Powered By 画RSS


真姫「理事長に呼ばれたわ」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:15:14 ID:oAyEQ95k
コンコンガチャ
真姫「失礼します………ってあれ?」


花陽「理事長は?」


凛「呼び出しといて遅刻はないにゃ……」


真姫「仕方ないわ。待ちましょう」


花陽「そうだね」


真姫「…………」


花陽「…………」


凛「…………」




2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:16:18 ID:oAyEQ95k
凛「………」スタスタ


花陽「凛ちゃん?」


凛「っはぁーーーっ!!」ギシッ


真姫「なにバカなことやってるのよ……理事長に叱られるわよ?」


凛「おぉ……この椅子……すげぇ……すげぇなんだこれ……すげぇ」


花陽「…………顔w」


真姫「すげぇって何よwなにがどう凄いのよ」


凛「なんか……すーっげぇ……うん。これヤバイやつだにゃ。多分もう立てないやつだにゃ」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:17:34 ID:oAyEQ95k
真姫「大袈裟ね……ほら、立ちなさい」グイッ


凛「ああ……鬼ぃ……」


真姫「wwwその顔やめなさいよwwwそういう……ほら、あれよ、ゲームの敵」


花陽「スライム?」


真姫「そうそれよ。それの困り顔みたいな顔やめなさい」


凛「おお?この椅子……マッサージチェアにもなるみたいだよ」


真姫「聞きなさいよ!」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:19:00 ID:oAyEQ95k
凛「全然理事長来ないしもっかい座っちゃうにゃ!」ギシッ!!


凛「ふぉっ!やっぱりすげぇわコレ…なんと言うか……ほどよい締め付けというか……不快にならない程度の誉め言葉を浴びせられてる気分というか……」ギシッギシッ


真姫「なによほどよい締め付けって。椅子でしょ?」


花陽「例えが斬新すぎる」


凛「とにかく座ってみるにゃ!!!」グイッ


真姫「う゛ぇぇ……う゛ぁぁ……う゛ぉぉ……うわっ……これ……凄……」


花陽「w」


凛「スライムみたいな顔になってるよwww」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:20:32 ID:oAyEQ95k
真姫「これ……どこの……椅子なの?すごい欲しい……」


凛「どこかに書いてないかな?…………あ、なんかスイッチ押しちゃった」


真姫「う゛えう゛えう゛え」ガタガタ


凛「!?wwwwww」カチッ


花陽「!!?w」


真姫「なに今の」


花陽「こっちが聞きたいよwww」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:21:20 ID:oAyEQ95k
凛「多分マッサージチェア機能じゃないかな?」


真姫「ああ。……もっかい押してくれない?」


凛「いいよw」カチッ


真姫「う゛えう゛えう゛えう゛え」ガタガタ


凛「ひっwwwwwwwww」カチッ


真姫「う゛ぇっ」ピタッ


花陽「…………んっw」


真姫「なんで止めるのよ」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:22:39 ID:oAyEQ95k
凛「止めないと……w死んじゃう……w」


真姫「こんなんじゃ死なないわよ。心配性ね」


凛「真姫ちゃんじゃなくてwwwwww」


真姫「?いいからもっかい!もっかい押して!」


花陽「性格変わってるよw」


凛「っw」カチッ


真姫「う゛えう゛えう゛えう゛えう゛えう゛えう゛えう゛えう゛えう゛えう゛えう゛えう゛えう゛えう゛えう゛えう゛えう゛え」ガタガタ


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:23:41 ID:oAyEQ95k
凛「っwwwwwwっwwwwwwwwwwww」


花陽「止めてwww」


真姫「う゛」ピタッ


凛「ヴwwwwwwヴてwww」


花陽「違うよwwwう゛ だよwwwwww」


凛「なんでそんな上手いのwwwwww」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:25:43 ID:oAyEQ95k
真姫「なんで止めるのよぉ……嫌がらせ……?」グス


凛「そっちはwwwなんでwww泣いてるのwwwwww」


花陽「よっぽど気持ち良かったんだよwww」


凛「十六歳でマッサージジャンキーwwwwww」


花陽「マッwサーwジwジャwンwキーwて何www!?」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:26:37 ID:oAyEQ95k
真姫「早くぅ……早くつけてよぉ……」


凛「目が虚ろだwwwwww虚ろな目で天井を見つめてるwwwwww」


花陽「禁断症状だ」


凛「禁w断w症w状wwwwww」


真姫「ハァ……ハァ……んっ」


凛「なwんwかwハァハァしてるwwwwww」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:27:43 ID:oAyEQ95k
花陽「もうつけてあげたら?」


凛「そうだねw」カチッ


真姫「う゛えう゛えう゛え」ガタガタ


凛「………」カチッ


真姫「う゛」ピタッ


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:28:36 ID:oAyEQ95k
凛「……w」カチッ


真姫「う゛え」ガタ


凛「www」カチッ


真姫「う゛」ピタッ


凛「wwwww」カチッカチッ


真姫「う゛えう゛っ」ガタピタッ


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:29:08 ID:oAyEQ95k
凛「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」カチカチカチカチカチカチカチカチッ


真姫「う゛っう゛っう゛っう゛っう゛っう゛っう゛っう゛っう゛っう゛っう゛っう゛っう゛っう゛っう゛っうぅぅぅ……」グスン


花陽「やwwwめwwwなwwwよwww」


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:30:11 ID:oAyEQ95k
凛「ヒィーーーっwwwwwwヒィーーーっwwwwww」カチッ


花陽「まきちゃんwww号泣してるよwwwwww」


凛「こういうおもちゃでないかなwwwwww買い占めるのにwwwwww」


真姫「う゛えぇ……う゛えぇ……」ガタガタガタガタ


花陽「とめwwwとめろwwwwww真姫ちゃんが死んじゃうwwwwww」


凛「wwwwwwwww」カチッ


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:31:15 ID:oAyEQ95k
真姫「う゛っ……う゛えぇぇん……う゛えぇぇん……」


凛「ごめんwwwwww」


真姫「やべてよぉ……!!もお゛ぉ゛!!」


凛「だからwwwごめんってばwwwwww泣き止んでwwwwwwお願いしますwwwwww」


真姫「り゛ぃ゛ぃ゛ん゛ん゛ん゛!!!」バシッバシッ


凛「痛www痛いよ真姫ちゃんwwwとりあえず泣き止めよwwwほんとにwww」


真姫「笑゛う゛な゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛!!!」


凛「小w学w生かよwww痛www」


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:32:12 ID:oAyEQ95k
花陽「凛ちゃんやめなってば。真姫ちゃんものど壊しちゃうよ」


真姫「ン゛ンっ……はぁ、はな、よぉ……ハァハァ」


花陽「………w」


凛「んwww………ふぅ、真姫ちゃんごめん。ちょっと調子乗りすぎたにゃ」


真姫「ほんとよ……げほっ、で、も元は私が頼んだことが発端だし……こっちこそ、ごめんなさい」


凛「w」


花陽「凛ちゃん?」


凛「じゃ、じゃあ仲直りにゃ」スッ


真姫「う゛ん……げほっ」ギュ


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:33:38 ID:oAyEQ95k
花陽「一件落着です!」


凛「にゃ。………それにしても……理事長遅くないかにゃ?」


真姫「そう、ゴホッ ね……」


花陽「大丈夫?はい、はちみつ入り緑茶」


真姫「ありがとう……は、はちみつ……」


花陽「以外と合うんだよこれが」


凛「というかなんで常備してるのw」


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:34:47 ID:oAyEQ95k
真姫「はぁ……ほんとだ……以外とイケるわね」


凛「ほんとに?」


真姫「凛も飲む?」


凛「いや……凛はやめとくにゃ」


真姫「そう」ゴクゴク


花陽「まだおかわりあるよ?」


真姫「大丈夫よ。ありがとう。それにしても…………ちょっと疲れたわ。理事長には悪いけど、この椅子を貸し」


花陽「ちょっと待て」


真姫「…………w」


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:35:45 ID:oAyEQ95k
花陽「いや……なんでナチュラルに座ろうとしてるの?」


真姫「いや……だって……」


凛「いいじゃんwww別にwwwwww」


花陽「おい」


凛「はい」


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:36:43 ID:oAyEQ95k
真姫「だって……あとちょっとだけマッサージしたかったんだもん」


花陽「これがマッサージジャンキー……」


凛「ンw」


花陽「おい」


凛「罠だ……」


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:37:42 ID:oAyEQ95k
真姫「ね?いいでしょ?あと五分だけ!五分だけだから!」


花陽「また凛ちゃんにからかわれるよ?」


真姫「そこは……花陽が凛を……というか」


花陽「は?」


真姫「ヒィ……お」


花陽「お?」



真姫「お、」

真姫「オネガァイ(裏声)」ウワメ


22 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:39:12 ID:oAyEQ95k
凛「………っ、」


花陽「…………w」


真姫「///」


花陽「ダメ」


真姫「!?」


花陽「じゃないよ♡」


真姫「!!」パァァ


花陽「wwwwww」


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:39:59 ID:oAyEQ95k
凛「かよちんwww」


花陽「ダメだwwwなんか真姫ちゃんからかうののハマっちゃったぁwwwwww」


真姫「?」キョトン


花陽「ふwww凛ちゃwやってあげてww」


凛「ヨーソローwww」


24 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:41:21 ID:oAyEQ95k
―――――

真姫「う゛ぁ~~~♪う゛ぁ~~~♪」ガタガタ


花陽「っwww可愛いwwwwww」


凛「www………なんか速度調整とかあるんだけどwwwwww」


花陽「最速にしてw」


凛「ヨーソローwwwwww」グリグリッ


25 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:41:56 ID:oAyEQ95k
真姫「ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ!!?ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ」ガタガタガタガタガタガタ


花陽「っwwwwww」


凛「マナーモード真姫ちゃんwwwwwwwww」


花陽「マwナーwモーwドwwwwww」


真姫「ヴーーーーーーーーーヴーーーーーーーーー」ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタ


花陽「これっwwwwwwダメなやつですwwwwwwマジでwwwwww」


凛「」


花陽「へぇーwww!!へぇーwww!!ひぃーーーっwwwwww!!凛ちゃんのびてるwwwwww」


26 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:43:43 ID:oAyEQ95k
姫「ヴヴヴとめう゛ヴヴヴう゛う゛ヴヴヴとう゛ヴヴヴう゛う゛う゛止めてう゛う゛う゛う゛」


花陽「喋るなwwwwww止め方知らないよwwwwww」


真姫「ヴアアアアアアアアアア!!!ヴヴヴアアアアアアアアアア!!!!!!」


花陽「叫ぶなwww叫ぶなwwwwww」


27 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:44:31 ID:oAyEQ95k
理事長「あの」


花陽「え?wwwwww」


理事長「あの……その……待たせてしまった上に申し訳無いんだけれども」


花陽「え?」


理事長「三人とも、停学」


花陽「あ」


真姫「ヴぉぉぉええぇ………ヴぉぉぉえぇ………」キラキラ


凛ちゃんは入院しました。


28 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/21(土) 01:45:44 ID:oAyEQ95k
建てるなら今しかないと思った。
お目汚し失礼しました。


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1484928914/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ