Powered By 画RSS


上條「さやかは僕をいじめて楽しいのか?」さやか「最高に楽しい!」

11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 10:11:13.28 ID:x7H3AnTz0
上條「ん……うっ うああ、あっ」

さやか「わあ、恭介のすっごく元気になってる」

上條「さ、さやかぁ。もう出させてよ」

さやか「だめだよ、まだ始めたばかりだもん」

上條「頼むよ、焦らさないで……あうっ」

さやか「こっちのほうが気持ち良いんだね?」

上條「はぁ、はぁ、さやかは僕をいじめて楽しいの?」

さやか「ふふ、最高に楽しいよ」


とかいう展開かと思ったのに




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 10:48:21.48 ID:DRgAvGOd0
>>11
よし、あんたがやるんだ


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 10:52:17.40 ID:/Id6rSsT0
>>11
期待してるぜ


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 12:03:22.24 ID:x7H3AnTz0
さやか「やっほーきょーすけ、リハビリはどう?」

上條「毎日同じことの繰り返しだよ……ちょっと退屈かな」

さやか「そのボールは?」

上條「これを握って、握力を戻すんだって。25、26……」

さやか「またバイオリンを持てるようになるんだね」

上條「そうだよ、そしたら真っ先にさやかに聞いてほしいな」

さやか「ありがとう!」ダキッ

上條「うわ、そんなにくっついたらっ」

さやか「ああごめん、やりにくかった?」

上條「いや……その……えと、む、胸が……」

さやか「……ふぅん」ニヤリ

上條(ビクッ)


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 12:09:13.88 ID:x7H3AnTz0
上條「こ、こんなの絶対おかしいよっ」

さやか「恭介が退屈だって言うから」

上條「だからってこんな、はぁ。はぁ」

さやか「ん、ん。そう言いながら揉みしだくんだもん」

上條「うう、さやかが代わりに握れなんて言うから……」

さやか「どうかなあ、おっぱい見る目すごくやらしかったし」

上條(カァッ)

さやか「本当は手さえ動けば、自分から触ってたんじゃないのかな?」

上條「は、恥ずかしい事言わないでったら……くっ んっ」

さやか「もういいの?」

上條「今日のメニューから1割増ししちゃったよ。もう手が疲れて」

さやか「無理しちゃいけないもんね、今日はこれでおしまいにしよっか」

上條「ええ!?」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 12:12:32.58 ID:x7H3AnTz0
さやか「おつかれさまー」

上條「ああ、離れないでよ……」

さやか「だめだよ恭介、これ以上動かしたら逆に手に悪いよ」

上條「そうじゃなくて……んん!」

さやか「そうじゃなくてどう、なのかな?」サワサワ

上條「ふっ あ、くっ」

さやか「この硬いのと何か関係あるのかなー?」

上條「さ、さやかぁ。さやかは僕のこと嫌いなの?」

さやか「もう……」

ギュッ

さやか「好きじゃなかったら、こんな恥ずかしい事できないよ」

上條「ん」

さやか「好きだからいじめたいだけだもん♪」

上條「うう、意地悪」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 12:12:57.21 ID:x7H3AnTz0
QB「続きを読みたかったら僕と契約してよ」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 12:14:15.40 ID:egowDjjc0
契約します


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 12:17:19.19 ID:xD8SSsFW0
契約しましょう


43:QB「君たちの願いはエントロピーを凌駕した」:2011/05/01(日) 12:29:56.48 ID:x7H3AnTz0
上條「はぅ、ん。んん。んっ」

さやか「ん、ちゅ。じゅっ ぴちゃ、んっ」

上條「はぁぅ、いい、よ……」

さやか「ほんひょに?」

上條「んん。してくれるたびに上手に、なって」

さやか「えひぇひぇ」

上條「は、ん……あっ ん、ん。さ、さやか。そろそろ」

さやか「まーりゃりゃよ?」

上條「ね、お願いだよ。あんなに揉んで、もう」

さやか「なにをー?」

上條「うううう、いじめないでったらぁ」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 12:36:37.69 ID:x7H3AnTz0
さやか「らっひぇ。んっ」

上條「や、やめないで……」

さやか「だって、気になるんだもん。恭介がこんなに喜んでくれてるんだよ?」

さやか「何が気持ち良かったか、何をもっとしたかったか聞きたいなあ」

上條「うう、ううっ うっ」

さやか「ぴちゃ……言ってくれないと……れろ……もやもやして続けられないよ……」

上條「わ、わかったよ。さやかの胸が良かったんだよっ」

さやか「おっふぁい?」

上條「さやかの。お、おっぱい。昔と違って丸く膨らんでて、やわらかくて」

さやか「ふふふ、ん。ん、ん、んんっ ん、じゅっ」

上條「手さえ動けば、いつまでも揉んでいたいくらいでっ」

さやか「ひょれらひぇ?」

上條「はぁ、ん。リハビリ終わって、さやかを抱けるのがますます楽しみだよ!」

さやか「えへ……ちゅっ ん。んんっ じゅるじゅる、んふっ」

上條「あ、激し――くっ ああ!」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 12:45:18.15 ID:x7H3AnTz0
上條「ふぅ、う……」

さやか「ん……」

上條「さやか、どうしたの? そんなに苦かった?」

さやか「え!? あ、ううん。ちょっと怖い人が増えてきたから――」

上條「気にする事はないよ。僕が守ってあげる」

さやか「!」

上條「あはは、リハビリしてる人間が何言ってるんだって感じだけど……」

さやか「ううん、その言葉だけで嬉しいの」

上條「二人っきりになれるとこ行こうか」

さやか「うんっ」

チュッ チュッ チュッ チュッ チュッ

~Fin~


59: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/05/01(日) 13:39:39.12 ID:jYqubeATO
さやかちゃんが幸せになってくれればそれが一番嬉しい
幸せになってねさやかちゃん


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/01(日) 14:07:46.50 ID:egowDjjc0
さやかちゃんが報われるSSがもっと増えて欲しいどす
乙どす





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ