Powered By 画RSS


穂乃果「9人の戦士?」

1 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 02:14:09.47 ID:jTEKkELl.net
ガラガラガラガラ

穂乃果母「あら」

ロリことり&ロリ海未「おじゃましまーす!」

穂乃果母「いらっしゃい。穂乃果なら部屋にいると思うから、勝手に上がってちょうだい」

ロリ海未「失礼しまーす!」

ロリことり「穂乃果ちゃーん!」タタッ


穂乃果母「ふふっ……、相変わらず仲がいいのね」




2 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 02:20:30.81 ID:jTEKkELl.net
ロリ穂乃果「いらっしゃい二人とも」

ロリことり「まだ始まるまで時間あるよね?」

ロリ海未「それまで何するの?」

ロリ穂乃果「おかあさーん!おやつー!」

穂乃果母「はいはい」コトッ

穂乃果母「それにしても珍しいわね、こんな時間に」

ロリ「ふふーん……、これから3人でウルトラマン観るの!」

穂乃果母「ウルトラマン?なにそれ」

ロリ海未「今日から始まる特撮番組です」

穂乃果母「へえ~……、女の子でもそういうの観るのね」


3 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 02:25:15.21 ID:jTEKkELl.net
~1時間後~

ロリことり「あっ!そろそろ始まっちゃう!」

ロリ穂乃果「お母さんテレビ!テレビ!」

穂乃果母「はいはい」ピッ


デンデロデロデロ…

ロゴドーン!

ロリほのことうみ「「「…………!」」」ジッ…

穂乃果母(まあ、こんなに夢中になっちゃって)


6 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 02:32:05.04 ID:jTEKkELl.net
当時のウルトラマンといえば、男女問わず子供達のヒーローそのもので、

私達もその流れに身を任せ、テレビの中のソレに憧れを抱いていた。

~~~~~~
キラッ

ロリ穂乃果「あっ!一番星みーっけ!」

ロリことり「大きくなったら、ファッションデザイナーになれますよーにっ!!」

ロリ海未「す、素敵なお嫁さんに、なれますように!!」

穂乃果「私は…………」




穂乃果「……ん?」チラッ

赤髪の少女「…………」


7 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 02:37:12.30 ID:jTEKkELl.net
スタスタ

穂乃果「あなたは……?」

赤髪の少女「…………ぅ」

穂乃果「一緒に遊ぶ?」

赤髪の少女「……!」パアッ


キラッ…キラッ…


穂乃果「ほら見て、一番星!君も何か願いを言いなよ!」

赤髪の少女「…………」スッ

赤髪の少女「–––––」


10 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 02:41:37.54 ID:jTEKkELl.net
その日のことは、今ではもうあまり記憶には残っていない。
赤い髪を二つに纏めた女の子と、海未ちゃんにことりちゃん、そして私。
へとへとになるまで走り回って遊んだことだけ覚えている。





そしていつしか私達は、ウルトラマンへの憧れを忘れていった。


11 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 02:48:59.06 ID:jTEKkELl.net
時はあっという間に流れ……。

~~~~~~
チュンチュン…

雪穂「げっ!お姉ちゃんまだ寝てたの⁉」

穂乃果「うーん……」モソモソ

雪穂「遅刻するよ⁉ほら起きて!!」グイッ

穂乃果「起きるから引っ張らないで~…」ヨロヨロ

雪穂「ほら早く着替えて!ご飯もう出来てるんだからね⁉」

穂乃果「わかったってばぁ……」ゴシゴシ

~~~~~~

ことり「あ、穂乃果ちゃん来たよ」

穂乃果「おはよう二人とも!」タッタッタッ

海未「来るのが遅すぎます!まったくあなたという人は何度言っても……!」

穂乃果「ひゃあ!ことりちゃん助けて!」ガシッ

ことり「ええっ⁉ほ、穂乃果ちゃ~ん!」



私達は、高校生になっていた。


12 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 02:56:42.87 ID:jTEKkELl.net
~音ノ木坂学院~

ザワザワ…

花陽「な、なに?あれ…………」

凛「たたたた、大変にゃあ!!」

真姫「嘘でしょ……」

希「エリチ、あれ……」

絵里「…………蜃気楼……?」




突如現れた、空に浮かぶ鏡写しのように逆さまになった街の風景は、すぐに世界中で話題になった。
連日新聞記事を独占していた内容によると、研究員がいくら調べてもその正体が掴めないのだという。


13 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 03:05:48.37 ID:jTEKkELl.net
穂乃果「なんかこわい……」

海未「不気味ですね……。何も起こらなければいいのですが」

ことり「うん……」

ことり「あっ!もうこんな時間!学校遅れちゃう!」

海未「えっ⁉い、急ぎましょう!」ダッ

穂乃果「もー!今日は厄日だー!!」

海未「元はといえばあなたが寝坊したせいでしょう⁉」


ィィイイン……


穂乃果「」ピタッ

穂乃果「……?」キョロキョロ

穂乃果「今のは…………」

海未「穂乃果!置いていきますよ⁉」

穂乃果「ま、待ってー!」タタタタッ


14 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 03:10:27.52 ID:jTEKkELl.net
~~~~~~

穂乃果「ん…………」パチッ

穂乃果「あれっ……ここは?」

ヒュォォオオ…

穂乃果「……」ゾクッ

穂乃果「ことりちゃーん⁉海未ちゃーん⁉」

穂乃果「みんなどこいったのぉー!!」


15 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 03:18:34.56 ID:jTEKkELl.net
穂乃果「……?あれは……」ハァハァ

薄暗く、霧が立ち込めるその空間に辛うじて確認できる景色は……

無残に壊滅している、私達の街だった。

穂乃果「な、なにこれ……」



「■■■■■■ーーーーーーッッ!!」


穂乃果「きゃあっ!?」

穂乃果「な、なに……?」

穂乃果「…………!」


キングゲスラ「■■■■ーーーーッ!!」


穂乃果「か、怪獣⁉」


17 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 03:27:25.59 ID:jTEKkELl.net
穂乃果「なんで……⁉なんで現実に怪獣が……!」

キングゲスラ「■■ーーーーッ!」

ドゴォ!

穂乃果「あぅ……!」ドテッ

穂乃果「…………!あれって……!」

ヒュンヒュン…

謎の巨人「…………」

穂乃果「…………!」

穂乃果「ウ……!」

~~~~~~

穂乃果「ウルトラマンだ!!」ガタッ

シーン…

穂乃果「あ、あれ……?」

クラスメイト『あはははは!!!!』

海未「……」プルプル

先生「おう高坂、遅刻してきた上に居眠りとは……いい度胸してるな」

穂乃果「ご、ごめんなさいっ!」


18 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 03:40:06.24 ID:jTEKkELl.net
~放課後~

キーンコーンカーンコーン

海未「穂乃果ァ!!」バンッ

穂乃果「ひぃ⁉」

ことり「う、海未ちゃん落ち着いて……」

海未「今日という今日は許しません!そこに直ってください!」

穂乃果「海未ちゃんが鬼モードに……!」

ことり「それよりほら、練習あるし……ね?」

穂乃果「ことりちゃん!」

海未「甘い!あなたも同罪です!穂乃果の隣に座ってください!」

ことり「ええっ⁉」

ガラガラ

絵里「穂乃果達いるー?……て、なにやってるの?」

海未「絵里」

穂乃果「絵里ちゃん。どうかしたの?」

絵里「ええ。今日の練習のことなんだけど……なんかこの後雨が降るみたいなのよね」

海未「たしかに曇ってきてはいますね」チラッ

絵里「ここのところあまり休みも取れてなかったし、思い切って休みにしちゃおうと思って」

穂乃果「うん。いいよみんなに伝えとく?」

絵里「いいえ、私から言っておくわ。それじゃね」

穂乃果「……」

穂乃果「今日の練習なしかー!じゃあ私はこれで……」

海未「まだ話は終わってませんよ」

穂乃果「逃げるが勝ち!」ダッ

海未「あっ!こら穂乃果!!」


19 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 03:44:48.98 ID:jTEKkELl.net
~~~~~~

穂乃果「ふぅ~……。明日怒られるだろうな」

穂乃果(でも海未ちゃんもガミガミ言いすぎだよ!お母さんじゃないんだから、もう……)


ドクン


穂乃果「え……?」

穂乃果「……人の気配が……」キョロキョロ

穂乃果「な、なんで……?」


21 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 03:51:31.22 ID:jTEKkELl.net
穂乃果「さっきまでたくさん通ってたのに……」


「■■■■ーーーーーーッッ!!」


穂乃果「!!」

穂乃果「この鳴き声……」

穂乃果「…………」ソーッ

キングゲスラ「■■ーーーーッ!」

穂乃果「きゃあああああ!!」ダダッ

ドゴォオォオオオオン!!

穂乃果「夢に出てきた、あの怪獣だ……!」ハァハァ

穂乃果(逃げなきゃ……!逃げないと……!)


22 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 03:55:42.46 ID:jTEKkELl.net
ドゴォ!

穂乃果「いたっ……!」ズザァァァ

穂乃果「こ、腰が抜けて……!」ガクガク

キングゲスラ「■■■■ーーーーッッ!」

穂乃果「ひぃっ……!」




「セヤッ!!」ドン!

キングゲスラ「■■■■ーーーーッッ!!」

穂乃果「え……?」


23 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 03:58:08.75 ID:jTEKkELl.net
メビウス「…………」シュバッ

穂乃果「な、な、な……!」

キングゲスラ「■■ーーーーッッ!!」

メビウス「シュアッ!」バッ

穂乃果「本物のウルトラマン……⁉」


24 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 04:04:06.66 ID:jTEKkELl.net
メビウス「ハッ!」バシッ!ドゴォ!

キングゲスラ「■■■■……!!」

魚の怪物のような見た目の怪獣に飛びかかり、赤い拳を叩き込んでいく巨人。
その光景はまさに、小さい頃にテレビの中で見たものと酷似していた。

メビウス「セヤァッ!」ドォン!

穂乃果「よ、よし!いいぞいいぞー!やっちゃえ!」


キングゲスラ「……」

メビウス「……⁉」

バリバリバリバリ!!!!

メビウス「ウァアッ………!」ビリビリビリ

穂乃果「……⁉電撃⁉」


25 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 04:08:05.08 ID:jTEKkELl.net
キングゲスラ「■■■■ーーーーッッ!」ゲシッ!

メビウス「ヘァア!」

穂乃果「ああっ!」

ドォン……!

先ほどの状況とは正反対に、今度は怪獣の方がウルトラマンの上へのしかかり、ヒレで連打攻撃を与えていく。

メビウス「ウッ……!グアッ……!」

穂乃果「ど、どうしよう……!どうしよう!」オロオロ

穂乃果(なにか……私にできることは……)

穂乃果「あっ……」


26 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 04:12:30.16 ID:jTEKkELl.net
穂乃果(そうだ……。昔見てたテレビでは確か……)

穂乃果「……」グッ

タタタタッ

メビウス「……⁉」

穂乃果「その怪獣の弱点は、背ビレだよ!!」

メビウス「……!」コクッ

メビウス「ハアッ!」バシッ

キングゲスラ「■■■■ーーーーッッ!!」


28 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 04:17:10.72 ID:jTEKkELl.net
メビウス「ハァァァ……!」ブチブチブチ

キングゲスラ「■■■■ーーーーッッ!!」ジタバタ

穂乃果「よしっ!やった!」


巨人は左腕に装備したブレスレットのサークルを回転させ、自らのエネルギーを増幅させる。
そのまま腕を十時に組み、凄まじい威力の光線を放った。

メビウス「セヤアアアア!!」ビィィィィィ

キングゲスラ「■■■■ーーーー…………!」

ドゴォォオオオオオン……!


穂乃果「た、倒した……?」

メビウス「……」クルッ


29 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 04:21:32.83 ID:jTEKkELl.net
~~~~~~

穂乃果「……ハッ……!」

ガヤガヤザワザワ

穂乃果「人が……戻ってる……」

穂乃果「さっきのウルトラマンは……?」キョロキョロ

穂乃果「……また夢~?」ハァ…




???「あなたですか⁉私を応援してくれたのは!」

穂乃果「え?」クルッ

千歌「おかげで助かりました。すごい勇気ですね!」

穂乃果「あなたは……」


39 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 20:10:54.19 ID:jTEKkELl.net
千歌「私、高海千歌っていいます!」

穂乃果「えっと……じゃあ千歌ちゃん?」

千歌「はい!」

穂乃果「あなたがさっきのウルトラマンなの?」

千歌「はい!メビウスです!」

穂乃果「メビ……?」


40 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 20:13:43.33 ID:jTEKkELl.net
千歌「?」

穂乃果「ちょっとこっちきて!」グイッ

千歌「ど、どうかしたんですか?」

穂乃果「色々聞きたいことがあるの!」

~~~~~~

千歌「え?それほんとですか⁉」

穂乃果「うん」

千歌「そんなぁ……。じゃあ私、違う世界に飛ばされたってこと……?」


41 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 20:17:52.43 ID:jTEKkELl.net
穂乃果「ウルトラマンも怪獣も、テレビの空想でしかない世界なの」

千歌「……でも、なら穂乃果さんはどうして私のこと信じてくれるんですか?」

穂乃果「そりゃあ、さっきあんなの見ちゃったし」

穂乃果「それに……」

千歌「それに?」

穂乃果「最近、変な夢見ちゃって」


42 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 20:22:01.04 ID:jTEKkELl.net
~~~~~~

穂乃果「それで、あなたはどうしてこの世界に?」

千歌「それが……、学校帰りの道を歩いていた時」

千歌「赤い髪の女の子が現れて……」

穂乃果「赤い髪の女の子……?」

千歌「はい、その子が私に言ったんです」



『ある世界が、侵略者に狙われています』

『急いでください。9人の戦士を目覚めさせて、侵略者を倒して!』


43 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 20:25:54.25 ID:jTEKkELl.net
穂乃果「9人の……戦士……」

千歌「それで、気づいたらあの場所に立ってて」

千歌「怪獣が暴れてたから……」

穂乃果(あの夢に出てきた巨人も確か……)

穂乃果(9人だった……よね)


44 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 20:36:59.29 ID:jTEKkELl.net
穂乃果「うん、わかった。なにかわかったら連絡するね」

千歌「ほんとですか⁉ありがとうございます!」

穂乃果(9人……9人といえばやっぱり!)

~~~~~~
ピコン

海未「……?穂乃果からメール……」

穂乃果《海未ちゃん海未ちゃん!》

穂乃果《もしかしたら海未ちゃん、ウルトラマンかもしれないよ!》

海未「は?」

~~~~~~

ことり「”私がウルトラマンかもしれない”……」

ことり「どういう意味かな……」ピッピッ

ことり《どういうこと?》

穂乃果《だーかーら!ことりちゃんがウルトラマンかもしれないの!》

穂乃果《海未ちゃんも、μ'sのみんなだって!》

ことり《あんまり変なこと言うとまた海未ちゃんに叱られちゃうよ?》

穂乃果《冗談じゃないのにー!》


45 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 20:44:19.00 ID:jTEKkELl.net
~次の日~

海未「まったく……。穂乃果のせいで変な夢見ちゃったじゃないですか」

穂乃果「変な夢?」

海未「私がウルトラマンになるんです」

海未「名前は確か……”アグル”でしたか……」

ことり「海未ちゃんも見たの?私は”ダイナ”っていうウルトラマンに変身したんだ」

穂乃果「……!」

穂乃果「やっぱりそうなんだよ!」

海未&ことり「???」

穂乃果「なんだっけ……ほら、あのパラソルなんとかってやつ!」

海未「パラレルワールドのことですか?」

穂乃果「そうそれ!」


46 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 20:49:58.91 ID:jTEKkELl.net
穂乃果「違う世界の海未ちゃん達は、実はウルトラマンで……」

穂乃果「もしかしたら怪獣と戦ってるかもしれないでしょ⁉」

海未「ウルトラマンって……、あなたは未だにそんなことを言っているんですか?」

海未「そろそろ卒業したらどうです?」

穂乃果「そ、そうじゃなくて……」

穂乃果「ことりちゃんならわかってくれるよね!?」

ことり「……穂乃果ちゃん……」

穂乃果「……!」


47 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 20:56:21.76 ID:jTEKkELl.net
~~~~~~

穂乃果「ひどくない⁉幼馴染に向ける態度じゃないよ!」プリプリ

千歌「は、はあ……」

穂乃果「千歌ちゃんは何かわかったことある?」

千歌「いいえ。手がかりすら全く……」

穂乃果「やっぱりμ'sのみんなが怪しいよ」

穂乃果「海未ちゃんもことりちゃんも、同じ日にウルトラマンの夢を見るなんて」

穂乃果「偶然とは考えられない!」


48 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 21:02:31.81 ID:jTEKkELl.net
千歌「でも今までは特に変わったことはなかったんですよね?」

穂乃果「え?うん、まあ……」

千歌「今になって突然、というのは少し不自然かも……」





「■■■■ーーーーッッ!」

千歌&穂乃果「!?!?!?」


49 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 21:21:36.94 ID:jTEKkELl.net
キングパンドン「■■■■ーーーーッッ!!」

キャー!ワーワー!

穂乃果「また怪獣……!」

千歌「…………」スッ

穂乃果「千歌ちゃん……。行くんだね?」

千歌「はい。……戦ってきます!」

穂乃果「うん……気をつけて!」

千歌「はいっ!」タタタタッ





千歌「メビウーース!!」ピカー


50 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 21:48:33.48 ID:jTEKkELl.net
千歌メビ「セヤァッ!!」ヒュンッ

ドカッ!

キングパンドン「■■ーーーーッ!」

千歌メビ「フッ!」

穂乃果「……」ゴクリ

街中に現れたメビウスを見上げて騒ぎ出す人々。
そんな中、穂乃果ただひとりが彼女の勝利を願って手を組んでいた。


54 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 06:52:53.78 ID:96ZAqfHp.net
キングパンドン「■■ーーーーッッ!」ボボボボ

千歌メビ「ハッ……!」

腕を前方に突き出して光の盾を生成するメビウス。
キングパンドンの火球が殺到し、次々と激突。

千歌メビ「グゥッ……!」

穂乃果「……頑張れ……頑張れ……!」

千歌メビ「ヤアッ!」ドゴォ!


55 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 06:55:24.48 ID:96ZAqfHp.net
左腕から伸びるブレードで火球を叩き落としながらパンドンに接近する。
一瞬で肉薄したメビウスが二つある内の一つ、頭を切り落とした。

千歌メビ「セヤァッ!」ズパッ!

キングパンドン「■■……!」

穂乃果「よしっ!いいぞ!!」


56 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 06:58:46.12 ID:96ZAqfHp.net
穂乃果「…………!」

穂乃果(なんだろう、この嫌な感じ……)

穂乃果(上手くいきすぎてるような……)

穂乃果(まるで、誰かが千歌ちゃんを罠に……)

格闘を繰り広げているメビウスを見て不安を募らせる穂乃果。
その違和感の正体もわからぬまま、ついにメビウスはキングパンドンにトドメをさそうと左腕のブレスレットに手をかざした。


57 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 07:00:59.04 ID:96ZAqfHp.net
千歌メビ「ハァァァアア……!」キュィイイイイン

千歌メビ「ハァァァアア!!」ビィィィィィ

キングパンドン「■■ーーーーッッ!!」

穂乃果「……!」

ドォォォオオオオン……!!


58 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 07:03:05.08 ID:96ZAqfHp.net
千歌メビ「…………」ハァハァ…

穂乃果「倒した……けど……」

千歌メビ「……」




ブゥン

千歌メビ「!?!?」

穂乃果「えっ⁉」


59 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 07:06:53.90 ID:96ZAqfHp.net
メビウスを閉じ込めるように突如現れた透明な円柱……。

千歌メビ「……⁉……!」ドン!ドン!

穂乃果「捕まっちゃった……⁉」

モクモクモク…

穂乃果「何か煙が……!」

千歌メビ「ウッ……!グアァッ……!」

穂乃果「千歌ちゃん!!」

煙に包まれながら苦しそうに暴れ出すメビウス。
穂乃果は何もできないまま、それを眺めるしかなかった。

穂乃果「なにが起こってるの……⁉」


60 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 07:10:13.05 ID:96ZAqfHp.net
モクモクモク……

穂乃果「ああっ…………!」

千歌メビブロンズ像「」

煙が晴れ、円柱が消滅したかと思えば、中に囚われていたメビウスの身体はブロンズ像へと変貌していた。

穂乃果「そ、そんな……!」

???「ふはははは…………!」

穂乃果「……誰……⁉」


61 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 07:15:37.29 ID:96ZAqfHp.net
スーパーヒッポリト星人「……」ブゥン

穂乃果「う、宇宙人⁉」

スヒポ「聞け、この世界の人類よ」

スヒポ「ウルトラマンメビウスは、この偉大なるヒッポリト星人が倒した」

スヒポ「もはやこの世界にウルトラマンは存在しない」

穂乃果「……!」

スヒポ「そのまま終焉の時を待て……」フハハハハ


62 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 07:19:56.81 ID:96ZAqfHp.net
~~~~~~
穂乃果「だから何度も言ってるでしょ⁉」

絵里「……」

穂乃果「みんながウルトラマンかもしれないの!」

真姫「あんた……それ本気で言ってるわけ?」

凛「ありえないにゃ」

穂乃果「……!」

穂乃果「みんなだって見たでしょ⁉ウルトラマンも怪獣もいたんだよ!」

穂乃果「だったらみんなだって……」

海未「いい加減にしてください!」

穂乃果「……!」ビクッ

海未「そんな冗談言ってる場合じゃないでしょう!」


63 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 07:22:14.01 ID:96ZAqfHp.net
希「もう避難は始まってるんよ」

花陽「いつまた怪獣が攻めてくるかわからないし……」

にこ「そうよ。そんなホラ話吐いてる暇があったら、自分の身を守るために行動しなさいよね」

穂乃果「…………」


64 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 07:26:33.69 ID:96ZAqfHp.net
~~~~~~

千歌メビブロンズ像「」

穂乃果「……私、どうしたらいいの……?」

穂乃果「ねえ千歌ちゃん。教えてよ……!」グスッ




赤髪の少女「……」

穂乃果「……!」

穂乃果「あなたは……」


65 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 07:28:43.34 ID:96ZAqfHp.net
赤髪の少女「もう、忘れてしまったんですか……?」

穂乃果「え?」

赤髪の少女「だから私は、もうすぐ消えてしまいます」

赤髪の少女「子供達の中から、ウルトラマンが消えてしまったら」

赤髪の少女「世界は、奴らのものになってしまう」


66 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 07:30:51.88 ID:96ZAqfHp.net
穂乃果「どういう……」

赤髪の少女「お願いです、9人の戦士を……」

フッ…

穂乃果「あっ……!」

穂乃果「…………」グッ


67 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 07:36:59.18 ID:96ZAqfHp.net
~~~~~~

キングシルバゴン&キングゴルドラス「「■■■■ーーーーッッ!!」」ドゴォ!

キャー!ワーワー!



凛「かよちん早く逃げるにゃ!」

花陽「はぁ……!はぁ……!」ヨロヨロ

ことり「穂乃果ちゃんは⁉」

絵里「いないの⁉」

海未「…………」


69 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 16:15:17.86 ID:96ZAqfHp.net
~~~~~~~~

スヒポ「絶望しろ……人間ども……!」

ニゲロー!ギャー!ワアアア!

絵里「みんな早く避難して!」

ことり母「絢瀬さん!」タッタッタッ

絵里「理事長……!」

ことり母「ここは教員が誘導します。あなた達も逃げなさい!」

絵里「ですが……」

希「……わかりました。行こう、エリチ」グイッ

絵里「え⁉ちょっと希!」


70 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 16:19:11.63 ID:96ZAqfHp.net
タタタタッ

絵里「希⁉そっちは……」

希「ねえエリチ」

絵里「……?」

希「エリチはどう思ってる?穂乃果ちゃんの言葉」

絵里「穂乃果の……?」

絵里「私達がウルトラマンかもしれないっていう……あれ?」

希「……」コクッ

希「うちはね、ちょっとだけ信じとるんよ」


71 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 16:24:14.77 ID:96ZAqfHp.net
絵里「何言ってるのよこんな時に……」

希「穂乃果ちゃんの言ってることはね、冗談とは思えないの」

絵里「なんでそんなことが言えるのよ」

希「穂乃果ちゃん、嘘を言ってる目じゃなかったやろ?」

絵里「…………」

絵里「だとしてもよ。素直に受け入れられるわけないじゃない」

希「でもなあ……」ゴソゴソ

絵里「?」

希「カードもそう言ってるんよ」ピッ


72 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 16:31:59.73 ID:96ZAqfHp.net
~~~~~~

ことり「ねえ海未ちゃん」

海未「…………穂乃果のことですか?」

ことり「……うん」

ことり「”最後まで諦めなければ、きっとウルトラマンは来てくれる”」

海未「……!」

ことり「思い出さない?昔のこと」

海未「…………ことり」

ことり「私、行ってくるよ」

ことり「穂乃果ちゃんの言葉、確かめに行かなくちゃ」スタスタ

ガシッ

ことり「……?」

海未「まちなさいことり」

海未「……私も、」

海未「私も行きます」


74 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 16:37:48.06 ID:96ZAqfHp.net
~~~~~~

穂乃果「はぁ……はぁ……!」タッタッタッ

キンシル&キンゴル「■■■■ーーーーッッ!!」

スヒポ「ふはははは…………!!」

穂乃果「…………」キリッ






––––『みんなの心に、いつまでも、ウルトラの星が輝いていますように』

穂乃果「…………!」ハッ


75 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 16:40:02.26 ID:96ZAqfHp.net
赤髪の少女『……もし、この世界が本当にピンチになったら』

赤髪『あなたが、ウルトラマンになって、助けに来てくれますか?』

ロリ穂乃果『うん!きっと、助けに来るよ!』


76 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 16:43:51.35 ID:96ZAqfHp.net
穂乃果「…………」ザッ

赤髪の少女『……』クルッ

赤髪『やっと思い出してくれたんですね』

赤髪の少女『あの日の約束を』

穂乃果「……うん……!」


77 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 16:47:49.51 ID:96ZAqfHp.net
穂乃果「そうだ……今はっきりわかった」

穂乃果「9人の戦士、最後の一人……!」

穂乃果「それは……」




穂乃果「私だったんだ!」


78 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 16:52:43.38 ID:96ZAqfHp.net
穂乃果「この世界を……私が守る!!」

コォォォ…………

穂乃果「……!」

オーロラのような暖かい光が穂乃果を包み、やがてそれは彼女の右手に固形物となって収まった。

スパークレンスピキーン

穂乃果「…………」グッ

穂乃果「ティガーーーーーー!!!!」

パアアアアアアア…………!!


79 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 16:58:38.20 ID:96ZAqfHp.net
~~~~~~
パアアアアアアア

スヒポ「……⁉」

ほのティガ「…………」ズゥン…!

ほのティガ「フッ……!」バッ

キンシル&キンゴル「■■ーーーーッッ!!」ドスンドスン

繰り出された豪腕を回避し、カウンター攻撃を浴びせるティガ。
二体の怪獣相手に、見事な立ち回りで対応していった。

ほのティガ「タアッ!」ドゴッ!


80 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 17:08:40.94 ID:96ZAqfHp.net
~~~~~~

海未「あのウルトラマンは……穂乃果ですね」

ことり「うん……」

ことり「穂乃果ちゃんは今、自分にできることを精一杯やってる……!」



ほのティガ「チャァッ!!」ドゴォ!

キンシル「■■■■……!」ヨロッ

スヒポ「……」バシュウッ!

バチイッ!!

ほのティガ「ウゥ……!」

放たれた光弾を回避しきれずに直撃。そのまま勢いに乗せられ横に吹っ飛ぶ。

スヒポ「貴様もブロンズ像になれ……!」ブゥン

ほのティガ「……!」

メビウスをブロンズ像に変えたあの円柱が再び現れ、ティガを呑み込む。

ほのティガ「……!」ドンッ!ドンッ!


81 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 17:16:17.49 ID:96ZAqfHp.net
海未「待っててください穂乃果……!」

ことり「今行くからね……!」

コォォォオオオ……!

ピキィン!

海未&ことり「「……!」」

海未&ことり「「……」」コクッ


ことり「ダイナアアアアアアアアア!!」

海未「アグルーーーーーーッッ!!」

パアアアアアアア……!


82 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 17:25:36.44 ID:96ZAqfHp.net
ほのティガ「……!」

パアアアアアアア……!

海未アグル「…………」ドォン!

ことりダイナ「…………!」ドォン!

スヒポ「なに……⁉」



海未アグル&ことりダイナ「「ハァァァ!!」」ビィィィィィ!

パリィン!!!!

ほのティガ「…………!」ドスゥン …!


83 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 17:29:42.58 ID:96ZAqfHp.net
ダンダンダン

ことりダイナ『大丈夫?穂乃果ちゃん……』

海未アグル『立てますか?』

ほのティガ『二人ともぉ……!来てくれるって信じてたよ!!』

3人のウルトラマンが並び、ヒッポリト星人の余裕が失われていくのがハッキリとわかった。

「「「シュワ……!!」」」バッ


84 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 17:38:55.79 ID:96ZAqfHp.net
~~~~~~

タッタッタッ…

希「あれは……」

絵里「戦ってるのね……穂乃果達が……」

にこ「この世界を……守るために……!」

花陽「……」ギュッ



ことりダイナ「トワアッ!!」ブォンッ!

キンシル「■■ーーーーッッ!」

海未アグル「トルァ……!!」バシュウッ!

キンゴル「…………!」

ほのティガ「チャァッ!!」バキッ!

スヒポ「……ぐっ……!」


85 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 17:46:21.41 ID:96ZAqfHp.net
ことりダイナ『ソルジェント光線!』ビィィィィィ!

キンシル「■■■■ーーーーッッ!!!!」

海未アグル『アグルストリーム!!』ドォォオオ

キンゴル「■■■■……!!」

ほのティガ『ゼペリオン光線!!』シュイイイイ

スヒポ「がああああああ!!!!」





ドォォォオオオオン………!!


86 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 17:55:19.88 ID:96ZAqfHp.net
凛「よおしっ!!」

真姫「倒したの⁉」

希(……あれっ?カードが……)ペラッ

花陽「……!みんな、あれ!」

絵里「…………!」



ズズズズ…


87 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 18:00:19.61 ID:96ZAqfHp.net
恐れろ………恐れろ…………恐れろ…………

ズズズズ…

ほのティガ『なに……?』

ことりダイナ『倒した怪獣達の……』

海未アグル『怨念……でしょうか……』


キングゲスラ、キングパンドン、キングシルバゴン、キングゴルドルス、そしてスーパーヒッポリト星人。
今まで倒した怪獣の怨念が具現化し、一つに集まっていく。

ズズズズ……

ほのティガ『あ、あれは……』

ギガキマイラ「■■■■…………」グルルルル


88 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 18:12:21.65 ID:96ZAqfHp.net
五体の怪獣が融合した異形の怪物。
大きさはウルトラマンの何十倍もあり、それを前にした3人に凄まじい威圧感を与える。

ギガキマイラ「■■■■ーーーーッッ!」ビュンビュンビュン!

ドドドドド

ほのティガ『わあっ!!』

海未アグル『うぅ……!』

ことりダイナ『きゃああああ!!』

ドゴォ!ドゴォ!ドゴォ!!


89 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 18:29:36.85 ID:96ZAqfHp.net
真姫「あの怪獣……なんて強さなの……⁉」

花陽「でも、ウルトラマンは負けない!」

凛「そうにゃ!みんなそれを知ってる!」

絵里「…………」グッ

希「エリチ」

絵里「希…………」

絵里「私は……」

にこ「行くんでしょ?」

絵里「!」


90 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 18:34:51.11 ID:96ZAqfHp.net
にこ「穂乃果達だけじゃ勝てないわ」

にこ「9人いるからμ'sなんでしょ?」

絵里「にこ……」

コォォォォオ……

ピキーン!

全員『!!!!』

花陽「これって……!」

真姫「私達もウルトラマンになれってこと……⁉」

凛「テンション上がるにゃあー!!」

希「スピリチュアルやね」

絵里「……みんな、いくわよ!」


91 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 18:41:47.22 ID:96ZAqfHp.net
凛「いっくにゃー!」スチャ

真姫「しょうがないわね……!」スッ

希「負けへんよー!」ブンッ

パアアアアアアア……!

凛マックス「……」ズシン!

真姫ジャスティス「……!」ドォン……!

希ネクサス「…………」ズシン…!


92 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 18:47:35.06 ID:96ZAqfHp.net
花陽「コスモース!」ギランッ!

にこ「デュア!」スチャ

絵里「ガイアアアアアアアアアア!!!!」

パアアアアアアア!

花陽コスモス「……」スタッ

にこゼロ「…………」ダンッ

絵里ガイア「…………!」ドォォオオン!


95 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 18:55:44.35 ID:96ZAqfHp.net
全員『ハァァァ……!』パアアアアアアア

ウルトラマン達の腕から放出される光が収束し、ブロンズ像となったメビウスのカラータイマーへと注がれる。

千歌メビ「……!」

千歌メビ「ハアアア……!!」グググ…


96 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 19:02:02.28 ID:96ZAqfHp.net
ヒュウッ……

千歌メビ『ありがとうございます、違う世界のウルトラマン達』

花陽コスモス『どういたしまして』

真姫ジャス『あとは……』

希ネクサス『あれを片付けるだけやね』

絵里ガイア『いくわよぉ……!!』ビュンッ


97 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 19:10:20.10 ID:96ZAqfHp.net
ほのティガ『みんな!』

海未アグル『来てくれたのですね!』

凛『みんなであのでっかいの倒すよ!』

ギガキマイラ「」グルルルル…!

ビュンビュンビュンッ!

乱舞する禍々しい光弾を避けながら、10人のウルトラマン達がギガキマイラの各部に飛び乗り、打撃、斬撃、光線をそれぞれ与えていく。

真姫ジャス『花陽!』

花陽コスモス『真姫ちゃん!』

フューチャーモード、クラッシャーモードと化したコスモスとジャスティスが手を取り合い、合体光線を放った。

二人『クロスパーフェクション!!』


98 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 19:16:12.27 ID:96ZAqfHp.net
ビィィィィィ!!

ギガキマイラ「■■■■ーーーーッッ!!」

凛マックス『ああ!ずるいにゃ!二人だけで合体技なんて!』

凛マックス『凛だってぇ……!!』

凛マックス「デアアッッ!!」シャキィィン

ズババババババ

絵里ガイア『フォトンエッジ!』ビィィィィィ!

希ネクサス『オーバーレイシュトローム!』バリバリバリ

ギガキマイラ「…………!!」グラッ


99 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 19:23:19.22 ID:96ZAqfHp.net
ことりダイナ『効いてるみたい!』

海未アグル『このまま攻めます!』

にこゼロ『いくわよ二人とも!』

ことりダイナ『ソルジェント光線!』

海未アグル『アグルストリーム!』

にこゼロ『ワイドゼロショット!』

ビィィイィイイイィイイイ!!!!

ドドドドド…!


100 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 19:27:34.44 ID:96ZAqfHp.net
ほのティガ『千歌ちゃん!』

千歌メビ『はい!』

二人『ハァァァ……!』

千歌メビ『メビュームシュート!』

ほのティガ『ゼペリオン光線!』

ビィィィィィィィイイ……!!

ギガキマイラ「■■■■ーーーーッッ!!」


101 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 19:34:28.14 ID:96ZAqfHp.net
ブゥン……!

真姫『あっ!逃げたわよ!!』

絵里『追いかけましょう!』ビュンッ

希『凛ちゃん、さっきのやつもう一回!』

凛『了解にゃ!』シャキィィン

マックスの頭部から分身したマクシウムソードが放たれ、ギガキマイラへと迫る。

海未『そこです!』

飛翔するソードへ向かって全員が光線を放ち、エネルギーを送る。
すると刃が数十本へ分身し、ギガキマイラを囲むようにして切り刻み始めた。


102 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 19:42:12.54 ID:96ZAqfHp.net
ほのティガ『みんな!これでトドメだよ!』

千歌メビ『はいっ!』

全員『ハァァァアアア!!!!』

10の光線が一つになり、光柱となってギガキマイラの胸部へと吸い込まれる。

ギガキマイラ「■■■■ーーーーッッ!!」

空中で焼け焦げた肉片を爆発四散させ、ギガキマイラは木っ端微塵となって消滅した。


103 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 19:47:25.45 ID:96ZAqfHp.net
~~~~~~

穂乃果「やったぁ!私達やったよ!!」ガバッ

海未「く、苦しいです……」

ことり「みんなかっこよかったー!」

にこ「この私のおかげね!」

凛「ウルトラマンのかよちんも可愛かったにゃあ!」

花陽「これでもう終わりなんだよね……?」

真姫「また別の怪獣が来るとか、ないわよね?」

希「カードのお告げ通りやったな」

絵里「……!」

絵里「そういえばあなた……」

千歌「……」ポウッ…


104 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 19:50:12.43 ID:96ZAqfHp.net
穂乃果「……!千歌ちゃん……」

千歌「そろそろ時間みたいです」

穂乃果「帰っちゃうの?元の世界に……」

千歌「はい。私は元々、この世界の人間じゃありませんから」

千歌「みなさんに出会えて、本当によかったです」

穂乃果「そっか……」


105 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 19:53:54.80 ID:96ZAqfHp.net
穂乃果「また、会えるかな?」

千歌「ウルトラマンを信じる心があれば、きっと」

パアアアアアアア…

千歌「じゃあ、またどこかで会いましょう!」

千歌「違う世界の、ヒーロー達」

穂乃果「うん!またどこかで……!」



シュン…


106 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 20:04:17.14 ID:96ZAqfHp.net
~~数ヶ月後~~

穂乃果「音ノ木坂学院スクールアイドル、μ's!」

全員『ありがとうございましたー!!』

ワーワー!キャー!

穂乃果「はぁ……!はぁ……!」ニコッ

穂乃果「ん……?」

夜空を見上げた穂乃果だったが、星の中に一際目立つ光り方をしている惑星を見つける。

––––みんなの心に、いつまでも、ウルトラの星が輝いていますように。

穂乃果「…………」ニッ

どこか遠くで、またあの光の巨人の声が聞こえた気がした。

END


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1484586849/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ