Powered By 画RSS


トール「私と言うとDLRと言う流れについて」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:01:55.02 ID:BHSF7wIJ0


トール「おかしくないですか?」

イルル「なんだ、れずれいーー「シャラップ!」

トール「一応放送禁止用語に引っかかるかもしれないので、以下DLRとしましょう」

イルル「ん、ああ……? 分かった……?」



イルル「で、DLRとはなんだ?」

トール「具体的に言えば私たちドラゴンが一方的に小林さんを性的に襲うことです」

イルル「あれ? それって悪いことだったっけ?」

イルル「ええと……イルルの二人とじゃ埒が開かないので、招集を掛けます!」ピッピッピッ




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:02:52.88 ID:BHSF7wIJ0


ルコア「呼ばれて」

エルマ「飛び出て」

ファフニール「ドラゴンズ!」

ルコア「……もうちょっといい台詞があるといいよねぇ」

エルマ「飛び出てって言うより私たちの場合、特にルコア殿は瞬間移動も簡単だしなぁ」

ファフニール「ドラゴンズでは直球過ぎてダサいな。ここはダークディメンションズと……」

トール「いやそう言う話はどうでもいいんでとりあえず席について貰えますか?」



3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:03:57.55 ID:BHSF7wIJ0

 ◆


トール「今回皆さんに集まってもらったのはこの件についてです」キュッキュッ


『第一回ドラゴン会議 DRLは果たして許されるものなのか⁉』


小林「んな訳ねぇだろ」

翔太「ルコアに連れてこられて何かと思えば……何?」

トール「あ、小林さんと翔太君は人間なので、ちょっと席を外して頂けるとありがたいです」

小林「えぇ……当事者なのにこの議論の行く末見られないの……? めっちゃ怖いんだけど……」

ルコア「まあまあ、大したことにならないと思うから。それに僕も(DSRについて)みんなに聞いてみたかったしね」ニコォ

翔太「…………⁉」ゾクッ

小林「……翔太くん、ちょっと外行ってご飯でも食べてこようか」

翔太「う、うん……そうする」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:08:07.81 ID:BHSF7wIJ0


トール「さて、お二人は居なくなった訳ですし、話に戻りましょうか」キリッ

トール「早速本題ですが、DRLは悪でしょうか⁉ 一人ずつ意見を言ってもらいたいです!」

ルコア「でもまたなんでこんなことを?」

トール「いえ、最近一部の界隈で私=DLRと言う不名誉な称号が広がっているようなので……これじゃあ私が日々我慢して小林さんのシャツとかパンツで我慢してるのが馬鹿みたいじゃないですか⁉」

ルコア「その発言を馬鹿みたいだと理解して欲しいかなぁ」

トール「これじゃ私がまるで自制の出来ないダメなドラゴンだと見下されるじゃないですか!」

トール「故に! 今一度、ここでDLRが悪であるか否かの裁定と共に、私がしっかり自制の出来るドラゴンだと証明したいんです!」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:09:22.46 ID:BHSF7wIJ0


【混沌勢】トールの意見

トール「ちなみにぶっちゃけると、私は『悪だとは認識していますが日々したい』! です!」

ルコア「わー、ぶっちゃけたねー」

カンナ「トール様、下品」

ルコア「そして無垢な一撃だねー」

トール「うぅ……じゃ、じゃあカンナはどう思いますか?」

【混沌勢】カンナの意見

カンナ「コバヤシのことは好き。でもコバヤシに嫌われたくないし、私はまだそう言う年じゃないから、今はしない」

イルル「もっともな意見だな。私やトールなら適齢期だが、カンナちゃんはまだ成長期だ。その意味ではこっちの世界の子供とあまり変わらないし」

ルコア「見た目だけは君、カンナと変わらないんだけどね、胸以外」

ルコア(まあ精神的にもあんま変わらないけど)

トール「むむむ……じゃあファフニールさん!」ビシィ



6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:14:35.93 ID:BHSF7wIJ0


ファルニールの意見

ファルニール「下らん、襲いたければ好きに襲え。力あるものが無きものを蹂躙するのは当然のことだ。それの何が悪い?」

ルコア「うーん、こっちも予想通りの展開かな」

トール「なるほど……では、イルルは?」

【混沌勢】イルルの意見

イルル「コバヤシ襲ってもあんまり効果ないしなぁ……あと、かなり怒られるから……私はコバヤシが受け入れてくれた時にする」

トール「そいやあなたは日常的に襲ってましたね……」

イルル「でも出来るならしたい。コバヤシの子を産みたい」

ルコア「こっちはトール君と比べてまだ純粋な気持ちかなー?」

トール「私だって純粋なラブです! フォーエバーピュアラブです! ラブゥ!」

ルコア「じゃあ、混沌勢力の意見が続いてたけど、調和勢のエルマ君は?」



7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:16:03.07 ID:BHSF7wIJ0


【調和勢】エルマの意見

エルマ「さっきから聞いていたが酷い会話だな……そもそも、こちらの世界の人間を襲うことは重大な掟破りだ! もし小林さんを襲うようなことがあれば私は容赦しないぞ!」

ルコア「うん、調和勢らしい立派な言葉でした。クリームパン片手じゃなければよかったんだけどね」

エルマ「はんふぇ⁉」

トール「それじゃあ……最終判断の為にお呼びしたエヘカトルはどう思うんですか? 中立、傍観勢として」

ルコア「うん……そうだねぇ……」

ルコア「…………ん、ちょっと待って。これ僕の判断次第でことが決まるってことなの?」

ファフニール「まあそうなるだろうな」

イルル「そうなるね」

カンナ「そうなるのー」

トール「そうなりますね」

エルマ「む……中立勢たるルコア殿が正しいと判断を下せば私も納得せざるをえないが……」

ルコア「えええ~……」



8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:16:32.24 ID:BHSF7wIJ0

ルコア(こりゃまずい、文明と文化を司っていた常識ある僕からすれば、そりゃ小林さんをDLRすることなんて完全アウトだってことくらい分かってる)

ルコア(でもこの方向だと相手が魔術師だからいいかなって思ってた翔太君へのDSRだって駄目な方向で固まってしまう、僕の判断で決まってしまう訳だし!)

ルコア(……どうにか小林さんだけを守る方向で考えられないものか……)

ルコア「いや、とりあえず、僕の考えと言うより、状況的な判断から言おう」

トール「はい」

【傍観勢】ルコアの意見

ルコア「まずね、小林さんはトール君たちのことをどう思っているかな?」

トール「それは大切な有能完璧メイドと思ってくれているに決まっています!」

ルコア(どうだろうそれは)

ルコア「うんそうだね。でもそれ以上に……」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:18:08.98 ID:BHSF7wIJ0


ルコア(……こんなアホな場面で言っていいのかな。でも言わないと小林さん本当にDLRされそうだし……)

ルコア「家族だと思っているんじゃないかな?」

トール「家族……ですか?」

ルコア「おや、トール君、その自覚が無かったのかい? 君は自分で小林トールだと名乗っているじゃないか」

トール「…………」

ルコア「そしてここからが本題だ。トール君、君は親御さんとの仲は良好だろう?」

トール「え? ええ……いい親だとは思いますけど」

ルコア「好きだろう?」

トール「はい、それは確かに」

ルコア「でも、そんな両親からある日突然DRされたらどう思う?」

トール「……ッ! ……すごく、いやです。そんなの」

ルコア「そう、分かったね。悪とか善とか、それ以前の問題なんだ。小林さんがそう言う意味で君たちを受け入れないのはそう言うことなんじゃないかな」



10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:19:30.36 ID:BHSF7wIJ0


ルコア(よおおっし! これなら大丈夫! もっともな意見だし、何より翔太君と僕の関係は家族じゃなくて主人と使い魔だから問題ナッシング!)グッ

トール「そうか……小林さんは、私のことを家族と思ってくれていたからこそ、DRLを忌避するんですね……」

ファフニール「フン、下らんオチだな。大体、ドラゴンと人とが…………ーーまあいい、話が済んだなら俺はゲームでもやっている」スクッ

イルル「そうか……子を産んで家族が欲しいと思っていたけど、既に私は小林の家族だったのか……」

カンナ「コバヤシ、優しい……」

ルコア(よしよし、いい話風に纏まってきたかな)

エルマ「いや待てよ、しかし、夫婦の間では日常的にそのような行為をしているのではないか? 家族なら」

トール「!!!!?」

イルル「!!!!?」

ルコア「…………」

ルコア(……えええええ⁉ よりによって調和勢のエルマ君が待ったを掛けるの⁉)



11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:20:26.78 ID:BHSF7wIJ0


イルル「確かに……私たちだって父と母がにゃんにゃんしたからこそ生まれた存在な訳だ……日常的にまぐわったからこそ生命がある訳で……」

トール「つまり……愛し合う者同士なら『悪』では無い……⁉」

ルコア「ちょ、ちょっと待って! 夫婦って言うのは基本愛し合う男女で起こり得ることだからね⁉」

イルル「じゃあやっぱり生やすか」

トール「生やしましょうか」コクン

ルコア「おおおおおい⁉」

ルコア「大体、この会議の基本はD・L・Rでしょ⁉ Rの部分は強姦! つまり犯罪だからね⁉ 相手の同意無しに行う性交渉は小林さんに一方的に暴力を振っているのと同じ行為だよ⁉」

カンナ「コバヤシに暴力……それは、トール様でも許せない……」ゴゴゴゴゴ

エルマ「同意だ。お前と小林さんの絆を信用してここまで来たが、法律に違反し、己の欲望の為に小林さんに危害を加えようと言うのなら、調和勢の代表として、刺し違えても貴様を倒す」スクッ

イルル「いや、襲ってもらうのは私たちだし大丈夫だろう」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:21:36.05 ID:BHSF7wIJ0


エルマ「え」

カンナ「えっ」


ルコア「えっ…………えっ?」

イルル「だってコバヤシにアレを生やした時、コバヤシは鋼の精神で耐えていたからな」

トール「耐えていた……と言うことは、すごくムラムラしていたってことですもんね⁉」

イルル「そう……つまり、コバヤシは私たちのようなむちむちボディを襲いたくて仕方なかったと言うことだ!」バァーン

ルコア「な、なんだってー!」

ルコア「じゃなくて! いやそう言う問題じゃ……」

エルマ「た、確かにコバヤシさんの方からトールたちに迫ればそれはDLRじゃない……トールたちからすれば襲われても簡単に抵抗出来るし、トールたちが受け入れればそれは間違いなく合法……夫婦の営みだ」

ルコア「おぉぉぉい⁉ 調和勢⁉」

ルコア(まずいぞ、このままじゃ本当に小林さんがDLRされてしまう……!)



13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:22:48.01 ID:BHSF7wIJ0


トール「念のために小林さんの部屋を破壊しておきましょう。寝る部屋が無くなれば自ずと私たちと同じベッドで眠らざるを得ませんし」ドォン

ルコア「それ犯罪だよね⁉」

トール「大丈夫です、コトがすめばもとどおりに直しますし、こんなん小林家では日常茶飯事ですから」

エルマ「そうか……なら仕方ないな、元に戻すなら」

ルコア「調和勢頭大丈夫⁉」

イルル「よし、じゃあ私たちは下着姿で24時間過すことにしよう」

トール「裸じゃなくてですか?」

イルル「裸よりも扇情的な衣装に身を包んだ方がいいらしいぞ。テレビでやってた」

トール「昼間の番組って主婦層対象にしたそう言うの結構ありますよね、いいこと聞きました」

カンナ「でもコバヤシはメイド服が好きだから、そっちで攻めたほうがいいと思う」



14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:23:41.23 ID:BHSF7wIJ0


トール「ナイスアイディアですカンナ! それで行きましょう! それじゃコバヤシさんが前に行ってたメイド服をパパッと作ってみますか」

イルル「あとはやはり媚薬だな」

トール「ですね、あくまで法律を遵守した上での味付けなら問題無いはずです」

イルル「うん、じゃあチョコレートを分析して、その中にあると言う成分から媚薬を調合……あとは各部屋に催淫効果のあるアロマでも立てておこう」

ルコア「あー!! なんか凄い勢いで話が進んで行ってる⁉」

トール「大丈夫ですよ、私たちからは一切合切小林さんに手は出しません。けど、小林さんが私たちをRしてくれると言うのなら話は別ですし」

ルコア「大丈夫じゃないから! 小林さんの胃が死んじゃうから!」

トール「大丈夫です! 小林さんの為にこのトール、胃に悪影響のあるものは一切使わないと誓いますから」

ルコア「大事なのは胃だけじゃなくて心もだよ⁉ そんな場面が24時間続いたら小林さんの心に多大なダメージが行くことになるから!」




16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:24:30.34 ID:BHSF7wIJ0


 ◆


トール「全員、各位置についたか⁉ 番号ッ! イチ!」

イルル「ニ!」ビシッ

カンナ「サン!」ビシッ

トール「いい返事だ野郎ども! 今日からここは戦場になる! 逃げたいヤツはケツ巻いて行きな! 死にたいヤツだけついてこい!」

「「ウィーラジャー!」」

ルコア(なんだこれ)

トール「ふっふっふ、作戦は完璧ですよ……各部屋の四方に配置された催淫アロマ! そして夕食に仕込んでおいた媚薬成分配合カレー! そしてこの清楚ながらも扇情的と言わざるを得ない正当メイド服ッ! 完璧過ぎて気絶しそうです!」

ルコア(僕も絶望のあまり気絶しそうだよ)


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:25:29.39 ID:BHSF7wIJ0


トール「あとはイルルが小林さんにアレを生やすだけですね」

イルル「任せろ、一瞬のうちに全てを終わらせてやる」ゴキッ

カンナ「イルル……しぶい……!」

トール「ふっ、こんな時だけは頼もしいですよ、あなたは」

 ガチャガチャ

トール「ーー来たっ!」

小林「ただいまー、不毛な会議は終わったー?」

イルル「性転換ビーム!」

「う、うわぁあああッ⁉」

ルコア「こ、小林さーん⁉」



18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:26:35.39 ID:BHSF7wIJ0


トール「……あれ?」

イルル「……え?」

翔太「な、何⁉ 今何が起こったの⁉」

小林「翔太君……なんか、声が更に高くなってない? と言うか……更に……女の子っぽく……」

翔太「……まさか」

翔太「」ゴソゴソ

翔太「……ーーうわぁあああああッ⁉」

翔太「」ガクッ

小林「気絶したーッ⁉」



19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:27:37.15 ID:BHSF7wIJ0


トール「そりゃ自分の男の証失ったらショックってレベルじゃないですよねーーって何やってんですかイルル!」

イルル「しまった、撃ち間違えた」

トール「んなことよりもう一度小林さんにーー」

 ドゴン!

トール「ひっ!」

ルコア「トール君、君、僕の翔太君に何やってるのかなぁ……?」ゴゴゴゴゴ

小林「……トール、これはどう言うことだ……?」ゴゴゴゴゴ

トール「……も、もしかしてこれは怒られるパターンですかね?」

トール「わ、私はあくまでも純粋な気持ちだったんですよ? 小林さんには一切手を触れるつもりはありませんでしたし、みんなが幸せになる道を選んだんです!」

トール「……でも、それが、こんな悲劇を巻き起こす羽目になるなんて……」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:29:15.67 ID:BHSF7wIJ0


ルコア「…………」

トール「…………」

トール「……イルル! カンナ、ここは一時撤退だ! 退け、退けーーッ!」

エルマ「二人ならとっくに窓から逃げてったぞ」ムグムグ

トール「」

小林「全く、トールたちはまたアホなことを……とりあえず早く翔太君を元にーールコアさん?」

ルコア「ははは、小林さん、大人な対応は見事だけど、ここは僕に怒らせて欲しいんだ」

小林「ーーッ⁉」ゾクッ

エルマ(あ、やばいルコア殿が本気で怒ってる)

ルコア「とりあえずトール君にはオシオキだねぇ、僕も本気を出すのは滅多にないから力加減を間違えてしまうかもしれないけど、そこは許して欲しいなぁ……」ゴキッ



21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:30:57.96 ID:BHSF7wIJ0


トール「ちょっ! 小林さんのお説教はともかく、エヘカトルの制裁は洒落になりませんて! 私よりかなり強いんですよ⁉」

ルコア「あははは、トール君、君より強くないとーーオシオキとは言えないだろう?」ニコォ

トール「……し、終焉帝の娘を舐めるなァーーッ!」ゴァァァァ

ルコア「元神に勝てると思うのかい⁉ 力の差を理解させてあげようか!」ズゴォッ

エルマ「まずいっ! 二人とも力を大幅に解放している! このままじゃ私の甘味と小林さんの自宅が巻き添えで消滅してしまう!」

小林「甘味の方が前提なの⁉ あんたも大概秩序って言葉似合わねえな⁉」


小林「……て言うか、私の家でやるなーーーーーーーーーッ!」


 小林さんの絶叫も虚しく、トールとルコアの力のぶつかり合いにより、小林さんの部屋の9割は消失した。

 幸い反射的にエルマが張った結界により、近隣住民への被害は抑えられた。


 そして地力で勝るルコアが勝利し、制裁として両手足をヘシ折られたトールは三日間再起不能となったのであった。


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:32:06.43 ID:BHSF7wIJ0

 ◆


トール「……ほ、本当に折るとは……」ピクピク

小林「ルコアさんの逆鱗に触れたのが運のツキだったね……と言うかその大怪我もドラゴンは三日で治るのか……」

カンナ「トール様、じごーじとく」

イルル「逃げ出しといてよかったなー」

トール「主犯はイルルじゃないですか! なんで私だけこんな目に遭わなきゃなんないんですか⁉」

カンナ「でもトール様、この三日間コバヤシに看病してもらって幸せそう」

トール「うう……そりゃ、そうですけどぉ……」

小林「流石にこの状態でほっておけるわけないしね。ちょうど土日前で良かったよ」

イルル「しかしあんなことされそうになったのにトールの面倒を見るとはコバヤシはいいヤツだなぁ」



23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:33:15.24 ID:BHSF7wIJ0


小林(イルルも共犯者だけどね)

小林「まあなんだかんだでトールにはお世話になってるからね。たまにはこんなのも悪くないでしょ」ポンポン

トール「小林さん……ううトールは間違ってました! こんな小林さんにDLR考えるとか私どうかしてました!」

小林「うん、本当にどうかしてるよね、そこは間違いない」

トール「小林さん籠絡大作戦は次の機会に持ち越しますね!」

小林「次があるのかよ! いい加減懲りろバカ!」



24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:34:29.41 ID:BHSF7wIJ0



 ◆



ルコア「やれやれ……これを機会に少しは懲りてくれればいいんだけど……まだちょっと心配かなぁ……」

ルコア「ま、雨降って地固まるとも言うし、トール君もこれで冷静に、小林さんと言う人がどれだけ有り難いのかを見つめ直してくれるといいかな」

翔太「る、ルコア、僕はもう戻してもらったし大丈夫だから……あそこまでしなくても」

ルコア「ダメだよ、イタズラしたらちゃんと叱らないと。それに僕の翔太君に手を出したんだし」

翔太「る、ルコアのじゃないぞ! ルコアが僕のものなんだからな!」

ルコア「…………っ!」ズキューン

ルコア「……翔太君」ポン

翔太「……な、何だよ⁉」



ルコア「……DSRって、どう思う?」ニコッ


 
おわり



25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/15(水) 02:37:33.51 ID:BHSF7wIJ0
実際トールたちは小林さんみたいなイケメンを前によく耐えてると思います、何度か襲いかけてたけど。
読んでくれた方ありがとうございました。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487091714/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ