Powered By 画RSS


絵里「お菓子作り」

1 : 投稿間隔遅めかもしれません(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 23:49:51.48 ID:fdNBSQ32.net
絵里(あそこの業務用スーパーなら安く仕入れられるわね。それほどたくさん作るわけではないけれど、半分くらいは自分用に買って……)

絵里「……ハイ終了~!みんなお疲れ様!」

凛「疲れた~!!」

ことり「……絵里ちゃん、ニヤニヤしてない?」

絵里「えっ?そうかしら」

にこ「絵里は毎年こうなんじゃないの?なんたって明日は大好物が山ほどもらえる日なんだから」

ことり「あぁ、そっかぁ~。バレンタインだもんね」

絵里「ちょっとにこ、私だって心を込めて作ってきたものを翌日の昼休みにバクバク食べるのは良くないとか、そういう分別はつくわよ」

にこ「そういうことを言ってんじゃないわよ!あんたが好きなのは女の子の純情でしょうが!」




2 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 23:57:23.84 ID:fdNBSQ32.net
絵里「そんなに人を悪魔のように言わなくても……私ってそんなイメージなのかしら」

絵里「とにかく、今日は終わり。各自整理体操したら帰っていいわよ」

『はーい』

海未「……」

絵里「ん」💡

絵里「どうかした、海未?」

海未「少し、お時間よろしいでしょうか」

絵里「もちろん。話しやすい場所に移動しましょうか」


4 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 00:10:17.29 ID:VVbgdAwU.net
絵里「それで?」

海未「えっと……」

海未「………」モジモジ

絵里「あ、そういうこと」ガシッ

海未「えっ?」

絵里「んーーーっ……」チュー

海未「な、なな……なにしてるのですかぁっ!///」ドンッ

絵里「おっとと……え、違うの?」

海未「違うに決まっています!全くどうしてあなたはいつもこうなのですか!」

絵里「いつもって……海未にするのはこれが初めてだし、誰にだってしてるわけじゃないわよ」

海未「誰かにはしているのですね」


6 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 00:18:21.87 ID:VVbgdAwU.net
絵里「……話が逸れたわ。話して?」

海未「……その、絵里はチョコレートはお好きですか?」

絵里「大好きよ。集中したいとき、落ち着きたいとき、イライラしたとき。色々な場面で役に立つ食品ね」

海未「そ、そうですか。では作るのは……」

絵里「………」

絵里「えぇ、少しくらいは。ことりほど凝ったものは作れないけれど」

絵里「もしかして、私がバレンタインデーに向けてなにか作るんじゃないかって思ってる?」

海未「あ……ハイ。もしかしたら、と」

絵里「大正解よ。今からスーパーに行って色々買い揃えるつもり」

海未「よろしければ、荷物持ちをさせて頂けませんか?」

絵里「え?それはありがたいことだけれど……どうしたの?」

海未「……私に、お菓子作りを教えてもらいたいのです」


7 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 00:28:09.96 ID:VVbgdAwU.net
絵里「まさか、海未との初デートが業務スーパーとはね」クスクス

海未「で、デート、って……!///あなたさっきからなんなのですか!?バレンタインが近いからって浮ついているのでは……」

絵里「あら、浮ついてるのはどっちかっていうと海未の方だと思うわ。一々そんなに反応しちゃって」

海未「っ!!……はい、確かに、浮ついているのかもしれません」

絵里「誰かに渡す予定でもあるの?」

海未「っ……///」

絵里「あ、私でしょう?」

海未「なぁ……っ!?////」バンバンバン

絵里「いたっ、痛いってば!」

海未「あ、すみません……」


10 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 00:35:27.04 ID:VVbgdAwU.net
絵里「もしかしなくても図星だった?」

海未「ぅ、あ……それは、ですね、あのっ……!」

絵里「忘れた方がいいかしら」

海未「好きにしてください……」

絵里「せっかくだから忘れることにするわ。明日を楽しみにしておきましょう」クスクス

絵里「さあ、買い物を続けましょう。荷物持ちしてくれるのでしょう?」

海未「あ、はいっ。もちろんです」


11 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 00:44:15.07 ID:VVbgdAwU.net
絵里「ただいまー」

亜里沙「おかえりなさい」トタトタ

海未「おじゃまします」

亜里沙「あっ、海未さん!どうしたんですか!?ミーティングですか!?」✨

海未「ああいえ、その、なんといいますか……」

絵里「要り用よ。大事な大事な、ね?」

亜里沙「そうなの。それじゃあ邪魔しちゃダメね」

絵里「大丈夫よ、まずは晩御飯にするから」

海未「え、絵里っ!晩御飯までご馳走になるわけには……!」

絵里「今スープが入ってるこの鍋を空にしないと作れないの。二人じゃ食べきれないからご馳走になりなさい」

海未「……いただきます」


14 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 00:52:21.14 ID:VVbgdAwU.net
絵里「ごちそうさまでした」

海未「ごちそうさまでした。美味しいお料理をありがとうございました」

絵里「昨日の残りでごめんなさいね」

海未「絵里が作ったのですか?」

絵里「えぇ。日常的にキッチンに立ってると、お菓子とかも作りたくなってくるものなのよ」

絵里「さ、てと……そろそろ作り始めないと海未をお泊まりさせちゃうわね。あ、もしかしてそれ目当て?」

海未「っ!ち、ちがいます!破廉恥ですよ!?///」

絵里「え……そんなに破廉恥なこと言ったかしら……あっ」

海未「なんです」カチャカチャ

絵里「お客さんなんだから、おとなしく座っていればいいのに」

海未「半ば強引に押し掛けたのです、これくらいはさせてください」カチャカチャ

絵里「……一家に一台のウミーチカって感じね」


16 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 01:01:02.88 ID:VVbgdAwU.net
絵里「じゃあまずチョコを刻んでいくわよ。大丈夫?手切らないでね」

海未「……あの、私だって包丁くらいは持てます」

絵里「ほんとに?」

海未「前から思っていたのですが、絵里は過保護すぎます」

絵里「ぇ……そう?」

海未「いつも10分毎に水分補給を呼びかけたり、私が指導役の日を少なくしたり……」

絵里「それは……海未ってみてると糸が切れたみたいに倒れちゃいそうなんですもの、色々やってるみたいだし」

海未「体調管理は自分でできますから、絵里は絵里のために時間を使ってください」

絵里「……亜里沙と海未を重ねちゃってるのかもしれないわね」

海未「え?」


17 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 01:09:15.87 ID:VVbgdAwU.net
絵里「亜里沙って誰に似たのかしら、結構おっちょこちょいなところがあってね、あんまり目を離せないのよ」

絵里「海未も同じ。手のかかる妹が増えたってところかしら」

海未「っ」ズキ

海未「妹、ですか……」

絵里「………なんて、冗談よ」

海未「は?」

絵里「そんなに悲しい顔をしないで。海未が生意気なこというから、少し意地悪しただけ」

絵里「私が海未のために時間を使おうと、それも私の自由でしょう。別に迷惑とも手がかかるとも思ってないから、海未も甘えなさい」

海未「……すみません」

絵里「もう、冷凍庫も使わないといけないんだから早くしないと本当に帰れなくなるわよ、作業を続けましょう」

海未「は、はいっ」


19 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 01:16:58.10 ID:VVbgdAwU.net
ドロッ

絵里「クリームもよく混ざってるし、あとはこれを冷凍庫で少しだけ固めるわ。もう少しの辛抱よ」

海未「ありがとうございます、こういった繊細なことは苦手なものですから」

絵里「ちょっとだけ味見もしてみましょう」ペロッ

絵里「んーーっ♥ おいしいわ♥ 」

海未「指で掬うなんてはしたないですよ」

ズイッ

海未「ふぇっ?」


20 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 01:23:23.85 ID:VVbgdAwU.net
絵里「海未も味見してみなさい。他人にあげるものはまず自分でおいしいって思わないと」

海未「ですが……」

絵里「早くしないと垂れちゃうから」ドロッ

海未「えっ、えっ?ええと……いただきますっ」チュパ

絵里「っ///」ピクッ

海未「ちゅぱ……んみゅう……」ペロペロ

絵里「……///」ドキドキ

海未「っはぁ……」ドロッ

絵里「こんなに綺麗になるまで舐めとってくれるなんて思わなかったわ……おいしかった?」

海未「ふぁい……おいひい、れふ……」

絵里(からかいすぎたわね///)バックンバックン


22 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 01:31:09.66 ID:VVbgdAwU.net
ガチャ

絵里「ん……いい感じに固まってる。簡素だけど、これで一通りは完成ね。あとは好きにカラースプレーとか振り掛けるといいわ」

海未「ありがとうございます!本当に助かりました!」

絵里「どういたしまして。それにしても、多く作っちゃったわね……いったん全部包んじゃって、みんなに配っちゃおうかしら……」

海未「あ、あの、よろしければ3つ分ほどもらってよろしいでしょうか」

絵里「えぇ、構わないけれど……意外と食いしん坊ね?」

海未「違いますっ!……包装は、自分でしますので」

絵里「明日のお楽しみということね。……それじゃあ、そろそろお開きにしましょうか」

海未「えぇ、名残惜しいですが……」

絵里「あら嬉しいわ。私ももっと一緒に居たいけれど……また明日、ね」

海未「はい、お休みなさいませ」


23 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 01:36:47.54 ID:VVbgdAwU.net
絵里(明日、明日ね……)

絵里(海未って私に、本当にチョコくれるのかしら)ドキドキ

絵里(あれ、私、今すごくドキドキしてる?)

絵里(こんなの、眠れないじゃない……)


ー翌日ー

絵里(今日に限って登校日なんだから……)ガチャ

ドサッドササッ

絵里「……3年連続、ね」


24 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 01:45:41.14 ID:VVbgdAwU.net
ガチャ

「ごきげんよう……」フラフラ

絵里「その声、海未?すごいわねその量……」

海未「絵里ですか?おっ、と……ひゃあぁっ!?」ドサドサッ

絵里「お互い苦労するわね、来年は紙袋を持ってくるのをお勧めするわ」

海未「まさかここまで貰うとは思いませんでした……よい、しょっ……」

海未「練習に行きましょうか」

絵里「え?えぇっ」

絵里(てっきり二人きりだから、今渡されるのかと思ったわ……焦らすのね)

絵里(って私、もしかして期待してる?チョコなんて渡されるの慣れっこなのに……)

絵里(ううん、わかってる。海未だから、よね)


25 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 01:52:38.04 ID:VVbgdAwU.net
海未「ワン、ツー、スリー、フォー!」

絵里(はやく……)

海未「ファイブ、シックス、セブン、エイト!」

絵里(はやく終わって……!)

海未「はい、みなさんお疲れ様でした。みなさんしっかり体を休めてくださいね」

絵里(終わった……はやく、声かけてよ……)

海未「穂乃果、ことり。ちょっとこちらへ……」

絵里(そうじゃないでしょう。私に話しかけなさい)

海未「ちょ、ちょっと、二人とも……///」ギューッ

絵里(抱きつかれて顔紅くして……そんなことしてる場合じゃないでしょ)

海未「あ、待ってください。まだやることがあるのです」クルッ

絵里(きた……!)

海未「絵里、少しよろしいでしょうか」

絵里「えぇ、構わないわ。場所を変えましょう」


26 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 01:59:34.48 ID:VVbgdAwU.net
海未「えぇと、お分かりかと思いますが、渡したいものがありまして……」

絵里「その前に、私からも渡すものがあるの。先にいいかしら」

海未「はい、どうぞ」

絵里「それじゃあ……」スッ

絵里「ハッピーバレンタイン、海未。中身は同じだからつまらないけれど、どうぞ♥ 」

海未「あ……ありがとうございます!素敵な包装ですね」

絵里「ダ◯ソーで買ったのが家にあったから、付け焼き刃だったのだけれど許してね」

海未「私も、似たようなものですから。……これを」スッ

絵里「……ありがとう、とっても素敵よ」

海未「はい。渡す本人にお手伝いされながら作ったものですが……///」

絵里「それでも海未が心を込めた作ったものよ。ありがとう」

海未「はいっ、どういたしまして」


27 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 02:06:10.32 ID:VVbgdAwU.net
絵里「………」

海未「………」ニコニコ

絵里「えっ?」

絵里「これだけ?」

海未「これだけ……とは?」

絵里「ほら、もっとなにか……言うこととか用意してたんじゃないの?」

海未「あ……あぁ、このカラースプレーとリボンは絵里のイメージカラーに合わせたものなのですよ。ことりは白で、穂乃果にはオレンジのものを渡しました」

絵里「え」

絵里「穂乃果とことりにも……って、え?」

海未「いつも、お世話になっている方に……μ'sのみなさんにはいつも助けてもらっていますが、その中でも特にお世話になっている穂乃果とことりと、そして絵里に。感謝のしるしとして差し上げようと思いまして」

海未「バレンタインデーとは、親しい人にお菓子をあげる日でしょう?行事ごとに疎い私ですが……こうでもしないと気持ちを伝える機会がありませんから///」

絵里(いや……)

絵里(いやいやいや、そこは照れるところじゃないでしょう)

絵里(これって所謂友チョコじゃない。いまの今までずっと本命を渡されるって勘違いしてたってこと?)

絵里(うわ、不味いわね、これ……)

絵里(泣きそう……)ポロ


29 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 02:09:17.07 ID:VVbgdAwU.net
海未「あの、絵里?」

絵里「はやく、帰ったほうがいいわ」

海未「え?ですが……」

絵里「穂乃果とことりを待たせているでしょう?」

海未「あ……そう、ですね。それではまた明日。ごきげんよう、絵里」

絵里「ごきげんよう………」


38 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 12:45:09.97 ID:VVbgdAwU.net
絵里(いつの間に帰ってきてたんだっけ)

絵里(いつの間に自分の部屋に入って、ベッドに倒れこんで……)

絵里(どうしてこんなに泣き腫らしてるのよ……)

絵里(多分、浮かれてたのよね)

絵里(ずっと気になってたあの子が、わざわざ私のために手作りチョコを。チョコだけに甘い響きだけれど、気をつければわかるはずじゃない)

絵里(でも、海未だから。私の大好きな海未だったから期待せざるを得なかった)

絵里(真面目で頑張り屋な海未が、頑張って作ったものを渡して、勇気を振り絞って告白したら、すぐに抱きしめてあげたかった)

絵里(友チョコじゃ、どうのしようもないわね……)


39 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 12:48:18.39 ID:VVbgdAwU.net
絵里(だめ、頭がぐちゃぐちゃになってきたわ。こんなとき、私の支えになってくれるモノ)

ドッサリ

絵里(みんなの、私への愛が込められたチョコ……)

絵里(ひとりひとり、おしゃれな包装をして、高価そうなお店のチョコだったり、手作りのチョコだったり)

絵里(中には本気で私を愛してくれている人からの手紙が添えられた、素敵で勇気のあるチョコ)

絵里(私も、この人たちみたいに勇気があれば……先に告白すればよかったのに)

絵里(今となっては、後の祭りね)クス


40 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 12:52:24.15 ID:VVbgdAwU.net
絵里(さて、どれから食べようかしら。この手紙付きのにしましょう)

絵里「ぷふっ」

絵里(変な形、初めてお菓子作りしたのかしら。でもどれだけ下手でも手作りって嬉しいものよね)

絵里(手紙は……素敵な便箋。名前とか書いてないのかしら)ペラッ

『絵里へ』

絵里「っ!!!」ガバッ

絵里「これ………」

絵里(見覚えある……っていうか、こんな達筆の高校生他に知らない……)

絵里(はさみ、どこよ……!)


41 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 12:55:39.39 ID:VVbgdAwU.net
ジャキジャキ

絵里「………」ドキドキ

『 この手紙をどの段階で読んでいるかわからないので、
 あなたと一緒に作った方を渡す時は自然な態度で渡したいと思っています。
 こちらのチョコレートはあなたに教わった後、自宅で一人で作ったものです。
 記憶を頼りに作ったものですので味の保障はできませんが……
  あなたのことを心から愛していると伝えるということは、
 私にはとても難しいことです。
 ですので他の方同様、そっと添えておくだけのことをお許しください。
  返事はしても、しなくても構いません。
 正直なところ、臆病な私はあなたの口から想いを告げられるのが
 本当に怖いのです。
 おそらく、これは山のようにあるチョコレートの一つでしょう、
 それほどあなたを想っている人たちがいるのです。
 私が独り占めしようだなんて思っていません。
  ただ、これだけは知っておいて欲しくて伝えたかったのです、
 私は、絵里のことが大好きです。             園田 海未』

絵里「なによ、これ……」

絵里「どうして海未、こんな回りくどいことしてくるのよぉ……!」ポロポロ

絵里「……違う」グスッ

絵里「泣いてる場合じゃないでしょう」ゴシゴシ

絵里「まだ、間に合うわ」スクッ


42 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 13:00:10.98 ID:VVbgdAwU.net
絵里「はっ……はっ……着いた……」スッスッ

ピコンピコン……プツッ

海未『園田です。どうしました?こんな夜分に……』

絵里「いま、あなたのお家の前にいるわ」

海未『え……』プツッ

絵里「………」

ドタドタ

海未「えりっ!!」ガチャ

絵里「こんばんは、海未」

海未「こんばんはではありません!早く上がってください!!」グイッ

絵里「ちょ、ちょっと、力が強いわよ」クスクス


43 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 13:02:10.57 ID:VVbgdAwU.net
バタンッ

海未「こんな薄着で、どうして……」

絵里「これ」スッ

海未「ぁ……」

絵里「ごめんなさい、今さっき気づいたの」

海未「気づいちゃいました……か」

海未「ずっと気づかれることのなく、絵里の机の引き出しにそっとしまわれることも期待していたのですが……」

絵里「いくら自信が持てないからって、こんな面倒なことしなくたっていいじゃない」

海未「絵里は素晴らしい人です。私が独り占めしていいような方ではありません」

絵里「……海未は大体同じようなところで拗れるのよね」

絵里「私のことをよく考えてるみたいだけれど、結局のところ私がどう思ってるかまでは考えに至ってないのだから」

海未「え?」


44 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 13:03:12.81 ID:VVbgdAwU.net
絵里「お説教はまた今度にしましょう。今日はとにかく、返事を言いにきたわ」

海未「っ!!いやっ……!」バッ

絵里「こら、ちゃんと聞きなさいっ」

海未「嫌です、聞きたくありません!」

絵里「布団を被るなんて子供っぽいことしてないで……逃げちゃダメよっ」バッ

海未「ひゃあっ」

絵里「ふふ、捕まえた。耳も塞いじゃダメよ、よく聞きなさい」


45 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 13:05:04.65 ID:VVbgdAwU.net
絵里「チョコレート、よく頑張ったわね。形はヘンだったけれど、とてもよく作れていたわ」

海未「……上手に固まらなかったものですから」

絵里「私ももう一つ用意しておけばよかったな、なんて思ってるから、それはホワイトデーまで待ってくれるかしら」

海未「はい、それはもちろん……って、それはあの……」

絵里「最大の愛を込めて作られたものには、最大の愛でお返ししないといけないでしょう?」

絵里「私も、海未を愛しているわ」

海未「……!う、ウソです、そんなの……」

絵里「ウソじゃない。だって海未と二人きりだと、心臓がバクバクなっておかしくなりそうなんですもの。これが好きじゃないっていうならアレルギーよ」

海未「そう、ですね。アレルギーはさすがに…傷つきますから……」


46 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 13:08:11.96 ID:VVbgdAwU.net
海未「本当の本当ですか?」

絵里「本当だってば。私の気持ちは話したわよ。今度は海未が言うべきじゃない?」

海未「わ、わたしは手紙で……」

絵里「手紙も実は泣いちゃったくらい感動したけれど、やっぱり海未の口から聞きたいの」

海未「……絵里のことを、心の底から愛しています」

海未「私に構ってくれるところも、過保護なくらいに面倒を見てくれるのも、全部好きで……一緒にいられたら、とても素敵なことだと思っています」

海未「……すみません、手紙ならなんの疑いもなく書いていたことなのですが、重いですね」

絵里「いいえ、とても嬉しいわ。家族以外に、こんなに私のことを愛してくれる人がいるだなんて思わなかった」

海未「来年は」

海未「何度も練習して、きちんとしたチョコレートを渡したいと思っています」

絵里「あら、私、来年の今頃は大学生よ?わざわざ会いにきてくれるのかしら」

海未「はい。絵里と、ずっと一緒にいたいですから」

絵里「えぇ、私も。いつも傍にいてほしいわ」


47 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 13:12:50.26 ID:VVbgdAwU.net
海未「……ふふふっ」クタッ

絵里「大丈夫?」

海未「嬉しくて、力が抜けてしまいました」

絵里「私ももう、海未の上に倒れちゃいそうよ」

海未「構いませんよ」

絵里「破廉恥とか言わないのね?」

海未「恋人とはそういうものでしょう」

絵里「随分気を許してくれているみたいで嬉しいわ。それじゃあ……」ギュッ

海未「ん……///絵里、ドキドキしていますよ?」

絵里「当たり前でしょう。大好きな人と抱き合ってドキドキしないわけないじゃない」


絵里「……チュウしていい?」

海未「優しくお願いいたしますね……♥ 」


おしまい🍫🌊


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1487083791/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ