Powered By 画RSS


千歌「曜ちゃんにチョコをプレゼントしたい!」

1 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 22:16:21.36 ID:oq9bmArx.net
~一年前~

千歌「ただいま~!」ガラガラ

シーン

千歌「ってあれ?誰もいない……?」

千歌(あ、そっか。志満姉も美渡姉も買い物に行ってるんだっけ……)

千歌(なんでいつも家にいる二人が一緒にお買い物なんだろ?今日なんかの日だったっけ……)カレンダーペラリ

千歌「2月13日……」

千歌(2月13日?何の日だっけ……)

千歌「ま、いーや!テレビみよっと」ポチ

『東京の街はすっかりバレンタイン気分で……』

千歌「……」

千歌「ばれんたいん……」

千歌「……あー!そういえば明日!2月14日ってバレンタインだった!」

千歌「……ってまぁ、そんなこと言っても渡す相手も貰う相手もいないし~」グダー




2 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 22:23:03.06 ID:oq9bmArx.net
『早速女子高生にインタビューしてみましょう!少しよろしいでしょうか?』

『ひゃ、ひゃいっ!?な、なんでしょう!?』

『明日はバレンタインデーですが、誰かに渡す予定とかはありますか?』

『え、えっと、その、部活の先輩に……』テレリ

『ほうほう?その部活の先輩というのは?』

『そ、その、いつも私に優しくしてくれるかっこいい先輩で、その。感謝の気持ちも込めて、と……』

『おぉ~。感謝の気持ちと一緒に愛も込めたりしますか?』

『……あ、あはは』テレテレテレ

千歌「愛を込める……」

千歌(ふーん、好きな人とかお世話になっている人とかにチョコを渡すのかぁ)

千歌「っていっても志満姉と美渡姉くらいしか渡す相手が……」

千歌「相手が……。……」ポワンポワン


4 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 22:28:02.14 ID:oq9bmArx.net
千歌「そういえば結構昔に……」

~~~

千歌「ふぎゃ!」ベチャ

曜「あっ、千歌ちゃん!大丈夫!?」

千歌「だ、大丈夫だよ。ちょっと転んじゃっただけだし……いたっ!」

曜「ひ、膝をすりむいちゃってるよ!」

千歌「大丈夫だって、これくらい!曜ちゃんは心配性だなぁ」フラフラ

曜「足がガクガクだよ、千歌ちゃん!やっぱり痛いんでしょ!?」

曜「ほら、千歌ちゃんっ」スッ

千歌「ふぇ……?」

曜「おんぶするから、ほら、私の背中に乗って?」

千歌「だ、大丈夫だって言ってるのにっ」

曜「いいからっ!」

千歌「う、うん……」ギュッ

曜「しっかり掴まっててね!」

千歌「……うん」コクリ

~~~

千歌「……」


5 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 22:32:53.54 ID:oq9bmArx.net
千歌「他にも……」

~~~

千歌「うわぁん!!英語の文法が全然わかんないよーー!!」ゴローン

曜「あはは……」

千歌「赤点取っちゃったらどうしよう……まだ高校一年生なのにぃ」

曜「ふふん、大丈夫だよ千歌ちゃん!」

千歌「へ?」

曜「私が家庭教師になって、マンツーマンで教えてあげるよ!」

千歌「ほんと!?」

曜「もっちろん!私にお任せくださいっ!赤点の深海から千歌ちゃんを救い出すであります!」ビシッ

千歌「わーい!!」

~~~

千歌(あの後夜遅くまでずっと曜ちゃんを付き合わせちゃったけど)

千歌(とってもわかりやすく教えてくれたおかげで、英語の点数が一気に伸びたし……)


7 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 22:39:46.51 ID:oq9bmArx.net
千歌(それに……)

~~~

曜「千歌ちゃん!一緒にあそぼー!」


曜「ちーかちゃんっ♪はいっ、お菓子持ってきたよ!」ドサッ


曜「あっ、千歌ちゃん!大丈夫?私に手伝えることがあるなら、いつでも言ってね!」


曜「千歌ちゃんと一緒にいると、幸せだなぁ」


曜「千歌ちゃん、一緒に水泳部いこーよ!」フンスフンス


曜「ちか、ちゃぁん……♪」スヤスヤギュー


~~~

千歌「……」

千歌「そういえば、曜ちゃんにはたくさんお世話になってるのに、何も返せてない気がする……」

ガラガラッ

美渡「ただいまー」

千歌「!美渡姉、ちょっと話があるんだけど!!」ドタドタドタ


9 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 22:45:49.02 ID:oq9bmArx.net
~~~

千歌「ふぅ、無事に交渉終了……なんとか三か月分のお小遣いを前借りできた……」

千歌「バレンタインデーは感謝の気持ちを伝える日……!」

千歌「私も手作りチョコを作って、曜ちゃんにお礼をしなきゃっ!」

千歌「さっそくスーパーに行って材料調達だー!」

~~~

千歌「チョコ、チョコ……」

??「ん?あそこにいるのは……」

千歌「曜ちゃんはミルクチョコレートのほうがいいのかな……?それとも……」ブツブツ

ソロソロ

??「わっ!!」ドンッ

千歌「ふぎゃーーーーー!!?」ビクーン

千歌「だ、だれっ!?……って、果南ちゃん!?」

果南「やっほ、千歌。こんなところでどしたの?」

千歌「え、えっと、それがね?」

カクカクシカジカ


10 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 22:55:54.87 ID:oq9bmArx.net
果南「ふんふん、曜ちゃんにチョコを……ねぇ」ニヤニヤ

千歌「な、なに笑ってるのっ!変なこと言ってないでしょ!?」

果南「いやー、うん。千歌も可愛くなったなー、って」

千歌「……?どういうこと?」

果南「いやぁ、深い意味はないよ」

果南「で、どうしてここにいるの?」

千歌「え?だからチョコを……」

果南「手作りで作るなら、湯せん用のチョコがあるところに行かなきゃだめだよ?」

千歌「……へ?」


11 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 23:04:19.44 ID:oq9bmArx.net
千歌「ゆ、ゆせんよう?」

果南「うん。それに作るチョコの種類によっては砂糖の有無とかも調べないと」

果南「それにそこらへんにあるチョコはお菓子作りに向いてないしね」

千歌「」プシュー

果南「溶かした後にいろいろ造形しやすいのもあるしね」

果南「って、ち、千歌?大丈夫?」

千歌「ちょ、チョコって、そんな小難しいものなの?」

果南「あぁ、うん、まぁ、そうだねぇ」

果南「ていうか千歌の家にチョコ作りの型とかってあるの?」

千歌「あると思うけど、たぶん使われてると思う……」

果南「あぁ、お姉さん方か……」

果南「じゃあちょうどいいや。久しぶりにウチに来なよ、千歌」

果南「作り方教えるし、一緒にチョコ作ろう?」

千歌「いいの!?」


13 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 23:13:25.54 ID:oq9bmArx.net
果南「作り方も知らないのにチョコ作りなんて無茶だしね」

果南「それに、私も作りたい相手がいるからねぇ」

千歌「ふーん、果南ちゃんにも好きな人がいるの?」

果南「ん、まぁね」

千歌「もしかして私だったり?」

果南「あはは、まっさか。確かに好きだけど、ラブじゃなくて可愛い妹分的な意味で、だよ」

千歌「ラブ……」

果南「ほら、そんなことはいいから湯せん用のチョコを買ってきなよ」

千歌「!そうだった、急がないと!もう時間がないよっ!」バタバタ

果南「できれば加工しやすいのを選ぶんだよー!」

千歌「はーい!」


14 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 23:21:22.43 ID:oq9bmArx.net
果南「イチゴのチョコにしたんだね」

千歌「うん!なんかおいしそうだったし!」

果南「あはは、千歌らしいチョイスの仕方だね」

千歌「……」

千歌「ねぇ、果南ちゃん」

果南「ん?」

千歌「好き、ってどういうことなのかな」

果南「さぁ、ねぇ。……んー」

果南「千歌が求めてる答えかどうかは知らないけど……」

果南「ちょっと話が長くなるけど、いい?」

千歌「うん」コクリ

果南「私の好きな人の名前は……まぁ、言ってもわかんないかな」


18 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 23:31:03.24 ID:oq9bmArx.net
果南「その子は昔っから臆病でね。私の背中をいっつもついて回ってたんだよ」

果南「私が言うのもなんだけど、その頃は私にべったりだったんだよ」

果南「今はそうでもないんだけどね」クスッ

果南「でも、なんでかわからないけどさ」

果南「その子が私のそばにいると、とっても心が安らいでたんだよね」

果南「で、その人が今の私の好きな人なんだ」

果南「性格は変わっちゃったけど、今でもその子のそばにいると、どんな辛いことも忘れられるんだ」

果南「だから、うん」

果南「好きっていうのは、そばにいたい、って事なんだと思う」

果南「……まぁ、あくまでも私の考えだからさ」

果南「いつか千歌も自分で答えを見つけるといいよ」

千歌「……うん」


20 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 23:42:26.60 ID:oq9bmArx.net
~果南家~

果南「というわけで、さっそく作ろっか!」

千歌「はーい!」

果南「まずはチョコを入れる型をあらかじめ用意しておいて……」

千歌「あ、それはさっき買ってきたから大丈夫!」

果南「ん、そう?じゃあ早速チョコを刻んで、湯せんから始めるよっ」

千歌「はーい!!」

~~~

千歌「お湯をゆっくり温めながら、ぐるぐる……!」グールグル

果南「そうそう、優しくかきまぜるんだよ?」

千歌「よし、50℃ぴったり!ここからかき混ぜる!」グルグルグル

果南「ん、よし。湯せんは大丈夫そうだね」

~~~

千歌「ぎゃーー!?」

果南「どうしたの!?」

千歌「なんか真っ白いのが出てきた……チョコが変になっちゃった……」グスグス

果南「あー、火をつけっぱなしでお湯の温度管理ちゃんとしないから……」

果南「沸騰させたりしちゃだめだよ?50℃ぐらいをキープしながらゆっくりかき混ぜてね?」

千歌「はーい……」

~~~


21 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 23:50:58.94 ID:oq9bmArx.net
千歌「ふぅ、ふぅ、やっとできた……」

果南「お、おつかれ……でも、そこからがもっと忙しいよ?」

千歌「ふぇぇ!!??」

果南「一度溶かしたチョコレートをまた冷やして、もう一度湯せんにかけて~……」

千歌「う、うぅ、大変だなぁ……で、でも、曜ちゃんのためにっ……!!」

果南「案外お菓子作りって大変なんだよね~」

果南「手作り、って簡単に言うけどさ。チョコレートって意外と扱いが難しくてね~」

千歌「うん……東京の女の子達はすごいなーって思うよ……」

果南「ほらほら、喋ってないで手を動かすっ。夜遅くなっちゃうよ!!」

千歌「は、はぁ~い!」


23 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 00:03:08.24 ID:Bewqw3d4.net
~~~

千歌「で、できたぁ。できたよぉ……」

果南「はぁ、はぁ……つ、疲れた……」

果南「それにしても……そんなにおおきなハートの型を買ってたんだね」

千歌「うん。……私の思いの大きさって、これくらいかなー、って思ってたから」

果南「……」

千歌「私、きっと。曜ちゃんのことがいっぱい好きだからさ」クスッ

千歌「だけど、それを言葉にすることができないんだよ」

千歌「ただ、曜ちゃんが大好き。とっても、とっても、大好きなの」

千歌「でも、どれくらい好きか、っていうのを言葉で表せないから……形で、表してみようかなって」

果南「……ふふ」

果南「……でも、そんなに大きいの、たぶん食べづらいと思うよ……一応チョコなんだからね?」

千歌「……だろうなぁ……型が大きすぎた……」ガクッ


25 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 00:15:02.04 ID:Bewqw3d4.net
果南「とりあえず、今から冷やしておけばたぶん固まるだろうし……」

果南「明日の朝にラッピングして、曜ちゃんにちゃんと渡してきなよ?」

千歌「うんっ!」

果南「それじゃあ今日は泊まってっていいから……」

果南「それを冷蔵庫に入れたら、二階に来てねー」

千歌「はーい!」

ガチャ バタン

千歌「……」

千歌「実は、こっそり買ってきてたんだよねー、ホワイトチョコペン!」

千歌「これで……ここをこうやって……」

『I LOVE YOU』

千歌「できたっ!……えへへ~」

千歌「よーし、さっそく冷やして、今日はもう寝なきゃ!明日、寝坊なんてできないよっ!」

ドタドタドタ……


26 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 00:24:44.89 ID:Bewqw3d4.net
~~~

千歌「よーし、ラッピングも無事に成功したし、早速学校へごーごー!」

果南「私もお手伝いに行かないと……来年くらいには学校に戻れるかなぁ」

果南(学校の終わる時間あたりに……届けに行こうかな)

千歌「それじゃあいってきまーす!」

果南「はいはーい。学校の荷物を届けてくれたお姉さんに感謝しておくんだよ?」

千歌「もっちろん!」

~~~

千歌「おっはよー!」ガラガラ

千歌「……ってあれ?曜ちゃんは?」キョロキョロ

千歌「というか、なんだろう。あの人だかり……」セノビー

ワイワイガヤガヤ

クラスメイト『曜ちゃん、そ、その、チョコです!受け取ってくださいっ!』スッ

曜「ありがとうっ!」

二年生『水泳部のトップランカーちゃん、県大会優勝頑張ってね!』スッ

曜「ありがとうございます!」

三年生『私たちの分も頑張ってくれよなー?……ほ、ほら、これやるよ』スッ

曜「せ、先輩……ありがとうございますっ!」

千歌「」


27 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 00:32:04.50 ID:Bewqw3d4.net
千歌(すっかり……すっかり忘れていた!)

千歌(曜ちゃんは一年生でありながら、三年生を抑えて水泳部の高飛込みのレギュラー……)

千歌(それどころか普通に泳いでも4×100mリレーで三年生と肩を並べられるレベル……)

千歌(おまけに性格も良いし、人付き合いもいい……さらに美人!)

千歌(そんな完璧超人が、モテないわけがない……!ここ、女の子ばっかりだけど!)

千歌「……」

千歌「お、お昼休みの時間に渡そう。そうしよう……」

~~~

千歌「ふぅー……四時間目終わりっ!曜ちゃ……」ガタッ

二年生「曜ちゃーん。朝渡せなかったから今渡しに来たよ~」ガラッ

三年生「あ、私もー!」

曜「あ、はい!ありがとうございますっ」

千歌「ん……」

千歌「……」

千歌(放課後で……いいかな)


29 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 00:44:34.73 ID:Bewqw3d4.net
~放課後~

曜「ありがとうございます、おいしくいただきますっ」

千歌「……」ボーッ

千歌(曜ちゃん、モテモテだなぁ)

千歌(嬉しいけど、なんか……嫌な気持ちになる)

千歌(心の中が、もやもやして、むかむかする……)

千歌(……嫉妬?)

千歌(嫉妬してるのかな。私……)

千歌(曜ちゃん……)

千歌(……今日は、いいや。帰ろうっと……)ガタッ

曜「……」ピクッ

曜「……千歌、ちゃん?」


31 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 00:55:38.36 ID:Bewqw3d4.net
~~~

ザザーン……

ザザーン……

千歌「……」ゴロンッ

千歌「頑張って作ったチョコも……無駄になっちゃったなぁ」

千歌「今日は一回も曜ちゃんと話せなかったし……」

千歌「しょせん普通怪獣ちかちーだもんなぁ……」

千歌「……」

千歌「……っ!」ガシッ

千歌「バカ曜~~~!!」ブンッ

ォォォォォォォ……

千歌「……へ?なに、この声……?」

ザッ

「やぁあああああああああああああああーーっ!!」ドンッ

パシッ バシャーーン

千歌「な、なになになにっ!?」


33 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 01:06:31.33 ID:Bewqw3d4.net
曜「あいててて……さすがに幅跳びはきついなぁ……」バシャバシャ

千歌「よ、曜ちゃん!?な、なんでここに!?」

曜「千歌ちゃんが、哀しそうな、顔で、教室を、出て行った、から」ゼェゼェ

曜「走って、追いかけて、きたんだよ……はぁ、はぁ」

千歌「ぶ、部活とかは!?」

曜「休んで、きたよ……」

千歌「曜ちゃん……」

曜「バカ曜で、ごめんね。……千歌ちゃん」

千歌「……」


35 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 01:15:08.95 ID:Bewqw3d4.net
千歌「バカ曜ちゃんなんて、しらないっ」ツーン

曜「え、えぇぇっ!?」

千歌「私の気持ちも知らずにほかの人にデレデレしちゃってっ」

千歌「いっぱい嫉妬しちゃったよ!!」

曜「し、嫉妬……?」

曜(そういえば、さっき千歌ちゃんが投げたこれ……)

ガサガサ

曜(チョコ……文字が……「I LOVE YOU」……?)

曜(……!?///)ドキーン

千歌「……///」カァァァ

千歌「わ、わたし、帰るっ!!」バタバタ

曜「ちょっと待って!こ、これ、どういう意味!?ねぇってばーー!!」バシャバシャ


36 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 01:28:06.06 ID:Bewqw3d4.net
~~~

果南「あ、やっほー。久しぶりだね、ダイヤ」

ダイヤ「果南さん……何しに来ましたの?」

果南「ほい、チョコ。バレンタインデーだからね~」

ダイヤ「……」ジーッ

果南「何さ」

ダイヤ「……まぁ、いただいておきましょう」

果南「お、やったー」

ダイヤ「前の年に貰ったものは随分と出来がお粗末でしたからね。期待はしていませんが」

果南「でも食べてくれたんでしょ?嬉しいなぁ」

ダイヤ「うるさいですわね」

ダイヤ「……ん?あれは……一年生?片方がどうやらびしょ濡れのようですが……」

果南「……あぁ、あれは……色々あったんだと思うよ」

果南「色々……ね」


37 : 1(もも)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 01:38:38.37 ID:Bewqw3d4.net
千歌「曜ちゃん、寒い?」

曜「うん……冬だし、びしょぬれだし……ひくしゅっ!」

千歌「もー。じゃあ、ちょっとウチによってってよ。お風呂貸すから!」

曜「ありがとー……」ギュッ

千歌「……ぁ」

千歌(私の手、繋いでくれた……)

千歌(とっても心があったかい……)

千歌(もしかして、好きって……「こういうこと」なのかな……)

曜「千歌ちゃーん……」プルプル

千歌「……」クスッ

千歌「ああもう、曜ちゃんは可愛いなぁ!」


~眠いのでEND~


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1486991781/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!サンシャイン!!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ