Powered By 画RSS


千歌「あはは、梨子ちゃんと入れ替わっちゃった」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 18:58:51 ID:0m.x1gDY
~浦の星女学院.2年生教室~

曜「家隣だしそんなに困らないね」

梨子「だよねー」

千歌(梨子)「いやいや困るでしょ!どう考えても一大事だよ!」ガタッ

曜「えー? でもクラス同じだし、お互いの体を好き放題にできるし、曲は昨日できたばかりでしばらくは次のを作る必要も無さそうだし」

曜「やっぱり何の問題も無いよね」

千歌(梨子)「途中に一大事な理由の大部分を占める問題が含まれてたけど?」




2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:01:56 ID:0m.x1gDY
千歌(梨子)「はぁ…もう曜ちゃんは放っといて早く元に戻ろうよ千歌ちゃん」

梨子(千歌)「梨子ちゃんの体を好き放題…」フム

千歌(梨子)「ち、千歌ちゃん? 私の体をじっと眺めて何を考えてるの…?」

梨子(千歌)「…曜ちゃん」

曜「ヨーソロー」ガシッ

千歌(梨子)「」

梨子(千歌)「梨子ちゃん、ちょっと皆の所に行って『いつも通り』に接してくるね♪」タタッ

千歌(梨子)「う、嘘だっ! 絶対何かする気でしょ! 曜ちゃん離してっ! 待ってえぇぇぇ!!」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:04:06 ID:0m.x1gDY
~1年生教室~

梨子「マールーちゃん♪」ダキッ

花丸「ひゃっ!?」

善子「あら梨子じゃない、何か用なの?」

梨子「えへへー、遊びに来ただけだよー」ナデナデ

ルビィ「梨子ちゃんが今まで見たことないような笑顔で花丸ちゃんをなでなでしてる…」

花丸「な、何だかご機嫌ずらね…?」

梨子「うん、今日は朝のお茶に茶柱が立ってたんだぁ♪」

ルビィ「それだけ…?」

花丸「それは確かに幸せな気持ちになるずら…」シミジミ

ルビィ「そ、そういうものかなぁ…?」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:07:32 ID:0m.x1gDY
梨子(さて、何をして遊ぼうかなぁ)

梨子(せっかくだからいつもの梨子ちゃんがしないような事をして皆の反応を見たいところだけど…そうだ!)ピーン

梨子「よーし、次の曲のイメージを掴むために、にらめっこで私と勝負だよ!」

花丸「ふむふむ、曲のイメージを掴むために…え?」

ルビィ「梨子ちゃんがにらめっこ…?」

善子「ふっ、このヨハネににらめっこ勝負を挑むだなんて…大した自信ね、梨子」ゴゴゴ

梨子「ふっ、ヨハネこそ」ゴゴゴ

花丸「す、すごい気迫ずら…」

ルビィ「梨子ちゃんがにらめっこでこんなに真剣に…」

梨子「じゃあ四人同時でいくよー!」

花丸ルビィ「えっ」

梨子「せーの、あっ!」

善子「ぷっ!」

四人「ぷっ!」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:13:08 ID:0m.x1gDY
ガラッ

千歌「はぁ、はぁ、千歌ちゃんいる!?」

花丸「あはははっ!ひーっ、ひーっ、お、お腹痛いずら…ぷっ、あはははは!」

善子「ふっ、やるわね…これならどう!?」キュッ

梨子「何の!」グイッ

ルビィ「けほっけほっ、くひゅっ、あははっ。も、もうやめてぇ…!」

千歌「」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:13:44 ID:0m.x1gDY
千歌「~~~っ! 千歌ちゃんっ!!」

梨子「げげっ、梨子ちゃん!」

善子「? 梨子はアンタでしょ」

千歌「私の顔でにらめっこなんかして…許さないわよ!!」ダッ

梨子「わわっ、よ、ヨハネシールド!」グイッ

善子「えっ」

千歌善子「きゃあっ!」バンッ

曜「あ、いた。ゴメン千歌ちゃん、逃げられちゃって」

梨子「いいよいいよ、じゃあ次行ってくるねー」タタタ

曜「行ってらっしゃーい」フリフリ

千歌「ま、待ちなさい…!」グググ…


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:15:21 ID:0m.x1gDY
~廊下~

梨子「あっ、マリさん」

鞠莉「あら梨子、3年生の廊下に来てどうしたの?」

鞠莉「私達のサムワンに何か用事でもあったのかしら?」 

梨子「さむわん? …ううん、ワンちゃんに用があるわけじゃなくてね」 

鞠莉(梨子にしては珍しいタイプのボケね)

梨子「えーと…あ、そうだ。実はマリさんに一つお願いがあって…」

鞠莉「何かしら?」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:17:35 ID:0m.x1gDY
千歌「あっ、いたっ!」

梨子「き、来たっ!」

鞠莉「来たわね~、ちかっち!」ジリジリ

千歌「なっ、マリさん!?」

鞠莉「とうっ!捕まえたっ♪」ガバッ

千歌「うっ、な、何ですかいきなり!」

鞠莉「梨子をワシワシしようとストーキングしているそうね、梨子から聞いたわ」

千歌「は、はいぃ!?」

千歌「」ジロッ

梨子「じゃ、そういう事で」タタッ

鞠莉「誰かをワシワシしていいのはワシワシされる覚悟のある者だけ。この言葉の意味が分かるかしら…ふふふ」ワキワキ

千歌「ご、誤解です鞠莉さん!私は千歌ちゃんじゃなくて梨子で…」

鞠莉「そんなトンチンカンな言い訳が通用すると思ってるのかしら!パニッシュメーン!」ワシワシワシ

千歌「ちょ、いやぁっ!ひぎいっ!ら、らめえぇぇぇ!!」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:19:43 ID:0m.x1gDY
~生徒会長室~

ダイヤ「珍しいですわね梨子、何の用かしら」ニコッ

梨子(おー、私にはあんまり見せない優しい対応だ。なんか新鮮)

ダイヤ「? 梨子?」

梨子「あ、ゴメンなさい。ココに来たのは、そのー…」

梨子(何をしようかな…考えてから来れば良かった)

ダイヤ「…梨子さん、私達は同じアイドルユニットの仲間ですわ」

ダイヤ「その大事な仲間の頼みなら何でも聞いてあげます。さぁ、言ってみなさい」

梨子「えっ、何でもいいんですか」

ダイヤ「えぇ。ですから安心して言いなさい」

ダイヤ(梨子さんなら無茶な事は言わないでしょうし。千歌さんならともかく)

梨子「じゃあダイヤさんの写真が欲しいのでポーズをとってくれますか?」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:24:08 ID:0m.x1gDY
ダイヤ「えぇ、それくらいなら…って、え? 私の写真?」

梨子「はい行きますよー。まずは無難に笑顔でピースお願いしまーす」スッ

ダイヤ「な、な、何で私の写真が欲しいんですの!? こ、コラッ!ポーズもとってないのにスマホで勝手に撮るのはお止めなさい!」

梨子「曲を作ってるときに皆の写真を見ながらやればイメージが湧きやすくなるかなと思いまして」パシャパシャパシャ

ダイヤ「そ、それならせめて全員いるときに…も、もう!せめて一度深呼吸をさせなさい!」

梨子「どうぞ」パシャッ

ダイヤ「はぁ…すー、はー、すー、はー」

ダイヤ「……さて、まずは笑顔でピースだったかしら」キリッ

梨子「あ、やっぱり各メンバーらしい写真の方がイメージが湧きやすそうなので、ダイヤさんの思う一番カワイイポーズをお願いします」

ダイヤ「……はあぁぁぁ!?」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:27:00 ID:0m.x1gDY
ガラッ

千歌「だ、ダイヤさん!ここに梨子ちゃんが来てません…か…」

梨子「そのポーズいいですね!いんすぴなんとかがアレします!」パシャパシャ

ダイヤ「そ、そうかしら。じゃあこんなのはどう?」スッ

梨子「んぃいですねぇ!最高ですダイヤさんっ!」パシャパシャパシャ

千歌「あの、ダイヤさん?」

ダイヤ「ハッ、ち、千歌さん!? 違うのです!コレは梨子さんに頼まれたポーズで…!」

ダイヤ「決してこの、両手を頭の後ろで組み、軽く腰を捻って座った破廉恥なポーズを私が進んでした訳では無いのです!」アタフタ

梨子「良い画が撮れました」

ダイヤ「だ、だから決して誰にも言いふらさないで下さいね!いいですねっ!?」ガシッ

千歌「だ、ダイヤさん!分かりましたから離して…あっ、こら千歌ちゃんっ!逃げるなー!!」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:31:18 ID:0m.x1gDY
~3年生教室前~

梨子(ふふふ…さて、残るは果南ちゃんただ一人!何をして遊ぼうかなぁ)

果南「あ、梨子じゃん。やっほ♪」スタスタ

梨子「わわっ、果南ちゃ…さん」

果南「どうしたの、私に何か用?」

梨子「そ、そうなの。えっとね…」

梨子(うーん、何がいいかなぁ。果南ちゃんの写真ならいつでも取れるし…ここは梨子ちゃんの体を借りて、私のとは違う可愛い後輩への対応というものを体験してみるのがベストかな?いやでも…)

果南「梨子の頼みなら何でも聞くよ。ほら、言ってみ?」

梨子「」ピクッ

梨子「ふふっ…果南さん。今何でもって言った?」


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:33:37 ID:0m.x1gDY
果南「言ったよ?」ニコニコ

梨子「よーし!それじゃあまずは」

果南「はーい了解♪」ギュッ

梨子「わっ、あったか…じゃなくて! まだなんにも言ってないでしょー!」

果南「ふふっ、千歌のお願いなんてどうせ『ハグして』とか、そんなもんでしょ」

梨子「何でもなんだからそんなわけ無いじゃん! …ってアレ? 今私の事『千歌』って呼んだ?」


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:34:38 ID:0m.x1gDY
果南「読んだよ?」

梨子「『みかん』の間違いじゃなくて?」

果南「梨子だったとして『みかん』とは呼ばないと思うけど」

梨子「…」

果南「…」

梨子「な、なぜ分かったー!!」ガーン

果南「あはは、さっき千歌の姿をした梨子が来てね。全部説明してくれたよ」


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:35:45 ID:0m.x1gDY
果南「生徒会室に向かったみたいだったけど会わなかった?」

梨子「そ、そんな。私の姿をしてる以上、梨子ちゃんが何を言ってもタワコトにしかとられないはずなのに…」

果南「『たわごと』ね。小さい頃からの付き合いなんだから、『中身が梨子の幼馴染』か『梨子のふりをした幼馴染』かぐらい、すぐに分かるよ」

梨子「ぐぬぬ…」


果南「あっ、梨子」

梨子「えっ」


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:37:32 ID:0m.x1gDY
千歌「しっかり捕まえておいて下さいね、果南さん」ニコニコ

梨子「り、梨子ちゃん!? 待って! とりあえず話し合おう! って果南ちゃん手を離して! おっぱいしか見えないから!」ジタバタ

果南「はいはい」パッ

梨子「ぷはっ、そう簡単には捕まらないよ梨子ちゃん!」ダッ

ダイヤ「どこへ行こうと言うのです?」

梨子「え?」

8人「」ズラッ

梨子「」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:38:50 ID:0m.x1gDY
花丸「中身が入れ替わってたと聞いてマルはホッとしたずら」

ルビィ「でも梨子ちゃんの変顔はすごくおもしろくて…ぷくっ、ふふっ」プルプル

善子「えらく元気だったから悪魔が取り憑いたのかと思ったけど、実際は千歌が取り憑いていた訳ね。でも、良い勝負だったわよ!」

梨子「うっ、逃げ場が無い…」


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:39:31 ID:0m.x1gDY
鞠莉「ワシワシする命令を出していいのもワシワシされる覚悟がある者だけなのよ?…でも合法的にちかっちの胸を揉めて役得だったわー♪」

ダイヤ「この私にあんなポーズをとらせて…絶対に許しませんわよ!」

曜「年貢の納め時だよ千歌ちゃん!」

梨子「曜ちゃんは共犯者の癖に!」


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:43:06 ID:0m.x1gDY
千歌「さぁて千歌ちゃん、覚悟はできてるかしら」ゴゴゴ

梨子「ひっ!な、何をするつもり!?」

千歌「さぁ、一体どうしてくれようかしらねぇ」

梨子「え…?」

千歌「私が自分で考えたおしおきをするのもいいけど、皆の中には千歌ちゃんに被害を被った人もいるようだし…」

梨子「い、いやいや!そんなの…ダイヤさん位だって!」

千歌「ルビィちゃんと花丸ちゃんもお腹に軋むような痛みを訴えています」

花丸ルビィ「い、イタタ…(ずら)」

梨子「笑いすぎただけで、それ被害って言わないでしょ!」

千歌「笑わせたのは千歌ちゃんでしょう!!」ダン!

梨子「ひいっ、ゴメンなさい!」


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:44:10 ID:0m.x1gDY
千歌「…そこで、皆にそれぞれお仕置きを考えてもらい、千歌ちゃんにはそれを受けてもらいます」

梨子「そ、そんなぁ…」

果南「千歌、『因果応報』って奴だよ」

梨子「うわーん! 入れ替わりなんてもうコリゴリだよー!」


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/28(土) 19:46:09 ID:0m.x1gDY
~スクールアイドル部室~

梨子「くっ、あはっ、あはははは! も、もうやめてぇー花丸ちゃん、ルビィちゃん!」ジタバタ

花丸「あはは、ゴメンなさい千歌さん」コチョコチョ

ルビィ「あと一分だけ頑張ルビィ!」コチョコチョ

梨子「む、無理ぃ…やぁっ!あひゃひゃひゃひゃ!」

鞠莉「次は私のワシワシ地獄が待ってるわよ!」 


ダイヤ「…そう言えば、どうやったら戻るのかは判明しているのですか?」

千歌「ええ、二人でキスをしたら入れ替わってしまったので、もう一回すれば戻ると思います」

ダイヤ「!?」

おわり


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1485597531/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!サンシャイン!!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ