22(日) 20:41:04.20 ID:vcHIurDd.net
いるいる ♪ いるよねサン社員 ♪(いるいる)

ほのぼのするよねサン社員 ♪ (ほのぼの)

リコ リコ 梨子ちゃんは ♪


ーーーAqours商事


課長「お、花瓶の花が変わってる……」

課長「うーん、いい匂いだ……」クンクン

課長「おーい、誰だー、この花瓶の花変えてくれた人はー」キョロキョロ

モジモジ

梨子「えっと……それ私が……」

千歌「課長ー、どーしたんですー?」モグモグ

課長「高海くん! 君またミカン食べてるじゃないか!」

千歌「だって、これものすっごく美味しいミカンなんですよ?」モグモグ

曜「そうです、そうです」モグモグ

課長「渡辺くんまで! ったくもう……こんなの部長や常務に見られたら……」ソワソワ

千歌「まーまー、とりあえず、課長もミカン食べません?」

曜「激甘なんですから!」

課長「……じゃあ、1つ……」

パクッ

課長「……本当だ、激甘だ……」モグモグ

ようちか「でしょーっ!」

キャッキャッ

梨子「うぅ……地味だから気づいてもらえないよ……」グスッ


あー 無駄に困らせて反応が見てぇー サン社員 ♪


終わり


6 : 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/01/22(日) 20:56:33.85 ID:vcHIurDd.net
いるいる ♪ いるよねサン社員 ♪(いるいる)

ほのぼのするよねサン社員 ♪(ほのぼの)

ヨシ ヨシ 善子ちゃんは ♪


ーーー

常務「最近、ライバル社の業績がいいなあ……」

課長「そうですねぇ……」

常務「このままじゃ、ウチのシェアが奪われかねないな……」

課長「何かいいアイデアはないものですかね……」

スタスタ

善子「くくくっ……そのお悩み、私が解決しましょう……」

常務「な、なんだチミは!?」

課長「君はうちの課の……津島くん!」

善子「『ヨハネ』ですっ! いつも言ってるじゃないですか! ……まぁ、いいです……。はふっ、ライバル社を出し抜く、いい方法がございますよ……」

常務「ほう、それはなんだね、言ってみたまえ、ヨハネくん」

課長「ちょっと常務、津島くんをあんまり調子に乗らせたら……」ボソボソ

善子「私の黒魔術で、ライバル社の業績を下げさせればいいのです!」クワッ

課長「あちゃーっ! そういう冗談は……」

常務「頼む、やってくれヨハネくん」

課長「えーっ、常務ぅ!」

常務「……打開策が無いんだ、藁にもすがんでみるさ」

善子「くくく……『堕天使ヨハネ』にお任せあれ!」

シュババッ


ーーーそして1ヶ月後

常務「……ライバル社の業績、ますます、上がってるじゃないか……」グヌヌ

課長「常務がろくでもないものにすがるから……」ハァ

善子「……どこを間違えたのかしら……」


あー 髪の毛のお団子毟りてぇー サン社員 ♪


終わり


7 : 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/01/22(日) 21:07:17.10 ID:vcHIurDd.net
いるいる ♪ いるよねサン社員 ♪(いるいる)

ほのぼのするよねサン社員 ♪(ほのぼの)

マル マル 花丸ちゃんは ♪


ーーー


花丸「課長、お茶が入りましたよ」ニコッ

コトッ

課長「おー、ありがとう。……おっ、茶柱が」

花丸「きっと、いいことありますね」ウフフ

課長「そうだなー。いいことあると……そういえば、国木田くん。君、こないだの社内メールには目を通してくれた?」

花丸「……ずら?」

課長「……もしかして、チェックしてないね?」

花丸「す、すぐ確認してきます!」

ピューンッ

ガチャッ

課長「って、おーい! どこ行くの! 」


ーーー10分後


ガチャッ

花丸「……」ゼーハー ゼーハー

課長「君、なんでそんなに息上がってるの……」

花丸「……うちの会社宛の郵便物、全部持ってきました……」ドサッ

課長「違うから! 社内メールってそういう意味じゃないから!」


あー 本のカバーをすり替えて渡してぇー サン社員 ♪


終わり


8 : 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/01/22(日) 21:22:00.78 ID:vcHIurDd.net
いるいる ♪ いるよねサン社員 ♪ (いるいる)

ほのぼのするよねサン社員 ♪(ほのぼの)

ルビ ルビ ルビィちゃんは ♪


ーーー


部長「……最近、営業2課の業績、ずいぶん悪いね……」

課長「申し訳ございません……」

部長「……日当たりのいい場所に移りたいのなら、それでも構わないのだよ?」

課長「そんな、滅相もないです……!」アセアセ

部長「……なら、もっと全員に発破をかけたまえ」


ーーー営業2課

課長「はぁ……」タメイキ

ルビィ「課長、どうしたんですか……?」

課長「ルビィくんか……ちょっと、部長に小言をね……」

ルビィ「部長に、ですか?」

課長「確かにうちの課の連中は、悪ふざけもするけど……みんな頑張ってるんだ。なのに部長は……」ブツブツ

ルビィ「あ、あぅ……」アセアセ

課長「俺、上司に向いてないのかな……」

ルビィ「か、課長!」

課長「ん? なんだ、ルビィくん」

ルビィ「が、頑張ルビィ!」ポーズ

課長「……?」キョトン

ルビィ「これからも、みんなで頑張ルビィ!」ポーズ

課長「……そうだな、これからとみんなで頑張らないとな、ありがとうルビィくん……」

ルビィ「えへへ……」

課長(これが、アニマルセラピーってやつなんだな……)

ルビィ「ち、違いますぅー!」


あー 餌付けをしてみてぇー サン社員 ♪


終わり


9 : 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/01/22(日) 21:46:07.97 ID:vcHIurDd.net
いるいる ♪ いるよねサン社員 ♪(いるいる)

ほのぼのするよねサン社員 ♪ (ほのぼの)

カナ カナ 果南ちゃんは ♪


ーーー営業2課

係長「ふぅ……」カタカタ

ガチャッ

果南「あれ、係長。まだお仕事されてたんですか?」

係長「あぁ、松浦か。……部長に言われた企画書がまとまらなくてね……。君こそ、どうしたんだい、こんな時間に」

果南「恥ずかしいんですけど、忘れ物しちゃいまして」エヘヘ

係長「忘れ物を取りに来たのかい、この夜遅くに取りに来るくらいだ、よっぽど大事なものを忘れたようだね」

果南「家の鍵とお財布を忘れまして……」

係長「そうなんだ……ん? あれ、君の家って、確か電車で1時間くらいだよね。財布も無しに、どうやって帰ったんだい?」

果南「今日は私、マラソンなんです」

係長「ま、マラソン!?」

果南「いやぁ、運動不足解消に、って思ってマラソンで帰ったら……家に着いてから、鍵とお財布が無いことに気づいて……」

係長「いやいや、だいぶ距離あるよ!? つまりほぼ往復してきたわけなんだね……」

果南「まあ、そんなとこです」フフッ

係長「帰りはちゃんと電車で帰るんだよ……。さて、企画書の続きを……」

果南「……係長。何かお手伝い、しましょうか?」

係長「気持ちはありがたいけど、君そもそもマラソンでここまで来てるんだから流石に……」

果南「ははっ、私、24時間戦えるくらい、体力あるんで大丈夫ですよ!」グッ

係長「いまそういうこと言うと怒られるから! 言っちゃダメだよ!」


あー 自慢の腹筋サワサワしてぇー サン社員 ♪


終わり


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1485083947/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!サンシャイン!!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ