Powered By 画RSS


暁「リアクションの殿堂?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:45:07.99 ID:MSh225A/0
北上「提督、居る~?」

提督「おう、居るぞ~ってか仕事中だ」

北上「だろうね。だから来たんだし」

提督「んで、どうした?」

北上「いやさぁ、借りてたDVD返そうと思って」

提督「お、見たか!で、どうだった?」

北上「そりゃあもう」b

提督「だろ?だろ?最高だったろ?」

北上「出川と川島のツートップはヤバいね。もう腹が捩れるくらい笑ったよ」

提督「あのリアクション芸ってすごいよな。普通の人がやってもたいして面白くないだろうに、あの二人がするとなんか面白いよな」

北上「ありゃ天才だね」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:45:20.75 ID:MSh225A/0
暁「もう、司令官!きちんと仕事してよね!」!かすんぷ

提督「ああ、すまんすまん。同好の士を見つけてつい、な」

北上「あら、いたんだ、ちみっこ」

暁「ちみっ……暁は小さくなんてないんだから!」

北上「ごめんごめん」

暁「と、ところでずいぶん楽しそうね」

提督「そりゃあ、リアクション芸ってのは……」

北上「おっと、提督ぅ~。子供には言っちゃダメでしょ」

提督「った~~、そうか。すまん、暁」

暁「こ、子供って!司令官まで、酷い!」

提督「いやでもなぁ……」

北上「教育上すっごい悪そうだよね」

提督「テレビじゃ放送できないだろうしなぁ……」

北上「だから面白いんじゃん」

提督「だなぁ」

暁「も~、二人してそんな風にぃ~。もう、知らないんだから!」

提督「ごめんごめん……。あ、北上。ってことだからまた後でな」

北上「あいよ~。あ、じゃあ何か暇潰せそうなの貸して」

提督「ん~、ゲームセンターCXとか?」

北上「それどんなの~?」

提督「レトロゲームをひたすらやるのを見るだけ」

北上「ふ~ん。なんか微妙そう」

提督「そう思うだろ?でもなんとなく見続けて……そんで気づいたらハマっちゃうんだよ。いいから視てみ」

北上「まあ、提督がおすすめするなら視てみよっかな」

提督「おう。暇つぶしには最高だぞ。あ、1巻から視なきゃいかんってわけじゃないから、自分の好きそうなゲームやってるヤツを選ぶといいぞ」

北上「ん~。あ、部屋入ってもいい?」

提督「おう、好きなだけ持ってけ」

北上「さんきゅ~」ふりふり

暁「……終わった?」

提督「ご、ごめんごめん。きちんとやるから勘弁してくれ」

暁「む~~……ちゃんとしてよね……!」

提督「はい……」

暁「………………」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:45:53.38 ID:MSh225A/0
提督「ふい~、終わったぁ」

暁「はしたないわよ、司令官」

提督「そうは言うがな、俺は徹夜だったんだよ……」

暁「北上さんとお話ししたりしなければ、もっと早く終わったんじゃないの?」

提督「て、手厳しいな……」

暁「……はぁ」

暁「仕方ないわね……。片付けは私がやっておくから、司令官は先にあがってもいいわよ」

提督「ホントか!?ありがとな、暁」なでなで

暁「な、なでなでしないでってば!」

提督「ああ、ごめんごめん。そんじゃあ、よろしく~」ガチャリ

暁「も~///」

暁「……えっと、終わった書類は大淀さんに……印は引き出しっと……あ……DVD……」

暁「北上さんが返しに来たDVD、司令官忘れて行ったんだわ。届けてあげなくちゃ」

暁「……北上さんってば、暁を子供扱いして……」ぷくぅ

暁「そうよ!暁はもう大人なんだから、視たっていいはずよ!」ガサガサ

暁「ひゃっ!な、なんでこの人たちおむつを履いてるのかしら?」

暁「こ、こっちのジャケットは……映画みたいね……ちょっと……怖そう……」

暁「…………むぅぅぅぅ」

暁「よ、よし、響たちと視ましょう!うん、それがいいわ。決して怖いわけじゃないんだからね!」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:46:36.12 ID:MSh225A/0
暁「……と、いうわけなの。だから皆で視ましょう」

響「ふむ、実は私も気にはなっていたんだ。提督がずいぶん楽しそうに話していたからね。ハラショーだ」

雷「もちろんいいわよ!雷に任せて!」

電「はわわわ……い、いいのでしょうか?」

響「大丈夫だよ、電。ほら、パッケージにはR-18等の表記はない」

暁「それに、北上さんには勝手に持って行っていいって言ってたわ。レディの暁ならなんの問題もないわよ!」

電「ご、ごめんなさい司令官さん……電もちょっと興味あるのです……」

響「決まりだね」

雷「準備は任せて!みんな、飲み物とか必要でしょ?雷が持ってきてあげるわ」

電「ありがとうなのです、雷ちゃん」

暁「それじゃあ、いくわよ。……スイッチ……」

雷「オーン!」

暁「あ、暁が押すはずだったのに!」

響「しっ、始まるよ」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:47:05.02 ID:MSh225A/0
――少女視聴中――


暁「………………」ぽかーん

響「………………」プルプル

雷「………………」ぽかーん

電「………………」ブルブル

暁「よ、よく分からなかったわ……」

雷「おトイレを我慢するのは体に良くないわ。雷が連れて行ってあげるわ」

暁「雷、これはDVDなんだからもう終わったことよ」

雷「それもそうね」

電「い、痛そうだったのですぅ~」

暁「そ、そうね……特にザリガニにお鼻なんて挟まれたら……」

雷「大丈夫よ、雷が助けてあげるわ」ドンっ

電「できれば挟まれる前に助けてほしいのです……」

暁「……あれ?響、さっきから震えてどうしたの?……!痛そうなのが怖かったのね。暁が……」

響「――ぶっ!」

雷「ぶ?」

響「――うっく……クックックックッ……」

電「響ちゃん、笑ってるのですか?」

響「ふっ……んくっ!」

雷「響、大丈夫?」

暁「響?」

響「――――っ!…………だ、大丈夫……だよ。な、なんでもな……ぶっ!ふっふっ……くぅっ」

暁「…………」

雷「…………」

電「…………」

響「――!…………!」ビクッ

響「……すー……はー……」

響「うん、大丈夫だよ」キリッ

暁「ねえ、響」

響「なんだい?」

暁「これ見て」

雷「はい!」シャキーン

電「なのです!」ピロッ

響「ぶほっ!……えふっ!ごほごほっ」

暁「ちょっ!……もう、ツバ飛ばさないでよね」

響「ごめ……くくくっ……」フルフル

雷「これは重症ね」

電「なのです」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:47:47.43 ID:MSh225A/0
暁「それにしても、どうしてこんなに笑ってるのかしら」

電「このDVDが原因だと思うのです」

雷「というかそれしかないわね」

暁「……どこがそんなに面白かったのかしら……?」

雷「う~ん……とりあえず私はお料理を作ってあげたいわね。あんなヌルヌルじゃ、絶対美味しくなさそうだもの」

電「電は、痛そうだったのであまり見ていられなかったのです」

暁「となると、響に聞くしかないわね」

響「――ふっ……ふっ……」ビクンビクン

電「しばらく無理そうなのです」

雷「じゃあ、治まるまで待ちましょう」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:48:53.42 ID:MSh225A/0
響「ふー……っ」すーはー

雷「もう大丈夫?背中さすってあげるわ」なでなで

響「スパスィーバ(ありがとう)」

暁「それで、響はどうしてあんなに笑ってたの?」

電「電たちにはさっぱりだったのです」

響「ふむ、そう言われると難しいね……」

暁「司令官たちは、リアクション?芸がどうのとか言ってたけど……」

響「う~ん……なんとなく面白い、そうとしか言えないね」

暁「そんなぁ」

響「ところで暁、どうしてそんなにアレの面白さを知りたいんだい?」

暁「えっ!?」

雷「それはもちろん、暁が司令官のこと……」フグムッ

暁「わあああああ!!///」ガバッ

響「ふふっ、そんなに司令官のことを知りたいんだ」

電「で、でも分かる気がするのです…………電も司令官さんのこと///」ごにょごにょ

暁「そそそ……そんなのじゃないわ!た、ただ司令官が暁のこと子供だって言うから……その……だからなんだからね!」

響「はいはい」ニヨニヨ

雷「司令官とラブラブになりたいなら、いつでも手伝うわよ!」

暁「違うわよ!違うんだからね!///」

電「いい、電も……て、手伝って……///」ごにょごにょ

暁「いい加減にしてってばぁ、もぉ~~」!かすんぷ

暁「って、あれ?何か違っ……た?」

電「な、ななんでもないのです!早く謎を解明すべきなのです!」

暁「そ、そうね。……でも、どうすればいいのかちら」

暁「//////」



8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:49:22.19 ID:MSh225A/0
響「そうだね、どうしようか」

雷「やっぱり、面白かったって言ってる人に聞いてみるとか?」

電「でも、視たっていう人が誰なのか知らないのです」

暁「~~~!も~、ありがとお!!」

響「そうだ、私にいい考えがある」

雷「なに?雷にお任せよ」

響「みんなでやってみるんだ」

暁「やるって……?」

電「はわわわわぁ」

響「あのDVDみたいな事をさ。そうすれば理解できるかもしれない」ワクワク

雷「いいわね、やりましょう!」

暁「えええぇぇぇ!!?でもでも、その……」

電「痛そうなのです……」

雷「大丈夫よ!テレビのバラエティ番組でも、大丈夫な様にできてるって言うじゃない!」

響「案ずるより産むが易し、だよ」

暁「あ、アンジュ・リウム・ヤスシ?人の名前かしら?」

雷「はいはい、ボケてないで台所に行きましょ」

響「ほら、電も」グイグイ

電「待って、待ってほしいのです!電は嫌な予感しかしないのですぅ~!」ズルズル


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:50:03.11 ID:MSh225A/0
響「第一回、お口の中身は何だろな!?チキチキ、鎮守府駆逐隊祭り~!」

雷「ドンドンパフパフー!」

電「待つのですぅ!」

暁「そうよそうよ!というか何なのよ、この状況は!?」ガタンガタン

電「目隠しされて椅子に縛り付けられているのです!暗いのです、怖いのです、動けないのです!ちょっとドキドキするのです!」

暁「それにその祭り?って何なのよ!?第一回?こんなこと何度もされたくないわよ!」

響「いや、名前はなんとなくつけてみただけさ、あまり気にしないでくれ」

電「なんで暁ちゃんと電だけがやるのです?雷ちゃんと響ちゃんはそうしていてずるいのです!」

響「だって、私はリアクション芸の面白さを理解しているからね、司会進行役さ」

雷「私は響のお手伝いよ!」

電「なら電がやってもいいのです!」

雷「……あら、電は司令官のことをもっとよく知りたいんじゃな……」

電「はわわわわぁ!い、雷ちゃんなんのことなのかさっぱりぽんなのです!よくわからないから電はもう言うのをやめるのです!だからそれ以上言わないで欲しいのですぅ!!」

暁「それで、目隠しして縛られているのはなんでなのよ!?」

響「何かを当てるゲームなんだから、目隠ししないとゲームにならないだろう?」

暁「なら縛るのはなんでなのよ」

響「………………」

暁「答えなさいよ!」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:50:44.41 ID:MSh225A/0
響「よし、じゃあまずは第一問!」

雷「ちゃーちゃんっ!」

暁「答えなさいよっ!というか雷は口で効果音出してるのっ?」

響「雷、これを電に。暁は私がするよ」

暁「え……?ホントにするの?」

響「当たり前だよ、でないと意味がないだろう。ホラ、あ~ん」

雷「電、口を大きく開けて~」

電「あ~ん、なのです」

雷「えいっ」ガポッ

電「ふぐっ……むぐっ、げほっげほっ……そんな、無理やりは酷いのです」

雷「ごめんね、電。じゃあ、もう一度いくわよ」

電「えっ……ぐっ……」

雷「そうよ、電、いいわ……きちんと咥えるのよ」

電「はむっ……んっ……くちゅっ……おおきっ……んんっ……それに太くて……ぺろっ……顎が外れそうなのです……」

雷「あら?はしたないわよ、電。よだれが垂れてるじゃない」

電「だってだって……ずずっ……コレがとっても……んぅ……おいしいのです……ぴちゃっ」

電「あぁ……先っぽからお汁が垂れてきたのです……ペロ……」

雷「ほら、きちんと口に入れなさい」ずみゅん

電「ふぐぅっ!うぐっ……はぐぅ……」じゅぽじゅぽ



11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:51:10.50 ID:MSh225A/0
響「さあ、暁。このままだと電に当てられてしまうよ。ほら早く」

暁「仕方ないわね……。嫌な感じはするけど、一応食べ物みたいだしっ」あ~ん

響「よいしょ」ズポッ

暁「むぎゅっ……んっ……おいふぃ……」

響「そうだろう?」

暁「むぐむぐ……も、もう一口いいかしら?」

響「気に入ったかい?ほら」

暁「あ~~……こきゅん。と、とってもおいしかったわ……それにその、ちょっと意外だったわ。もっと変な物を入れてくるかと思ったもの」

響「酷いな。さすがに食べ物以外、入れるつもりはないよ。それで、なんだと思う?」

暁「これは……お寿司?」

響「う~ん、少し違うかな。ほぼ正解だけど」

暁「ええっ?でも……」

雷「ヒントは時期ね!」

電「分かったのです、恵方巻なのです!」

響「電、正解だよ。ご褒美に二人とも残った恵方巻を食べるといいよ」あ~ん

電「わ~い、なのです」

暁「はむはむっ」

雷「ちなみに司令官特製恵方巻よ!」

暁・電「////////////」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:51:56.70 ID:MSh225A/0
響「ところで二人には残念なお知らせがあります」

暁「ふえっ?」

響「恵方巻は食べるときには黙って食べなければいけませんが、二人は喋ってしまったので効果がありません」

暁「なんでそんな地味な罠仕掛けてるのよ!」

電「こ、孔明の罠なのです」

雷「ちなみに今年の恵方は北北西よ!そして電たちは今東を向いているわ!」

暁「反対方向ですらないのっ?」

響「ああ、なんという事でしょう。これから二人には不幸が訪れてしまいます」

雷「しくしく、かわいそうな二人……」

暁「あなたたちが仕組んだんでしょ!というかこれからおとじゅれる不幸って……」かみまみた

暁「訪れる不幸って、響が持ってくるんでしょ!」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:52:34.17 ID:MSh225A/0
響「それじゃあ、第二問を始めるから口を開けてくれないか?」

暁「そんなこと言われて開けるはずないでしょ!」

電「あ~ん」

暁「電!?」

雷「はい、ぶちゅっと」

電「………………」

暁「電……大丈夫?」

電「………………」

暁「電、返事してよ、ねえ」

電「………………」

暁「電ってばぁ」

響「さあ、暁の番だよ」

暁「開けるわけないでしょ!?」

響「わがままだなぁ」

暁「誰がよっ!」

電「……う……」

暁「電?生きてたの?」

雷「勝手に殺しちゃだめじゃない!」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:53:05.48 ID:MSh225A/0
電「くぁwせdrftgyふじこlp!!!」

暁「!?」びくっ

電「あ゛あ゛あ゛あ゛~~~~!!か゛ら゛い゛の゛て゛す゛う゛~~~!!」

電「は゛な゛っ!!は゛な゛か゛っ!!は゛な゛に゛ぃっ!!」

雷「ちょ、ちょっと出し過ぎちゃったかしら……」

電「つ゛~ん゛と゛く゛る゛の゛て゛す゛ぅぅぅぅっ!!」

響「さあ、暁も口を開けて」

暁「こんな状態で開けるはずないじゃない!というか電が苦しそうよ!早く助けて……」

電「あ゛あ゛あ゛~~~…………め、目隠しされて縛られて……とってもイ゛イ゛のですぅ~~!!」

暁「え?」

電「つい飲み込んじゃったのですぅ!もっと、もっとなのですぅ!」

雷「そんなに舌を伸ばして……もう、欲しがりさんね」

電「はぁ……はぁ……んきゅぅ……」

雷「おかわりよ、はいあ~ん」

電「あ~~///……あああ゛あ゛あ゛~~~!!痛いのですぅ!!」

響「電はあんなに悦んでいるじゃないか」

暁「あれは別の意味で病院に連れていくべきじゃない!?」

響「大丈夫、暁もじきに癖になるさ」

暁「なりたくないわよっ!」

響「……さあ」ずいっ

暁「むぅ~~~~~」

響「さあっ」ずいずいっ

暁「か、からし!」

響「へ?」

暁「わさび!とうがらし!しょうが!タバスコ!え~っと、大根おろし!」

響「何だい?やぶから棒に」

暁「答えよ、答え!この中にあるでしょう!?だから、終わり!終わりなの!」

響「…………確かに、わさびが正解だけど……興ざめだね……」

暁「じゃあ早くこの縄を解いて……」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:53:46.47 ID:MSh225A/0
響「それではお待ちかねの第三問!」

暁「待ってないわよ!もういいわよ!こりごりだわ!」

響「この箱の中に入っているものを当ててもらいます」ズバババババッ

暁「な、なによその機銃みたいな音は!」あわわわ

電「楽しみなのです……!」

暁「ちょっと電、帰ってきて!」

雷「はい、もうひと箱持ってきたわよ」ズバババババッ

響「スパスィーバ、雷。ふふっ、活きがいいね」

雷「んしょっ……あ、そんなに暴れた……ダメ!あんっ、逃げっ……」ガササッ

響「ちょっと活きが良すぎたみたいだね。足元だよ、雷」

雷「あっ!そっちに行ったわ、響!」

響「了解、回り込むよ」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:54:12.55 ID:MSh225A/0
暁「……今のうちよ、電」

電「はわわ……何の話なのです?」

暁「今のうちに逃げるのよ!何されるか分かったものじゃないわ!」

電「そ、そんなにひどいことをされるのですか?」

暁「そうかもしれないわよ!だから……」

電「それはとっても楽しみなのです!は、早くしてほ……」

暁「いいから手伝って!」

電「はいなのです!」

暁「ぬぐぐぐぐ……」

電「はわわわ……力を入れれば入れるほど、縄がきつく締まって痛いのです」

暁「頑張って我慢して!電!」

電「もっと、もっとなのです!」

暁「……心配して損した気分だわ……」

電「あっ」ぶちぃ

暁「やったわね!早くこっちも解いて!」

電「……残念なのです……」

暁「残念じゃないの!早く逃げるわよ!」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:54:40.92 ID:MSh225A/0
響「待つんだ!」

暁「もう嫌な……ってぴゃああああぁぁぁぁぁ!」

雷「どうしたの?」

暁「な、なんなのそれぇ!」

響「何って……」

雷「伊勢エビよ!」わきゃわきゃ

暁「そ、そんな物をお口に入れようとしてたの?死んじゃう!死んじゃうわ!」

響「大丈夫だよ、伊勢エビはハサミないし」

雷「それに、ちょっと顔の上に乗せるだけよ」

電「ハサミが無いなんて残念なのです……」

暁「電はちょっと黙ってて!」

電「あうぅん///」

響「さあ、第三問、開始するよ」v(廿-廿)v

暁「もう自分たちで答え言ってるじゃない!」

雷「なんのことかしら!」

響「て・い・こ・う・しないでくれないか?」ぐぎぎぎ

暁「い・や・よ」ふぎぎぎ

雷「電、どうかしら?」

電「磯臭いのです!がしゃがしゃ動いて気味が悪いのです!もっと痛いのがいいのです!」

響「ほら、暁も早くエビを顔の上に乗せてくれないかい?きっと可愛いよ」

暁「もう目的が変わってるじゃない!」

響「私は最初から暁の反応を見て楽しんでいたよ」

暁「最初から!?何よそれ!」

響「だ・か・ら……いいだろう?少しだけ、先っぽだけだよ」

暁「何が先っぽだけよ!あ、ダメ!磯臭いわ!」

響「ふふふ……」

暁「あ、ダメ……や……」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 16:55:15.41 ID:MSh225A/0
提督「何をしてるんだっ」ぱこんっ

響「あいたっ」

暁「ふえ?」

提督「DVDが無いのに気づいてな。執務室に取りに行ったのに無いから、大方暁が持って行ったんだろうと思って取りに来てみたら……。まさか実際にやってるとは思いもしなかったよ」

暁「うぐっ」

提督「ほら、雷も電もやめなさい」

雷「はぁい」

電「残念なのです……」

提督「な、なんで残念なんだ……。いずれにしても、食べ物で遊ぶのは感心しないな」

響「ごめんなさい……」

提督「まあ、このDVDでもやってるから、えらそうには言えないんだが……多くの人を笑わせて、ストレスを解消、沢山の人の心を救っているから、決して無駄にはなっていない……と思う。だから、個人でするのは、自分のためだけに浪費するのは……よくない……かな。自分で言ってて偽善的だとは思うが……」

響「ううん、なんとなく、分かったよ。……ごめんなさい、もうやらない」

提督「うん、わかってくれればそれでいいさ……。でも、罰はきちんと受けないとな」

響「罰?」

提督「暁が嫌がってただろ?人の嫌がることをしちゃいけないよ。それに、今日の晩御飯をダメにするところだったからな」

響「うう……でも、電は悦んでたよ?」

提督「…………そ、それでもだ!」

響「はぁい……」

提督「エビを持ってきたのは雷か?」

雷「ごめんなさい……」

提督「うん、きちんと謝れることはいいことだな。でも、ケジメはつけなくちゃいけないから……分かってるね?」

雷「はい……」

提督「じゃあ、響と雷は罰として……暁と電はそこで何が悪かったのか反省を……」

電「待って欲しいのです!」

提督「ん?」

電「今回の事、電にも悪い所はあったのです!だから電が代わりに罰を受けるのです!」

提督「う~ん、しかしこういう事は本人がやらなきゃ意味が……」

響「そうだよ、電。だから私が受けるべきなのさ」

雷「いいえ、私が受けるべきなのよ!」

提督「お前たち……そうだ、私も監督不行き届きで罰を受けるべきなんだ!」

暁「…………」

電「ここは電が!」

響「私だよ」

雷「私が罰を受けるわ!」

提督「私が受けるべきだ!」

暁「じゃ、じゃあお姉さんの私が……」

一同『どうぞどうぞ』ずずいっ

暁「も~~~!こうなると思ったわ!」!かすんぷ


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 17:00:15.67 ID:MSh225A/0
以上、終わりでございます
読んでくださった方ありがとうございました
リアクションの殿堂は、リアクションの殿堂とリアクションの殿堂~遺作~の二種類がございますが、どちらも非常にお下品かつ大爆笑必死のため、レンタルでもよいのでぜひ一度ご視聴下さいませ


データがエラーで全滅して一から書き直しという苦難を乗り越え、ステマを完成させました
これもひとえに暁の鳴き声に支えられてのもの!
実は最初はおしっ娘プロレスさせようとか考えてなかったよ!
ロメロスペシャルくらいながら放〇とかとっても捗るとかかすりも思いつかなかったよ!
それでは皆様もよい駆逐ライフを~


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486280707/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「艦これ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ